アストンマーチン ヴァンキッシュ 2016年新型の新車価格・スペック・試乗動画・維持費のまとめ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
→→新車が値引き価格から、さらに52万円安くなる裏技!?はこちら

%e3%82%a2%e3%82%b9%e3%83%88%e3%83%b3%e3%83%9e%e3%83%bc%e3%83%81%e3%83%b3
出典 http://carview.yahoo.co.jp/ncar/catalog/astonmartin/vanquish/F001-M003/image/?img=1

アストンマーチン ヴァンキッシュのスペック情報

アストンマーチン ヴァンキッシュの価格帯

クーペ 33,350,000円(税込)

アストンマーチン ヴァンキッシュの主要諸元(スペック:性能・素材・仕様)

全長4,725mm / 全幅1,912mm / 全高1,294mm
ホイールベース 2,740mm
車両重量 1,739kg
乗車定員 2名
エンジン種類 V型12気筒DOHC
総排気量 5,935cc
最高出力 424kw(576PS)/6,650rpm
最大トルク 630Nm(64.2kgm)/5,500rpm

駆動方式 フロントエンジンリヤドライブ FR
トランスミッション 8速AT
タイヤフロント 255/35ZR20
タイヤリヤ   305/30ZR20
ステアリングポジション 右/左 選択可
0km/h→100km/h加速 3.8秒

アストンマーチン ヴァンキッシュの概要

2013年アストンマーチンは100周年を迎え、1950年代以降のDBシリーズ、2000年代に入ってからのフラッグシップのヴァンキッシュはそれぞれ世界でも最も美しくスタイリッシュでパワフルなクルマとして歴史を刻んで来ました。

中でも、DBS、DB5、2000年代前半のV12ヴァンキッシュは映画007シリーズのボンドカーとして使用されたことは有名です。

現在のヴァンキッシュは2012年に登場したモデルです。V12気筒6.0Lエンジンを搭載し570馬力を超えてスーパースポーツカーの領域に確実に入っています。現在の新型ではエンジン位置を従来より低く配置し重心を低く走行性能、安定性をさらに高めています。

アストンマーチン ヴァンキッシュ 動画紹介


試乗:アストンマーティン ヴァンキッシュ #lovecars #videotopics

日本語版試乗動画です。試乗インプレッション並びに所々でエンジン音も入りますので参考までご確認ください。なお、年々改良されていますので現在新車で販売されているヴァンキッシュと異なる部分もあるかも知れませんのでご了承願います。

高級で速いスーパーカー

同じイギリス高級スポーツクーペであるベントレーコンチネンタルGTと比較しても停止状態から100km/hまでの加速は0.4秒速い3.8秒のスペックを持ちます。ベントレーコンチネンタルGTよりも約600kg車体が軽いため軽快と言っても1.7tオーバーの車体で4.0秒を切る速さは素晴らしいの一言です。

瞬時に切り替わるタッチトロニック3

アストンマーチンヴァンキッシュのトランスミッションはZF社製タッチトロニック3と呼ばれる8速ATです。ステアリングを握ったままパドルシフトによる変速が可能で、シフトに要する時間は0.13秒。従来のマニュアル車のようにクラッチを切ってシフト操作、クラッチをつなぐ作業に比べると非常に速いシフト操作です。

これぞ英国車のインテリア 高級と美しさの融合

出典 http://carview.yahoo.co.jp/ncar/catalog/astonmartin/vanquish/F001-M003/image/?img=3
%e3%82%a2%e3%82%b9%e3%83%88%e3%83%b3%e3%83%9e%e3%83%bc%e3%83%81%e3%83%b3%e5%86%85%e8%a3%85
随所にカーボン&レザーを使用しアストンマーチン史上最高のラグジュアリー性を持つインテリアです。特に注目すべきはダッシュボードからシートに至るまでの細かな縫い目スティッチの上質さです。アストンマーチンの歴史100年を象徴するかのように約100万ものスティチが使用されています。

計器類はアナログベースですが速度はデジタルでも表示され視認性に優れています。アナログデザインが昔からの英国車独特のデザインで美しさを持っています。ただしアナログのみの視認性なら標準的でタコメーターの視認性はフェラーリやマクラーレンには敵いません。しかし、優雅にクルーズし、時には強い加速を求めるヴァンキッシュはラグジュアリー優先で全く問題ありません。

気になる維持費は?

新車ディーラー保証は3年で、中古車も新車保証継承可能です。車両の腐食に関する保証は10年です。また、走行距離は無制限です。恐らく日常使用しないことから走行距離が多くなるクルマは少ないとみているのかも知れません。

意外と厳しい保証条件

保証の対象から外れる要件があるので注意が必要です。消耗品、アストンマーチンの点検整備、正規のメンテナンスを怠った場合、事故、水没した損傷、社外品の使用、バイオ燃料を使用した不具合、競技車両として使用した不具合、指定の部品、オイル等を使用しなかった場合など厳しい条件があります。つまり、全てディーラー任せのディーラー整備が安心です。ディーラー整備の点検料は交換部品代を除きオイル等の油脂類を含めて約20万円、車検の際には50万円を目安にしましょう。

自動車税は88,800円(4.5L~6.0L車)で自動車税額はどのクルマも共通です。車両本体価格と部品代、任意の自動車保険料が高いのみです。

部品供給は古くても大丈夫

各部品金額は高価なため常に50万円前後の維持費用を確保、または積み立てておくことが理想です。現代の英国車の信頼性は以前と比較すれば大幅に向上しています。マイナートラブルなどは仕方ありません。アストンマーチンがこれまで製造してきたクルマの約90%が現存するとの話もあり、古くなっても部品供給の心配はありません。資金さえ確保すれば常に最良の状態で維持可能です。極力最高の状態を確保するため必ず屋根&セキュリティ付のガレージ保管がおススメです。

車を乗り替える人の、93%が『損』をしています!!

新車に乗り替える時は、ほとんどの人が愛車を『下取り』に出してしまいますが。。。

愛車を『下取り』に出すより高値で売れる、『一括査定』が絶対にオススメです。

中には、下取りよりも50万円以上高く売れた!!という驚愕の体験談も。。。


  • 車を乗り替える予定だ

  • ディーラーとの商談が面倒だ...

  • 愛車を高く売りたい...

  • ローンの負担を軽くしたい...



どれかに当てはまる人は、要チェックです!!

02
btn04_l

今すぐ詳細をチェック

SNSでもご購読できます。

carbner