トヨタC-HR&スバルXVコンパクトSUV徹底比較

コンパクトSUVで人気の高いトヨタC-HRと新型になって間もないスバルXVを徹底比較します。両車とも全長は4.5m未満とコンパクトサイズで取回し易いサイズです。車幅は両車1.8m前後ありワイドボティで3ナンバーでボディサイズが同等サイズの両車です。C-HRは2017年1月~5月のSUV販売台数1位の人気車種で同じクラスではホンダヴェゼルも人気で競合時には外せない車種です。スバルXVは人気のC-HRに対して優位性はどれだけあるかにも注目し比較します。

C-HRは2016年12月にプリウスと共通のプラットフォーム「TNGA」を採用し2WD車はプリウス同様のハイブリッドシステム、4WD車は1.2Lダウンサイジングターボエンジンの二本立てで登場しました。予防安全では衝突軽減ブレーキを含むトヨタセーフティセンスPを全車標準装備しました。XVは2017年5月にフルモデルチェンジを実施。1.6Lと2.0Lエンジンを搭載。先代モデルにラインナップされたハイブリッドは無くノーマルのガソリンエンジンのみでターボ設定もありません。国内トップクラスの予防安全性能を誇る「アイサイト3」を全車標準装備するなど安全面も充実しています。

写真 C-HR G-T
出典 http://toyota.jp/c-hr/grade/g_t/?padid=ag341_from_chr_grade_grade_gt_detail_thumb


写真 XV 2.0i-Sアイサイト
出典 https://www.subaru.jp/xv/xv/design/exterior.html

エクステリア比較

ボリュームのある流線型デザインのC-HRに対し比較的オーソドックスなハッチバックスタイルのXV。デザインの好みで大きく分かれる部分があります。ボディサイズは同等でも全くスタイルの違うクルマです。

C-HRのリヤドアハンドルはルーフ近くに取り付けられており、まるでリヤドアが存在しないクーペのようなスタイリッシュなデザインです。デートカーには最適ですが、気になる点は高い位置にあるリヤドアハンドルに小さな子供は手が届きません。ファミリーユースには使い勝手も含めて十分確認が必要です。

C-HRはリヤの絞り込みが大きくリヤガラスの下端が上になるデザインのため後方視界が良くありません。また、左右の斜め後方視界も良くありませんのでバックする際には十分注意が必要です。バックモニターである程度は視界は解消されますが後方視界を重視するならXVが有利です。

グレード選択はC-HRの場合には4WD+18インチアルミホイールを装備した1.2LターボエンジンのG-Tグレードを、XVの場合も18インチアルミホイールを装備する最上級グレード2.0i-Sアイサイトを選択しました。どちらの車種にも自動ブレーキシステムや左右独立温度調整式オートエアコンが装備されます。両車最上級グレードがおススメグレードになります。

C-HR G-T のスペック

全長4,360mm 全幅1,795mm 全高1,565mm
車両重量1,470kg
ハロゲンヘッドライト(オート機能付)
LEDヘッドライトはメーカーオプションで151,200円
18インチアルミホイール タイヤサイズ225/50R18
乗車定員 5名
最小回転半径 5.2m

XV 2.0i-Sアイサイトのスペック

全長4,465mm 全幅1,800mm 全高1,550mm
車両重量1,440kg
LEDヘッドライト(オート機能付)
18インチアルミホイール タイヤサイズ225/55R18
乗車定員 5名
最小回転半径 5.4m

両車運転席からのアイポイントが高く、運転のし易さが特徴です。XVはLEDヘッドライトが標準装備されるのに対してC-HRはオプション設定です。ボディサイズは両車同等のサイズですが、注目点は全高です。XVの全高1,550mmは幅の制限がクリアできれば立体駐車場ギリギリのサイズで駐車場の選択肢が広がります。

取回し性能はほぼ同等

どちらも18インチホイール装着し最小回転半径C-HRは5.2m、XVは5.4mです。若干C-HRの数値が上回りますがC-HRのボディ感覚のつかみにくさを考慮すれば取回し性能はほぼ同等です。

どちらも車幅で3ナンバー

エンジン、全長、全高のスペックは5ナンバーサイズですが、全幅のみ3ナンバーサイズになります。

運動性能比較

C-HRは1.2Lガソリン+インタークーラー付ターボエンジン、XVは2.0Lエンジンを搭載。瞬発性を求めるならC-HR、高速走行性能と日常域トルクはXVが使い易い印象があります。両車JC08モード燃費はC-HRが15.4km/L、XVが16.0km/Lと同じスペックです。しかし、排気量の少ないC-HRの数値が低いことは気になるのに加え、山間部や高速走行ではアクセル開度が大きくなりがちなため燃費差はさらに広がることが予想されます。

C-HR G-Tのスペック

エンジン 直列4気筒16バルブDOHC インタークーラー付ターボ
総排気量   1.196L
燃費対策 充電制御、直噴エンジン、ミラーサイクル、可変バルブタイミング、電動パワーステアリング、自動無段変速
最高出力116馬力/5,200~5,600回転
最大トルク18.9kgm/1,500~4,000回転
JC08モード燃費15.4km/L
トランスミッション 自動無段変速 7速シーケンシャルシフトマチック付
ブレーキ(前/後)ベンチレーテッドディスク/ディスク
フロントサスペンション マクファーソンストラット(スタビライザー付)
リヤサスペンション ダブルウィッシュボーン式(スタビライザー付)

XV 2.0i-Sアイサイトのスペック

エンジン 直列4気筒16バルブDOHC
総排気量   1.995L
燃費対策 筒内直接噴射、可変バルブタイミング、電動パワーステアリング、自動無段変速、ロックアップ機構付トルクコンバーター、アイドリングストップ装置
最高出力154馬力/6,000回転
最大トルク20.0kgm/4,000回転
JC08モード燃費 16.0km/L
トランスミッション CVT リニアトロニック
ブレーキ(前/後) ベンチレーテッドディスク/ディスク
フロントサスペンション マクファーソンストラット(スタビライザー付)
リヤサスペンション ダブルウィッシュボーン式(スタビライザー付)

ゆとりのXVと楽しさのC-HR

長距離ドライブ、高速走行性能は排気量もパワーもある2.0LエンジンのXVにアドバンテージがあります。パンチ力には欠けますが、あらゆる運転状況に不足なくパワーが付いてきますので疲れにくいエンジンです。C-HRの1.2Lターボエンジンは街乗りでの俊敏性がよくレスポンスも悪くありません。日常使用する回転域で常に最大トルクが発生しますので街乗りでは非常にキビキビ走ることができるクルマです。高速域で少々苦しくなる場面があります。絶対的なパワー不足は否めません。CVTをマニュアルモードで走行することで登り坂での失速を未然に防ぐことができます。ゆとりがあり、燃費性能に優れたXVに魅力があります。

燃費性能と高速走行性能はC-HRハイブリッド

C-HRには1.8Lエンジン+モーターのハイブリッドもラインナップされます。こちらは前輪駆動方式の2WDのみの設定です。プリウスと同じパワーユニットを持ちJC08モード燃費は30.2km/Lと圧倒的な低燃費。XVの燃費と比べものになりません。また、高速走行性能も1.8Lエンジンとモーターアシストにより静かでパワフルな走行が可能です。ハイブリッドには4WD設定がありませんのでC-HRハイブリッドと比較する車種はホンダヴェゼルハイブリッドがベストチョイスになります。

税制面ではどうなるの?

XVでは2.0i-Sアイサイトは購入時の自動車取得税が20%、重量税が25%減税されます。XVで減税対象は2.0Lエンジンの2.0i-Sアイサイトと2.0i-Lアイサイトのオプション装着で1,430kg以上の車重になった場合のみです。しかしC-HRの1.2Lターボ車は減税対象外。ハイブリッドは税金がかからない免税です。

室内・使い勝手比較

C-HR G-Tのインテリア

出典 http://toyota.jp/c-hr/interior/?padid=ag341_from_chr_navi_interior

出典 http://toyota.jp/c-hr/interior/comfort/?padid=ag341_from_c-hr_in_comfort03

XV 2.0i-Sアイサイトのインテリア

出典 https://www.subaru.jp/xv/xv/design/interior.html

出典 https://www.subaru.jp/xv/xv/utility/package.html

両車インテリアの質感は高いレベル

C-HRはプリウスのインテリアをベースに専用設計されたインパネは美しく質感が非常に高く上質です。オートエアコン操作パネルはプッシュ&デジタル式で操作性も良好で高級感があるスッキリしたデザインは魅力的です。

XVのインテリアも質感は高くインパネ、ドアトリム、シートに至るまでオレンジのスティッチ(縫い目)が施されスポーティさと高級感を両立されています。XVのエアコン操作パネルはC-HRと比較するとプラスチック感が強く、操作性や機能性は問題ありませんが高級感、上質感を求めるとC-HRにアドバンテージがあります。

ラゲッジスペースの使い勝手は?

ラゲッジスペースは両車十分な広さを確保し6:4分割可倒式リヤシートのため乗車人員を確保しながら長物を積載することができます。また、両車シートを倒した際にはほぼフラット状態になり機能性抜群です。

ラゲッジスペースのポイントはホイールハウスの左右の出っ張りの無いC-HRと高さのある荷物を積みやすいXVです。同じリヤダブルウィッシュボーン式サスペンションを採用してますが、C-HRの足回りデザインはラゲッジスペースを犠牲にしない優れたデザインです。XVは左右のホイールハウスが張り出すため多く荷物を積む際には積載のロスが生じます。C-HRのリヤデザインがクーペタイプのクルマのように絞り込まれたデザインでスポーティです。反面、高さのある荷物を手前に積み込むとリヤガラスが当たってしまいます。XVは高さのある荷物も心配することなくリヤゲートを閉めることが出来、実用性を最優先しています。

C-HR G-Tの装備

左右独立温度調整式オートエアコン
本革巻ステアリング
自発光式メーター
上級ファブリック+本革シート

XV 2.0i-Sアイサイトの装備

左右独立温度調整式オートエアコン
本革巻ステアリング
トリコット+合成皮革シート
運転席助手席8ウェイパワーシート

革を使用したシートで上質

両車、ファブリック+革で造られたシートを採用し高級感とスポーティさを演出しています。電動でシート調整可能なパワーシートはXVに標準装備されますが、C-HRには設定がありません。

安全性能比較

安全性能比較は自動ブレーキシステムを含む先進安全装備の性能を比較。
C-HRにはトヨタ上級車に装備されるトヨタセーフティセンスPを採用。精度の高いミリ波レーダー方式+単眼カメラを採用しています。また、サイド&カーテンエアバックも標準装備されます。XVにはアイサイト3が搭載され2つのカメラで危険を察知し衝突軽減または回避を高いレベルで行います。

共通のポイントはココ!

両車、衝突軽減ブレーキは高速域までカバーできる実用性を確保しています。歩行者認識機能や車速感応式のレーダークルーズコントロール、車線逸脱警報&ステアリングアシスト、カーテン&サイドエアバックも標準装備され安全面では高いレベルで共通しています。

ここが有利なポイント

C-HRのレーダークルーズコントロールは先行車が停止した時は自車も停止して停止状態を保持することが可能です。先行車が発進した時はドライバー操作により発進し、追従走行を再開します。XVの場合には30km/h以上からの制御です。

XVの安全性能には歩行者保護が加わります。インプレッサ同様に歩行者保護エアバックが標準装備されC-HRのみならず他のメーカーのクルマに対してもアドバンテージがあります。

車両本体価格比較

C-HR G-T          2,775,600円
おススメオプション LEDヘッドライト  151,200円
車両本体価格+おススメオプション合計額   2,926,800円

XV 2.0i-Sアイサイト       2,678,400円
おススメオプション             0円
車両本体価格+おススメオプション合計額   2,678,400円

車両本体価格におススメオプションを加え両車できるだけ同等の装備内容にすれば価格差はなんと約25万円でXVがお求めやすい価格になります。LEDヘッドライトを標準装備し、スバルの最新予防安全技術アイサイト3の自動ブレーキに加え歩行者保護エアバックも標準装備されるXV。ゆとり高速走行と安全面を重視すればXVを選ぶことをおススメします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

新型スバルXV新車価格情報と、値引き購入のコツ2017!


出典 https://www.subaru.jp/xv/xv/design/exterior.html

スバルXVのスペック情報

スバルXVの価格帯

2,138,400円~2,678,400円(税込)

スバルXVのグレード情報

1.6iアイサイト、1.6i-Lアイサイト、2.0i-Lアイサイト、2.0i-Sアイサイト
全グレードAWD

編集部おススメグレード 2.0i-Sアイサイト 2,678,400円(税込)
18インチアルミホイール、運転席&助手席パワーシート、LEDヘッドランプが標準装備の最上級グレード2.0i-Sアイサイトがおススメです。排気量による価格差よりも、パワーの差が大きく、燃費性能はJC08モードで1.6Lエンジンも2.0Lエンジンも差がありません。むしろ若干2.0Lエンジンの方が燃費数値が良いので2.0Lモデルを選択することをおススメします。

エマージェンシーブレーキ+車線逸脱警報+ふらつき警報+誤発進抑制機能の装備を併せ持つアイサイトバージョン3はステレオカメラ方式ですので歩行者や自転車の認識にも優れ、歩行者保護エアバッグも標準装備され予防安全性能評価最高ランクASV++を獲得しています。

エントリーグレードは先代モデルと比較し価格は低価格化を実現。先代モデルではアイサイトは最上級モデルのみの設定でしたが、新型XVは全グレード標準装備されました。さらに、歩行者保護エアバッグも標準装備されライバル車に安全面では高いアドバンテージを確保しています。

野生派?実用派?シティ派?すべてOK

スバルXVはインプレッサベースに開発されたSUVです。SUVには見えない車体の高さですがSUVに分類されます。

最低地上高は200mmとオフロード車並みのロードクリアランスを持ちながら車体の高さは1550mmと立体駐車場にも入れる高さは貴重です。ただしすべての立体駐車場に入れるとは限りませんので注意して下さい。

ベースは乗用車ベースで本格オフロードは無理ですが200mmのロードクリアランスは多少の悪路でも下回りを擦ることがありません。また、雪道でも大抵は他の車が通った後なら雪で下回りを擦ることはないです。街乗りでは立体駐車場も使え便利でインプレッサベースですので、ちょっとしたワゴンにも使え実用的です。

1.6Lと2.0Lエンジンの二本立て ハイブリッドの用意は?

スバル伝統の水平対向エンジンは可変バルブを採用したFB20型に進化しました。
レガシィで鍛えられたスバルの2.0Lエンジンは先代のEJ20型でもシングルカムとは思えない力強さを持っていました。新型のFB20型はツインカム、可変バルブタイミング採用で更に力強く低燃費を実現しました。4WD車で16.4km/Lの燃費は良好です。

先代XVにはハイブリットモデルもラインナップしましたが新型にはありません。先代モデルでも価格差の割には燃費の恩恵が得られないのも事実でした。マイナーチェンジで用意されるか、このまま用意されないかは未定です。

1.6Lエンジンを選ぶメリットは?

XVの場合1.6Lと2.0Lエンジンとではスペック上のパワーは2.0Lエンジンが上で燃費性能はJC08モードではグレードによる微妙に異なりますがほぼ同等です。燃費が同じでパワーがあるなら2.0Lを迷わず選択したいものです。しかし1.6Lのメリットは何か必ずあるはずです。

1.6Lエンジン搭載モデルは同じi-Lグレードで比較し価格は22万円(消費税別)の価格差があります。お求め易さではメリットがあります。実際の走りにおいては日常使用域では2.0Lエンジン搭載モデルと差が感じられません。その理由は、トランスミッションにあり、最終減速比が1.6Lモデルは高く設定されています。つまり、2.0Lモデルと走行性能を近づけるために回転を上げパワーを引き出しやすくしています。高回転になるためJC08モード燃費は伸びなくなる理由がはっきりします。低価格で街乗り重視なら1.6Lモデルを選択するメリットが生まれます。

水平対向エンジンのメリットを生かした走行安定性

車高も低いため走行安定性に優れ、リヤサスペンションはダブルウィッシュボーン式で乗り心地に優れ、スポーティさと乗り心地の良さを両立させています。

スバルの4WD技術は日本一

スバルは乗用タイプ4WDの技術はレオーネでデビューしてから高い技術で高い走行性能を誇ってきました。新型XVにも高い性能の4WD技術活かされています。滑りやすい路面でも横滑り防止装置と協調しながらトルク配分を行い、ドライ路面では4WDを全く意識することない自然なハンドリングを実現しています。

スポーティな内装で質感も向上



出典 https://www.subaru.jp/xv/xv/design/interior.html

ベースはインプレッサ

スポーティな雰囲気の内装で先代モデルの課題でもあった質感が大きく向上しています。特にインパネからドアトリム(内張り)にかけては造りの良さが実感できます。上級の2.0Lモデルに採用されているオレンジカラーのスティッチは高級感とスポーティさを兼ね備えています

エアコンパネルの操作性はダイヤル+プッシュコントロール式で良好です。1.6Lモデルもオートエアコンを採用し、2.0Lモデルは左右独立温度調整式となりさらにグレードアップしました。

メーターパネルはレヴォーグ同様水平指針を採用。視認性に優れ中央には4.2インチの液晶ディプレイが装備されドライビング情報が表示されます。
エアコンや燃費情報、アイサイト作動表示はインパネ中央上部の6.3型モニターに表示されます。先代モデルと比較し視認性は大幅にアップし安全性にもつながっています。

使い勝手良好でもリヤシートは狭め

フロントシートはサポート性も良好で快適ですがリヤシートは狭く感じます。特に頭上空間にゆとりはありません。ラゲッジルームはハッチバック車の積載性ですのでSUVやステーションワゴンの感覚ですと狭く感じます。リヤシートは分割可倒式シートで長い物でも積載可能でスノーボードも室内にそのまま積むことが可能です。

競合は幅広い車種が該当 遊び心を買おう

XVの競合は同じSUVではトヨタC-HR、日産ジュークやエクストレイル、ホンダヴェゼル、また、ミドルサイズハッチバックではマツダアクセラスポーツなど幅広く比較検討できます。先進の高い安全装備「アイサイト3」と高い4WD性能かつ遊び心いっぱいのXVを指名買いする方法もおススメの車です。

値引き目標は10万円

車両本体価格と販売店装着オプションから総額で10万円前後の値引きを目標にしましょう。新型登場から間もないため値引きは渋めです。しかし、9月仮決算期、年末商戦にかけて値引き拡大が予想されます。販売店装着ナビを選んで総額15万円値引きも十分狙えますので、すぐ欲しいユーザー以外は「待ち」がおススメです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

新型ダイハツミライース新車価格情報と、値引き購入のコツ2017!


出典 https://www.daihatsu.co.jp/lineup/mira_e-s/03_exterior.htm

ダイハツミライースのスペック情報

ダイハツミライースの価格帯

842,400円~1,339,200円(税込)

ダイハツミライースのグレード情報

B、B SAⅢ、L、L SAⅢ、X SAⅢ、G SAⅢ
各グレードに4WD車設定あり

編集部おススメグレード L SAⅢ 939,600円(税込)

通勤、買い物用で普段は1人~2人乗車ならL SAⅢグレードがおススメです。
100万円を切った税込み価格でエアコン、スマートアシストによる緊急ブレーキ、横滑り防止のVSCまで装備しています。緊急ブレーキは対車両では警報は100km/h、ブレーキは80km/hの速度まで対応し、先代モデルでは追突防止程度の緊急ブレーキのため安全性能では大幅に進化しました。

後部座席も多用するユーザーはリヤヘッドレストが装着されるXグレード以上を選択するか、オプションでリヤヘッドレスト(1万円)装着をおススメします。Bグレードは商用車向けですがLグレードと比較し3万円安い価格のみ。装備差はフルホイールキャップと後席パワーウインドウの有無ですので商用以外の使用目的ならLグレード以上がおススメです。

低燃費で低価格の第二弾

新型もこれまで同様35.2km/L

低燃費で低価格「第三のエコカー」とも呼ばれるミライースは従来のガソリンエンジンのみでもハイブリッド車並みの低燃費を実現しています。燃費性能はJC08モード35.2km/Lで先代モデルと変わらない数値でライバルのスズキアルトの37.0km/Lに対抗しなかった。

WLTPモードを意識

2018年10月から導入を検討している新燃費基準がWLTPモードと呼ばれる国際基準の燃費測定方法です。「市街地」「郊外」「高速道路」など日本では3つのモード(海外では超高速も含めた4つ)で数値化され、また、その平均も表示される予定です。実際の使用により近づくためJC08モードで燃費の良いCVT車やハイブリッド車の燃費数値は悪化しします。つまり、現在のCVT車やハイブリッド車の燃費数値はカタログ燃費と実際の燃費での燃費差は大きいのです。

新型ミライースはLグレードで車両重量は650kgと軽量化を図り各パーツの低フリクション化もしっかり行っていますので先代モデルより動力性能及び実際の燃費は良くなることは間違いありません。カタログ燃費より実際の燃費や走行性能を重視することはWLTPモード導入に合わせた対策と言っても良いです。

エアロパーツも用意

フロントバンパー下部に装着されるフロントロアスカートとサイドバンパーに装着されるサイドストーンガードがセットのエアロパックや、フロントLEDフォグランプ、14インチアルミホイールなど純正カスタムパーツが用意され先代の丸型デザインと比較し新型は角張ったデザインのため、より、スポーティでカッコイイデザインに仕上がります。

OEM各車もフルモデルチェンジ

ミライースの兄弟車としてダイハツがOEM(相手先ブランド生産)供給しているトヨタピクシスエポック、ダイハツプレオも同様にフルモデルチェンジを実施しています。

デジタルメーターを継承 より使い易さ向上へ



出典 https://www.daihatsu.co.jp/lineup/mira_e-s/04_interior.htm
新型ミライースのインテリアデザインは先代モデルと大きくは変わりありませんが、使い易さの向上が感じられます。新型のメーター表示は全車白色表示になりました。グレード別の違いはXグレード以上ではメーターパネル内にTFT液晶を装備し各種インフォメーションを表示します。

運転席シートの高さ調整可能なシートリフター、ステアリングの高さを調整するチルトステアリングは最上級のGグレードのみの設定でコスト削減の色は隠せません。実際に展示車でシート位置やステアリング位置を確認することが大切です。

エアコン操作パネルは操作スイッチの大きなマニュアルエアコンのため操作性に優れています。オートエアコンは最上級のGグレードにのみ装備され、ムーヴなどと共通の操作パネルで見た目も操作性も優れています。オーディオは全車オーディオレスとなります。内装の材質はシンプルなプラスチック素材ですがキレイにまとまっているため価格は安いですがそれ以上の質感は保っています。

インパネシフトはハンドルから手が届きやすく、ひざ元にチェンジレバーが無いため足元にもゆとりがあります。インパネデザインが直線基調のためスッキリ感が高く、左右にはドリンクホルダーも装備されています。

スマートアシストⅢでライバルをリード

新型ミライースの自動ブレーキ性能は大幅に向上し上級車並みの自動ブレーキ性能を装備しました。緊急ブレーキは対車両では警報は100km/h、ブレーキは80km/hの速度まで対応しています。先代までの追突防止程度の30km/hまでの対応速度から大幅に進化しています。また、50km/hまでは歩行者認識も可能で安全性能を高めています。ライバル車のアルトやN-BOXは現在でも30km/hまでの自動ブレーキ性能のためスマートアシストⅢは一歩リードしています。

車線のはみだしを警報でお知らせする機能も装備し、オートマチックハイビーム、アクセルとブレーキの踏み間違え防止のため急発進抑制装置も装備されます。

ライバルはスズキアルト 値引きは渋い

値引きはもう少し待とう

値引き額は車両本体で0~2万円、販売店オプションのカーナビ装着の場合はオプションから5万円引きを狙いましょう。下取り車を除くトータルで5万円引きなら現時点では買いです。新型のため車両からの値引きは厳しい状況です。販売店オプションからの値引きを狙う方法ですが、高額なナビゲーションを装着しない場合には値引きが厳しい状況です。
納車費用などの諸費用、車庫証明が必要な地域では車庫証明費用をカットし少しでも総額を下げる努力が必要です。

これから9月の仮決算時期や年末商戦など時期を見据えての交渉が可能なユーザーはもう少し待ち、少しでも条件が良い状況で商談することをおススメします。

ライバルはアルト ピクシスエポックやプレオのOEM車も見よう

値引き獲得のためにはアルトの見積を用意しましょう。アルトは燃費性能などのスペック上はミライースより良くなっています。しかし、カタログには無い実用性能を高めた性能を営業スタッフはアピールしてきますので注意しましょう。

トヨタの販売店でピクシスエポック、スバルの販売店でプレオの商談も行い条件を確認することも大切です。特にトヨタでは軽自動車の販売には力を入れていないケースが多いため見積をお願いし条件をさらりと聞く程度で十分です。販売店オプション値引きで差が出る場合がありますので販売店オプション値引きだけはしっかり確認することが大切です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

20代男性にオススメのクルマはコレだ!軽自動車・普通自動車・ハイブリッド

若者のクルマ離れが進んでいると言われる中でもクルマを自分を主張したいユーザーも少なくありません。20年から30年前ならば2ドアスポーツタイプのクルマや大型セダンに憧れて、新車では購入できないから中古車探しに明け暮れ好きなクルマを見つけて、乗ったは良いが維持費にお金がかかり頭を悩ましたユーザーも多かった時代でした。

現在は、少しでもお金がかからない低燃費で維持費が安いクルマがあらゆる世代で人気で20代男性においてもあてはまります。クルマの走りやパワーは大事ですが、どちらかと言えば燃費性能重視、見た目のデザイン、カッコよさでクルマを選ぶ傾向にあります。どのようなクルマが20代男性に人気があるのか、軽自動車、コンパクトカー、SUVの3つのジャンルでトータルバランスに優れた、おススメの3車種をピックアップします。

軽自動車でおススメのクルマ

スズキワゴンRスティングレー


出典 http://www.suzuki.co.jp/car/wagonr_stingray/detail/
フルモデルチェンジしたばかりのワゴンRスティングレーはデザイン一新しスポーティになりました。全グレードにオート機能付LEDヘッドライトや、14インチアルミホイール、先進安全装備のデュアルセンサーブレーキサポート、オートエアコンなどの快適装備が標準装備されます。ハイブリッドXグレード以上マイルドハイブリッドシステムも搭載しハイブリッドXグレード2WD車の燃費はJC08モード33.4km/Lの低燃費を実現しています。

ハイブリッドX2WD車の車両価格は1,488,240円で背高軽自動車のスペーシアやタントの充実装備車と変わらない価格でエアロスポーティなスティングレーが購入できる魅力があります。

エアロバンパーやLEDヘッドライトも標準のためカスタムにお金をかけなくても十分カッコいいのも魅力です。純正アルミホイールは冬タイヤ用や下取りや売却時用に確保し、16インチから17インチアルミホイールでドレスアップしてみてはいかがでしょうか。

スズキワゴンRスティングレー価格帯

1,293,840円~1,779,840円 Lグレードセーフティパッケージ車は1,353,240円~

ホンダNボックスカスタム


出典 http://www.honda.co.jp/Nbox/webcatalog/type/custom/index.html
軽自動車で一番売れているNボックスは室内の広さはもちろんですがカッコよさも抜群です。特にワル顔になるカスタムシリーズは男性ユーザーに支持されています。カスタムG.Lパッケージ以上になると14インチアルミホイール、左側パワースライドドアが標準装備されます。プラズマクラスター機能付オートエアコンとディスチャージヘッドライトはカスタム全車標準装備で、自動ブレーキやカーテン&サイドエアバックを含むあんしんパッケージは全車にオプション設定です。

エンジンはノーマルエンジンとターボエンジンを用意していますが、ノーマルエンジンは軽自動車ナンバーワンの出力58馬力のためターボエンジン車を選ばなくてもキビキビ走ってくれる点も魅力的です。中心グレードのカスタムG.Lパッケージの車両価格は1,560,000円と価格は高めでフィットやデミオなどのコンパクトカーに手が届く価格帯です。軽自動車の扱いやすいコンパクトなボディサイズと税金の安さは魅力で小さくても室内は広々な点が人気のポイントです。

ホンダNボックスカスタム価格帯

1,490,000円~1,939,400円

スズキアルトワークス


出典 http://www.suzuki.co.jp/car/alto_works/detail/index.html
販売台数では爆発的に売れているわけではありませんが、20代クルマ好き男性にぜひおススメしたいクルマがスズキアルトワークスです。アルトターボRSのエンジンをさらにチューンナップしトルクを増強させ5MT車を設定しています。オートマ限定ユーザーには5AGSと呼ばれるシングルクラッチオートマチックも用意。しかし、安全装備のレーダーブレーキサポートは5AGS車に装備され5MT車には装備されません。さらに5AGS車にはパドルシフトも装備されノークラッチマニュアル走行が可能ですので5AGSの魅力も忘れてはいけません。オートエアコンやディスチャージヘッドライトは標準装備です。

アルトワークスは軽自動車で一番のスポーツ性能を誇ると言っても過言ではありません。軽スポーツの代表ともされるホンダS660よりもトルクでスペック上0.4kgm劣るものの車両重量は160kgも軽いためワークスの方が軽快で速いのです。さらに、乗車定員は4名荷物も積載可能の実用性も兼ね備えています。車両価格は2WD車で1,509,840円で5MT車も5AGS車も同一価格です。価格面でもホンダS660より約50万円安いのも魅力的です。

スズキアルトワークス価格帯

1,509,840円~1,617,840円

コンパクトカーでおススメのクルマ

ホンダフィット


出典 http://www.honda.co.jp/Fit/webcatalog/type/gasoline/
老若男女に支持されるホンダフィットは20代男性にもおススメです。インテリアデザインの質感は高くリヤシートも広く造られています。ガソリン車、ハイブリッド車をラインナップし、どちらも低燃費です。長距離走行がメインのユーザー以外はガソリン車がおススメです。1.3Lエンジンに無段変速CVTの組み合わせでJC08モード24.6km/Lの低燃費を実現しています。ボディ剛性も高く、静粛性にも優れているためミディアムセダンクラスに乗っている感覚です。

充実装備の1.3G Lパッケージなら自動ブレーキシステム、サイド&カーテンエアバックを含むあんしんパッケージ、LEDヘッドライト、クルーズコントロール、プラズマクラスター付オートエアコンが標準装備で十分満足できる装備内容です。車両価格は2WD車で1,562,000円で軽自動車並みの価格で購入できるのは魅力的です。

ホンダフィット価格帯

1,299,800円~2,221,000円

トヨタアクア


出典 http://toyota.jp/aqua/grade/grade3/
コンパクトハイブリッドのアクアはJC08モード37.0km/Lの低燃費で幅広い年齢層に支持されています。1.5Lの低燃費仕様ガソリンエンジンとモーターの組み合わせはモーターの力強い加速が味わえます。ストップ&ゴーの多い街乗りでは充電と放電を効率よく繰り返すことができるため街乗りでの燃費は良好です。走行用バッテリーが十分に残っている場合にはEVモードスイッチを押すことで概ね50km/hまでモーターのみでの走行が可能です。

上級Gグレードを選択すればトヨタの先進安全装備トヨタセーフティセンスCが装備され衝突軽減自動ブレーキや車線逸脱警報が装備されます。SグレードにはオプションですがSグレードにトヨタセーフティセンスCを装備するとGグレードの価格に近づきます。Gグレードにはクルーズコントロールも装備されます。Gグレードの車両価格は2,007,818円です。LEDランプパッケージでヘッドライトをLEDに変えることも可能でエアロパーツも豊富に用意されているところが20代男性に支持されています。しかし、トータルでの価格は高額になり、総額は250万円を突破するケースも見受けられます。

トヨタアクア価格帯

1,761,382円~2,100,109円

スズキスイフト


出典 http://www.suzuki.co.jp/car/swift/styling/
足回りの良さに定評のあるスズキスイフトが新型になり注目されています。モーターのみでの走行は出来ませんがマイルドハイブリッドを搭載したモデルもあります。マイルドハイブリッド搭載モデル2WD車のJC08モード燃費は27.4km/Lで軽自動車並みの低燃費を実現しています。実際の燃費は15km/L前後となりますが走る楽しさは忘れていません。デュアルジェットエンジンとCVTの組み合わせは完成度が増しスムーズな加速が味わえ、足回りも出だしは硬めですが速度が上がるにつれ路面をしっかりとらえ安定した走りを実現しています。実用性と低燃費、走りも楽しみたい男性にはおススメのスイフトです。

足回りが専用チューニングされたRSグレードがおススメ。ハイブリッドシステムを持つハイブリッドRSグレードがおススメです。デュアルセンサーブレーキサポートなど先進安全装備が装備されたセーフティパッケージ装着車2WDで車両価格は1,787,400円です。背の高い軽自動車のターボモデルと同等の価格帯で安全かつスポーティなスイフトハイブリッドRSが狙えます。

スズキスイフト価格帯

1,343,520円~1,941,840円

SUVでおススメのクルマ

日産エクストレイル


出典 http://www2.nissan.co.jp/X-TRAIL/exterior.html/
4WD車にはオールモード4×4を搭載し路面の状況に応じて100:0から50:50まで自動トルク配分しデフロックまで行う悪路走破性に優れたSUVです。車両価格は200万円台がメインで高性能&低価格で高い人気を得ています。ハイブリッドモデルも追加されモーターによる発進が可能なエクストレイルはガソリンモデルに比べ約4km/L燃費性能を伸ばしました。しかし距離を多く走らないユーザーはガソリンモデルをおススメします。車両価格の約26万円差はなかなか燃費で回収できません。エマージェンシーブレーキは全車に装備され安心です。

左右独立温度調整式オートエアコン、オートライトシステム、17インチアルミホイールを装備したXグレードがおススメです。20Xエマージェンシーブレーキ4WD 2列シート車で車両価格は2,619,360円です。時々3列シートを希望するユーザーはガソリンモデルに限り3列シート車も設定されています。ハイブリッド車には設定ありません。幅は3ナンバーサイズですが長さは5ナンバーサイズで扱いやすいエクストレイルは街乗りからアウトドアまで幅広く活躍します。

日産エクストレイル価格帯

2,238,840円~3,513,240円

スバルフォレスター


出典 http://www.subaru.jp/forester/forester/gallery/photo.html
まるで2WD車のような自然なハンドリングで定評があり、エンジン・トランスミッション・AWD・VDCを統合制御し、4輪の駆動力やブレーキなどを適切にコントロールするX-MODE搭載シンメトリカルAWDは悪路走破性も抜群です。アイサイト3搭載モデルもあり、2つのカメラを使い高いレベルでの車両や歩行者を認識し自動ブレーキ制御を実現しています。予防安全性能アセスメントにおいて、最高レベルの先進安全車「ASV++」を獲得しました。

LEDヘッドライト、17インチアルミホイール、前車追従機能式クルーズコントロール、左右独立温度調整式オートエアコン、アイサイト3を装備した2.0i-Lアイサイトの車両価格は2,689,200円です。エクストレイルと同価格帯でエンジン性能、燃費性能も同等のため選択に迷います。オフロード感の強い、より男性的な雰囲気を持つフォレスターはアウトドアでの用途が多いユーザーにおススメです。全車AWDかつサイド&カーテンエアバックを標準装備のため追加オプションが必要ないのも魅力のひとつです。

スバルフォレスター価格帯

2,149,200円~3,128,760円

マツダCX3


出典 http://www.mazda.co.jp/cars/cx-3/grade/?link_id=sbnv#cx-3
デミオをベースにワイドボティ化しSUVスタイルにしたのがCX3。ひと目でわかるマツダデザインとスカイアクティブテクノロジーをフルに搭載したCX3は1.5Lクリーンディーゼルエンジンのみのラインナップです。力強いボリューム感あるデザインと低燃費、ハンドリングの良さ、力強い加速感を両立し20代男性におススメのクルマです。マニュアルトランスミッションも各グレードに用意され操る楽しさを求めるユーザーにも対応しています。

オートエアコン、LEDヘッドライト、80km/hまで対応するアドバンスドスマートシティブレーキサポートは全車標準装備になり安全性能が強化されました。さらにXDプロアクティブ以上には車線逸脱警報システムや交通標識認識システム、前車追従型レーダークルーズコントロールを装備し安全面で強化、さらに18インチアルミホイールを装備し足回りを引き締めています。XDプロアクティブ6AT 2WD車の車両価格は2,592,000円です。2WD車でエクストレイルやフォレスターに迫る価格は4WD車は280万円を突破します。オフロード性能を求めずスタイルの良さと力強く低燃費なクリーンディーゼルに魅力を感じるユーザーにおススメです。

マツダCX3価格帯

2,376,000円~3,034,000円

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

新型マツダCX-5新車価格情報と、値引き購入のコツ2017!


出典 http://www.mazda.co.jp/cars/cx-5/grade/?link_id=xd#cx-5

マツダCX-5のスペック情報

マツダCX-5の価格帯

2,462,400円~3,526,200円(税込)

マツダCX-5のグレード情報

20S、20S PROACTIVE、25S Lパッケージ
25S 4WD、20S PROACTIVE 4WD、25S Lパッケージ 4WD
XD、XD PROACTIVE、XD Lパッケージ
XD各グレードに2WD/4WDの設定あり

編集部おススメグレード XD PROACTIVE 2WD 3,002,400円(税込)

昼夜問わず自動で12段階に明るさを調整するアダプティブLEDヘッドライトや車線逸脱警報装置、前車追従型のクルーズコントロールが付いたPROACTIVEがおススメです。エンジンはコンパクトカー並みの燃費で4.0L車並みのトルクパワーを持つクリーンディーゼルXDがおススメです。アドバンスドスマートシティブレーキサポート、カーテン&サイドエアバックは全車標準装備になりました。先代モデルではセットオプションだった車線逸脱警報などの安全装備がPROACTIVE以上では標準装備されます。価格は先代モデルよりアップしてますがオプション価格を考慮すれば実質値下げです。

PROACTIVEは19インチアルミホイールが標準装備ですが、乗り心地と経済性を重視するユーザーは17インチアルミホイールを選択することをおススメします。乗り心地がソフトになるばかりでなくタイヤ交換時にタイヤ代が節約できます。17インチアルミホイールを装着することにより5.4万円安くなりますので300万円を切る価格になり魅力的です。先代モデル同様にCD/DVDプレーイヤー&地デジチューナーは必ずオプション選択しましょう。アドバンスドスマートシティブレーキサポートは全車標準装備のため、クルーズコントロールやLEDヘッドライトが標準で明るさ調整のアダプティブLEDヘッドライトが不要ならスタンダードなXDグレードでも十分満足できる装備内容です。

マツダデザインのSUV

エクステリアデザインは先代モデルと酷似しています。フロントデザインはセダンタイプのアテンザなどと共通のデザインでヘッドライトは横に長いシャープなデザインです。先代モデルはSUVテイストが強めでしたが新型CX-5はデザインに高級感と美しさも加えられ、背が高いSUVでも低重心に見せるスタイルで重厚感を感じます。ボディからシャシー、エンジンなど全てにおいてスカイアクティブテクノロジーを搭載し人馬一体の運転する楽しみを第一に考えました。

エンジンラインナップは先代モデル同様で直列4気筒2.0Lと2.5Lのガソリンエンジンと直列4気筒2.2Lのクリーンディーゼルターボエンジンをラインナップ。各エンジンとも出力面でも変更ありません。トランスミッションもトルクコンバーター式6ATを採用しスムーズな走りに加え、CVT車のようにギクシャクする不自然な動作も無く信頼性も抜群です。

成熟したクリーンディーゼル

シンプル構造でも排ガスクリーンのスカイアクティブD

CX-5のXDグレードに搭載される2.2Lディーゼルターボエンジンは静かで排気ガスがクリーンで話題になっています。最高出力は175馬力でトルクは4.0L車並の42.8kgmを発揮しながら18.0km/Lの低燃費を実現しています。

これまでのクリーンディーゼルは大型車を含めて尿素を用いて排ガス浄化装置でススを燃焼させ、排ガスをキレイにする措置が不可欠でした。しかし、マツダは14.0という低圧縮かつ燃焼効率の向上させ、ディーゼルのすすはDPFフィルターで収集しエンジンの熱で自動燃焼させる仕組みでクリーンな排ガスを実現しました。これがスカイアクティブDです。特別な装置を必要としないためコストも低く抑えました。NOxは0.08g/km、PMは0.005g/kmで欧州で定める厳しい基準ユーロ6に対応しています。

停車時のアイドリング音は車内ではかすかにコロコロと音がする程度で、走りだすとディーゼルを全く意識することが無くなります。軽くアクセルほ踏みこむだけでシューンと加速しあっという間に80km/hまで加速してしまいますので、街乗りではパワーをもてあまします。

ミラーサイクルガソリンエンジンのスカイアクティブGも魅力

XDと比較して約40万円価格が安くなる20Sも魅力的です。ガソリンエンジンもスカイアクティブGと呼ばれるマツダの技術が入ってます。ガソリン車では13.0の高圧縮で直噴エンジンのミラーサイクル(アトキンソンサイクル)エンジンです。高圧縮でも点火タイミングを調整して不完全燃焼を防止しています。燃費も16.0km/Lと良好です。ディーゼル車選択時の価格はガソリン車選択時の価格に比べ約40万円あるため燃費で価格差は解消できませんので、ディーゼルにこだわらなければお買い得感はガソリンモデルにあります。

2.0Lエンジンでもストレスなく乗ることができますが、高速や山間部までゆとりをもってドライブ可能な2.5Lエンジンもおススメです。瞬発力、軽快感、回す楽しみはディーゼルより高く価格面でもディーゼルより安いですので最後まで悩み選択となります。

上質かつスポーティな内装



出典 http://www.mazda.co.jp/cars/cx-5/grade/?link_id=xd#cx-5
新型CX-5のインテリアは先代モデルと似ています。全体的にダッシュボードを低く抑えマツダコネクトの7インチWVGAセンターディスプレィのみが飛び出るスタイルです。7インチWVGAセンターディスプレィを全車標準装備しています。販売店オプションのSDカードを購入するだけでナビゲーション機能が利用でき便利です。

エアコン操作パネルもスポーティなデザインで使い勝手も良好です。高級車に装備される左右独立温度調整式オートエアコンは全車標準装備です。センターコンソール横や助手席グローブボックス下部付近はプラスチック感で出ますが普段目に着く所はしっかりと造り込まれて上質な内装になっています。

フロントシート、リヤシートとも大きめでゆったりサイズになっています。リヤシートはシートアレンジも多彩で多くの荷物も積むことが可能です。リヤシートのクッション長はフロントシートとほとんど変わらないサイズでゆったり乗車可能でSUVスタイルのため頭上空間にも余裕があります。

安全装備は強化 アドバンスドスマートシティブレーキサポート

新型CX-5は80km/hまで対応可能な衝突軽減の自動ブレーキシステムを全車標準装備しました。カメラを用いたシステムで歩行者認識機能も装備しています。先代モデルは追突防止レベルの性能だった自動ブレーキシステムは大きな進化を遂げています。国土交通省と独立行政法人自動車事故対策機構(NASVA)が実施する予防安全性能アセスメントにおいて、最高レベルの先進安全車「ASV++」を獲得しました。

PROACTIVE以上では車線を逸脱したときに警報としてお知らせする車線逸脱警報装置も装備され、ステアリングアシストも装備します。さらに前車追従型クルーズコントロールは0から100km/hまで作動し前車が停止した場合には停止保持機能によりそのまま停止し前車が発進した場合にはそのまま設定速度以内で追従走行します。カメラを利用した標識認識機能も装備し、一時停止や進入禁止の標識を読み取りフロントガラス下部に装備されるアクティブドライビングディスプレイに表示します。

出典 http://www.mazda.co.jp/cars/cx-5/feature/safety/i-activsense/?link_id=sbnv

エクストレイルやフォレスター、C-HRで競合

目標は総額20万円 値引き拡大中

新型CX-5の値引きはフルモデルチェンジ当初は一桁値引きでしたが徐々に拡大傾向にあり、車両本体価格から10万円、付属品やメンテナンス等のサービスパックから5万円の15万円の値引きが出てきています。これから年度末商戦になればさらに条件は緩くなり20万円以上の値引きが期待できます。

ポイントは3月末までに登録可能なクルマです。登録実績のため年度内登録が値引き獲得の大きなカギになります。色、グレード、メーカーオプションの装備品が合致する場合にはどんどん値引き交渉していきましょう。

低燃費で魅力的なライバル車が続々登場

日産エクストレイルハイブリッドが競合には最適です。価格帯はCX-5ガソリンモデル2.5L車と同等価格帯でエクストレイルノーマルガソリンモデルならCX-5ガソリンモデル2.0Lと同等価格帯です。エクストレイルの値引き額は拡大傾向にありCX-5よりも値引き額は10万円多くなる傾向ですので競合には最適です。安全面ではアイサイトを搭載するスバルフォレスターです。4WDのみのラインナップのフォレスターはターボモデル以外は最上級でも270万円を切る価格で値引きも期待できますので競合可能です。

ハイブリッドモデルにはトヨタハリアーハイブリッドも有効ですが、新型のC-HRを忘れずに競合させましょう。プリウスベースのSUVは人気も高く値引きは厳しいものの燃費性能は抜群です。

下取車がある場合には査定額もしっかりチェック

下取り価格はあくまでも下取り価格。鵜呑みにしないで買取店一括査定申込みで最高額で手放しましょう。買取店買取価格と下取り価格がほとんどかわらずの場合は下取りに出すことをおススメします。自動車税未経過分やリサイクル料金の込別など細かい点もしっかりチェックしましょう。買取店が若干高くても自動車税未経過分やリサイクル料金込みの価格が一般的ですので注意が必要です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

新型トヨタタンク&ルーミー新車価格情報と、値引き購入のコツ2017!

タンク
13%e3%82%bf%e3%83%b3%e3%82%af%e5%a4%96%e8%a6%b3
出典 http://toyota.jp/tank/grade/cs_g_t/?padid=ag341_from_tank_grade_cs_gt_detail_thumb
ルーミー
13%e3%83%ab%e3%83%bc%e3%83%9f%e3%83%bc%e5%a4%96%e8%a6%b3
出典 http://toyota.jp/roomy/grade/cs_g_t/?padid=ag341_from_roomy_grade_cs_gt_detail_thumb

トヨタ タンク&ルーミーのスペック情報

トヨタ タンク&ルーミーの価格帯

1,463,400円~2,008,800円(税込)

トヨタタンク&ルーミーのグレード情報

X、XS、G、GS、G-T、カスタムG、カスタムGS、カスタムG-T

編集部おススメグレード カスタムG-T 1,965,600円(税込)

動力性能に優れ装備充実した最上級グレードのカスタムG-Tがおススメです。
ノーマルエンジンの場合は軽自動車のターボ車の方がキビキビ走ります。同じターボでもGとカスタムの違いはカスタムなら15インチアルミホイール、LEDヘッドランプ&LEDフォグランプ、助手席シートバックポケットが装備され人気装備が標準装備されます。

クルーズコントロールとパワースライドドアはX系を除くグレードに標準装備されX系は左側のみのパワースライドドアを装備します。自動ブレーキを含むスマートアシスト2はX、G、カスタムGのノーマルエンジンの各グレードのベーシックタイプには標準装備されずオプション選択も出来ません。ノーマルエンジンはグレード末尾にSが付くグレードとターボエンジン車にはスマートアシスト2が装備されます。

bBの後継モデルはダイハツ製

トヨタタンク、ルーミー、ダイハツトール、スバルジャスティは全てダイハツ製でトヨタとスバルには相手先ブランド供給(OEM)を行っています。自動ブレーキの呼び名がトヨタセーフティセンスではなくダイハツのスマートアシストとである点にも注目です。価格、グレード体系など共通で外観デザインとエンブレムの違いのみです。特にフロントグリルのカタチが大きなメックグリルかバンパーグリルか、リヤテールレンズがクリアかどうかに分かれますので見分けるポイントです。

タンクとトールのノーマル系、ジャスティのカスタム系が共通のデザインでルーミーとトールのカスタム系、ジャスティのノーマル系が共通のデザインです。タンクはネッツ店とカローラ店、ルーミーはトヨタ店とトヨペット店での取扱いです。

先代のbBもダイハツではクー、スバルではDEX(デックス)として販売されていました。先代も製造はダイハツで行われトヨタとスバルにOEM供給されていました。

スズキソリオにそっくりのパッケージ

全長は3700mm(カスタムは3715mm)とコンパクトカーの中でも短く軽自動車+300mmとコンパクトデザイン。ソリオの全長は3710mmで同等サイズで5人乗りトール系スライドドアも共通。ダイハツは軽自動車で直接ライバルとなるスズキに販売力の強い親会社トヨタの販売網を使って攻め始めたかたちです。

安全性能は全グレード共通が希望

新型タンク&ルーミーに加えトールやジャスティも共通ですが、ノーマルエンジンのX、G、カスタムGグレードには自動ブレーキを含む安全装備スマートアシスト2の設定はありません。スマートアシスト2は、従来のスマートアシストと比較し対応速度が100km/hまで対応し緊急ブレーキで衝突回避または軽減を行います。ぜひ、改良やマイナーチェンジの際には全車標準装備にして欲しい装備です。

また、サイドエアバックは全グレードにオプション設定のため、サイドエアバックも安全面では全車標準装備にして欲しい装備です。

1.0Lターボエンジンがベストな選択

タンク&ルーミーのエンジンは直列3気筒1.0Lのノーマルエンジンとターボエンジンの二種類です。ノーマルエンジンは最高出力69馬力で最大トルクは10kgm未満の9.4kgmと軽ターボ車並みのスペックで普通車ですのでパワー不足。実際には街乗りで走る分には思った以上に軽快に走ってくれます。しかし、ここ一番の加速はエンジン音が高くなりワンテンポ遅れて加速するためレスポンスは良くありません。街乗り重視でパワーをそれほど必要としない場合はJC08モード24.6km/Lの低燃費で低価格のノーマルエンジンがおススメです。

しかし、遊びにもアウトドアにも幅広く使いたいユーザーはターボエンジンがおススメです。最大トルクが2400~4000回転で14.3kgmのパワーを発揮。通常の加速回転域で最大トルクをフラットに発揮することで使い易さと力強い加速が両立され、ストレスない走りが楽しめます。ターボ車でもJC08モード21.8km/Lの低燃費を実現しています。

ムーヴとキャストに似たデザインのインテリア

出典 http://www.subaru.jp/justy/justy/grade/rs.html
13%e3%82%b8%e3%83%a3%e3%82%b9%e3%83%86%e3%82%a3a
13%e3%82%b8%e3%83%a3%e3%82%b9%e3%83%86%e3%82%a3b
内装デザインはタンク&ルーミー、トール、ジャスティ全車共通で写真はジャスティでステアリングセンターエンブレムがトヨタかダイハツかスバルのマークになるかどうかの違いのみです。

基本デザインはダイハツ軽自動車のインテリアデザインとほぼ同等ですが、質感は高いですので極端な安っぽさは感じられません。5人乗り2列シートのミニバンと呼ばれるにふさわしく後席足元は広々でスライドドアのため乗降性も良好です。「1LDカー」と呼ばれるタンク&ルーミーは部屋のようにくつろげる室内は魅力的です。フロントシートバックには折り畳み式のテーブルも装備し後席の快適性を高めています。

シートの造り自体は軽自動車と共通です。普通車規格の車幅のためフロントシートはセパレート式で独立しリヤシートは3人掛けシートです。リヤシート左右は快適ですが中央部は少々硬めのシートで長距離なら4人乗りがベストです。

スズキソリオが直接のライバル トヨタ全販売店と競合も

本体値引きよりも付属品から値引きを

値引き額は車両本体で3万円、販売店オプションのナビゲーション装着の場合はオプションから3万円引きを狙いましょう。さらに下取り車がある場合には下取り価格は必ず分けて提示してもらうことが鉄則と買取店競合も視野に入れましょう。車庫証明代行費用や納車費用のカットで2万円で総額8万円引きを目指しましょう

ソリオの燃費でもう一押し!

スズキソリオがライバルですが、トヨタの販売店は販売店ごとに資本が異なりますのでタンク、ルーミー含めトヨタ全店で競合可能です。値引き拡大、最後の一押しにはソリオの燃費をPRしましょう。ソリオハイブリッドはマイルドハイブリッドですがJC08モード27.8km/Lの低燃費でタンク&ルーミーのノーマルエンジン車より優れ、ターボ車並みのパワーを持っています。総額で233万円なら230万円、238万円なら235万円など5万円単位での端数切りをダメ元でもお願いしてみましょう。「この金額にしてくれたらハンコ押します」とお願いしそれでもダメなら1万円未満の端数切りをお願いしましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

新型ダイハツアトレーワゴン新車価格情報と、値引き購入のコツ2017!

13%e3%82%a2%e3%83%88%e3%83%ac%e3%83%bc%e5%a4%96%e8%a6%b3
出典 https://www.daihatsu.co.jp/lineup/atrai/03_exterior.htm

ダイハツアトレーワゴンのスペック情報

ダイハツアトレーワゴンの価格帯

1,404,400円~1,738,286円(税込)

ダイハツアトレーワゴンのグレード情報

カスタムターボR、カスタムターボRS、カスタムターボRSリミテッド

全車に4WD車設定有

おススメグレード カスタムターボRSリミテッド(4WD) 1,738,286円(税込)

フロントメッキグリル、ディスチャージヘッドライト、左側パワースライドドア、13インチアルミホイール、フォグランプ、自発光式メーターなどの豪華装備が標準装備のカスタムターボRSリミテッドがおススメ。カスタムターボRSもオートエアコン、各種メッキ仕上げなど基本装備が充実しています。しかし、左パワースライドドアは最上級のリミテッドにのみ装備されオプションも選択できません。パワースライドドアが必要か不要かでグレードを決めても良いクルマです。

アトレーワゴンの2WDは後輪駆動のため降雪地域では駆動力を失いやすいため4WDが必須条件。4WDでも車両重量は1tをわずかに超える重さのため見た目以上に軽いクルマです。

4WDと2WDの価格差は約13万円です。非降雪地域や降っても年に数回で積雪はほぼ無しの地域ならアウトドアで未舗装路をよく走行するユーザー以外は4WDを選択する必要はありませんが、下取り価格や買取価格で差が出ます。4WDは概ね10万円前後は高く買い取ってもらえる傾向にありますので決して損ではありません。10年乗っても買取価格は確保されるアトレーワゴンです。

パワフルターボ軽ミニバン スマートアシストは未装備

新型アトレーワゴンは全車ターボエンジン採用。わずか2800回転で最大トルクを発揮しパワフルでストレスない走行性能を実現しました。エブリィワゴンよりも低回転でパワーが出ますので街乗りでは非常に使い易い設定です。アウトドアで山間部を走行する際にもストレスなく走行可能です。

反面、可変バルブ機構やアイドリングストップのような環境性能は全く備わらず設計の古さは否めません。

燃費性能は気にしないユーザー向け

燃費・環境性能では2WD車は14.8km/L、4WD車は13.8km/Lでライバルのスズキエブリィワゴンには一歩及びません。街乗りなら4WD車で街乗り重視なら10km/Lに届かないことが予想されます。アイドリングストップや回生エネルギーシステムは装備されず2.0Lクラスミディアムミニバンよりも燃費は悪くなっています

自動ブレーキのスマアシは未装備

ライバルのエブリィワゴンはレーダーブレーキサポートを装備するのに対し、アトレーワゴンは全グレードにスマートアシストの設定はありません。衝突安全ボディや各種エアバックは装備されるもののライバルに差を付けられている現状です。

広いリアシートと広い荷室 内装質感も向上

13%e3%82%a2%e3%83%88%e3%83%ac%e3%83%bc%e5%86%85%e8%a3%85a
13%e3%82%a2%e3%83%88%e3%83%ac%e3%83%bc%e5%86%85%e8%a3%85b
出典 https://www.daihatsu.co.jp/lineup/atrai/04_interior.htm/
内装デザインはスッキリシンプルですが質感は高いレベルです。ミライースとムーヴの中間の質感を保っています。最上級のリミテッドには自発光式メーターを採用し視認性と高級感を高めました。

プッシュコントロール式オートエアコンは全グレード標準装備で使い勝手も良好です。助手席側のグローブボックスは前方に食い込んだ形のデザインで助手席足元も広々です。

核家族にはピッタリ

パパママ子供が2人なら大きなミニバンがいらないし、駐車スペースも限られていればアトレーワゴンは候補のひとつです。燃費性能はミドルクラスミニバンよりも悪いですが、軽自動車税は安く重量税も安く済むためトータルの維持費は走行距離を多く走るユーザー意外はたいてい安くなります。

リヤシートは非常に広く足元スペースは広々です。また、180mmの分割シートスライド機能、分割リクライニング&格納も全グレード装備します。リヤシートはシートの高さが確保されシートバックも十分でミディアムクラスミニバンと同等の快適さが得られます。

エブリィワゴンと競合 街のモータース(販売代理店)の新古車を狙え!

値引き目標は総額で15万円以上を狙おう

軽自動車と言っても価格帯はコンパクトカーほ超える価格帯ですので価格は軽自動車を超えています。使用用途は違いますがハイブリッドカートヨタアクアのLグレードと同等の価格です。少しでもお得に購入するためにしっかり交渉することが大切です。
車両本体と販売店オプションで15万円前後の値引きを目指しましょう。オーディオやナビゲーションシステムを販売店で装着する場合には販売店オプションから2割を目標に値引き交渉がおススメです。メーカーオプションより販売店の利益率が高い商品のためナビゲーションシステムを装備するなら販売店で装着しましょう。

競合車はスズキエブリィワゴン OEMのスバルディアスも

競合車は長年のライバルスズキエブリィワゴンで決まり。自動ブレーキが未装備な点をアピールしそれでも「値段次第ではアトレーワゴンを買います」といったアピール方法が有効的です。

スバルの同クラス車のサンバーディアスがスバルでの生産を終了し、ダイハツからの相手先ブランド生産車(OEM)供給されているのがスバルディアスです。ディアスを競合として使う場合にはスバルの営業スタッフはアトレーと同じスタイルでアトレーが本命と思って商談してきます。あまり参考になる見積書が得られない場合がありますので、頭に入れておくことをおススメします。

新古車はこうして作られる!

ダイハツのディーラーはメーカーディーラーのほか地域密着のモータースも多くあります。こちらのモータースはメーカーインセンティブ獲得のため年度末は自社名義で登録して販売登録実績を作る傾向にあります。年末年始や春先に「登録済未使用車」いわゆる新古車として売り出されますので狙い目です。その際には登録日をよく確認しましょう。おおむね3か月以内で通常の新車値引きよりも5万円以上安い見積ならおススメです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

新型マツダアクセラスポーツ新車価格情報と、値引き購入のコツ2017!

11%e3%82%a2%e3%82%af%e3%82%bb%e3%83%a9%e3%82%b9%e3%83%9d%e5%a4%96%e8%a6%b3
出典 http://www.mazda.co.jp/cars/axela/grade/?link_id=sbnv#axela-sport

マツダアクセラスポーツのスペック情報

マツダアクセラスポーツの価格帯

1,760,400円~3,320,200円(税込)

マツダアクセラスポーツのグレード情報

22XD Lパッケージ、22XDプロアクティブ、15XD Lパッケージ
15XDプロアクティブ、15XD
15Sプロアクティブ、15S、15C

ガソリン車2WD全グレードに6MT設定あり
ガソリン車及び2.2Lディーゼル車22XDを除くグレードに4WD設定あり
詳しくは販売店におたずね下さい。

編集部おススメグレード 15XDプロアクティブ 2,430,000円(税込)
新ラインナップの1.5Lクリーンディーゼルがおススメです。LEDヘッドライトとオートライトシステム、自動ブレーキのアドバンスドスマートシティブレーキサポートはもちろんですが、車線逸脱防止警報も装備される15XDプロアクティブがおススメです。欧州Cセグメントの同クラス車フォルクスワーゲンゴルフやプジョー308のエントリーグレードの価格で充実装備のクリーンディーゼルエンジンが選択できます。

SRSサイド&カーテンエアバックは全グレード標準装備になり基本的な部分の安全性能アップさせました。アドバンスドスマートシティブレーキサポートはベーシックの15Cにのみ装備されませんが他のグレードに標準装備されます。さらに後退時の自動ブレーキ&誤発進抑制装置はLパッケージに装備されLパッケージは電動パワーシートも装備され装備が充実します。

メーカーオプションで必要なのはCD/DVDプレーヤー+地デジチューナーが必要です。コレが無いとCDオーディオが使えません。価格は税込32,400円です。

進化したスマートシティブレーキ

マツダの自動ブレーキシステムはアドバンスドスマートシティブレーキサポートに進化しました。ベーシックの15Cにのみ装備されませんが他のグレードに標準装備されます。これまでの30km/hまでのシステムから80km/hまで対応するシステムに進化しました。また、プロアクティブ以上には交通標識認識システムや車線逸脱防止警報も装備されます。標識を認識した場合にメーターパネル上部のヘッドアップディスプレイに標識及び警告等が表示されます。

1.5Lガソリン車とクリーンディーゼル車の選択のポイントは?

二種類のクリーンディーゼルエンジン

これまでラインナップにあった2.2Lクリーンディーゼルエンジンに加え1.5Lクリーンディーゼルエンジンもラインナップされました。このエンジンはデミオやCX3に搭載されているエンジンです。

新搭載の1.5Lクリーンディーゼルエンジンは最大トルクは27.5kgmと2.5Lガソリン車並みのパワーを日常域の1600から2500回転で発揮しストレスないスムーズな力強い走りを実現しています。燃費性能はJC08モード21.6km/Lで1.5Lガソリン6AT車の20.4km/Lを上回ります。また、燃料代は軽油の方が安いですので燃料代を含めて比較するとクリーンディーゼルエンジンはさらにお得になります。

2.2Lクリーンディーゼルエンジンは文句なしのパワーを発揮します。最大トルクは42.8kgmと4.0L車並みのパワーです。高速走行が多いユーザーや長距離走行が多いユーザーには2.2Lがおススメです。価格が300万円前後になる点と1.5Lと比較し車両重量が約100kg近くフロントが重くなります。軽快なハンドリングを求めるなら1.5Lがおススメです。1.5Lクリーンディーゼルエンジンは4000回転が頭打ちの感覚です。2.2Lなら回さなくても速く走ってくれます。エンジンを回して運転を楽しむならガソリンエンジンがおススメです。

街乗りから高速までオールマイティな1.5L

高圧縮比で燃焼効率を高めたミラーサイクルエンジンの採用で20.4km/Lの低燃費を実現しています。組み合わされる6ATは街乗りではスムーズで高速域ではパワー不足感はありますが一定速度で巡航する場合にはオートマチックのロックアップ機構により燃費が向上しCVTでは苦手な高速巡航も低回転でスムーズに走行します。

使いやすくスポーティに仕上げた内装

11%e3%82%a2%e3%82%af%e3%82%bb%e3%83%a9%e3%82%b9%e3%83%9d%e5%86%85%e8%a3%85a
11%e3%82%a2%e3%82%af%e3%82%bb%e3%83%a9%e3%82%b9%e3%83%9d%e5%86%85%e8%a3%85b
出典 http://www.mazda.co.jp/cars/axela/grade/?link_id=sbnv#axela-sport
アクセラの内装はダッシュボードを低めに抑えスポーティな印象を与えてくれます。オートエアコンは左右独立コントロール式で上級車向けの装備となっています。デミオより上質に上級のアテンザに近い質感のインテリアです。

センターの液晶モニターは15Cを除き全グレードに装備されます。CD/DVDプレーヤー+地デジチューナーをオプション選択すれば音楽もテレビも楽しめ、販売店オプションのSDカードでナビゲーションも使えるようになります。15Cメーカーオプションですがぜひ選ぶことをおススメします。オプション選択しないとUSB接続の音楽しか楽しめませんので必ず選びましょう。

フロントは上質なシート リヤは標準レベルな広さ

フロントシートは座面が低めでスポーティなシートポジションになってます。サポート性にも優れ座り心地も良好です。リヤシートは大きめでゆったりしていますが座面が低いため足が投げ出しがちです。車体の高さが低いですので座面を高くすると頭上空間がなくなりますのでデザイン重視の結果、リヤシートの座り心地が犠牲になっています。

インプレッサスポーツとプリウスの競合で決まり

アクセラスポーツの競合はクリーンディーゼルならハイブリット車のトヨタプリウス、ガソリン車ならスバルインプレッサスポーツで競合させるのが一番です。新型プリウスは人気ですのでプリウスの見積書を有効に使いましょう。15XDプロアクティブならプリウスSと同価格帯、22XDプロアクティブならプリウスAと同価格帯になりますのでおススメです。

15Sプロアクティブとスバルインプレッサスポーツ2.0i-Lアイサイトが同価格帯です。モデルチェンジしたばかりのインプレッサは絶好のライバルです。自動ブレーキ性能はアイサイトの性能には及びませんが、近いレベルにあるスマートシティーブレーキサポート。アイサイトのステレオカメラを前面に出して商談を進め値引き拡大を狙いましょう。

ガソリンは25万円 ディーゼルは20万円の総額値引きを狙おう

車両本体価格と販売店オプションから合計でガソリン車なら25万円前後、ディーゼル車なら20万円前後の値引きを目標にしましょう。ナビ用のSDカードは販売店オプションです。サービスを狙う気持ちで商談を行いましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

新型スバルインプレッサスポーツの評価・新車価格情報と、値引き購入のコツ2017!

07%e3%82%a4%e3%83%b3%e3%83%97%e3%82%b9%e3%83%9d%e3%83%bc%e3%83%84%e5%a4%96%e8%a6%b3
出典 http://www.subaru.jp/impreza/impreza/design/exterior.html

スバル インプレッサスポーツのスペック情報

スバル インプレッサスポーツの価格帯

1,922,400円~2,592,000円(税込)

スバル インプレッサスポーツのグレード情報

1.6i-Lアイサイト(2016年末発売予定)、2.0i-Lアイサイト、2.0i-Sアイサイト
2WD、AWDの設定有り。

編集部おススメグレード 2.0i-Lアイサイト(AWD、CVT) 2,376,000円(税込)

17インチアルミホイール、左右独立温度調整式オートエアコン、本革巻ステアリング、プリクラッシュブレーキや車線逸脱防止警報装置など含めた先進安全装備のアイサイトが標準装備される2.0i-Lアイサイトがおススメです。

LEDヘッドライトや運転席助手席電動パワーシートは2.0i-Sアイサイトに標準装備されます。これから発売予定の1.6Lモデルは装備面、価格面でお買い得のエントリーグレードですが、2.0Lは直噴エンジンのため高出力で低燃費。1.6Lエンジンとの燃費差は僅か0.2km/Lとほぼ同じです。下取りや買取など手放すことまで考慮すれば2.0Lエンジン車をおススメします。

スバルのアイサイト全グレード標準装備

新型インプレッサスポーツには先進安全装備のアイサイトバージョン3を全グレードで標準装備しました。ステレオカメラによって前方を常に監視。このカメラは人の目と同じように距離と形状を認識することが可能で高さが1m以上の対象物に対して認識します。クルマのみでなく、白線やガードレール、歩行者や自転車まで認識可能です。走行状態や警告表示はメーター内のディスプレイで確認できます。
07%e3%82%a4%e3%83%b3%e3%83%97%e3%82%b9%e3%83%9d%e3%83%bc%e3%83%84%e3%82%a2%e3%82%a4%e3%82%b5%e3%82%a4%e3%83%88b
出典 http://www.subaru.jp/impreza/impreza/safety/safety3.html
歩行者用エアバックも装備されることにより万一の際の歩行者へのダメージを最小限に抑えることが可能です。
07%e3%82%a4%e3%83%b3%e3%83%97%e3%82%b9%e3%83%9d%e3%83%bc%e3%83%84%e3%82%a2%e3%82%a4%e3%82%b5%e3%82%a4%e3%83%88a
出典 http://www.subaru.jp/impreza/impreza/safety/safety2.html

アイサイト搭載車追突事故率84%減

アイサイト搭載車の事故発生率は61%減、追突事故に限定すれば84%減と事故発生率が大幅に低下しています。安全レベルの高いクルマと言うだけでなく、事故率の低いクルマは保険会社からも評価され自動車保険の料率の低下が期待されます。

スバルのスタンダードは世界のCセグメント

ボディサイズは全長は5ナンバーサイズの4,460mmながら全幅は1,775mmとワイドボディーで3ナンバーサイズ。2.0Lモデルで17インチアルミホイールを装備するなどパッケージは欧州Cセグメントのライバル各車と肩を並べるインプレッサスポーツ。代表車種はフォルクスワーゲンゴルフ、プジョー308、メルセデスAクラスと同等クラスです。

最近のスバル車の基本シャシーとなっているSIシャシー。構造はフロントがストラット式、リヤがダブルウィッシュボーン式独立サスペンションを採用した構造。トヨタプレミオやアリオンの2WD車のリヤサスペンションはトーションビーム式で独立ではない構造です。

取回し性能に優れたボディサイズ

全長は4,460mmで5ナンバー規格で市街地でも運転しやすいサイズです。先々代のレガシィと似たサイズでレガシィからの乗り換えユーザーにとっても、小さい、狭い印象は全く与えません。

伝統の水平対向エンジン 1.6Lと2.0Lの二種類を用意

1.6Lのメリットは?

1.6Lと2.0Lのエンジンは自動車税排気量クラスは同クラスで基本年額は39,500円と同額で1.6Lだからといってメリットはありません。逆にライバル車の1.5Lが有利になります。1.6Lと2.0Lではエンジン出力は当然違います。1.6Lが115馬力に対して2.0Lは154馬力で2.0Lが高出力。さらに燃費はJC08モードでは同等で1.6Lを選ぶメリットが無いように感じられます。1.6Lと2.0Lの価格差は約24万円です。装備差とパーワーの差、下取り価格買取価格まで考慮すれば2.0Lエンジンの選択が無難です。

新開発直噴2.0Lエンジン

新型インプレッサスポーツの2.0Lエンジンは直噴エンジンを採用。グレードによりJC08モード燃費数値は異なりますが2.0i-LアイサイトAWD車で16.8km/Lの低燃費を実現しています。また、2.0Lエンジン車にはSIドライブも装備。ゆったり走行したいインテリジェントモードとスポーツモードの2種類のモードが選択できます。

低重心設計の水平対向エンジン

国産メーカーではスバルのみが製造する水平対向エンジン。海外ではポルシェのエンジンが有名です。V型でイメージすると180°のエンジンで重心を低く抑えることができます。空力性能はもちろんですが重心が低いことでカーブでのロールを抑えることができ安定した走りが可能になります

使い勝手と視認性にすぐれたインテリア

07%e3%82%a4%e3%83%b3%e3%83%97%e3%82%b9%e3%83%9d%e3%83%bc%e3%83%84%e5%86%85%e8%a3%85a
出典 http://www.subaru.jp/impreza/g4/grade/1.6i_s_eyesight.html
07%e3%82%a4%e3%83%b3%e3%83%97%e3%82%b9%e3%83%9d%e3%83%bc%e3%83%84%e5%86%85%e8%a3%85b
出典 http://www.subaru.jp/impreza/impreza/utility/package.html
新型インプレッサスポーツはレヴォーグ同様、アナログ式の水平指針メーターを採用しスポーティなインテリアに仕上げました。アイサイトの表示画面やナビモニター画面の真に性にも優れています。

シートの造り込みとドアトリムの造り込みは丁寧で満足のレベル。特にシートは厚みのあるサポート性の高いシートで快適です。左右独立温度調整式オートエアコンも装備するなど欧州車と肩を並べる造りになっています。ダッシュボード付近やエアコン操作周りは若干プラスチック感が高く、先代モデルと比較して上質感が足りなく感じるのが唯一残念な点。実際に試乗車展示車で肌に触れて確認してみましょう。

インプレッサスポーツは元々はスポーツワゴンだったモデルのためワゴンの使い勝手を持つハッチバックで荷物の積載性も抜群です。

マツダアクセラスポーツとの競合がベスト

総額10万円の値引き獲得を目指そう!

値引き額は車両本体で7万円、販売店オプションのカーナビ装着の場合はオプションから3万円引きを狙いましょう。新型登場間もないため、値引き額は厳しい面もあります。四半期ごとの決算時期以外ではトータル値引き10万円超えが合格ラインです。しかし、販売店オプションのボディコートや下回りコーティング、ガラスコート、長期メンテナンスを選択した際には確実に総額15万円引きを目指しましょう。これらのオプションは利益率が非常に高い商品です。

本命でアクセラスポーツ1.5スカイアクティブD

走行性能の高いマツダアクセラセダンはインプレッサスポーツ同様リヤサスペンションは独立式。アクセラセダンはマルチリンク方式を採用しマツダのスカイアクティブシャシーです。価格面、走りの面で競合にはピッタリの車種です。ぜひ、アクセラスポーツは1.5Lクリーンディーゼルで見積もりしましょう。プロアクティブでインプレッサスポーツ2.0i-Lアイサイトと比較し10万円高いのですがアクセラスポーツの方が値引き額が概ね10万円多くほぼ同額で絶好の好敵手です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

新型スバルエクシーガクロスオーバー7新車価格情報と、値引き購入のコツ2016!

23エクシーガa
出典 http://www.subaru.jp/crossover7/crossover7/grade/2.5i_eyesight.html

スバル エクシーガクロスオーバー7のスペック情報

スバル エクシーガクロスオーバー7の価格帯

2,754,000円(税込)

スバル エクシーガクロスオーバー7のグレード情報

2.5i アイサイトAWD

編集部おススメグレード 2.5i アイサイトAWD 2,754,000円(税込)

グレードは2.5Lエンジン搭載のワングレードのみです。自動ブレーキシステムのアイサイトバージョン2を標準装備しています。2つのカメラを使い前方の様子を常に監視しています。人間の目と同じように距離と形状を認識することが出来ますので、クルマだけでなく、道路の白線や、歩行者や自転車の認識が可能です。クルマが得た情報と自車の走行状況をもとに、必要な制御をクルマが自動で判断します。状況に合わせて横滑り防止のVDC、エンジン、トランスミッションなどのユニットを適切にコントロールすることで、高度な運転支援を実現しています。
17インチアルミホイール、ファブリック&合皮のシートとシートヒーター、左右独立温度調整式オートエアコン、HIDヘッドライトを標準装備し十分に満足の装備内容です。

グレードを一本化しSUV風のデザインへ

これまでのエクシーガと比較しヘッドライト周りデザインをシャープなデザインにしフロントバンパーにはスタイリッシュな印象を与えるLEDアクセサリーライナーを装備しました。バンパー下部にはブラックアウトされたパーツが装備されSUV感を高めています。ロードクリアランス自体は170mmと標準的なレベルでSUVと呼ぶには少々高さが不足気味ですが本格的な悪路走行を元々目的としていないためスタイル重視ならまったく問題ありません。グレードはワングレードのみ。最新安全装備のアイサイトバージョン2も標準装備し価格は275.4万円はお買い得な内容です。

2.5Lの余裕あるクルージングを実現

新型エクシーガクロスオーバー7に搭載されるエンジンは水平対向4気筒2.5Lエンジンのみ。トランスミッションは6速マニュアルモード付のCVTです。走りだしから3000回転前後で非常に力強くスムーズに走ります。先代のエクシーガと比較すると225馬力を発揮した2.0Lターボエンジンが無くなったのは少々残念です。また、燃費はアイドリングストップ機能をプラスしてもJC08モード13.2km/Lと標準レベルで実際の燃費は街乗りメインでは8km/L前後と決して良い数値ではありません。

6気筒エンジンと比較し4気筒の2.5Lエンジンは1気筒あたり600cc以上のため燃焼効率が高く走り出しに力強さを感じます。街乗りから高速走行までストレスなくスムーズに加速してくれますが、マニュアルモードが付いていてもCVTのため急加速にワンテンポのタイムラグは発生します。極度なスポーティさやレスポンスの良さにこだわらなければ快適に乗ることができます。

水平対向エンジンのバランスとAWDと安定感の高い足回り

23エクシーガd
出典 http://www.subaru.jp/crossover7/crossover7/driving/performance.html
フロントにストラット式、リヤにはダブルウィッシュボーン式の独立サスペンションでスポーティで安定感ある走りを実現しました。スバルのシンメトリカルAWD技術は世界トップクラス。水平対向4気筒エンジンはフロントを低重心で安定させるだけでなく、左右の重量バランスを均等に出来ることでさらなる走行安定性を確保しています。

7人乗れるスポーツワゴン

23エクシーガb
23エクシーガc
出典 http://www.subaru.jp/crossover7/crossover7/grade/2.5i_eyesight.html
5人乗りスポーツワゴンレボーグのインテリアをSUV風に仕上げ、スポーティ感とアウトドア感を高めました。左右独立温度調整式オートエアコンを装備し快適な室内空間を保ちます。大きなダイヤル状のボタンを押すとオート、回すと温度調整で使い易くさらにスポーティなデザインに仕上がっています。シートヒーターは4段階での調整が可能で冬季間のドライブも快適です。インテリア材質はインプレッサ同様プラスチック感が感じられる部分もありドアトリム部はシンプル過ぎる印象もあります。

7人乗れる使い勝手はスバルではエクシーガのみ

全長4,780mmの長さが室内空間のゆとりを生み出しました。全幅も1,800mmあり横のゆとりもステーションワゴンスタイルミニバンの中では広く大人7名乗車も可能です。サードシートはシートバックの高さが十分に確保されていませんので大人の長時間乗車は少々厳しくなります。通常はサードシートを格納し5人乗り+荷物での使用が理想的です。同じスバルのレヴォーグ1.6Lターボと同価格帯になる点も考慮し7人乗りが必要ならエクシーガクロスオーバー7、5人乗りで全く十分ならレヴォーグを選択する選び方も大切です。

プレマシーとエクストレイル競合で値引き拡大!

エクシーガクロスオーバー7の値引きは車両本体価格から25万円、販売店装着のナビゲーションシステムを選択して5万円前後の値引き合計30万円前後の値引きが目標です。軽自動車やインプレッサように台数を稼ぐ車種でないため値引きが渋めのケースも目立ちます。車両本体価格と付属品から総額値引きが25万円以上なら地域差もありますので成功といえるでしょう。これから9月仮決算時期なら総額30万円引き狙い9月登録を目指すならこれから商談開始し煮詰めましょう。

プレマシーとエクストレイルで競合を

背の低いスポーティなミニバンのマツダプレマシーとSUVで7人乗り設定ある扱い安いサイズの日産エクストレイルで競合しましょう。プレマシーは2.0Lエンジンで車両価格も安い設定のため価格面をアピールしましょう。エクストレイルはエクシーガ同様エマージェンシーブレーキも装備されることに加えSUVの悪路走破性をアピールして少々価格面では高額になりますがハイブリッドの存在もアピールしましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

スバルインプレッサスポーツの中古車買取・査定相場価格と、できるだけ高く売るコツ2016!

インプレッサスポーツの買い取り相場概要

扱いやすい人気車は買取価格は安定

スバルの中核を担うインプレッサシリーズ。中でも人気なのがインプレッサスポーツワゴンから引き継ぐインプレッサ5ドアモデルのスポーツです。スバル独自の高い走行安定性とハンドリングの良さに定評があるシンメトリカルAWDを搭載しスバルの良さが凝縮されたクルマです。買取価格はセダンタイプのクルマに比べると高めで、新車から5年経過時の買取価格、下取り価格が5割前後残るグレードもありますので、一括査定見積などあらゆる手段で高価買取を狙いましょう。特に4WD車はウインターシーズンに向けて需要が高まりますので秋以降にタイミングを見て査定に挑むのもおススメです。

中古車で買うなら5年落ちを狙おう!

現行モデルのインプレッサスポーツの中古車でお求めやすい価格帯のグレードはベースグレードで装備面も考慮すれば、先代モデルのインプレッサハッチバックの最終モデルがおススメです。1.5i-Lやスポーティなi-Sの走行距離5万キロ未満の良質なナビ付車が80万円前後から探すことができます。

インプレッサスポーツの買取価格帯は?

現行モデル

20インプレッサa
出典 http://carview.yahoo.co.jp/ncar/catalog/subaru/impreza-sports/F001-M005/image/?img=1
2011年末に登場したインプレッサスポーツはインプレッサハッチバックの後継モデルで、インプレッサシリーズの中では4代目に相当するモデルです。インプレッサハッチバック同様、車幅が1.7mをオーバーするワイドボディ3ナンバー車でスペック上はほぼ同等すが、さらにボディ剛性を高め重厚感あるデザインのためより大きく見えます。衝突予防軽減の最新システム「アイサイト」を装備するグレードもあり、自動ブレーキシステムでも注目された一台です。人気のレヴォーグのベースとなるインプレッサスポーツは走行安定性やインテリアの質感も高いレベルで確保されスバルの中心となる存在です。このインプレッサスポーツからターボモデルは消滅しターボモデルはセダンタイプのみでWRX、インプレッサSTIとなっています。

インプレッサスポーツの買取価格帯は、走行距離7万キロ未満で80万円から150万円です。高価買取の対象となるグレードはアイサイト搭載モデルです。人気のカラーはホワイトパールで高価買取が期待できますが、シルバーメタリックは人気ですが台数が多いためマイナス査定はないですが、プラス査定は期待できません。

インプレッサハッチバック

20インプレッサb
出典 http://carview.yahoo.co.jp/ncar/catalog/subaru/impreza-hatchback/F001-M004/image/?img=1
2007年6月にインプレッサハッチバックはインプレッサスポーツの先代モデルです。これまでのインプレッサスポーツワゴンからスタイリッシュでスポーティなデザインのハッチバックスタイルになりました。プラットフォームを一新し、エンジンは1.5Lと2.0L、2.0L
ターボを用意。いずれもスバル独特の水平対向4気筒エンジンを搭載しています。特に新車時には240万円台からS-GTのターボモデルも選ぶことができました。

グレードによる価格差大

新車から5年経過の2011年式インプレッサハッチバックは走行距離7万キロ未満で35万円から110万円が相場でターボモデルは130万円前後です。5年で新車価格の3割以下になるグレードと5割以上の買取価格が残っているグレードがあります。高価買取が期待できるのはエアロバンパーなどスポーティなデザインの1.5i-Sリミテットと2.0i-Sリミテット及びターボの2.0GTです。

2007年登場初期のインプレッサハッチバックは走行距離10万キロ未満で5万円から55万円が相場です。走行距離が5万キロ未満なら買取価格は期待できますが1.5Lのノーマルタイプのグレードは走行距離が多いと価格が出ないケースも目立ってきています。ターボの2.0S-GTも70万円前後ですが、走行距離3万キロ未満の程度良好な2.0S-GTなら120万円前後の買取価格を目標に買取店同士競合させましょう。マニュアル車ならさらに高価買取も期待できます。

売却時期もポイント?全国ネットの買取店競合で高値売却!

新車から5年未満のインプレッサスポーツ&ハッチバックは下取り価格もある程度は期待できます。しかし必ず買取店同士競合させる一括買取査定を申し込みましょう。

ウインターシーズン前に手放そう!

シンメトリカルAWD車の性能に定評あるスバルの4WD車は秋以降に高価買取が期待できます。降雪地域はもちろんですが、非降雪地域でも全国ネットの買取店なら降雪地域で高く売れますので高く買い取ることが出来ます。高価買取のキーワードは、ホワイトパール、マニュアル車、ターボ、アイサイトです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

低燃費?ハイブリッド?LLサイズ?ミニバンでオススメの車は?2016年の人気車種を相場も含めてご紹介!

ミニバンとは?

多人数乗車可能な大きなクルマなのになぜ「ミニ」なのか?語源はアメリカの「バン」にあり、アメリカの多人数乗車可能なクルマはバンと呼ばれGMシボレーサバーバンやインフィニティQX56(現QX80)などの全長5mを余裕で超えるクルマ達を意味します。これらのクルマよりも小さい多人数乗車のクルマに「ミニ」を付けミニバンと呼ぶようになりました。

日本でのスタートはマツダMPV

1990年に登場したマツダMPVがボンネット付3列シートが日本でミニバンが流行した実質最初のクルマです。アメリカで先行販売され人気を集めました。V6 3.0Lエンジンは日本では大きな排気量と捉えられますがアメリカではコンパクト「ミニ」でした。実質というのはこれまでもボンネット付3列シート車が日本には日産プレーリーや三菱シャリオがあったからです。

スタイルで選ぶなら・・・

とにかく大きいのがイイLLサイズならコレ

03ミニバンa
出典 http://carview.yahoo.co.jp/ncar/catalog/toyota/vellfire/F002-M001/image/?img=1
ゆったり乗車可能な大きいミニバンならトヨタアルファード&ヴェルファイア、日産エルグランドです。
エンジンは2.5Lから3.5Lの排気量でアメリカ車の排気量と比べると少ない排気量です。高級感もたっぷりで3.5Lエンジン搭載車なら動力性能もバッチリです。また、アルファード&ヴェルファイアにはハイブリッドもラインナップ。2.5L+モーターの組み合わせで19.4km/Lの低燃費を実現しています。

Lサイズミニバンならコレ

03ミニバンe
出典 http://carview.yahoo.co.jp/ncar/catalog/honda/odyssey/F005-M004/image/?img=1
スタイリッシュで大きなサイズのミニバンはトヨタエスティマ、ホンダオデッセイです。LLサイズミニバンよりも重心が低く抑えられて走行安定性が高いのが特徴です。実はボディサイズはLLサイズと呼ばれるアルファードと差ほど変わりません。プラットフォームが共通なので当然ですが、エスティマは先代と共通のままですので設計に古さを感じます。設計が新しいのはオデッセイですのでおススメです。

エスティマもオデッセイもハイブリッドを用意していますがエスティマハイブリッドの2.4L+モーターの組み合わせは設計が古く18.0km/Lの燃費でミドルサイズミニバンのガソリン車と大差ないスペック。オデッセイハイブリッドは25.2km/LとLクラス以上のミニバンで最も低燃費です。

ミドルサイズ背高ミニバンならコレ

03ミニバンb
出典 http://carview.yahoo.co.jp/ncar/catalog/toyota/noah/F003-M003/image/?img=1
ミニバン激戦区と言われるクラスがミドルサイズ背高ミニバン。基本設計が5ナンバーサイズでボディサイズの違いで3ナンバーモデルもあります。
トヨタノア&ヴォクシー&エスクァイア、日産セレナ、ホンダステップワゴンがこのクラスです。日本で扱いやすいサイズでありながら大人が6人以上快適に乗車可能なクルマです。エンジンはトヨタと日産が2.0L、ホンダは1.5Lターボエンジンで燃費はいずれも16km/L前後でどのクルマを選んでも大差ありません。

設計が新しいのはトヨタのミニバンシリーズで、23.8km/Lの低燃費のハイブリッドもラインナップ。値引きが拡大しているのは日産セレナ。セレナは2016年の今年モデルチェンジを予定しています。ダウンサイジングターボならホンダステップワゴンです。

ステーションワゴン感覚でセダンのドライビングならコレ

03ミニバンc
出典 http://carview.yahoo.co.jp/ncar/catalog/honda/jade/F001-M001/image/?img=1
車高が低くステーションワゴン感覚のドライビングが可能なミニバンは、トヨタウィッシュ、プリウスα、日産ラフェスタハイウェイスター、ホンダジェイド、マツダプレマシー、スバルエクシーガ(現クロスオーバー7)と各メーカーから販売されています。

車高が低いため走行安定性が高く、カーブでの横揺れが少ないのが特徴です。その反面室内高も低く、3列目のシートは子供用サイズでエマージェンシー用と狭くなります。安定したハンドリングを実現しているのはホンダジェイドとスバルエクシーガです。特にジェイドはモーターのみでも走行可能なハイブリッドシステムを搭載したモデルもあり25.0km/Lの低燃費を実現しています。ラフェスタハイウェイスターとプレマシーは同型車でプレマシーのOEM車がラフェスタハイウェイスターです。

とにかく低燃費ならコレ

03ミニバンd
出典 http://carview.yahoo.co.jp/ncar/catalog/toyota/priusalpha/F001-M003/image/?img=1
とにかく低燃費ならトヨタプリウスαで1.8L+モーターの組み合わせで26.2km/Lの低燃費です。ホンダジェイドも25.0km/Lの低燃費で大差ありません。
背高ミニバンならトヨタノア&ヴォクシー&エスクァイアのハイブリッドはプリウスαと同じパワーユニット搭載し車重が重い分燃費は若干低下し23.8km/Lです。Lサイズミニバンではホンダオデッセイハイブリッドが25.2km/LでクラスNo.1の低燃費です。
室内空間とパワー、ハンドリング、低燃費を全て両立したクルマはホンダオデッセイハイブリッドです。また、2016年に1.2L+モーターの組み合わせで登場予定の日産セレナハイブリッドにも今後注目です。

コンパクトミニバンならコレ

03ミニバンf
出典 http://carview.yahoo.co.jp/ncar/catalog/toyota/sienta/F002-M001/image/?img=1
全長4mを少々超えるコンパクトボティに3列シートを備えたクルマはトヨタシエンタとホンダフリードです。どちらもハイブリッドをラインナップしシエンタはカローラハイブリッドと同じシステムを搭載し1.5L+モーターの組み合わせで27.2km/Lの低燃費を実現しています。しかし、このクラスは3列目は緊急用で大人が短時間でも窮屈な造りです。セカンドシートにも余裕はありません。サードシートを格納してセカンドシートは一番後方にスライドして使用するのが快適な使い方です。

フリードのハイブリッドシステムは先代フィットのシステムのためモーターのみでの走行は出来ません。2016年の今年フリードはモデルチェンジを予定していますので最新のハイブリッドにも期待し購入を待つのもひとつの手です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

新型スバルWRX S4新車価格情報と、値引き購入のコツ2016!

15WRX外観
出典 http://www.subaru.jp/wrx/s4/grade/

スバル WRX S4のスペック情報

スバル WRX S4の価格帯

3,348,000円~3,564,000円(税込)

スバル WRX S4のグレード情報

2.0GTアイサイト、2.0GT-Sアイサイト

編集部おススメグレード 2.0GTアイサイト 3,348,000円(税込)
18インチアルミホイール、アルカンターラ+本革シート、ビルシュタイン製ダンパーの装備の違いがGTとGT-Sの装備の違い。全車ターボエンジンではありますがスポーツリニアトロニックCVT搭載のWRX S4は別にラインナップされるSTIと比べ実用志向のため、17インチアルミホイールを標準とするGTの方が乗り心地も良くスポーツ性と快適性を兼ね備えています。
先進安全装備のアイサイトや左右独立温度調整機能付フルオートエアコン、LEDヘッドライト、前席電動パワーシートなど高級車並みの装備は全車標準装備です。

MTを選ぶなSTI

よりパワーチューンされているWRXにSTIモデルがありますがこちらは6MTのみのトランスミッション。前席電動パワーシート、アイサイトが装備されず、価格は50万円前後アップのよりスパルタンなモデルです。最高出力、最大トルク共にS4を上回る高回転スポーツ型のエンジンを搭載しています。

かつてのインプレッサWRXがS4

世界ラリー選手権でも活躍したインプレッサWRXは当時非常に人気でした。常にライバルの三菱ランサーエボリューションとの販売競争を続けてきました。ランサーエボリューションは販売終了しましたがインプレッサはWRXの名称で販売を続けています。エクステリアデザインはインプレッサよりもレヴォーグのセダンの印象です。

SIシャシーの最高峰WRX

フロントにストラット式リヤにダブルウィッシュボーン式サスペンションを装備する特徴を持つスバルSIシャシーは現在のスバル車共通のシャシーです。さらにGT-Sにはビルシュタイン製ダンパーも採用しました。ブレーキは4輪とも放熱性に優れたベンチレーテット式を採用しブレーキ性能を高いレベルで確保しています。

直噴2.0L水平対向ターボエンジンは文句なしのパワー

最高出力は2.0Lエンジンながら300馬力を発揮。さらに最大トルクは40.8kgmを2000回転から4800回転までの領域で発生し続けるフラットトルクを実現しています。つまり日常走行域で常に最大トルクを発生させCVTによる加速のもたつき感を全く感じさせません。誰でも簡単に速く走ることができるのがWRX S4です。

SIドライブによるエコとパワーの使い分け

SのスポーツモードとIのインテリジェントモードでスポーツドライブとエコドライブを使い分けることができます。インテリジェントモードだからパワーが無いわけではなくパワフルですが低燃費に配慮した制御になっています。300馬力を発揮するハイパワー車でJC08モード13.2km/Lの低燃費を実現しています。

低重心設計の水平対向エンジン

15WRXエンジン
出典 http://www.subaru.jp/wrx/s4/driving/technology.html
国産メーカーではスバルのみが製造する水平対向エンジン。海外ではポルシェのエンジンが有名です。エンジンで重心を低く抑えることができるのが水平対向エンジンの特徴。空力性能はもちろんですが重心が低いことでカーブでのロールを抑えることができ安定した走りが可能になります。

スポーツ性能に特化したインテリア

15WRX内装a
15WRX内装b
出典 http://www.subaru.jp/wrx/s4/grade/grade.html#grade1
WRX S4のインテリアはインプレッサスポーツやXVと共通なインテリアですがメーターパネルは赤い文字+白の指針でスポーティ。ゼロの位置が水平の位置にある水平指針を採用しています。スピードメーターは280km/hまで刻まれスペックの高さをアピール、タコメーターは最大トルクが発揮される2000回転から5000回転までの間が丁度上の位置にあるため視認性に優れています。

マニュアルモードでの走行も楽しくなります。また、カーボン調インパネ加飾パネルも採用しさらにスポーツ性を高めました。

上質なシートも特徴

フロントシートはホールド性の高いシートでさらに赤いスティチが施されています。GT-Sにはアルカンターラと本革シートの組み合わせで座り心地も見ためにも良好です。さらにWRX S4には運転席助手席とも電動パワーシートが標準装備されています。快適性も忘れてはいません。

ライバル不在 競合はゴルフGTIか?

2015年に最大のライバル三菱ランサーエボリューションが販売終了したことでライバル車が不在となっています。2.0Lターボ+4WDスポーツが不在の中、フォルクスワーゲンゴルフGTIが競合として最もふさわしいのではないかと考えます。走行性能の高さ、質感、価格面で十分競合が可能です。

総額10万円の値引き獲得を目指そう!

値引き額は車両本体で5万円、販売店オプションのカーナビ装着の場合はオプションから5万円引きを狙いましょう。4WDターボのスポーツセダンという今では特殊なジャンルのクルマのWRXは国産車で競合が出来ないため、値引き額は厳しい面もあります。四半期ごとの決算時期以外ではトータル値引き7万円超えが合格ラインです。

しかし、販売店オプションのボディコートや下回りコーティング、ガラスコート、長期メンテナンスを選択した際には確実に総額10万円引きを目指しましょう。これらのオプションは利益率が非常に高い商品です。

アクセラスポーツディーゼルも参考までに

ジャンルは異なりますがスポーツ性に優れたクルマとしてマツダアクセラスポーツがあります。中でもスカイアクティブディーゼルを搭載した2.2LのXDグレードで見積もりを取ってみましょう。WRX S4よりも大きなトルクを発揮するエンジンに6ATの組み合わせは注目する価値は十分にあります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

新型スバルフォレスター新車価格情報と、値引き購入のコツ2016!

16フォレスター外観
出典 http://www.subaru.jp/forester/forester/grade/

スバル フォレスターのスペック情報

スバル フォレスターの価格帯

2,149,200円~3,128,760円(税込)

スバル フォレスターのグレード情報

2.0i、2.0i-L、2.0i-Lアイサイト、X-BREAK、S-Limited、XTアイサイト
2.0i、2.0i-Lに6MT設定有

編集部おススメグレード 2.0i-Lアイサイト(AWD、CVT) 2,689,200円(税込)
17インチアルミホイール、左右独立温度調整式オートエアコン、本革巻ステアリング、プリクラッシュブレーキや車線逸脱防止警報装置など含めた先進安全装備のアイサイトが標準装備される2.0i-Lアイサイトがおススメです。
ベーシックな2.0iを除く全車にLEDヘッドライトやサイド&カーテンエアバックが装備され、ひとつ上の2.0i-Lで必要な装備は充実します。さらにアイサイト装着車は先進の衝突予防安全技術に優れています。は価格が魅力的。2.0i-Lよりも40万円以上安い価格の2.0iは価格的には魅力ですがレンタカーや法人リース向け。中古車として再販されたときに装備内容を要チェックしたいグレードです。

MT車も選べるフォレスター

2.0iと2.0i-Lは6MT車も選択可能でリニアトロニックCVTと同価格です。ターボモデルのXTアイサイトに欲しい6MTですが設定はありません。MT車に設定できないアイサイトですがMT車に対応可能なアイサイトも用意して欲しいです。

インプレッサベースのSUV

インプレッサベースに車高の高いSUVがフォレスター。水平対向エンジンを搭載していますのでライバル車と比較して重心を低くハンドリングは高いレベルで安定しています。また、220mmのロードクリアランスにより悪路走破性も高いクルマです。サスペンションはインプレッサ同様フロントストラット式、リヤダブルウィッシュボーン式で直進安定性と乗り心地を高め、スバルの4WD技術は優れており高い悪路走破性を確保しながらオンロードでは4WDを意識しない自然なハンドリングを実現しています。

アイサイトはバージョン3へ

スバルの先進安全技術アイサイトは、これまでフォレスターに搭載されていたのバージョン2。2015年11月のマイナーチェンジによりバージョン3へ改良されました。改良点は2つのカメラの視野角と視認距離を拡大することで認識性能を大幅に向上。カメラはカラー画像化により歩行者自転車の認識性能をアップさせるとともに前車のブレーキランプの赤を認識できるようになりました。これまで以上に正確な情報をドライバーに伝えることが可能になりました。作動状況はメーターパネル内に表示されます。

伝統の水平対向エンジン 2.0Lと2.0Lターボの二種類を用意

十分なパワーを発揮する2.0Lエンジン

低速域でのトルクを実感できる使い易いエンジンで、坂道でも自然に加速してくれます。少し前のスバルのエンジンEJ型のDOHC並みのパワーを感じます。2.0i-Lアイサイトと2.0XTアイサイトとでは約44万円の価格差があります。価格差を考慮すると2.0i-Lアイサイトに割安感が高く、頻繁に山道走行や高速走行するユーザー以外はノーマルの2.0Lエンジンで十分な加速性能ですので2.0i-Lアイサイトがおススメです。

不足ないパワーのFA20型直噴ターボエンジン

WRX S4と同じ直噴ターボエンジンを搭載するXTアイサイト。WRXに比べパワーは280馬力に抑えられていますが日常域から高速域までストレスフリーな加速が楽しめます。SIドライブのモードがノーマルエンジングレードはIとSのみですがターボのXTアイサイトにはS♯モードが追加。S♯モード選択時には8段クロスレシオのステップ変速制御によりダイレクト感あるスポーティなドライブが楽しめます。

SUVの使い易さとスポーツ志向のインテリア

16フォレスター内装a
16フォレスター内装b
出典 http://www.subaru.jp/forester/forester/grade/grade.html#grade3
インプレッサスポーツやXVと共通のインテリアですが各部デザインを改良しSUVらしさをアピールしています。シートはホールド性の高い疲れにくいシートで高さの恩恵からリヤシートの頭上空間は開放的です。スピードメーターのスケールは180km/hまでですが、WRX風に水平指針を採用しスポーティなデザインです。エアコンは高級車並みの左右独立温度調整式が2.0i以外のグレードに標準装備され快適装備も充実しています。質感は全体的に高いのですが高級感は少なく、スポーツ志向のインテリアです。

マルチファンクションディスプレイによる情報の集約化

16フォレスター内装c
出典 http://www.subaru.jp/forester/forester/utility/equipment.html
センターコンソール上部に4.3インチの大型カラー液晶画面を装備(2.0iを除く)空調の状態や瞬間燃費・平均燃費・X-MODEの作動状態などを集中して表示します。視認性に優れ走行状況がひと目でわかります。

最大のライバルは日産エクストレイル

総額25万円の値引き獲得を目指そう!

値引き額は車両本体で20万円、販売店オプションのカーナビ装着の場合はオプションから5万円引きを狙いましょう。エクストレイルにハイブリッドも追加されエクストレイルの魅力が再浮上している中、競合車としてピッタリです。

CX5やアウトランダーの見積もお忘れなく

同クラスSUVでマツダCX5と三菱アウトランダーの見積も忘れずに用意しましょう。CX5の2.0Lプロアクティブなら17インチアルミホイールなど含め装備面で酷似。スマートブレーキサポートの性能はスバルのアイサイトより評価が低いものの車両価格も同価格帯ですので競合車にふさわしいクルマです。三菱アウトランダーは4WDモデルなら排気量は2.4Lにアップ。価格帯もアップしますが総額30万円近い値引き額はフォレスターの値引き交渉に良い材料になります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

新型スバルインプレッサG4新車価格情報と、値引き購入のコツ2016!

14インプレッサG4外観
出典 http://www.subaru.jp/impreza/g4/grade/1.6i_s_eyesight.

スバル インプレッサG4のスペック情報

スバル インプレッサG4の価格帯

1,598,400円~2,430,000円(税込)

スバル インプレッサG4のグレード情報

1.6i、1.6i-L、1.6i-Lアイサイト、1.6i-S、1.6i-Sアイサイト、
2.0i、2.0iアイサイト、2.0i-S、2.0i-Sアイサイト
1.6i、1.6i-LのAWD車に5MT設定有、2WD、AWDの設定はグレードにより異なりますので詳しくは販売店におたずね下さい。

編集部おススメグレード 1.6i-Sアイサイト(AWD、CVT) 2,149,200円(税込)
16インチアルミホイール、オートエアコン、本革巻ステアリング、プリクラッシュブレーキや車線逸脱防止警報装置など含めた先進安全装備のアイサイトが標準装備される1.6i-Sアイサイトがおススメです。ディスチャージヘッドライトは全車にオプションですがi-S系のグレードには標準化して欲しかった装備です。

ベーシックな1.6iは価格が魅力的。ライバル車と比較してお求めやすい価格設定です。エアコンはマニュアル設定ですがエンジンを含めた基本性能は同じですので基本性能重視ユーザーには魅力的なグレードです。社用車として使われることも多いグレードです。

MT車も選べるインプレッサG4

ATまたはCVTのみのクルマが多くなっている現代で1.6LのAWD車限定ですが5MT車も選択可能です。また、AWDメインのスバルとしては珍しくほぼ全グレードで2WDが選択可能な点も魅力的です。ただし、先進安全装備のアイサイトはAWDのみの装備です。

スバルのスタンダード ちょうどいいサイズのG4

最近のスバル車の基本シャシーとなっているSIシャシー。構造はフロントがストラット式、リヤがダブルウィッシュボーン式独立サスペンションを採用した構造。トヨタプレミオやアリオンの2WD車のリヤサスペンションはトーションビーム式で独立ではない構造です。

ダブルウィッシュボーン式のメリットは?

路面の変化に対してタイヤ接地面を失わなわず常に安定した走行ができるサスペンションで高級車やスポーツカーに採用されています。スバルBRZのサスペンションもダブルウィッシュボーンです。走行安定性の確保に加えて乗り心地もしなやかで優れています。

しかし、部品点数が多くコストは高めですがインプレッサG4は車両価格をライバル車と比較して抑えた価格設定となっているのは高評価すべきです。ベーシックな1.6iグレードとプレミオ1.5Fの価格差は約25万円、マツダアクセラセダン15Cとの価格差は約15万円でいずれもインプレッサG4の価格が下まわっています。

取回し性能に優れたボディサイズ

全長は4,585mmで5ナンバー規格で市街地でも運転しやすいサイズです。全幅は1,740mmで3ナンバーサイズになります。先々代のレガシィと似たサイズでレガシィからの乗り換えユーザーにとっても、小さい、狭い印象は全く与えません。

伝統の水平対向エンジン 1.6Lと2.0Lの二種類を用意

1.6Lのメリットは?

1.6Lと2.0Lのエンジンは自動車税排気量クラスは同クラスで基本年額は39,500円と同額で1.6Lだからといってメリットはありません。逆にライバル車の1.5Lが有利になります。1.6Lと2.0Lではエンジン出力は当然違います。1.6Lが115馬力に対して2.0Lは150馬力で2.0Lが高出力。

さらに燃費はJC08モードでは同等で若干2.0Lの方が優れている点で1.6Lを選ぶメリットが無いように感じられます。1.6Lと2.0Lの価格差は約28万円ですので購入時の支払額に差が出ます。しかしそれだけでは納得できないですよね。

乗って納得1.6Lのメリット

2.0Lよりも90kg車両重量が軽い1.6Lは実際乗ってみると2.0Lと街乗りでの動力性能は変わらない動力性能を発揮します。CVTの得意とする2000回転から3000回転が使い易く不足ありません。実際の燃費性能はやはり排気量が少ない1.6Lが有利です。カタログのスペックだけに目を奪われないことが大切です。

さすがに高速域での登坂車線での加速性能で違いが出てきますが逆にそれくらい。高速走行をメインとするユーザーは2.0Lがおススメですが、街乗り重視のユーザーなら価格差と性能を含めて1.6Lがおススメです。

低重心設計の水平対向エンジン

国産メーカーではスバルのみが製造する水平対向エンジン。海外ではポルシェのエンジンが有名です。V型でイメージすると180°のエンジンで重心を低く抑えることができます。過去にフェラーリも512BB(ベルリネッタボクサー)で水平対向12気筒エンジンを採用していました。空力性能はもちろんですが重心が低いことでカーブでのロールを抑えることができ安定した走りが可能になります。

インプレッサG4でポルシェやフェラーリ並みの性能を求めてもと思いますがエンジンに詳しいユーザーにとっては気になる一台です。

スポーティなデザインのインテリア

14インプレッサG4内装a
14インプレッサG4内装b
出典 http://www.subaru.jp/impreza/g4/grade/1.6i_s_eyesight.html
インプレッサスポーツやXVと共通なインテリアはG4がベースと言っても良いでしょう。人気のレヴォーグのインテリアもインプレッサをベースとしています。高級感はありませんが写真で見るよりも実際に見た方が質感を実感できます。レガシィからの乗り換えユーザーが唯一不満に感じる点は内装がシンプルすぎる点です。レガシィの内装には高級感も感じられましたがインプレッサを検討の際には実際に見て触って感じてみましょう。

ベーシックな1.6i以外には各種情報を提供するマルチファンクションディスプレィを装備するなど先進のインフォメーションも装備。スポーティさと快適さを兼ね備えたインテリアです。

1.6i-Sと2.0i-Sにはアルミ製ペダルを装備しスポーティな仕上がりです。また、シートは合皮レザーを部分的に採用し高級感を高めバケットシート風に造られたシートはインプレッサG4の中でも一番ホールド性に優れたシートで長距離ドライブも疲れにくい造りになっています。

マツダアクセラセダンとの競合がベスト

総額25万円の値引き獲得を目指そう!

値引き額は車両本体で20万円、販売店オプションのカーナビ装着の場合はオプションから5万円引きを狙いましょう。車両価格が抑えられている分、値引き額は厳しい面もあります。四半期ごとの決算時期以外ではトータル値引き20万円超えが合格ラインです。

しかし、販売店オプションのボディコートや下回りコーティング、ガラスコート、長期メンテナンスを選択した際には確実に総額25万円引きを目指しましょう。これらのオプションは利益率が非常に高い商品です。

本命でアクセラセダン プレミオやアリオンの見積も用意しよう

走行性能の高いマツダアクセラセダンはインプレッサG4同様リヤサスペンションは独立式。アクセラセダンはマルチリンク方式を採用しマツダのスカイアクティブシャシーです。

価格面、走りの面で競合にはピッタリの車種です。同時にトヨタプレミオ&アリオンの見積も用意すると効果的です。本格的に商談を進めないとなかなか出てきませんが値引き額のみを見るとプレミオ&アリオンの値引き額が大きくなる傾向にあります。地域により異なりますのでご注意ください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

新型トヨタアベンシス新車価格情報と、値引き購入のコツ2016!

11アベンシス外観
出典 http://toyota.jp/avensis/grade/grade1/

トヨタ アベンシスのスペック情報

トヨタ アベンシスの価格帯

2,743,200円~2,983,745円(税込)

トヨタ アベンシスのグレード情報

Xi、Li

編集部おススメグレード Li 2,983,745円(税込)
グレードは2つのみでXiとLiの価格差は約24万円です。
より上質感を味わうために、アルカンターラ+本革シート、ステアリングと連動して照射角を変えるインテリジェントAFS付LEDヘッドライト、17インチアルミホイール、クルーズコントロールが装備されるLiがおススメです。
Xiでも十分な装備ですが、上級ステーションワゴンとしての魅力はLiに詰まっていると感じます。唯一、LIにはフロントパワーシートは装備して欲しかったです。全車に予防安全装備のトヨタセーフティーセンスCを標準装備しました。

デザイン一新 安全装備の強化

2015年10月にマイナーチェンジを実施したアベンシスはフロントマスクを切れ長のヘッドライトに変更しオーリス風のデザインになりました。内装デザインも一新されました。今回のマイナーチェンジで約16万円の価格アップになりましたがアップ分は安全装備の強化です。

トヨタセーフティセンスCを標準装備

今回のマイナーチェンジでレーザーレーダーと単眼カメラを併用した安全システムトヨタセーフティーセンスCを全車に標準装備しました。警報は140km/hまで、衝突軽減ブレーキは80km/hまで対応。高速域でも安全運転をサポートします。あくまでも法定速度内での走行が大切です。さらに全車にLEDヘッドライトも標準装備しました。これらの装備で価格アップしたと考えても良いです。

ヨーロッパ生まれのアベンシス その実力は

アベンシスはイギリスで生産されているトヨタ車です。日本で生産されているトヨタ車との違いは「走り」の面です。
足回りはフロントサスペンションは直進安定性に優れたストラット式、リヤは乗り心地に優れたダブルウィッシュボーン式とあらゆる速度域で乗り心地とハンドリング性能に優れています。また、ブレーキに高摩擦ブレーキパットを採用しヨーロッパ車同様、しっかり感の高い制動力を発揮します。そのためブレーキパットの減りは早くなっています。

動力性能、燃費は平凡なレベル

2.0Lの可変バルブタイミング機構を持つエンジンは静粛性に優れ、CVTとの相性も良く街乗りでは力強さを感じさせるエンジンです。車両重量が1.5tを切るため、車体が大きくても軽快感は失っていません。
高速走行でもエンジンり静粛性は保たれますが登坂部分では回転が上昇するとノイズが入っています。CVTはマニュアルモードを装備しますが反応にタイムラグを感じる場面もあります。高速での再加速ではCVTのため回転が上昇しスムーズさが失われる場面もありますが、急を要しなければ問題ありません。できれば従来のトルクコンバーター式の6速から8速のATが望ましいです。

燃費性能はCVTの性能向上に伴い14.6km/Lと1km/L改善されました。それでもあまり良い数値ではありません。また仕様燃料はハイオクガソリンです。ここまでヨーロッパ車にしなくてもと思ってしまいます。

上質で広い室内空間を持つLサイズステーションワゴン

11アベンシス内装a
11アベンシス内装b
出典 http://toyota.jp/avensis/grade/grade1/
アベンシスはヨーロッパ市場を狙いヨーロッパにて生産されたクルマらしくフロントシートもリヤシートもゆとりがあります。特にリヤシートは足元に余裕があります。また、ステーションワゴンであることからリヤシートの頭上空間はゆとりがあり、セダンのようにリヤガラスが迫ってくることはありません。
また、ヨーロッパ車のように240km/hまで刻まれたメーターを採用しています。このスケールにより、40km/hから140km/hの位置が非常に見やすくなっています。マイナーチェンジによりスポーティな円筒型の二眼式メーターデザインになりました。

操作性で気になる点はウインカーレバーです。ISO規格そのまま左ウインカーのままですので日本のトヨタ車と逆になりますので慣れが必要です。

Liに装備 アルカンターラ+本革シートは高級感たっぷり

アルカンターラはアルカンターラ社の登録商標でやわからく肌触りの良い人工皮革です。アルカンターラ=東レでもあり東レの技術が活かされています。本革より耐久性に優れ人工のため加工しやすい素材です。アルカンターラと本革を使い分けることで座り心地と耐久性、高級感を兼ね備えるシートになりました。20年以上前から東レは「エクセーヌ」という商標で上級車のシートを提供しています。エクセーヌも肌触りが良いシートです。Xiグレードでもアルカンターラ+ファブリックシートを採用し高級感をアップさせました。

アテンザワゴンで競合、レヴォーグも見てみよう

アベンシスに比べ競合するマツダアテンザとスバルレヴォーグは設計が新しいモデルです。アテンザワゴンはスカイアクティブテクノロジーにより足回りはスポーティでヨーロッパ車に近い走りです。リヤシートはお尻が沈みがちなため乗り心地に不満がありますので比較の際ご確認ください。

レヴォーグは新型でアイサイトによる安全性能も優れています。しかしインプレッサベースのため内装の質感は写真でみるより実車で劣ると感じる部分もあります。
ステーションワゴンが少なくなってきている今、同じジャンルのアテンザワゴンとレォーグは上記の点を加味しながら比較検討し競合させることが十分可能です。

値引き総額は30万円を狙おう!

値引き額は車両本体で25万円、販売店オプションのカーナビ装着の場合はオプションから3万円引きを狙いましょう。車両本体価格+販売店オプション総額から1割の値引獲得できたら大成功です。300万円なら30万円が目安です。

トヨタ販売店同士の競合も可能だ!

アベンシスはトヨタ店、ネッツ店、トヨペット店で販売しています。各販売ディーラーはトヨタと言っても別資本の別会社ですので競合可能です。
一度全店で見積もりを取り一番値引きが大きいディーラーを本命にし、価格交渉を行い、その結果、最終的に一番値引きが大きかったディーラーで一番の値引きを獲得する方法も一つの手です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

失敗しない中古車選び!総額50万円で買うスズキアルトの価格相場

アルトとはこんなクルマ

1979年に安くて運転しやすい小さなクルマ「こんなクルマがアルトいいなぁ」との思いで初代アルトは誕生しました。当時車両価格は47万円と脅威の安さで大人気でした。しかし装備はヒーターのみの標準装備。当時はパワーウインドウなどの電気系装備は無くエアコンも贅沢装備でした。4人乗ることができ買い物の荷物も十分詰めるアルト。4MTの他2ATも設定し主婦層に支持を得ました。

ボンネット軽バンの代表格

アルトが販売開始当時は軽自動車の5ナンバーにあたる乗用車は高税率の物品税を課せられていました。昔の軽自動車は5ナンバーが多かったのはココに理由があります。15%以上の課税では5ナンバーは売れません。スポーツタイプのアルトワークスやダイハツミラXXも三菱ミニカダンガンも全て4ナンバーでした。

1989年の消費税導入とともにに物品税が消滅。このタイミングで各メーカーの軽自動車はより快適な乗用タイプ5ナンバー車を積極的に販売するとこになり4ナンバー車のメリットが薄れました。

五代目の軽新規格アルトから格段に質感向上

1998年~2004年に販売されたアルトは乗用車としての快適性が大幅にアップしました。上級グレードにはオートエアコンも装備されました。スポーツモデルのワークスが前期モデルで終了のため新規格ボディのワークス希望なら狙い目です。また、このモデルからマツダ自動車に相手先ブランド生産(OEM)供給されキャロルの車名で販売されています。

2004年~2009年に販売された六代目はバンも含めて全て5ドアになり、さらに全車エアコン、パワーステアリングが標準化。オートマチックは上級のXのみが4ATでほとんどは3ATが標準となります。全車フロントエアバックは標準化されましたがABSはオプション設定のため購入時には新しくても付いていない場合が多く注意が必要です。

2009年~2014年に販売されたアルトは環境性能重視。2011年には30.2km/Lの低燃費アルトエコを発売。最終的には35.0km/Lにまで伸ばしダイハツミライースとの燃費競争がスタートしました。しかし実際の燃費はそれほど変わりありません。トランスミッションは4ATかCVTとなり3AT廃止に伴い走りの快適性は大幅に向上しています。

総額50万円で買えるアルトはこのモデル

アルトは先代モデルも総額50万円で買えるクルマも出てきていますので現行モデルの新型以外は購入可能です。年式で見ても1998年の軽自動車規格変更前の旧規格のアルトは中古車市場から少なくなってきており、状態の良いクルマを探すのも困難になってきています。1998年以降のモデルを紹介します。

新しいモデルはHA25S系

05-19アルトa
出典 http://carview.yahoo.co.jp/ncar/catalog/suzuki/alto/F005-M005/image/?img=1
2009年に登場したアルトの先代前期モデルが総額50万円以下で購入できるクルマも出てきています。エコ技術満載のアルトエコには手が届きませんが初期のノーマルモデルなら総額50万円で乗れるクルマが探せます。型式の末尾にVが付くタイプは4ナンバーのバンです。後席は直角シートになりますので安くても安易に飛びつくのは注意が必要です。

総額60万円超えなら新車の検討も

新型アルトのレーダーブレーキサポートと呼ばれる自動ブレーキ装備モデルも80万円台の車両価格設定です。さらにエコカー減税対象車となりますので購入時にかかる諸費用が抑えられます。燃費はF 2WDの5AGS(5AT)車で29.6km/Lの低燃費。長く乗るなら保証面も含めてトータルで考えると新車のメリットが大きくなります。

中心モデルはHA24S系

05-19アルトb
出典 http://carview.yahoo.co.jp/ncar/catalog/suzuki/alto/F004-M002/image/?img=1
ほぼ全タイプが総額50万円で乗れる六代目アルトは全く古さを感じさせずオススメです。後期型のG、G2グレードがボディ同色ドアミラーになるなど装備も充実され見た目も良いです。走行距離も6万キロ未満の低走行車も選ぶことができ、エンジンはタイミングチェーン方式ですので面倒な交換は不要です。グレードや型式末尾にVが付くタイプはバングレードです。5ドアで見た目は変わりありませんがリヤシートは直角シートになります。新しいクルマですが随所にコスト削減の波が押し寄せています。五代目に装備されたオートエアコンは廃止されマニュアルエアコンのみの設定となり、リヤシートはヘッドレストも無く平面的な造りになっています。

格安練習用モデルはHA23S系

05-19アルトc
出典 http://carview.yahoo.co.jp/ncar/catalog/suzuki/alto/F003-M005/image/?img=1
軽自動車規格が変わりボディサイズが大きくなって最初のアルトが五代目アルトHA23S系です。年数は15年前後経過していますがまだまだ街中では現役です。価格は底値に達しており、走行距離は10万キロを超えているクルマも目立ちますが中には5~6万キロ走行のクルマもあります。しかも走行距離に中古車価格が大きく変わりません。いずれも支払総額で10万円台から20万円台と車検毎に乗り換えても良い価格です。

ワークスはこのモデルが最終 前期モデルのみだ!

ノーマルモデルと違いワークスは人気で高値推移しています。総額50万円で探すのが困難なくらいの人気です。総額50万円ならさらに前の四代目アルトベースのワークスか、修復歴を気にしないでRS、修復歴なしで10万キロ前後走行したieを選ぶことをオススメします。アルトワークスは2000年のマイナーチェンジでエンジンがオールアルミ化されたタイミングで廃止されました。その後軽SUVスタイルのkeiにワークスの名を譲り渡しました。2015年に復活した新型アルトワークスも軽スポーツ愛好家にとっては魅力的な1台です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

新型スバルレガシィB4新車価格情報と、値引き購入のコツ2016!

05-05レガシィa
出典 http://www.subaru.jp/legacy/b4/grade/b4.html

スバル レガシィB4のスペック情報

スバル レガシィB4の価格帯

2,916,000円~3,132,000円(税込)

スバル レガシィB4のグレード情報

B4、B4リミテット

編集部おススメグレード B4 2,916,000円(税込)

全グレードに自動ブレーキシステムのアイサイトバージョン3と後側方警戒支援システムや自動ハイビームを備えたアドバンスドセイフティパッケージを装備し予防安全評価最高得点を獲得しました。
リミテットは18インチアルミホイールと本革シートを標準装備しますが安全装備や走行面での差がありませんので、こだわりが無い場合は標準のB4がオススメです。

大型化したレガシィB4

レガシィはステーションワゴンがラインナップから消滅し、セダンのB4とステーションワゴンでも車高の高いSUVスタイルのアウトバックのみとなり、共に車体は大型化しました。セダンのB4の全長は4,795mm、全幅も1,800mmを超え大型セダンと同様のサイズとなりました。搭載されるエンジンは水平対向4気筒2.5Lエンジンのみ。水平対向6気筒3.0Lエンジンは搭載されませんでした。また、ターボエンジンも無く少々さみしいラインナップです。以前は2ドアですがアルシオーネSVXが水平対向6気筒エンジンを搭載しスバルのフラッグシップを担っていましたが、最近ではレガシィがスバルのフラッグシップカーとなっています。

走りは平凡だがスポーツ性は確保

2.5Lエンジンは低中速で使い勝手に優れる

新型レガシィB4に搭載されるエンジンは水平対向4気筒2.5Lエンジンのみ。トランスミッションはマニュアルモード付のCVTです。走りだしから3000回転前後で非常に力強くスムーズに走ります。6気筒と違い1気筒あたりの排気量は600ccを超え燃焼効率が高いため走りに軽快さを感じさせます。また、燃費もアイドリングストップ標準装備でJC08モード14.8km/Lと良好です。実際の燃費は街乗りメインでは10km/Lまでは届きませんが高速道路をゆったりクルージングすればJC08モードの数値よりも走ります。

4気筒エンジンで気になる静粛性は高いレベルです。遮音フロントガラスの採用や各ボティ部分のインシュレーターを強化しパネルの厚みをアップさせ、高剛性かつ遮音性の高いボティを造りました。高回転までエンジンを回せば軽めの音が響いて来ますが通常3000回転前後での使用では静粛性に優れ快適です。

自然な走りのAWDと安定感の高い足回り

フロントにストラット式、リヤにはダブルウィッシュボーン式の独立サスペンションを採用し直進安定性に優れ、乗り心地もしなやか。リミテットの18インチアルミホイール装着車は少々バタつき感がありますが高速走行では安定します。スバルの4WD技術は世界トップクラスの技術力。運転していると4WDであることを忘れさせるほど自然なドライビングが可能です。レガシィB4にもアクティブトルクスプリット方式のシンメトリカルAWDが装備されます。

上質で高級感あるインテリア

出典 http://www.subaru.jp/legacy/b4/design/interior.html
05-05レガシィb
写真はリミテットですが基本デザインは共通。自発光式のメーター類は奥に配置され日中の日差しの強い時でも視認性に優れています。左右独立温度調整式オートエアコンを装備し快適な室内空間を保ちます。大きなダイヤル状のボタンを押すとオート、回すと温度調整で使い易くさらにスポーティなデザインに仕上がっています。また、インパネ全体の質感も高くドアトリムの造りもしっかり造り込まれスバルを代表する上級車にふさわしいクルマになりました。

ワゴン譲りの使い勝手は良好

レガシィB4はアウトバックと共通でリヤシートは6:4分割可倒式です。セダンでも長い荷物を楽に積載することができます。しかし3BOXセダンの形状のでスタイリッシュなレガシィB4はリヤに流れるようなデザインのため後席乗車時には頭上にリヤガラスが迫ってきます。背の高い人は気になるかも知れません。

ティアナとアテンザ競合で値引き拡大!

レガシィB4の値引きは車両本体価格から20万円、販売店装着のナビゲーションシステムを選択して3万円前後の値引き合計23万円前後の値引きが目標です。スバルではインプレッサのように大量に台数を売るクルマではないために値引きは渋めの対応が目立ちます。車両本体価格と付属品から総額値引きが20万円以上なら地域差もありますので成功といえるでしょう。ただし、3月決算時期なら総額25万円引きも視野に入れて商談することをオススメします。値引きが拡大傾向にありますので時間をかけてじっくり商談しましょう。

ティアナとアテンザの見積は必須

車格が同等の日産ティアナとマツダアテンザの見積を必ず用意しましょう。ティアナもアテンザも値引き額はレガシィB4と同じ額くらいの値引き額が想定されます。ティアナには残念ながら4WD車が廃止されました。価格が安めの設定になりますので価格面での魅力を前面に出し、少々総額が高くてもレガシィB4が良いと言う考えを全面に出しましょう。逆にアテンザは魅力的なグレードはクリーンディーゼルターボ+4WDで価格は少々高めになります。クリーンディーゼルターボの魅力を全面に出しながら商談し、値引き拡大につなげましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

【ワゴン】予算100万円で選ぶ!中古車ステーションワゴン【2015年】

コンパクトクラスでおススメは?

ホンダフィットシャトル

ホンダフィットシャトル

トヨタカローラフィールダー

トヨタカローラフィールダー

日産ウイングロード

日産ウイングロード

出典:http://carview.yahoo.co.jp/ncar/catalog/

 コンパクトステーションワゴンなら新車登録から3年以内のクルマが狙えます。狙える車種は、ウイングロード、カローラフィールダー、フィットシャトルです。しかし業務使用などで過走行車が多く年間2万キロペースで走ったクルマが多くみられます。4年落ちの平成23年車で車検が1年前後残っているクルマを選択するのが良いでしょう。
 ボディカラーが白またはシルバーがメインとなります。ウイングロードは商用車のADと同じスタイルのため商用車イメージが払しょくできません。できれば白、シルバー以外を狙いたいです。一番商用イメージから離れるのはフィットシャトルです。電気のみでは走れませんがハイブリットモデルも選べます。さらに新型シャトルが登場で価格の下落が進みますので狙い目です。

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

【セダン】予算100万円で選ぶ!中古車セダン【2015年】

コンパクトセダンなら高年式が狙える!

01

日産ラティオ

02

トヨタカローラアクシオ

03

スバルインプレッサG4

出典:http://carview.yahoo.co.jp/ncar/catalog/

 コンパクトセダンなら新車登録から3年以内のクルマが狙えます。狙える車種は、ラティオ、カローラアクシオ、インプレッサG4です。ラティオは以前のティーダラティオの時からは車格がダウンしていますがノートと基本共通のため使い勝手や走りは快適です。

 インプレッサG4は1.5L~の車種のためひとクラス上の車種のためお買い得です。走りの面でもひとクラス上の安定感ですが、100万円以下で購入できるのは3年から4年落ちの車になります。ヴィッツの4ドアセダントヨタベルタも該当しますがカローラアクシオが選べるのなら選ぶメリットが薄くなるのでカローラアクシオをオススメします。

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0