シボレー コルベット 2017年新型の新車価格・スペック・試乗動画・維持費のまとめ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
→→新車が値引き価格から、さらに52万円安くなる裏技!?はこちら


出典 http://www.chevroletjapan.com/cars/corvette-z06/model-overview.html

シボレー コルベットのスペック情報

シボレー コルベットの価格帯

コルベット Z06クーペ 7MT 14,680,000円(税込)
コルベット Z06クーペ 8AT 14,850,000円(税込)

シボレー コルベットの主要諸元(スペック:性能・素材・仕様)

全長4,515mm / 全幅1,970mm / 全高1,230mm
ホイールベース 2,710mm
車両重量 1,610kg
乗車定員 2名
エンジン種類 V型8気筒OHV スーパーチャージャー
総排気量 6,153cc
最高出力 485kw(659PS)/6,400rpm
最大トルク 881Nm(89.8kgm)/3,600rpm
駆動方式 フロントエンジンリヤドライブ FR
トランスミッション 7速MT/8速AT
タイヤフロント 285/30ZR19
タイヤリヤ   335/25ZR20
ステアリングポジション 左
0km/h→100km/h加速 2.95秒

シボレー コルベットの概要

アメ車マッスルカーの代名詞ともなるコルベットは60年以上の歴史を持ちます。1954年に初代コルベットが登場し、二代目にはコルベットを名車にしたスティングレーの登場など歴史あるスポーツカーです。現在の七代目コルベットが誕生したのは2014年です。

先代コルベットのデザインを引き継ぎつつサイドラインをシャープなデザインにし欧州スーパーカーのフェラーリにも対抗できるデザインでアメ車であることを一瞬忘れさせるデザインです。しかし、コルベット伝統のテールランプデザインと独特のOHVサウンドは欧州車には真似できません。

シボレー コルベット 動画紹介

シボーレーコルベットZ06の試乗インプレッション動画です。

アメ車らしいOHV8気筒エンジン

コルベットのZ51には6.2Lノンターボエンジン、Z06には6.2Lスーパーチャージャーエンジンを搭載し、ダウンサイジング化が進む現代で全くどこ吹く風のコルベット。V8 5.2Lエンジンを搭載しノンターボOHVエンジンがZ51、スーパーチャージャー付のハイパワーバージョンがZ06です。スーパーチャージャーの最大トルクは881Nm(89.8kgm)/3,600rpmのスーパーカーにふさわしいパワーを誇ります。

しかし、エコを全く考えてないわけではありません。ゆっくり走行するときにはシリンダーを半分休ませ4気筒走行します。燃料供給システムも直噴方式を採用し燃焼効率をアップさせました。少々以前の同排気量クラスのアメ車と比較すれば燃費は良好です。

シボレーコルベットの加速スペックは停止状態から100km/hまでの加速は2.95秒のスペックを持ちます。フェラーリと同等スペックをポルシェ911GT3より速い3秒を切るスペックを持ちます。公式スペックは60マイルでの数値のため正式には96km/hです。正確に100km/hなら3秒前後になります。

7速マニュアルと8速オートマチックを用意

8速オートマチックが多いのですが、Z06クーペに受注生産で7速マニュアルも用意されています。オートマチックはトルクコンバーター式ですが8段と多段化しパドルシフトも装備されますのできめ細やかなオートシフトと素早いマニュアルシフトも可能です。ゆったりクルージングを楽しみながら、アクセルをただ踏み込むだけのラクラク加速は魅力的です。サーキット走行を楽しむなら7速マニュアルにカーボンセラミックブレーキを装備したパフォーマンスパッケージをおススメしますが、一般道のみならノーマルオートマチックで十分持て余すだけの性能があります。

走ることにこだわったインテリア

出典 http://www.chevroletjapan.com/cars/corvette-z06/model-overview.html


出典 https://carview.yahoo.co.jp/ncar/catalog/chevrolet/corvette/F004-M005/image/?img=3

アメリカ最高峰のスポーツカーコルベットのインテリアはタコメーターが中心でポルシェのようなデザインです。インテリアの材質は1千万円オーバーのクルマとしてみれば少々高級感に乏しい印象もありますが、少々以前のアメリカ車と比較すれば質感は大幅に向上しています。本革はシートのみではなくインパネやドアトリム等にも革を装備し上質に仕上げています。

リヤシートは存在しないため荷物は助手席かトランクルームです。トランクルームは高さが低いため大きな荷物は積むことができません。2名乗車で旅行なら事前に荷物は宿泊先まで宅配便で送ることをおススメします。

ナビゲーションシステムやBOSE社製アドバンスド10スピーカーオーディオシステムが標準装備され、空調も左右独立温度調整式オートエアコンが装備されています。また、マニュアル車にもクルーズコントロールが装備されロングドライブ時には非常に快適にドライブできます。

気になる維持費は?

シボレーコルベットには3年保証、6万キロとロードサービスがあります。また追加料金で4年目、5年目の延長保証も行っております。3年間のオイル交換や消耗品の交換を含むプレミアムメンテナンスパックを販売しています。コルベットの場合には127,440円でメンテナンスパックに加入が可能です。

概ねディーラー車検の基本料は8万円前後、保安検査費用2万円前後、代行費用2万円前後で合計金額は約12万円です。税金等の法定費用は約8万円で特に問題なく車検が通れば20万円前後の金額で車検は完了します。オイル交換やブレーキフルード交換、ブレーキパット交換など交換部品があればプラスされます。自動車税は6.2Lエンジンの場合は年額111,000円です。国産車も輸入車も関係なく一律同額ですが6.0L以上は111,000円ですので自動車税も最高峰です。

中古車はお買い得?

現行モデルのコルベットは中古車市場でも値下がりしません。ノーマル6.2LエンジンのZ51で800万円前後、スーパーチャージャーのZ06は1,100万円前後です。保証メンテナンスをトータルで考えると新車がお得です。

新車で乗り3年または5年で乗り換えるユーザーなら機関系の信頼性が高くなりましたのでトラブルは少なくなっています。ただし、長くのるユーザーや中古車で購入の場合に足回りのへたりや、電気系のトラブルもないとは言い切れない部分もあり、ある程度の予算は確保しておくことをおススメします。

どうせ売るなら、愛車は、最高額で売りませんか!?

車を売る93%の人は、損をしているという事実!



車を売るときは、事前に準備しておかないと大損する可能性が・・・!
特に、車を乗り替える人には絶対に覚えておいてほしい方法です。

インターネットの一括査定サービスがオススメです。


私がダイハツムーブを一括査定で複数の買取業者に査定依頼してみたところ、一番高い会社と一番低い会社の差が24万円にもなりました。

02
btn04_l

最高額で車を売りたい!>>

SNSでもご購読できます。

carbner