日産フーガの中古車買取・査定相場価格と、できるだけ高く売るコツ2016!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
→→新車が値引き価格から、さらに52万円安くなる裏技!?はこちら

フーガの買い取り相場概要

買取価格は低迷 乗り続けることもおススメ

日産&プリンス時代も含めて40年以上の歴史を持つセドリック&グロリアの後継車種として2004年に登場したのがフーガです。高級スポーツセダンとして登場したフーガは2.5Lと3.5Lの二種類のV6エンジンとV8 4.5Lも搭載されました。2009年11月には現行型となるY51型が登場しています。スカイラインとデザインは似ているもののボディサイズは全長4980mmでほぼ5mの長さです。インテリアも高級感があり北米ではインフィニティQ70として人気を得ています。2015年のマイナーチェンジでは、スカイライン同様エンブレムをインフィニティエンブレムに変更しQ70と同様の外観を実現し、世界に誇れる高級スポーツセダンをアピールしています。

中古車市場では大型セダンの人気は低迷しています。買取価格は安値で推移しています。5年で新車価格の3割から4割の買取価格です。先代のモデルになるとさらに安くなりますので5年目で一度下取り価格買取価格を調べることをおススメします。買取価格に納得できない場合には乗り続けることもおススメです。乗り心地や走行安定性に優れ、高級感ある内装のためしばらく乗り続けても良いクルマです。

中古車で買うなら5年落ちを狙おう!

現行Y51型のマイナーチェンジ前までのフーガはガングレーメタリックやシルバーメタリック色は価格がお手頃になっています。車両価格200万円前後から探すことが可能でミドルサイズセダン並みの価格で購入できます。新車で購入するよりも中古車ではお得に購入可能です。衝突回避のためのエマージェンシーブレーキなど最新の安全装備も装備され、3.7L車も2.5L車と価格がほとんど変わりありませんのでハイスペックな3.7Lを狙うユーザーにとっておススメです。

先代Y50型なら2008年10月以降の上級グレードに標準装備されていた運転席&助手席サイドエアバッグ、カーテンエアバッグ、キセノンヘッドランプ+アクティブAFSを全車標準装備されたモデルを狙うのがおススメです。良質なY50型後期のフーガは車両価格130万円前後から探すことが可能です。

フーガの買取価格帯は?

現行 Y51型

13フーガa
出典 http://carview.yahoo.co.jp/ncar/catalog/nissan/fuga/F002-M005/image/?img=1
2009年に登場したY51型はこれまでの3.5Lエンジンから3.7Lエンジンに排気量をアップ。ただ、排気量をアップさせたのみではなく、バルブ作動角・リフト量連続可変システムの新機構を搭載し最高出力は333馬力を誇り、BMW5シリーズに劣らぬスペックを手に入れました。Y51型マイナーチェンジ前の買取価格相場は走行距離5万キロまでで130万円から240万円です。人気色はホワイト系とブラックです。高級感を重視するユーザーからはレザーシート車が人気で高価買取が期待できます。しかし、5年で新車価格の3割から4割の買取価格でミニバンやSUVと比較すると安い傾向にあります。まだまだ下取基準価格表に残る車種ですが手放す際には買取店同士競合させ少しでも高価買取を目指しましょう。買取店店頭査定では下取り価格よりも安い場合があります。買取査定を実施の際にはネットなどによる一括無料査定を申し込み買取店同士競合させましょう。

先代 Y50型

13フーガb
出典 http://carview.yahoo.co.jp/ncar/catalog/nissan/fuga/F001-M004/image/?img=1
Y50型後期の買取相場は50万円から100万円で2.5Lモデルとホワイトパール色が人気です。3.5Lと4.5Lモデルも2.5Lと買取価格相場は変わりありませんので新車価格を考慮すると上級グレードほど割安です。セドリック&グロリアから進化したフーガはボティ剛性、足回りすべてにおいて走りの質感が高まり、内装も高級感がアップしています。良いクルマですが買取価格は安い傾向にありますので特に欲しいクルマが無く気に入っているならば乗り続けた方がお得です。

Y50型前期の買取相場は走行距離10万キロ未満なら10万円から80万円が相場です。GT系グレードが人気で2.5Lモデルは高価買取が期待できます。エアロパーツや大径アルミホイールでドレスアップされたフーガは大型セダン専門店に売却相談してみるのもおススメです。

ドレスアップ車は専門店へ ノーマル系は買取店競合へ!

フーガを含む大型セダンは中古車市場では不人気のため買取価格も下取り価格も低迷しています。新車登録から5年までは下取り価格も期待できますが、どの年代でも安めの傾向ですので一括買取査定で買取店同士競合させましょう。フーガの中古車はホワイトパールとブラックが人気ですので、ホワイトパールとブラックのフーガ―ユーザーは買取店競合で少しでも高価買取を狙うことがポイントです。

ドレスアップ車は専門店へ

エアロパーツや大径アルミホイール、車高調整など装着されたドレスアップ車は大型セダン専門店に相談しましょう。一般的な買取店や下取り査定では純正状態が基本のためノーマル車より安く評価される傾向にあります。社外アルミホイール購入時には純正アルミホイールを売却したり処分せずに大切に保管しておくことも大切です。

どうせ売るなら、愛車は、最高額で売りませんか!?

車を売る93%の人は、損をしているという事実!



車を売るときは、事前に準備しておかないと大損する可能性が・・・!
特に、車を乗り替える人には絶対に覚えておいてほしい方法です。

インターネットの一括査定サービスがオススメです。


私がワゴンRを一括査定で複数の買取業者に査定依頼してみたところ、一番高い会社と一番低い会社の差が24万円にもなりました。

02
btn04_l

最高額で車を売りたい!>>

SNSでもご購読できます。

carbner