カットできる!「納車費用」-覚えておきたい車購入の見積もり書用語集

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
→→新車が値引き価格から、さらに52万円安くなる裏技!?はこちら

納車費用はディーラーから自宅までの運賃

納車費用とはディーラーから自宅や会社などお客様の要望に合った場所まで車をお届けするための費用です。ディーラーによって納車費用は異なりますが1万円から2万円の納車費用となっています。

納車費用はカットできる

店頭納車の場合

車費用は特にお願いしなくても店頭納車にしてもらい取りに行けば納車費用はかかりません。中には「納車費用は自宅まで運ぶ費用だけでなく、メーカーからディーラーまで運賃、ディーラーでの管理に伴う費用もありますのでカットできません」と言うディーラーもありますが本当ではありません。メーカーからの費用は車両本体価格に入っています。 自動車販売店協会連合会でも購入者がディーラーまで取りに来れば納車費用は請求できないとしています。営業スタッフの気分を害しない程度に伝えてみましょう。

納車準備費用や納車整備費用とさらに別枠で設けているディーラーもありますが新車の場合には車両価格に含まれている費用ですのでカットの対象ですのでカットしてもらいましょう。または、その項目がないディーラーの見積書を持っていくのも手段のひとつです。

自宅納車の場合

問題は自宅まで持ってきてもらいたい場合です。費用がかかるのは当然と思いつつもお願いしてみましょう。その際には「今日決めるので納車費用をカットしてください」と最後のお願いが良いでしょう。それでもカットしてもらえない場合は仕方ありませんので支払総額を万単位にし千円単位をカットしてもらい契約するのも一つの手です。

新車は汚い!?キレイなら営業スタッフに感謝

納車費用をカットしてもらい納車された車がピカピカの状態なら営業スタッフに感謝しましょう。新車ならピカピカが当たり前と思いますが実はメーカーから送られてくる新車はボディの油汚れ、ガラスの内側の汚れが目立ち決してキレイとは言えないのです。営業スタッフが納車前に油汚れをしっかり落とし、ガラスもしっかりキレイにしています。

ピカピカの車が納車されるのは当たり前ですが営業スタッフの「キレイなクルマをお客様にお届けしたい」気持ちをわかってもらうだけでも良いと思います。

車を乗り替える人の、93%が『損』をしています!!

新車に乗り替える時は、ほとんどの人が愛車を『下取り』に出してしまいますが。。。

愛車を『下取り』に出すより高値で売れる、『一括査定』が絶対にオススメです。

中には、下取りよりも50万円以上高く売れた!!という驚愕の体験談も。。。


  • 車を乗り替える予定だ

  • ディーラーとの商談が面倒だ...

  • 愛車を高く売りたい...

  • ローンの負担を軽くしたい...



どれかに当てはまる人は、要チェックです!!

02
btn04_l

ネットで簡単、一括査定の詳細はこちら

SNSでもご購読できます。

carbner

コメントを残す

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)