フェラーリ458スペチアーレ 2016年新型の新車価格・スペック・試乗動画・維持費のまとめ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
→→新車が値引き価格から、さらに52万円安くなる裏技!?はこちら

フェラーリ458スペチアーレ
出典 http://carview.yahoo.co.jp/ncar/catalog/ferrari/458-speciale/F001-M001/image/?img=1

フェラーリ 458スペチアーレのスペック情報

フェラーリ 458スペチアーレの価格帯

F1 DCT 32,900,000円(税込)

フェラーリ 458 スペチアーレの主要諸元(スペック:性能・素材・仕様)

全長4,571mm / 全幅1,951 mm / 全高1,203mm
ホイールベース 2,650mm
車両重量 1,395kg
乗車定員 2名
エンジン種類 V型8気筒DOHC
総排気量 4,497cc
最高出力 445kw(605PS)/9,000rpm
最大トルク 540Nm(55.1kgm)/6,000rpm

駆動方式 ミッドシップ後輪駆動方式
トランスミッション デュアルクラッチ式7速AT(F1)
タイヤフロント 245/35ZR20
タイヤリヤ   305/30ZR20
ステアリングポジション 右/左 選択可
0km/h→100km/h加速 3.0秒

フェラーリ 458スペチアーレの概要

V8 4.5Lの自然吸気エンジンは600馬力オーバーのスペックを誇ります。430の後継となった458はフェラーリV8エンジン最新で最良のクルマです。最新の安全制御により、必要以上のアクセル入力があってもコンピューターが最良の状態にセーブしてくれますので、かつてのフェラーリのように暴れることはありません。サーキットから一般道まで誰でも安全に走行できるようになりつつあるのフェラーリが458です。

停止状態から100km/hまでの加速は3.0秒。ポルシェ911カレラターボSに0.1秒届きませんが後輪の二輪駆動で同等の加速性能は驚きです。最大トルクの回転数と最高出力の回転数の中間7,500回転前後ではレーシングカーのサウンドが楽しめます。ポルシェでは体感できないフェラーリ独特の暴力的な加速と排気音があります。あくまでもサーキットで体感しましょう。

フェラーリ 458スペチアーレ 動画紹介


フェラーリ、458スペチアーレ公開=605馬力、0-100キロ加速3秒

レーシングカーの造りの市販車

フェラーリ全車に共通して言えることはレーシングカーをそのまま市販車にしている点です。排気音はまさに爆音ですがサーキット走行では何の違和感もありません。世界最高峰のハイレスポンスを持つエンジンは職人の技が活かされ大量生産は出来ません。

1997年に355F1から装備された2ペダル式ATのF1システムはフェラーリのドライビングを楽にしました。クラッチ操作とゲート式のシフトレバーは慣れが必要で誰もが運転できるものではありませんでした。このシステムは通常のATのようにトルクコンバータ方式ではなく、マニュアル車と同じ構造の自動クラッチのため低速時の半クラッチが苦手。ゆっくり車庫入れや切り替えしが不得意なため、不意の急加速など十分な注意が必要です。

まさにレーシングカーのインテリア

出典 http://carview.yahoo.co.jp/ncar/catalog/ferrari/458-speciale/F001-M001/image/?img=3
フェラーリ458スペチアーレ内装
インテリアレーシングカーそのもの。中央にタコメーターとシフトポジションを配置し右下に一般道では視認性に苦労するアナログメーターが装備されます。ステアリングに集約されたスイッチ類でシフト操作からヘッドライトの操作など走りに関わるスイッチが集まり、高速走行時でもステアリングから手を離すことなく十分操作可能です。

気になる維持費は?

フェラーリは保証が7年と長い分、ランボルギーニに比べると維持しやすいクルマです。しかし、各種部品は高価です。ブレーキはセラミックブレーキを採用していますので、一式交換なら100万円はオーバーします。

自動車税は76,500円(4.0L~4.5L車)で自動車税額はどのクルマも共通です。

フェラーリはランボルギーニよりは維持費はかからないケースが多いもののベストコンディション維持するのに常に300万円から400万円は手元に用意しておかないと不安です。メンテナンスプログラムが終了する7年以降はなおさら維持費を余計に確保する必要があります。

7年間無料メンテナンスプログラム

2011年7月以降に生産されたフェラーリに適用さています。オイル交換だけでも4万円前後は覚悟が必要なフェラーリ。オイル交換、オイルフィルター交換、ブレーキフルード交換、など含まれています。驚くべきところは7年間、かつ途中でオーナーが代わってもメンテナンスプログラムは引き継がれます。

量産車ではありませんので、メーカー側もオーナーを把握しやすいこと、台数が少ないことが挙げられます。昔のフェラーリと比較し故障が少なくなっている点と、新車から指定のオイル、メンテナンスを行うことで余計な故障リスクを低くしています。

フェラーリ投資?

フェラーリは中古車価格の落ちない車種です。屋内保管で程度良好に保てば高価買取が期待できます。

2009年式前後の約7年経過のフェラーリ430スクーデリアの中古車価格相場は2,200万円前後、2003年式前後で10年以上経過したフェラーリ360モデナF1で1,000万円前後、さらには1998年式前後でまもなく20年になるフェラーリ355F1ベルリネッタは1,100万円前後と中古車価格は高値で推移しています。

新車で3,300万円で購入して7年後2,000万円で売却できたなら1,300万円でフェラーリの新車に乗れた計算になります。ただし、保管維持にかかる費用や交換部品の費用、任意保険は別途必要です。

車を乗り替える人の、93%が『損』をしています!!

新車に乗り替える時は、ほとんどの人が愛車を『下取り』に出してしまいますが。。。

愛車を『下取り』に出すより高値で売れる、『一括査定』が絶対にオススメです。

中には、下取りよりも50万円以上高く売れた!!という驚愕の体験談も。。。


  • 車を乗り替える予定だ

  • ディーラーとの商談が面倒だ...

  • 愛車を高く売りたい...

  • ローンの負担を軽くしたい...



どれかに当てはまる人は、要チェックです!!

02
btn04_l

今すぐ詳細をチェック

SNSでもご購読できます。

carbner