ディーラー情報

三菱のディーラー名まとめと在庫状況、値引き交渉のコツ2015!

img_03
出典:http://www.mitsubishi-motors.co.jp/

ギャラン店、カープラザ店からの統一

 三菱のディーラーは○○三菱自動車販売で統一させていましたが、その中にギャラン店とカープラザ店がありました。三菱は2チャンネルでの販売展開でした。カープラザ店には「カープラザ」の看板があり目印のひとつでした。

・ギャラン店

 ギャラン、プラウディア、デボネア、軽自動車全般を取り扱っていました。

・カープラザ店

 RVR、エテルナ、カリスマ、ミラージュ、アスパイアなど取り扱っていました。

・両店併売車種

 ディアマンテ、デリカ、レグナム、GTO、eKワゴン、リベロなど
カープラザ店ではeKワゴンが唯一の軽自動車取扱いでした。しかしその間もなく主力車種のミラージュが消滅し、2003年にギャラン店と統合され全店舗で全車種取扱いになりました。現在もどちらのディーラーも残っています。
初代eKワゴン

在庫はあまり期待できず

 在庫車は各ディーラーともそれほど多くありません。
 ギャランシリーズ、デリカD5、RVRは色グレード限定すれば見つかります。白、シルバー系がほとんどです。メーカーオプションが必要であれば大抵メーカーオーダーになります。すぐ乗りたい、出来るだけ値引き額を増やしたい場合にはおススメです。
 軽自動車はeKシリーズ各車種で売れてるグレード、色を狙えば在庫がある場合があります。売れているグレードや色は、受注分と合わせて見込んで生産されますので、もうすでにある場合や生産中で納期が早い場合などありますので、営業スタッフに確認してください。

軽自動車は日産と競合!

 三菱の軽自動車で販売されている「eKシリーズ」は三菱と日産が50%ずつ出資して作られた合弁企業で生産され販売されています。日産では「デイズ」の名称で販売され、一部装備類の違いなどはありますが基本同じクルマです。
 三菱と日産どちらでも見積もりを取り、トータルで安い方を選択する方法もあります。
ただし、タウンボックスのみはスズキのエブリィと同じですので注意してください。
 三菱の普通車はランサーエボリューション系以外は他社の同クラスのクルマと競合させ値引き獲得可能です。デリカD5は40万円台後半まで値引きが拡大するケースもあります。
 電気自動車i-MiVE、ミニキャブMiVEは値引きは期待できませんので注意してください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

国内の外車系ディーラーまとめと在庫状況、値引き交渉のコツ2015!

ヨーロッパ系ディーラー ドイツ車

・メルセデスベンツ

 コンパクトなAクラスから大型のSクラスまで幅広い車種を販売。コンパクトなAクラスと言っても3ナンバーです。メルセデスベンツ日本(株)で輸入し販売しているほかYANASEでも販売しています。

・BMW

 1シリーズから8シリーズまで取扱いミニバンの取り扱いはありません。BMWジャパンが輸入し各地の○○BMWのディーラー名で販売しています。   
      

・フォルクスワーゲン

 日本で最も支持されている輸入車でゴルフやポロ、トゥーランなどが人気です。フォルクスワーゲンジャパンが輸入し、フォルクスワーゲン○○のディーラー名で販売しています。中には旧Duo店(トヨタ販売店)や地元の企業での販売店が多くみられます。

・アウディ

 アウディはコンパクトなA1がA8まで幅広く販売し、そのベースはフォルクスワーゲンです。現在はアウディジャパンですが元々はフォルクスワーゲンアウディジャパンでした。アウディ○○のディーラー名で販売しています。

在庫車はフォルクスワーゲン以外はほぼ無いとお考えください。フォルクスワーゲンはゴルフ、ポロを中心に数台用意しているディーラーがありますのでお近くのディーラーにお問い合わせください。値引き額はあまり期待できず競合も期待できません。最初に提示された値引き額から少しでも拡大できるよう努力し諸経費欄もチェックしましょう。

ヨーロッパ系ディーラー イタリア、フランス車

        

・プジョー&シトロエン 

 プジョーとシトロエンは兄弟車種でプジョー208、308シリーズが人気です。シトロエンはDSシリーズなど個性ある車ですがクルマ好きには人気です。プジョージャポン、シトロエンジャポンで輸入し各地の輸入車販売店が正規ディーラーとなり販売しています。

・ルノー

 ルノーは日本であまり見かけなくなりましたがカングーが人気です。ルノージャポンで輸入しルノー○○のディーラー名で販売し多くは日産のディーラーで販売されています。

・フィアット&アルファロメオ+クライスラー

 フィアットはパンダや500が人気車種でアルファロメオはジュリエッタが主力車種です。クライスラーはアメリカ車ですが同じディーラー取扱いになりました。Jeepシリーズや300Cの大型セダンで有名です。2015年1月よりFCAジャパン株式会社が取扱い各地の地元の輸入車販売店が正規販売店となって販売しています。

プジョー&シトロエン、フィアットは意外と在庫があります。ただし色は限定となり、台数は国産車ほどありません。プジョーの208、308、シトロエンのC4ピカソ、C3が狙いやすいです。値引きも在庫があれば期待できますが国産車ほどではありません。メーカー発注車でも値引き額はありますがドイツ車同様、最初に提示された値引き額から少しでも拡大できるよう努力し諸経費欄もチェックしましょう。

アメリカ系ディーラー  

・フォード

 フィエスタ、フォーカス、マスタングが代表車種です。フォードジャパンが輸入し各地の地元の輸入車販売店が正規販売店となっています。

・GM

          
キャデラックやシボレーなどゼネラルモータースの車両を取り扱っています。キャデラック・シボレー○○の名前で各地のディーラーで販売されると同時に地元の輸入車販売店も正規販売店となっています。在庫車はフォードフィエスタやフォーカスで有るディーラーがあるかもしれませんが全体的に持ってません。展示車=在庫車のケースもあり、展示車入れ替えの際に「特選車」として値引き販売することがありますので安く購入する際には狙いましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

マツダのディーラー名まとめと在庫状況、値引き交渉のコツ2015!

hero_home_01
出典:http://www.mazda.co.jp/

多チャネル展開の失敗

 マツダは平成の初めのころは色々な販売ディーラー展開を行っていました。
                                 

  • マツダ店→ファミリア、ボンゴなど取扱っていました。
  • アンフィニ店→RX7、MS6、MS8など扱っていました。
  • ユーノス店→ロードスターやコスモ、時にはフランスのシトロエンも扱ってました。
  • オートザム店→キャロルなどの軽自動車、レビューなどの小型車を扱ってました。
  • オートラマ店→フェスティバ、レーザー、テルスターなど日本フォードとしてマツダ製の兄弟車を取り扱っていました。

わかりにくさが失敗の原因

 ユーザー側でもどこにどの車種があるかわからない点、車も突然兄弟車を増やしたり知名度を得られることもなくゴタゴタ感が増加しマツダの販売不振にもつながりました。多チャネル展開による費用の増大もまた原因のひとつです。

ZOOM-ZOOMからが転換点

 2002年にZOOM-ZOOMをキャッチフレーズに各車種のフロントマスクを似た形状にし一目でマツダ車とわかるデザインになりました。また、この頃から「走る楽しさ」を印象付けこれまでバラバラであったマツダがひとつになりユーザーにとってわかり易いマツダになりました。販売不振が解消されたのもこの時期以降です。現在は○○マツダの名前で統一されており、一部マツダアンフィニ店が残るものの全車種取扱いになっています。
grade_mid-century_gallery_img


出典:http://www.demio.mazda.co.jp/grade/xd.html

在庫は少な目 希望が合えば買い

 先日まではデミオの在庫とアクセラの在庫が目立ちましたがデミオが新型になり在庫はなくほとんどメーカー発注となっています。ディーゼルモデルの納期は特に注意が必要でディーラーに確認が必要です。
 現在はアクセラの量販モデルとプレマシー、軽自動車のフレアワゴン(ワゴンRのOEM)の標準グレードが在庫としてあるディーラーもありますが、台数は少ないです。
 希望の車種グレード、オプション内容であればおススメです。

比較的値引き拡大しやすいマツダ

 マツダは比較的値引きが大きくなります。ただし新型のデミオやCX3などは、値段を下げなくても売れていますので値引き額は控えめです。販売店は営業所の違いのみですので競合とはなりません。競合の場合は同クラスの他メーカーのクルマで競合しましょう。
 MPV、ビアンテ、最近ではCX5でも値引き額が拡大中です。プレマシーやアクセラは在庫有りの場合ありますので車種オプションの条件が合えばすぐ登録可能ですので値引き交渉してみると良いです。
 軽自動車はスズキからのOEMです。在庫車なら値引きが期待できますがメーカーオーダーなら製造はスズキですのでスズキのお店でスズキの車種の方が良い条件になりがちですので検討の際は注意が必要です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

スバルのディーラー名まとめと在庫状況、値引き交渉のコツ2015!

pfa_suv
出典:http://www.subaru.jp/

メーカー直営のディーラー展開 チャネル販売は無し

 スバルは現在は多くの車種が見受けられますが、1989年のレガシィ登場以前は車種はわずかでした。当然トヨタや日産のように多チャネル展開の必要性すらありませんでした。

普通車はアルシオーネ、レオーネとジャスティ、軽自動車はサンバーシリーズ、レックスでレガシィのヒットが無ければ今のスバルは存在しなかったでしょう。レガシィのヒット後にインプレッサの登場、ヴィヴィオの登場などヒット商品が続いています。

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

レクサスのディーラー名まとめと在庫状況、値引き交渉のコツ2015!

レクサスはどうして誕生したのか「逆輸入車」に秘密あり

img_hero_clone
出典:http://lexus.jp/models/ls/index.html
 レクサスはかつてはトヨタがアメリカで展開するトヨタの高級車ブランドでした。例えばセルシオはアメリカではレクサスLS430、ハリアーはレクサスRX330など他にも多数あります。特にセルシオのレクサスLS400を筆頭に逆輸入車が多く日本に入ってきました。時々見かける左ハンドルのセルシオはレクサスです。日本でもレクサスブランドは人気出ると見たトヨタは日本でもレクサスブランドを展開し始めました。
 
アメリカにはイストやbBなどコンパクトカーをメインに展開する「サイオン」ブランドもありますが日本では販売されていません。                     

レクサスは地元のいずれかのトヨタの販売店が運営

 レクサス店は地元の○○トヨタやトヨペットなど販売店が取り扱っています。レクサス店が複数ある地区ではそれぞれ販売店が違うはずです。レクサスと言っても中身はトヨタです。日本で販売されているレクサスは全て右ハンドル車です。計器類や操作類の文字や数字、ロゴなどはトヨタの意匠と同一です。ただしボディや内装の造りは緻密に作られ上質かつ高級感あるように造られています。

在庫車は展示車

 レクサスの在庫車はほぼ無く展示車の入れ替え時期が展示車=在庫車になります。または、展示車→トヨタレンタリース登録→試乗車→リースアップ後に中古車販売といった流れにもなり、このようになれば新車で在庫車がユーザーの元に届くことが無くなります。レクサスは高額車でオプションも豊富なことからほとんどはメーカー発注になると考えるのが良いと思います。特に新型のNXは納期が2015年9月以降など延期されています。他のシリーズでも納期にバラつきはありますが時間はかかります。希望の車種は早めにオーダーすることをお勧めします。

レクサスの競合車種は欧州車がメイン

 ISシリーズはBMW3シリーズやメルセデスCクラス。LSシリーズはメルセデスSクラスやジャガーXJシリーズなど海外のメーカーとの比較競合になります。競合と言っても値引きに影響はほとんど無く比較に過ぎません。また、当月受注当月登録がほぼ考えられないため登録を武器に値引き交渉も出来ません。下取り車の価格を上げてもらうか下取り車は買取店に売却するなどさまざまな方法で支払総額を下げてみる努力が必要です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

ダイハツのディーラー名まとめと在庫状況、値引き交渉のコツ2015!

dk_j_sitenavi_logo
出典:http://www.daihatsu.co.jp/

軽自動車メインのダイハツ 全店全車種販売

 ダイハツのディーラーは○○ダイハツ販売など各地にメーカーディーラーがあります。軽自動車メインで車種も多くないことからチャネル展開は過去も含めて行っていません。ダイハツは1967年からトヨタ自動車と業務提携、1998年にトヨタ自動車の連結子会社になりトヨタグルーブになりました。ダイハツのディーラーではダイハツ車のみの取り扱いです。
 
最近のダイハツお店は「カフェプロジェクト」と称して若い女性が気軽に立ち寄れる明るい雰囲気のお店造りとなっています。トヨタのネッツ店をイメージするような雰囲気のお店が増えており、ここにもトヨタのノウハウが生きているのかと実感します。

タント、ムーヴ、ミライースの標準グレード+SAが基本

 ダイハツの在庫車はタント、ムーヴ、ミライースの主に下から2番目のグレードに位置する標準グレードにスマートアシスト(SA)装着モデルが多くなっています。SA無しモデルは在庫薄になっています。約4~5万円で自動ブレーキシステムなどの最新の安全装備が付きますので選ぶユーザーが増えています。

色はシルバーを中心に淡色カラーが目立ちます。ムーヴカスタムについては濃色も見られますが数は少ないです。軽トラックのハイゼットトラックも在庫&試乗車もあるディーラーがあります。オートマチック車希望の際は地域によって差があります。地方では軽トラック=マニュアルがほとんどです。しかし都市部ではオートマチック限定免許保有率も高くなり軽トラックオートマチックも数多く存在します。ディーラーに確認し別地域で在庫有りなら取り寄せてもらうことも可能です。

sec_01_img_01


出典:http://dd.daihatsu.co.jp/miyagiD/shop_event/shop/shop_01/

ダイハツのクルマはスズキと競合が鉄板!

 ダイハツとスズキは軽自動車の販売では常にライバル関係にあり競争し続けてきました。30年以上に渡り「販売台数軽No.1」の座を競い続けていますので、各販売ディーラーもスズキとの競合の際には力を入れ値引き拡大に期待できます。アルトとミラ、ワゴンRとムーヴ、キャリィとバイゼット、エブリィとアトレーなど軽自動車すべてに対抗馬が存在します。
 ダイハツの軽自動車はトヨタでも取り扱っています。トヨタでは「ピクシスシリーズ」で販売していますがダイハツの軽自動車そのものです。トヨタで軽自動車はスタッフの販売実績が普通車より低くカウントされるディーラーが多く積極的には販売しようとしないケースがあります。また、ダイハツ製造とのことも影響してか値引き額は期待できません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

日産のディーラー名まとめと在庫状況、値引き交渉のコツ2015!

logo
出典:http://www.nissan.co.jp/

日産のディーラーのこれまで 多チャネル制の展開

旧日産自動車の販売網1

・日産店・・・かつてのダットサン、ブルーバード、セドリックを扱っていました。
・モーター店・・・ローレルなどを扱っていました。
以上のお店は現在「ブルーステージ」になっています。

旧日産自動車の販売網2

・プリンス店・・・旧プリンス自動車、スカイライン、グロリアなど扱っていました。
・サニー店・・・サニーをメインに扱っていました。
・チェリー店・・・チェリー、パルサーなどを扱っていました。チェリー店はのちにプリンス店と合併していきました。
以上のお店は現在「レッドステージ」になっています。

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

スズキのディーラー名まとめと在庫状況、値引き交渉のコツ2015!

suzuki_logo
出典:http://www.suzuki.co.jp/

チャネル展開なし、全店全車種販売  

スズキのディーラーは他のメーカーと違って車種もそれほど多くないこともありますがチャネル販売はありませんでした。全店で全車種を販売し続けています。スズキはオートバイの生産からスタートしその後まもなく自動車の生産を始めました。軽自動車をメインに小型車の販売をリードし続けています。

ディーラー名は「スズキ自販○○」の名前で各地にあります。社名ごと販売店は違いますがほとんどがメーカー直系の販売ディーラーです。スズキの強みはディーラーの他にモータースなどの販売協力店です。地域密着型の地元の車屋さんもスズキの車を販売することで販売台数を伸ばしています。主に軽トラックのキャリィは農家ユーザーが多いこともあり地域密着の車屋さんの力が大きく影響しています。

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

ホンダのディーラー名まとめと在庫状況、値引き交渉のコツ2015!

かつてはホンダも3チャンネルでの販売

現在ホンダは「ホンダカーズ」として販売チャネルは一本化され、全車種取扱いとなっていますが、2006年にホンダカーズに統一されるまではプリモ、ベルノ、クリオの3系列の販売ディーラーがありました。

  • プリモ店→シビック、アスコット、ライフ、トゥデイなど小型車&軽自動車メインで取り扱っていました。イメージカラーは赤
  • クリオ店→レジェンド、アコード、ラグレイト、インスパイアなど上級セダンをメインに取り扱っていました。イメージカラーは青
  • ベルノ店→プレリュード、NSX、CR-X、セイバー、ラファーガ、インテグラなどスポーツ系の車種をメインに取り扱っていました。イメージカラーは緑

3つの販売店とも車種体系に特色があり販売店同士の競合がトヨタほどありませんでした。後々にアスコットとラファーガ、インスパイアとセイバーなど兄弟車も出ましたが、ベルノ店でのセダン販売が弱かったが車名の印象が薄かったかは定かではありませがベルノ店扱いのセダンは不振でした。今は販売していないクルマたちの名前が出てますが詳細はネットで検索してみてください。

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

トヨタのディーラー名まとめと在庫状況、値引き交渉のコツ2015!

今も唯一残るチャネル販売

トヨタのディーラーの特徴は今でも販売店ごとに取扱い車種を分けたチャネル販売が国内ディーラーで唯一継続されています。

  • トヨタ店→クラウン、アリオン、ランドクルーザー、エスクァイアなど取扱い
  • カローラ店→カローラシリーズ、ノア、カムリ、パッソなど取扱い
  • トヨペット店→マークX、プレミオ、アルファード、ハリアーなど取扱い
  • ネッツ店→ヴェルファイア、ヴィッツ、オーリス、ウィッシュ、ヴォクシーなど取扱い

ネッツ店は2000年代前半に旧オート店(当時既にネッツ店)と旧ビスタ店が統合され新ネッツ店が誕生しています。各地域で統合時期にズレはありますがほとんどの地域でネッツ店に吸収されビスタ店が無くなるケースでの統合となりました。

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0