税金

「自動車重量税」-覚えておきたい車購入の見積もり書用語集

PAK85_laladentakuOL20140321500-thumb-926x600-4514

自動車重量税とは・・・

自動車重量税とは、自動車重量税法に基づいて、軽自動車を含む自動車に対して車両重量0.5トン毎に課税額が増加する税金です。新車登録時、継続検査(車検)、構造変更検査時など車検証の交付を受ける際に納付します。重量税の1/3は道路関係の費用に使うことを目的として市区町村に振り分けられています。つまり重量税払わずして車検はありません。

コンパクトカーやミドルセダンなど1.5トン以下のクルマの新車時(3年)の重量税は36,900円です。エコカーなら免税や減税75%または50%が適用されます。日産セレナやトヨタノアなどのミドルサイズミニバンは2.0トン以下の重量税で49,200円になります。新車見積の際には見積書の重量税額を確認してみてください。現在の新車は免税・減税対象車が多いのでほとんどが減額されているかと思います。

img_youbou_tax02


出典:http://www.jaf.or.jp/profile/report/youbou/tax.htm

重量税は古くなると高くなる

自動車重量税は現在、13年未経過・13年経過・18年経過の3段階に分けられ課税されています。経過年数が進むにつれ重量税額は高くなります。ただしエコカーは除かれます。エコカーは13年未経過の一般車よりも税額が安く設定されています。エコカーとは新車登録時また、初回車検時にエコカー減税(免税または減税)を適用された車種のことを言います。エコカーに当てはまらない車種は13年経過時6回目の車検(抹消期間有車やレンタカーを除く)で重課されることになります。

重量税の疑問点ここにあり

エコカーが道路に与える影響も古い車が道路に与える影響も実際には関係ありません。古い車が極端に重いはずがないのです。同じように自動車税でも税金の軽課・重課があり自動車には色々税金があります。

車検の際にその都度かかる重量税は負担となります。同時に車検時に必要な自賠責保険は必ず必要不可欠なものですので仕方ありません。しかし道路維持のためであれば自動車税もそうですしガソリン税も値します。ガソリン税にはさらに消費税も上乗せされ税金に税金がかけられ車に関しては二重三重の税金が課税されています。この複数の税金を一本化または一部廃止などし自動車ユーザーすべての負担軽減になればさらなる自動車業界の発展につながると感じております。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

「自動車取得税」 – 覚えておきたい車購入の見積もり書用語集

MAX87_yononakakaneshidai20140531500-thumb-1068x700-4963

自動車取得税とは・・・

自動車を売買等で取得した場合に取得者に対して課税される都道府県の地方税です。税率は、新車で購入した場合と中古車で購入した場合で違ってきます。また、中古車でも車両価格が高く新しい場合は課税されるが新しくても車両価格が安い場合、または古くなると課税されなくなるなど一定の条件があります。なお、50万円以下の自動車は対象外で課税されません。

また、今後消費税が10%に上がった時には自動車取得税は廃止される予定です。現在自動車取得税はハイブリット車など一定条件を満たした低燃費車に対しては免税、減税となっています。しかし廃止された後には燃費課税と称し燃費の悪い車から税金を取りますといった案が出ております。結局は取りやすい所から取る体質は変わりなく、この税制が運用されればあまり変化ないように思えます。
 相続による取得については課税対象外です。また、障害者の方が利用する場合には一定の要件を満たせば減免対象になります。ご自身で運転の場合にはほぼ減免の対象になります。

自家用自動車の税率は3%!取得の範囲に注意

自動車の取得の範囲とは自動車本体そのものはもちろんですが、新車購入時にオプション装着したカーナビケージョンやカーオーディオも対象となります。昔はエアコンとも言われましたが今は全車標準装備化しているため気にすることはなくなりました。現在の新車のオーディオは未装着の「オーディオレス」が目立ちます。課税対象にならないようにするためには新車登録後に「後付け」する方法があります。ディーラー装着ナビゲーションやカー用品店での購入がおススメとなります。
708_dl0000508920


出典:http://www2.nissan.co.jp/IMAGES/NOTE/ARCHIVE/LAYOUT/708_dl0000508920.jpg

中古車の自動車取得税ってどうなの?

取得価額の3%には変わりありませんが取得価額の算出が大切になってきます。課税標準基準額(新車価格の90%程度)×残価率=取得価額 となります。課税標準基準額とは車種型式ごと決められている「自動車取得税の課税標準基準額及び税額一覧表」に記載されている一定の金額のことです。

なお、繰り返しになりますが50万円以下の自動車は対象外で課税されません。
詳しくは、中古車を50万円以下で買う、「中古車購入50の掟(オキテ)」【当サイト内記事】も一緒に御覧ください。

経過年数 残価率
1年 0.681
1年半 0.561
2年 0.464
2年半 0.382
3年 0.316
3年半 0.261
4年 0.215
4年半 0.177
5年 0.146
5年半 0.121
6年 0.100

中古車購入時には一度この表に当てはめて計算してみる必要があります。
たとえば1年8か月経過の軽自動車新車価格90万円なら課税標準基準額は約81万円です。81万円×0.561=454,410円となり非課税になります。何も知らない消費者に対し悪徳業者は諸経費と称して算入してくる場合もありますので注意が必要です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
1

「自動車税」 – 覚えておきたい車購入の見積もり書用語集

LIG_okanebaramakareru500-thumb-750x500-3442
税金トホホ・・・

そもそも、自動車税とは・・・何ですか?

自動車税とは、自動車を持っているだけで課税される税金です。車検が切れていても抹消登録されずにナンバーの登録が残っていれば課税されます。普通車は都道府県、軽自動車やバイクは市区町村の地方税です。

乗用車はその排気量に応じて、年間の課税額が決まります。

自動車税額(乗用車)排気量 年間課税額
1.0リッター以下 29,500円
1.0超〜1.5リッター以下 34,500円
1.5超〜2.0リッター以下 39,500円
2.0超〜2.5リッター以 45,000円
2.5超〜3.0リッター以下 51,000円
3.0超〜3.5リッター以下 58,000円

※3.5リッター以上の区分もありますがあくまでも紹介程度で3.5リッターまでの表を載せました。
※こうしてみると、高いですね、、、

自動車税はいつ、いくら課税されるの?

自動車税は毎年4月1日の時点での所有者に課税されます。乗用車の通常課税額はさきほどの表のとおりです。3.5リッター以上の区分もありますがあくまでも紹介程度で3.5リッターまでの表を載せました。なお、軽乗用車は一部地方により異なる場合もありますが7,200円です。2015年4月以降に新規登録の軽自動車は10,800円に増額されます。

納付期限は一部地域により違いがありますが、5月31日までです。忘れずに納付しましょう!また、納税証明書は継続車検に必要ですので大切に保管してください。期間の途中で自動車を取得した場合には翌3月までの分を月割りで前所有者、販売店に支払い、必要な場合は県税事務所等での移動手続きが一般的です。

期間途中で自動車を抹消した場合には未経過分の自動車税は還付されます。なお、軽自動車税には月割りや還付はありませんので注意が必要です。

自動車税は、古くなると高くなる!重課税に注意。

37
出典:http://roran-taku.com/zouzei-taisaku-itu.html
自動車税は、ガソリン車・LPG車で毎年4月1日現在で初度登録から13年を経過した自動車、ディーゼル車で同じく11年を経過した自動車に対して年間自動車税が約10%重課されています。軽自動車の今後の重課が検討されていますが現在は重課されません。また、平成27年度以降は重課割合が10%から15%への引き上げが検討されています。グリーン税制の重課にあたる車両です。つまり、2000ccのクルマなのに13年を超えると2500cc並みの税金を支払わなくてはなりません。ハイブリット車は重課対象外です。

自動車税をもし納めなかった場合、どうなるの?

自動車税未納の車両は継続車検が受けられません。また、放置し続けると自動車税が割増されます。一度目の督促状で気づき納付しましょう。「ボーナスが出たら払う」という人も中にはいますが納付期限が大幅に過ぎており結果割高になったり。そもそも納税は義務です。ちゃんと税金払いましょうね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
1