アウディ R8 2016年新型の新車価格・スペック・試乗動画・維持費のまとめ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
→→新車が値引き価格から、さらに52万円安くなる裏技!?はこちら

アウディR8
出典 http://carview.yahoo.co.jp/ncar/catalog/audi/r8/F002-M001/image/?img=1

アウディ R8のスペック情報

アウディ R8の価格帯

V10 5.2FSIクワトロ 24,560,000円(税込)
V10プラス 5.2FSIクワトロ 29,060,000円(税込)

アウディ R8 V10プラスの主要諸元(スペック:性能・素材・仕様)

全長4,426mm / 全幅1,940 mm / 全高1,240mm
ホイールベース 2,650mm
車両重量 1,520kg
乗車定員 2名
エンジン種類 V型10気筒DOHC
最高出力 449kw(610PS)/8,250rpm
最大トルク 560Nm(57.1kgm)/6,500rpm

駆動方式 4輪駆動方式
トランスミッション デュアルクラッチ式7速AT
タイヤフロント 245/30ZR20
タイヤリヤ   295/30ZR20
ステアリングポジション 右/左 選択可
0km/h→100km/h加速 3.2秒

アウディ R8の概要

世界最高峰の自動車レースとも言われるルマン24時間耐久レースに出場したアウディR8の車名をそのまま市販車に使用し初代R8が登場したのは2007年です。アルミボディ+ミッドシップレイアウトエンジンとアウディ伝統の4WDシステム「クアトロシステム」を搭載し走行安定性と抜群のスポーツ性能を手に入れました。

今年、新型になった新型R8はアルミボディに運転席後方Bピラー付近にカーボンファイバー部分も加え更なる軽量化を図りました。

フォーマルにも使えるスーパーカー

兄弟車ではランボルギーニウラカンがあります。デザインは当然異なりますがエンジンなど中身は共通です。フォーマルな場面でも使えるアウディR8は、日常、非日常、ビジネスの場面すべての生活の中で楽しめるスーパースポーツカーです。

最新のクワトロシステムは従来のビスカスカップリング方式ではなく出力に応じて駆動力を配分するシステムでこれまで以上に路面にパワーを伝える力を増やしました。コーナーでリヤがスライドしそうになれば瞬時にフロントにトラックションを加え、常に安定した走りを保ちます。

アウディ R8 動画紹介


【先進の名機】アウディ新型R8を駆る。

レーシングカーの造りの市販車

V10で540馬力、V10プラスで610馬力のハイパワーを誇るアウディR8。近年は排気量をダウンさせて過給機による出力アップを図るダウンサイジングターボが主流ですが、R8はV10 5.2Lの自然吸気エンジンです。自然吸気ならではの自然な加速と、レーシングカート同じ排気音を奏でるV10エンジンはサーキットで十分楽しめます。

フェラーリやランボルギーニほどの派手さはありませんがデザインと排気音で注目を集めるとこは間違いありません。

運転に集中できるインテリア

出典 http://www.audi.co.jp/jp/web/ja/models/r8/r8.html
アウディR8内装a
アウディR8内装b

内装デザインはドライバーが昼夜問わず、またハイスピードでの移動の際にも快適で使い易いデザインになっています。ステアリングに集約されたスイッチ類でオーディオ類など通常のドライビングでは十分操作可能です。

オール液晶モニターの計器類

計器類は全て液晶モニターです。通常は写真上のデザインで、左にタコメーター、右にスピードメーターが備わり中央にはナビゲーション画面やインフォメーションモニターが備わります。ナビゲーションモニターがメーターパネル内にあることにより、運転中の視線の移動が最小限で済みます。

デジタル表示のスピードメーターは視認性に優れ、タコメーターは少々視認性が良くありません。しかし、一般使用の際にはV10 5.2Lのエンジンはほとんど回転を上げずに走行可能です。タコメーターの動きは気にしなくてもよいレベルですので十分です。サーキット走行の際には、モードを下の写真のようにタコメーターを中央に表示させることが可能です。本格走行モードと日常モードが使い分けられるスーパースポーツです。

気になる維持費は?

アウディ R8の維持費はフェラーリのようなスーパーカー比較すると故障が少ないためスーパースポーツカーでも日常普通に使用できるクルマです。

自動車税88,000円(4.5L~6.0L車)で自動車税額は国産車と比較すると最高額と高額になります。全輸入車含めると6.0L以上の枠もありますので最高額ではありません。

気になる燃費は実際には5km/L前後。これを良いと捉えるか悪いと捉えるかですが、600馬力オーバーのスペックを持つクルマなら十分な性能で気にするレベルでは無いと捉えるべきでしょう。

フェラーリやランボルギーニ、マセラティのようなイタリア製スポーツカーと比較し故障リスクは低く、普通のアウディ車と同じレベルです。部品代も安く維持しやすいスーパーカーです。フェラーリならベストコンディション維持するのに常に300万円から400万円は手元に用意しておかないと不安ですが、R8なら100万円前後で十分かと思われます。しかし、新車保証を利用すればほとんど気にすることなく安心してR8に乗れます。保証が切れた場合はこのくらいの用意が必要です。

延長保証がおススメ

5年間のメンテナンスパックは192,000円で法定1年点検に加え、エンジンオイル&オイルフィルター、ワイパーゴムやスパークプラグ、ブレーキオイルの点検・交換、ブレーキパットの交換まで含まれています。

さらにメーカー保証は3年のところ2年延長し5年保証にすることをおススメします。エンジンやコンピューター、エアコン、ナビゲーションシステムなどを保証してくれます。登録から60日以内なら338,000円で加入可能です。万が一故障した場合にはこの金額は一発でオーバーします。

車を乗り替える人の、93%が『損』をしています!!

新車に乗り替える時は、ほとんどの人が愛車を『下取り』に出してしまいますが。。。

愛車を『下取り』に出すより高値で売れる、『一括査定』が絶対にオススメです。

中には、下取りよりも50万円以上高く売れた!!という驚愕の体験談も。。。


  • 車を乗り替える予定だ

  • ディーラーとの商談が面倒だ...

  • 愛車を高く売りたい...

  • ローンの負担を軽くしたい...



どれかに当てはまる人は、要チェックです!!

02
btn04_l

今すぐ詳細をチェック

SNSでもご購読できます。

carbner