新型ダイハツミライース新車価格情報と、値引き購入のコツ2017!


出典 https://www.daihatsu.co.jp/lineup/mira_e-s/03_exterior.htm

ダイハツミライースのスペック情報

ダイハツミライースの価格帯

842,400円~1,339,200円(税込)

ダイハツミライースのグレード情報

B、B SAⅢ、L、L SAⅢ、X SAⅢ、G SAⅢ
各グレードに4WD車設定あり

編集部おススメグレード L SAⅢ 939,600円(税込)

通勤、買い物用で普段は1人~2人乗車ならL SAⅢグレードがおススメです。
100万円を切った税込み価格でエアコン、スマートアシストによる緊急ブレーキ、横滑り防止のVSCまで装備しています。緊急ブレーキは対車両では警報は100km/h、ブレーキは80km/hの速度まで対応し、先代モデルでは追突防止程度の緊急ブレーキのため安全性能では大幅に進化しました。

後部座席も多用するユーザーはリヤヘッドレストが装着されるXグレード以上を選択するか、オプションでリヤヘッドレスト(1万円)装着をおススメします。Bグレードは商用車向けですがLグレードと比較し3万円安い価格のみ。装備差はフルホイールキャップと後席パワーウインドウの有無ですので商用以外の使用目的ならLグレード以上がおススメです。

低燃費で低価格の第二弾

新型もこれまで同様35.2km/L

低燃費で低価格「第三のエコカー」とも呼ばれるミライースは従来のガソリンエンジンのみでもハイブリッド車並みの低燃費を実現しています。燃費性能はJC08モード35.2km/Lで先代モデルと変わらない数値でライバルのスズキアルトの37.0km/Lに対抗しなかった。

WLTPモードを意識

2018年10月から導入を検討している新燃費基準がWLTPモードと呼ばれる国際基準の燃費測定方法です。「市街地」「郊外」「高速道路」など日本では3つのモード(海外では超高速も含めた4つ)で数値化され、また、その平均も表示される予定です。実際の使用により近づくためJC08モードで燃費の良いCVT車やハイブリッド車の燃費数値は悪化しします。つまり、現在のCVT車やハイブリッド車の燃費数値はカタログ燃費と実際の燃費での燃費差は大きいのです。

新型ミライースはLグレードで車両重量は650kgと軽量化を図り各パーツの低フリクション化もしっかり行っていますので先代モデルより動力性能及び実際の燃費は良くなることは間違いありません。カタログ燃費より実際の燃費や走行性能を重視することはWLTPモード導入に合わせた対策と言っても良いです。

エアロパーツも用意

フロントバンパー下部に装着されるフロントロアスカートとサイドバンパーに装着されるサイドストーンガードがセットのエアロパックや、フロントLEDフォグランプ、14インチアルミホイールなど純正カスタムパーツが用意され先代の丸型デザインと比較し新型は角張ったデザインのため、より、スポーティでカッコイイデザインに仕上がります。

OEM各車もフルモデルチェンジ

ミライースの兄弟車としてダイハツがOEM(相手先ブランド生産)供給しているトヨタピクシスエポック、ダイハツプレオも同様にフルモデルチェンジを実施しています。

デジタルメーターを継承 より使い易さ向上へ



出典 https://www.daihatsu.co.jp/lineup/mira_e-s/04_interior.htm
新型ミライースのインテリアデザインは先代モデルと大きくは変わりありませんが、使い易さの向上が感じられます。新型のメーター表示は全車白色表示になりました。グレード別の違いはXグレード以上ではメーターパネル内にTFT液晶を装備し各種インフォメーションを表示します。

運転席シートの高さ調整可能なシートリフター、ステアリングの高さを調整するチルトステアリングは最上級のGグレードのみの設定でコスト削減の色は隠せません。実際に展示車でシート位置やステアリング位置を確認することが大切です。

エアコン操作パネルは操作スイッチの大きなマニュアルエアコンのため操作性に優れています。オートエアコンは最上級のGグレードにのみ装備され、ムーヴなどと共通の操作パネルで見た目も操作性も優れています。オーディオは全車オーディオレスとなります。内装の材質はシンプルなプラスチック素材ですがキレイにまとまっているため価格は安いですがそれ以上の質感は保っています。

インパネシフトはハンドルから手が届きやすく、ひざ元にチェンジレバーが無いため足元にもゆとりがあります。インパネデザインが直線基調のためスッキリ感が高く、左右にはドリンクホルダーも装備されています。

スマートアシストⅢでライバルをリード

新型ミライースの自動ブレーキ性能は大幅に向上し上級車並みの自動ブレーキ性能を装備しました。緊急ブレーキは対車両では警報は100km/h、ブレーキは80km/hの速度まで対応しています。先代までの追突防止程度の30km/hまでの対応速度から大幅に進化しています。また、50km/hまでは歩行者認識も可能で安全性能を高めています。ライバル車のアルトやN-BOXは現在でも30km/hまでの自動ブレーキ性能のためスマートアシストⅢは一歩リードしています。

車線のはみだしを警報でお知らせする機能も装備し、オートマチックハイビーム、アクセルとブレーキの踏み間違え防止のため急発進抑制装置も装備されます。

ライバルはスズキアルト 値引きは渋い

値引きはもう少し待とう

値引き額は車両本体で0~2万円、販売店オプションのカーナビ装着の場合はオプションから5万円引きを狙いましょう。下取り車を除くトータルで5万円引きなら現時点では買いです。新型のため車両からの値引きは厳しい状況です。販売店オプションからの値引きを狙う方法ですが、高額なナビゲーションを装着しない場合には値引きが厳しい状況です。
納車費用などの諸費用、車庫証明が必要な地域では車庫証明費用をカットし少しでも総額を下げる努力が必要です。

これから9月の仮決算時期や年末商戦など時期を見据えての交渉が可能なユーザーはもう少し待ち、少しでも条件が良い状況で商談することをおススメします。

ライバルはアルト ピクシスエポックやプレオのOEM車も見よう

値引き獲得のためにはアルトの見積を用意しましょう。アルトは燃費性能などのスペック上はミライースより良くなっています。しかし、カタログには無い実用性能を高めた性能を営業スタッフはアピールしてきますので注意しましょう。

トヨタの販売店でピクシスエポック、スバルの販売店でプレオの商談も行い条件を確認することも大切です。特にトヨタでは軽自動車の販売には力を入れていないケースが多いため見積をお願いし条件をさらりと聞く程度で十分です。販売店オプション値引きで差が出る場合がありますので販売店オプション値引きだけはしっかり確認することが大切です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

低燃費&低価格の車!スズキアルト・ダイハツミライースどっちを買うべき?徹底比較します

軽自動車と言えども価格面では「軽」とは言えないほど高価になってきている軽自動車もあります。背高スライドドア軽自動車の車両価格はコンパクトカーの中心グレードよりも車両価格が高くなっています。趣味性にこだわらなければ、新車の軽自動車で車両価格100万円を切り、低燃費な軽自動車もあることを忘れてはいけません。室内の質感は価格相応ですが、広さは十分確保されています。その理由は軽自動車の全長、全幅最大のボティサイズで全て造られているためです。

今回はスズキとダイハツのライバル対決アルトとミラ。長年に渡りライバルとして競合しています。先代アルトエコとミライースシリーズは度重なる燃費対決を繰り広げてきました。今回比較の車種は2014年末にフルモデルチェンジしたアルトと2011に低燃費低価格「第三のエコカー」として登場から5年経過したミライースの比較です。ミライースはモデルチェンジが近くなっている噂もありますが両車の対決は健在です。

アルトはエネチャージとCVTの組み合わせのベーシックなLグレードに安全装備のレーダーブレーキサポート搭載グレード、ミライースは安全装備のスマートアシスト2が装備されるL SA2グレードで比較します。

写真 アルトL
出典 http://www.suzuki.co.jp/car/alto/detail/index_l.html


写真 ミライースL SA2
出典 http://www.daihatsu.co.jp/lineup/mira_e-s/02_grade.htm

エクステリア比較

四角基調のアルトと曲線基調のミライースはデザインで好みが分かれます。両車とも比較グレードはもっともベーシックなグレードのひとつ上のグレードで、外観上の違いはドアミラーとホイールです。ドアミラーはミライースがボディ同色でアルトはブラックです。外観上のカラーで上級グレードと共通なのはミライースです。また、アルトのホイールは13インチ、ミライースは14インチを採用しています。どちらも樹脂キャップ仕様です。

アルトL レーダーブレーキサポート装着車のスペック

全長3,395mm 全幅1,475mm 全高1,475mm
車両重量650kg
ハロゲンヘッドライト
ボディ同色バンパー
13インチスチールホイール+キャップ タイヤサイズ145/80R13

ミライースL SA2のスペック

全長3,395mm 全幅1,475mm 全高1,490mm
車両重量730kg
ハロゲンヘッドライト
ボディ同色バンパー
ボディ同色ドアミラー
14インチスチールホイール+キャップ タイヤサイズ155/65R14

両車とも全長全幅は軽自動車枠いっぱいのサイズです。ヘッドライトはどちらもハロゲンタイプが標準でディスチャージなど明るいタイプのヘッドライトは設定ありません。フォグランプの設定は両車販売店装着オプション設定です。

上級グレードと見劣りしないカラーリングのミライースにエクステリア比較ではアドバンテージがあります。アルトは設計の新しさがポイントです。

運動性能比較

アルトもミライースもエンジンはエコタイプ。アルトの車両重量は軽く、エンジンパワーもミライースを上回るためアルトの走りに軽快感があります。

アルトL レーダーブレーキサポート装着車のスペック

エンジン 直列3気筒12バルブDOHC
燃費対策 充電制御付アイドリングストップ装置、ロックアップ機構付トルコン、可変バルブタイミング、電動パワーステアリング、自動無段変速CVT
最高出力52馬力/6,500回転
最大トルク6.4kgm/4,000回転
JC08モード燃費37.0km/L
トランスミッションCVT
ブレーキ(前/後)ディスク/リーディングトレーリングドラム
フロントサスペンション マクファーソンストラット(スタビライザー付)
リヤサスペンション トーションビーム
最小回転半径 4.2m

ミライースL SA2のスペック

エンジン 直列3気筒12バルブDOHC
燃費対策 充電制御付アイドリングストップ装置、可変バルブタイミング、電動パワーステアリング、ロックアップ機構付トルコン、自動無段変速CVT
最高出力49馬力/6,800回転
最大トルク5.8kgm/5,200回転
JC08モード燃費35.2km/L
トランスミッションCVT
ブレーキ(前/後)ディスク/リーディングトレーリングドラム
フロントサスペンション マクファーソンストラット
リヤサスペンション トーションビーム
最小回転半径 4.4m

パワーと燃費の良さではアルトにアドバンテージがあります。アルトの燃費はトヨタのハイブリッドコンパクトカーのアクアと同等燃費のJC08モード37.0km/Lの低燃費を実現します。ミライースも35.2km/Lで軽自動車トップクラスの低燃費です。実際の燃費は両車20km/L前後で長距離ドライブで25km/L前後の燃費です。

アルトの車両重量はミライースよりも80kg軽い650kg。車重が軽くエンジンパワーはミライースよりも低い回転で高い出力を発生するため軽快感があります。また、タイヤ幅は145mmで細くホイールは13インチのため低燃費に貢献し、最小回転半径もミライースよりも小さいため取回し性能も優れています。

走行安定性ではミライースが若干有利。アルトよりも幅の広いタイヤと14インチホイールのため走行安定性が優れます。低燃費・取り回し性能と走行安定性はタイヤの性能で反比例します。

室内・使い勝手比較


アルトL インテリア
出典 http://www.suzuki.co.jp/car/alto/detail/index_l.html


ミライースL SA2インテリア
出典 http://www.daihatsu.co.jp/lineup/mira_e-s/02_grade.htm

両車実用重視のシンプルなインテリアです。両車インパネシフトのためフロントシート足回りにはゆとりがあります。リヤシートは短時間乗車用です。ヘッドレストも装備されません。ヘッドレストはミライースには販売店オプションで取り付け可能で8,400円で販売されています。

アルトL レーダーブレーキサポート装着車の装備

マニュアルエアコン
AM/FM電子チューナー&CDプレイヤー
レーダーブレーキサポート
パワーウインドウ
運転席シートヒーター

ミライースL SA2の装備

マニュアルエアコン
デジタルメーター(オレンジ発光)
AM/FM電子チューナー&CDプレイヤー
スマートアシスト
パワーウインドウ

エアコンは両車ベーシックなマニュアルタイプ。CDプレイヤーを装備し近場のみの利用でカーナビを必要としない場合には十分な装備内容です。リヤシートは一体可倒式のため乗車人数は2人か4人の選択で大きな荷物を積む際には2名のみの乗車です。

ミライースは全車デジタル表示のスピードメーターを採用しています。インパネ自体の高さを低く抑えることができ視認性も良好です。アルトには運転席シートヒーターが装備されます。冬場の季節にはうれしい装備です。

安全性能比較

安全性能比較は自動ブレーキシステムを含む先進安全装備がカギになります。
アルトもミライースも同等の安全性能です。スズキのレーダーブレーキサポートとダイハツのスマートアシスト2の自動ブレーキは30km/hまでの作動で追突防止程度の性能です。

サイドエアバックの装備も無く、リヤシートのヘッドレストもありません。リヤシートをフルで活用するユーザーにとっては、両車もう1グレードアップしリヤシートのヘッドレスト搭載モデルを選ぶことをおススメします。通勤通学のみ、普段の買い物のみでリヤシートは荷物置き場なら今回比較のグレードで十分です。

車両本体価格比較

アルトL レーダーブレーキサポート装着車 2WD 915,840円
ミライースL SA2 2WD  966,857円

車両本体価格はアルトが低価格です。実用性と動力性能を重視し価格も重視すればアルト、上級グレードと同等のデザインと乗り心地や走行安定性を重視するならミライースを選ぶことをおススメします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

20代男性にオススメのクルマはコレだ!軽自動車・普通自動車・ハイブリッド

若者のクルマ離れが進んでいると言われる中でもクルマを自分を主張したいユーザーも少なくありません。20年から30年前ならば2ドアスポーツタイプのクルマや大型セダンに憧れて、新車では購入できないから中古車探しに明け暮れ好きなクルマを見つけて、乗ったは良いが維持費にお金がかかり頭を悩ましたユーザーも多かった時代でした。

現在は、少しでもお金がかからない低燃費で維持費が安いクルマがあらゆる世代で人気で20代男性においてもあてはまります。クルマの走りやパワーは大事ですが、どちらかと言えば燃費性能重視、見た目のデザイン、カッコよさでクルマを選ぶ傾向にあります。どのようなクルマが20代男性に人気があるのか、軽自動車、コンパクトカー、SUVの3つのジャンルでトータルバランスに優れた、おススメの3車種をピックアップします。

軽自動車でおススメのクルマ

スズキワゴンRスティングレー


出典 http://www.suzuki.co.jp/car/wagonr_stingray/detail/
フルモデルチェンジしたばかりのワゴンRスティングレーはデザイン一新しスポーティになりました。全グレードにオート機能付LEDヘッドライトや、14インチアルミホイール、先進安全装備のデュアルセンサーブレーキサポート、オートエアコンなどの快適装備が標準装備されます。ハイブリッドXグレード以上マイルドハイブリッドシステムも搭載しハイブリッドXグレード2WD車の燃費はJC08モード33.4km/Lの低燃費を実現しています。

ハイブリッドX2WD車の車両価格は1,488,240円で背高軽自動車のスペーシアやタントの充実装備車と変わらない価格でエアロスポーティなスティングレーが購入できる魅力があります。

エアロバンパーやLEDヘッドライトも標準のためカスタムにお金をかけなくても十分カッコいいのも魅力です。純正アルミホイールは冬タイヤ用や下取りや売却時用に確保し、16インチから17インチアルミホイールでドレスアップしてみてはいかがでしょうか。

スズキワゴンRスティングレー価格帯

1,293,840円~1,779,840円 Lグレードセーフティパッケージ車は1,353,240円~

ホンダNボックスカスタム


出典 http://www.honda.co.jp/Nbox/webcatalog/type/custom/index.html
軽自動車で一番売れているNボックスは室内の広さはもちろんですがカッコよさも抜群です。特にワル顔になるカスタムシリーズは男性ユーザーに支持されています。カスタムG.Lパッケージ以上になると14インチアルミホイール、左側パワースライドドアが標準装備されます。プラズマクラスター機能付オートエアコンとディスチャージヘッドライトはカスタム全車標準装備で、自動ブレーキやカーテン&サイドエアバックを含むあんしんパッケージは全車にオプション設定です。

エンジンはノーマルエンジンとターボエンジンを用意していますが、ノーマルエンジンは軽自動車ナンバーワンの出力58馬力のためターボエンジン車を選ばなくてもキビキビ走ってくれる点も魅力的です。中心グレードのカスタムG.Lパッケージの車両価格は1,560,000円と価格は高めでフィットやデミオなどのコンパクトカーに手が届く価格帯です。軽自動車の扱いやすいコンパクトなボディサイズと税金の安さは魅力で小さくても室内は広々な点が人気のポイントです。

ホンダNボックスカスタム価格帯

1,490,000円~1,939,400円

スズキアルトワークス


出典 http://www.suzuki.co.jp/car/alto_works/detail/index.html
販売台数では爆発的に売れているわけではありませんが、20代クルマ好き男性にぜひおススメしたいクルマがスズキアルトワークスです。アルトターボRSのエンジンをさらにチューンナップしトルクを増強させ5MT車を設定しています。オートマ限定ユーザーには5AGSと呼ばれるシングルクラッチオートマチックも用意。しかし、安全装備のレーダーブレーキサポートは5AGS車に装備され5MT車には装備されません。さらに5AGS車にはパドルシフトも装備されノークラッチマニュアル走行が可能ですので5AGSの魅力も忘れてはいけません。オートエアコンやディスチャージヘッドライトは標準装備です。

アルトワークスは軽自動車で一番のスポーツ性能を誇ると言っても過言ではありません。軽スポーツの代表ともされるホンダS660よりもトルクでスペック上0.4kgm劣るものの車両重量は160kgも軽いためワークスの方が軽快で速いのです。さらに、乗車定員は4名荷物も積載可能の実用性も兼ね備えています。車両価格は2WD車で1,509,840円で5MT車も5AGS車も同一価格です。価格面でもホンダS660より約50万円安いのも魅力的です。

スズキアルトワークス価格帯

1,509,840円~1,617,840円

コンパクトカーでおススメのクルマ

ホンダフィット


出典 http://www.honda.co.jp/Fit/webcatalog/type/gasoline/
老若男女に支持されるホンダフィットは20代男性にもおススメです。インテリアデザインの質感は高くリヤシートも広く造られています。ガソリン車、ハイブリッド車をラインナップし、どちらも低燃費です。長距離走行がメインのユーザー以外はガソリン車がおススメです。1.3Lエンジンに無段変速CVTの組み合わせでJC08モード24.6km/Lの低燃費を実現しています。ボディ剛性も高く、静粛性にも優れているためミディアムセダンクラスに乗っている感覚です。

充実装備の1.3G Lパッケージなら自動ブレーキシステム、サイド&カーテンエアバックを含むあんしんパッケージ、LEDヘッドライト、クルーズコントロール、プラズマクラスター付オートエアコンが標準装備で十分満足できる装備内容です。車両価格は2WD車で1,562,000円で軽自動車並みの価格で購入できるのは魅力的です。

ホンダフィット価格帯

1,299,800円~2,221,000円

トヨタアクア


出典 http://toyota.jp/aqua/grade/grade3/
コンパクトハイブリッドのアクアはJC08モード37.0km/Lの低燃費で幅広い年齢層に支持されています。1.5Lの低燃費仕様ガソリンエンジンとモーターの組み合わせはモーターの力強い加速が味わえます。ストップ&ゴーの多い街乗りでは充電と放電を効率よく繰り返すことができるため街乗りでの燃費は良好です。走行用バッテリーが十分に残っている場合にはEVモードスイッチを押すことで概ね50km/hまでモーターのみでの走行が可能です。

上級Gグレードを選択すればトヨタの先進安全装備トヨタセーフティセンスCが装備され衝突軽減自動ブレーキや車線逸脱警報が装備されます。SグレードにはオプションですがSグレードにトヨタセーフティセンスCを装備するとGグレードの価格に近づきます。Gグレードにはクルーズコントロールも装備されます。Gグレードの車両価格は2,007,818円です。LEDランプパッケージでヘッドライトをLEDに変えることも可能でエアロパーツも豊富に用意されているところが20代男性に支持されています。しかし、トータルでの価格は高額になり、総額は250万円を突破するケースも見受けられます。

トヨタアクア価格帯

1,761,382円~2,100,109円

スズキスイフト


出典 http://www.suzuki.co.jp/car/swift/styling/
足回りの良さに定評のあるスズキスイフトが新型になり注目されています。モーターのみでの走行は出来ませんがマイルドハイブリッドを搭載したモデルもあります。マイルドハイブリッド搭載モデル2WD車のJC08モード燃費は27.4km/Lで軽自動車並みの低燃費を実現しています。実際の燃費は15km/L前後となりますが走る楽しさは忘れていません。デュアルジェットエンジンとCVTの組み合わせは完成度が増しスムーズな加速が味わえ、足回りも出だしは硬めですが速度が上がるにつれ路面をしっかりとらえ安定した走りを実現しています。実用性と低燃費、走りも楽しみたい男性にはおススメのスイフトです。

足回りが専用チューニングされたRSグレードがおススメ。ハイブリッドシステムを持つハイブリッドRSグレードがおススメです。デュアルセンサーブレーキサポートなど先進安全装備が装備されたセーフティパッケージ装着車2WDで車両価格は1,787,400円です。背の高い軽自動車のターボモデルと同等の価格帯で安全かつスポーティなスイフトハイブリッドRSが狙えます。

スズキスイフト価格帯

1,343,520円~1,941,840円

SUVでおススメのクルマ

日産エクストレイル


出典 http://www2.nissan.co.jp/X-TRAIL/exterior.html/
4WD車にはオールモード4×4を搭載し路面の状況に応じて100:0から50:50まで自動トルク配分しデフロックまで行う悪路走破性に優れたSUVです。車両価格は200万円台がメインで高性能&低価格で高い人気を得ています。ハイブリッドモデルも追加されモーターによる発進が可能なエクストレイルはガソリンモデルに比べ約4km/L燃費性能を伸ばしました。しかし距離を多く走らないユーザーはガソリンモデルをおススメします。車両価格の約26万円差はなかなか燃費で回収できません。エマージェンシーブレーキは全車に装備され安心です。

左右独立温度調整式オートエアコン、オートライトシステム、17インチアルミホイールを装備したXグレードがおススメです。20Xエマージェンシーブレーキ4WD 2列シート車で車両価格は2,619,360円です。時々3列シートを希望するユーザーはガソリンモデルに限り3列シート車も設定されています。ハイブリッド車には設定ありません。幅は3ナンバーサイズですが長さは5ナンバーサイズで扱いやすいエクストレイルは街乗りからアウトドアまで幅広く活躍します。

日産エクストレイル価格帯

2,238,840円~3,513,240円

スバルフォレスター


出典 http://www.subaru.jp/forester/forester/gallery/photo.html
まるで2WD車のような自然なハンドリングで定評があり、エンジン・トランスミッション・AWD・VDCを統合制御し、4輪の駆動力やブレーキなどを適切にコントロールするX-MODE搭載シンメトリカルAWDは悪路走破性も抜群です。アイサイト3搭載モデルもあり、2つのカメラを使い高いレベルでの車両や歩行者を認識し自動ブレーキ制御を実現しています。予防安全性能アセスメントにおいて、最高レベルの先進安全車「ASV++」を獲得しました。

LEDヘッドライト、17インチアルミホイール、前車追従機能式クルーズコントロール、左右独立温度調整式オートエアコン、アイサイト3を装備した2.0i-Lアイサイトの車両価格は2,689,200円です。エクストレイルと同価格帯でエンジン性能、燃費性能も同等のため選択に迷います。オフロード感の強い、より男性的な雰囲気を持つフォレスターはアウトドアでの用途が多いユーザーにおススメです。全車AWDかつサイド&カーテンエアバックを標準装備のため追加オプションが必要ないのも魅力のひとつです。

スバルフォレスター価格帯

2,149,200円~3,128,760円

マツダCX3


出典 http://www.mazda.co.jp/cars/cx-3/grade/?link_id=sbnv#cx-3
デミオをベースにワイドボティ化しSUVスタイルにしたのがCX3。ひと目でわかるマツダデザインとスカイアクティブテクノロジーをフルに搭載したCX3は1.5Lクリーンディーゼルエンジンのみのラインナップです。力強いボリューム感あるデザインと低燃費、ハンドリングの良さ、力強い加速感を両立し20代男性におススメのクルマです。マニュアルトランスミッションも各グレードに用意され操る楽しさを求めるユーザーにも対応しています。

オートエアコン、LEDヘッドライト、80km/hまで対応するアドバンスドスマートシティブレーキサポートは全車標準装備になり安全性能が強化されました。さらにXDプロアクティブ以上には車線逸脱警報システムや交通標識認識システム、前車追従型レーダークルーズコントロールを装備し安全面で強化、さらに18インチアルミホイールを装備し足回りを引き締めています。XDプロアクティブ6AT 2WD車の車両価格は2,592,000円です。2WD車でエクストレイルやフォレスターに迫る価格は4WD車は280万円を突破します。オフロード性能を求めずスタイルの良さと力強く低燃費なクリーンディーゼルに魅力を感じるユーザーにおススメです。

マツダCX3価格帯

2,376,000円~3,034,000円

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

2017人気新車比較!スズキワゴンRスティングレー・ダイハツムーヴカスタムターボモデルを徹底的にくらべます!

軽自動車の人気スポーティモデルスズキワゴンRスティングレーとダイハツムーヴカスタムのターボモデルを徹底比較します。

エアロバンパーやLEDヘッドライトなど人気の装備でカッコよく決まっている両車は老若男女問わず人気です。装備内容や内装の質感は普通車から乗り換えても安っぽさが感じられず、ターボモデルなら街乗りから高速までキビキビした走りでダウンサイジングユーザーにも人気です。

写真 ワゴンRスティングレーT
出典 http://www.suzuki.co.jp/car/wagonr_stingray/detail/

写真 ムーヴカスタムRS SA2
出典 http://www.daihatsu.co.jp/lineup/move_custom/03_exterior.htm

エクステリア比較

ワゴンRもムーヴも外観デザインはノーマル系は大人しく、カスタム系グレードはエアロバンパーを採用するなどワイルドなデザインです。特にワゴンRはノーマル系は四角のヘッドライトですがスティングレーは縦長のヘッドライトになりアメリカンテイストを感じさせています。ムーヴはLEDヘッドライトに加えライト外枠を囲むようにLEDのクリアランスランプが装飾されるように点灯しワイルド感を出しています。

ワゴンRスティングレーTのスペック

全長3,395mm 全幅1,475mm 全高1,650mm
車両重量800kg
LEDヘッドライト(オート機能付)
LEDフロントフォグランプ
15インチアルミホイール タイヤサイズ165/55R15
最小回転半径 4.6m

ムーヴカスタムRS SA2のスペック

全長3,395mm 全幅1,475mm 全高1,630mm
車両重量850kg
LEDヘッドライト(オート機能付)
LEDフロントフォグランプ
15インチアルミホイール タイヤサイズ165/55R15
最小回転半径 4.7m

両車とも全長全幅は軽自動車枠いっぱいのサイズで全高はワゴンRが20mm高い。見た目はほとんど一緒のスペックです。ヘッドライトも最新のLED方式を両車採用し夜間のまとまり感が高くなっています。アルミホイールもターボモデルは15インチのため両車共通でデザインの違いのみのため同等です。

ターボモデルはノーマルエンジンモデルは15インチホイールを採用していますので最小回転半径は大きめになります。0.1mワゴンRスティングレーが小回り性能に優れています。しかし軽自動車としては少々大きめですのでコンパクトカーと同等の取回し性能と考えた方が良いです。

運動性能比較

ワゴンRもムーヴもノーマルエンジンとターボエンジンを用意しています。スポーティで走りに余裕があるターボエンジンは両車ともキビキビ走行してくれます。新型ワゴンRスティングレーTはマイルドハイブリッドとターボの組み合わせです。

ワゴンRスティングレーTのスペック

エンジン 直列3気筒12バルブDOHC
燃費対策 ハイブリッドシステム、充電制御付アイドリングストップ装置、可変バルブタイミング、電動パワーステアリング、ロックアップ機構付トルコン、自動無段変速CVT
最高出力64馬力/6,000回転
最大トルク10.0kgm/3,000回転
モーター出力 3.1馬力
モータートルク 5.1kgm
JC08モード燃費28.4km/L
トランスミッションCVT
ブレーキ(前/後)ベンチレーテットディスク/リーディングトレーリングドラム
フロントサスペンション マクファーソンストラット(スタビライザー付)
リヤサスペンション トーションバー式(スタビライザー付)

ムーヴカスタムRS SA2のスペック

エンジン 直列3気筒12バルブDOHC
燃費対策 充電制御付アイドリングストップ装置、可変バルブタイミング、電動パワーステアリング、ロックアップ機構付トルコン、自動無段変速CVT
最高出力64馬力/6,400回転
最大トルク9.4kgm/3,200回転
JC08モード燃費27.4km/L
トランスミッションCVT
ブレーキ(前/後)ベンチレーテッドディスク/リーディングトレーリングドラム
フロントサスペンション マクファーソンストラット(スタビライザー付)
リヤサスペンション トーションビーム(スタビライザー付)

街乗りでの使い易さ、動力性能はワゴンRにアドバンテージがあります。最高出力のスペック上は同じですが、出足の加速感ではワゴンRの方がより低回転でパワーが出るのに加え、モーターアシストがあるため使い易さを感じます。ワゴンRは発進時にモーター発進が可能になり低燃費に貢献するのみでなく、エンジン始動音が静かになりました。エンジン再始動の際にはムーヴが金属音が聞こえるのに対して、ワゴンRは静かです。ワゴンRは車両重量が軽いことも街乗りの軽快感を更に高めています。

走行安定性は両車リヤサスペンションにも左右のねじれを調整するスタビライザーを装備することによりカーブでの安定感が抜群です。ムーヴは段差を乗り越える際にもしなやかで軽自動車とは思えない乗り心地を実現しています。また、両車フロントブレーキには2枚合わせで放熱性に優れたベンチレーテッド式を採用し高速走行からのブレーキングも安心です。ムーヴはターボ無しモデルでもフロントベンチレーテッドディスクブレーキを採用していますので乗り心地をトータルでみると若干ムーヴカスタムにアドバンテージがあります。

燃費性能はハイブリッドシステムを持つワゴンRにアドバンテージがあります。実際の燃費でもモーターアシストを持つワゴンRが燃費性能では有利です。しかし、高速走行になれば両車大差無くなります。街乗りなら加速感の強さと燃費の良さでワゴンR、長距離なら走行安定性でムーヴにメリットがあります

室内・使い勝手比較



ワゴンRスティングレーTのインテリア
出典 http://www.suzuki.co.jp/car/wagonr_stingray/interior/


ムーヴカスタムRSのインテリア
出典 http://www.daihatsu.co.jp/lineup/move_custom/04_interior.htm

ワゴンRもムーヴもインテリアの質感は高く軽自動車と思えない充実装備が魅力です。コンパクトカーと同等の質感を持っています。2000ccクラスのセダンから乗り換えても全く安っぽさが感じないのが魅力です。

ワゴンRスティングレーTの装備

プッシュコントロール式オートエアコン
自発光式メーター
ナビ装着時は8.0インチモニター
リヤシート独立スライド&リクライニング

出典 http://www.suzuki.co.jp/car/wagonr_stingray/luggage/

ムーヴカスタムRS SA2の装備

プッシュコントロール式オートエアコン
自発光式メーター
ナビ装着時は8インチモニター
リヤシート独立スライド&リクライニング

出典 http://www.daihatsu.co.jp/lineup/move_custom/04_interior.htm

装備内容は両車共通ですが、エアコンコントロールパネルやメーターパネルの上質感はムーヴにアドバンテージがあり高級感を感じます。ワゴンRは直線基調でスッキリしていますが、プラスチック感が隠せません。また、センターメーターを採用し視認性は良好ですがスポーティさと質感はムーヴカスタムにアドバンテージがあります。ナビは値引き交渉のやり易い販売店装着オプションで8インチのワイド画面がポイント。販売店オプションなら値引き拡大の材料になりますので積極的に選びましょう。純正品ですのでスッキリ装着可能です。

リヤシートは両車左右独立リクライニング&スライド機能を持ち使い勝手は抜群です。シートスライド量はムーヴが240mmのロングスライド機能を持っています。ワゴンRのスライド量は公表値はありませんが使い勝手に大差ありません。スライド量を重視するユーザーにはムーヴがおススメですが、写真の通りシートバックを倒した際にはムーヴはワゴンRのようにフラットにはなりません。ワゴンRはシートバックに連動して座面もスライドするためです。ムーヴはシートバックを倒しても座面は固定です。

シートの座り心地は個人差はあるかもしれませんが、ムーヴのシートが少々硬めです。フロントシートは両車サイズも問題なく疲れにくいシートですが、リヤシートは自然な姿勢がキープできるのはワゴンRでした。シートクッションの微妙な差ではありますが体形で個人差が出るかもしれませんので、展示車で確認してみる必要があります。リヤシートのシートバックはワゴンRに余裕があり座り心地も良好です。両車とも頭上空間、足元空間は余裕でコンパクトカー同等以上の快適さを確保しています。

安全性能比較

安全性能比較は自動ブレーキシステムを含む先進安全装備両車標準装備されます。先代モデルまでのワゴンRの自動ブレーキは30km/hまでの追突防止の性能しかありませんでした。しかし、新型は衝突軽減ブレーキは80km/hまで対応し警報は100km/hまで対応します。歩行者にも衝突軽減ブレーキを作動させることが可能になりました。

スマートアシスト2を装備するムーヴカスタムは国土交通省と独立行政法人自動車事故対策機構(NASVA)が実施する予防安全性能アセスメントにおいて、ムーヴは「ASV+」を軽自動車初の獲得で一歩先を行くようですが、衝突軽減ブレーキ性能は50km/hまでクルマに対しては100km/hまでの速度に対応し衝突防止警報が作動します。歩行者に対しては衝突軽減ブレーキは作動しません。歩行者は認識しますが警報のみです。ワゴンRのデュアルセンサーブレーキサポートが一歩先を行きます。

サイド&カーテンエアバックはワゴンRスティングレーTには標準装備されます。その他のワゴンRにはオプション設定すらありませんのでグレード選択時には注意が必要です。 スマートアシスト2装着車限定ですがムーヴカスタムにもサイド&カーテンエアバックはオプション設定されますので装着可能です。ホンダN-WGNの安心パッケージにはサイド&カーテンエアバックは標準装備されますので、ワゴンRには幅広いグレードで装備して欲しい装備です。

車両本体価格比較

ワゴンRスティングレーT 2WD 1,658,880円
ムーヴカスタムRS SA2  1,603,800円

車両本体価格は5.5万円ワゴンRスティングレーが高い設定です。しかし、ムーヴカスタムにサイド&カーテンエアバックを装備すると64,800円プラスされますので、サイドエアバック装備時にはワゴンRが若干安くなります。ほぼ同等価格と考えて問題ありません。

街乗りの動力性能と静粛性、燃費性能、シートアレンジ時の使い勝手とリヤシートの乗り心地をどちらかと言えば重視するならワゴンRスティングレー、長距離移動時の安定感とインテリアの上質感と先進安全性能をどちらかと言えば重視するならムーヴカスタムを選ぶことをおススメします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

新型スズキワゴンRスティングレー新車価格情報と、値引き購入のコツ2017!


出典 http://www.suzuki.co.jp/car/wagonr_stingray/detail/

スズキ ワゴンRスティングレーのスペック情報

スズキ ワゴンRスティングレーの価格帯

1,293,840円~1,779,840円(税込)

スズキ ワゴンRスティングレーのグレード情報

L、ハイブリッドX、ハイブリッドT
全車CVT 各グレードに4WD設定有り
Lにセーフティパッケージ装着車を用意、ハイブリッドX以上は標準装備

編集部おススメグレード ハイブリッドT (2WD) 1,409,400円(税込)

オートエアコン、プッシュ式スタートシステム、アルミホイール、LEDヘッドライト、フロント&リヤスタビライザー(2WD車)など一通りの快適装備が全車標準装備のスティングレーシリーズ。さらにデュアルセンサーブレーキサポート、誤発進抑制機能、車線逸脱警報機能、ふらつき警報機能、ヘッドアップディスプレイなどの最新予防安全装備はハイブリッドX以上に標準装備、Lグレードにセーフティパッケージを装着を用意し安全面にも不足ありません。

ハイブリッドTにはスポーティな走りが楽しめるターボエンジンを搭載。もちろんハイブリッドシステムも搭載されています。さらに15インチアルミホイール、クルーズコントロール、サイド&カーテンエアバック、パドルシフトがハイブリッドTにのみ装備されます。ハイブリッドXとの価格差は約17万円ですが、エンジンのみではなく装備面でも快適安全、スポーティな装備が満載ですのでおススメです。

ハイブリッドXはノーマルFZをよーく確認しよう

スティングレーシリーズの中間グレードハイブリッドXはサイド&カーテンエアバックの設定やクルーズコントロールの設定も無く、装備面ではノーマルシリーズのエアロパーツ装着グレードで顔つきもカッコいいFZグレードと共通です。価格差は約8万円スティングレーXが高く、デザインの好みの差です。

よりスポーティに生まれ変わったスティングレー

ワゴンRシリーズでもスポーティな位置づけとしてシリーズ化されているスティングレー。フロントヘッドライトはキャデラックで使用されているような縦長のキリッとしたデザインに、テールランプはクリアテールレンズを採用しました。

新プラットホーム採用とボティ骨格の強化による剛性、安全性のを高め普通車並みの乗り心地と走りを実現しました。車両価格はホンダフィット1.3Lモデルの上級グレードよりターボ車の価格は高くなりますが、軽自動車ならではの取り回しの良さとターボエンジンのパワーとスポーティさは十分に選ぶ価値があります。

ワゴンR共通の快適装備

新プラットホームを採用することによりエンジンルームをコンパクト化を実現し軽ワゴントップの室内長2,450mmを実現しリヤシートの快適性を高めました。

出典 http://www.suzuki.co.jp/car/wagonr_stingray/safety/
デュアルセンサーブレーキサポート装着車には運転席前方のダッシュボード上に、スピードやシフト位置、デュアルセンサーブレーキサポートの警告などを表示するヘッドアップディスプレイを装備しました。運転中、ドライバーの視線上に車速などを表示するため、ドライバーの視線移動や焦点の調節を減らし、安全運転に貢献します。不要の際には格納可能です。さらに、ハイブリッドTには45km/h~100km/hの範囲で速度を定速に保てるクルーズコントロールやステアリング部分でシフト操作が任意で出来るパドルシフトも採用しました。

ハイブリッド+ターボエンジンの実力は?

ターボエンジン+新小型モーターの組み合わせ

発電効率に優れたISG(モーター機能付発電機)により、ブレーキ操作やエンジンブレーキなどの減速エネルギーを利用して発電し、アイドリングストップ車専用バッテリーと専用リチウムイオンバッテリーに充電します。

クリープ走行時や減速時にエンジンが停止しエンジン停止時には「EV」の表示になります。これまでは走り出す前にエンジンが始動しましたが、新型ワゴンRは走り始めてからエンジンが作動し作動音も静かになり自然になりました。ターボエンジンは3,000回転で最大トルク10kgmを発揮させますので日常回転域で最大トルクが発生します。街乗りから高速クルージングまでストレスない加速が楽しめます。

ターボ車でも28.4km/Lの低燃費

グレードによって燃費差がありますがハイブリッドモデル2WD車はJC08モードクラストップ34.4km/Lの低燃費を実現しています。ターボエンジン搭載車でも28.4km/Lの低燃費を実現し長距離走行時にはノーマルエンジン車と燃費の差はほとんどなくなります

レッドスティッチによるスポーティな専用インテリア

出典 http://www.suzuki.co.jp/car/wagonr_stingray/interior/


直線基調のデザインで小物も置きやすいデザインはワゴンR共通ですが、インパネ部分やステアリング、シートに至るまで各パーツにレッドステッチを施しスポーティ感を高めています。

フロントシートはインパネ中央部の下への出っ張りが無いため解放感が抜群です。インパネ上部のフロントガラスへの干渉が無い低いデザインのため前方視界の視認性も良好です。リヤリートは左右独立リクライニング&スライドシートが装備されます。足元空間はスライドドアのスペーシアに匹敵するくらいの広さがあり、頭上空間も身長170cmの筆者の場合こぶし1個半入りました。また、シートバックが長いため肩付近までサポートしてくれますので快適なリヤシートです。中身がスポーティでも広さはワゴンRのノーマルモデルと共通です。

フラットになる荷室は使い勝手良好

荷物の量や長さに応じて、スライドや可倒が可能です。ワンアクションで倒すことが可能で倒した際にはフラットになりますので使い勝手が良好です。

出典 http://www.suzuki.co.jp/car/wagonr_stingray/luggage/

ダイハツムーヴカスタムと競合 値引きは渋いが期待できる

新型でも値引きは期待!10万円から15万円引きを狙おう

新型ワゴンRスティングレーの値引き目標は車両本体価格から8万円、販売店装着オプションはフロアマットやバイザーのみになると予想されます。また、Apple CarPlayを使うためにはメーカーオプションメモリーナビを装着しなければならず販売店オプションからの値引きが期待できません。しかし、Apple CarPlayが不要で販売店装着オプションナビを装着した場合には販売店オプション価格から5万円引きを狙いましょう。総額で13万円前後の値引きを狙いましょう。これからの決算時期は狙い目です。

ダイハツムーヴカスタムとの競合が鉄板。ホンダNワゴンカスタムの見積も用意しましょう。ムーヴカスタムにはオプションのカーテン&サイドエアバックが標準装備されクルーズコントロールも装備されます。スティングレーの装備にアドバンテージがあり新しいモデルであることから足元を見られないように注意しましょう。

異なる資本の販売店同士での競合も!

スズキの販売店は同じスズキアリーナでも資本が異なる販売店が同一地域にある場合があります。スズキアリーナ○○のように販売会社名が異なる場合には両方で見積もりを取ることも大切です。営業スタッフの知識や対応力を見ながら商談を進め販売店を選ぶことも値引き獲得には大切です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

新型スズキワゴンR新車価格情報と、値引き購入のコツ2017!


写真はFZ 出典 http://www.suzuki.co.jp/car/wagonr/detail/

写真はFX 出典 http://www.suzuki.co.jp/car/wagonr/detail/index_fx.html

スズキ ワゴンRのスペック情報

スズキ ワゴンRの価格帯

1,078,920円~1,530,360円(税込)

スズキ ワゴンRのグレード情報

FA、ハイブリッドFX、ハイブリッドFZ
全車CVT 各グレードに4WD設定有り
FAを除くグレードにセーフティパッケージ装着車を用意

編集部オススメグレード ハイブリッドFZ セーフティパッケージ 1,409,400円(税込)

オートエアコン、プッシュ式スタートシステム、14インチアルミホイール、シートリフター、LEDヘッドライト、フロント&リヤスタビライザー、本革巻ステアリングホイールなど快適なドライビングで出来る装備標準装備化されるのがFZグレード。さらにセーフティパッケージを装着しデュアルセンサーブレーキサポート、誤発進抑制機能、車線逸脱警報機能、ふらつき警報機能、ヘッドアップディスプレイなどの最新予防安全装備に不足ありません。

中間グレードのFXセーフティパッケージ装着車との価格差は約13.6万円。内容は、運転席シートリフター、本革巻ステアリングホイール、14インチアルミホイール、LEDヘッドライト、フロント&リヤスタビライザー、フロント&リヤのエアロバンパーやルーフエンドスポイラー、IRカット機能付フロントガラス、プレミアムUV&IRカットフロントドアガラスなど、価格差以上の快適装備と快適な足回りのため上級のFZグレードは魅力的です。

完成度の高いベーシックグレードFA

エネチャージ機能やデュアルセンサーブレーキサポートなどの先進機能は未装備ながら、ボディ同色バンパー、ドアミラー、アウトサイドドアハンドルのため外観はFXと変わらず、マニュアルエアコン、全席パワーウインドウを装備しリヤシートは上級グレード同様左右分割スライド&リクライニングが可能です。基本性能のみにこだわるなら消費税抜き価格なら車両本体で100万円を切るFAもおススメです。

スタイル一新 新型ワゴンR

背高軽自動車の中心となるワゴンRが2017年2月フルモデルチェンジしました。1993年に誕生して以来6代目のモデルになります。フロント、サイド、リヤのデザイン、インテリアデザインを一新しました。ノーマル系モデルでもFA&FXグレードとFZグレードではフロントマスクが若干異なります。また、スポーティなシリーズとして存在する「スティングレー」も同時にフルモデルチェンジしました。

新しい装備もたくさんの新型ワゴンR

新プラットホームを採用することによりエンジンルームをコンパクト化を実現し軽ワゴントップの室内長2,450mmを実現しリヤシートの快適性を高めました。

出典 http://www.suzuki.co.jp/car/wagonr/safety/
デュアルセンサーブレーキサポート装着車には運転席前方のダッシュボード上に、スピードやシフト位置、デュアルセンサーブレーキサポートの警告などを表示するヘッドアップディスプレイを装備しました。運転中、ドライバーの視線上に車速などを表示するため、ドライバーの視線移動や焦点の調節を減らし、安全運転をサポートします。不要の際には格納可能です。

上級グレードは走りが改善

ワゴンRはエアロモデルのスティングレーシリーズ以外には走行安定性を高めるスタビライザーは未装備でした。しかし、新型ワゴンRはFZグレード2WD車にはカーブでの走行安定性を保つスタビライザーをフロント&リヤに装備しました。ライバルのダイハツムーヴに走りの装備面で追いつきました。しかし、他のグレードには4WD車でフロントスタビライザーは装着されるものの2WD車には装備されません。

進化したハイブリッドの実力は?

従来の0.66Lエンジン+新小型モーターの組み合わせ

発電効率に優れたISG(モーター機能付発電機)により、ブレーキ操作やエンジンブレーキなどの減速エネルギーを利用して発電し、アイドリングストップ車専用バッテリーと専用リチウムイオンバッテリーに充電します。ここまでは従来のSエネチャージと同じですが、モーターの出力をアップさせることにより、クリープ時にはモーターのみで走行し、加速時にはモーターでエンジンをアシスト出来るようになりました。これまで以上に燃費の向上に期待できるハイブリッドシステムです。

クリープ走行時や減速時にエンジンが停止しエンジン停止時には「EV」の表示になります。これまでは走り出す前にエンジンが始動しましたが、新型ワゴンRは走り始めてからエンジンが作動し作動音も静かになり自然になりました。

33.4km/Lの低燃費

グレードによって燃費差がありますがハイブリッドモデル2WD車はJC08モードクラストップ34.4km/Lの低燃費を実現しています。三菱自動車のように大規模ではありませんがスズキも燃費不正があったのは事実です。試験方法等の改善により算定された数値で、それでも先代モデルよりわずかながらですが0.4km/L燃費アップしています。

セーフティパッケージで安心 レーダーブレーキサポートの進化版

新型ワゴンRのデュアルセンサーブレーキサポートはレーザーレーダー+カメラで前方の車両や歩行者を認識し衝突回避または被害軽減をサポートします。自車速度15km/h~100km/hまでの速度域で衝突軽減ブレーキの作動が可能で、従来の30km/hまでとは異なりあらゆる速度域での安全性が確保されました。歩行者には対歩行者は60km/hの速度まで対応しています。

夜間走行では前方や対向車が無い場合には自動でハイビームに切り替えるハイビームアシスト機能も加わりました。また、約60km/h~100km/hまでの速度域で車線逸脱警報とふらつき警報が作動し安全面が強化されました。

すっきり感の高い広いインテリア

出典 http://www.suzuki.co.jp/car/wagonr/interior/


直線基調のデザインで小物も置きやすいデザインです。アルトラパンに似たデザインでプラスチック感が高いインテリアです。しかし、エアコンやオーディオの操作性が高く、少々遠視点となるセンターメーターの視認性は良好です。FX以上にはタコメーターも装備されます。

フロントシートはインパネ中央部の下への出っ張りが無いため解放感が抜群です。インパネ上部のフロントガラスへの干渉が無い低いデザインのため前方視界の視認性も良好です。リヤリートは全グレードで左右独立リクライニング&スライドシートが装備されます。足元空間はスライドドアのスペーシアに匹敵するくらいの広さがあり、頭上空間も身長170cmの筆者の場合こぶし1個半入りました。また、シートバックが長いため肩付近までサポートしてくれますので快適なリヤシートです。

フラットになる荷室は使い勝手良好

荷物の量や長さに応じて、スライドや可倒が可能です。ワンアクションで倒すことが可能で倒した際にはフラットになりますので使い勝手が良好です。

出典 http://www.suzuki.co.jp/car/wagonr/luggage/

ダイハツムーヴと競合 値引きは渋いが期待できる

新型でも意外と引くかも!10万円から15万円引きを狙おう

新型ワゴンRの値引き目標は車両本体価格から7万円、販売店装着オプションはフロアマットやバイザーのみ。また、Apple CarPlayを使うためにはメーカーオプションメモリーナビを装着しなければならず販売店オプションからの値引きが期待できません。しかし、Apple CarPlayが不要で販売店装着オプションナビを装着した場合には販売店オプション価格から5万円引きを狙いましょう。総額で12万円前後の値引きを狙いましょう。

ダイハツムーヴとの競合が鉄板。ホンダNワゴンの見積も用意しましょう。Nワゴンのあんしんパッケージを選択した場合にはサイド&カーテンエアバックが装備されます。ムーヴX SA2にもオプション設定されています。ワゴンRには設定がありませんので、値引き目標または希望する額に持ち込む際には「サイドエアバックが選べなくてもワゴンRに乗りたい気持ちはあるので金額お願いします」と伝えるのも有効です。

登録済未使用車は見極めに注意

スズキの販売店では主に軽自動車ですがメーカーインセンティブのために年度末には自社名義で登録して実績を計上。メーカーからインセンティブを獲得する販売店も少なくありません。一度登録された未使用車は新車価格よりも安く購入できる傾向にありますので4月から5月にかけてスズキ販売店をチェックしましょう。

しかし、新車価格から20万円以上安い場合にはお得ですが、20万円未満なら新車を購入しましょう。新車なら3年全期間車検があり、新車購入時に加入できるメンテパックもお得です。値引きが少々期待できる以上20万円未満の登録済未使用車や試乗車販売車にお得感はありません

下取り車は買取店も含めて高値で売却

現在ご使用のクルマをできるだけ高く手放すことも大切。ネットによる一括査定で買取店同士競合させましょう。低年式で走行距離が多く明らかに値段がつかなそうなクルマの場合にはそのまま下取りに出すのも良い手です。買取価格3万円未満ならリサイクル料金分と自賠責未経過分でそのくらいなりますので買取店に出すのは止めて下取りに出しましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

新型スズキスイフト新車価格情報と、値引き購入のコツ2017!

02%e3%82%b9%e3%82%a4%e3%83%95%e3%83%88%e5%a4%96%e8%a6%b3
出典 http://www.suzuki.co.jp/car/swift/detail/index_xl.html

スズキスイフトのスペック情報

スズキスイフトの価格帯

1,343,520円~1,941,840円(税込)

スズキスイフトのグレード情報

XG、XL、ハイブリッドML、RS、RSt、ハイブリッドRS
RSとRStを除くグレードに4WDの設定あり
ハイブリッド系グレードとRStを除くグレードに5MT車設定有
XGを除くグレードにセーフティパッケージ設定有

編集部おススメグレード XLセーフティパッケージ装着車 2WD CVT 1,332,720円(税込)
ベーシックグレードながら、オートエアコンや横滑り防止装置、プッシュ式エンジンスタートシステム、サイド&カーテンエアバック、デュアルセンサーブレーキサポート、16インチアルミホイールなど標準装備されているXLセーフティパッケージ装着車がおススメです。ハイブリッドグレードが登場したためハイブリッドが前面に押し出されていますが、マイルドハイブリッドはアシストはわからないほどの出力のため従来のエンジンと大差ありません。RStを除き全車エネチャージ技術も加わった低燃費エンジンのデュアルジェットエンジン搭載が搭載されています。

RS系グレードはフロントサイドリヤに専用スポイラーを装備しシート表皮がRS専用になります。また、アルミホイールは専用タイプでサスペンションのダンパーが専用タイプで少々硬めになります。XLとハイブリッドMLの装備差はLEDヘッドランプが装着されるかどうかが一番の違い。XGを除き基本装備、安全装備で大差なくオートライトは標準装備されるXLセーフティパッケージが価格面を考慮してもお得なグレードです。

低重心でスタイリッシュ デミオを意識!?

先代スイフトから正常進化したと言っても良いスタイルです。4層コートされたバーニングレッドパールメタリックは名前の通りパールカラーとメタリックカラーが融合したボディカラーで厚みがあり上質な赤です。このカラーはオプション設定色のため21,600円プラス料金です。

レッドメタリック系のカラーはマツダデミオのイメージカラーです。デミオのレッドメタリックもオプション設定色でプラス料金が発生します。同じコンパクトカーでヘッドライトデザインも似ているためデミオを意識した開発だったと感じられます。

全長3,840mmのコンパクトカー

軽自動車よりも445mm長い全長は普通車としては扱いやすい長さ。幅は5ナンバーサイズいっぱいのサイズでワイド感があります。フロントフェンダーからリヤフェンダーにかけてボリュームあるスタイリングでスタイリッシュでスポーティなデザインです。

最小回転半径は4.8mで軽自動車並みの取回し性能ですがドアミラーでの後方視界があまり良くありません。ワイドなリヤフェンダーの影響で死界が大きくなりますので試乗でご確認ください。なお、メーカーオプションナビは全方位モニターが装備されますのでモニターと併用して安全確認をおススメします。

低燃費エンジンとCVTの相性改善?

新型スイフトのデュアルジェットエンジンとCVTの相性は大幅に改善されスムーズな走りです。

発進からの加速は先代スイフトよりも力強く伸びやかな加速です。3000回転近くでは排気音もスポーティな響きで決して不快な音ではありません。エコ志向のエンジンのため等速走行に入るとエンジン回転は大きく落ちます。ここから再加速時には若干のもたつきがありますが、気にするレベルではなく以前のスイフトと比較したら快適です。

デュアルジェットエンジンとは

低燃費&高出力を発揮させるために圧縮比を高めました。ただ単に圧縮比を高めると異常燃焼の発生が高まります。異常燃焼を防ぐために点火タイミングを遅らせたりすることで燃焼を制御し低燃費&高出力を実現しています。
また、回生エネルギーを利用してアイドリングストップ時の蓄電システム、エネチャージとの組み合わせでさらなる低燃費を実現しています。1.2Lエンジンながら1.5L車並みの出力と軽自動車並みの低燃費24.0km/Lを実現しています。

ハイブリッドがおススメから外れた理由

ごくわずかなモーターアシストは実際の走行ではほとんどわからないほどで、燃費数値はノーマルのデュアルジェットエンジン搭載車よりJC08モードで3.8km/L良い数値ですが実際には変わりません。車両本体価格は装備差も加味すると約10万円ほどの価格差がありますが、燃費差で埋められる金額ではありません。また、ハイブリッド試乗車での試乗区間平均燃費は15km/L。ストップ&ゴーが多かった点と暖房はオン、少々アクセル強めの操作でしたがカタログ燃費の約6割は少々期待外れ。燃費には過度な期待は禁物です。

直列3気筒1.0Lターボエンジンを新搭載のRSt

1.0Lエンジンで1.5Lエンジン並みのパワーを発揮するターボエンジンはRStに装備されトランスミッションはRStのみ6ATのトルコンATになります。このエンジンはスズキでインドで生産し日本にも導入されたバレーノに採用されたエンジンと同じですが、スイフト用はレギュラーガソリン仕様でスペックはバレーノよりも落とされています。

1,700回転から4,500回転までフラットに最大トルクを発揮します。スペックは1.5Lエンジン車並みですが実際には2.0Lエンジン車並みのパワーを感じます。

軽量高剛性の新プラットフォームHEARTECTを採用

新型スイフトは、構造や部品の配置を全ての面で新しくすることで、アンダーボディーを理想的な骨格構造とし、基本性能の向上と軽量化を両立しました。またサスペンション部品も骨格の一部として利用し、骨格同士が結合する強い部分を部品の固定に利用することで補強部品を削減しました。このことから、ボディー剛性を向上させながら軽量化を実現しました。全車車両重量は1t未満のため重量税も負担軽減です。軽自動車ワゴンRの4WD車並みの車両重量です。

スポーティでしっかり感が伝わる足回り

欧州のハイウェイやワインディングを徹底的に走り込み、路面の追従性や走行安定性、コーナリング性能を高めるとともに、しなやかで軽快な乗り心地を実現しました。

低速時は段差をコトコト乗り越える感覚が少々硬い足回りを印象付けますが、ボティが歪み、変にねじれることがありませんので一体感があります。いざ走り出すと不快な硬さは無く欧州コンパクト車のような軽快さを感じます。ハンドリングも素直で自然で先に述べたデュアルジェットエンジンとCVTの組み合わせがベストマッチのため気持ちいい走りが楽しめます。人馬一体の感覚はデミオを凌ぐ印象です。

スポーティなインテリア 質感良好

02%e3%82%b9%e3%82%a4%e3%83%95%e3%83%88%e5%86%85%e8%a3%85a
02%e3%82%b9%e3%82%a4%e3%83%95%e3%83%88%e5%86%85%e8%a3%85b
出典 http://www.suzuki.co.jp/car/swift/interior/
リストウォッチのような立体的なデザインのメーターは高級感あるデザインで垂直指針を採用しスポーティです。しかし、実用域の40km/hから60km/h付近が左下にありますので、視認性には慣れが必要です。

ナビ、オーディオ周りはスッキリしプラスチックの質感も良好です。全車オートエアコンを採用していますがセンターコンソール下部に位置するため操作性が気になります。また、エアコンスイッチ周りの質感は軽自動車と同等レベルです。

快適になったリヤシート

新型スイフトのフロントシートはクッションにも余裕があり長時間ドライブでも十分快適なシートです。リヤシートは先代スイフトの課題でもありました。特に足元空間に余裕がなかったのに対し新型は足元空間に余裕が生まれました。また、前席シート下に足がスポッと入る隙間がありますので快適さが向上しています。デミオと比較しアドバンテージを得ている部分でもあります。ただし、頭上空間には余裕ありません。身長180cmの大人の人が乗車の際には天井に頭がついてしまいます。

分割可倒式リヤシート

02%e3%82%b9%e3%82%a4%e3%83%95%e3%83%88%e5%86%85%e8%a3%85c
出典 http://www.suzuki.co.jp/car/swift/luggage/
ハッチバック車の使い勝手を左右するリヤシートの分割可倒ですが、新型スイフトにももちろん採用されています。ただ長い荷物を運ぶには問題ありませんが、写真のようにシートバックのみの可倒になりますので段差が生じます。

デミオとの競合が効果的 別資本スズキ販売店競合も

新型スイフトは同じコンパクトスポーツのマツダデミオ、少々ボディサイズが長い日産ノートeパワーとの競合がベスト。「欧州車イメージ」「スポーティ重視」から見るとデミオ1.5クリーンディーゼルモデルが最適です。

5万円から10万円の値引きを狙おう!

新型スイフトは登場したばかりで値引きは少なめでトータルで8万円引きを目指しましょう。下取支援で下取り価格が0円でも最低5万円(2017年1月現在)保証されていますので実質の値引きです。本体から3万円前後で合計8万円。さらに販売諸経費から車庫証明関係、納車費用等で約2万円のカットで10万円引きも狙えます。

メーカーオプションナビがネック?

フルセグTV+DVD、CDプレイヤー内臓で全方位モニターが付いたナビゲーションが142,560円のメーカーオプション価格で設定されています。さらにアップルカープレイも搭載されiフォンユーザーはスマートフォンと一体操作が可能なナビゲーションです。なぜ、ネックなのか?メーカーオプションなら販売店装着オプションのように値引きが無いからです。また、価格がメーカーオプションでも高価でないために選びたい装備になっているためです。

異色な販売網を有効活用しよう

自動車メーカーの販売店は各県毎、マツダは東北や関東などエリアごとに販売店があります。しかしスズキは地域によっては異なる資本のスズキアリーナが存在します。北海道、宮城県、三重県には各地のスズキアリーナの他にスズキ自販関東があります。異なる資本のスズキアリーナで競合してみましょう。しかし、値引き額が少ないため効果はあまり期待できませんが販売施策が異なる場合にはお得な場合があります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

小型の人気車!ホンダN-BOX・ダイハツタントを徹底比較。価格・燃費・グレードまで

背高軽自動車の代表格であるN-BOXとタント。リヤドアは乗降性に優れたスライドドアを採用しています。今回比較対象のグレードはどちらも左側は電動パワースライドドアを装備(右側はオプション)しています。2016年上半期軽自動車販売台数1位のN-BOXと2位のタントは、子育て世代のみに関わらず、コンパクトカーやミディアムセダンからのダウンサイジングユーザーにもマッチし幅広い年代層に人気を得ています。

同ジャンルにはスズキスペーシアもありますがスペーシアの約2倍の販売台数を誇るN-BOXと僅差で追従したタントを徹底比較。両車の人気グレードのN-BOX G-LパッケージとタントX SA3を徹底比較してみましょう。
22nbox%e6%af%94%e8%bc%83%e5%a4%96%e8%a6%b3
写真 N-BOX G-Lパッケージ
出典 http://carview.yahoo.co.jp/ncar/catalog/honda/n-box/F001-M006/image/?img=1
22%e3%82%bf%e3%83%b3%e3%83%88%e6%af%94%e8%bc%83%e5%a4%96%e8%a6%b3
写真 タントX SA3
出典 https://www.daihatsu.co.jp/lineup/tanto/02_grade.htm

エクステリア比較

N-BOXもタントも外観デザインはサイドからのデザインはほぼ共通なデザインです。両車には今回取り上げるノーマル系グレードに比べカスタムと呼ばれるモデルもあります。ノーマル系グレードは大人しいデザインですが安全ボディや足回りの基本性能はもちろん共通です。両車ともホイールはスチール+キャップのスタイルが標準です。

リヤドアはスライドドアですが、特にタントは左側ドアに特徴があり、助手席ドアとリヤドアを開けるとピラーレスの「ミラクルオープンドア」と呼ばれる大開口部が現れます。ミラクルオープンドアを使用しない場合にはタントよりN-BOXの方がスライドドア開口部が35mm広いためN-BOXの方が乗降性に優れる結果になります。

N-BOX G-Lパッケージのスペック

全長3,395mm 全幅1,475mm 全高1,780mm
車両重量950kg
ハロゲンヘッドライト
ディスチャージヘッドライトはメーカーオプションで65,200円
14インチスチールホイール+キャップ タイヤサイズ155/65R14

タントX SA3のスペック

全長3,395mm 全幅1,475mm 全高1,750mm
車両重量930kg
ハロゲンヘッドライト(オート機能付)
LEDヘッドライトはメーカーオプションで54,000円
14インチスチールホイール+キャップ タイヤサイズ155/65R14

両車とも全長全幅は軽自動車枠いっぱいのサイズで全高はN-BOXが30mm高いスペックです。見た目はほぼ共通のスペックです。室内空間もほぼ同等ですが、N-BOXが35mm高く僅かなアドバンテージがあります。

ヘッドライトはどちらもハロゲンタイプが標準。両車ともノーマル系グレードは明るいヘッドライトはオプション設定です。N-BOXはディスチャージヘッドライト、タントはLEDヘッドライトでオプション価格はタントのLEDが若干お求めやすい価格設定です。

タントのヘッドライトには標準でオート機能が装備されオプション時には最先端のLEDタイプがN-BOXのディスチャージタイプよりも安い価格のためタントの装備に魅力を感じます。

運動性能比較

N-BOXもタントもノーマルエンジンとターボエンジンを用意していますが、売れ筋のノーマルエンジン+充実装備のグレードを比較します。

N-BOX G-Lパッケージのスペック

エンジン 直列3気筒12バルブDOHC
燃費対策 アイドリングストップ装置、可変バルブタイミング、電動パワーステアリング、自動無段変速CVT
最高出力58馬力/7,300回転
最大トルク6.6kgm/4,700回転
JC08モード燃費25.6km/L
トランスミッションCVT
ブレーキ(前/後)ディスク/リーディングトレーリングドラム
フロントサスペンション マクファーソンストラット(スタビライザー付)
リヤサスペンション 車軸式

タントX SA3のスペック

エンジン 直列3気筒12バルブDOHC
燃費対策 充電制御付アイドリングストップ装置、可変バルブタイミング、電動パワーステアリング、ロックアップ機構付トルコン、自動無段変速CVT
最高出力52馬力/6,800回転
最大トルク6.1kgm/5,200回転
JC08モード燃費28.0km/L
トランスミッションCVT
ブレーキ(前/後)ベンチレーテッドディスク/リーディングトレーリングドラム
フロントサスペンション マクファーソンストラット(スタビライザー付)
リヤサスペンション トーションビーム(スタビライザー付)

パワーと使い易さではN-BOXにアドバンテージがあります。最高出力のスペックは軽自動車ノーマルエンジン最高の58馬力を発揮します。出足の加速感もN-BOXの方がより低回転でトルクが出るため使い易さを感じます。エンジンの静粛性も抜群で発進から60km/hまでの加速は普通車と変わらないレベルでCVTとの相性も抜群です。また、N-BOXのターボエンジンモデルは僅か2,600回転で10.6kgmの最大トルクを発揮しますのでストレスフリーでスポーティな走りが楽しめます。

燃費性能と走行安定性ではタントにアドバンテージがあります。充電制御付のアイドリングストップ機能によりN-BOXと比較し2.4km/Lの燃費差があります。リヤサスペンションにも左右のねじれを調整するスタビライザーを装備することによりカーブでの安定感が抜群です。また、ブレーキもムーヴはフロントには2枚合わせで放熱性に優れたベンチレーテッド式を採用し高速走行からのブレーキングも安心です。N-BOXは4WDのみベンチレーテッド式を採用していますので4WD車同士なら差が無くなります。

室内・使い勝手比較

22nbox%e6%af%94%e8%bc%83%e5%86%85%e8%a3%85a
22nbox%e6%af%94%e8%bc%83%e5%86%85%e8%a3%85b
N-BOXインテリア
出典 http://www.honda.co.jp/Nbox/webcatalog/type/normal/
22%e3%82%bf%e3%83%b3%e3%83%88%e6%af%94%e8%bc%83%e5%86%85%e8%a3%85a
22%e3%82%bf%e3%83%b3%e3%83%88%e6%af%94%e8%bc%83%e5%86%85%e8%a3%85b
タントインテリア
出典 http://www.daihatsu.co.jp/lineup/tanto/04_interior.htm

N-BOXもタントもどちらもリヤシート足元空間は広々です。ミディアムクラスミニバンのセカンドシートと同等の広さを持ち大人4人快適に乗車できるスペースが確保されています。

N-BOXがステアリングの奥に計器類、タントがセンターメーターを採用しています。センターメーターは慣れが必要ですが慣れれば前方視界からの視線の移動が少なく視認性にすぐれます。タントはセンターメーターの恩恵もあり運転席前方にも収納スペースがあり収納面では使い勝手良好です。

N-BOX G-Lパッケージの装備

プッシュコントロール式オートエアコン
自発光式メーター
ナビ装着時は8.0インチモニター
リヤシート独立スライド&リクライニングはメーカーオプション設定で32,600円(スライド量190mm左右独立)
22nbox%e6%af%94%e8%bc%83%e5%86%85%e8%a3%85c
出典 http://www.honda.co.jp/Nbox/webcatalog/interior/utility/

タントX SA3の装備

プッシュコントロール式オートエアコン
自発光式メーター
ナビ装着時は8.0インチモニター
リヤシート独立スライド&リクライニング(スライド量240mm左右独立)
22%e3%82%bf%e3%83%b3%e3%83%88%e6%af%94%e8%bc%83%e5%86%85%e8%a3%85c
出典 http://www.daihatsu.co.jp/lineup/tanto/04_interior.htm

エアコンは両車オートエアコンを標準装備していますので快適です。操作性も良好でどちらかと言えばN-BOXの方がシフトレバーに隠れるボタンが少ないため操作性に優れています。どちらもナビゲーション画面装着位置は視認性に優れた位置にあります。ナビは値引き交渉のやり易い販売店装着オプションで8インチのワイド画面がポイントです。

タントのリヤシートは両車左右独立リクライニング&スライド機能を持ち使い勝手は抜群です。タントのリヤシートスライド量は240mmです。N-BOXのリヤシートのシートスライドは当初ありませんでしたが改良時にグレード別オプション設定となりました。G-Lパッケージにはオプション設定されます。シートスライド量は190mmのためタントに50mmのアドバンテージがあります。

スライド量を重視するユーザーにはムーヴがおススメですが、写真の通りシート格納、アレンジが異なりN-BOXは床面から跳ね上げ式になります。高さの高い荷物を積む際には有利で自転車も積みやすくなります。写真のようにベビーカーを両車そのまま積載可能ですが、積載方法が異なりますので一長一短です。N-BOXのリヤシートスライド機能はぜひ選択したいオプションです。

フロントシートは両車サイズも問題なく疲れにくいシートです。リヤシートは両車快適でどちらが良いというほどの差がありません。両車とも頭上空間、足元空間は余裕でミディアムセダン以上の快適さを確保しています。

安全性能比較

安全性能比較は自動ブレーキシステムを含む先進安全装備がカギになります。
スマートアシスト3を標準装備するタントにアドバンテージがあります。自動ブレーキの作動速度が80km/hまで上がり、警報機能は100km/hまで上がりました。高速域まで幅広いアシストが実現します。また、歩行者認識、車線逸脱警報、前後誤発進抑制機能が装備されました。サイド&カーテンエアバックは最上級のG SA3にのみオプション設定され他のグレードには設定されないのが残念です。

N-BOXは自動ブレーキを含む「あんしんパッケージ」はサイド&カーテンエアバッグとセットで61,960円のオプション設定です。サイド&カーテンエアバッグは魅力的ですが、ぶつからずに済む技術または軽減する技術の自動ブレーキは30km/hまでの追突防止目的の自動ブレーキで歩行者認識に対応していません。車線逸脱防止や誤発進抑制機能がありません。

安全性能では普通車の上級クラス並みの先進安全性能スマートアシスト3を持つタントにアドバンテージがあります。さらにはサイド&カーテンエアバッグの設定が広がれば完璧です。

車両本体価格比較

N-BOX G-Lパッケージ 2WD 1,370,000円
タントX SA3  2WD  1,420,200円

車両本体価格はN-BOXが低価格に見えますが、自動ブレーキを含む「あんしんパッケージ」を選択するとタントの価格を若干オーバーします。同じようなスタイルの両車ですが、細かい部分、装備面で一長一短ですので、くわしい装備内容やデザイン、試乗しての乗り心地や使い易さで気に入った方を選びましょう。

商談の際には欲しいクルマの短所部分にライバル車の長所をぶつけて値引きの拡大につなげましょう。どちらも確実に人気車種ですので競合の効果は抜群です。

走りのN-BOXと機能性のタント

抜群の動力性能と静粛性、室内の高さ、サイド&カーテンエアバッグをどちらかと言えば重視するならN-BOX、低燃費と先進安全性能、リヤシートのスライド機能の使い易さをどちらかと言えば重視するならタントを選ぶことをおススメします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

人気ランキング上位の軽自動車!「スズキワゴンR」VS「ダイハツムーヴ」徹底比較2017

軽自動車の中心核となるワゴンRとムーヴ。車高が高いがダイハツタントやスズキスペーシアのように高すぎず走行安定性も確保され価格も10万円から20万円抑えられており、室内も広々で使い易いサイズのため人気です。どちらも、ワゴンRはスティングレー、ムーヴはカスタムと呼ばれるワイルドかつスポーティなモデルを用意し老若男女に親しまれています。

人気グレードのワゴンRスティングレーXとムーヴカスタムX SA2を徹底比較してみましょう。
20%e3%83%af%e3%82%b4%e3%83%b3r%e6%af%94%e8%bc%83%e5%a4%96%e8%a6%b3
写真 ワゴンRスティングレーX
出典 http://www.suzuki.co.jp/car/wagonr_stingray/detail/index_x.html 20%e3%83%a0%e3%83%bc%e3%83%b4%e6%af%94%e8%bc%83%e5%a4%96%e8%a6%b3
写真 ムーヴカスタムX SA2
出典 http://www.daihatsu.co.jp/lineup/move_custom/02_grade.htm

エクステリア比較

ワゴンRもムーヴも外観デザインはノーマル系は大人しく、カスタム系グレードはワイルドなデザインです。特にワゴンRはノーマル系は縦長のヘッドライトですがスティングレーは横長のヘッドライトになり大きくイメージが変わります。ムーヴはLEDヘッドライトに加えライト外枠を囲むようにLEDのクリアランスランプが装飾されるように点灯しワゴンRスティングレーよりもワイルド感を出しています。

ワゴンRスティングレーXのスペック

全長3,395mm 全幅1,475mm 全高1,630mm
車両重量830kg
ディスチャージヘッドライト(オート機能付)
LEDフロントフォグランプ
14インチアルミホイール タイヤサイズ155/65R14

ムーヴカスタムX SA2のスペック

全長3,395mm 全幅1,475mm 全高1,660mm
車両重量800kg
LEDヘッドライト(オート機能付)
LEDフロントフォグランプ
14インチアルミホイール タイヤサイズ155/65R14

両車とも全長全幅は軽自動車枠いっぱいのサイズで全高はムーヴが30mm高い。見た目はほとんど一緒のスペックです。ヘッドライトデザインは最新のLED方式を採用したムーヴカスタムが夜間のまとまり感が高くなっています。ワゴンRもディスチャージヘッドライトを標準装備しています。アルミホイールも14インチで両車共通でデザインの違いのみで同等です。

運動性能比較

ワゴンRもムーヴもノーマルエンジンとターボエンジンを用意していますが、売れ筋のノーマルエンジン+充実装備のグレードを比較します。

ワゴンRスティングレーXのスペック

エンジン 直列3気筒12バルブDOHC
燃費対策 ハイブリッドシステム、充電制御付アイドリングストップ装置、可変バルブタイミング、電動パワーステアリング、ロックアップ機構付トルコン、自動無段変速CVT
最高出力52馬力/6,500回転(モーター2.2馬力)
最大トルク6.4kgm/4,000回転(モーター4.1kgm)
JC08モード燃費33.0km/L
トランスミッションCVT
ブレーキ(前/後)ディスク/リーディングトレーリングドラム
フロントサスペンション マクファーソンストラット(スタビライザー付)
リヤサスペンション アイソレーテッドトレーリングリンク

ムーヴカスタムX SA2のスペック

エンジン 直列3気筒12バルブDOHC
燃費対策 充電制御付アイドリングストップ装置、可変バルブタイミング、電動パワーステアリング、ロックアップ機構付トルコン、自動無段変速CVT
最高出力52馬力/6,800回転
最大トルク6.1kgm/5,200回転
JC08モード燃費31.0km/L
トランスミッションCVT
ブレーキ(前/後)ベンチレーテッドディスク/リーディングトレーリングドラム
フロントサスペンション マクファーソンストラット(スタビライザー付)
リヤサスペンション トーションビーム(スタビライザー付)

街乗りでの使い易さはワゴンRにアドバンテージ。最高出力のスペック上は同じですが、出足の加速感ではワゴンRの方がより低回転でパワーが出るため使い易さを感じます。ワゴンRのSエネチャージの時にはモーターのアシストが1回6秒だったのが、新型では30秒に拡大されました。また、エンジン再始動の際にはムーヴが金属音が聞こえるのに対して、ワゴンRはベルト始動のため静かです。ワゴンRは車両重量が軽いことも街乗りの軽快感を高めています。

しかし、走行安定性はムーブにアドバンテージ。リヤサスペンションにも左右のねじれを調整するスタビライザーを装備することによりカーブでの安定感が抜群です。また、段差を乗り越える際にもしなやかで軽自動車とは思えない乗り心地を実現しています。また、ブレーキもムーヴはフロントには2枚合わせで放熱性に優れたベンチレーテッド式を採用し高速走行からのブレーキングも安心です。

燃費性能は簡易的なハイブリッドシステムを持つワゴンRにアドバンテージ。実際の燃費でもモーターアシストを持つワゴンRが燃費性能では有利です。しかし、高速走行になれば両車大差無くなります。街乗りなら加速感の強さと燃費の良さでワゴンR、長距離なら走行安定性でムーヴにメリットがあります

室内・使い勝手比較

20%e3%83%af%e3%82%b4%e3%83%b3r%e6%af%94%e8%bc%83%e5%86%85%e8%a3%85a
20%e3%83%af%e3%82%b4%e3%83%b3r%e6%af%94%e8%bc%83%e5%86%85%e8%a3%85b
ワゴンRインテリア
出典 http://www.suzuki.co.jp/car/wagonr_stingray/interior/
20%e3%83%a0%e3%83%bc%e3%83%b4%e6%af%94%e8%bc%83%e5%86%85%e8%a3%85a
20%e3%83%a0%e3%83%bc%e3%83%b4%e6%af%94%e8%bc%83%e5%86%85%e8%a3%85b
ムーヴインテリア
出典 http://www.daihatsu.co.jp/lineup/move_custom/02_grade.htm

ワゴンRもムーヴもインテリアの質感は高く普通車と同等の質感を持っています。2000ccクラスのセダンから乗り換えても全く安っぽさが感じないのが魅力です。

ワゴンRスティングレーXの装備

プッシュコントロール式オートエアコン
自発光式メーター
ナビ装着時は6.2インチモニター
リヤシート独立スライド&リクライニング(スライド量160mm左右独立)
20%e3%83%af%e3%82%b4%e3%83%b3r%e6%af%94%e8%bc%83%e5%86%85%e8%a3%85c
出典 http://www.suzuki.co.jp/car/wagonr_stingray/luggage/

ムーヴカスタムX SA2の装備

プッシュコントロール式オートエアコン
自発光式メーター
ナビ装着時は8インチモニター
リヤシート独立スライド&リクライニング(スライド量240mm左右独立)
20%e3%83%a0%e3%83%bc%e3%83%b4%e6%af%94%e8%bc%83%e5%86%85%e8%a3%85c
出典 http://www.daihatsu.co.jp/lineup/move_custom/04_interior.htm

装備内容は両車共通ですが、エアコンコントロールパネルやメーターパネルの上質感はムーヴにアドバンテージがあり高級感を感じます。ナビは値引き交渉のやり易い販売店装着オプションで8インチのワイド画面がポイント。ワゴンRのナビ画面は6.2型と比べてしまうと小さい画面になります。ワゴンRのメーカーオプションナビは小さ目ですが、オーディオレスで車両を購入しスズキ販売店オプションでナビを選択すればムーヴ同様の8インチモデルが選択できます。販売店オプションなら値引き拡大の材料になりますので積極的に選びましょう。純正品ですのでスッキリ装着可能です。

リヤシートは両車左右独立リクライニング&スライド機能を持ち使い勝手は抜群です。しかしシートスライド量はムーヴに80mmのアドバンテージがあります。スライド量を重視するユーザーにはムーヴがおススメですが、写真の通りシートバックを倒した際にはムーヴはワゴンRのようにフラットにはなりません。ワゴンRはシートバックに連動して座面もスライドするためです。ムーヴはシートバックを倒しても座面は固定です。

シートの座り心地は個人差はあるかもしれませんが、ムーヴのシートが少々硬めです。フロントシートは両車サイズも問題なく疲れにくいシートですが、リヤシートは自然な姿勢がキープできるのはワゴンRでした。シートクッションの微妙な差ではありますが体形で個人差が出るかもしれませんので、展示車で確認してみる必要があります。両車とも頭上空間、足元空間は余裕でコンパクトカー同等以上の快適さを確保しています。

安全性能比較

安全性能比較は自動ブレーキシステムを含む先進安全装備がカギになります。
スマートアシスト2を装備するムーヴにアドバンテージがあります。ワゴンRスティングレーは国土交通省と独立行政法人自動車事故対策機構(NASVA)が実施する予防安全性能アセスメントにおいて、先進安全車「ASV」を獲得しました。ムーヴは「ASV+」を軽自動車初の獲得で一歩先を行きます

ワゴンRに装備されるレーダーブレーキサポートは30km/hまでの追突防止目的の自動ブレーキで歩行者認識に対応していません。ムーヴのスマートアシスト2は50km/hまでの自動ブレーキと歩行者認識警報を装備します。また、クルマに対しては100km/hまでの速度に対応し衝突防止警報が作動します。スマートアシスト2装着車限定ですがムーヴにはサイド&カーテンエアバックもオプション設定されますが、ワゴンRには設定ありません。ホンダN-WGNの安心パッケージにはサイド&カーテンエアバックは標準装備されますので、ワゴンRにはぜひ追加装備して欲しい装備です。

車両本体価格比較

ワゴンRスティングレーX 2WD 1,465,560円
ムーヴカスタムX SA2 2WD  1,468,800円

車両本体価格は両車ほぼ同じです。装備内容やデザイン、試乗しての乗り心地やハンドリングで気に入った方を選びましょう。

街乗りの動力性能と静粛性、燃費性能、シートアレンジ時の使い勝手とリヤシートの乗り心地をどちらかと言えば重視するならワゴンRスティングレー、長距離移動時の安定感とインテリアの上質感と先進安全性能をどちらかと言えば重視するならムーヴカスタムを選ぶことをおススメします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

新型トヨタタンク&ルーミー新車価格情報と、値引き購入のコツ2017!

タンク
13%e3%82%bf%e3%83%b3%e3%82%af%e5%a4%96%e8%a6%b3
出典 http://toyota.jp/tank/grade/cs_g_t/?padid=ag341_from_tank_grade_cs_gt_detail_thumb
ルーミー
13%e3%83%ab%e3%83%bc%e3%83%9f%e3%83%bc%e5%a4%96%e8%a6%b3
出典 http://toyota.jp/roomy/grade/cs_g_t/?padid=ag341_from_roomy_grade_cs_gt_detail_thumb

トヨタ タンク&ルーミーのスペック情報

トヨタ タンク&ルーミーの価格帯

1,463,400円~2,008,800円(税込)

トヨタタンク&ルーミーのグレード情報

X、XS、G、GS、G-T、カスタムG、カスタムGS、カスタムG-T

編集部おススメグレード カスタムG-T 1,965,600円(税込)

動力性能に優れ装備充実した最上級グレードのカスタムG-Tがおススメです。
ノーマルエンジンの場合は軽自動車のターボ車の方がキビキビ走ります。同じターボでもGとカスタムの違いはカスタムなら15インチアルミホイール、LEDヘッドランプ&LEDフォグランプ、助手席シートバックポケットが装備され人気装備が標準装備されます。

クルーズコントロールとパワースライドドアはX系を除くグレードに標準装備されX系は左側のみのパワースライドドアを装備します。自動ブレーキを含むスマートアシスト2はX、G、カスタムGのノーマルエンジンの各グレードのベーシックタイプには標準装備されずオプション選択も出来ません。ノーマルエンジンはグレード末尾にSが付くグレードとターボエンジン車にはスマートアシスト2が装備されます。

bBの後継モデルはダイハツ製

トヨタタンク、ルーミー、ダイハツトール、スバルジャスティは全てダイハツ製でトヨタとスバルには相手先ブランド供給(OEM)を行っています。自動ブレーキの呼び名がトヨタセーフティセンスではなくダイハツのスマートアシストとである点にも注目です。価格、グレード体系など共通で外観デザインとエンブレムの違いのみです。特にフロントグリルのカタチが大きなメックグリルかバンパーグリルか、リヤテールレンズがクリアかどうかに分かれますので見分けるポイントです。

タンクとトールのノーマル系、ジャスティのカスタム系が共通のデザインでルーミーとトールのカスタム系、ジャスティのノーマル系が共通のデザインです。タンクはネッツ店とカローラ店、ルーミーはトヨタ店とトヨペット店での取扱いです。

先代のbBもダイハツではクー、スバルではDEX(デックス)として販売されていました。先代も製造はダイハツで行われトヨタとスバルにOEM供給されていました。

スズキソリオにそっくりのパッケージ

全長は3700mm(カスタムは3715mm)とコンパクトカーの中でも短く軽自動車+300mmとコンパクトデザイン。ソリオの全長は3710mmで同等サイズで5人乗りトール系スライドドアも共通。ダイハツは軽自動車で直接ライバルとなるスズキに販売力の強い親会社トヨタの販売網を使って攻め始めたかたちです。

安全性能は全グレード共通が希望

新型タンク&ルーミーに加えトールやジャスティも共通ですが、ノーマルエンジンのX、G、カスタムGグレードには自動ブレーキを含む安全装備スマートアシスト2の設定はありません。スマートアシスト2は、従来のスマートアシストと比較し対応速度が100km/hまで対応し緊急ブレーキで衝突回避または軽減を行います。ぜひ、改良やマイナーチェンジの際には全車標準装備にして欲しい装備です。

また、サイドエアバックは全グレードにオプション設定のため、サイドエアバックも安全面では全車標準装備にして欲しい装備です。

1.0Lターボエンジンがベストな選択

タンク&ルーミーのエンジンは直列3気筒1.0Lのノーマルエンジンとターボエンジンの二種類です。ノーマルエンジンは最高出力69馬力で最大トルクは10kgm未満の9.4kgmと軽ターボ車並みのスペックで普通車ですのでパワー不足。実際には街乗りで走る分には思った以上に軽快に走ってくれます。しかし、ここ一番の加速はエンジン音が高くなりワンテンポ遅れて加速するためレスポンスは良くありません。街乗り重視でパワーをそれほど必要としない場合はJC08モード24.6km/Lの低燃費で低価格のノーマルエンジンがおススメです。

しかし、遊びにもアウトドアにも幅広く使いたいユーザーはターボエンジンがおススメです。最大トルクが2400~4000回転で14.3kgmのパワーを発揮。通常の加速回転域で最大トルクをフラットに発揮することで使い易さと力強い加速が両立され、ストレスない走りが楽しめます。ターボ車でもJC08モード21.8km/Lの低燃費を実現しています。

ムーヴとキャストに似たデザインのインテリア

出典 http://www.subaru.jp/justy/justy/grade/rs.html
13%e3%82%b8%e3%83%a3%e3%82%b9%e3%83%86%e3%82%a3a
13%e3%82%b8%e3%83%a3%e3%82%b9%e3%83%86%e3%82%a3b
内装デザインはタンク&ルーミー、トール、ジャスティ全車共通で写真はジャスティでステアリングセンターエンブレムがトヨタかダイハツかスバルのマークになるかどうかの違いのみです。

基本デザインはダイハツ軽自動車のインテリアデザインとほぼ同等ですが、質感は高いですので極端な安っぽさは感じられません。5人乗り2列シートのミニバンと呼ばれるにふさわしく後席足元は広々でスライドドアのため乗降性も良好です。「1LDカー」と呼ばれるタンク&ルーミーは部屋のようにくつろげる室内は魅力的です。フロントシートバックには折り畳み式のテーブルも装備し後席の快適性を高めています。

シートの造り自体は軽自動車と共通です。普通車規格の車幅のためフロントシートはセパレート式で独立しリヤシートは3人掛けシートです。リヤシート左右は快適ですが中央部は少々硬めのシートで長距離なら4人乗りがベストです。

スズキソリオが直接のライバル トヨタ全販売店と競合も

本体値引きよりも付属品から値引きを

値引き額は車両本体で3万円、販売店オプションのナビゲーション装着の場合はオプションから3万円引きを狙いましょう。さらに下取り車がある場合には下取り価格は必ず分けて提示してもらうことが鉄則と買取店競合も視野に入れましょう。車庫証明代行費用や納車費用のカットで2万円で総額8万円引きを目指しましょう

ソリオの燃費でもう一押し!

スズキソリオがライバルですが、トヨタの販売店は販売店ごとに資本が異なりますのでタンク、ルーミー含めトヨタ全店で競合可能です。値引き拡大、最後の一押しにはソリオの燃費をPRしましょう。ソリオハイブリッドはマイルドハイブリッドですがJC08モード27.8km/Lの低燃費でタンク&ルーミーのノーマルエンジン車より優れ、ターボ車並みのパワーを持っています。総額で233万円なら230万円、238万円なら235万円など5万円単位での端数切りをダメ元でもお願いしてみましょう。「この金額にしてくれたらハンコ押します」とお願いしそれでもダメなら1万円未満の端数切りをお願いしましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

新型ダイハツアトレーワゴン新車価格情報と、値引き購入のコツ2017!

13%e3%82%a2%e3%83%88%e3%83%ac%e3%83%bc%e5%a4%96%e8%a6%b3
出典 https://www.daihatsu.co.jp/lineup/atrai/03_exterior.htm

ダイハツアトレーワゴンのスペック情報

ダイハツアトレーワゴンの価格帯

1,404,400円~1,738,286円(税込)

ダイハツアトレーワゴンのグレード情報

カスタムターボR、カスタムターボRS、カスタムターボRSリミテッド

全車に4WD車設定有

おススメグレード カスタムターボRSリミテッド(4WD) 1,738,286円(税込)

フロントメッキグリル、ディスチャージヘッドライト、左側パワースライドドア、13インチアルミホイール、フォグランプ、自発光式メーターなどの豪華装備が標準装備のカスタムターボRSリミテッドがおススメ。カスタムターボRSもオートエアコン、各種メッキ仕上げなど基本装備が充実しています。しかし、左パワースライドドアは最上級のリミテッドにのみ装備されオプションも選択できません。パワースライドドアが必要か不要かでグレードを決めても良いクルマです。

アトレーワゴンの2WDは後輪駆動のため降雪地域では駆動力を失いやすいため4WDが必須条件。4WDでも車両重量は1tをわずかに超える重さのため見た目以上に軽いクルマです。

4WDと2WDの価格差は約13万円です。非降雪地域や降っても年に数回で積雪はほぼ無しの地域ならアウトドアで未舗装路をよく走行するユーザー以外は4WDを選択する必要はありませんが、下取り価格や買取価格で差が出ます。4WDは概ね10万円前後は高く買い取ってもらえる傾向にありますので決して損ではありません。10年乗っても買取価格は確保されるアトレーワゴンです。

パワフルターボ軽ミニバン スマートアシストは未装備

新型アトレーワゴンは全車ターボエンジン採用。わずか2800回転で最大トルクを発揮しパワフルでストレスない走行性能を実現しました。エブリィワゴンよりも低回転でパワーが出ますので街乗りでは非常に使い易い設定です。アウトドアで山間部を走行する際にもストレスなく走行可能です。

反面、可変バルブ機構やアイドリングストップのような環境性能は全く備わらず設計の古さは否めません。

燃費性能は気にしないユーザー向け

燃費・環境性能では2WD車は14.8km/L、4WD車は13.8km/Lでライバルのスズキエブリィワゴンには一歩及びません。街乗りなら4WD車で街乗り重視なら10km/Lに届かないことが予想されます。アイドリングストップや回生エネルギーシステムは装備されず2.0Lクラスミディアムミニバンよりも燃費は悪くなっています

自動ブレーキのスマアシは未装備

ライバルのエブリィワゴンはレーダーブレーキサポートを装備するのに対し、アトレーワゴンは全グレードにスマートアシストの設定はありません。衝突安全ボディや各種エアバックは装備されるもののライバルに差を付けられている現状です。

広いリアシートと広い荷室 内装質感も向上

13%e3%82%a2%e3%83%88%e3%83%ac%e3%83%bc%e5%86%85%e8%a3%85a
13%e3%82%a2%e3%83%88%e3%83%ac%e3%83%bc%e5%86%85%e8%a3%85b
出典 https://www.daihatsu.co.jp/lineup/atrai/04_interior.htm/
内装デザインはスッキリシンプルですが質感は高いレベルです。ミライースとムーヴの中間の質感を保っています。最上級のリミテッドには自発光式メーターを採用し視認性と高級感を高めました。

プッシュコントロール式オートエアコンは全グレード標準装備で使い勝手も良好です。助手席側のグローブボックスは前方に食い込んだ形のデザインで助手席足元も広々です。

核家族にはピッタリ

パパママ子供が2人なら大きなミニバンがいらないし、駐車スペースも限られていればアトレーワゴンは候補のひとつです。燃費性能はミドルクラスミニバンよりも悪いですが、軽自動車税は安く重量税も安く済むためトータルの維持費は走行距離を多く走るユーザー意外はたいてい安くなります。

リヤシートは非常に広く足元スペースは広々です。また、180mmの分割シートスライド機能、分割リクライニング&格納も全グレード装備します。リヤシートはシートの高さが確保されシートバックも十分でミディアムクラスミニバンと同等の快適さが得られます。

エブリィワゴンと競合 街のモータース(販売代理店)の新古車を狙え!

値引き目標は総額で15万円以上を狙おう

軽自動車と言っても価格帯はコンパクトカーほ超える価格帯ですので価格は軽自動車を超えています。使用用途は違いますがハイブリッドカートヨタアクアのLグレードと同等の価格です。少しでもお得に購入するためにしっかり交渉することが大切です。
車両本体と販売店オプションで15万円前後の値引きを目指しましょう。オーディオやナビゲーションシステムを販売店で装着する場合には販売店オプションから2割を目標に値引き交渉がおススメです。メーカーオプションより販売店の利益率が高い商品のためナビゲーションシステムを装備するなら販売店で装着しましょう。

競合車はスズキエブリィワゴン OEMのスバルディアスも

競合車は長年のライバルスズキエブリィワゴンで決まり。自動ブレーキが未装備な点をアピールしそれでも「値段次第ではアトレーワゴンを買います」といったアピール方法が有効的です。

スバルの同クラス車のサンバーディアスがスバルでの生産を終了し、ダイハツからの相手先ブランド生産車(OEM)供給されているのがスバルディアスです。ディアスを競合として使う場合にはスバルの営業スタッフはアトレーと同じスタイルでアトレーが本命と思って商談してきます。あまり参考になる見積書が得られない場合がありますので、頭に入れておくことをおススメします。

新古車はこうして作られる!

ダイハツのディーラーはメーカーディーラーのほか地域密着のモータースも多くあります。こちらのモータースはメーカーインセンティブ獲得のため年度末は自社名義で登録して販売登録実績を作る傾向にあります。年末年始や春先に「登録済未使用車」いわゆる新古車として売り出されますので狙い目です。その際には登録日をよく確認しましょう。おおむね3か月以内で通常の新車値引きよりも5万円以上安い見積ならおススメです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

2016年度上半期の新車軽自動車売れ行きランキングや新車購入者の変遷

2016年度上半期軽自動車新車販売ランキング

2016年4月から9月までの上半期に良く売れたクルマは何か?社団法人全国軽自動車協会連合会統計から分析してみます。
統計参照 https://www.zenkeijikyo.or.jp/statistics/

1位 ホンダ N BOX 85,5503台 前年比 110.7%

nbox
出典 http://www.honda.co.jp/Nbox/webcatalog/type/custom/index.html
2011年12月に発売開始されたN BOXは発売開始から4年を経過しても根強い人気を得ています。乗用車ベースで燃費性能に優れ、背の高いパッケージが人気で2位のダイハツタントと熾烈な争いとなっています。

室内高さと後席空間の広さが人気の理由です。ノーマルエンジンでトップクラスの58馬力を誇るエンジンはターボモデルを選択しなくても十分な動力性能を発揮できる魅力があります。また、カスタム系モデルはフロントの押しの強さを前面に押し出し角張ったヴォクシーなスタイルも人気のひとつです。

2015年のマイナーチェンジでこれまでのへーシックグレードGに加え、シートリフターを省いた更なるベーシックグレードCを設定し119.8万円で発売開始しました。タントのエントリーモデルLよりも約2万円安いのですがオートエアコンが標準装備されるN BOXに注目が集まります。ススギスペーシアのGグレードはオートエアコンは標準ですが車両価格は127.4万円と高めの設定です。

以前ホンダで人気のバモスターボからの乗り換えユーザーにとっても人気を得ています。燃費は約1.5倍の低燃費で変わらぬ使い勝手に加え乗り心地が良好のため十分満足なN BOXです。

2位 ダイハツ タント 70,119台 前年比 105.2%

%e3%82%bf%e3%83%b3%e3%83%88
出典 http://carview.yahoo.co.jp/ncar/catalog/daihatsu/tanto/F003-M004/image/?img=1
人気のダイハツタントは半年間で約1.5万台の差を付けられて2位。しかし3位のアルトとの差は約2.5万台と大差をつけています。N BOXとタントの一騎打ち状態になっている軽自動車市場です。

タントの魅力は、室内の広さのみではなく左側のドアにも秘密があります。左のスライドドアと左前ドアを開けるとピラーと呼ばれる柱がありません。大きな開口部が広がり乗降性に優れベビーカーをそのまま載せたい子育てユーザーに人気です。

トヨタ資本のダイハツが作る軽自動車は内装の質感が高く、使い勝手も良好です。普通車からのダウンサイジングにも十分に対応可能でタントカスタムはスポーティなデザインになり人気です。

3位 スズキ アルト 45,716台 前年比 88.0%

%e3%82%a2%e3%83%ab%e3%83%88
出典 http://www.suzuki.co.jp/car/alto/
2014年末にフルモデルチェンジした新型アルトはライバルのダイハツミライース(9位)に約1.2万台の差を付けました。当初はデザインに賛否両論ありましたが当時デザインを批判したユーザーも街で見慣れたのではないでしょうか?ミライースとの燃費競争を繰り返したアルトですがJC08モード37.0km/Lの低燃費を先に達成し販売台数も差を付けました。

バンモデルは69.7万円からと低価格。100万円以下の車両本体価格で十分な装備のアルトが選べるのが魅力です。インテリアはワゴンRやMRワゴンと変わらぬ質感で使い易さも良好です。

ターボRSやワークスの復活は若年層男性ユーザーに特に人気。ワークスは151万円でマニュアルトランスミッションを駆使してスポーツ走行が楽しめます。マツダロードスターやトヨタ86の価格と比較すれば安価でワゴンRのスティングレーシリーズと価格は同価格帯です。手軽に本格スポーツ走行可能なクルマがアルトワークスです。

4位 スズキ スペーシア 40,764台 前年比 111.4.%

2013年3月にパレットの名称を改めスペーシアとして登場。スーパーハイト系軽自動車のスペーシアはホンダN BOXやダイハツタントと同じジャンルですが、販売台数で大きく差を付けられました。子育てママにはピッタリで人気のスペーシアですが、男性ユーザーからの支持が足りない結果と思われます。

ハイブリッド車と呼んでも良いシステムSエネチャージを採用し、JC08モード燃費は32.0km/Lとクラストップの低燃費を実現しています。従来のエネチャージの回生エネルギーシステムに加え、動力用モーターを装備し発進加速をアシストし低燃費に貢献しています。また、緊急時の自動ブレーキシステムも単眼カメラからステレオカメラに進化。エコと安全をさらにアピールすることで、タントやN BOX真っ向勝負可能です。

5位 スズキ ハスラー 40,204台 前年比 86.4%

2014年1月に発売開始されたハスラーは発売開始からもまなく3年ですが根強い人気を得ています。ベースはワゴンRで使い勝手や質感はワゴンRと同等ですがSUVスタイルにデザインされた外観とワゴンRに比べて最低地上高が30mm高く、アウトドアでも街乗りでもどちらでも使えるスタイルが人気です。安全面でも自動ブレーキを含めた安全装備のレーダーブレーキシステム搭載車も用意されています。

パワーユニットはワゴンRと同じでアイドリングストップ&回生エネルギーシステムのエネチャージに加えモーターで発進加速をアシストするSエネチャージモデルもラインナップ。ジムニーのような本格オフロードは要らないが車高の高いクルマが欲しい、乗り心地も重視したいユーザーにはかゆい所に手が届くクルマとしてハスラーは人気です。

ライバルのダイハツキャストアクティバに大差をつけています。キャストは28,660台で10位ですが、スタイル、アクティバ、スポーツ3種の合計台数です。キャストの中でアクティバの比率は高いのですが全てが後出しじゃんけんのイメージが強く、ウェイクやコペンのようにアピールすべき点が少ないのもキャストの敗因かも知れません。

軽自動車ベスト5 トータルで見ると…

2016年度上半期売れた軽自動車はスーパーハイト系の背の高いスライドドアのモデルが人気です。ダイハツムーヴは6位、ホンダN WGNは7位、スズキワゴンRは8位と伸び悩みオーソドックスのスタイルは根強い人気はあるものの「今売れているクルマ」としては選ばれなくなってきています。

日産デイズと三菱eKシリーズは燃費不正の影響で販売中止期間が長かったため販売台数は低迷しました。

スズキとダイハツが大半を占める軽自動車市場にホンダNシリーズが食い込んでいます。1位にN BOX、7位にN WGN。ホンダ車の人気もこれから注目すべき点です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

新型ダイハツムーヴキャンバス新車価格情報と、値引き購入のコツ2016!

%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%b3%e3%83%90%e3%82%b9%e5%a4%96%e8%a6%b3
出典 http://carview.yahoo.co.jp/ncar/catalog/daihatsu/move-canbus/F001-M001/image/?img=1

ダイハツムーヴキャンバスのスペック情報

ダイハツムーヴキャンバスの価格帯

1,188,000円~1,668,600円(税込)

ダイハツムーヴキャンバスのグレード情報

標準シリーズ L、L SA2、X、X SA2、Xリミテッド SA2、G SA2
メイクアップシリーズ X SA2、Xリミテッド SA2、G SA2
全車4WD車設定あり

編集部おススメグレード
Xリミテッド メイクアップリミテッドSA2 1,479,600円(税込)

オートエアコンが装備されるのはXグレード以上、さらに両側パワースライドドアが装備されるのはXリミテッド以上です。また、フロント、サイド、リアバンパー部にメッキモール、ツートンカラーホイールキャップ、LEDフォグランプがメイクアップシリーズに標準装備され可愛らしくオシャレなデザインに仕上がっています。ムーヴキャンバスらしさをアピールする最適なグレードがXリミテッド メイクアップリミテッドSA2です。

SA2のスマートアシスト2は自動ブレーキを含む安全装備ですが、メイクアップシリーズ全車に標準装備で標準シリーズではLとXグレードで装備無しモデルも選択可能です。夜間ステアリングを切った際に照射方向を可変できるAFS機能付のLEDヘッドライトは最上級のGグレードに標準装備されます。

ムーヴ、でもベースはタント

ムーヴキャンバスは名前はムーヴですがクルマのベースはタントです。車高が高くスペース効率に優れた室内と、スライドドアで乗降性に優れたタントの機能をそのままに、外観をレトロ調に仕上げたキャンバスはオシャレに乗りこなしたい女性ユーザーにピッタリのクルマです。

価格を抑えたその理由は?

ムーヴキャンバスの価格は118.8万円からでベースのタントの同じLグレートと比較して約4万円低価格です。また、主要グレードを比較してもお求めやすい価格でタントカスタムの最低価格よりもムーヴキャンバスのGメイクアップの価格方が低価格なのです。ムーヴキャンバスにはカスタム系グレードが存在しません。カスタム=メイクアップに相当しますが、強調したスポーティな装備、タントカスタムのようなワイルドさはありません。また、ターボエンジンは搭載されませんでした。

スポーティな走りを求めず、日常の買い物や通勤に使用する女性ユーザーにとってパワーよりも使い勝手もお求め易さを優先したのがムーヴキャンバスです。

広さと使い勝手が良いカワイイインテリア

%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%b3%e3%83%90%e3%82%b9%e5%86%85%e8%a3%85a
%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%b3%e3%83%90%e3%82%b9%e5%86%85%e8%a3%85b
出典 http://www.daihatsu.co.jp/lineup/move_canbus/04_interior.htm
タントの使い易さがそのまま受け継がれています。エアコン操作パネルやドア内装デザインが変更されているもののほぼ共通です。シートの造りやリヤシートのスライド量が240mmである点も共通です。リヤシートは左右独立分割してスライドリクライニング可能ですので使い勝手は良好です。

ムーヴキャンバスの特徴のひとつとしてリヤシートクッション下部から脚付きのトレイが引き出せます。「置きラクボックス」と呼ばれる装備で、ベーシックなLグレード以外に装備されます。ショッピングバックを足元フロアに置きたくない場合にそのまま丁度良い高さのトレイになります。スライドドアを開けてそのまま自然な姿勢で置くことが出来るので便利です。

さらにパワースライドドア装着車はドアが閉まっている途中でもロックが可能で閉まりきってからドアロックを自動でしてくれる便利な装備もうれしいです。ドアが閉まりきるのを待つ必要がありません

メイクアップにはインパネ周りとドアスイッチベースにモカ、ミント(写真)、ピンクのインテリアアクセントカラーがプラスされ可愛らしさがアップします。

経済性とバランスに優れたノーマルエンジン

ムーヴキャンバスは全車ノーマルエンジンです。軽自動車のスタンダードとなる直列3気筒DOHCエンジンで出力は52馬力です。日常よく使う低回転域で十分なパワーを発揮するため普段の買い物や通勤ではストレスなく走行可能です。また、アイドリングから走行時の静粛性にも優れています。しかし、上り坂での加速や高速道路の合流の場面では少々苦しい場面もありますので、アップダウンの多い地域にお住いのユーザーや高速走行が多いユーザーはターボ搭載車が待ち遠しいところです。

28.6km/Lの低燃費

JC08モード28.6km/Lの低燃費を実現し背高軽自動車の中では優れています。実際には10km/L台後半の燃費が予想されます。軽自動車では車体が重く、ノーマルエンジンのため負担が大きく、街乗りで発進停止を繰り返すと更なる燃費悪化が懸念されます。インフォメーション内の平均燃費計をリセットし少々長い時間試乗してその数値を見てみるのも良い方法です。

SA2 スマアシ2は対応速度をアップ

先進安全装備の自動ブレーキのスマートアシスト2は以前のスマートアシストに比べて対応速度をアップされました。自動ブレーキによる衝突軽減・回避は30km/hから50km/hへ、衝突警報は100km/hまで性能をアップさせました。自動ブレーキについては日常域を全カバーする80km/hまでアップさせて欲しい所です。

値引きは渋め 競合はスズキスペーシア

総額8万円値引きを目指そう

登場したばかりのムーヴキャンバスの値引きはまだまだ渋い状況です。値引き額は車両本体で5万円、販売店オプションのカーナビ装着の場合はオプションから3万円引きを狙いたいところです。ムーヴキャンバスのオーディオはオーディオレスが標準ですので多くのユーザーはナビゲーションを装備したいところです。販売店装着オプションナビを装着し総額で8万円以上の値引きが獲得を目指しましょう

これから年末、年度末の3月の決算時期に向けてさらに条件が緩くなることが予想されますの今、急がない場合には、じっくり待ってみましょう。

スズキスペーシアとの競合がベスト

競合車は背高軽自動車でスライドドア装備のスズキスペーシアです。スペーシアのターゲットも女性ユーザーです。スペーシアの方が登場して間もないムーヴキャンバスより値引き条件は良いはずです。商談が煮詰まりもう一押しのところでスペーシアの見積条件を提示し値引き拡大を狙いましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

スズキワゴンRの中古車買取・査定相場価格と、できるだけ高く売るコツ2016!

ワゴンRの買い取り相場概要

先代モデルのMH23S系が中心

ワゴンRの買取価格は昨年と比較し下がっています。新しいモデルから古いモデルにかけて全体的に下がっている傾向です。
ワゴンRの下取りや買取りは先代モデルのMH23S系が中心ですが、ノーマルモデルのFX系グレードは新車価格の35%前後と高額査定はなかなか狙えない状況です。しかし、スポーティなスティングレー系グレードは中古車市場でも人気が高く10万円から20万円高くなる傾向にあります。
エンジンは三代目のワゴンRもオールアルミエンジン+タイミングチェーン式で耐久性とメンテナンス性に優れていますが、降雪地域では融雪剤による塩害が気になります。サビが出ているクルマは査定額に影響し減額される覚悟が必要です。ダイハツ系の軽自動車と比較するとスズキの軽自動車にサビが目立ちます。

中古車でおススメは現行モデルを狙え

初回車検を迎えた現行ワゴンRで60万円前後から狙えます。登録済未使用車で100万円前後から探すことができます。話題の低燃費技術Sエネチャージ搭載のモデルも110万円前後で見つけることができます。新車からの値引きを見ても10万円以上はお買い得になります。
低価格で練習用を兼ねてワゴンRが欲しい場合には、先代モデルを狙うことをおススメします。走行距離が10万キロ未満の条件でも車両価格で30万円前後のワゴンRを探すこともできます。現行モデルと外観デザインが大きく違わないため、まだまだ古さを感じることなく乗り続けることができます。

ワゴンRの買取価格帯は?

現行 MH34S、MH44S系

34ワゴンRa
出典 http://carview.yahoo.co.jp/ncar/catalog/suzuki/wagonr/F005-M005/image/?img=1
ワゴンR五代目となる現行型は2012年に登場し初回車検を迎えたクルマも出てきています。ベーシックグレードは110万円台からのお求めやすい価格設定と、簡易的なハイブリッド感覚のSエネチャージモデルも設定されています。Sエネチャージモデルの価格はコンパクトクラスの価格帯になり軽自動車としては高額です。
3年経過の2013年式でベーシックなFXなら走行距離5万キロ未満でも35万円前後から50万円前後が買取の相場目安です。走行距離が2万キロ未満のFXリミテッドやレーダーブレーキサポート搭載車でも60万円前後のため、新車価格を考慮すれば下取り価格及び買取価格は安く手放すには「待ち」の状態です。
二回目の車検まで待つのも良いかと思います。

四代目 MH23S系

34ワゴンRb
出典 http://carview.yahoo.co.jp/ncar/catalog/suzuki/wagonr/F004-M003/image/?img=1
2008年に登場したMH23S系四代目ワゴンRは新型プラットフォーム採用により室内の広さを更に広くしたモデルでした。CVTの採用やアイドリングストップもグレード別に採用しました。
2011年前後の5年経過モデルは20万円から40万円の買取価格で昨年に比べて買取価格が低下しています。スポーティなスティングレーグレードで走行距離が5万キロ未満なら60万円前後を目指して買取店競合しましょう。

MH23S系の前期モデルは走行距離が10万キロ未満でも底値に近づいています。10万円から30万円が相場ですが25万円前後を目指して買取店競合しましょう。

2003年に登場した三代目MH22S系ワゴンRはスタイリッシュなトールワゴンとして人気が高く、全グレードにタコメーターを装備しスポーティな印象がありました。
後期モデルの2007年式前後のスティングレーターボモデルなら30万円前後の買取価格が狙えますが、ノーマルのFXグレードは買取価格は10万円を目指し、クルマの状態によっては買取価格が出ない場合もあります。

ワゴンRは人気車 下取りよりも買取店競合へ!

ワゴンRを手放す際にはネットによる一括買取査定が一番高値で売却できる傾向にあります。しかし新車購入時にワゴンRを手放す際には、下取り査定もしっかりと受けることが大切です。新車登録から3年から5年までの高年式車は下取り査定が意外と高額になる場合があります。この下取り査定額を参考に一括買取査定を申し込むと効果的です。下取り額が参考価格としてわかることにより買取店への価格アップ交渉がしやすくなります。
下取り価格が45万円と提示されたならば、買取店競合の際には希望を60万円と伝え、恐らく不可能ですので最終の落としどころを55万円と考え交渉し売却できれば成功と言えます。下取り価格プラス10万円なら買取店に売却が良いでしょう
買取店売却の際には、売却時期が大切です。新車の納車を待たずして売却を迫られるケースが少なくありません。その際には新車の納車を待ってもらえるか、または何でも良いので代車を貸してもらえるか確認しましょう。筆者自身売却の際には高価買取の条件ですぐ引き渡す代わりに代車を用意してもらえました。
ひとつの方法のみでなく必ず下取り価格と買取価格と比べることが大切です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

新型スズキバレーノ新車価格情報と、値引き購入のコツ2016!

10バレーノ外装
出典 http://www.suzuki.co.jp/car/baleno/detail/

スズキ バレーノのスペック情報

スズキ バレーノの価格帯

1,414,800円~1,728,000円(税込)

スズキ バレーノのグレード情報

XG、XT、XTセットオプション装着車

編集部オススメグレード XTセットオプション装着車 1,728,000円(税込)

1.0Lターボエンジンを搭載しトランスミッションがトルクコンバーター方式6AT搭載のXTがおススメ。さらにフォグランプと本革シートを装備したセットオプション装着車がプラス11万円のためお得です。オートエアコン、オート機能付ディスチャージヘッドライト、アルミホイール、本革巻ステアリングなど快適な装備はXGには装備されません。
安全装備のレーダーブレーキサポート2は全車標準装備されます。

インド製コンパクト XTはもう少し待て!

バレーノは。マルチスズキインディアにて製造され輸入されるスズキのコンパクトカーです。日本ならトヨタヴィッツ、日産ノート、ホンダフィット、海外ならフォルクスワーゲンポロ、プジョー208などのBセグメントに該当します。
スズキの普通車はSX4 S-CROSSやエスクードはハンガリー生産など海外生産が目立ちますがインド製はバレーノが初。しかし、スズキの普通車、小型車はインドや東南アジアで大きなシェアを獲得していますので特に不思議ではありません。

おススメのXTは5/13発売予定

2016年3月に登場したバレーノは当初XGのみの販売。XGは直列4気筒1.2Lデュアルジェットエンジン+CVTの組み合わせ。スイフトやソリオに搭載される日本でおなじみのユニットです。装備が充実し、直列3気筒1.0Lブースタージェットターボエンジン+6AT搭載のXTグレードは5月13日の発売予定です。

重量税が安い 1t未満のバレーノ

バレーノのプラットフォームは新型Bセグメント用を採用し、骨格形状を見直しボディ全体の軽量化しました。バレーノの車両重量は全グレード1t未満と同クラスライバル車と比較して軽くなっています。

2種類のパワーユニット

新1.0Lブースタージェットターボエンジン+6AT

直列3気筒直噴ターボエンジンはスズキの小型車にこれまでに無く新搭載のパワーユニットです。最高出力は111馬力、最大トルクは16.3kgmと1.5L車並みのパワーで20.0km/Lの低燃費を実現しました。最大トルクは1,500-4,000回転でフラットに発揮されるため日常走行するうえでいつも使用する回転域で常に最大トルクを発揮するため非常に使い易くパワーを実感できるエンジンです。また、搭載されるトランスミッションはトルクコンバーター方式の6AT。CVTと比較して走りにダイレクト感があり、加速のタイムラグを感じさせません。マニュアルモード付で走りもスポーティです。

1.2Lデュアルジェットエンジン+CVT

1気筒あたり2つのインジェクターで燃料を噴射するデュアルジェットエンジンを搭載し燃焼効率を高めています。既に販売されているスイフトやソリオではこのエンジン名はおなじみです。しかし、回生エネルギー技術のエネチャージは未搭載な点が残念。それでも24.6km/Lの低燃費を実現しています。

安全は全車標準 レーダーブレーキサポート2を搭載

新型バレーノにはミリ波レーダー方式の予防安全装置を採用。移動時の車両に関しては100km/hまでの速度域で作動が可能で、あらゆる速度域での安全性が確保されました。ただしカメラが装備されないため歩行者認識機能、車線逸脱防止装置がありません。軽自動車に多くみられる自動ブレーキは30km/hまでのシステムですのでワンランク上の内容ではありますが、歩行者認識のできる日産ノートのエマージェンシーブレーキやトヨタセーフティセンスCと比較すると安全面で今一歩及びません。

スペース効率に優れたインテリア

10バレーノ内装a
10バレーノ内装b
出典 http://www.suzuki.co.jp/car/baleno/interior/

全長4m以下のボディでも室内に不足なし

取回しに優れたコンパクトボディのバレーノですが室内空間に不足はありません。リヤシートの足元空間頭上空間とも十分なスペースが確保されています。前進時は視認性にも優れ運転しやすいですが後退時には絞り込まれたリヤデザインの影響により左後方の死界が大きくミラーで確認できない部分は直接見て確認しましょう。この点は実際に展示車で確認が大切です。

シンプルで上質なインテリア さりげなくスポーティな演出も

自発光式のメーターは視認性に優れています。速度のスケールは220km/hまで刻まれ海外メーカー車と同じスケールでスポーティさを感じさせます。このデザインは実用面でも非常に優れています。一般道走行時には左に45°の指針の傾きで40~60km/h、真上を指して高速走行時の100km/hのため指針の傾きだけである程度速度が把握できます。
XTには6速マニュアルモード付パドルシフト、XTセットオプション装着車には走行時の各種情報を表示するマルチインフォメーションディスプレィも装備されます。

日産ノートと競合がベスト しかし値引きは渋い

値引きは総額5万円がMAXか もう少し待とう!

新型バレーノの値引きは車両本体価格で3万円、販売店装着オプションナビを装着し販売店オプションからの値引きがをプラスαで期待しましょう。資本の違うスズキ販売店を探して競合しても値引き拡大にはつながりません。
日産ノートやトヨタヴィッツが主な競合車種になりますが値引き拡大にはつながりにくく参考までに見積もりを準備しておく程度になるでしょう。車庫証明費用カット、納車費用カットなど諸経費から2万円前後は追加でカットできるので最後まで頑張りましょう。

XTの販売を待ちましょう

注目の1.0Lブースタージェットターボエンジン搭載車XTグレードは5月の発売予定です。XTが発売された後に購入を検討しても遅くありません。XGのパワーユニットにはエネチャージが無くソリオと比較してもアドバンテージはありません。

下取り車は買取店も含めて高値で売却

現在ご使用のクルマをできるだけ高く手放すことも大切。ネットによる一括査定で買取店同士競合させましょう。低年式で走行距離が多く明らかに値段がつかなそうなクルマの場合にはそのまま下取りに出すのも良い手です。普通車で買取価格3万円未満ならリサイクル料金分と自動車税、自賠責未経過分でそのくらいなりますので買取店に出すのは止めて下取りに出しましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

新型スズキエブリィワゴン新車価格情報と、値引き購入のコツ2016!

06エブリィ外観
出典 http://www.suzuki.co.jp/car/everywagon/styling/

スズキエブリィワゴンのスペック情報

スズキエブリィワゴンの価格帯

1,425,600円~1,782,000円(税込)

スズキエブリィワゴンのグレード情報

グレード JPターボ、PZターボ、PZターボスペシャル
全車に4WD車設定有 全車にハイルーフ設定有

おススメグレード PZターボ(4WD、標準ルーフ) 1,695,600円(税込)
フロントメッキグリル、オート機能付ディスチャージヘッドライト、左側パワースライドドア、14インチアルミホイール、フォグランプ、6スピーカーなどの豪華装備が標準装備のPZターボがおススメ。PJターボもオートエアコン、レーダーブレーキサポートなど基本装備が充実しています。PJターボの約14万円アップで上記豪華装備が装備され上級ミニバン並みの装備がプラスされます。

エブリィワゴンの2WDは後輪駆動のため降雪地域では駆動力を失いやすいため4WDがおススメ。4WDでも車両重量は1t未満のため見た目以上に軽いクルマです。4WDと2WDの価格差は約13万円のため、非降雪地域や降っても年に数回で積雪はほぼ無しの地域ならアウトドアで未舗装路をよく走行するユーザー以外4WDを選択する必要はありません。

パワフル軽ミニバン レーダーブレーキサポートを全車標準装備

新型エブリィワゴンは先代モデル同様に全車ターボエンジン採用。パワフルでストレスない走行性能で吸気側に可変バルブのVVT機構を採用することにより燃焼効率のアップと燃費性能の向上を実現しました。最大トルクを3,000回転で発揮することにより日常使用する加速域でトルクをフルに発揮できるセッティングのため街乗りから山道までストレスない動力性能を実感できます。

燃費性能を大幅向上

燃費・環境性能では2WD車は16.2km/L、4WD車は14.6km/Lでクラストップレベルの低燃費。先代モデル2WD車の数値を4WD車でほぼ同等の燃費性能になりました。しかし大きな期待は禁物で4WD車で街乗り重視なら10km/Lに届かないことが予想されます。回生エネルギーを使ったアイドリングストップ技術のエネチャージはエブリィワゴンには採用されていません。

クラス初の自動ブレーキ標準装備

軽キャブワゴンクラスで初めて全グレードに自動ブレーキを標準装備しました。約5km/h~30km/hで走行中に前方車両に対して追突防止のため自動ブレーキを作動させるシステムがレーダーブレーキサポートです。また、前進のみですが前方に障害物を検知したら誤発進を抑制させるシステムも装備しています。一般の30km/h以上の通常走行、巡航時、高速走行時にはレーダーブレーキサポートは作動しません。

広いリアシートと広い荷室 内装質感も向上

06エブリィ内装b
06エブリィ内装a
出典 http://www.suzuki.co.jp/car/everywagon/interior/
内装デザインを一新しMRワゴンと同じようなデザインを採用し商用イメージを無くしました。全グレードにプッシュコントロール式のオートエアコン、視認性に優れた自発光式メーターが装備されます。シートポジションも高めで視界良好で解放感抜群です。

核家族にはピッタリ

パパママ子供が2人なら大きなミニバンがいらないし、駐車スペースも限られていればエブリィワゴンは候補のひとつです。燃費性能はミドルクラスミニバンと変わりありませんが軽自動車税は安く重量税も安く済むため維持費では勝ります。リヤシートは非常に広く足元スペースは広々です。また、180mmのシートスライド機能も装備します。シートを後ろに下げてもワゴンRの荷室よりも広いラゲッジルームも魅力です。

販売店オプションにも注目

06エブリィ内装c
06エブリィ内装d
出典 http://www.suzuki.co.jp/car/everywagon/luggage/
ラゲッジルームの仕切り板トノボードやラゲッジネットはよくある装備ですが、室内天井に装着する釣竿用のロッドフォルダーや車中泊にも使えるベッドクッションも専用オプションとして販売されています。必要不要関係なく一度販売店オプションカタログを見てみるのも面白いです。きっと欲しい装備が見つかります。

アトレーと競合 街のモータース(販売代理店)の新古車を狙え!

軽自動車と言っても価格帯は小型車価格帯ですので価格は軽自動車を超えています。価格帯はコンパクトカークラスの上級グレードと同じ価格帯です。少しでもお得に購入するためにしっかり交渉することが大切です。車両本体と販売店オプションで20万円前後を目指しましょう。オーディオやナビゲーションシステムを販売店で装着する場合には販売店オプションから2割を目標に値引き交渉がおススメです。メーカーオプションより販売店の利益率が高い商品のためナビゲーションシステムを装備するなら販売店で装着しましょう。

競合車はダイハツアトレー

競合車は長年のライバルダイハツアトレーワゴンで決まり。ホンダバモスはターボモデルが無く競合には不利になります。大きな荷室がそこまで必要ないようでしたらダイハツタントも競合車種になります。

新古車はこうして作られる!

スズキのディーラーはメーカーディーラーのほか地域密着のモータースも多くあります。こちらのモータースはメーカーインセンティブ獲得のため年度末は自社名義で登録して販売登録実績を作る傾向にあります。4月以降に「登録済未使用車」いわゆる新古車として売り出されますので狙い目です。その際には登録日をよく確認しましょう。おおむね3か月以内で通常の新車値引きよりも5万円以上安い見積ならおススメです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

新型スズキイグニス新車価格情報と、値引き購入のコツ2016!

05イグニス外観
出典 http://www.suzuki.co.jp/car/ignis/detail/index_mx.html

スズキ イグニスのスペック情報

スズキ イグニスの価格帯

1,382,400円~1,875,960円(税込)

スズキ イグニスのグレード情報

ハイブリッドMG、ハイブリッドMX、ハイブリッドMZ
全車CVT 各グレードに4WD設定およびセーフティパッケージ装着車を用意

編集部オススメグレード ハイブリッドMX セーフティパッケージ 1,598,400円(税込)

オートエアコン、プッシュ式スタートシステム、シートリフター、運転席アームレストなど快適なドライビングで出来る装備標準装備化されるのがMXグレード。MXグレードにセーフティパッケージを装着しカーテン&サイドエアバック、デュアルカメラブレーキサポート、誤発進抑制機能、車線逸脱警報機能、ふらつき警報機能などの最新予防安全装備が盛りだくさん。また、アイフォンと連動して使えるApple CarPlayに対応するためにナビゲーションシステムをオプション装着することをおススメします。後付が出来ません。
イグニスはセーフティパッケージとApple CarPlayの機能のみ買うイメージで購入しても価値のあるクルマです。

アグレッシブコンパクト イグニス

コンパクトクロスオーバーSUVのイグニス。最低地上高は180mmで通常のコンパクトカーよりも高い設定でSUVテイストを高めています。ボディデザインからもつかめますがベースはアルト。ボディサイズは全長3700mm、全幅1660mm、全高1595mmとコンパクトでスズキで一番小さな小型車で販売していたスプラッシュよりもコンパクトなイグニスです。しかし、高さが高いため立体駐車場には厳しいサイズになったのが残念です。

スズキの小型車はSX4 S-CROSSはハンガリーで生産されたり新型バレーノはインドでの生産ですがイグニスは国内生産。安定した国内供給が期待できます。

走りは標準レベル

イグニスはボディ剛性は高いのですがアルトと共通する部分が多く足回りが落ち着き感が無い印象。リヤにバタつき感を感じます。アルトワークスの足周りが欲しくなる印象です。特に走りに強いこだわりが無いユーザーは全く問題ありません。試乗車で確認するのがベストです。

マイルドハイブリッドの実力は?

1.2Lデュアルジェットエンジン+小型モーターの組み合わせ

マイルドハイブリッドは減速時の回生エネルギーを利用して発電し、リチウムイオンバッテリーに充電。加速時に、充電した電気を使ってモーターでエンジンをアシストします。アシスト時には力強い加速感が実感できます。ワゴンRに搭載されるSエネチャージのモーターアシストが強い仕様、それがマイルドハイブリッドとお考え下さい。モーターのみでの走行は出来ません。

28.0km/Lの低燃費

グレードによって燃費差がありますがJC08モード28.0km/Lの低燃費を実現しています。しかし実燃費は6割程度と予想されます。燃焼効率が高いエンジンですが発進加速時と減速再加速時にタイムラグがあり加速時には回転が上昇傾向にあります。一度速度が安定すれば静粛性にも優れる4気筒エンジンでライバル各車の3気筒エンジンを上回る静粛性です。逆に4気筒のため燃焼効率が3気筒よりも悪化する点も燃費悪化の要因です。エンジンフィーリングは実際に試乗して確認しましょう。

セーフティパッケージで安心 レーダーブレーキサポートの進化版

新型イグニスのセーフティパッケージ装着車には2つのカメラを搭載したステレオカメラを採用。高いレベルで歩行者やクルマの認識を可能にしました。移動時の車両に関しては100km/hまでの速度域で作動が可能で、あらゆる速度域での安全性が確保されました。スバルのアイサイトに近づく高性能がセーフティパッケージです。軽自動車に多くみられる自動ブレーキは30km/hまでのシステムですのでワンランク上の装備です。

ほぼ軽自動車と同質感 しかしオシャレな内装

05イグニス内装a
05イグニス内装b
出典 http://www.suzuki.co.jp/car/ignis/interior/
インパネデザインは軽自動車とほぼ同等の質感ですがオートエアコンはイグニス専用設計でワンランク上の質感を手に入れました。ドア内装やセンターコンソールに外板色と同色のパーツも使用しオシャレさを演出しています。200km/hまで刻まれたメーターはスポーティなデザインです。フロントシート、リヤシート共快適でリヤシートはルーフが絞り込まれていないために頭上空間にもゆとりが感じられます。

トヨタヴィッツ、マツダデミオと競合 しかし値引きは渋い

新型イグニスの値引きは車両本体価格から5万円、販売店装着オプションはフロアマットやバイザーのみ。また、Apple CarPlayを使うためにはメーカーオプションナビを装着しなければならず販売店オプションからの値引きが期待できません。資本の違うスズキ販売店を探して競合しても値引き拡大にはつながりません。

トヨタヴィッツとマツダデミオがベストな競合車種になりますが値引き拡大にはつながりにくく参考までに見積もりを準備しておく程度になるでしょう。車庫証明費用カット、納車費用カットなど諸経費から2万円前後は追加でカットできるのでお忘れなく。

試乗車または販売店登録の未使用車を狙え!

スズキの販売店では主に軽自動車ですがメーカーインセンティブのために年度末には自社名義で登録して実績を計上。メーカーからインセンティブを獲得する販売店も少なくありません。一度登録された未使用車は新車価格よりも安く購入できる傾向にありますので4月から5月にかけてスズキ販売店をチェックしましょう。登録されて3か月以内のクルマで新車価格より10万円以上お得と感じたら即買いましょう。そのクルマは1台のみで他のお客様に購入されてしまったらおしまいです。

下取り車は買取店も含めて高値で売却

現在ご使用のクルマをできるだけ高く手放すことも大切。ネットによる一括査定で買取店同士競合させましょう。低年式で走行距離が多く明らかに値段がつかなそうなクルマの場合にはそのまま下取りに出すのも良い手です。普通車で買取価格3万円未満ならリサイクル料金分と自動車税、自賠責未経過分でそのくらいなりますので買取店に出すのは止めて下取りに出しましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

失敗しない中古車選び!総額50万円で買うホンダゼストの価格相場

ホンダゼストとはこんなクルマ

05-26ゼストb
出典 http://carview.yahoo.co.jp/ncar/catalog/honda/zest/F001-M005/image/?img=1
2006年にライフのプラットフォームを活用し上質感と安全性を高めた軽自動車として登場しました。軽自動車初のサイド&カーテンエアバックをメーカーオプションで採用。当時の衝突安全性能総合評価で6スターを軽自動車で初めて獲得しました。

ゼストは2012年にホンダNシリーズのNワゴンが登場するまでの1代限りの販売でしたが販売期間は長く中古車も多く流通しています。

同時期に販売されていたベースのライフと比較して中古車価格は高値で推移しています。タコメーターは要らないしシンプルな新しいホンダの軽が欲しいユーザーはライフの最終型を探してみましょう。思い通りの予算内で購入できます。

前期はスポーツ、後期はスパーク中心の販売

ゼストは標準タイプがファミリー向け、スポーツタイプを若者向けにと開発しましたが、実際にはスポーツが主流となり中古車市場でもターボの有無を問わずスポーツの台数が目立ちます。スポーツは後期になると名称をスパークに変更されました。

専用スポーツグリルとフロント、サイド、リヤにエアロバンパーを装備。上級のWグレードにはディスチャージヘッドライトを標準装備しターボにはスポーツサスペンションも装備されます。

ゼストのマイナーチェンジ改良の歴史

2006年に登場したゼストは標準タイプはNとG、スポーツタイプはWとG、Gターボにそれぞれ4WDの組み合わせの販売でした。2007年にはタイプはDに集約されオートエアコンが標準装備されています。スポーツはオートエアコン標準のWとマニュアルエアコンタイプのGのグレード体系。当時標準タイプのDに対してプラス7万円でスポーツのGが選べましたのでスポーツが人気でした。

2008年末にゼストは後期型にマイナーチェンジ。より一層スポーツモデル中心の販売体制でゼストスパーク中心の販売となりました。グレード体系はスパークGとスパークWは前期と変わりありませんが後期のスパークは全車プロジェクター式ディスチャージヘッドライトが標準装備。前期モデルで10万円以上あったGとWの価格差は約7万円となり、オートエアコンとアルミホイールも標準化するWが圧倒的人気を得ました。

総額50万円で買えるゼストは前期モデル

05-26ゼストa
出典 http://carview.yahoo.co.jp/ncar/catalog/honda/zest/F001-M001/image/?img=1
2006年に登場したゼストの前期モデルが総額50万円以下で購入できます。前期モデルでは登場から年数は約8年経過していますがまだまだ古さを感じさせない内外装デザインとスポーツ性から人気が高く高値で推移しています。

標準タイプのDがお得でオススメ

オートエアコンが標準装備されるなど装備は充実していますが外装でエアロパーツが付いていませんので中古車市場では人気が薄くなっています。そのため中古車試乗ではスポーツよりもお求め安い価格です。

ゼストスポーツで狙うならGグレードです。Wグレードはまだまだ高値で推移しているため総額50万円では手が届かないクルマが多くなっています。Gグレードでも10万キロ前後走行したクルマが多く低走行車を探すのは難しい状態です。

後期モデルは予算アップが必要

予算を総額60万円までアップさせると後期のスパークで走行距離が10万キロ以上走行したクルマが探せます。しかし、全体的な程度を考慮するとまだまだ予算不足。程度が良く走行距離は5万キロ前後なら予算総額は80万円まで見る必要があります。5年以上経過したメーカー保証の切れた軽自動車は耐久性でも不安です。新車のスズキアルトやダイハツミライースの価格に迫ってきます。

後期モデルの標準タイプDグレードも中古車市場では見かけますがDグレードは総額60万円前後でスパークよりも走行距離が少ないクルマが目立ちますのでスパークが第一希望でも見てみる価値は十分にあります。ただし、台数は少ないですので必ずお住まいの地域に中古車として販売されているとは限らないグレードです。

新車のNワゴンもみてみよう

新車のNワゴンのCグレードはベーシックグレードながらオートエアコンとアイドリングストップシステム、横滑り防止装置を標準装備し109万円が車両価格。残価設定プラン60回なら5年後の残価は25%で約27万円のため109万円-82万円。新車値引きが車両価格から7万円前後の値引きで新車車両価格は75万円まで下がり5年間で支払う価格は中古車に支払う金額と変わりありません。また、保証も全て付いてきます。

しかし、残価設定した据え置き分は返却しない限り5年後にはしっかり支払う必要がありますので注意が必要です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

失敗しない中古車選び!総額50万円で買う日産モコの価格相場

モコとはこんなクルマ

2002年に発売開始した日産初の軽自動車です。しかし製造は日産では行わずスズキからの相手先ブランド供給(OEM)で兄弟車にあたるのはMRワゴンです。

収納スペースの多さや運転のし易さなど追求し、若い女性ユーザーをターゲットに販売されたのがMRワゴンとモコです。これまでパパのクルマがスカイラインやセドリック、フーガなど普通車を乗り継いている家庭でママ用のクルマは軽がいいという要望にモコは十分対応する形になりニーズを逃がしませんでした。また、娘さんのクルマ選びに追加しても良いでしょう。これまでダイハツやスズキにニーズを奪われていた軽自動車を日産が自社で販売できるようになったことは日産にとって大きなメリットです。

初代はターボなしエンジンとターボエンジンの二種類にコラム式4ATの組み合わせでした。ターボエンジンは60馬力の実用重視のマイルドターボです。販売力の差かデザインがモコの方が受け入れられたのかは定かではありませんが本家のMRワゴンよりモコの方が販売台数が多かったのも事実です。

2006年にはMRワゴンのフルモデルチェンジに続いてモコが発売されました。初代モコはフロントグリルをMRワゴンと差別化するのが大きな違いでしたが、二代目モコはフロントグリルの他、ヘッドライト形状も専用設計になりました。MRワゴン同様にコラムシフトからインパネシフトに変更されました。

内装はMRワゴンと共通デザイン。違うのはステアリング中央のエンブレムが日産かスズキかの違いのみです。2011年には現行モデルの三代目モコが登場しました。

MRワゴンとの違いは?

MRワゴンと内装はほぼ共通で外装も基本共通です。しかしバンパー形状、ヘッドライトやテールレンズの形状、フロントグリルの形状が違います。初代モコのフロントグリルは当時の日産車のフロントグリルの特徴でもあったウインググリルを採用しひと目で日産の軽とわかるデザインでした。ウインググリル形状は当時のマーチやプリメーラに採用されていました。

先代モデルも狙える まだまた新しいモコ

05-23モコa
出典 http://carview.yahoo.co.jp/ncar/catalog/nissan/moco/F002-M002/image/?img=1
2006年に登場した二代目モコの前期モデルが総額50万円以下で購入できるクルマも出てきています。古さは感じさせませんが10年近く経過の軽自動車になります。走行距離は10万キロ走行のクルマも出てきていますが5万キロ前後の低走行車も探せば見つかるレベルで流通しています。MRワゴンでは一部オプション化されていたABSはモコでは全グレードに標準装備されました。
グレード体系はS、E、GでGはターボエンジン搭載です。

前期と後期の違いは?

前期と後期モデルの違いはEグレード以上に後期からオートライトシステムが標準装備されました。また、全車にシートリフターが標準化され少しでも良いドライビングポジションがとりやすくなりました。

オートエアコン標準装備のEを狙おう!

Eグレード以上ならスマートキーとオートエアコンが装備されるなど快適装備が充実しています。Sグレードも普段使いには不足ありませんが近い価格帯でモコを選ぶならより上級のEグレードをオススメします。

Sグレードはレンタカーやカーリースに使用されたクルマも多く台数は多く出ています。走行距離も5万キロから7万キロでしっかりメンテナンスされたクルマが目立ちます。程度重視でじっくり選び、装備差を気にしないなら程度の良いSも良い選択です。

選べる初代モコ 充実装備車を狙おう!

05-23モコb
出典 http://carview.yahoo.co.jp/ncar/catalog/nissan/moco/F001-M003/image/?img=1
初代モコは全てのグレード、年式で総額50万円で狙えます。グレード体系はB、C、Q、Tで後期モデルからはBグレードが廃止されています。
Bグレードは装備を簡素化したモデル。オーディオレス、ドアアウターハンドルは同色ではなくブラックのまま。標準モデルはCグレードで、CDオーディオとリヤドアが着色されたプライバシーガラスが標準装備されます。さらにQグレードには電動格納式カラードアミラーとCDに加えてMDオーディオも装備されます。TグレードはターボモデルでQグレードの装備に加えてオートエアコンも装備されるグレードです。

前期と後期の違いは?

初代モコの外観デザインで前期と後期の違いは判らないほどです。内装デザインで違いがあり、前期はセパレートタイプのフロントシートに対して後期はベンチシートになります。さらに後席のシートスライド量が30mm拡大しました。計器類では前期が盤面自発光タイプのメーターでしたが後期ではノーマルタイプに変更されています。自発光式にこだわれば前期モデルを探しましょう。

ターボも選べる魅力

前期後期問わずにターボのTグレードも購入可能です。前期後期問わずに程度重視で選びましょう。ターボはワゴンRならFTに相当するグレードに搭載されるマイルドターボです。2000回転から4000回転の日常域でターボが効きますので非常に使い易いエンジンです。

ブランベージュセレクションの特別仕様車を狙おう!

2004年末に発売されたブランベージュセレクションはブラン(フランス語で白)とベージュのインテリアカラーが選べたグレードです。中古車は選べません。しかし中古車市場ではベージュがほとんどです。

シートカラーとインパネ、ドアトリムが専用カラーになり、専用アルミホイール、MDCDオーディオと専用タコメーターが装備され内装重視のユーザーにはオススメです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

失敗しない中古車選び!総額50万円で買うダイハツタントの価格相場

タントとはこんなクルマ

2003年に初代タントが発売されました。ムーヴよりも室内が高く広く、アトレーよりも低燃費で乗り心地が良い乗用設計でスーパーハイト軽ワゴンのジャンルを確立させ人気を得ました。
二年後にはエアロバンパーなど装備したスポーティなタントカスタムもラインナップされました。初代タントのドアは全ドアヒンジ式でスライドドアになったのは二代目からです。

初代のグレード体系はL、X、XリミテッドにターボエンジンのRとRSがラインラップされトランスミッションはインパネシフトの4AT。ただしターボ無しの4WDのみ3AT]になるので4WD選択の際には注意が必要です。

二代目からはセンターピラーレススライドドア採用

出典 http://www.daihatsu.co.jp/lineup/tanto/detail.htm
05-22タント画像
2007年に末にフルモデルチェンジした二代目タントからは前ドアと後ろドアの支柱がないピラーレスの大開口のスライドドア「ミラクルオープンドア」を採用し注目を浴びました。リヤスライドドアにピラーを内蔵することで安全性も確保しています。
二代目からは全車4AT化され、2010年のマイナーチェンジではCVT化されています。また、エンジンは新型のKF型に変更されたことによりタイミングベルト方式からチェーン方式に変更されました。
2013年にタントは現行の新型にフルモデルチェンジしています。

スズキパレットの登場で競争激化

タントの人気にあやかりたいスズキはスーパーハイト軽ワゴン市場を独占されてはとの思いでパレットを発売しました。パレットはセンターピラーは残っているもののスライドドアを採用し乗降性も良好。ハントとパレットの販売競争が激化しました。

新しいモデルはL375S/L385S系

05-22タントa
出典 http://carview.yahoo.co.jp/ncar/catalog/daihatsu/tanto/F002-M007/image/?img=1
2007年末に登場した二代目タントの前期モデルが総額50万円以下で購入できるクルマも出てきています。三回目の車検も終え四回目の車検を迎えるクルマになりますが室内広々のタントは人気で二代目タントが総額50万円以下で購入できるのは走行距離が10万キロ以上または修復歴有、ベーシックなLグレードだったりとまだまだ選択に幅はありません。あと15万円の予算アップで10万キロ走行以下、パワースライドドア付の充実装備のタントが選べるようになります。カスタム系グレードはまだまだ高値で推移していますので狙えないと思った方が良いです。

新車購入検討も視野に探そう

8年以上経過してもなかなか中古車価格は落ちない。つまり新車で8年乗っても高価買取や高値で下取りが期待できます。タントの新車でエマージェンシーブレーキ標準装備のL SAグレードは約128万円です。中古車で100万円前後支払先代モデルに乗るならプラス約20万円ほどで新車に乗れるメリットも魅力的です。

新車なら保証はフルで付きますので安心。さらには5年後7年後に手放す際には高値で売却や下取りが望めます。7年の長期ローンを組めば5年経過時には残債額を下取り価格を上回ることも予想されます。

残価設定プランを活用すれば5年間での分割対象額は100万円を切ります。中古車と同等もしくは安い月々の支払額で新車に乗ることが可能な計算になります。ただし、残価設定した残額は5年経過後に一括で支払自分のクルマにするか再ローンで乗り続けるか、返却するか選択が必要です。様々な条件、設定もありますので詳しくは販売店スタッフとよく話をしたうえで判断しましょう。

中心モデルはL350S/L360S系

05-22タントb
出典 http://carview.yahoo.co.jp/ncar/catalog/daihatsu/tanto/F001-M002/image/?img=5
初代タントなら、10万キロ未満の走行距離のクルマでも十分総額50万円以内で選べます。ただし、後期型の走行距離が少ないクルマは、総額50万円では買えないクルマもあります。

カスタム系グレードも選択可能ですが、カスタム系は10万キロ以上走行したモデルが中心になります。

狙い目は充実装備のX以上のグレード

タントの狙い目はオートエアコンやオーディオが充実したXやXリミテッドを選ぶことをオススメします。Lグレードでも普段使いでは装備は十分ですが価格差がグレードによりあまりないことから上級グレードを選ぶに越したことはありません。また、ナビゲーションシステムなど装着済のタントならよりお得です。

動力性能に有利なターボモデルも選択可能です。ターボのRやRSは走行距離が多めなクルマが目立ちます。エンジンの異音が無く、トランスミッションの状態も良好な良質車なら総額50万円を少々オーバーして購入しても失敗とは言えません。

タイミングベルトは忘れないように注意

初代タントのエンジンはタイミングベルト方式のエンジンです。ほとんどの車種が10年前後の経過車となっています。10年10万キロで交換が必要なタイミングベルトはほとんどのクルマが交換必要となっています。たとえ現在の走行距離が5万キロ前後など少なくても年数で追えば交換となります。逆に、10万キロ走行しタイミングベルト交換済のクルマであれば次の交換タイミングまでは安心できますので交換済のクルマを選ぶこともオススメです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0