スバルのディーラー名まとめと在庫状況、値引き交渉のコツ2015!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
→→新車が値引き価格から、さらに52万円安くなる裏技!?はこちら

pfa_suv
出典:http://www.subaru.jp/

メーカー直営のディーラー展開 チャネル販売は無し

 スバルは現在は多くの車種が見受けられますが、1989年のレガシィ登場以前は車種はわずかでした。当然トヨタや日産のように多チャネル展開の必要性すらありませんでした。

普通車はアルシオーネ、レオーネとジャスティ、軽自動車はサンバーシリーズ、レックスでレガシィのヒットが無ければ今のスバルは存在しなかったでしょう。レガシィのヒット後にインプレッサの登場、ヴィヴィオの登場などヒット商品が続いています。

 メーカー直営ディーラー以外では、地域の車屋さんも「特約店」となっているお店もあります。スズキのお店に比べば少ないですが、付き合いでお願いするケースなども考えられます。このような特約店での注文はその地域のスバルディーラーに流れます。スバルのディーラーから特約店が業販価格で仕入れてユーザーに販売する方式です。

在庫車は期待薄、セットオプションが邪魔

 スバルのディーラーでは在庫車は無いわけではありませんが、他のメーカーと違いセットオプションが多いため希望の在庫車はなかなか見つかりません。納期は概ね1か月前後ですのでほとんどはメーカーオーダーとなります。レヴォーグは納期に時間かかってますのでディーラーに確認しましょう。軽自動車はダイハツ製ですのでダイハツ車の在庫が多くなります。

スバル車は自分好みのスタイル、オプションを選択しメーカーから出荷されるのを待つ買いかたが最も賢明でしょう。

販売店は同じ会社。他社ブランドと競合しよう。軽自動車は注意

 スバルの販売店○○スバルと呼ばれるディーラーは地域にだいたい1社ずつの展開です。スバル同士の競合は望めませんので同クラスの他メーカー車との競合による値引き獲得を望みましょう。スバルの在庫車は期待できないため通常オーダーで納期が1か月とすれば月末の最後、もしくは月初第一週がおススメです。オプションが多いと翌月以降の納車になる場合が多いですので注意が必要です。レヴォーグなどの人気車種は特に注意が必要で納期を告げられても延びる可能性があります。

 月末最後の受注は今月最後の積み上げのための1台、月初の受注は当月登録可能な1台になるからです。登録を武器に値引き拡大目指しましょう。軽自動車は現在スバルでは製造していません。すべて相手先ブランド生産(OEM)です。現在はダイハツ製軽自動車で必ずダイハツとの競合になり、余程の在庫車などでない限り大幅な値引きを期待できません。

車を乗り替える人の、93%が『損』をしています!!

新車に乗り替える時は、ほとんどの人が愛車を『下取り』に出してしまいますが。。。

愛車を『下取り』に出すより高値で売れる、『一括査定』が絶対にオススメです。

中には、下取りよりも50万円以上高く売れた!!という驚愕の体験談も。。。


  • 車を乗り替える予定だ

  • ディーラーとの商談が面倒だ...

  • 愛車を高く売りたい...

  • ローンの負担を軽くしたい...



どれかに当てはまる人は、要チェックです!!

02
btn04_l

今すぐ詳細をチェック

SNSでもご購読できます。

carbner

コメントを残す

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)