ダイハツのディーラー名まとめと在庫状況、値引き交渉のコツ2015!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
→→新車が値引き価格から、さらに52万円安くなる裏技!?はこちら

dk_j_sitenavi_logo
出典:http://www.daihatsu.co.jp/

軽自動車メインのダイハツ 全店全車種販売

 ダイハツのディーラーは○○ダイハツ販売など各地にメーカーディーラーがあります。軽自動車メインで車種も多くないことからチャネル展開は過去も含めて行っていません。ダイハツは1967年からトヨタ自動車と業務提携、1998年にトヨタ自動車の連結子会社になりトヨタグルーブになりました。ダイハツのディーラーではダイハツ車のみの取り扱いです。
 
最近のダイハツお店は「カフェプロジェクト」と称して若い女性が気軽に立ち寄れる明るい雰囲気のお店造りとなっています。トヨタのネッツ店をイメージするような雰囲気のお店が増えており、ここにもトヨタのノウハウが生きているのかと実感します。

タント、ムーヴ、ミライースの標準グレード+SAが基本

 ダイハツの在庫車はタント、ムーヴ、ミライースの主に下から2番目のグレードに位置する標準グレードにスマートアシスト(SA)装着モデルが多くなっています。SA無しモデルは在庫薄になっています。約4~5万円で自動ブレーキシステムなどの最新の安全装備が付きますので選ぶユーザーが増えています。

色はシルバーを中心に淡色カラーが目立ちます。ムーヴカスタムについては濃色も見られますが数は少ないです。軽トラックのハイゼットトラックも在庫&試乗車もあるディーラーがあります。オートマチック車希望の際は地域によって差があります。地方では軽トラック=マニュアルがほとんどです。しかし都市部ではオートマチック限定免許保有率も高くなり軽トラックオートマチックも数多く存在します。ディーラーに確認し別地域で在庫有りなら取り寄せてもらうことも可能です。

sec_01_img_01
出典:http://dd.daihatsu.co.jp/miyagiD/shop_event/shop/shop_01/

ダイハツのクルマはスズキと競合が鉄板!

 ダイハツとスズキは軽自動車の販売では常にライバル関係にあり競争し続けてきました。30年以上に渡り「販売台数軽No.1」の座を競い続けていますので、各販売ディーラーもスズキとの競合の際には力を入れ値引き拡大に期待できます。アルトとミラ、ワゴンRとムーヴ、キャリィとバイゼット、エブリィとアトレーなど軽自動車すべてに対抗馬が存在します。
 ダイハツの軽自動車はトヨタでも取り扱っています。トヨタでは「ピクシスシリーズ」で販売していますがダイハツの軽自動車そのものです。トヨタで軽自動車はスタッフの販売実績が普通車より低くカウントされるディーラーが多く積極的には販売しようとしないケースがあります。また、ダイハツ製造とのことも影響してか値引き額は期待できません。

車を乗り替える人の、93%が『損』をしています!!

新車に乗り替える時は、ほとんどの人が愛車を『下取り』に出してしまいますが。。。

愛車を『下取り』に出すより高値で売れる、『一括査定』が絶対にオススメです。

中には、下取りよりも50万円以上高く売れた!!という驚愕の体験談も。。。


  • 車を乗り替える予定だ

  • ディーラーとの商談が面倒だ...

  • 愛車を高く売りたい...

  • ローンの負担を軽くしたい...



どれかに当てはまる人は、要チェックです!!

02
btn04_l

今すぐ詳細をチェック

SNSでもご購読できます。

carbner

コメントを残す

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)