実印が必要なので注意!「譲渡証明書」覚えておきたい車購入時に必要な書類

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
→→新車が値引き価格から、さらに52万円安くなる裏技!?はこちら

譲渡証明書とは

b
譲渡証明書とは売買や譲渡などで自動車の所有者が変わる場合に必要な書類です。譲渡証明書が必要な場合は今乗っている車を下取りに出すときや買取店などに売却するなど手放すときに必要になります。
 譲渡証明書には必ず印鑑登録されている実印が必要です。印鑑証明書も忘れずに用意しましょう。新車購入や中古車購入時にも印鑑証明書を用意しているはずですので印鑑の新たな登録などは必要ありません。

譲渡証明書の書き方

・譲渡証明書はこのように書こう

 譲渡証明書には、車名、型式、車台番号、原動機の型式を記入する欄が一番上にあります。こちらはディーラーや中古車販売店などにお任せして書いて頂いても大丈夫ですので白紙のままで構わないケースが多いです。ただし、個人売買では必ずすべての項目を記入しなければなりませんので車検証を確認し記入してください。

 下の段、譲渡人及び譲受人の氏名または名称及び住所の欄の一番上には旧所有者である譲渡人の住所と名前を記入します。二段目には新所有者の住所と名前を記入します。譲渡人は必ず実印を押印しましょう。

・譲渡証明書の注意点はココ

 譲渡証明書の誤字は、旧所有者の捨印による訂正しか認められませんので用紙右端の欄外に捨印を押しておくと良いでしょう。
 所有者の現住所と車検証の住所が異なる場合には旧住所が証明できる書類が必要になります。その住所が前回住んでいた住所なら住民票に「前住所」が記載されていますので住民票で大丈夫です。2つ前の住所の場合にはその住所を証明するために追いかける必要がありますが「委任状」の注意点の説明と同じ内容になります。

 委任状と譲渡証明書は車を手放す際、セットになります。どちらの書類に対しても車検証と異なる旧住所の場合旧住所を証明する書類が必要になりますので注意が必要です。

 車検証の所有者がディーラー名になっている場合にはディーラーの譲渡証明書が必要です。車をディーラーや中古車販売店に下取りに出す場合や買取店に売却する場合には業者同士が「所有権解除」の伺いを立てやりとりしますので、ユーザー自身は何もする必要はありません。

 必要なのは個人売買の際には直接所有者のディーラーにお願いし譲渡証明書を発行してもらう必要があります。当然ですがクレジット契約の残債が無いことが前提になります。

どうせ売るなら、愛車は、最高額で売りませんか!?

車を売る93%の人は、損をしているという事実!



車を売るときは、事前に準備しておかないと大損する可能性が・・・!
特に、車を乗り替える人には絶対に覚えておいてほしい方法です。

インターネットの一括査定サービスがオススメです。


私がダイハツムーブを一括査定で複数の買取業者に査定依頼してみたところ、一番高い会社と一番低い会社の差が24万円にもなりました。

02
btn04_l

最高額で車を売りたい!>>

SNSでもご購読できます。

carbner

コメントを残す

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)