新型トヨタカローラアクシオ新車価格・評価情報と、値引き購入のコツ2017!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
→→新車が値引き価格から、さらに52万円安くなる裏技!?はこちら

04%e3%82%a2%e3%82%af%e3%82%b7%e3%82%aa%e5%a4%96%e8%a6%b3
出典 http://toyota.jp/corollaaxio/grade/grade2/?padid=ag341_from_axio_grade2_detail

トヨタカローラアクシオのスペック情報

トヨタカローラアクシオの価格帯

1,485,491円~2,207,127円(税込)

トヨタカローラアクシオのグレード情報

1.3X、1.5X、1.5G
ハイブリッド、ハイブリッドG
1.5Xと1.5Gの2WD車にMT設定あり
1.5Lグレードに4WD設定あり
各グレード価格差詳細は販売店におたずね下さい。

編集部おススメグレード ハイブリッド 2,030,400円(税込)
ハイブリッドモデルなら全グレードにナノイー搭載オートエアコンが標準装備され、5ナンバーサイズで扱いやすいハイブリッドがおススメです。

ガソリンモデルなら1.5Xがおススメ。160万円を切る車両価格は魅力的でオプションで緊急自動ブレーキを含むトヨタセーフティセンスCも選択可能です。1.3Xとの価格差は10万円ほどですので、200ccの動力性能のゆとりと15インチタイヤ(1.3Lは14インチ)、アイドリングストップ機能を考慮すれば迷わず1.5Lを選択しましょう。

数少ない5ナンバーセダンの代表の実力は?

街中で運転しやすいサイズ

カローラアクシオはコンパクトカーにトランクを付けたセダンです。長所も短所も少ないカローラアクシオですが、フロントの顔つきが新型ではシャープになりカッコよさをアップさせました。クルマの長さはミディアムハッチバッククラスと変わらない長さで幅も5ナンバーサイズです。

街乗りでは1.3Lも1.5Lエンジンもどちらも大きな違いが感じられませんが坂道に行けば1.3Lはパワー不足に感じます。ハイブリッド車は街乗りでの加速感や静粛性にアドバンテージがあります。

現在5ナンバーサイズを維持しているコンパクトセダンはカローラアクシオの他にアリオン&プレミオ、日産ラティオ、ホンダグレイスと数えるほどになりました。

アクアのシステムで33.8km/Lの低燃費

アクアと同じシステムを持つカローラアクシオハイブリッド。アクアの37.0km/Lの燃費よりも数値は劣りますが約50kg重いためで実際には大差ありません。実際には25km/L前後の燃費で使用状況によって大きく変わってきます。落ち着きのあるセダンタイプを選ぶならカローラアクシオは良い選択です。

トヨタセーフティセンスCも用意

トヨタも続々と自動ブレーキ装着車を増やしています。簡易的なレーザーレーダーと単眼カメラで前方の状況を認識し時速80キロまで対応します。日産ノートの自動ブレーキと同等のシステムです。

オートマチックハイビームと先行者発進告知機能、車線逸脱警報もセットで装備。ハイブリッドGと1.5Gに標準装備され他のグレードにはオプション設定です。5.4万円のオプション価格ですので装着をおススメします。手放すときの下取り価格、買取価格に影響が予想されセーフティセンスCが装備されていれば高価買取の後押しにもなります。

シンプルな内装 ゆとりの後席空間が確保

04%e3%82%a2%e3%82%af%e3%82%b7%e3%82%aa%e5%86%85%e8%a3%85a
04%e3%82%a2%e3%82%af%e3%82%b7%e3%82%aa%e5%86%85%e8%a3%85b
出典 http://toyota.jp/corollaaxio/grade/grade2/?padid=ag341_from_axio_grade2_detail
インパネ部分からシフトレバーまでの間に空間があり、左足の膝の部分が中央部に当たらずゆとりを感じることができます。ビジネスユースでもプライベートユースでも乗り易い使い易いインテリアです。

高級感は無いがエアコンの操作パネルが使いやすい位置にあり手さぐりでも操作しやすいです。マニュアルエアコンも操作ダイヤルが大きく操作性に優れています。

フロントシートリヤシートとも若干サイズが小さめに感じますがリヤシートの足元空間も十分確保され大人4名乗車でも窮屈感はありません。また、シートバックもしっかりした厚みがあります。

ハイブリット車とガソリン車どちらがお得?

燃費が仮に2倍違うとして差額50万円を埋めるには約10万キロ以上走行する必要があります。10万キロ以上走行するユーザーはハイブリッドがおススメです。しかし10万キロまで走行しなくても、低速域でのモーター走行の力強さと静粛性はハイブリッドの特権。また、下取り、買取など手放すときにはハイブリッド車は価格が安定していますので高価買取が期待できます。購入時のみでなく手放す時まで考えるとハイブリッドの選択がお得になると考えます。

年間走行が5千キロ未満で10年乗っても5万キロに満たない場合には車両価格分を燃費で回収できませんのでガソリン車をおススメします。

ホンダグレイスとの競合がベスト 日産ラティオもアリ

5ナンバーコンパクトセダンを検討するとハイブリッドならホンダグレイス、ガソリン車なら日産ラティオしかないのが現状です。

ホンダグレイスはフィットと同じシステムのハイブリッドシステムです。カローラアクシオと同価格帯ながら燃費数値は34.4km/Lと上回ります。値引き額はもカローラアクシオよりも多くなる傾向にあり絶好の競合車種です。

ガソリン車ならラティオがおススメ。ラティオはティーダラティオの時に比べエンジンも1.2Lになりダウンサイジング&ワンクラスダウンした感があります。しかし、街乗りでの静粛性、動力性には問題ありませんので十分競合車種になります。

目標値引き額は総額15万円を狙おう!

カローラアクシオはトヨタカローラ店の専売車種のためトヨタ同士の競合はできません。値引き額は車両本体で12万円、販売店オプションのカーナビ装着の場合はオプションから3万円引きを狙いましょう。

狙い目は在庫車です。白系とシルバー系のボディカラーは比較的在庫豊富なため当月登録可能なら値引きが拡大しやすくなります。ハイブリッドと1.5XグレードでトヨタセーフティセンスCのオプション装着車は比較的見込在庫として各店で持っている傾向にあります。出来るだけ安く購入希望なら在庫車または販売店に出荷済のクルマを狙いましょう。特に大都市圏や大型店では台数を確保しなければならないため、月末にかけて値引きが拡大する傾向にありますので、場合によっては20万円近い値引き額も期待できます。

車を乗り替える人の、93%が『損』をしています!!

新車に乗り替える時は、ほとんどの人が愛車を『下取り』に出してしまいますが。。。

愛車を『下取り』に出すより高値で売れる、『一括査定』が絶対にオススメです。

中には、下取りよりも50万円以上高く売れた!!という驚愕の体験談も。。。


  • 車を乗り替える予定だ

  • ディーラーとの商談が面倒だ...

  • 愛車を高く売りたい...

  • ローンの負担を軽くしたい...



どれかに当てはまる人は、要チェックです!!

02
btn04_l

今すぐ詳細をチェック

SNSでもご購読できます。

carbner