新型スズキスイフト新車価格情報と、値引き購入のコツ2017!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
→→新車が値引き価格から、さらに52万円安くなる裏技!?はこちら

02%e3%82%b9%e3%82%a4%e3%83%95%e3%83%88%e5%a4%96%e8%a6%b3
出典 http://www.suzuki.co.jp/car/swift/detail/index_xl.html

スズキスイフトのスペック情報

スズキスイフトの価格帯

1,343,520円~1,941,840円(税込)

スズキスイフトのグレード情報

XG、XL、ハイブリッドML、RS、RSt、ハイブリッドRS
RSとRStを除くグレードに4WDの設定あり
ハイブリッド系グレードとRStを除くグレードに5MT車設定有
XGを除くグレードにセーフティパッケージ設定有

編集部おススメグレード XLセーフティパッケージ装着車 2WD CVT 1,332,720円(税込)
ベーシックグレードながら、オートエアコンや横滑り防止装置、プッシュ式エンジンスタートシステム、サイド&カーテンエアバック、デュアルセンサーブレーキサポート、16インチアルミホイールなど標準装備されているXLセーフティパッケージ装着車がおススメです。ハイブリッドグレードが登場したためハイブリッドが前面に押し出されていますが、マイルドハイブリッドはアシストはわからないほどの出力のため従来のエンジンと大差ありません。RStを除き全車エネチャージ技術も加わった低燃費エンジンのデュアルジェットエンジン搭載が搭載されています。

RS系グレードはフロントサイドリヤに専用スポイラーを装備しシート表皮がRS専用になります。また、アルミホイールは専用タイプでサスペンションのダンパーが専用タイプで少々硬めになります。XLとハイブリッドMLの装備差はLEDヘッドランプが装着されるかどうかが一番の違い。XGを除き基本装備、安全装備で大差なくオートライトは標準装備されるXLセーフティパッケージが価格面を考慮してもお得なグレードです。

低重心でスタイリッシュ デミオを意識!?

先代スイフトから正常進化したと言っても良いスタイルです。4層コートされたバーニングレッドパールメタリックは名前の通りパールカラーとメタリックカラーが融合したボディカラーで厚みがあり上質な赤です。このカラーはオプション設定色のため21,600円プラス料金です。

レッドメタリック系のカラーはマツダデミオのイメージカラーです。デミオのレッドメタリックもオプション設定色でプラス料金が発生します。同じコンパクトカーでヘッドライトデザインも似ているためデミオを意識した開発だったと感じられます。

全長3,840mmのコンパクトカー

軽自動車よりも445mm長い全長は普通車としては扱いやすい長さ。幅は5ナンバーサイズいっぱいのサイズでワイド感があります。フロントフェンダーからリヤフェンダーにかけてボリュームあるスタイリングでスタイリッシュでスポーティなデザインです。

最小回転半径は4.8mで軽自動車並みの取回し性能ですがドアミラーでの後方視界があまり良くありません。ワイドなリヤフェンダーの影響で死界が大きくなりますので試乗でご確認ください。なお、メーカーオプションナビは全方位モニターが装備されますのでモニターと併用して安全確認をおススメします。

低燃費エンジンとCVTの相性改善?

新型スイフトのデュアルジェットエンジンとCVTの相性は大幅に改善されスムーズな走りです。

発進からの加速は先代スイフトよりも力強く伸びやかな加速です。3000回転近くでは排気音もスポーティな響きで決して不快な音ではありません。エコ志向のエンジンのため等速走行に入るとエンジン回転は大きく落ちます。ここから再加速時には若干のもたつきがありますが、気にするレベルではなく以前のスイフトと比較したら快適です。

デュアルジェットエンジンとは

低燃費&高出力を発揮させるために圧縮比を高めました。ただ単に圧縮比を高めると異常燃焼の発生が高まります。異常燃焼を防ぐために点火タイミングを遅らせたりすることで燃焼を制御し低燃費&高出力を実現しています。
また、回生エネルギーを利用してアイドリングストップ時の蓄電システム、エネチャージとの組み合わせでさらなる低燃費を実現しています。1.2Lエンジンながら1.5L車並みの出力と軽自動車並みの低燃費24.0km/Lを実現しています。

ハイブリッドがおススメから外れた理由

ごくわずかなモーターアシストは実際の走行ではほとんどわからないほどで、燃費数値はノーマルのデュアルジェットエンジン搭載車よりJC08モードで3.8km/L良い数値ですが実際には変わりません。車両本体価格は装備差も加味すると約10万円ほどの価格差がありますが、燃費差で埋められる金額ではありません。また、ハイブリッド試乗車での試乗区間平均燃費は15km/L。ストップ&ゴーが多かった点と暖房はオン、少々アクセル強めの操作でしたがカタログ燃費の約6割は少々期待外れ。燃費には過度な期待は禁物です。

直列3気筒1.0Lターボエンジンを新搭載のRSt

1.0Lエンジンで1.5Lエンジン並みのパワーを発揮するターボエンジンはRStに装備されトランスミッションはRStのみ6ATのトルコンATになります。このエンジンはスズキでインドで生産し日本にも導入されたバレーノに採用されたエンジンと同じですが、スイフト用はレギュラーガソリン仕様でスペックはバレーノよりも落とされています。

1,700回転から4,500回転までフラットに最大トルクを発揮します。スペックは1.5Lエンジン車並みですが実際には2.0Lエンジン車並みのパワーを感じます。

軽量高剛性の新プラットフォームHEARTECTを採用

新型スイフトは、構造や部品の配置を全ての面で新しくすることで、アンダーボディーを理想的な骨格構造とし、基本性能の向上と軽量化を両立しました。またサスペンション部品も骨格の一部として利用し、骨格同士が結合する強い部分を部品の固定に利用することで補強部品を削減しました。このことから、ボディー剛性を向上させながら軽量化を実現しました。全車車両重量は1t未満のため重量税も負担軽減です。軽自動車ワゴンRの4WD車並みの車両重量です。

スポーティでしっかり感が伝わる足回り

欧州のハイウェイやワインディングを徹底的に走り込み、路面の追従性や走行安定性、コーナリング性能を高めるとともに、しなやかで軽快な乗り心地を実現しました。

低速時は段差をコトコト乗り越える感覚が少々硬い足回りを印象付けますが、ボティが歪み、変にねじれることがありませんので一体感があります。いざ走り出すと不快な硬さは無く欧州コンパクト車のような軽快さを感じます。ハンドリングも素直で自然で先に述べたデュアルジェットエンジンとCVTの組み合わせがベストマッチのため気持ちいい走りが楽しめます。人馬一体の感覚はデミオを凌ぐ印象です。

スポーティなインテリア 質感良好

02%e3%82%b9%e3%82%a4%e3%83%95%e3%83%88%e5%86%85%e8%a3%85a


02%e3%82%b9%e3%82%a4%e3%83%95%e3%83%88%e5%86%85%e8%a3%85b
出典 http://www.suzuki.co.jp/car/swift/interior/
リストウォッチのような立体的なデザインのメーターは高級感あるデザインで垂直指針を採用しスポーティです。しかし、実用域の40km/hから60km/h付近が左下にありますので、視認性には慣れが必要です。

ナビ、オーディオ周りはスッキリしプラスチックの質感も良好です。全車オートエアコンを採用していますがセンターコンソール下部に位置するため操作性が気になります。また、エアコンスイッチ周りの質感は軽自動車と同等レベルです。

快適になったリヤシート

新型スイフトのフロントシートはクッションにも余裕があり長時間ドライブでも十分快適なシートです。リヤシートは先代スイフトの課題でもありました。特に足元空間に余裕がなかったのに対し新型は足元空間に余裕が生まれました。また、前席シート下に足がスポッと入る隙間がありますので快適さが向上しています。デミオと比較しアドバンテージを得ている部分でもあります。ただし、頭上空間には余裕ありません。身長180cmの大人の人が乗車の際には天井に頭がついてしまいます。

分割可倒式リヤシート

02%e3%82%b9%e3%82%a4%e3%83%95%e3%83%88%e5%86%85%e8%a3%85c
出典 http://www.suzuki.co.jp/car/swift/luggage/
ハッチバック車の使い勝手を左右するリヤシートの分割可倒ですが、新型スイフトにももちろん採用されています。ただ長い荷物を運ぶには問題ありませんが、写真のようにシートバックのみの可倒になりますので段差が生じます。

デミオとの競合が効果的 別資本スズキ販売店競合も

新型スイフトは同じコンパクトスポーツのマツダデミオ、少々ボディサイズが長い日産ノートeパワーとの競合がベスト。「欧州車イメージ」「スポーティ重視」から見るとデミオ1.5クリーンディーゼルモデルが最適です。

5万円から10万円の値引きを狙おう!

新型スイフトは登場したばかりで値引きは少なめでトータルで8万円引きを目指しましょう。下取支援で下取り価格が0円でも最低5万円(2017年1月現在)保証されていますので実質の値引きです。本体から3万円前後で合計8万円。さらに販売諸経費から車庫証明関係、納車費用等で約2万円のカットで10万円引きも狙えます。

メーカーオプションナビがネック?

フルセグTV+DVD、CDプレイヤー内臓で全方位モニターが付いたナビゲーションが142,560円のメーカーオプション価格で設定されています。さらにアップルカープレイも搭載されiフォンユーザーはスマートフォンと一体操作が可能なナビゲーションです。なぜ、ネックなのか?メーカーオプションなら販売店装着オプションのように値引きが無いからです。また、価格がメーカーオプションでも高価でないために選びたい装備になっているためです。

異色な販売網を有効活用しよう

自動車メーカーの販売店は各県毎、マツダは東北や関東などエリアごとに販売店があります。しかしスズキは地域によっては異なる資本のスズキアリーナが存在します。北海道、宮城県、三重県には各地のスズキアリーナの他にスズキ自販関東があります。異なる資本のスズキアリーナで競合してみましょう。しかし、値引き額が少ないため効果はあまり期待できませんが販売施策が異なる場合にはお得な場合があります。

車を乗り替える人の、93%が『損』をしています!!

新車に乗り替える時は、ほとんどの人が愛車を『下取り』に出してしまいますが。。。

愛車を『下取り』に出すより高値で売れる、『一括査定』が絶対にオススメです。

中には、下取りよりも50万円以上高く売れた!!という驚愕の体験談も。。。


  • 車を乗り替える予定だ

  • ディーラーとの商談が面倒だ...

  • 愛車を高く売りたい...

  • ローンの負担を軽くしたい...



どれかに当てはまる人は、要チェックです!!

02
btn04_l

今すぐ詳細をチェック

SNSでもご購読できます。

carbner