トヨタアルファードの愛車買取・査定相場と、できるだけ高く売るコツ2016!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
→→新車が値引き価格から、さらに52万円安くなる裏技!?はこちら

アルファードの買い取り相場概要

下取、買取中心は先代モデル

グランドハイエースの後継モデルとして2002年にアルファードが登場しました。グランドハイエースは後輪駆動ベースでハイエースとプラットフォームを共用していました。アルファードはエスティマとプラットフォームを共用し乗用車ベースになり乗り心地と静粛性を大幅に向上しました。
アルファードは初代モデルはすでに10年以上経過しており15万キロ以上走行した3.0Lエンジン車は買取価格がゼロになる傾向にありますが、15万キロ未満のアルファードなら、まだまだ買取価格が残ります。

アルファード中古車買うなら狙い目は20系前期モデル

ちょうど二回目の車検を迎えたモデルです。スポーティなデザインの240S両側電動スライドドア+ナビ付で走行距離5万キロ未満の良質車が250万円前後の車両価格から狙えます。新車は高価だが大きく広いクルマが欲しいユーザーはノアやヴォクシーのミディアムクラスミニバンの標準グレード車並みの価格で狙うことが可能です。

アルファードGとアルファードVって?

アルファードは販売店が当時Gがトヨペット店、Vがビスタ店、ビスタ店は後にネッツ店と統合しネッツ店販売になりました。初代10系と呼ばれるモデルがGとVに分かれていますがフロントグリルとエンブレムの違いで中身は同じです。
二代目の20系と呼ばれるモデルからはヴェルファイアがネッツ店の取扱でやはりグリルの形状など違いはありますが基本同一車種です。

アルファードの買取価格帯は?

二代目 20系

29アルファードa
出典 http://carview.yahoo.co.jp/ncar/catalog/toyota/alphard/F002-M003/image/?img=1
二代目の20系は前期モデルは7年経過し後期モデルも5年目。新車から乗り続けているユーザーの満足度は高く、なかなか手放しませんが、それでも販売台数が多いため中古車市場に多く流通し、新型アルファードが登場して1年以上経過したこともあり中古車台数は多くなっています。初代モデルと比較し4気筒の2.4Lエンジンは型式そのままですが、V6エンジンが3.0Lから3.5Lに排気量アップしました。新しく搭載されたGRエンジンはタイミングベルトが無くチェーン駆動のため走行距離を多く走行するユーザーにはうれしく多人数乗車時でもストレスない加速が可能です。

後期モデルで3年から4年経過したアルファードは走行距離5万キロまでのX系グレードは2.4Lも3.5Lも買取相場は180万円から210万円です。買取価格が高くなるのはS系のグレードです。230万円から290万円の買取相場で3.5Lモデルも同じ買取価格相場です。税金面など維持費が大きく影響する大排気量車は新車時は高価でも売却時には2.4Lエンジン車とほとんど違いが無くなります。

前期モデルで2009年式から2010年式の3回目の車検に迫ったモデルは走行距離10万キロ未満で140万円から230万円が相場でグレードによる差、排気量による差が無く、走行距離により買取価格が左右されています。5万キロ前後なら170万円の買取価格が中心価格帯です。売却時には150万円くらいで提示される可能性大ですが170万円を目標に頑張りましょう。一発で170万円が提示されたらなプラス15万円を狙い、無理ならプラス10万円を落としどころにして高値で売却しましょう。最初の提示価格から無理だと思われる価格を希望価格にし落としどころを決める方法も有効です。
新型アルファードが登場して1年以上経過し昨年と比較しても価格が安定しています。また、フルモデルチェンジは先ですので新車から5年未満なら次の車検かさらに次の車検で売却を検討、また、7年を迎え欲しいクルマがあるなら売り時です。

初代 10系

29アルファードb
出典 http://carview.yahoo.co.jp/ncar/catalog/toyota/alphard/F001-M003/image/?img=1
初代の10系は走行距離が多くなってきています。10万キロに達していないモデルで修復歴無しなら買取価格は期待できます。
グランドハイエースと比較して静粛性を大幅に向上させ乗り心地を向上させた初代モデルです。エスティマにも搭載される経済性に優れた2AZエンジンの2.4Lモデルがおススメで
前期モデルの2004年2005式のモデルは2.4Lで買取相場30万円前後、15万キロ前後の走行距離なら5万円から15万円です。MX系3.0Lは税金面や維持費の関係で人気が薄く5万円から30万円です。3.0Lモデルはタイミングベルト式エンジンですので10年10万キロの交換が必要ですので未交換ならやはり高値買取は期待できませんが、あえて交換の必要はありません。交換しても交換分の金額が上乗せなりませんのでそのまま買取店に渡すのが一番お得です。
修復歴ありの場合は買取価格は厳しく走行距離が15万キロを超えていれば価格が出なかったりしますので、10万円あればベストと思ってください。

10系後期の買取価格は40万円~100万円前後です。2007年式で10万キロ未満の場合60万円から70万円、2008年式100万円前後です。2006年式の 3.0Lは40万円前後で15万キロ前後走行したクルマはナビゲーションが付いて30万円前後の買取価格です。圧倒的に2.4Lモデルの流通量が多く買取価格も高めになっています。ホワイトパール、完全なブラックは高価買取が期待できます。SグレードならAS、MSいずれでも上記価格からプラス20万円前後上乗せも期待できます。

ホワイト系とブラック、S系グレードほど買取店へ

完全なホワイトまたはホワイトパール色と完全なブラック色は人気色で中古車市場でもすぐに売れます。すぐに売れるということは買取価格も高くなります。また、初代はAS、MSグレード、二代目は240S、350SのS系グレードはスポーティなデザインで人気があります。
ディーラー下取りなら下取り価格が高くなると言っても所定の決まった額のみのアップになりますが、買取店でなら人気に応じた額のアップが期待できますので下取り価格よりも大幅アップするケースがほとんどです。また、ネットによる一括査定で買取店同士の競合も効果的です。

どうせ売るなら、愛車は、最高額で売りませんか!?

車を売る93%の人は、損をしているという事実!



車を売るときは、事前に準備しておかないと大損する可能性が・・・!
特に、車を乗り替える人には絶対に覚えておいてほしい方法です。

インターネットの一括査定サービスがオススメです。


私がワゴンRを一括査定で複数の買取業者に査定依頼してみたところ、一番高い会社と一番低い会社の差が24万円にもなりました。

02
btn04_l

最高額で車を売りたい!>>

SNSでもご購読できます。

carbner