「検査登録手続き代行費用」-覚えておきたい車購入の見積もり書用語集

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
→→新車が値引き価格から、さらに52万円安くなる裏技!?はこちら

陸運局で必ずしなければならないことがコレ

s_01
出典:http://www.mlit.go.jp/jidosha/kensatoroku/sikumi/sankou_041.htm
新車は陸運局でナンバーを取得するために必ず検査登録しなければなりません。その登録をディーラーに代行してもらうための費用が検査登録手続き代行費用です。

中古車や個人売買のクルマのように自分で登録することも可能です。しかし実務上ほとんどが検査登録はディーラー任せになっているのが現状です。また、書類等をディーラーから渡してもらえなければ登録手続きはできませんので、新車の登録手続きはディーラー任せにして良いでしょう。見積書には販売店ごと差はありますが18,000円から30,000円ほどかかります。この検査登録手続き代行費用のみは見積書からカットできない項目として金額だけチェックしておくのが良いと思います。

新車の登録では、完成検査修了証があるので通常の車検のように検査コースに入らずして書類だけで新規登録が可能です。つまり誰でも出来て検査登録手続き代行費用はディーラーの収益にもなります。ただし、注意が必要なのは、有効期限が9か月間ということです。ディーラーはいわゆる完検切れに注意が必要で長期在庫車になり9か月を過ぎてしまったら通常の検査コースで車検に合格しなければならなくなるのです。9か月を過ぎる前に登録済未使用車にしてしまうか、大幅値引きが値引き販売してしまうかはディーラーの判断に委ねられています。

街の自動車販売店で新車買っても実はメーカーディーラーが登録

tenkenkun


出典:http://tokyo-motor.jp/hbp/seibi/seibi.html
街の自動車販売店、いわゆる○○モータースなど個人で経営している自動車販売店でも新車は購入できます。昔からの付き合いでとの理由で利用しているユーザーも少なくありません。継続車検などお任せすれば陸運局に持っていき継続車検を通してくれます。しかし、新規登録、新車の登録に関しては違ってきます。

流れは以下の通りです。
ユーザーが○○モータースに新車を注文 → ○○モータースがメーカーディーラーに発注 → メーカーディーラーが業販価格で○○モータースに新車を登録して納車 → ○○モータースがユーザーに納車 となります。

つまり、新車の登録に関しては全てと言っていいほどメーカーディーラーにて行われています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

車を乗り替える人の、93%が『損』をしています!!

新車に乗り替える時は、ほとんどの人が愛車を『下取り』に出してしまいますが。。。

愛車を『下取り』に出すより高値で売れる、『一括査定』が絶対にオススメです。

中には、下取りよりも50万円以上高く売れた!!という驚愕の体験談も。。。


  • 車を乗り替える予定だ

  • ディーラーとの商談が面倒だ...

  • 愛車を高く売りたい...

  • ローンの負担を軽くしたい...



どれかに当てはまる人は、要チェックです!!

02
btn04_l

今すぐ詳細をチェック

SNSでもご購読できます。

carbner

コメントを残す

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)