新車情報

新型トヨタクラウンロイヤルシリーズ新車価格情報と、値引き購入のコツ2015!

carlineup_crownroyal_grade_grade5_01_pc
出典:http://toyota.jp/crownroyal/grade/grade5/

トヨタクラウンロイヤルシリーズのスペック情報

 

・トヨタクラウンロイヤルシリーズの価格帯

  3,630,857円~5,729,143円(税込)
 

・トヨタクラウンロイヤルシリーズのグレード情報

2.5ロイヤル、2.5ロイヤルサルーン、2.5ロイヤルサルーンG
各グレードにハイブリット設定あり
各グレードに4WD車設定あり

 編集部おススメグレード 2.5ロイヤルサルーン(ガソリン) 4,206,857円(税込)
静粛性と力強さを優先するとV6エンジンのガソリンモデルがおススメ。ハイブリットモデルに比べ60万円安くさらにおススメです。
 ロイヤルサルーン以上はHDDナビゲーションが標準装備。運転席のみでなく助手席も電動パワーシートが装備されます。

高級感ある内装 細部までしっかり造り込み

carlineup_crownroyal_grade_grade5_03_pc

 内装の質感は高く細部までキレイな造りになっています。木目調パネルを多用していますが樹脂感が強くもう少し落ち着いたカラー及び表面デザインにすればもう少し高級感が出るはずです。トヨタのフラッグシップセダンらしく本木目を使用も検討して欲しかったです。
 エアコン操作パネルは液晶タッチ式です。最先端で高級感がありますが実際の操作性は慣れが必要です。リヤシートはミニバンとは違ったゆとりのソファ感のシートです。足元空間もかなり余裕があります。唯一気になる点はシートに深く座ると頭上空間にゆとりが無くなります。身長180cmの大人なら天井に頭がつきます。

センターコンソールボックスは運転席側から助手席側に開くタイプのため運転席からは開け易いですが助手席側からは開けにくい仕様になっています。リヤシートにはリヤセンターアームレスト内に収納スペースもあります。

高級感ある走りはガソリンモデルのV6エンジン

・スムーズな加速はV6エンジンと6ATにおまかせ

 新型クラウンは先代モデルにあった3.5Lエンジンはアスリートシリーズに設定あるのみになりました。2.5Lエンジンも街乗りでも高速でも静かでスムーズな加速が実感できます。また、6ATは通常のトルクコンバーターを使用したオートマチックのため高速での低速走行で高燃費が期待できます。カタログ上は11.4km/Lですが高速メインの走行なら12km/Lの実燃費も可能です。

・ナビAIシフトはV6エンジンのみ

 ナビゲーションと連動して先のカーブ情報をキャッチしシフト制御するナビAIシフト。必要以上なブレーキング抑制とコーナーでの安全性を確保しています。

・FR専用ハイブリットシステムの実力は?

 新型クラウンのハイブリットシステムはFR車用に設計されました。直列4気筒のエンジンとモーターの組み合わせはアルファードと同じ組み合わせです。
 街乗りのストップ&ゴーの多い場面ではエンジン停止時間が長く低燃費に貢献します。また、新幹線のような静かでスムーズな発進加速です。
 高速走行や山道での走行はアクセル踏込量が多くなり4気筒独特のこもり音が気になります。電気式無段変速はスムーズですがアクセルのレスポンスがワンテンポ遅れ思い通りの走りを楽しみたい場合には物足りなさを感じます。

競合は日産フーガ レクサスISシリーズも。30万円を狙う!

 最初の値引き額は25万円を目標に交渉しましょう。新型デビューから時間が経つにつれ値引き額が拡大しています。ほとんどのグレードでナビが標準装備のため販売店装着オプションの金額が伸びず販売店装着オプションからの値引きがあまり期待できないため、トータルで25万円前後の値引き獲得が出来れば成功です。30万円出れば大成功でしょう。

・フーガとの競合

 新型クラウン競合車はフーガです。ガソリンモデルは同じ2.5Lエンジン同士での競合が有効です。フーガにはハイブリット車もあります。フーガはV6エンジンにハイブリットの組み合わせで排気量は3.5Lと大きめで燃費性能はクラウンハイブリットに敵いません。価格帯が600万円前後とクラウンより高めですが、高い静粛性とどのような場面でも力強い加速が楽しめるフーガハイブリットは魅力的ですのでハイブリット同士の競合も有効です。

・レクサスとの競合 注意点は?

新型クラウンと同価格帯で高級感のあるレクサスISとの競合も十分考えられます。レクサスはトヨタですのでトヨタ同士の競合となります。
 レクサスとの競合の際は、そのレクサス販売店の運営母体がトヨタ店でないことが大切です。トヨタ店で運営していれば同じ会社のため情報が流れて競合しにくくなります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

新型メルセデスベンツ Aクラス新車価格と値引き情報2015!

ME_S030_F003_M003_1_L_640x480
出典:http://carview.yahoo.co.jp/ncar/catalog/mercedes-benz/a-class/F003-M003/image/?img=1

メルセデスベンツ Aクラスのスペック情報

 

・メルセデスベンツ Aクラスの価格帯

  2,980,000円~4,750,000円(税込)
 

・メルセデスベンツ Aクラスのグレード情報

A180 、A180 sport 、A250 シュポルト 4MATIC

編集部おススメグレード A180 2,980,000円(税込)
 A180とA180 sportの差はスポーツサスペンションやアルミホイールが17インチから18インチになりキセノンヘッドライトが装備されるのがsportです。他にも装備差はありますが、価格差は53万円です。一番のおススメはA180にLEDウインカーやキセノンヘッドライト、リヤシートのトランクスルー機能などがセットになったベーシックパッケージ(274,000円)をセットオプションで選択することです。
 17インチアルミホイールとノーマルサスペンションの方が街乗りでの乗り心地に優れ、また、決してハンドリングが悪くなるということはないためです。

エンジンは1.6Lにダウンサイズ

 これまでのAクラスは初代も含めて1.7Lから2.0Lのターボ無しと2.0Lターボモデルでしたが新型は1.6Lエンジンとターボの組み合わせがメインとなり使い安さとスポーティさを兼ね備えたエンジンになりました。さらに250シュポルト4MATICにはEクラスにも搭載されている2.0Lターボエンジンを搭載しスポーツ性を高めました。

ターボエンジン+7G-DCTの組み合わせ

 新型Aクラスのエンジンは前輪駆動車が1.6Lのターボ、四輪駆動車が2.0Lのターボエンジンといずれも7速ツインクラッチDCTのオートマチックトランスミッションです。1.6Lターボエンジンはトルクが20.4kg-mと従来の2.0Lエンジン並みのトルクを発揮し1,250回転という低回転から4,000回転までフラットで最大トルクを発揮しますので使いやすいエンジンです。環境性能も重視しておりアイドリングストップ機能も全グレード標準装備です。A180の燃費は17.6km/Lと国産車に迫る低燃費性能です。

走りはスポーティで乗り味はしっかりメルセデスベンツ

 これまでのAクラスに比べて車高は低く抑えられ全く違ったイメージに生まれ変わったAクラスですが走りもスポーティです。剛性感の高いボティとしっかり路面を捉えるサスペンションを含めた足回りはメルセデスベンツそのもので高級感を感じます。そう、国産車も同じくらい造り込まれたサスペンションを使えばボディ剛性は高いのですから素晴らしい乗り心地になると考えさせられます。

また、ブレーキ性能もさすがドイツ車と思わせる内容で、カチッとしっかり安定して止まります。クルマの基本性能である走る・止まる・曲がるが非常に高いレベルのAクラスです。基本性能がしっかりしないまま、最新装備を装着しても仕方ないと日本のクルマに訴えかけられているようです。

Cクラスに迫る高級感

ME_S030_F003_M003_3_L_640x480
出典:http://carview.yahoo.co.jp/ncar/catalog/mercedes-benz/c-class/F004-M002/image/?img=3
 上級のセダンであるCクラスに近いインテリアになり高級感がアップしました。これまでのAクラスはミニバンを小さくしたイメージであまりスポーティな印象はありませんでしたが新型Aクラスは丸を基調とした内装デザインでスポーティに仕上がっています。

 0の位置が真下にある垂直指針のメーターを採用しスポーティさをアピールしていますが視認性は不満が残ります。先代のAクラスまでは初代に比べるとプラスチック感が少なくなったと言っても上質感はCクラスに比べると低かったのですが、新型AクラスはまさにCクラスに匹敵する質感を持っています。

試乗レポート動画でスポーティな走りを確認しよう

 スポーティに生まれ変わったメルセデスベンツAクラスですが、その走りのイメージがここでわかります。また、内装の質感や全体イメージがよくわかる動画となっていますので参考までにご確認ください。

国産車に比べると値引きは少なめ、愛車下取りでの値引きねらえ!

 Aクラスの値引き額は車両本体からは10万円から15万円の値引きがあれば良いです。20万円出ればかなりラッキー。競合車はBMW1シリーズですが、カタチは似ていてもBMWは後輪駆動、メルセデスベンツは前輪駆動と駆動方式が違うためドライブフィールが全く違います。どちらかと言えばアウディA3が一番近いかも知れません。しかし、車格を見るとアウディよりメルセデスベンツが上になり競合しようとしても値引き拡大にはつながりません。

 今、お乗りのクルマがあるなら買取価格を必ず調べましょう。商談時には値引きと下取り価格を必ず分けて提示してもらうことがポイントです。下取り価格と値引き額を一緒にしてしまうと実は損していることが多くなります。つまり下取り価格アップに見せかけた値引きです。買取店を競合させて買取価格をアップさせると新車に支払う金額は少なくなりますし、新車購入時の下取り車に関わる手数料がすべてカットされます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

新型トヨタパッソ新車価格情報と、値引き購入のコツ2015!

carlineup_passo_grade_grade7_01_pc
出典:http://toyota.jp/passo/grade/grade7/

トヨタパッソのスペック情報

 

トヨタパッソの価格帯

  1,257,709円~1,605,273円(税込)
 

トヨタパッソのグレード情報

1.0X Vパッケージ、1.0X 、1.0X Lパッケージ、1.0X Gパッケージ、1.3G
1.0+Hana Cパッケージ、1.0+Hana、1.0+Hana Gパッケージ、1.3+Hana
1.0X Vパッケージと1.0+Hana Cパッケージを除く1.0L車に4WD車設定あり

編集部おススメグレード 1.0+Hana 1,444,255円(税込)
 パッソはかわいさアップの+Hanaがおススメ。丸型のプロジェクターヘッドライト、クリアテールレンズ、二色カラーの専用シート、さらには1.0+Hanaにはオートエアコンが標準装備されます。1.3Lは最新のアトキンソンサイクル低燃費エンジンではありませんので低燃費に優れた1.0Lをおススメします。

安全性高いかわいい小型車 価格は軽自動車並み

パッソは軽自動車より大き目の車体が万一の時の安全性の確保に役立ちます。ABSやフロントエアバックはもちろん、横滑り防止のVSCや滑りやすい路面での発進で空転を予防するTRCも装備しています。価格はノーマルのパッソなら120万円台で軽自動車のワゴンRやムーヴと価格は同価格帯になります。パッソの燃費は27.6km/Lで軽自動車よりカタログ上は良くありませんが、1.0Lエンジンのゆとりがアクセル量を減らし実際の燃費は軽自動車と変わりありません。また、車両重量も900kg台と軽自動車と同じ重さです。

軽自動車より自動車税の負担が大きくなりますが、普通車の安全性が軽自動車と同価格で手には入れるのはおススメです。

かわいいインテリア 女性にうれしい装備も

carlineup_passo_grade_grade7_04_pc

丸を基調にしたインテリア

 パッソの内装はエアコン操作パネル、ドアパネル、計器類など各種装備のデザインが丸いデザインになっています。内装の質感は軽自動車並みの質感です。シフトレバーはコラムシフトになり、運転席と助手席の間に何もありませんので足元空間が広く左右の移動も可能です。シートカラーも+Hanaはツートンカラーとなりオシャレです。リヤシートは頭上空間も確保され目立った窮屈感はありません。運転席はホールド性に欠けるシートで長時間運転には向きません。

女性にうれしい装備

carlineup_passo_grade_grade7_27_pc
 助手席シートアンダートレイは運転してきた靴からハイヒールに履き替えて靴を収納しておくなど活用できます。しかし、現状は車検証入れになるケースがほとんどかもしれません。買い物フックも便利です。パッソは常時フックが出ているわけではなく、押すとクルッと回転しフックが出てきます。対応する重さは3kg以下ですので注意が必要です。ちょっとしたお買いものに便利です。しかし、実際にはごみ袋を引っ掛けて使っているユーザーが多くみられます。それでも便利には違いありません。

1.0Lエンジンで動力性能と環境性能を確保

 パッソのエンジンは1.0Lと1.3Lがありますが、車両重量が軽自動車並みのため1.0Lでも街乗りで軽快に走ります。燃費も27.6km/Lと燃費も良好です。1.3Lエンジンは最新の低燃費エンジンではありませんのであえて選ぶ決め手には欠けます。加速時や坂道ではエンジン音が気になりますが大きな軽自動車のイメージなら納得できます。

日産マーチが本命ライバル 三菱ミラージュも候補に入れて10万円値引きを狙う!

 パッソはCDプレーヤーが標準装備されることから値引きはほとんどが本体価格からの値引きになります。目標は10万円超えです。パッソ同様かわいいデザインで有名な日産マーチとの競合がおススメです。マーチは税制面では1.2Lのためワンランク上になりますがエンジン設計は新しくなっています。燃費性能はパッソに及びません。値引き額自体はパッソよりも大きくなる傾向にあります。
 
三菱ミラージュも検討の対象に入れても良いです。マーチもミラージュもパッソの値引き額を少しでも拡大できれば良いです。+Hanaの場合はオートエアコン装備で少々価格が高めになりますので車両価格の安いクルマと比較し「同額」は無理ですので値引き拡大の材料にしましょう。また、比較的在庫用意されている車種でもあります。グレードと色が希望の在庫車があれば価格交渉はよりスムーズで値引き拡大が望めますので販売店に確認しながらの商談も必要です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

新型トヨタハリアーCMや新車価格情報と、値引き購入のコツ2015!

carlineup_harrier_top_2_03-3
出典:http://toyota.jp/harrier/

トヨタハリアーのスペック情報

 

トヨタハリアーの価格帯

  2,797,714円~4,597,714円(税込)
 

トヨタハリアーのグレード情報

GRAND、ELEGANCE、PREMIUM、PREMIUM “Advanced Package”
各グレードにガソリン車、ハイブリット車の設定あり
ガソリン車には各グレード2WD車あり
 
編集部おススメグレード ELEGANCE(ハイブリット) 3,774,857円(税込)
 
高級感とパワーの両立ならハイブリットモデル。ELEGANCEならシート生地も上級モデルと同じになりパワーシートも備わります。自動車取得税と重量税はハイブリット車は100%免税対象です。

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

新型トヨタノア新車価格情報と、値引き購入のコツ2015!

carlineup_noah_top_01_1_pc
出典:http://toyota.jp/noah/

トヨタノアのスペック情報

 

  2,242,285円~3,054,857円(税込)
 

トヨタノアのグレード情報

グレード X、X Vパッケージ、Si、G それぞれに8人乗り7人乗り設定あり
HYBRID X,HYBRID G ハイブリットは7人乗りのみ
ガソリングレードに4WD車を設定

 編集部おススメグレード X (7人乗り) 2,468,571円(税込)
LEDヘッドライト、左パワースライドドアが標準装備されるなど基本装備が充実なXがおススメ。7人乗りシートは使い勝手が抜群に良いです。
 アルミホイールではないですがノアの場合は気にしないユーザーや冬用に純正を使い夏はカーショップでアルミホイールを購入する考えが多いのがノアユーザーです。

NOAHイメージビデオ

兄弟車の中で一番落ち着いたデザイン

 ノアは兄弟車のヴォクシー、エスクァイアと比べ一番落ち着いたデザインとなっています。主に40代以上の中高生のいる家庭やお孫さんを載せるためと60代ユーザーに人気です。取り扱いのカローラ店はカローラシリーズをはじめ、カムリなど年齢層が高いユーザーが多い背景もあります。
 パッと見ては日産のセレナか、ホンダのステップワゴンか判別できないほど各社のデザインが似いていることは少々残念な所です。

多彩なシートアレンジ シートの造りも良好

carlineup_noah_top_10_pc
 

足が前に届かないセカンドシート

 7人乗りのセカンドシートは通常のスライドに加えて隠し技があります。
 シートスライドレバーをさらに引くと、シートは後ろのピラー(内側の出っ張り)を避けるように横にスライドしさらに後ろにスライドします。3列目シートは座れないほど狭くなりますが、身長170cmの大人が座って足を延ばしても前席に足がと届きません。

チャイルドシートも7人乗りがおススメ

 チャイルドシートをセカンドシートに取り付けても真ん中が空くのでセンターウォークスルーが可能です。ドアを閉めたままでも2列目3列目の移動が可能になります。
 また、左右独立スライドにより各席の足元空間を自由に作ることができます。

大人7名以上乗車は8人乗りを選択

 大人7人乗る際は3列目に3人は緊急用レベルで窮屈になります。7人乗車は8人乗りを選択し2-3-2の乗りかたがおススメです。

動力性能に優れ、価格も手ごろなガソリンモデルがおススメ

 
 新型ノアには2.0Lガソリンモデルと1.8Lガソリン+モーターのハイブリットモデルがあります。
 ディーラーでは「年間1.5万キロ以上走らなければガソリン車がおススメ」との声があり、あまり走らないユーザーは、ガソリン車とハイブリット車の価格差を燃費で埋められません。頻繁に街乗りメインで乗るユーザーにはハイブリットはおススメです。

 静かでスムーズな加速のハイブリットですが坂道や高速走行はエンジンが気になるほど高くなります。また、車重が重いことからプリウスよりエンジンの停止している時間が短いです。
 高速走行でも失速感の少ない2.0Lガソリンエンジンモデルをおススメします。
 実際の燃費は走行条件によっても変わりますが、ガソリン車で10km/Lハイブリット車で16~18km/Lを目安にしましょう。

カローラ店販売のノア 兄弟車同士の競合に持ち込み、値引き20万円を目指す!

 
 競合車種が多く、兄弟車のヴォクシー、エスクァイアもありますので、ある程度は期待できます。車両本体と販売店オプションで20万円前後を目指しましょう。
 ナビ装着時は販売店オプションナビがおススメです。トヨタのロゴも入りバックモニターも対応、メーカーオプションより安いです。販売店オプション品は利益率が高い商品のためココから値引き交渉も有効です。販売店装着オプションからの値引き目安は工賃含めて2割を目標にしましょう。

 日産セレナとの競合が一番おススメです。値引き額ではセレナの額が大きくなる傾向にありますので良い材料になります。セレナの条件を伝え、最終的に少しでも値引きが獲得できれば成功です。

家族にオススメの、超低燃費ミニバン!グラフで一目瞭然。

carlineup_noah_top_03_pc
carlineup_noah_top_04_pc

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

新型トヨタヴィッツ新車価格情報と、値引き購入のコツ2015!

carlineup_vitz_top_09_pc
出典:http://toyota.jp/vitz/

トヨタヴィッツのスペック情報

 

トヨタヴィッツの価格帯

  1,155,600円~1,944,073円(税込)
 

トヨタヴィッツのグレード情報

1.0F Mパッケージ、1.0F、1.0Fスマートストップパッケージ、1.3F
1.3U、1.3Uスマートストップパッケージ、1.5U
1.0Jewela、1.0Jewelaスマートストップパッケージ、1.3Jewela
RS、RSスマートストップパッケージ
1.3LモデルのF、U、Jewelaに4WD車設定あり  RSに5MT設定あり

 編集部おススメグレード 1.3F 1,450,145円(税込)
 アイドリングストップ機能の付いた1.0Lスマートストップパッケージよりも燃費が良い1.3Lエンジンがおススメです。燃焼効率に優れたアトキンソンサイクルエンジンは1.3Lで1.5Lと変わらない力強さがあります。

自分好みのボディカラーを探そう

ヴィッツの選べるボディカラーは17色。自分の好きな色のヴィッツが選べます。ベーシックなコンパクトカーですが他の車種には無い珍しいボディーカラーもあり注目度は高まります。コンパクトなボディは取り回しが楽ですが左後方の視認性が悪いためバックモニターや目視による確認が必要です。展示車や試乗車でご確認ください。

シンプルなインテリア シートも標準レベル

 ヴィッツのインテリアは質感は高くなくプラスチック感が強いです。シートの造りもスイフトやフィットと比較するとサポート性に欠けます。しかし車内に収納スペースが多くあり助手席のシートも前に荷物がズレ落ちないようストッパーを設定することもできます。小物を男性より多く持ち歩き、買い物袋を助手席に置く女性ユーザーにはおススメです。リヤシートの足元空間は広くシートクッション座面が平坦であることから、3名乗車時に中央席でもそれほどお尻が痛くないのがポイントです。

動力性能、環境性能で1.3Lエンジンを選択

 動力性能は1.0Lモデルは街乗りではスムーズに走りますが加速の場面ではパワー不足で3気筒エンジン音も決して静かとは言えません。1.0Lモデルにはスマートストップパッケージがあります。アイドリングストップシステムですがこの機能を装備しても1.3Lエンジンの燃費に及びません。また、1.3Lに比べアクセル踏込量は大きくなりますので、実際の燃費差は大きくなり、1.0Lエンジンの選択メリットが薄くなります。
 
1.3Lモデルは新開発のエンジンで高圧縮化して燃焼効率を高めたアトキンソンサイクルを採用し力強さと低燃費を両立しています。燃費は25.0km/Lと同クラス並です。乗り心地はソフトですが安定性ではスイフトが上です。

 ノートの1.2Lエンジンは3気筒エンジンです。ヴィッツの1.3Lエンジンは4気筒エンジンですので高速走行時や加速時の静粛性に優れています。1.5Lでスポーティーな走りを楽しみたい場合はRS。RSでは5速マニュアルも選べます。2速3速での加速はマニュアルならではの楽しさがあります。スイフトスポーツは1.6Lのため税制面ではワンランク上になります。    

競合ではライバル車が上 デザインと色で選ぼう。合計で15万円引きを目標に

 値引き額は車両本体で12万円、販売店オプションのカーナビ装着の場合はオプションから3万円引きを狙いましょう。合計で15万円引きを目標にしたいです。フィットやノート、スイフトはアイドルストップ機能を幅広いグレードで装備しています。また、ノートは緊急ブレーキシステムなど最新の安全性能を備え魅力的です。室内空間もフィットやノートは広く使いやすいです。

 競合車として出すのは有効ですが、販売店の在庫状況から在庫車の値引き交渉が一番有効です。また、17色のボディーカラーから好みの色を選び自分だけのクルマを選ぶにはヴィッツが最適です。なお、あまり選ばれていないカラーは在庫無く、メーカーオーダーになりますので注意が必要です。

トヨタヴィッツ 試乗動画

トヨタ・ヴィッツ×ホンダ・フィット 試乗インプレッション 車両紹介編

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

新型トヨタカローラアクシオ新車価格情報と、値引き購入のコツ2015!

carlineup_corollaaxio_top_05_pc
出典:http://toyota.jp/corollaaxio/

トヨタカローラアクシオのスペック情報

 

トヨタカローラアクシオの価格帯

  1,416,343円~2,148,686円(税込)
 

トヨタカローラアクシオのグレード情報

1.3X、1.3X Gエディション、1.5X、1.5G、1.5LUXEL
1.5Xと1.5Gの2WD車にMT設定あり
1.3を除くグレードに4WD設定あり
各グレード価格差詳細は販売店におたずね下さい。

 編集部おススメグレード 1.5X(CVT) 1,481,143円(税込)
 1.3Lモデルとの価格差は5万円未満であることから、動力性能に有利な1.5Lモデルがおススメです。
 また、Gグレードになればワンランク上のプレミオ&アリオンの価格に近づくため、選択のメリットが少なくなります。

数少ない5ナンバーセダンの代表の実力は?

街中で運転しやすいサイズ

カローラアクシオはコンパクトカーにトランクを付けたセダンです。クルマの長さはミディアムハッチバッククラスと変わらない長さで幅も5ナンバーサイズです。
 街乗りでは1.3Lも1.5Lエンジンもどちらも大きな違いが感じられませんが坂道に行けば1.3Lはパワー不足に感じます。

20.0km/Lの燃費も実燃費は?

 1.5Lエンジンでのカタログ上の燃費は20.0km/Lと今になっては平凡と言わざるを得ない燃費です。実際アイドリングストップも標準装備されません。実際に走っては12~14km/Lの燃費で100km/h以下で高速走ってカタログ上の燃費に近づくレベルです。

ベース車を考えると割高感も

 型式上は「エンジン型式+E」でこれまでのカローラと変わりありませんが、現在のカローラアクシオのプラットホームはヴィッツと共用です。ヴィッツの型式は「エンジン型式+P」です。以前はヴィッツベースのコンパクトセダンベルタがありました。そのベルタとカローラの中間に位置する形でカローラアクシオがあります。ヴィッツベースとなると割高感が感じられます。
 安全装備面で横滑り防止のVSCをはじめ安全装備が強化されていることを考えると、以前のカローラと比較しても価格上昇はわずかと考えるのが妥当と思います。

シンプルな内装 ゆとりの後席空間が確保

 高級感は無いがエアコンの操作パネルが使いやすい位置にあり手さぐりでも操作しやすいです。フロントシートリヤシートとも若干サイズが小さめに感じますがリヤシートの足元空間も十分確保され大人4名乗車でも窮屈感はありません。また、シートバックもしっかりした厚みがあります。

ハイブリットよりガソリン車がおススメ

 カローラアクシオにはハイブリットモデルもあります。33.0km/Lの低燃費は魅力的です。アクアより重いのでアクアより燃費が落ちますがシステムは同じです。ハイブリットモデルは198万円からの設定でガソリンモデルに比べ約50万円高くなります。燃費が仮に2倍違うとして差額50万円を埋めるには約10万キロ以上走行する必要があります。10万キロ以上走るからとハイブリットを検討すれば10万円安いアクアの存在があります。カローラアクシオハイブリットの選択に強いメリットは感じられなくなります。

日産ラティオとの競合がベスト スバルインプレッサG4もアリ。値引き15万円を狙いましょう!

 5ナンバーセダンを検討するとラティオしかない現状です。ラティオもティーダラティオの時に比べエンジンも1.2Lになりダウンサイジング&ワンクラスダウンした感があります。
カローラアクシオはトヨタカローラ店の専売車種のためトヨタ同士の競合はできません。値引き額は車両本体で12万円、販売店オプションのカーナビ装着の場合はオプションから3万円引きを狙いましょう。狙い目は在庫車です。白系とシルバー系のボディカラーは比較的在庫豊富なため当月登録可能なら値引きが拡大しやすくなります。
 
 カローラアクシオでGグレード以上を検討なら、ボディサイズは3ナンバーになりますがインプレッサG4やマツダアクセラセダンとの競合もアリです。その場合は、「もう決めるぞ」と言う時に切り札として出しましょう。営業スタッフは他店に行かれては不利とのことから最終条件を出しやすくなります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

三菱のディーラー名まとめと在庫状況、値引き交渉のコツ2015!

img_03
出典:http://www.mitsubishi-motors.co.jp/

ギャラン店、カープラザ店からの統一

 三菱のディーラーは○○三菱自動車販売で統一させていましたが、その中にギャラン店とカープラザ店がありました。三菱は2チャンネルでの販売展開でした。カープラザ店には「カープラザ」の看板があり目印のひとつでした。

・ギャラン店

 ギャラン、プラウディア、デボネア、軽自動車全般を取り扱っていました。

・カープラザ店

 RVR、エテルナ、カリスマ、ミラージュ、アスパイアなど取り扱っていました。

・両店併売車種

 ディアマンテ、デリカ、レグナム、GTO、eKワゴン、リベロなど
カープラザ店ではeKワゴンが唯一の軽自動車取扱いでした。しかしその間もなく主力車種のミラージュが消滅し、2003年にギャラン店と統合され全店舗で全車種取扱いになりました。現在もどちらのディーラーも残っています。
初代eKワゴン

在庫はあまり期待できず

 在庫車は各ディーラーともそれほど多くありません。
 ギャランシリーズ、デリカD5、RVRは色グレード限定すれば見つかります。白、シルバー系がほとんどです。メーカーオプションが必要であれば大抵メーカーオーダーになります。すぐ乗りたい、出来るだけ値引き額を増やしたい場合にはおススメです。
 軽自動車はeKシリーズ各車種で売れてるグレード、色を狙えば在庫がある場合があります。売れているグレードや色は、受注分と合わせて見込んで生産されますので、もうすでにある場合や生産中で納期が早い場合などありますので、営業スタッフに確認してください。

軽自動車は日産と競合!

 三菱の軽自動車で販売されている「eKシリーズ」は三菱と日産が50%ずつ出資して作られた合弁企業で生産され販売されています。日産では「デイズ」の名称で販売され、一部装備類の違いなどはありますが基本同じクルマです。
 三菱と日産どちらでも見積もりを取り、トータルで安い方を選択する方法もあります。
ただし、タウンボックスのみはスズキのエブリィと同じですので注意してください。
 三菱の普通車はランサーエボリューション系以外は他社の同クラスのクルマと競合させ値引き獲得可能です。デリカD5は40万円台後半まで値引きが拡大するケースもあります。
 電気自動車i-MiVE、ミニキャブMiVEは値引きは期待できませんので注意してください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

国内の外車系ディーラーまとめと在庫状況、値引き交渉のコツ2015!

ヨーロッパ系ディーラー ドイツ車

・メルセデスベンツ

 コンパクトなAクラスから大型のSクラスまで幅広い車種を販売。コンパクトなAクラスと言っても3ナンバーです。メルセデスベンツ日本(株)で輸入し販売しているほかYANASEでも販売しています。

・BMW

 1シリーズから8シリーズまで取扱いミニバンの取り扱いはありません。BMWジャパンが輸入し各地の○○BMWのディーラー名で販売しています。   
      

・フォルクスワーゲン

 日本で最も支持されている輸入車でゴルフやポロ、トゥーランなどが人気です。フォルクスワーゲンジャパンが輸入し、フォルクスワーゲン○○のディーラー名で販売しています。中には旧Duo店(トヨタ販売店)や地元の企業での販売店が多くみられます。

・アウディ

 アウディはコンパクトなA1がA8まで幅広く販売し、そのベースはフォルクスワーゲンです。現在はアウディジャパンですが元々はフォルクスワーゲンアウディジャパンでした。アウディ○○のディーラー名で販売しています。

在庫車はフォルクスワーゲン以外はほぼ無いとお考えください。フォルクスワーゲンはゴルフ、ポロを中心に数台用意しているディーラーがありますのでお近くのディーラーにお問い合わせください。値引き額はあまり期待できず競合も期待できません。最初に提示された値引き額から少しでも拡大できるよう努力し諸経費欄もチェックしましょう。

ヨーロッパ系ディーラー イタリア、フランス車

        

・プジョー&シトロエン 

 プジョーとシトロエンは兄弟車種でプジョー208、308シリーズが人気です。シトロエンはDSシリーズなど個性ある車ですがクルマ好きには人気です。プジョージャポン、シトロエンジャポンで輸入し各地の輸入車販売店が正規ディーラーとなり販売しています。

・ルノー

 ルノーは日本であまり見かけなくなりましたがカングーが人気です。ルノージャポンで輸入しルノー○○のディーラー名で販売し多くは日産のディーラーで販売されています。

・フィアット&アルファロメオ+クライスラー

 フィアットはパンダや500が人気車種でアルファロメオはジュリエッタが主力車種です。クライスラーはアメリカ車ですが同じディーラー取扱いになりました。Jeepシリーズや300Cの大型セダンで有名です。2015年1月よりFCAジャパン株式会社が取扱い各地の地元の輸入車販売店が正規販売店となって販売しています。

プジョー&シトロエン、フィアットは意外と在庫があります。ただし色は限定となり、台数は国産車ほどありません。プジョーの208、308、シトロエンのC4ピカソ、C3が狙いやすいです。値引きも在庫があれば期待できますが国産車ほどではありません。メーカー発注車でも値引き額はありますがドイツ車同様、最初に提示された値引き額から少しでも拡大できるよう努力し諸経費欄もチェックしましょう。

アメリカ系ディーラー  

・フォード

 フィエスタ、フォーカス、マスタングが代表車種です。フォードジャパンが輸入し各地の地元の輸入車販売店が正規販売店となっています。

・GM

          
キャデラックやシボレーなどゼネラルモータースの車両を取り扱っています。キャデラック・シボレー○○の名前で各地のディーラーで販売されると同時に地元の輸入車販売店も正規販売店となっています。在庫車はフォードフィエスタやフォーカスで有るディーラーがあるかもしれませんが全体的に持ってません。展示車=在庫車のケースもあり、展示車入れ替えの際に「特選車」として値引き販売することがありますので安く購入する際には狙いましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

マツダのディーラー名まとめと在庫状況、値引き交渉のコツ2015!

hero_home_01
出典:http://www.mazda.co.jp/

多チャネル展開の失敗

 マツダは平成の初めのころは色々な販売ディーラー展開を行っていました。
                                 

  • マツダ店→ファミリア、ボンゴなど取扱っていました。
  • アンフィニ店→RX7、MS6、MS8など扱っていました。
  • ユーノス店→ロードスターやコスモ、時にはフランスのシトロエンも扱ってました。
  • オートザム店→キャロルなどの軽自動車、レビューなどの小型車を扱ってました。
  • オートラマ店→フェスティバ、レーザー、テルスターなど日本フォードとしてマツダ製の兄弟車を取り扱っていました。

わかりにくさが失敗の原因

 ユーザー側でもどこにどの車種があるかわからない点、車も突然兄弟車を増やしたり知名度を得られることもなくゴタゴタ感が増加しマツダの販売不振にもつながりました。多チャネル展開による費用の増大もまた原因のひとつです。

ZOOM-ZOOMからが転換点

 2002年にZOOM-ZOOMをキャッチフレーズに各車種のフロントマスクを似た形状にし一目でマツダ車とわかるデザインになりました。また、この頃から「走る楽しさ」を印象付けこれまでバラバラであったマツダがひとつになりユーザーにとってわかり易いマツダになりました。販売不振が解消されたのもこの時期以降です。現在は○○マツダの名前で統一されており、一部マツダアンフィニ店が残るものの全車種取扱いになっています。
grade_mid-century_gallery_img
出典:http://www.demio.mazda.co.jp/grade/xd.html

在庫は少な目 希望が合えば買い

 先日まではデミオの在庫とアクセラの在庫が目立ちましたがデミオが新型になり在庫はなくほとんどメーカー発注となっています。ディーゼルモデルの納期は特に注意が必要でディーラーに確認が必要です。
 現在はアクセラの量販モデルとプレマシー、軽自動車のフレアワゴン(ワゴンRのOEM)の標準グレードが在庫としてあるディーラーもありますが、台数は少ないです。
 希望の車種グレード、オプション内容であればおススメです。

比較的値引き拡大しやすいマツダ

 マツダは比較的値引きが大きくなります。ただし新型のデミオやCX3などは、値段を下げなくても売れていますので値引き額は控えめです。販売店は営業所の違いのみですので競合とはなりません。競合の場合は同クラスの他メーカーのクルマで競合しましょう。
 MPV、ビアンテ、最近ではCX5でも値引き額が拡大中です。プレマシーやアクセラは在庫有りの場合ありますので車種オプションの条件が合えばすぐ登録可能ですので値引き交渉してみると良いです。
 軽自動車はスズキからのOEMです。在庫車なら値引きが期待できますがメーカーオーダーなら製造はスズキですのでスズキのお店でスズキの車種の方が良い条件になりがちですので検討の際は注意が必要です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

新型ポルシェカイエン新車価格情報と、値引き購入のコツ!

normal
出典:http://www.porsche.com/japan/jp/models/cayenne/cayenne/

ポルシェカイエンのスペック情報

 

ポルシェカイエンの価格帯

  8,590,909円~22,350,000円(税込)
 

ポルシェカイエンのグレード情報

カイエン、カイエンS、カイエンS Eハイブリット、カイエンGTS
カイエンターボ、カイエンターボS

編集部おススメグレード カイエンS Eハイブリット 11,670,000円(税込)
 V6 3.0Lスーパーチャージャーエンジン+モーターのハイブリットはおススメです。
カイエンは911カレラシリーズと違って家族で楽しめるポルシェです。V8ターボモデルも刺激的なパワーですがパワーと走りを楽しむなら911がベスト。

 出力は416馬力とハイパワーなハイブリットで決して低燃費とは言えずとも少なからず環境に配慮している姿勢を評価すべきクルマです。ベーシックグレードのカイエンはハイブリットより300万円以上も安くなりますが、パワーを含めフォルクスワーゲントゥアレグに近くなるためポルシェとしての魅力が薄れます。

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

新型トヨタカムリ新車価格情報と、値引き購入のコツ2015!

carlineup_camry_grade_grade2_01_pc
出典:http://toyota.jp/camry/grade/grade2/

トヨタカムリのスペック情報

 

トヨタカムリの価格帯

  3,207,600円~4,026,437円(税込)
 

トヨタカムリのグレード情報

ハイブリット、ハイブリットGパッケージ、ハイブリットレザーパッケージ

 編集部おススメグレード ハイブリットGパッケージ 3,413,782円(税込)

 17インチアルミホイール、運転席電動パワーシートの装備されるGパッケージがおススメです。横滑り防止装置はステアリング協調制御のS-VSCを全車標準装備しサイド&カーテンエアバックも全車に標準装備されます。基本装備にこだわるなら標準グレードでも十分納得の装備内容です。

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

スバルのディーラー名まとめと在庫状況、値引き交渉のコツ2015!

pfa_suv
出典:http://www.subaru.jp/

メーカー直営のディーラー展開 チャネル販売は無し

 スバルは現在は多くの車種が見受けられますが、1989年のレガシィ登場以前は車種はわずかでした。当然トヨタや日産のように多チャネル展開の必要性すらありませんでした。

普通車はアルシオーネ、レオーネとジャスティ、軽自動車はサンバーシリーズ、レックスでレガシィのヒットが無ければ今のスバルは存在しなかったでしょう。レガシィのヒット後にインプレッサの登場、ヴィヴィオの登場などヒット商品が続いています。

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

新型トヨタプリウス新車価格情報と、値引き購入のコツ2015!

carlineup_prius_grade_grade5_01_pc
出典:http://toyota.jp/prius/grade/grade5/

トヨタプリウスのスペック情報

 

・トヨタプリウスの価格帯

  2,232,000円~3,435,428円(税込)
 

・トヨタプリウスのグレード情報

L、S、Sツーリングセレクション、G、Gツーリングセレクション、Gツーリングセレクション・レザーパッケージ

 編集部おススメグレード S 2,386,286円(税込)

 ディスチャージヘッドライトとスマートエントリーが装備されるSがおススメです。ツーリングセレクションは17インチアルミホイールそ装着し見た目はカッコよくなりますが乗り心地がその分犠牲になります。街乗りではバタつき感が感じられます。

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

レクサスのディーラー名まとめと在庫状況、値引き交渉のコツ2015!

レクサスはどうして誕生したのか「逆輸入車」に秘密あり

img_hero_clone
出典:http://lexus.jp/models/ls/index.html
 レクサスはかつてはトヨタがアメリカで展開するトヨタの高級車ブランドでした。例えばセルシオはアメリカではレクサスLS430、ハリアーはレクサスRX330など他にも多数あります。特にセルシオのレクサスLS400を筆頭に逆輸入車が多く日本に入ってきました。時々見かける左ハンドルのセルシオはレクサスです。日本でもレクサスブランドは人気出ると見たトヨタは日本でもレクサスブランドを展開し始めました。
 
アメリカにはイストやbBなどコンパクトカーをメインに展開する「サイオン」ブランドもありますが日本では販売されていません。                     

レクサスは地元のいずれかのトヨタの販売店が運営

 レクサス店は地元の○○トヨタやトヨペットなど販売店が取り扱っています。レクサス店が複数ある地区ではそれぞれ販売店が違うはずです。レクサスと言っても中身はトヨタです。日本で販売されているレクサスは全て右ハンドル車です。計器類や操作類の文字や数字、ロゴなどはトヨタの意匠と同一です。ただしボディや内装の造りは緻密に作られ上質かつ高級感あるように造られています。

在庫車は展示車

 レクサスの在庫車はほぼ無く展示車の入れ替え時期が展示車=在庫車になります。または、展示車→トヨタレンタリース登録→試乗車→リースアップ後に中古車販売といった流れにもなり、このようになれば新車で在庫車がユーザーの元に届くことが無くなります。レクサスは高額車でオプションも豊富なことからほとんどはメーカー発注になると考えるのが良いと思います。特に新型のNXは納期が2015年9月以降など延期されています。他のシリーズでも納期にバラつきはありますが時間はかかります。希望の車種は早めにオーダーすることをお勧めします。

レクサスの競合車種は欧州車がメイン

 ISシリーズはBMW3シリーズやメルセデスCクラス。LSシリーズはメルセデスSクラスやジャガーXJシリーズなど海外のメーカーとの比較競合になります。競合と言っても値引きに影響はほとんど無く比較に過ぎません。また、当月受注当月登録がほぼ考えられないため登録を武器に値引き交渉も出来ません。下取り車の価格を上げてもらうか下取り車は買取店に売却するなどさまざまな方法で支払総額を下げてみる努力が必要です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

ダイハツのディーラー名まとめと在庫状況、値引き交渉のコツ2015!

dk_j_sitenavi_logo
出典:http://www.daihatsu.co.jp/

軽自動車メインのダイハツ 全店全車種販売

 ダイハツのディーラーは○○ダイハツ販売など各地にメーカーディーラーがあります。軽自動車メインで車種も多くないことからチャネル展開は過去も含めて行っていません。ダイハツは1967年からトヨタ自動車と業務提携、1998年にトヨタ自動車の連結子会社になりトヨタグルーブになりました。ダイハツのディーラーではダイハツ車のみの取り扱いです。
 
最近のダイハツお店は「カフェプロジェクト」と称して若い女性が気軽に立ち寄れる明るい雰囲気のお店造りとなっています。トヨタのネッツ店をイメージするような雰囲気のお店が増えており、ここにもトヨタのノウハウが生きているのかと実感します。

タント、ムーヴ、ミライースの標準グレード+SAが基本

 ダイハツの在庫車はタント、ムーヴ、ミライースの主に下から2番目のグレードに位置する標準グレードにスマートアシスト(SA)装着モデルが多くなっています。SA無しモデルは在庫薄になっています。約4~5万円で自動ブレーキシステムなどの最新の安全装備が付きますので選ぶユーザーが増えています。

色はシルバーを中心に淡色カラーが目立ちます。ムーヴカスタムについては濃色も見られますが数は少ないです。軽トラックのハイゼットトラックも在庫&試乗車もあるディーラーがあります。オートマチック車希望の際は地域によって差があります。地方では軽トラック=マニュアルがほとんどです。しかし都市部ではオートマチック限定免許保有率も高くなり軽トラックオートマチックも数多く存在します。ディーラーに確認し別地域で在庫有りなら取り寄せてもらうことも可能です。

sec_01_img_01
出典:http://dd.daihatsu.co.jp/miyagiD/shop_event/shop/shop_01/

ダイハツのクルマはスズキと競合が鉄板!

 ダイハツとスズキは軽自動車の販売では常にライバル関係にあり競争し続けてきました。30年以上に渡り「販売台数軽No.1」の座を競い続けていますので、各販売ディーラーもスズキとの競合の際には力を入れ値引き拡大に期待できます。アルトとミラ、ワゴンRとムーヴ、キャリィとバイゼット、エブリィとアトレーなど軽自動車すべてに対抗馬が存在します。
 ダイハツの軽自動車はトヨタでも取り扱っています。トヨタでは「ピクシスシリーズ」で販売していますがダイハツの軽自動車そのものです。トヨタで軽自動車はスタッフの販売実績が普通車より低くカウントされるディーラーが多く積極的には販売しようとしないケースがあります。また、ダイハツ製造とのことも影響してか値引き額は期待できません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

新型トヨタアクア新車価格情報と、値引き購入のコツ2016!

carlineup_aqua_grade_grade4_01_pc
出典:http://toyota.jp/aqua/grade/grade4/

トヨタアクアのスペック情報

 

トヨタアクアの価格帯

  1,761,382円~2,046,109円(税込)
 

トヨタアクアのグレード情報

L、S、G、Gブラックソフトレザーセレクション、X-URBAN

 編集部おススメグレード S 1,887,055円(税込)
 
アクアのLにはシートの上下調整とステアリングの上下調整ができず、オーディオ用スピーカーも2つのためスピーカーが4つでシートもすべて調整でき、15インチホイールのSがおススメです。Gとの装備にコレと言ったメリットある装備の違いがなく、価格が200万円になればプリウスの価格帯に迫ります。プリウスの値引き額のほうが大きいので実質の支払い総額が近くなります。

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

車系情報雑誌のまとめ2015!本で情報を得るならこれを読め!

私自身が読んでみて「コレいいなぁ」と思った雑誌を紹介します。この他にも面白い雑誌は多くあります。各雑誌にそれぞれ特徴がありますので、自分の知りたい情報が多くある雑誌を選ぶと良いです。本記事では、特にオススメな雑誌6部をまとめていきます。

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

日産のディーラー名まとめと在庫状況、値引き交渉のコツ2015!

logo
出典:http://www.nissan.co.jp/

日産のディーラーのこれまで 多チャネル制の展開

旧日産自動車の販売網1

・日産店・・・かつてのダットサン、ブルーバード、セドリックを扱っていました。
・モーター店・・・ローレルなどを扱っていました。
以上のお店は現在「ブルーステージ」になっています。

旧日産自動車の販売網2

・プリンス店・・・旧プリンス自動車、スカイライン、グロリアなど扱っていました。
・サニー店・・・サニーをメインに扱っていました。
・チェリー店・・・チェリー、パルサーなどを扱っていました。チェリー店はのちにプリンス店と合併していきました。
以上のお店は現在「レッドステージ」になっています。

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

スズキのディーラー名まとめと在庫状況、値引き交渉のコツ2015!

suzuki_logo
出典:http://www.suzuki.co.jp/

チャネル展開なし、全店全車種販売  

スズキのディーラーは他のメーカーと違って車種もそれほど多くないこともありますがチャネル販売はありませんでした。全店で全車種を販売し続けています。スズキはオートバイの生産からスタートしその後まもなく自動車の生産を始めました。軽自動車をメインに小型車の販売をリードし続けています。

ディーラー名は「スズキ自販○○」の名前で各地にあります。社名ごと販売店は違いますがほとんどがメーカー直系の販売ディーラーです。スズキの強みはディーラーの他にモータースなどの販売協力店です。地域密着型の地元の車屋さんもスズキの車を販売することで販売台数を伸ばしています。主に軽トラックのキャリィは農家ユーザーが多いこともあり地域密着の車屋さんの力が大きく影響しています。

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0