スズキのディーラー名まとめと在庫状況、値引き交渉のコツ2015!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
→→新車が値引き価格から、さらに52万円安くなる裏技!?はこちら

suzuki_logo
出典:http://www.suzuki.co.jp/

チャネル展開なし、全店全車種販売  

スズキのディーラーは他のメーカーと違って車種もそれほど多くないこともありますがチャネル販売はありませんでした。全店で全車種を販売し続けています。スズキはオートバイの生産からスタートしその後まもなく自動車の生産を始めました。軽自動車をメインに小型車の販売をリードし続けています。

ディーラー名は「スズキ自販○○」の名前で各地にあります。社名ごと販売店は違いますがほとんどがメーカー直系の販売ディーラーです。スズキの強みはディーラーの他にモータースなどの販売協力店です。地域密着型の地元の車屋さんもスズキの車を販売することで販売台数を伸ばしています。主に軽トラックのキャリィは農家ユーザーが多いこともあり地域密着の車屋さんの力が大きく影響しています。

スズキの在庫車はどれ?

 普通車ならスイフト、軽自動車ならワゴンR、軽トラックも用意されています。売れ筋とされるノーマルグレードでオプションの入らないモデルが在庫車としてあります。色は白系がメインです。希望の色で在庫車があれば狙い目です。

 メーカーオプションを付けこれからオーダーの車でも納期は概ね1か月です。登場したばかりの新型アルトは在庫状況は安定していないようです。販売店の店頭にアルトが無い場合には在庫車が全般的に無いと判断せざるを得ません。納期も少々時間がかかると思われますが、2~3か月もすれば落ちつき在庫車も出てくると思われます。

ワゴンRの在庫車をねらえ!

img09
出典:http://www.suzuki.co.jp/car/wagonr/styling/
スズキのメーカー系ディーラー及びモータース系の販売協力店ではワゴンRのノーマルグレードが狙い目になります。一番売れている車種また売らなければならない車種ため値引きは拡大します。普通車狙いなら完成度の高いスイフトの在庫車を探し「すぐ登録します」とアピールし値引きを拡大させるとお得です。モータース系の販売協力店もその地域のメーカー系ディーラーから取り寄せることができるので「いつもお世話になっているお店」からお得に購入することができます。また、長い付き合いなどで融通が利くなどメリットがあればさらにお得です。

メーカーからのインセンティブを理由に販売店で登録済の車もお得です。登録済未使用車(新古車)狙いも有効です。

車を乗り替える人の、93%が『損』をしています!!

新車に乗り替える時は、ほとんどの人が愛車を『下取り』に出してしまいますが。。。

愛車を『下取り』に出すより高値で売れる、『一括査定』が絶対にオススメです。

中には、下取りよりも50万円以上高く売れた!!という驚愕の体験談も。。。


  • 車を乗り替える予定だ

  • ディーラーとの商談が面倒だ...

  • 愛車を高く売りたい...

  • ローンの負担を軽くしたい...



どれかに当てはまる人は、要チェックです!!

02
btn04_l

今すぐ詳細をチェック

SNSでもご購読できます。

carbner

コメントを残す

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)