新型マツダCX-5新車価格情報と、値引き購入のコツ2017!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
→→新車が値引き価格から、さらに52万円安くなる裏技!?はこちら


出典 http://www.mazda.co.jp/cars/cx-5/grade/?link_id=xd#cx-5

マツダCX-5のスペック情報

マツダCX-5の価格帯

2,462,400円~3,526,200円(税込)

マツダCX-5のグレード情報

20S、20S PROACTIVE、25S Lパッケージ
25S 4WD、20S PROACTIVE 4WD、25S Lパッケージ 4WD
XD、XD PROACTIVE、XD Lパッケージ
XD各グレードに2WD/4WDの設定あり

編集部おススメグレード XD PROACTIVE 2WD 3,002,400円(税込)

昼夜問わず自動で12段階に明るさを調整するアダプティブLEDヘッドライトや車線逸脱警報装置、前車追従型のクルーズコントロールが付いたPROACTIVEがおススメです。エンジンはコンパクトカー並みの燃費で4.0L車並みのトルクパワーを持つクリーンディーゼルXDがおススメです。アドバンスドスマートシティブレーキサポート、カーテン&サイドエアバックは全車標準装備になりました。先代モデルではセットオプションだった車線逸脱警報などの安全装備がPROACTIVE以上では標準装備されます。価格は先代モデルよりアップしてますがオプション価格を考慮すれば実質値下げです。

PROACTIVEは19インチアルミホイールが標準装備ですが、乗り心地と経済性を重視するユーザーは17インチアルミホイールを選択することをおススメします。乗り心地がソフトになるばかりでなくタイヤ交換時にタイヤ代が節約できます。17インチアルミホイールを装着することにより5.4万円安くなりますので300万円を切る価格になり魅力的です。先代モデル同様にCD/DVDプレーイヤー&地デジチューナーは必ずオプション選択しましょう。アドバンスドスマートシティブレーキサポートは全車標準装備のため、クルーズコントロールやLEDヘッドライトが標準で明るさ調整のアダプティブLEDヘッドライトが不要ならスタンダードなXDグレードでも十分満足できる装備内容です。

マツダデザインのSUV

エクステリアデザインは先代モデルと酷似しています。フロントデザインはセダンタイプのアテンザなどと共通のデザインでヘッドライトは横に長いシャープなデザインです。先代モデルはSUVテイストが強めでしたが新型CX-5はデザインに高級感と美しさも加えられ、背が高いSUVでも低重心に見せるスタイルで重厚感を感じます。ボディからシャシー、エンジンなど全てにおいてスカイアクティブテクノロジーを搭載し人馬一体の運転する楽しみを第一に考えました。

エンジンラインナップは先代モデル同様で直列4気筒2.0Lと2.5Lのガソリンエンジンと直列4気筒2.2Lのクリーンディーゼルターボエンジンをラインナップ。各エンジンとも出力面でも変更ありません。トランスミッションもトルクコンバーター式6ATを採用しスムーズな走りに加え、CVT車のようにギクシャクする不自然な動作も無く信頼性も抜群です。

成熟したクリーンディーゼル

シンプル構造でも排ガスクリーンのスカイアクティブD

CX-5のXDグレードに搭載される2.2Lディーゼルターボエンジンは静かで排気ガスがクリーンで話題になっています。最高出力は175馬力でトルクは4.0L車並の42.8kgmを発揮しながら18.0km/Lの低燃費を実現しています。

これまでのクリーンディーゼルは大型車を含めて尿素を用いて排ガス浄化装置でススを燃焼させ、排ガスをキレイにする措置が不可欠でした。しかし、マツダは14.0という低圧縮かつ燃焼効率の向上させ、ディーゼルのすすはDPFフィルターで収集しエンジンの熱で自動燃焼させる仕組みでクリーンな排ガスを実現しました。これがスカイアクティブDです。特別な装置を必要としないためコストも低く抑えました。NOxは0.08g/km、PMは0.005g/kmで欧州で定める厳しい基準ユーロ6に対応しています。

停車時のアイドリング音は車内ではかすかにコロコロと音がする程度で、走りだすとディーゼルを全く意識することが無くなります。軽くアクセルほ踏みこむだけでシューンと加速しあっという間に80km/hまで加速してしまいますので、街乗りではパワーをもてあまします。

ミラーサイクルガソリンエンジンのスカイアクティブGも魅力

XDと比較して約40万円価格が安くなる20Sも魅力的です。ガソリンエンジンもスカイアクティブGと呼ばれるマツダの技術が入ってます。ガソリン車では13.0の高圧縮で直噴エンジンのミラーサイクル(アトキンソンサイクル)エンジンです。高圧縮でも点火タイミングを調整して不完全燃焼を防止しています。燃費も16.0km/Lと良好です。ディーゼル車選択時の価格はガソリン車選択時の価格に比べ約40万円あるため燃費で価格差は解消できませんので、ディーゼルにこだわらなければお買い得感はガソリンモデルにあります。

2.0Lエンジンでもストレスなく乗ることができますが、高速や山間部までゆとりをもってドライブ可能な2.5Lエンジンもおススメです。瞬発力、軽快感、回す楽しみはディーゼルより高く価格面でもディーゼルより安いですので最後まで悩み選択となります。

上質かつスポーティな内装



出典 http://www.mazda.co.jp/cars/cx-5/grade/?link_id=xd#cx-5
新型CX-5のインテリアは先代モデルと似ています。全体的にダッシュボードを低く抑えマツダコネクトの7インチWVGAセンターディスプレィのみが飛び出るスタイルです。7インチWVGAセンターディスプレィを全車標準装備しています。販売店オプションのSDカードを購入するだけでナビゲーション機能が利用でき便利です。

エアコン操作パネルもスポーティなデザインで使い勝手も良好です。高級車に装備される左右独立温度調整式オートエアコンは全車標準装備です。センターコンソール横や助手席グローブボックス下部付近はプラスチック感で出ますが普段目に着く所はしっかりと造り込まれて上質な内装になっています。

フロントシート、リヤシートとも大きめでゆったりサイズになっています。リヤシートはシートアレンジも多彩で多くの荷物も積むことが可能です。リヤシートのクッション長はフロントシートとほとんど変わらないサイズでゆったり乗車可能でSUVスタイルのため頭上空間にも余裕があります。

安全装備は強化 アドバンスドスマートシティブレーキサポート

新型CX-5は80km/hまで対応可能な衝突軽減の自動ブレーキシステムを全車標準装備しました。カメラを用いたシステムで歩行者認識機能も装備しています。先代モデルは追突防止レベルの性能だった自動ブレーキシステムは大きな進化を遂げています。国土交通省と独立行政法人自動車事故対策機構(NASVA)が実施する予防安全性能アセスメントにおいて、最高レベルの先進安全車「ASV++」を獲得しました。

PROACTIVE以上では車線を逸脱したときに警報としてお知らせする車線逸脱警報装置も装備され、ステアリングアシストも装備します。さらに前車追従型クルーズコントロールは0から100km/hまで作動し前車が停止した場合には停止保持機能によりそのまま停止し前車が発進した場合にはそのまま設定速度以内で追従走行します。カメラを利用した標識認識機能も装備し、一時停止や進入禁止の標識を読み取りフロントガラス下部に装備されるアクティブドライビングディスプレイに表示します。

出典 http://www.mazda.co.jp/cars/cx-5/feature/safety/i-activsense/?link_id=sbnv

エクストレイルやフォレスター、C-HRで競合

目標は総額20万円 値引き拡大中

新型CX-5の値引きはフルモデルチェンジ当初は一桁値引きでしたが徐々に拡大傾向にあり、車両本体価格から10万円、付属品やメンテナンス等のサービスパックから5万円の15万円の値引きが出てきています。これから年度末商戦になればさらに条件は緩くなり20万円以上の値引きが期待できます。

ポイントは3月末までに登録可能なクルマです。登録実績のため年度内登録が値引き獲得の大きなカギになります。色、グレード、メーカーオプションの装備品が合致する場合にはどんどん値引き交渉していきましょう。

低燃費で魅力的なライバル車が続々登場

日産エクストレイルハイブリッドが競合には最適です。価格帯はCX-5ガソリンモデル2.5L車と同等価格帯でエクストレイルノーマルガソリンモデルならCX-5ガソリンモデル2.0Lと同等価格帯です。エクストレイルの値引き額は拡大傾向にありCX-5よりも値引き額は10万円多くなる傾向ですので競合には最適です。安全面ではアイサイトを搭載するスバルフォレスターです。4WDのみのラインナップのフォレスターはターボモデル以外は最上級でも270万円を切る価格で値引きも期待できますので競合可能です。

ハイブリッドモデルにはトヨタハリアーハイブリッドも有効ですが、新型のC-HRを忘れずに競合させましょう。プリウスベースのSUVは人気も高く値引きは厳しいものの燃費性能は抜群です。

下取車がある場合には査定額もしっかりチェック

下取り価格はあくまでも下取り価格。鵜呑みにしないで買取店一括査定申込みで最高額で手放しましょう。買取店買取価格と下取り価格がほとんどかわらずの場合は下取りに出すことをおススメします。自動車税未経過分やリサイクル料金の込別など細かい点もしっかりチェックしましょう。買取店が若干高くても自動車税未経過分やリサイクル料金込みの価格が一般的ですので注意が必要です。

車を乗り替える人の、93%が『損』をしています!!

新車に乗り替える時は、ほとんどの人が愛車を『下取り』に出してしまいますが。。。

愛車を『下取り』に出すより高値で売れる、『一括査定』が絶対にオススメです。

中には、下取りよりも50万円以上高く売れた!!という驚愕の体験談も。。。


  • 車を乗り替える予定だ

  • ディーラーとの商談が面倒だ...

  • 愛車を高く売りたい...

  • ローンの負担を軽くしたい...



どれかに当てはまる人は、要チェックです!!

02
btn04_l

ネットで簡単、一括査定の詳細はこちら

SNSでもご購読できます。

carbner