新型アウディA1スポーツバック新車価格情報と、値引き購入のコツ2017!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
→→新車が値引き価格から、さらに52万円安くなる裏技!?はこちら

19a1%e5%a4%96%e8%a3%85
出典 http://carview.yahoo.co.jp/ncar/catalog/audi/a1sportback/F001-M004/image/?img=1

アウディ A1スポーツバックのスペック情報

アウディ A1スポーツバックの価格帯

2,690,000円~3,490,000円(税込)

アウディ A1スポーツバックのグレード情報

1.0TFSI、1.0TFSIスポーツ、1.4TFSIシリンダーオンデマンドスポーツ

編集部おススメグレード 1.0TFSI 2,690,000円(税込)

全グレードにサイド&カーテンエアバック、革巻ステアリングを標準装備。自動ブレーキシステムなどの予防安全装備は装備されません。ガソリンエンジンは直列3気筒1.0Lターボエンジンと直列4気筒1.4Lターボエンジンの二種類で全長4mを切るコンパクトなA1は1.0Lターボエンジンで十分です。

ベーシックな1.0TFSIはアルミホイールは15インチで乗り心地はソフトな印象です。エアコンは1.0Lモデルは全車マニュアルタイプでオートはオプション設定。質感が高くマニュアルエアコンでも安っぽさが感じられず、操作性も良好ですので、ベーシックな1.0TFSTがおススメです。

全長4m切るアウディのベーシック

アウディA1シリーズは先に3ドアモデルが導入されました。日本に導入されたのは2011年です。5ドアのスポーツバックが導入されたのは翌年2012年です。日本では3ドアは使い勝手が悪く人気がありませんので5ドアの登場は待ちに待ったモデルです。

基本サイズは5ドアも3ドアもほぼ共通サイズでオシャレでスタイリッシュなコンパクトカーを維持しています。アウディで唯一の4mを切る全長も維持しています。乗降性の向上、使い勝手は大幅に向上しましたが、ホイールベースなど基本は共通ですので後席の足元空間など居住性は変わりありません。

ゴルフのベーシックより高額

アウディA1スポーツバックのベーシックグレードは1クラス以上上級になるフォルクスワーゲンゴルフのベーシックグレードトレンドラインよりも20万円車両価格が高価になります。A1はフォルクスワーゲンのエントリーシリーズup!やポロと共通部分が多いため、割高感は否めません。しかし、コンパクトでスタイリッシュな5ドアのクルマとしてA1のデザイン性を買うのであれば文句なしの「買い」の選択です。

1.0Lターボエンジンの実力は?

クラスを超えたパワー

アウディA1スポーツバックは1.0Lと1.4Lの2つのエンジンをラインナップ。どちらも小排気量とは思えないパワーを誇ります。1.0Lエンジンは、直列3気筒DOHC12Vインタークーラー付きターボユニットで95馬力の最高出力を発揮し、16.3kgmというノンターボ車の1.5Lクラスに匹敵する最大トルクを実現しています。

1.4Lエンジンは直列4気筒DOHC16Vインタークーラー付きターボエンジンで、さらにパワフルな150馬力、25.4kgmを発揮。こちらはノンターボ車の2.5Lクラスにも匹敵する最大トルクです。ターボチャージャーや筒内直接噴射、可変バルブタイミングといった先端技術により、小排気量エンジンの新たな基準を作り出しました。

予想外?の走行性能と低燃費

コンパクトカーながら上級車種と変わらない7速Sトロニックトランスミッションを採用しスムーズな走りとJC08モード22.9km/Lの低燃費も実現しています。街乗りはもちろん、山間部などの峠道もキビキビ走ります。高速走行も素早い加速感を除けば安定感のある走りが楽しめます。

ベーシックとは思えない上質なインテリア

出典
http://www.audi.co.jp/jp/web/ja/models/a1/a1_sportback.html#page=/jp/web/ja/models/a1/a1_sportback/interior.html&jslayer=renderingLayer.interior
19a1%e5%86%85%e8%a3%85

フォルクスワーゲンup!と同じ排気量のエンジンにターボを装備したアウディA1ですが、インテリアはup!とは全く別物です。フォルクスワーゲンならポロと質感が似ています。アイディA3に引けを取らない上質なデザインです。メーターパネルもポロと共通デザインでマニュアルエアコンの操作性も使い勝手は良好です。もう少し操作パネルが上向きならもっと操作性に優れるのですが、全長を短く切り詰めている分、デザイン上仕方ないのかと感じます。

リヤシートは割り切りサイズ

乗車定員は5名ですがリヤシートは足元空間に余裕がなく、また、中央席は座り心地が良くありません。4名までの乗車が理想で、さらにはフロントシートに大人2人、リヤシートに子供2人乗車が理想なスタイルです。

3ドアのA1と比較しスポーツバックはルーフを延長していますので頭上空間は3ドアモデルよりも余裕が出ます。何より、リヤシート用のドアがあることで乗降性が優れる点と、コンパクトになるフロントドアが使い易いのが特徴です。

販売店とメーカーの施策を有効活用しよう!

20万円引きを目標にしよう

値引き額の少ない輸入車ですが、若干の値引きは狙えます。車両価格から10万円、メンテナンスプログラムのサービスを狙い総額20万円前後の値引きを狙いましょう。大都圏や地方により地域差がありますので十分ご注意ください。大都市圏は輸入車ニーズも高く競争率も高いため、20万円以上の値引きを狙える場合があります。お住まいの地域に異なる資本のアウディ販売店がある場合には、アウディA1スポーツバック同士の競合も可能です。

ゴルフの低価格を利用しよう!

競合車としてピッタリのクルマが無く、フォルクスワーゲンポロが同等クラスと言えますが、車両価格に差があります。上級のゴルフと同等の価格帯ですので値引きが伸び悩むのであれば「ゴルフトレンドラインと同価格なら買います」とストレートに20万円引きを切り出してみるのも手です。

在庫車を狙うとお得

販売店の在庫車で欲しいカラーが一致すればお得に購入できるケースがあります。試乗車販売車両や新車登録済未使用車、見込オーダーで出荷された車両などは営業スタッフの実績にすぐに反映されますので値引きが出やすかったり、お得に購入できるチャンスです。

車を乗り替える人の、93%が『損』をしています!!

新車に乗り替える時は、ほとんどの人が愛車を『下取り』に出してしまいますが。。。

愛車を『下取り』に出すより高値で売れる、『一括査定』が絶対にオススメです。

中には、下取りよりも50万円以上高く売れた!!という驚愕の体験談も。。。


  • 車を乗り替える予定だ

  • ディーラーとの商談が面倒だ...

  • 愛車を高く売りたい...

  • ローンの負担を軽くしたい...



どれかに当てはまる人は、要チェックです!!

02
btn04_l

ネットで簡単、一括査定の詳細はこちら

SNSでもご購読できます。

carbner