新型トヨタマークX新車価格情報と、値引き購入のコツ2017!


出典 http://toyota.jp/markx/grade/grade5/

トヨタ マークXのスペック情報

トヨタ マークXの価格帯

2,656,800円~3,850,200円(税込)

トヨタ マークXのグレード情報

250G Fパッケージ、250G、250S、250RDS、350RDS
プレミアム(2.5)、プレミアム(3.5)
250G Fパッケージと250Gに4WD設定あり、全車6速AT

編集部おススメグレード 250G 2,916,000円(税込)

ステアリングスイッチや運転席電動パワーシート、自発光式のオブティトロンメーターや有機ELマルチインフォメーションモニター、トヨタセーフティセンスPが標準装備される250Gがおススメです。

廉価版のFパッケージには本革巻ステアリング&シフトノブ、16インチアルミホイール、スマートエントリースタートシステムなどが装備されません。250GにはLEDヘッドライトはメーカーオプション設定ですが、ディスチャージヘッドライトは標準装備されますので不足ない装備内容です。

エクステリアは小変更

フロントバンパーグリルを大型化しワイドにみせる演出を施し、スポーツセダン色を強めました。プラットフォームはクラウンシリーズと共通です。クラウンアスリートシリーズに6気筒2.5Lエンジンが無くなる中、静粛性とのびやかな加速が味わえるエンジンのマークXは健在です。価格面では約100万円お求めやすい考え方次第ではお得なクルマです。

グレード体系も見直しプレミアムグレードはRDSグレードに変更されました。かつてマーク2時代にあった人気グレードツアラーシリーズとグランデGを融合した上質かつスポーティなグレードです。

トヨタセーフティセンスPを全車標準装備し価格が上昇

新型マークXは先進安全装備である衝突軽減ブレーキと車線逸脱防止警報、前車追従型クルーズコントロールなどセットしたトヨタセーフティセンスPを標準装備しました。価格は全体的に約15万円前後のアップです。

車線逸脱防止システムにはステアリング制御が加わり、カメラによる歩行者認識機能が備わります。また、レーダー方式ではなくミリ波レーダー方式のため霧など悪天候の際にも感度良好です。かつてはセルシオやクラウンマジェスタに装備されていたプリクラッシュセーフティシステム(当時50万円クラスのオプション)がこれまでよりも約15万円プラスの価格が装備されるのであればお買い得です。

おススメグレード250Gの価格帯は約25年前のマーク2と比較すると当時の2.5L最上級のグランデG2.5に相当する価格です。安全装備面や質感の向上計り知れないものがありますが、当時はエントリーグレードは200万円を切った価格からラインナップされていました。お父さんがマークXを選ぶ敷居が高くなっているのは事実です。

気持ちよく回るエンジン

スペックは平凡 しかし運転はたのしい

マークXはV6 2.5Lと3.5Lのガソリンエンジンのみです。
ダウンサイジング化などにより4気筒化される車種が多く見られる中、燃焼効率があまり良くないV6エンジンを搭載しています。このエンジンはレクサスISに搭載されているエンジンと同じエンジンで静粛性と動力性能に優れていますが燃費は11.8km/Lと良い数値とは言えず、実質燃費は8km/L前後です。

しかし、6ATとの組み合わせでスムーズに加速しカーブでの安定感も高く運転して楽しいクルマです。セダンならではのボディ剛性の高さとサスペンションがフロントダブルウィッシュボーン、リアがマルチリンクの組み合わせで直進安定性としなやかさが両立しています。マークXに車名が変わった当初のマークXはバタバタする印象でしたが新型マークXは落ち着いています。

2.5Lで十分なパワー

マークXの車両重量は1.5トンとクラウンやレクサスISに比べて100kg以上軽くなっています。軽くて同じエンジンならより軽快に加速します。基本のプラットフォームも同じですのでお得感すら感じます。

3.5Lエンジンも用意されますが2.5Lと比較し約100万円プラスになります。税制面、燃費面で費用もプラスになる他、クラウンと同価格帯になりますので高速道路を多用し優先してパワーを求めるユーザー以外にはおススメできません。

セダンらしく落ち着いた内装


出典 http://toyota.jp/markx/interior/?padid=ag341_from_markx_navi_interior/

出典 http://toyota.jp/markx/interior/comfort/?padid=ag341_from_markx_in_comfort02

コストカットの中にも上質なインテリア

プラスチック素材の多いインテリアですが、各パーツがしっかり造り込まれています。ドアのスイッチベースやセンターコンソール部分は目に見える部分に関しては特にキレイな造りになっています。
しかし全体の見た目は5ナンバーセダンのプレミオを少し豪華にした印象で高級感に欠ける印象です。実用性重視+質感重視のユーザー向けです。現在はハイブリッドのみとなったカムリと同等の内装質感に感じます。

リヤシートは少々窮屈感

マークXのリヤシートは座り心地は良いのですが頭上空間にもう少しゆとりが欲しく感じます。後輪駆動ならではのセンター足元の出っ張りは仕方ありませんが5名乗車時は中央席は窮屈です。

セダンのマークXにも使い勝手良好な、分割可倒式のリヤシートやリクライニング機能を装備し、SUVやステーションワゴンに慣れたユーザーにとっても不満のない内容になっています。

駆動方式を問わず他社競合しよう!

以前はマーク2と呼ばれていたモデルの時はトヨタ同士でクレスタやチェイサーがあり激しく競合しました。他メーカーでも、ローレルやスカイラインが同じ後輪駆動方式で競合の対象になりました。現在でもスカイラインはありますがダウンサイジングターボやハイブリッド展開で価格はベーシックなグレードでもマークXより約100万円高い価格設定となり競合になりにくくなっています。

マークXのように後輪駆動ベースのクルマが少なくなり、同じセダンで同じ価格帯で競合するなら、日産ティアナ、マツダアテンザは共に前輪駆動、スバルレガシィB4は4輪駆動になります。トヨタ販売店はトヨペット店の専売車種のためトヨタ同士の競合はできません。

値引き目標は総額30万円を目指そう

マークXの値引きは車両本体価格から25万円、販売店装着のナビゲーションシステムを選択して5万円前後の値引き合計30万円前後の値引きを目標にしましょう。優遇税制も無く、ノーマルのV6エンジンは燃費も悪く、ミニバンのように使い勝手も良くないマークXは人気が無く販売店でもあまり力を入れない車種になっています。値引き拡大は期待できず月末イベント狙いや4半期ごとの決算狙いでの商談で値引きを狙いましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

新型日産スカイライン新車価格情報と、値引き購入のコツ2017!口コミ評価

10%e3%82%b9%e3%82%ab%e3%82%a4%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%83%b3%e5%a4%96%e8%a6%b3
出典 http://www2.nissan.co.jp/SKYLINE/exterior.html

日産スカイラインのスペック情報

日産スカイラインの価格帯

4,136,400円~5,829,840円(税込)

日産スカイラインのグレード情報

200GT-t、200GT-t TypeP、200GT-t TypeSP
350GT HYBRID、350GT HYBRID TypeP、350GT HYBRID TypeSP
HYBRIDグレードに4WDの設定あり

編集部おススメグレード 350GT HYBRID TypeP 5,136,480円(税込)

新型のミリ波レーダーを使った前方衝突予測警報&エマージェンシーブレーキ、車線逸脱警報、サイドエアバック、LEDヘッドライト運転席&助手席電動パワーシート、8インチナビゲーションシステムが全グレードに標準装備されました。装備内容は上級車種フーガに近づき車両価格もフーガに近づくほど高価になっています。

ヘッドライトがステアリングに連動して左右に動くアクティブAFSや本革シート、プラズマクラスター付オートエアコンの装着され、動力性能と環境性能を併せ持つ350GT HYBRID TypePおススメです。最上級のTypeSPに装着される19インチアルミホイールはスタイルは抜群ですが乗り心地は17インチが優れています。

予防安全性能評価最高ランクを獲得

新型スカイラインシリーズには、ミリ波レーダーを使って自車からは見えない2台前の状況変化まで検知することができ危険を察知すれば警報で促し玉突き事故を未然に防ぎます。この機能は世界初の装備です。

エマージェンシーブレーキも軽自動車やコンパクトカーに多く見れらる30km/h以下の作動の自動ブレーキではなく日本の道路の法定速度ならほとんど対応できるレベルです。ただし、前方停止車両に対して70km/h以上では作動せず、60km/h以下なら衝突回避、60km/h以上なら衝突軽減ブレーキになります。評価すべき点はこれらを全グレードに標準装備した点です。

スカイラインの自動ブレーキシステムの課題は歩行者認識機能が備わらない点です。さらにスカイラインではカメラ方式も併用して歩行者自転車の検知性能をアップして欲しいです。

ハイブリットの走行性能は?

システム出力364馬力の高性能

スカイラインハイブリットはV6 3.5Lエンジン+電気モーターのハイブリットで合計したシステム出力は364馬力になります。発進から中間加速、高速走行すべてにおいて満足の加速性能を約束しています。スカイラインのハイブリットシステムは主に中速域での巡航時にバッテリー走行になり静かな走りと低燃費に貢献しています。高出力を発揮しながら17.8km/Lの低燃費を実現しています。実際は10km/L少々ですがパワーを考慮すれば十分です。全車7速ATで高速走行時の燃費向上に貢献しています。

ダイレクトアダプティブステアリングによる操舵性の向上

スカイラインハイブリットにはダイレクトアダプティブステアリングと呼ばれる電子制御のステアリングアシスト装置がハイブリッドにのみ標準装備されます。

高速走行時のワダチや段差などでハンドルが取られる場面では自動制御により直進安定性を高めハンドルが取られないように制御します。車庫入れから高速走行まで幅広くアシストすることで取り回し易さの向上と自然でダイレクトなハンドリングを両立させています。なお、低速走行時にはステアリングに不自然な制御が感じられる場面もありますので試乗車があればぜひ体感、確認してみてください。通常は気にならないレベルです。

2.0Lガソリンエンジンはメルセデス製

スカイラインにはハイブリットの他にダウンサイジングされた2.0Lターボエンジンもあります。エンジンはメルセデス製でC/Eクラスに使用しているエンジンです。200GT-tというグレード設定でR32型時代のGTS-tを思い浮かべるお父さん方も少なくないのではないでしょうか。静かなだけではつまらない、けど楽しみたいならこちらもおススメです。

ハイブリットより約80万円安い価格設定で、燃費性能もJC08モード13.0km/Lですのでハイブリッドと比較して4.8km/Lの差のみです。長距離ドライブでは2.0Lの小排気量のメリットが活かれ差低燃費を実現しハイブリッド車と同等またはそれ以上の低燃費が期待できます。高速でのエンジンレスポンスは抜群で100km/hでピークを迎える国産エンジンと異なり余裕が感じられます。

上質でスポーティなインテリア

10%e3%82%b9%e3%82%ab%e3%82%a4%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%83%b3%e5%86%85%e8%a3%85a
10%e3%82%b9%e3%82%ab%e3%82%a4%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%83%b3%e5%86%85%e8%a3%85b
出典 http://www2.nissan.co.jp/SKYLINE/interior.html
スカイラインのインテリアはシンプルに見えて高品質な内容になっています。
上下に2つのディスプレイを装備され上はナビ画面、下はオーディオやエアコンの操作パネルになっています。手さぐりな操作が必要なエアコンのボタンは両サイドに通常のボタンで装備されますので使い勝手は良好てす。このナビゲーションシステムは全車に標準装備される点は魅力的です。

自発光式のファインビジョンメーターは視認性に優れハイブリット車でもタコメーターをしっかり装備しスポーティさを失っていません。

スカイラインハイブリットTypeP以上では本革シート+シートヒーターが標準装備されます。ドア内側の内装も含め上質で上級スポーツセダンにふさわしい内容になっています。
リヤシートも座り心地が良く、身長170cmの大人では肩よりずっと高い位置までシートバックが延びており、ゆったり座ることが可能です。足元空間にも余裕があり、2.0LクラスのMクラスミニバンのセカンドシートより快適かもしれません。

クラウンアスリートと競合、輸入車も見てみる価値あり

スカイラインハイブリットと競合させるにはトヨタクラウンアスリートグレードと競合がベストです。燃費性能ではクラウン、パワーと高回転時の静粛性ではスカイラインが有利です。

500万円台に入るとドイツ車も視野に入ります。同サイズ同クラスのメルセデスCクラス220ブルーテックアバンギャルドは2.14Lディーゼルターボで燃費性能と最大トルクはスカイラインハイブリットを上回ります。しかし価格も約55万円上回ります。10年使用する場合年間10万円差なら十分競合させても良い内容となっています。

ハイブリッドは10万円 ガソリンターボは25万円値引きを狙おう

V6エンジン+モーターのハイブリットの上級スポーツセダンで同クラスのクルマが無いため値引きは少なめです。トータルで10万円を目標に商談してみましょう。ガソリンターボモデルはクラウンアスリートと競合させトータル25万円の値引きを目標に商談しましょう。また、プリンス店とサティオ店など異なる資本のディーラーでスカイライン同士の競合も忘れず行いましょう。

全グレードナビゲーションシステム標準装備のため販売店オプションからの値引きは期待できません。ボディコートオプションを選択した場合には「スカイラインに決めるからサービスしてください」と最後にお願いしてサービスを狙う方法も良いです。利益率が高い商品のため販売店での調整が出来るはずです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

日産スカイラインの中古車買取・査定相場価格と、できるだけ高く売るコツ2016!

スカイラインの買い取り相場概要

中心はV36型 セダン不人気のため高価買取は期待できず

V37の現行型を手放すユーザーはまだ少なく、ほとんどは先代のV36型以前のスカイラインを売却するか下取りするかです。最新の3.5Lハイブリッドと2.0Lターボは今後買取下取りとも期待できますが、V36型以前のスカイラインはノーマルタイプのエンジンのため買取価格が厳しい状況です。

V35、R34、R33ならターボモデル

V35型以前のモデルはターボモデルの買取価格は期待できます。残念ながらV6エンジン最初のモデルV35型にはターボモデルがありませんので買取価格はほとんど期待できません。R34型なら25GTターボ、R33型ならGTS25tタイプMの修復歴無のスカイラインなら買取価格は期待できます。約20年前のR33型GTS25tタイプMのマニュアル車なら40万円前後の買取価格が期待できます。

中古車で買うなら先代V35型後期を狙おう!

2010年式で5万キロ前後走行の良質車が車両価格160万円前後で選べます。スカイラインを中古で購入なら非常にお得な価格で購入でき、日産ディーラー中古車も狙えます。ボディカラーはシルバーメタリックやガングレーメタリック系を希望すると比較的安く購入可能です。5年経過の中古車を購入し車検を1回取得し4年乗っても9年ですのでまだまだ買取価格は期待できます。10万キロ以内の走行距離なら60万円前後の買取も期待できるかも知れませんので160万円で買って60万円で買取なら実質100万円でスカイラインを乗れることになります。

スカイラインの買取価格帯は?

現行 V37型

11スカイラインa
出典 http://carview.yahoo.co.jp/ncar/catalog/nissan/skyline/F006-M001/image/?img=1
2013年11月に登場した新型スカイラインはエンブレムを日産ではなくインフィニティエンブレムに変更し北米で販売しているインフィニティシリーズのQ50と共通デザインにしました。2.0Lターボエンジンはメルセデス製ダウンサイジングターボエンジンを搭載しています。しかし、中古車市場には試乗車販売しか無く買取として若干対象となるのはモデルチェンジ当初のV6 2.5LとV6 3.5L+モーターのハイブリッドのみです。ほとんどが350GTハイブリッドのため3.5Lハイブリッドの相場です。買取価格帯は2013年式からの初期モデルで230万円から400万円です。タイプSPの上級モデルとホワイト、ブラックのボディカラーは高価買取が期待できます。

先代 V36型 後期

Image converted using ifftoany
出典 http://carview.yahoo.co.jp/ncar/catalog/nissan/skyline/F005-M003/image/?img=1
2010年1月にマイナーチェンジを実施しフロントグリル、バンパー、ヘッドライト、アルミホイール等にデザインの変更がありました。3.5Lエンジンは3.7Lエンジンに排気量がアップされました。走行距離が7万キロまでの買取価格相場は75万円から180万円でほとんどが2.5Lの中で3.7LタイプSPの最上級グレードは高値で買取されています。程度次第では200万円前後も狙えます。

新車価格を考慮すれば買取価格、下取り価格とも安くなっています。多人数乗車可能なミニバンが欲しいなどタイプの違ったクルマを望む以外はそのまま乗り続けた方がお得です。次回車検でまた検討しても良いと思います。

先代 V36型 前期

11スカイラインc
出典 http://carview.yahoo.co.jp/ncar/catalog/nissan/skyline/F005-M001/image/?img=1
2006年11月に登場したV36型スカイラインは10年を迎えます。2.5Lと3.5LのV6エンジンを搭載しています。内外装の質感が高められ、まだまだ古さを感じさせないモデルです。

走行距離が10万キロまでの前期モデルの買取価格帯は25万円から105万円で10万キロ以上走行の場合そろそろ価格が出なくなりそうなくらい安くなっています。ナビ付でタイプSまたはP以上で走行距離が5万キロ未満なら80万円をとりあえず目標に臨みましょう。

一括買取査定申込みで買取店競合へ!

現行V37スカイラインは下取りでも買取でも300万円前後を中心に比較的高値ですが新車価格を考慮すればそう高くはありません。先代V36スカイラインは非常に安くなっています。一括買取査定を申し込み競合させることが最も良い方法です。

R34以前の直列6気筒エンジン搭載車はターボモデルのみ買取が期待できます。特にマニュアル車は専門店で高価買取が期待できます。V35型に関しては、買取価格が厳しい状況です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

新型日産スカイラインハイブリット新車価格情報と、値引き購入のコツ2015!

708_dl0000516526
出典:http://www.nissan.co.jp/SKYLINE/exterior.html

日産スカイラインハイブリットのスペック情報

 

・日産スカイラインハイブリットの価格帯

  4,624,560円~5,695,920円(税込)
 

・日産スカイラインハイブリットのグレード情報

350GT HYBRID、350GT HYBRID TypeP、350GT HYBRID TipeSP
各グレードに4WDの設定あり

編集部おススメグレード 350GT HYBRID TypeP 5,000,560円(税込)
 新型のミリ波レーダーを使った前方衝突予測警報&エマージェンシーブレーキ、車線逸脱警報が装着された350GT HYBRID TypePおススメです。本革シートまで標準装備され高級スポーツセダンの要素を満たしています。
 最上級のTypeSPに装着される19インチアルミホイールはスタイルは抜群ですが乗り心地は17インチが優れています。

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0