【ミニバン】予算100万円で選ぶ!中古車Mクラスミニバン【2015年】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
→→新車が値引き価格から、さらに52万円安くなる裏技!?はこちら

日産で選ぶならセレナで決まり

NI_S012_F003_M005_1_L_640x480
出典:http://carview.yahoo.co.jp/ncar/catalog/nissan/serena/F003-M005/image/?img=1

 ミディアムミニバンを代表する日産の主力車種セレナが先代モデルで選べます。このモデルは型式ではC25型と呼ばれるモデルで前期モデルならグレード問わずに選ぶことができます。ただし7年から9年落ち状態です。後期モデルでもSグレードなら充分90万円前後で狙えます。平成22年式でちょうど2回目の車検を迎えるクルマが狙えます。

前期モデルと後期モデルの簡単な見分け方

 外観ではフロントの中央部のグリルに違いがありますが良くカタチを知っている人しか区別できません。一番簡単なのが内装です。メーターパネルを見ればすぐわかります。スピードメーターが大きくタコメーターが小さいタイプは前期モデル。後期モデルは自発光式の二眼メーターになっています。ココだけ見ればわかります。

後期モデル狙う際の注意点は?

 レンタル落ちに注意です。レンタカーとしての経歴あるクルマはいろんな人にいろんな乗りかたをされていますので気になる人は気になります。車検履歴を見てみましょう。レンタカーは初年度登録から2年で車検を迎えますので、初年度登録から偶数経過年で車検の場合はレンタカーを疑っても良いです。

 内装に注意しましょう。子供のこぼした飲み物跡などフロアマットの下にある場合などあります。シートレールも含めてキレイな状態かチェックしましょう。新車時はオーディオレス状態ですので、ほとんどがナビゲーション装着車です。地図ソフトの新しさにこだわらなければ、後席フリップダウンモニター付き車がお買い得です。

トヨタで選ぶならノア&ヴォクシーで決まり

TO_S108_F003_M002_1_L_640x480
出典:http://carview.yahoo.co.jp/ncar/catalog/nissan/serena/F003-M005/image/?img=1 
 トヨタのミディアムクラスミニバンはノア&ヴォクシーで決まりです。ノア&ヴォクシーが100万円以下の予算で狙えるのは、先々代前のモデルになります。型式ではR60型と呼ばれるモデルです。年式は平成16年から18年が中古車市場に出ています。つまり9年から11年落ちです。

 先代モデルのR70型も一部出ていますが、修復歴有または5人乗りモデル、過走行車がほとんどで、それでも構わないユーザーは先代モデルも選択できます。つまりセレナに比べて値段が落ちていませんので新しいモデルが良いならセレナをおススメします。

ノア&ヴォクシーの中古車選び注意点は?

 予算100万円なら10年経過車両が多くみられるため、予算20万円アップして先代モデルのR70型を狙うことをおススメします。平成20年以降のXグレードなら充分狙えます。メーカー保証が切れていますので保証付販売車をおススメします。

 特にヴォクシーは荒く運転されたクルマも目立ちます。見分ける方法としては、前輪のサイドが真ん中溝あるのにツルツルになっていないか確認しましょう。少々の減りなら問題ありませんが極端なら速度が高い状態でハンドルを切っている証拠です。

高年式ミディアムクラスミニバンが欲しい!

 トヨタで高年式ミディアムクラスミニバンを狙うなら背の低いアイシスがオススメです。ノア&ヴォクシーに比べ室内空間は制限されますが同じ2.0Lクラスのエンジン搭載し、平成22年から23年の高年式車が選べます。

ホンダで選ぶならステップワゴンで決まり

HO_S003_F003_M004_1_L_640x480
出典:http://carview.yahoo.co.jp/ncar/catalog/honda/stepwgn/F003-M004/image/?img=1
 予算100万円以内でのホンダのミディアムクラスミニバンはステップワゴンで決まりです。ただし、ノア&ヴォクシー同様に先々代前のモデルRG型になります。

 先代のRK型はやはりプラス20万円の予算が欲しいところです。ノア&ヴォクシーと違う点は先々代モデルでも平成20年以降のモデルが中古車試乗に充実していることです。ちょうど7年を迎えるところで車検無し車が多いのですが、パワースライドドアやナビゲーション、さらにはエアロパーツ装着車などお好みに応じて選ぶことができます。ガソリン車で自動車税が割増になる13年までは6年あり、十分楽しめます。

ステップワゴンRG型の中古車選び注意点は?

 トヨタ車に比べて足回りのガタが来やすいことです。極力試乗して足回りにガタが無いか確認しましょう。段差を乗り越えたときのゴトッと言う音があればヘタってます。また、サビにも注意です。特に後輪の上のクォーターパネルにサビが出ていないかチェックしましょう。

 国産車でも新車から7年経過すると電装系にトラブルが出てきます。エアコンをはじめとした電装系は必ずチェックし保証付販売車を狙うのがベストです。どうしても心配なら予算プラス20万円以上でRK型を狙いましょう。100万円以下で出ているクルマもありますが、状態が良くないクルマが多く、よほどの知識がないと当たりのクルマに出会えないでしょう。


Warning: extract() expects parameter 1 to be array, string given in /home/porcocasa/car-bye.com/public_html/wp-content/themes/xeory_base/lib/functions/bzb-functions.php on line 297

SNSでもご購読できます。

carbner

コメントを残す

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)