新型トヨタカローラアクシオ新車価格情報と、値引き購入のコツ2015!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
→→新車が値引き価格から、さらに52万円安くなる裏技!?はこちら

carlineup_corollaaxio_top_05_pc
出典:http://toyota.jp/corollaaxio/

トヨタカローラアクシオのスペック情報

 

トヨタカローラアクシオの価格帯

  1,416,343円~2,148,686円(税込)
 

トヨタカローラアクシオのグレード情報

1.3X、1.3X Gエディション、1.5X、1.5G、1.5LUXEL
1.5Xと1.5Gの2WD車にMT設定あり
1.3を除くグレードに4WD設定あり
各グレード価格差詳細は販売店におたずね下さい。

 編集部おススメグレード 1.5X(CVT) 1,481,143円(税込)
 1.3Lモデルとの価格差は5万円未満であることから、動力性能に有利な1.5Lモデルがおススメです。
 また、Gグレードになればワンランク上のプレミオ&アリオンの価格に近づくため、選択のメリットが少なくなります。

数少ない5ナンバーセダンの代表の実力は?

街中で運転しやすいサイズ

カローラアクシオはコンパクトカーにトランクを付けたセダンです。クルマの長さはミディアムハッチバッククラスと変わらない長さで幅も5ナンバーサイズです。
 街乗りでは1.3Lも1.5Lエンジンもどちらも大きな違いが感じられませんが坂道に行けば1.3Lはパワー不足に感じます。

20.0km/Lの燃費も実燃費は?

 1.5Lエンジンでのカタログ上の燃費は20.0km/Lと今になっては平凡と言わざるを得ない燃費です。実際アイドリングストップも標準装備されません。実際に走っては12~14km/Lの燃費で100km/h以下で高速走ってカタログ上の燃費に近づくレベルです。

ベース車を考えると割高感も

 型式上は「エンジン型式+E」でこれまでのカローラと変わりありませんが、現在のカローラアクシオのプラットホームはヴィッツと共用です。ヴィッツの型式は「エンジン型式+P」です。以前はヴィッツベースのコンパクトセダンベルタがありました。そのベルタとカローラの中間に位置する形でカローラアクシオがあります。ヴィッツベースとなると割高感が感じられます。
 安全装備面で横滑り防止のVSCをはじめ安全装備が強化されていることを考えると、以前のカローラと比較しても価格上昇はわずかと考えるのが妥当と思います。

シンプルな内装 ゆとりの後席空間が確保

 高級感は無いがエアコンの操作パネルが使いやすい位置にあり手さぐりでも操作しやすいです。フロントシートリヤシートとも若干サイズが小さめに感じますがリヤシートの足元空間も十分確保され大人4名乗車でも窮屈感はありません。また、シートバックもしっかりした厚みがあります。

ハイブリットよりガソリン車がおススメ

 カローラアクシオにはハイブリットモデルもあります。33.0km/Lの低燃費は魅力的です。アクアより重いのでアクアより燃費が落ちますがシステムは同じです。ハイブリットモデルは198万円からの設定でガソリンモデルに比べ約50万円高くなります。燃費が仮に2倍違うとして差額50万円を埋めるには約10万キロ以上走行する必要があります。10万キロ以上走るからとハイブリットを検討すれば10万円安いアクアの存在があります。カローラアクシオハイブリットの選択に強いメリットは感じられなくなります。

日産ラティオとの競合がベスト スバルインプレッサG4もアリ。値引き15万円を狙いましょう!

 5ナンバーセダンを検討するとラティオしかない現状です。ラティオもティーダラティオの時に比べエンジンも1.2Lになりダウンサイジング&ワンクラスダウンした感があります。
カローラアクシオはトヨタカローラ店の専売車種のためトヨタ同士の競合はできません。値引き額は車両本体で12万円、販売店オプションのカーナビ装着の場合はオプションから3万円引きを狙いましょう。狙い目は在庫車です。白系とシルバー系のボディカラーは比較的在庫豊富なため当月登録可能なら値引きが拡大しやすくなります。
 
 カローラアクシオでGグレード以上を検討なら、ボディサイズは3ナンバーになりますがインプレッサG4やマツダアクセラセダンとの競合もアリです。その場合は、「もう決めるぞ」と言う時に切り札として出しましょう。営業スタッフは他店に行かれては不利とのことから最終条件を出しやすくなります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

carbner

コメントを残す

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)