新型スズキワゴンR新車価格情報と、値引き購入のコツ2017!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
→→新車が値引き価格から、さらに52万円安くなる裏技!?はこちら


写真はFZ 出典 http://www.suzuki.co.jp/car/wagonr/detail/

写真はFX 出典 http://www.suzuki.co.jp/car/wagonr/detail/index_fx.html

スズキ ワゴンRのスペック情報

スズキ ワゴンRの価格帯

1,078,920円~1,530,360円(税込)

スズキ ワゴンRのグレード情報

FA、ハイブリッドFX、ハイブリッドFZ
全車CVT 各グレードに4WD設定有り
FAを除くグレードにセーフティパッケージ装着車を用意

編集部オススメグレード ハイブリッドFZ セーフティパッケージ 1,409,400円(税込)

オートエアコン、プッシュ式スタートシステム、14インチアルミホイール、シートリフター、LEDヘッドライト、フロント&リヤスタビライザー、本革巻ステアリングホイールなど快適なドライビングで出来る装備標準装備化されるのがFZグレード。さらにセーフティパッケージを装着しデュアルセンサーブレーキサポート、誤発進抑制機能、車線逸脱警報機能、ふらつき警報機能、ヘッドアップディスプレイなどの最新予防安全装備に不足ありません。

中間グレードのFXセーフティパッケージ装着車との価格差は約13.6万円。内容は、運転席シートリフター、本革巻ステアリングホイール、14インチアルミホイール、LEDヘッドライト、フロント&リヤスタビライザー、フロント&リヤのエアロバンパーやルーフエンドスポイラー、IRカット機能付フロントガラス、プレミアムUV&IRカットフロントドアガラスなど、価格差以上の快適装備と快適な足回りのため上級のFZグレードは魅力的です。

完成度の高いベーシックグレードFA

エネチャージ機能やデュアルセンサーブレーキサポートなどの先進機能は未装備ながら、ボディ同色バンパー、ドアミラー、アウトサイドドアハンドルのため外観はFXと変わらず、マニュアルエアコン、全席パワーウインドウを装備しリヤシートは上級グレード同様左右分割スライド&リクライニングが可能です。基本性能のみにこだわるなら消費税抜き価格なら車両本体で100万円を切るFAもおススメです。

スタイル一新 新型ワゴンR

背高軽自動車の中心となるワゴンRが2017年2月フルモデルチェンジしました。1993年に誕生して以来6代目のモデルになります。フロント、サイド、リヤのデザイン、インテリアデザインを一新しました。ノーマル系モデルでもFA&FXグレードとFZグレードではフロントマスクが若干異なります。また、スポーティなシリーズとして存在する「スティングレー」も同時にフルモデルチェンジしました。

新しい装備もたくさんの新型ワゴンR

新プラットホームを採用することによりエンジンルームをコンパクト化を実現し軽ワゴントップの室内長2,450mmを実現しリヤシートの快適性を高めました。

出典 http://www.suzuki.co.jp/car/wagonr/safety/
デュアルセンサーブレーキサポート装着車には運転席前方のダッシュボード上に、スピードやシフト位置、デュアルセンサーブレーキサポートの警告などを表示するヘッドアップディスプレイを装備しました。運転中、ドライバーの視線上に車速などを表示するため、ドライバーの視線移動や焦点の調節を減らし、安全運転をサポートします。不要の際には格納可能です。

上級グレードは走りが改善

ワゴンRはエアロモデルのスティングレーシリーズ以外には走行安定性を高めるスタビライザーは未装備でした。しかし、新型ワゴンRはFZグレード2WD車にはカーブでの走行安定性を保つスタビライザーをフロント&リヤに装備しました。ライバルのダイハツムーヴに走りの装備面で追いつきました。しかし、他のグレードには4WD車でフロントスタビライザーは装着されるものの2WD車には装備されません。

進化したハイブリッドの実力は?

従来の0.66Lエンジン+新小型モーターの組み合わせ

発電効率に優れたISG(モーター機能付発電機)により、ブレーキ操作やエンジンブレーキなどの減速エネルギーを利用して発電し、アイドリングストップ車専用バッテリーと専用リチウムイオンバッテリーに充電します。ここまでは従来のSエネチャージと同じですが、モーターの出力をアップさせることにより、クリープ時にはモーターのみで走行し、加速時にはモーターでエンジンをアシスト出来るようになりました。これまで以上に燃費の向上に期待できるハイブリッドシステムです。

クリープ走行時や減速時にエンジンが停止しエンジン停止時には「EV」の表示になります。これまでは走り出す前にエンジンが始動しましたが、新型ワゴンRは走り始めてからエンジンが作動し作動音も静かになり自然になりました。

33.4km/Lの低燃費

グレードによって燃費差がありますがハイブリッドモデル2WD車はJC08モードクラストップ34.4km/Lの低燃費を実現しています。三菱自動車のように大規模ではありませんがスズキも燃費不正があったのは事実です。試験方法等の改善により算定された数値で、それでも先代モデルよりわずかながらですが0.4km/L燃費アップしています。

セーフティパッケージで安心 レーダーブレーキサポートの進化版

新型ワゴンRのデュアルセンサーブレーキサポートはレーザーレーダー+カメラで前方の車両や歩行者を認識し衝突回避または被害軽減をサポートします。自車速度15km/h~100km/hまでの速度域で衝突軽減ブレーキの作動が可能で、従来の30km/hまでとは異なりあらゆる速度域での安全性が確保されました。歩行者には対歩行者は60km/hの速度まで対応しています。

夜間走行では前方や対向車が無い場合には自動でハイビームに切り替えるハイビームアシスト機能も加わりました。また、約60km/h~100km/hまでの速度域で車線逸脱警報とふらつき警報が作動し安全面が強化されました。

すっきり感の高い広いインテリア

出典 http://www.suzuki.co.jp/car/wagonr/interior/


直線基調のデザインで小物も置きやすいデザインです。アルトラパンに似たデザインでプラスチック感が高いインテリアです。しかし、エアコンやオーディオの操作性が高く、少々遠視点となるセンターメーターの視認性は良好です。FX以上にはタコメーターも装備されます。

フロントシートはインパネ中央部の下への出っ張りが無いため解放感が抜群です。インパネ上部のフロントガラスへの干渉が無い低いデザインのため前方視界の視認性も良好です。リヤリートは全グレードで左右独立リクライニング&スライドシートが装備されます。足元空間はスライドドアのスペーシアに匹敵するくらいの広さがあり、頭上空間も身長170cmの筆者の場合こぶし1個半入りました。また、シートバックが長いため肩付近までサポートしてくれますので快適なリヤシートです。

フラットになる荷室は使い勝手良好

荷物の量や長さに応じて、スライドや可倒が可能です。ワンアクションで倒すことが可能で倒した際にはフラットになりますので使い勝手が良好です。

出典 http://www.suzuki.co.jp/car/wagonr/luggage/

ダイハツムーヴと競合 値引きは渋いが期待できる

新型でも意外と引くかも!10万円から15万円引きを狙おう

新型ワゴンRの値引き目標は車両本体価格から7万円、販売店装着オプションはフロアマットやバイザーのみ。また、Apple CarPlayを使うためにはメーカーオプションメモリーナビを装着しなければならず販売店オプションからの値引きが期待できません。しかし、Apple CarPlayが不要で販売店装着オプションナビを装着した場合には販売店オプション価格から5万円引きを狙いましょう。総額で12万円前後の値引きを狙いましょう。

ダイハツムーヴとの競合が鉄板。ホンダNワゴンの見積も用意しましょう。Nワゴンのあんしんパッケージを選択した場合にはサイド&カーテンエアバックが装備されます。ムーヴX SA2にもオプション設定されています。ワゴンRには設定がありませんので、値引き目標または希望する額に持ち込む際には「サイドエアバックが選べなくてもワゴンRに乗りたい気持ちはあるので金額お願いします」と伝えるのも有効です。

登録済未使用車は見極めに注意

スズキの販売店では主に軽自動車ですがメーカーインセンティブのために年度末には自社名義で登録して実績を計上。メーカーからインセンティブを獲得する販売店も少なくありません。一度登録された未使用車は新車価格よりも安く購入できる傾向にありますので4月から5月にかけてスズキ販売店をチェックしましょう。

しかし、新車価格から20万円以上安い場合にはお得ですが、20万円未満なら新車を購入しましょう。新車なら3年全期間車検があり、新車購入時に加入できるメンテパックもお得です。値引きが少々期待できる以上20万円未満の登録済未使用車や試乗車販売車にお得感はありません

下取り車は買取店も含めて高値で売却

現在ご使用のクルマをできるだけ高く手放すことも大切。ネットによる一括査定で買取店同士競合させましょう。低年式で走行距離が多く明らかに値段がつかなそうなクルマの場合にはそのまま下取りに出すのも良い手です。買取価格3万円未満ならリサイクル料金分と自賠責未経過分でそのくらいなりますので買取店に出すのは止めて下取りに出しましょう。

車を乗り替える人の、93%が『損』をしています!!

新車に乗り替える時は、ほとんどの人が愛車を『下取り』に出してしまいますが。。。

愛車を『下取り』に出すより高値で売れる、『一括査定』が絶対にオススメです。

中には、下取りよりも50万円以上高く売れた!!という驚愕の体験談も。。。


  • 車を乗り替える予定だ

  • ディーラーとの商談が面倒だ...

  • 愛車を高く売りたい...

  • ローンの負担を軽くしたい...



どれかに当てはまる人は、要チェックです!!

02
btn04_l

今すぐ詳細をチェック

SNSでもご購読できます。

carbner