新型ルノーカングー新車価格情報と、値引き購入のコツ2016!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
→→新車が値引き価格から、さらに52万円安くなる裏技!?はこちら

05-13カングー
出典 http://carview.yahoo.co.jp/ncar/catalog/renault/kangoo/F002-M003/image/?img=1

ルノー カングーのスペック情報

ルノー カングーの価格帯

2,158,000円~2,415,000円(税込)

ルノー カングーのグレード情報

アクティブ、ゼン 各グレードにMT設定有

編集部おススメグレード ゼン 6MT 2,415,000円(税込)

同色バンパーとフロントフォグランプ、オートライトシステムを装備したゼンがオススメです。新型カングーはゼンの6MT車がオススメです。アクティブのマニュアル車は5MTです。また、ゼンの6MT車はAT車と違い1.2L直噴ターボエンジンが搭載されます。AT車の1.6Lノーマルエンジン搭載車と同価格が魅力。

アイドリングストップやエコモード、クルーズコントロールもゼン6MT車にのみ装備されます。MT車に最新のエコ技術が採用されている点はさすがフランス車です。

3ナンバー化したデカングー

1997年にルノーエクスプレスの後継モデルとしてカングーが登場し日本には2002年に正規輸入開始されました。高い室内高と広い荷室は商用車並みの使い勝手。しかしカングーはリヤシートも快適な乗用モデルとして輸入されました。収納スペースも多く高い人気を得ました。現行モデルのカングーは2009年にフルモデルチェンジされたモデルです。

初代カングーはクリオベースに対し現行カングーはメガーヌベースと大型化。大型化のため車幅は3ナンバーサイズになりました。カングーはリヤドアはスライドドアのため乗降性にも優れています。バックドアは当初跳ね上げ式のドアのモデルもありましたが、現在は観音開きのドアのみとなっています。

あえてブラックバンパーを選ぶのもカングーの魅力

日本ではバンパーは全てボティ同色化されていますがヨーロッパでは未塗装バンパーは珍しくありません。あえて本国のベーシックカーをそのまま味わうのも実用車カングーの魅力です。CDオーディオも標準装備され気になる安全面での装備の差がありませんので安心です。エアコンは自分の好みで設定しやすいマニュアルエアコンを装備。冷房を多用しない時期にはオートエアコンよりも使い易いエアコンです。

エコ&スポーツのマニュアル車を設定!

ゼン6MT車は1.2L直噴ターボ搭載

上級グレードのゼンの6MT車には1.2L直噴ターボエンジンを搭載しました。最大トルクは2000回転で190N.mで2.0L車並みのパワーを発揮します。低回転域で力強いため扱いやすくターボの力で高速域もスムーズです。また、通常他のクルマならAT車に設定されるエコモードはゼンの6MT車のみに設定されエンジントルクやアクセル操作に対する制御を行い、約10%の燃費向上が可能となっています。

フランス本国では圧倒的にMT車が多く走っています。日本ではATが主流ですが、ATには故障のリスクもありメンテナンス面でも手軽なためフランス車好きなユーザーはMT車を好んで選びます。

1.6Lエンジンも実用域から高速域までカバー

AT車に搭載される1.6Lエンジンも街乗りから高速までスムーズに走行可能ですが、登り坂での加速の際にはパワー不足は感じます。搭載される4ATは少々古さを感じます。ATはトルクコンバーター式で国産車になれたユーザーは少々変速ショックが大きく感じます。

少しアクセルを大きく踏み込んで加速すればスムーズに変速できトルクが最大に出る3000回転から4000回転を上手に使えば気持ちよく走ることができます。山道でカーブが続く登り坂ならマニュアルモードでギアを固定すればスムーズ。固定しないとハンパなところで変速しギクシャクする場合があります。

シンプルかつ機能的なインテリア

出典 http://www.renault.jp/car_lineup/kangoo/grade/index.html 
出典 http://www.renault.jp/car_lineup/kangoo/presentation/index.html 
05-13カングー内装


05-13カングー小物
インテリアはシンプルなデザインでプラスチック感が強く商用車そのものの印象も受けます。ゼンに装備されるオートエアコンはオートであれば使い勝手に困らず便利ですが、風量や風向を指定したい場合にはわかりにくくマニュアルエアコンの方が使い勝手が良いスもあります。フロントシートもリヤシートも座り心地は良く長距離走行でも疲れにくい造りになっています。

収納スペースは魅力的

カングーの特徴として荷室が広いだけではなく収納スペースも多くあります。リヤシード上部にはフタの付いた三連収納ボックスが装備され、フロントシート頭上にも収納棚があります。荷室は上下に仕分けることができるトレイも装備され色々な物を自由に積載可能なクルマです。

比較的値引きがある輸入車 在庫車を狙うとお得!

新型ルノーカングーの値引きは車両本体価格から20万円前後、販売店オプションを多めに装備した場合には総額25万円前後の値引きが期待できます。輸入車の値引き額は少なめですがカングーは在庫の無いオーダー車でも車両本体価格から20万円前後の値引きを目標にできます。

在庫車を持つ販売店が多くグレードと色が希望と一致すれば車両価格から30万円以上の値引きケースもあります。ゼンのAT車なら在庫車期待大です。

決算時期はチャンス大 キャンペーンを活かそう

決算時期や月末イベント時は値引き拡大のチャンス。在庫有りで登録可能なクルマなら大幅値引きが期待できます。さらに2016年3月末までゼン6MT車を除くグレードが対象で販売店オプション15万円分サービスされるキャンペーンがあります。メモリーナビやスタッドレスタイヤなどをお得にお求めになるチャンスです。しかし、オススメのゼン6MT車が対象外は残念です。

車を乗り替える人の、93%が『損』をしています!!

新車に乗り替える時は、ほとんどの人が愛車を『下取り』に出してしまいますが。。。

愛車を『下取り』に出すより高値で売れる、『一括査定』が絶対にオススメです。

中には、下取りよりも50万円以上高く売れた!!という驚愕の体験談も。。。


  • 車を乗り替える予定だ

  • ディーラーとの商談が面倒だ...

  • 愛車を高く売りたい...

  • ローンの負担を軽くしたい...



どれかに当てはまる人は、要チェックです!!

02
btn04_l

ネットで簡単、一括査定の詳細はこちら

SNSでもご購読できます。

carbner