失敗しない中古車選び!総額50万円で買うホンダライフの価格相場

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
→→新車が値引き価格から、さらに52万円安くなる裏技!?はこちら

ライフとはこんなクルマ

トゥディをベースに背を高くした軽ワゴンを1997年に誕生させました。当時スズキワゴンRやダイハツムーヴが売れる中での人気市場への参入でした。

トールワゴンとしては初代になりますがライフという車名では1970年代にホンダは軽乗用タイプのクルマを発売しています。まだ軽自動車が360ccの時代です。しかし全く違うタイプですので1997年に登場したライフを初代扱いと致します。

ライフ発売から間もなく1998年に軽自動車規格が変更され大型化。ライフは二代目にモデルチェンジしました。ボディは衝突安全ボディとなり、フロントエアバックも標準化され安全面でも進化しました。エンジンも新しくされ排ガス規制に対応したローエミッションビーグル(LEV)となりました。ノーマルエンジンとターボエンジンの二種類に4WDもラインナップ。トランスミッションは5MT/3ATの組み合わせ。ATはコラムシフトを採用しました。

2003年には三代目にフルモデルチェンジ。丸みを帯びた外観は女性ユーザーを意識してのデザインでした。室内も右にスピードメーター、左にインフォメーションディスプレイを配置。当時ではまだ採用の少なかったインパネシフトを採用し操作性の向上に加え足元スペース確保も行いました。

エンジンはノーマルエンジンとターボを設定。トランスミッションは全車4ATのみとなりました。当時軽自動車で全グレード4AT化は早い方でした。さらにスポーティなデザインのディーバシリーズも追加されています。

2008年から現在のNシリーズが登場するまでJC型と呼ばれるモデルが販売されました。
運転のし易さを追求したデザインは出来るだけ運転席からの死角をすくなくするためピラー(支柱)の角度など含めデザインされました。また、ほとんどのグレードにオーディオ内蔵型のバックモニターを標準装備しました。

同じホンダのゼストに人気を奪われたライフ

ワゴンRならスティングレー、ムーヴならカスタムに相当するクルマをホンダではライフではなくゼストとして販売。スポーティなスタイルは人気でライフはゼストの陰に隠れる形になりNシリーズにバトンを渡しました。

総額50万円で買えるライフはこのモデル

総額50万円で買えるライフは全タイプのライフが狙えます。ただし、最終のJC系のみはまだまだ新しく高値で推移していますので、前期モデルの一部のみです。JB系以前のモデルはほぼ全て狙えます。

最終モデルも狙えるライフJC1,2系

05-25ライフa
出典 http://carview.yahoo.co.jp/ncar/catalog/honda/life/F004-M005/image/?img=1
2008年に登場したライフはライフとしては最終型。7年経過を迎えたクルマが一番古いタイプです。ベーシックなCグレード以外にはオーディオ内にバックモニターも標準装備されました。つまり、Cグレードは不人気のため総額50万円以内で狙いやすくなっています。人気のGグレードは走行距離が多めかボディカラーが白、黒、シルバー以外のカラーのライフがギリギリ狙える価格帯となっています。

程度良好車は予算アップ

総額65万円まで予算をアップさせることによって後期モデルも選べナビゲーションシステムも装備されたライフも選べます。走行距離の少ない良質車を選べばまだまだこの先も活躍してくれるクルマです。

中心モデルはJB5~8系

05-25ライフb


出典 http://carview.yahoo.co.jp/ncar/catalog/honda/life/F003-M004/image/?img=1
2003年から2006年に販売された三代目ライフはまだまだ古さを感じさせない内外装デザインです。中古車価格は前期モデルを中心に底値となっています。前期と後期の違いはヘッドライト形状が大きな違いで内装デザインは基本変わりありません。

格安で買うか、程度重視で買うか用途次第だ!

支払総額20万円前後が購入できるクルマも探せます。しかし、走行距離は10万キロ以上走行し、外装にはサビが発生しているクルマが20万円前後で買えるライフです。デザインが新しく、走りも4ATで快適、タイミングベルト交換済で壊れるまで乗るならオススメです。

少しでも安心して長く乗りたいなら後期モデルがオススメでグレードはF以上を狙いましょう。CDオーディオやオートエアコンが装備されるのは魅力的です。Cにも仕様によってはオートエアコン搭載モデルがありますので、お買い得価格で見つけたならオススメです。購入時には少しでも保証付きのクルマがさらにオススメです。

ターボ系は魅力 しかしオイル管理に注意

ディーバ系などターボ車も十分予算内で狙えますが、オイル交換履歴など含めクルマの状態をしっかりとチェックしましょう。

ホンダのターボエンジンの特徴としてオイルラインが細かいため汚れたオイルならエンジンのゴミでオイルラインを詰まらせることになります。エンジンに不具合が無いか確認し、定期的なオイル交換を行いましょう。

格安モデルはJB1~4系

05-25ライフc
出典 http://carview.yahoo.co.jp/ncar/catalog/honda/life/F002-M003/image/?img=1
JB1~4系ライフはトールワゴンライフとして二代目のモデルです。1998年に軽自動車規格が大型化したのをきっかけにモデルチェンジしたライフ。まだまだ街中では走っているモデルです。

全グレードで価格は底値 割り切った使い方が必要

価格は全車底値のため支払総額には車検がどのくらい付いているのかを確認しとりあえず2年間乗れれば良いスタイルで購入しましょう。

エンジン音は決して静かとは言えず、3ATには今の新車と比べると余裕はありません。街乗り用、通勤用など割り切った使い方が必要です。

三代目モデルと価格がバッティング

モデルがひとつ新しい三代目のライフと同価格帯となってきます。サビが無く、走行距離が少ない、タイミングベルト交換済の二代目ライフを選ぶならオススメです。


Warning: extract() expects parameter 1 to be array, string given in /home/porcocasa/car-bye.com/public_html/wp-content/themes/xeory_base/lib/functions/bzb-functions.php on line 297

SNSでもご購読できます。

carbner