特別仕様車とは?装備が充実しているけど、本当にお得なの?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
→→新車が値引き価格から、さらに52万円安くなる裏技!?はこちら

特別仕様車は充実装備でお買い得

 特別仕様車はそのモデルが登場してから半年もしくは1年後などに人気の装備を標準的なグレードに装備し価格を据え置きもしくは少々の上乗せでお買い得感を出して販売する車です。
 モデルチェンジによる新型の販促効果が薄れてきたころに特別仕様車を出して販売のテコ入れを図る狙いがあります。

特別仕様車の中身は?

 特別仕様車の装備で多くあるのは、ディスチャージ(キセノン)ヘッドライト、アルミホイール、ナビゲーションシステム、専用フロントグリルやエンブレム、最近では自動ブレーキシステムなどが装備されるケースが多くなっています。

特別仕様車はオプションが選べない?

 全部が全部ではありませんがベースとなるグレードでは選べるオプションが選べない場合があります。自分に関係ないオプションであれば全く問題なしでお買い得になります。どうしても欲しいオプションならば再検討しましょう。

お得な装備を標準装備する代わりに、選べるオプションを少な目に設定してその分のコスト削減をメーカーや販売店は狙ってます。

よくある○○周年の記念車

 スズキワゴンRが誕生して20周年を迎えた際には、ブラックメッキヘッドランプや、ブラックメッキフロントグリル、赤いステッチが施された本革巻ステアリングホイールなどの専用の内外装を装備したアニバーサリーモデルが出ました(写真:エンブレム)
 

特別仕様車は売却時にメリットほとんど無しに注意

 特別仕様車が下取りや買取時の査定の標準価格になるのはベースとなっているグレードになるのがほとんどです。つまり特別に装備が付いているからといって、高く買い取ってはもらえないのです。新車で買ったときに特別仕様車とベースの標準グレードでは大きな価格差は無いわけですので大きく損したというわけではないですので安心してください。

中古車で特別仕様車購入はとてもお得

 特別仕様車は買取ではベースの標準グレードと変わりないということは中古車で購入するユーザーお得です。つまり、同じ価格でアルミホイールやナビゲーションシステム装着車が手に入ります。後で購入して取り付けることを考えるとお得です。中古車の魅力は新車の時は高かったメーカーオプションの装備が既に装着されていることでお得感と割安感が味わえることが魅力のひとつでもあります。

SNSでもご購読できます。

carbner

コメントを残す

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)