「注文書」覚えておきたい車購入の見積もり書用語集

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
→→新車が値引き価格から、さらに52万円安くなる裏技!?はこちら

注文書とは・・・

 注文書は見積書に基づいて正式に車を発注するための書類になります。注文書に押印すれば記載されている車の内容、支払条件にすべて了解しましたという意味で後で取り消しができなくなります。営業スタッフが「今日ハンコもらえるのなら」と最終条件の際にする文句もこのような意味が含まれています。

車にクーリングオフは無い

 通販商品によくあり耳にするクーリングオフは、たとえ車の販売が店頭ではなく自宅訪問販売であってもクーリングオフは適用されません。一般的な訪問販売や通信販売のクーリングオフは契約から8日間です。ただし、メーカーへのオーダー前ならキャンセルに応じてくれる場合があります。キャンセル料は請求される場合もありますので注意してください。メーカーへの発注前なら色の変更やメーカーオプションの追加も可能ですが出来るだけ契約前によく検討し変更内容にしましょう。メーカーへの発注後はキャンセルも出来ず色などの変更も出来なくなりディーラーの定めたキャンセル料が必要になります。

 クレジット契約の場合はクレジット契約が信販会社と成立すればキャンセルはできません。ディーラーはメーカーへの発注前に必ず信販会社への予備審査を行いますので万一予備審査でクレジットが通らなかった場合には契約の成立にはなりません。また、審査が通らなかったことでお客様はキャンセルすることができます。

注文書と見積書がちょっと違う!?

 注文書と見積書の支払総額は一緒だけど諸費用の部分や値引き部分が違う場合が稀に出てきます。これは大幅な値引き要求や諸費用カットを要求した際に起こりがちなことです。大抵は見積書と注文書は全く同じで後はディーラー内部で調整するのが一般的です。

 ディーラーとしてカットできない名義変更のための費用や各種手続き費用をカットしたはずなのにと思っても支払総額が同じならそのまま受け入れましょう。その分値引き処理されていますので値引き額が拡大し同じです。もちろんその旨を営業スタッフはお客様にしっかり説明することが前提となります。ただし、しっかり確認したいのは付属品の内容です。注文書に記載されている内容は最終的なもので実際に新車に付いてくるものになります。最終的な見積書と照らし合わせて間違いないか確認する必要があります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

carbner

コメントを残す

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)