トヨタノア特別仕様車 Si“W×B”は本当に得なのか?トヨタノア2017新車特集!



出典 http://toyota.jp/noah/grade/special/

特別装備内容はコレ!

専用フロントグリル
ワンタッチスイッチ付デュアルパワースライドドア
クルーズコントロール
スモークメッキバックドアガーニッシュ
LEDヘッドランプLEDクリアランスランプ (ブラック塗装)
専用シート表皮(合成皮革+ファブリック&ホワイトステッチ/消臭機能付)
その他、ブラックインテリア(ルーフ・ピラーガーニッシュ・アシストグリップ・サンバイザー・インストルメントパネル・ドアトリム)、内装各パネル部にピアノブラック色デザインなど

車両本体価格  ハイブリッド(7人乗り)  3,321,000円
ガソリン(7人乗り、2WD)  2,830,680円
ガソリンモデルに4WD設定、8人乗り設定有

Siグレードをベースに安全装備を強化しワンタッチスイッチ付デュアルパワースライドドア、クルーズコントロールを標準装備し、標準のエアロモデルSiグレードのエクステリアとインテリアをブラック色の強いデザインに変更し、シートは合成皮革+ファブリックの専用シートで高級かつスポーティなデザインになりました。

ハイブリッドおよびガソリン両グレードに特別仕様車が設定され、いずれもベースとなるSiグレードよりも約10万円高いのみのお買い得な設定です。

クルーズコントロールがお得

速度を一定に保ち長距離高速走行をアシストするクルーズコントロールはノアの場合はGグレードのみの装備で他のグレードにオプション設定もありません。エアロスポーティなSiグレードでロングドライブが楽になります。ポイントは兄弟車ヴォクシーの特別仕様車ZS煌にはクルーズコントロールは設定されません。ワンタッチスイッチ付デュアルパワースライドドアはヴォクシーにも装備されます。

価格面でもお得!シートに合成皮革を採用

ワンタッチスイッチ付デュアルパワースライドドアとクルーズコントロールのみで約10万円のオプションと考えると価格面も妥当と言えます。専用シート表皮(合成皮革+ファブリック&ホワイトステッチ、消臭機能付)は高級感もあり肌触りの良いシートです。

損しない特別仕様車選び

査定基準はベースグレード価格でも安心

下取りや買取時の査定基準となるのはベースとなるグレードと同等になるのが一般的です。つまりノア特別仕様車Si“W×B”はSiグレードがベースのため基準はSiグレードになります。Siグレードはスポーティな上級グレードのため、さらに上のグレードが無いことを考慮すると査定価格に影響しません。

ワンタッチスイッチ付デュアルパワースライドドアは使い勝手がよく人気の装備のため買取価格がアップされますので片側パワースライドドアのSiよりは高い買取価格も期待できます。新車購入価格が少々高くても買取価格、下取り価格も高いため損しませんのでおススメです。

走行距離が10万キロ以上走行しても人気?

ほとんどのクルマは10万キロ走行すると価値が無くなってしまう傾向にありますがミディアムクラスミニバンは人気のため買取下取り価格に期待できます。特別仕様車Si“W×B”はデザインがスポーティなため走行距離が多くても中古車市場でも人気が予想されます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

【CMで話題!】2017特プリウス=特別仕様車 S“Safety Plus”は本当に得なのか?徹底検証



出典 http://toyota.jp/prius/grade/special/

特プリウス・特アクアが話題になっていますね。

特別装備内容はコレ!

トヨタセーフティセンスP (Aグレードに装備)
インテリジェントクリアランスソナー (Aグレードに装備)
シンプルインテリジェントパーキングアシスト (Aグレードに装備)
ナビレディセット(バックカメラ)
LEDフロントフォグランプ (Aグレードに装備)
雨滴感応式オートワイパー (Aグレードに装備)
カラーヘッドアップディスプレイ (Aグレードに装備)
自動防眩ルームミラー (Aグレードに装備)

車両本体価格  2,693,520円

Sグレードをベースに安全装備を強化しトヨタセーフティセンスPを標準装備し、障害物に近づくと警告音で注意を促すクリアランスソナーも装備しました。トヨタセーフティセンスPにはオートマチックハイビームも装備されており、視界確保のためLEDフォグランプも追加装備されています。さらにナビケーションを取り付ける前提でバックカメラも装備しました。

上級グレードのAグレードの装備に近づけバックカメラを付属したナビレディセットも考慮するとAグレードより約10万円お求めやすい価格設定です。

必要な装備をチョイス!Sグレードがお得

Sグレードの価格2,479,091円にトヨタセーフティセンスPとLEDフロントフォグランプ、ナビレディセットを加えると2,619,491円になり、特別仕様車の価格より約8万円安い価格になります。この内容なら外観、装備内容に不足なく乗ることができますので特別仕様車に目立ったお得感がありません。LEDヘッドライトは全車標準装備ですので安心です。

雨滴感応式オートワイパーは小雨の時など思うように動いてくれないなどあり、時間調整式間欠ワイパーが標準装備されるなら問題ありません。ただし、クリアランスソナーなど障害物に近づいたことを知らせる装備が欲しいユーザーはこの特別仕様車がおススメです。Sグレードはオプション選択できません

セーフティセンスPがお求めやすい価格だ

ミリ波レーダー+カメラの組み合わせでトヨタの上級車に装備される安全装備トヨタセーフティセンスPをプリウスに設定しました。かつてはセルシオやクラウンマジェスタに装備されていたプリクラッシュセーフティシステム(当時50万円クラスのオプション)の内容よりも充実しプリウスAグレード以上に標準装備、Eグレード、Sグレードに86,400円でオプション装着可能です。

トヨタではトヨタセーフティセンスCもコンパクトカー中心に装備されていますが、CとPのオプション価格差は32,400円です。しかし、価格以上の内容差です。Pには前車追従型のレーダークルーズコントロール、車線逸脱防止システムにはステアリング制御、歩行者認識機能が備わります。また、レーダー方式ではなくミリ波レーダー方式のため霧など悪天候の際にも感度良好です。自動ブレーキ対応自動車保険が検討されているいま、トヨタセーフティセンスPは必須オプションと言えます。

Aグレードよりも本当にお得?

Aグレードの価格2,777,563円で特別仕様車との価格差は約8万円ほどです。ナビレディセットはAグレードもオプション設定ですので、こちらも考慮すれば約10万円特別仕様車がお買い得になります。しかしAグレードにはスーパーUVカット&撥水機能、遮音機能付きガラスが装備され、さらに、ブラインドスポットモニターを装備。隣の車線を走る車両をレーダーで検知し、自分のクルマが死角エリアに入ると、ドアミラーに装備されたLEDインジケーターを点灯させます。スーパーUVカットガラスとブラインドスポットモニターが必要ならAグレードの選択です。Sグレードにはオプション設定ありません

Aグレードにしかない装備が不要でクリアランスソナーが欲しいユーザーは特別仕様車がおススメです。12個の超音波センサーを装備し、アクセル・ブレーキペダル操作に関係なく、低速走行時における衝突回避、または衝突被害を軽減させるシステムです。車庫入れなど時に障害物の接近を表示とブザーで知らせるクリアランスソナーに、ブレーキ制御を行い障害物との接触を緩和する機能を追加しました。さらに、クルマの左右サイドに歩行者などを巻き込む危険を知らせる巻き込み警報機能も装備しています。

損しない特別仕様車選び

査定基準はベースグレード価格

下取りや買取時の査定基準となるのはベースとなるグレードと同等になるのが一般的です。つまりプリウス特別仕様車S“Safety Plus”はSグレードがベースのため基準はSグレードになります。Sグレードの型式はZVW50-AHXEBでグレードを示すのは右から2つ目のEの部分です。特別仕様車はベースグレード型式の後ろに( )書きで差別化されている程度です。AグレードはAHXGBですので別型式になります。

自動ブレーキ装着車が普及している現在では、トヨタセーフティセンスPの装備有無で査定金額が大きく変わってくることが予想されますので、必須のオプションです。上記のようにSグレードに必要なオプションを装着を考慮しても特別仕様車価格は高いのですが、査定時にはSグレードの自動ブレーキ装着車との見方しかならないことが予想されます。のでSグレードにオプション装着したクルマがお得と判断できます。

売却時に有利な上級グレード

売却時には一般的に上級グレードの査定価格が高くなる傾向にあります。購入時に僅かに安くても、売却時に安さで差がついてしまっては損した気分になります。プリウスの場合Aグレードより特別仕様車は約10万円お買い得です。査定額で10万円前後の差は十分あり得る範囲内ですので妥当な内容と言えると思います。しかし、AグレードのスーパーUVカットガラスとブラインドスポットモニターの装備に少しでも魅力を感じた場合にはAグレードがおススメです。Sグレードと比較して購入時高くても売却時も高いですので損しないことが予想されます。

走行距離が10万キロ以上走行する場合の買取価格に注意

プリウスは燃費が良いため、走行距離を多く走るユーザーには最適です。走行距離が10万キロ以上走った場合には、上記で記述したグレードによる買取価格差がほぼ無くなる傾向にあります。つまり、装備が充実して出来るだけ安い価格で購入することがポイントです。走行距離が多いユーザーはSグレードにオプション装着したグレードがおススメです。

中古車買うなら特別仕様車はお得

買取や下取りの査定価格が上級グレードより安くなる傾向にある特別仕様車は中古車販売価格も安くなります。つまり、装備が充実しているクルマが安く買えるチャンスです。しかし、安い価格で走行距離が10万キロを超えたクルマは状態をよく確認しましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

トヨタヴォクシー&ホンダステップワゴン人気ミディアムスポーティミニバン徹底比較

ミディアムクラスミニバンで最もスポーティなデザインの2台を比較します。トヨタノアやエスクァイアとプラットフォームを共有しつつ最もスポーティなデザインで人気なヴォクシーZSとクラス唯一のダウンサイジングターボエンジンを搭載するホンダステップワゴンのスポーティモデルスパーダを徹底比較します。

ヴォクシーは2014年1月にフルモデルチェンジしたのち2016年1月に衝突軽減ブレーキを含むトヨタセーフティセンスCを搭載したモデルを設定するなど改良されています。ステップワゴンは2015年4月にフルモデルチェンジを実施。1.5Lに排気量をダウンさせターボを搭載。ハイブリッドではなくダウンサイジングターボを選択しました。2016年5月の小変更で衝突軽減ブレーキと車線維持システムを搭載したホンダセンシングを廉価グレード以外に標準装備するなど安全面も充実しています。

写真 ヴォクシーZS 7人乗り
出典 http://toyota.jp/voxy/grade/grade3/

写真 ステップワゴンスパーダ
出典 http://www.honda.co.jp/STEPWGN/webcatalog/type/gasoline/

エクステリア比較

ヴォクシーZSは大型エアロバンパーやクリアレンズを多用しワイルド感を全面に出しています。ワイドボディで僅かに3ナンバーサイズになるボディは基本的には5ナンバーサイズのため取り回しの良さは抜群。ヴェルファイアに雰囲気が似たデザインも人気です。

ステップワゴンはヴォクシーと比較し少々大人しめな印象のエクステリア。リヤゲートは「わくわくゲート」と呼ばれるゲートが備わり観音開き方式とこれまで通り下から上に開く方式の両方が可能になっています。狭い場所での荷物の出し入れが可能で、ワクワクゲートから乗り降りも可能です。

グレード選択はヴォクシーの場合にはエアロパーツが装備されたスポーティモデルZSを、ステップワゴンの場合もエアパーツ、16インチアルミホイールを装備するスパーダを選択しました。どちらのグレードもリヤオートエアコンは未装備のためリヤオートエアコンを装備の場合にはヴォクシーはZS煌シリーズ、ステップワゴンはスパーダクールスピリッツを選ぶことをおススメします。

ヴォクシーZS 7人乗りのスペック

全長4,710mm 全幅1,730mm 全高1,825mm
車両重量1,620kg
LEDヘッドライト(オート機能付)
左側パワースライドドア装備
デュアルパワースライドドアはメーカーオプションで59,400円
16インチアルミホイール タイヤサイズ205/60R16
乗車定員 7名
最小回転半径 5.5m

ステップワゴンスパーダのスペック

全長4,735mm 全幅1,695mm 全高1,840mm
車両重量1,690kg
LEDヘッドライト(オート機能付)
両側パワースライドドア装備
16インチアルミホイール タイヤサイズ205/60R16
乗車定員 7名
最小回転半径 5.4m

両車運転席からのアイポイントが高く、見晴しが良く運転がし易いクルマです。紹介するおススメモデルは自動ブレーキも標準装備され安心です。さらにLEDヘッドライトも標準装備されます。ヴォクシーは左側パワースライドドアに対し、ステップワゴンは両側パワースライドドアが標準装備され使い勝手が良好です。ヴォクシーはオプション選択可能です。

取回し性能はほぼ同等

どちらも16インチホイール装着し最小回転半径ヴォクシーは5.5m、ステップワゴンは5.4mです。若干ステップワゴンの数値が上回りますが取回し性能はほぼ同等です。

どちらもエアロパーツで3ナンバー

基本5ナンバーサイズのヴォクシーとステップワゴンですがヴォクシーは長さと幅、ステップワゴンは長さで3ナンバーとなります。ノーマル系グレードは5ナンバーですが、3ナンバーお断りの都市部の駐車場、立体駐車場はダブルで断られる可能性があります。

運動性能比較

ヴォクシーは2.0Lガソリンエンジン、ステップワゴンは1.5Lターボエンジンを搭載。瞬発性と日常域トルクはステップワゴンが使い易い印象があります。両車JC08モード燃費は16.0km/Lと同じスペックです。

ヴォクシーZS 7人乗りのスペック

エンジン 直列4気筒16バルブDOHC
総排気量   1.986L
燃費対策 充電制御、アイドリングストップ装置、可変バルブタイミング、電動パワーステアリング、自動無段変速
最高出力152馬力/6,100回転
最大トルク19.7kgm/3,800回転
JC08モード燃費16.0km/L
トランスミッション 電気式無段変速
ブレーキ(前/後)ベンチレーテッドディスク/ディスク
フロントサスペンション マクファーソンストラット(スタビライザー付)
リヤサスペンション トーションビーム式(スタビライザー付)

ステップワゴンスパーダのスペック

エンジン 直列4気筒16バルブDOHC
総排気量   1.496L
燃費対策 筒内直接噴射、アイドリングストップ装置、可変バルブタイミング、電動パワーステアリング、自動無段変速
最高出力150馬力/5,500回転
最大トルク20.7kgm/1,600~5,000回転
JC08モード燃費 16.0km/L
トランスミッション CVT
ブレーキ(前/後) ベンチレーテッドディスク/ディスク
フロントサスペンション マクファーソンストラット(スタビライザー付)
リヤサスペンション 車軸式

ステップワゴンはより運転が楽しめる

パワーの面ではステップワゴンにアドバンテージを感じます。最大トルクを発揮する1,600~5,000回転は日常使う領域をほぼカバーしています。感覚的には2.4Lエンジンのクルマに乗っているような力強さで発進加速と中間加速がスムーズです。ヴォクシーも3,800回転で最大トルクを発揮しますが、定速巡航からの再加速時にトルク感が不足しステップワゴンに比べると、もたつきを感じます。高速走行でも加速感はステップワゴンが有利で燃費も排気量が少ないステップワゴンが良い傾向にあります。

足回りの違いは乗り味で選ぼう

ハンドリング性能はほぼ同等と感じます。ヴォクシーは低床化に伴い新プラットホームを採用しました。もともと低床化されていたステップワゴンと同じスタイルになりました。ステップワゴンは先々代から共通のプラットホームを使用し若干の設計の古さも感じます。

直進安定性は前輪と後輪の間隔ホイールベースが長いステップワゴンが優れ、乗り心地はリヤサスペンションにスタビライザーを設けたヴォクシーが優れリヤタイヤの接地感が高くなっています。また、ヴォクシーはリヤタイヤの接地感が高いのみでなくフロントサスペンションのゴツゴツ感もヴォクシーは少なく感じます。スポーティな乗り心地はステップワゴン、ソフトで落ち着いた乗り心地はヴォクシーがおススメです。

税制面で有利なダウンサイジングターボ

税制面ではステップワゴンにアドバンテージがあります。排気量が1.5Lに満たないためヴォクシーよりも自動車税が年額5,000円安くなります。さらにエコカー減税は、ステップワゴンが取得税60%重量税50%の減税でヴォクシーのノーマルエンジン車は取得税40%重量税25%の減税になりますのでステップワゴンの減税率が高くなります。

ステップワゴンのポイント

ミニバン購入のカギを握っているのは奥様であるケースは少なくありません。あまりクルマに詳しくない場合、ターボ=パパ好みの燃費悪いクルマ、ハイブリッド=燃費が良いクルマのイメージが強く、ハイブリッドならすんなり受け入れられますがターボはなかなか受け入れてもらえません。低排気量の燃費性能と税制面、ハイブリッドに対する車両価格のお求め易さをアピールしましょう。ヴォクシーなら少々価格は高くなりますがハイブリッドに方向性を向けることも大切です。

室内・使い勝手比較



ヴォクシーZS 7人乗りのインテリア
出典 http://toyota.jp/voxy/grade/grade3/

ステップワゴンスパーダのインテリア
出典 http://www.honda.co.jp/STEPWGN/webcatalog/interior/design/

シートアレンジはヴォクシーがおススメ

7名乗車モードなら両車シートの使い勝手には違いがありません。サードシートの使い易さはヴォクシーにアドバンテージがあります。ヴォクシーのサードシートの格納は簡単に跳ね上げが可能で格納後には出っ張り部分が少なく邪魔になりません。ステップワゴンのサードシート格納はラゲッジルーム床下格納になります。見た目はスッキリしますが荷物があれば一度降ろして格納しなければなりません。また、シートを使用する場合も同じです。

セカンドシートの快適性もヴォクシーにアドバンテージがあります。サードシートクッションまで迫るロングスライド機能を装備し足元広々空間が生まれます。ステップワゴンはセカンドシートのスライド幅も少なくシートアレンジの多様性では少々不満な面があります。

サードシートのクッション奥行の長さはヴォクシーが435mm、ステップワゴンは415mmで20mm長いヴォクシーのサードシートの方が乗り心地は良好。たかが20mmと思いつつも実際に太もも部分のサポート性が全く違ってきます。運転席とセカンドシートは500mm近くあるためその差は歴然です。先代ステップワゴンのサードシートは475mmの奥行があり先代モデルにゆとりがあるのは確かです。足元を広く見せる戦法に要注意。実際に座って納得して選びましょう

ヴォクシーZS 7人乗りの装備

左右独立温度調整式オートエアコン+リヤクーラー
本革巻ステアリング
自発光式メーター
セカンドシート(リクライニング&スライド式)、サードシート(リクライニング式)ベンチ式シート

出典 http://toyota.jp/voxy/interior/indoor_space/

ステップワゴンスパーダの装備

プッシュコントロール式オートエアコン+リヤクーラー
本革巻ステアリング
デジタル式メーター
セカンドシート(リクライニング&スライド式)、サードシート(リクライニング式)
ワクワクゲート(フルオープン可)

出典 http://www.honda.co.jp/STEPWGN/webcatalog/interior/wakuwakugate/

両車インテリアはキレイにしっかり造り込まれていますので両車とも質感は高いレベルです。プラスチック感を感じないステップワゴンが少々上質な印象です。エアコン操作部はステップワゴンにすっきり感があり操作性に優れています。ヴォクシーは丸基調のデザインで各スイッチが小さ目です。両車とも左右独立温度調整機能が付いていますので上級セダンと同等の装備内容です。

リヤオートエアコン希望ならグレード変更がおススメ

リヤエアコンはクーラー機能のみでリヤオートエアコンで暖房も欲しいユーザーはグレードを変えるかオプション選択しましょう。ヴォクシーはZSの場合寒冷地仕様とセットでオプション、またはZS煌の特別仕様車を選びましょう。両側パワースライドドアと、リヤオートエアコンをオプション選択する場合にはZS煌をおススメします。ZSグレードオプション選択時と比較して若干お求めやすい価格になります。

ステップワゴンの場合にはリヤリヤオートエアコンで暖房も欲しいユーザーはグレードを変えましょう。クールスピリッツに変えるとリヤオートエアコンが装備されます。通常のスパーダにはオプション設定がありませんので注意しましょう。

使い勝手は両車個性あり!使い易いのはどっち?

ヴォクシーはサードシート跳ね上げタイプでステップワゴンは床下格納タイプと両車格納方法が違います。荷室のアレンジのし易さは跳ね上げタイプのヴォクシーです。ステップワゴンのワクワクゲートは狭い場所でも荷物の出し入れが可能です。リヤゲートの使い易さはステップワゴンが優れています。しかし、複数方向に開くドアの耐久性に不安はあります。展示車試乗車で両車確認し使い易いクルマを選びましょう。

安全性能比較

安全性能比較は自動ブレーキシステムを含む先進安全装備の性能を比較。
ステップワゴンに装備されるホンダセンシングにアドバンテージがあります。ヴォクシーのレーダー方式に対しより精度の高いミリ波レーダー方式を採用しています。また、サイド&カーテンエアバックも標準装備されます。

ヴォクシーZSにはトヨタセーフティセンスCを装備しています。レーダーレーザー方式+単眼カメラを採用したシステムのため自動ブレーキアシストの作動速度が80km/hまで、警報機能は140km/hまでです。高速域まで幅広いアシストが実現します。また、車線逸脱警報が装備されました。しかし歩行者認識はされず、サイド&カーテンエアバックは48,600円で全グレードにオプション設定です。ステップワゴンに装備され、長距離ドライブに重宝するクルーズコントロールも未装備です。

ステップワゴンのエマージェンシーブレーキシステム、ホンダセンシングはミリ波レーダー+単眼カメラを使い、クルマの前方の状況を認識し5km/h以上の速度差があれば衝突軽減ブレーキを作動させます。80km/hまでは歩行者認識機能が働きます。100km/hまでは車線逸脱警報も装備し逸脱時にはステアリング補助操作も行います。前車の速度に応じて追従可能な前車追従型クルーズコントロールも装備し、進入禁止標識認識などの警報とサイド&カーテンエアバックが標準装備され安全装備面でヴォクシーに差を付けています

ヴォクシーは安全装備の強化を

現状はホンダの安全技術ホンダセンシングにも及びません。ヴォクシーについてはミリ波レーダー+カメラのセーフティセンスPの導入を検討して欲しい内容です。

車両本体価格比較

ヴォクシーZS 7人乗り 2,739,273円
おススメオプション デュアルパワースライドドア  59,400円
サイド&カーテンエアバック 48,600円
車両本体価格+おススメオプション合計額   2,845,273円

ステップワゴンスパーダ       2,840,000円
おススメオプション             0円
車両本体価格+おススメオプション合計額   2,840,000円

車両本体価格におススメオプションを加え両車できるだけ同等の装備内容にすれば価格差はなんと5273円。ほぼ同等の価格になります。シートアレンジの多様性とサードシートの使い勝手乗り心地を重視すればヴォクシー、先進安全技術の充実と前車追従型クルーズコントロールを装備し、高速走行と安全面を重視すればステップワゴンを選ぶことをおススメします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

【CMで話題!】2017特アクア=特別仕様車 S“Style Black”は本当に得なのか?(トヨタアクア2017徹底解剖!)



出典 http://toyota.jp/aqua/grade/special2/

特別装備内容はコレ!

トヨタセーフティセンスC (Gグレードに装備)
スマートエントリーパッケージ
メッキアウトサイドドアハンドル
バックドアメッキガーニッシュ
合成皮革巻きインパネ助手席オーナメント(ピアノブラック加飾モール付)/助手席オープントレイ(ピアノブラック)(Gグレードに装備)
4本スポークウレタンステアリングホイール
パワーウインドゥスイッチベース(ピアノブラック加飾/運転席・助手席)(Gグレードに装備)
運転席アームレスト

車両本体価格  1,996,037円

Sグレードをベースに安全装備を強化しトヨタセーフティセンスCを標準装備しキーフリーで開錠、エンジンスタート可能なスマートエントリーパッケージも装備しました。また、外装ではドアハンドルなどメッキパーツを使い質感を高めています。

Sグレードとの比較ではどのくらいお得?

Sグレードの価格1,887,055円にトヨタセーフティセンスCとスマートエントリーパッケージを加えると1,996,135円になり、特別仕様車の価格と同等になります。合成皮革巻きインパネ助手席オーナメントやメッキパーツ分がお得になりますが、目立ったお得感がありません

Gグレードとの比較ではどのくらいお得?

Gグレードの価格2,007,818円で特別仕様車との価格差は僅か1万円ほどです。Gグレードもスマートエントリーパッケージはオプション設定ですが、55,080円で装備可能です。GグレードにはトヨタセーフティセンスCが標準装備で、高速走行でラクラクドライブ可能なクルーズコントロールが標準装備されステアリングホイールは革巻ステアリングになります。さらにシート表皮は上級のスウェード調ファブリック、フロントアームレストはアームレスト付センターコンソールボックス&センターコンソールトレイ&リヤカップホルダーの名称でしっかり装備されています。同価格帯なら上級グレードのGグレードをおススメします。

特別仕様車の落とし穴はココ!

査定基準はベースグレード価格

下取りや買取時の査定基準となるのはベースとなるグレードと同等になるのが一般的です。つまりアクア特別仕様車S“Style Black”はSグレードがベースのため基準はSグレードになります。Sグレードの型式はNHP10-AHXNBでグレードを示すのは右から2つ目のNの部分です。特別仕様車はベースグレード型式の後ろに( )書きで差別化されている程度です。GグレードはAHXEBですので別型式になります。

売却時に有利な上級グレード

売却時には一般的に上級グレードの査定価格が高くなる傾向にあります。購入時に僅かに安くても、売却時に安さで差がついてしまっては損した気分になります。アクアのGグレードと、Sグレードの特別仕様車の装備価格差を見るとGグレードを選択することをおススメします。

ベースグレードと価格差が無く装備が充実している場合には特別仕様車を選びましょう。購入時の価格がお得なら特別仕様車を選択して間違いありません。査定価格で上級グレードと差が出ても納得です。

中古車買うなら特別仕様車はお得

買取や下取りの査定価格が上級グレードより安くなる傾向にある特別仕様車は中古車販売価格も安くなります。つまり、装備が充実しているクルマが安く買えるチャンスです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

トヨタノアハイブリッド&日産セレナSハイブリッドミディアムクラスミニバンハイブリッド徹底比較

5ナンバーサイズで室内を最大限に広く造り上げた3列シート車。7人から8人が快適に乗車可能なミディアムクラスのミニバンの代表がトヨタノア、ヴォクシー、日産セレナ、ホンダステップワゴンです。一部スポーティなモデルはエアロパーツがワイドボディ化し3ナンバーとなります。

その中でもファミリー層に人気なハイブリッドをラインナップに持つトヨタと日産の代表車トヨタノアと日産セレナのハイブリッドモデルを徹底比較します。ノアは2014年1月にフルモデルチェンジしたのち2016年1月に自動ブレーキを搭載したモデルを設定するなど改良されています。セレナは2016年8月にフルモデルチェンジを実施。半自動運転を実現したプロパイロットを搭載したことも注目されています。

写真 ノアハイブリッドG 7人乗り
出典 http://toyota.jp/noah/grade/grade1/

写真 セレナハイウェイスターGプロパイロットエディション
出典 http://www.nissan.co.jp/SERENA/exterior.html

エクステリア比較

落ち着き感のある両車ですが、新型になりノアは高級感、セレナはスポーティ感をアップされました。ノアは高級感を持たせたエクステリアでミディアムサイズのアルファードを彷彿させセレナは上下に幅を持たせたワイドなヘッドライトデザインでスポーティさを強調しています。

グレード選択はノアの場合には装備が充実するクルーズコントロールやリヤオートエアコンを標準装備しつつ価格がこれら未装備のSiグレードより安いGグレードを選択、セレナの場合は、半自動運転のプロパイロットを選択した場合にはGグレードがハイウェイスターGプロパイロットエディションと同等車両価格になるため3ナンバーサイズになりますが装備が充実したハイウェイスターGプロパイロットエディションを選択しました。

ノアハイブリッドG 7人乗りのスペック

全長4,695mm 全幅1,695mm 全高1,825mm
車両重量1,620kg
LEDヘッドライト(オート機能付)
左側パワースライドドア装備
デュアルパワースライドドアはメーカーオプションで59,400円
15インチアルミホイール タイヤサイズ195/65R15
乗車定員 7名
最小回転半径 5.5m

セレナハイウェイスターGプロパイロットエディションのスペック

全長4,770mm 全幅1,740mm 全高1,865mm
車両重量1,710kg
LEDヘッドライト(オート機能付)
両側パワースライドドア装備(ハンズフリー付)
16インチアルミホイール タイヤサイズ195/60R16
乗車定員 8名
最小回転半径 5.7m

ミディアムクラスで背が高いミニバンを代表する両車は基本5ナンバーサイズでエアロパーツがはみ出すモデルが3ナンバーとなります。ノアはSiグレード、セレナはハイウェイスターシリーズが3ナンバーモデルです。室内の広さに違いはありません。

両車車高が高いため、見晴しが良く運転がし易いクルマです。紹介するおススメモデルは自動ブレーキも標準装備され安心です。さらにLEDヘッドライトも標準装備されます。ノアハイブリッドG は左側パワースライドドアに対し、セレナハイウェイスターGプロパイロットエディションハイブリッドは両側パワースライドドアが標準装備され使い勝手が良好です。

取回し性能で若干ノアハイブリッドが有利

取回し性能は同等ですが、16インチホイール装着するセレナは最小回転半径が5.7mのため少々大回り。15インチホイール装着のハイウェイスター以外のグレードは5.5mです。しかし、ノアの16インチホイール装着グレードSiは5.5mを維持しています。

シートアレンジで7人8人使い分け可能なセレナ

乗車人数の選択とシートの使い勝手はセレナにアドバンテージがあります。ノアは新車購入時にセカンドシートが独立の7人乗りとベンチシートの8人乗りを選択しなくてはなりません。7人乗りの方が前後スライド量も多くセンター部分がサードシートへのアクセス通路になりますので便利です。セレナはスマートマルチセンターシートにより、二列目中央の座席になったりフロントのコンソールボックスになったり前後スライドさせ7人乗りと8人乗りを両方こなすことができます。横スライド機能によりスマートマルチセンターシートを使用しなくてもベンチシート化することも可能です。ノアハイブリッドもセカンドシートを左右スライドさせベンチシート化することが可能です。

運動性能比較

ノアはプリウスのハイブリッドシステムをもつ本格ハイブリッドに対しセレナはシンプルハイブリッドでモーター出力はごくわずか。セレナはノーマルガソリン車として認識したほうが良いかもしれません。

ノアハイブリッドG 7人乗りのスペック

エンジン 直列4気筒16バルブDOHC
総排気量   1.797L
燃費対策 ハイブリッドシステム、アイドリングストップ装置、可変バルブタイミング、電動パワーステアリング、電気式無段変速
最高出力99馬力/5,200回転
最大トルク14.5kgm/4,000回転
モーター出力 82馬力
モータートルク 21.1kgm
JC08モード燃費23.8km/L
トランスミッション 電気式無段変速
ブレーキ(前/後)ベンチレーテッドディスク/ディスク
フロントサスペンション マクファーソンストラット(スタビライザー付)
リヤサスペンション トーションビーム式(スタビライザー付)

セレナハイウェイスターGプロパイロットエディションのスペック

エンジン 直列4気筒16バルブDOHC
総排気量   1.997L
燃費対策 ハイブリッドシステム、ミラーサイクル、筒内直接噴射、アイドリングストップ装置、可変バルブタイミング、電動パワーステアリング、自動無段変速
最高出力150馬力/6,000回転
最大トルク20.4kgm/4,400回転
モーター出力 2.6馬力
モータートルク 4.9kgm
JC08モード燃費 16.6km/L
トランスミッション CVT
ブレーキ(前/後) ベンチレーテッドディスク/ディスク
フロントサスペンション マクファーソンストラット(スタビライザー付)
リヤサスペンション トーションビーム式(スタビライザー付)

ノアハイブリッドはモーターのみでの発進が可能で走行用バッテリーに余裕があればEVモードで静かな電気自動車モードで走行することが可能です。ストップ&ゴーの市街地では充電放電を繰り返しますので市街地での低燃費にメリットがあります。

セレナのSハイブリッドはモーターのみでは走行不可能で常にエンジンが回っている状態です。モータのアシスト感は感じられないほどで通常のガソリン車としての認識がピッタリです。市街地でも高速でも目立ってハイブリッドの恩恵は感じられません。減速時のエネルギー回収時の回生ブレーキは強めで慣れが必要です。その点はノアのハイブリッドシステムは終始自然なドライブフィールに徹してくれます。常にエンジンが動いていますので発進からの加速も継ぎ目なくスムーズです。先代のモデルと同じエンジン、ハイブリッドシステムを採用していますが、加速時の静粛性は若干向上しています。

低燃費のノアハイブリッド

燃費性能は圧倒的にノアハイブリッドG にアドバンテージがあります。車両重量がプリウスより重く空気抵抗もあるため燃費性能はプリウスより大幅ダウンですがシステムは同じです。街乗りでも15km/L前後はキープし長距離走行時には20km/Lをオーバーします。セレナの街乗り燃費は10km/Lを割り込みます。8km/L前後になる場合もあります。長距離走行でも14km/Lを超える程度でカタログ値のJC08モードには届きません

本当に大丈夫?自動運転のセレナ

高速ドライブではセレナハイウェイスターGプロパイロットエディションにアドバンテージがあります。しっかり車線が認識できる高速道路は半自動運転のプロパイロットが使えます。カーブでは自動でステアリングを操作補助し前車に追従し設定速度内で走行してくれます。登り坂でも必要最小限のパーワーを使い速度維持します。一般道では追従型クルーズコントロールは使用可能ですが、ステアリング操作を伴うプロパイロットモードはほぼ使用不可能です。セレナは通常の2.0Lエンジン搭載していますので登り坂でのトルクがあります。ノアのハイブリッドシステムは高速巡航には問題ありませんが、登り坂の加速時にはエンジンノイズが気になり、アクセル踏込からワンテンポ遅れての加速になります。

室内・使い勝手比較



ノアハイブリッドG 7人乗りのインテリア
出典 http://toyota.jp/noah/grade/grade1/



セレナハイウェイスターGプロパイロットエディションのインテリア
出典 http://www.nissan.co.jp/SERENA/interior.html

同じ7人乗り状態で比較した場合にはセカンドシートにアームレストがあるノアが快適です。ノアハイブリッド7人乗りのシートは独立シートが前提となっていますのでフロントシートと同じようなデザインで疲れにくい快適なシートの造りになっています。セレナもスマートマルチセンターシートをセンターに持ってくることによりアームレストが生まれます。センター通路幅はセレナの方が広く、アームレストがあるノアはさらに狭くなります。センターウォークスルーでサードシートへのアクセスが楽なセレナにアドバンテージがあります。

セカンドシート、サードシートともにフラットな造りの両車はサードシートに3人掛けしても中央席の窮屈感はあまり感じられません。車高が高いため頭上空間に余裕がありますので快適です。

ノアハイブリッドG 7人乗りの装備

左右独立温度調整式オートエアコン+リヤオートエアコン ナノイー搭載
本革巻ステアリング
自発光式メーター(ハイブリッド車専用タイプ)
セカンドシート(リクライニング&スライド式)、サードシート(リクライニング式)ベンチ式シート

出典 http://toyota.jp/noah/interior/indoor_space/

セレナハイウェイスターGプロパイロットエディションの装備

プッシュコントロール式オートエアコン+リヤオートエアコン プラズマクラスター搭載
本革巻ステアリング
デジタル式メーター
セカンドシート(リクライニング&スライド式)、サードシート(リクライニング&スライド式)
ガラスハッチハーフバックドア(フルオープン可)

出典 http://www2.nissan.co.jp/SERENA/equip_luggage.html

両車インテリアはプラスチックインテリアで高級感にはいまひとつ。しかしキレイにしっかり造り込まれていますので両車とも質感は高いレベルです。エアコン操作部はセレナにすっきり感があります。ノアは丸基調のデザインで各スイッチが小さ目です。しかし、ノアは左右独立温度調整機能と運転席集中モードが付いています。セレナよりもきめ細やかな温度調整が可能です。

今回比較のグレードは上級グレードでの比較ですのでリヤエアコンもオートエアコンが装備され空気清浄機能まで装備されています。他のグレードはリヤはクーラーのみのマニュアルタイプで冬季の暖房時には暖まりにくく不便を感じるかもしれませんので中間グレードでオプション選択可能ならおススメのオプションです。

使い勝手は両車個性あり!使い易いのはどっち?

両車サードシートはサイド跳ね上げタイプで使い勝手は似ています。ノアの方が格納時に出っ張りが少なく感じます。セレナは可能位置が低いのですが少々出っ張りが気になりますので展示車でご確認ください。セレナはサードシートにスライド機能を設けました。ノアハイブリッドと先代モデルのセレナまではサードシートにスライド機能はありません。

ガラスハッチを設けたセレナの使い勝手は向上しました。後方が狭いスペースでも荷物の出し入れが可能です。

安全性能比較

安全性能比較は自動ブレーキシステムを含む先進安全装備の性能を比較。
ノアもセレナも同等性能の衝突軽減自動ブレーキシステムを装備しています。自動ブレーキ機能以外の機能ではセレナにアドバンテージがあります。

ノアハイブリッドには全グレードトヨタセーフティセンスCを装備しています。レーダーレーザー方式+単眼カメラを採用したシステムのため自動ブレーキアシストの作動速度が80km/hまで、警報機能は140km/hまでです。高速域まで幅広いアシストが実現します。また、車線逸脱警報が装備されました。しかし歩行者認識はされず、サイド&カーテンエアバックは48,600円で全グレードにオプション設定です。

セレナのエマージェンシーブレーキシステムは単眼カメラを使い、クルマの前方の状況を認識し10km/hから80km/hまでの範囲で衝突軽減ブレーキを作動させます。60km/hまでは歩行者認識機能が働き、車線逸脱警報も装備し前車追従可能な前車追従型クルーズコントロールも装備します。ふらつき警報や進入禁止標識認識などの警報とサイド&カーテンエアバックが標準装備され安全装備面でノアに差を付けています。

安全技術には不満の残る両車

車線逸脱警報は誤作動も多く、より精度の高いミリ波レーダー&ステレオカメラを装備するなどの改良が必要と感じます。スバルアイサイト3に少しでも近づける努力が必要で、現状はホンダの安全技術ホンダセンシングにも及びません。ノアについてはセーフティセンスPの導入を、セレナはミリ波レーダーの導入を検討して欲しい内容です。

車両本体価格比較

ノアハイブリッドG 7人乗り 3,106,473円
おススメオプション デュアルパワースライドドア  59,400円
サイド&カーテンエアバック 48,600円
車両本体価格+おススメオプション合計額   3,214,473円

セレナハイウェイスターGプロパイロットエディション  3,187,080円
おススメオプション  ナビ取り付けパッケージ       27,000円
車両本体価格+おススメオプション合計額   3,214,080円

車両本体価格におススメオプションを加え両車同等の装備内容にすれば価格差はなんと約300円。同等の価格になります。プリウスのシステムを使った本格的なハイブリッドシステムを持つノアは燃費に有利、先進安全技術と先進装備はセレナの装備が目新しいです。

絶対的な燃費性能ならノアハイブリッドGがおススメです。セレナの燃費性能は従来のガソリン車同等でハイブリッドの意識は捨てることが大切。半自動運転システムのプロパイロットや停止時から設定速度まで加速減速してくれる追従型クルーズコントロールに魅力を持ちロングドライブを楽にしたいならセレナハイウェイスターGプロパイロットエディションを選ぶことをおススメします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

トヨタシエンタ&ホンダフリード、2017年も大人気!コンパクトハイブリッドミニバン徹底比較

5ナンバーサイズかつコンパクトボディでスライドドア3列シートのトヨタシエンタとホンダフリード。先にフリードにハイブリッドモデルが発売され、シエンタのモデルチェンジに伴いシエンタにもハイブリッドモデルが投入されました。さらに、2016年9月フリードがモデルチェンジされハイブリッドモデルも新型フィット同様の新しいハイブリッドシステムを搭載しコンパクトミニバンの競争が激化しました。

シエンタもフリードもガソリンモデルもラインナップされますが静粛性と低燃費を両立し注目されるハイブリッドの人気グレードを徹底比較します。
01%e3%82%b7%e3%82%a8%e3%83%b3%e3%82%bf%e6%af%94%e8%bc%83%e5%a4%96%e8%a6%b3
写真 シエンタハイブリッドX
出典 http://toyota.jp/sienta/grade/grade2/
01%e3%83%95%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%89%e6%af%94%e8%bc%83%e5%a4%96%e8%a3%85
写真 フリードGホンダセンシング 2WD 6人乗り
出典 http://www.honda.co.jp/FREED/webcatalog/type/hybrid/

エクステリア比較

全長4.2m台の両車はコンパクトハッチバック車並みの長さです。シエンタは曲線を多く用いたデザインで各所にブラックの樹脂パーツがアクセントされています。このパーツはオプションにて別色に変えることも可能ですがデザインは好き嫌いがはっきりするデザインです。フリードの外観は一見フィット。直線基調のデザインは個性的と思えるインパクトはありませんが万人受けするデザインです。

シエンタハイブリッドXのスペック

全長4,235mm 全幅1,695mm 全高1,675mm
車両重量1,380kg
ハロゲンヘッドライト
LEDヘッドライトはメーカーパッケージオプションで106,840円(オート機能付)
左側パワースライドドア装備
15インチスチールホイール+ホイールキャップ タイヤサイズ185/60R15
乗車定員 7名
最小回転半径 5.2m

フリードGホンダセンシング 2WD 6人乗りのスペック

全長4,265mm 全幅1,695mm 全高1,710mm
車両重量1,430kg
LEDヘッドライト(オート機能付)
両側パワースライドドア装備
15インチスチールホイール+ホイールキャップ タイヤサイズ185/65R15
乗車定員 6名
最小回転半径 5.2m

コンパクトボティにスライドドアを採用し3列シートの両車ですが、シエンタハイブリッドXは左側パワースライドドアに対し、フリードGハイブリッドは両側パワースライドドアが標準装備され使い勝手が良好です。

5ナンバーサイズでコンパクトカーと変わりない全長で扱い易さ、取り回し性能も優れています。3列シート車は魅力的だが都市部のため駐車場に制限があったり、大きなクルマは運転には不安が…といったユーザーにはピッタリの2台です。

LEDヘッドライトや先進安全装備をオプション設定のシエンタハイブリッドXと一通り標準装備のフリードGハイブリッドホンダセンシングです。

運動性能比較

モーター優位のシエンタとエンジン優位のフリード。JC08モード燃費もほぼ同等の両車の違いは何か?

シエンタハイブリッドXのスペック

エンジン 直列4気筒16バルブDOHC
燃費対策 ハイブリッドシステム、アイドリングストップ装置、可変バルブタイミング、電動パワーステアリング、電気式無段変速
最高出力74馬力/4,800回転
最大トルク11.3kgm/3,600~4,400回転
モーター出力 61馬力
モータートルク 17.2kgm
JC08モード燃費27.2km/L
トランスミッション 電気式無段変速
ブレーキ(前/後)ベンチレーテッドディスク/ディスク
フロントサスペンション マクファーソンストラット(スタビライザー付)
リヤサスペンション トーションビーム式

フリードハイブリッドGホンダセンシング 2WD 6人乗りのスペック

エンジン 直列4気筒16バルブDOHC
燃費対策 ハイブリッドシステム、アトキンソンサイクル、アイドリングストップ装置、可変バルブタイミング、電動パワーステアリング
最高出力110馬力/6,000回転
最大トルク13.7kgm/5,000回転
モーター出力 29.5馬力
モータートルク 16.3kgm
JC08モード燃費26.6km/L
トランスミッション 7速DCT
ブレーキ(前/後)ベンチレーテッドディスク/ディスク
フロントサスペンション マクファーソンストラット(スタビライザー付)
リヤサスペンション 車軸式

両車とも電気モーターのみでの走行域を設けてあります。しかし、モーターの容量が小さいフリードGハイブリッドはすぐにエンジンが作動します。シエンタハイブリッドはアクセルの踏み込みが緩やかなら、しばらくモーターのみで走行可能です。バッテリーに余裕があればEVモードで静かな電気自動車モードで走行することが可能です。ストップ&ゴーの市街地では充電放電を繰り返しますので市街地での低燃費にメリットがあります。

モーターからエンジンへの切り替え時にはシエンタハイブリッドの方がスムーズで自然。さすがハイブリッド技術が熟成されているトヨタと実感します。フリードハイブリッドはアクセルの踏み込みに対して若干のタイムラグを感じます。

走行安定性はシエンタにアドバンテージ。フリードに比べ全高が低く、前輪車軸と後輪車軸の感覚ホイールベースが長いこと、車両重量が軽いことから運転感覚はミニバンよりステーションワゴンに近い感覚です。フリードはシエンタよりも全高が高くホイールベースが短いためカーブではロールが大きめです。後輪の接地感が足りないと感じるのはシエンタと比較しリヤの走行安定性を保つスタビライザーが2WD車には装備されない影響もあります。

フリードGハイブリッドはモーター出力が小さい分、エンジン出力は通常の1.5L車並みの性能を誇っています。ハイブリッド技術の完成度は明らかにトヨタが上ですが、エンジンの出力をツインクラッチ方式の7速DCTできめ細やかにコントロールするトランスミッションはエンジンの特性を余すことなく発揮します。フィットハイブリッドと同じシステムを採用し、トルクコンバーターではなくマニュアル車と同様エンジンとミッションは直結していますのでダイレクト感を味わうと同時に伝達ロスが少なく低燃費も実現します。カタログ上の燃費数値では劣っていますが、郊外、高速走行ではフリードGハイブリッドの燃費はシエンタハイブリッドを上回ります

室内・使い勝手比較

01%e3%82%b7%e3%82%a8%e3%83%b3%e3%82%bf%e6%af%94%e8%bc%83%e5%86%85%e8%a3%85a
01%e3%82%b7%e3%82%a8%e3%83%b3%e3%82%bf%e6%af%94%e8%bc%83%e5%86%85%e8%a3%85b
シエンタハイブリッドXのインテリア
出典 http://toyota.jp/sienta/grade/grade2/

01%e3%83%95%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%89%e6%af%94%e8%bc%83%e5%86%85%e8%a3%85a
01%e3%83%95%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%89%e6%af%94%e8%bc%83%e5%86%85%e8%a3%85b
フリードハイブリッドGインテリア
出典 http://www.honda.co.jp/FREED/webcatalog/type/hybrid/

フリードGハイブリッドの6人乗りモデルはセカンドシートセンターに通路が設けられサードシートへのアクセスが良好になります。シエンタハイブリッドXグレードは7人乗り設定のみでセカンドシートは3人掛けできますが7人フル乗車のみでしか使いたくない3人掛け。その際にはサードシートも活用しなければならないためサードシートへのアクセスはシートバックを倒して前方へスライドさせなければなりません。センターウォークスルーでサードシートへのアクセスが楽なフリードにアドバンテージがあります。

シエンタハイブリッドXの装備

プッシュコントロール式オートエアコン
自発光式メーター(ハイブリッド車専用タイプ)
ナビ装着時は7インチモニター
セカンドシート(リクライニング&スライド式)、サードシート(リクライニング式)ベンチ式シート
01%e3%82%b7%e3%82%a8%e3%83%b3%e3%82%bf%e6%af%94%e8%bc%83%e5%86%85%e8%a3%85c
出典 http://toyota.jp/sienta/interior/luggage/

フリードハイブリッドGホンダセンシング 2WD 6人乗りの装備

プッシュコントロール式オートエアコン
デジタル式メーター
ナビ装着時は7インチモニター(9インチも装着可)
セカンドシート(リクライニング&スライド式)、サードシート(リクライニング式)独立シート
01%e3%83%95%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%89%e6%af%94%e8%bc%83%e5%86%85%e8%a3%85c
出典 http://www.honda.co.jp/FREED/webcatalog/interior/utility/

見た目の質感は両車高いのですが、材質を見るとフリードGハイブリッドのインテリアの質感は高くなっています。シエンタハイブリッドはプラスチック感が高くヴィッツやポルテのコンパクトカーと変わらない感覚を意識させます。フリードGハイブリッドはステップワゴンに近いデザインで材質もほとんど変わりありません。計器類も高さを抑え視認性に優れたデジタル方式を採用しています。エアコン操作パネルも横基調で使い易く、上級志向ならフリードGハイブリッドにアドバンテージがあります。

使い勝手はユーザーごとに様々な使い方がありますが、シエンタハイブリッドはサードシート、セカンドシート共に前方に畳み込むタイプで、フリードGハイブリッドはサードシート跳ね上げタイプです。どちらも自転車など背の高い荷物も積載可能ですが、サードシート跳ね上げタイプで地上から開口部までの高さが低いフリードが積載性に優れています。展示車で両車のシートアレンジを確認し自分にピッタリのアレンジを探しましょう。

シートの座り心地は個人差はあるかもしれませんが、クッション性に優れるのはフリードGハイブリッドで座り心地に優れるのはシエンタハイブリッドです。フロントシートは両車サイズも問題なく疲れにくいシートですが、セカンドシート、サードシートは自然な姿勢がキープできるのはシエンタハイブリッドでした。サードシート下に薄型燃料タンクを装備しフロアを低くしたためにサードシートの座面を高く疲れにくい造りにしました。フリードはクッション性に優れていますが、座面が低いため長時間乗車では疲れるかも知れません。シートの構造には体形で個人差が出るかもしれませんので、展示車で確認してみる必要があります。

安全性能比較

安全性能比較は自動ブレーキシステムを含む先進安全装備の性能を比較。
自動車アセスメント予防安全性能評価においてシエンタハイブリッドはASV+、フリードGハイブリッドホンダセンシングはASV++を獲得しています。詳細は以下の通りではありますが、安全面ではフリードGハイブリッドが一歩リードします。

シエンタには全グレードオプション設定のトヨタセーフティセンスCを装備をおススメします。レーダーレーザー方式+単眼カメラを採用したシステムのため自動ブレーキアシストの作動速度が80km/hまで、警報機能は140km/hまでです。高速域まで幅広いアシストが実現します。また、歩行者認識、車線逸脱警報が装備されました。サイド&カーテンエアバックは48,600円で全グレードにオプション設定されます。

フリードハイブリッドGホンダセンシングにはホンダの先進安全技術ホンダセンシングが標準装備されます。ミリ波レーダーと単眼カメラを使い、クルマの前方の状況を認識します。ブレーキやステアリング制御技術と協調し、自動ブレーキのアシストなど事故回避を支援する先進のシステムです。歩行者認識機能や車線逸脱警報も装備し前車追従可能なアダクティブクルーズコントロールも装備します。車線逸脱警報は警報のみでなく車線内を走行できるようにステアリング操作も支援します。自動ブレーキアシストの作動速度が80km/hまでと実用性も抜群です。サイド&カーテンエアバックは30,000円でオプション設定されます。

より精度の高いミリ波レーダーを装備する点、先進安全装備を標準装備する点、前車追従型クルーズコントロールを装備する点は全ての面でシエンタのトヨタセーフティーセンスを上回るホンダセンシングにアドバンテージがあります。ホンダセンシングはトヨタの上級車に採用されるトヨタセーフティセンスPと同等の性能を誇ります。

車両本体価格比較

シエンタハイブリッドX 2,226,763円
おススメオプション トヨタセーフティセンスC  54,000円
サイド&カーテンエアバック 48,600円
LEDランプパッケージ  105,840円
車両本体価格+おススメオプション合計額   2,435,203円

フリードGホンダセンシング 2WD 6人乗り  2,496,000円
おススメオプション サイド&カーテンエアバック 30,000円
車両本体価格+おススメオプション合計額   2,526,000円

車両本体価格はシエンタハイブリッドXが低価格。しかし、フリードハイブリッドの中心グレード、フリードGハイブリッドホンダセンシングの装備に近づけると価格差は10万円以内となります。フリードGハイブリッドホンダセンシングに装備される両側パワースライドドア、前車追従型クルーズコントロールを加味すればほぼ同等になります。

街乗りの静粛性、燃費性能、カーブでのハンドリング性能を重視し、LEDランプは不要でハロゲンヘッドランプを十分ならシエンタハイブリッドX、長距離ドライブ時の走行性能と燃費性能、シートの座り心地とサードシートへのアクセス性、先進安全装備の充実性を重視するならフリードGハイブリッドホンダセンシングを選ぶことをおススメします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

トヨタアクア&プリウス&ホンダフィットハイブリッド徹底比較

 
コンパクトハイブリッドを代表するアクアとフィットハイブリッド。どちらもJC08モード燃費は33km/Lを超える超低燃費車です。高い動力性能と安全性能、モーター走行時の静粛性が人気でミディアム、ラージセダンからのダウンサイジングユーザーからも支持を得ています。

さらにハイブリッド車の代名詞となるプリウスも同時に比較。廉価グレード版は40.8km/Lの低燃費で40km/Lを突破しました。量販グレードは37.2km/Lでアクアを0.2km/L上回りますがエンジン排気量が0.3L大きくても良好なのは評価すべきです。今回のモデルで4代目となり熟成されたハイブリッドはアクアの上級グレードプラス40万円弱でプリウスSの価格に手が届くことからまとめて比較紹介します。

アクアとフィットは全長4mを切るコンパクトボディ。扱いやすい5ナンバーサイズのハイブリッドカーは街乗り、チョイ乗りで優れた低燃費を発揮します。両車の人気グレードのアクアSとフィットハイブリッド Fパッケージを徹底比較してみましょう。また、プリウスは全長は4,540mmで5ナンバーサイズに収まりますが幅は3ナンバー規格になります。小回りの目安となる最小回転半径は5.1mで今回比較のコンパクト車2車種と同等の小回り性能です。

フィットハイブリッドのSパッケージを選択時には5.2mになりますので取回しの良さで不利になることはないプリウスです。
23%e3%82%a2%e3%82%af%e3%82%a2%e6%af%94%e8%bc%83%e5%a4%96%e8%a6%b3
写真 アクア S
出典 http://toyota.jp/aqua/grade/grade4/
23%e3%83%97%e3%83%aa%e3%82%a6%e3%82%b9%e6%af%94%e8%bc%83%e5%a4%96%e8%a6%b3
写真 プリウス S
出典 http://toyota.jp/prius/grade/grade6/?padid=ag341_from_prius_grade6_detail
23%e3%83%95%e3%82%a3%e3%83%83%e3%83%88%e6%af%94%e8%bc%83%e5%a4%96%e8%a3%85
写真 フィットハイブリッド Fパッケージ
出典 http://www.honda.co.jp/Fit/webcatalog/type/hybrid/

エクステリア比較

アクアとプリウスは流線型のデザインでスポーティなスタイルに対しフィットハイブリッドはホンダ車共通のマスクで重厚感があり塊感をアピールしています。特にプリウスは燃費性能では一番でなければならないという徹底的なこだわりから空気抵抗を示すcd値は0.24をマーク。同じトヨタのアクアの0.28も十分空気抵抗が少ないデザインと言えます。フィットハイブリッドのcd値は公表値で明らかにされていません。インサイトに迫る数値ですので0.30前後かと思われます。

3車種ともハッチバックスタイルの5ドアと呼ばれるモデルです。リヤシートは分割可倒式でリヤゲートからの荷物の出し入れは良好です。空気抵抗の少なさとデザインにこだわったプリウスは高さのある荷物はリヤガラスにぶつかる恐れがありますので十分注意が必要です。

アクア Sのスペック

全長3,995mm 全幅1,695mm 全高1,455mm
車両重量1,080kg
ハロゲンヘッドライト
LEDヘッドライトはLEDフォグランプとセットメーカーオプションで108,000円
15インチスチールホイール+キャップ タイヤサイズ175/65R15
最小回転半径 4.8m

プリウス Sのスペック

全長4,540mm 全幅1,760mm 全高1,470mm
車両重量1,360kg
LEDヘッドライト(オート機能付)
15インチアルミホイール+キャップ タイヤサイズ195/65R15
最小回転半径 5.1m

フィットハイブリッド Fパッケージのスペック

全長3,955mm 全幅1,695mm 全高1,525mm
車両重量1,130kg
ハロゲンヘッドライト
LEDヘッドライトはメーカーオプションで65,000円(オート機能付)
15インチスチールホイール+キャップ タイヤサイズ185/60R15
最小回転半径 4.9m

アクアとフィットハイブリッドは全長は4m未満で全幅は5ナンバー枠いっぱいのサイズで全高はフィットが70mm高いスペックです。車高が高い分見た目はフィットがひとまわり大きく見えます。室内空間はフィットハイブリッドが広く、車高が高くセンタータンクレイアウトによりフロアを低く保つことができ、室内の高さにもアドバンテージがあります。

ボディサイズがひと回り大きいプリウスのは3ナンバーサイズのボディ幅になりますが街乗りでの取回しは大差ありません。室内の高さやリヤシートの足元空間を見るとプリウスよりも車高の高いフィットハイブリッドにゆとりが感じられるかも知れません。

アクアとフィットハイブリッドのヘッドライトはどちらもハロゲンタイプが標準。プリウスにはLEDヘッドライトが標準装備されます。アクアとフィットハイブリッドはLEDヘッドライトがオプション設定されます。プリウスにはLEDヘッドライトとアルミホイールが標準装備されますのでオプション装着時の価格差グッと縮まります。

運動性能比較

アクアとプリウスはハイブリッド専用車種です。アクアには1.5L、プリウスには1.8Lのガソリンエンジン+モーターが組み合わされます。フィットハイブリッドは1.5Lガソリンエンジンとモーターの組み合わせですが、フィットには1.3Lと1.5Lのガソリンエンジンモデルも販売されています。

アクア Sのスペック

エンジン 直列4気筒16バルブDOHC
燃費対策 ハイブリッドシステム、アイドリングストップ装置、可変バルブタイミング、電動パワーステアリング、電気式無段変速
最高出力74馬力/4,800回転
最大トルク11.3kgm/3,600~4,400回転
モーター出力 61馬力
モータートルク 17.2kgm
JC08モード燃費37.0km/L
トランスミッション 電気式無段変速
ブレーキ(前/後)ベンチレーテッドディスク/リーディングトレーリングドラム
フロントサスペンション マクファーソンストラット(スタビライザー付)
リヤサスペンション トーションビーム式

プリウス Sのスペック

エンジン 直列4気筒16バルブDOHC
燃費対策 ハイブリッドシステム、アイドリングストップ装置、可変バルブタイミング、電動パワーステアリング、電気式無段変速
最高出力98馬力/5,200回転
最大トルク14.5kgm/3,600回転
モーター出力 72馬力
モータートルク 16.6kgm
JC08モード燃費37.2km/L
トランスミッション 電気式無段変速
ブレーキ(前/後)ベンチレーテッドディスク/ディスク
フロントサスペンション マクファーソンストラット(スタビライザー付)
リヤサスペンション ダブルウィッシュボーン式(スタビライザー付)

フィットハイブリッド Fパッケージのスペック

エンジン 直列4気筒16バルブDOHC
燃費対策 ハイブリッドシステム、アトキンソンサイクル、アイドリングストップ装置、可変バルブタイミング、電動パワーステアリング
最高出力110馬力/6,000回転
最大トルク13.7kgm/5,000回転
モーター出力 29.5馬力
モータートルク 16.3kgm
JC08モード燃費33.6km/L
トランスミッション 7速DCT
ブレーキ(前/後)ベンチレーテッドディスク/リーディングトレーリングドラム
フロントサスペンション マクファーソンストラット(スタビライザー付)
リヤサスペンション 車軸式

ストップ&ゴーのトヨタとロングドライブのホンダ

3台とも電気モーターのみでの走行域を設けてあります。しかし、モーターの容量が小さいフィットハイブリッドはすぐにエンジンが作動します。トヨタの2台アクアとプリウスはアクセルの踏込が緩やかならしばらくモーターのみで走行可能です。バッテリーに余裕があればEVモードで静かな電気自動車モードで走行することが可能なのがアクアとプリウスです。ストップ&ゴーの市街地での低燃費にメリットがあります。

乗り心地に優れるのはワンランククラスが上のプリウスです。リヤにダブルウィッシュボーン式の独立サスペンションを採用した最新のプラットフォームTNGA(Toyota New Global Architecture)を採用しています。高速道路や登坂車線でトルクを落とさないためにエンジンは1.8Lを採用し高速域でも余裕を感じます。アクアも動力性能は問題ないのですが、アクアもプリウスもモーターの高回転域が課題です。モーターにも変速を設け高速域でもモーター単独で走行可能ならさらに燃費は拡大します。

走る楽しさではフィットです。トヨタの2台と比較してモーター出力が小さい分、エンジン出力は通常の1.5L車並みの性能を誇っています。ハイブリッド技術の完成度は明らかにトヨタが上ですが、エンジンの出力をツインクラッチ方式の7速DCTできめ細やかにコントロールするトランスミッションはホンダの技術をアピール。エンジンの特性を余すことなく発揮します。トルクコンバーターではなくマニュアル車と同様エンジンとミッションは直結していますのでダイレクト感を味わうと同時に伝達ロスが少なく低燃費も実現します。燃費数値では劣っていますが、郊外、高速走行ではフィットハイブリッドの燃費はアクアを上回るケースが多いのです。

室内・使い勝手比較

23%e3%82%a2%e3%82%af%e3%82%a2%e6%af%94%e8%bc%83%e5%86%85%e8%a3%85a
23%e3%82%a2%e3%82%af%e3%82%a2%e6%af%94%e8%bc%83%e5%86%85%e8%a3%85b
アクアインテリア
出典 http://toyota.jp/aqua/grade/grade4/
23%e3%83%97%e3%83%aa%e3%82%a6%e3%82%b9%e6%af%94%e8%bc%83%e5%86%85%e8%a3%85a
23%e3%83%97%e3%83%aa%e3%82%a6%e3%82%b9%e6%af%94%e8%bc%83%e5%86%85%e8%a3%85b
プリウスインテリア
出典 http://toyota.jp/prius/grade/grade6/?padid=ag341_from_prius_grade6_detail
23%e3%83%95%e3%82%a3%e3%83%83%e3%83%88%e6%af%94%e8%bc%83%e5%86%85%e8%a3%85a
23%e3%83%95%e3%82%a3%e3%83%83%e3%83%88%e6%af%94%e8%bc%83%e5%86%85%e8%a3%85b
フィットインテリア
出典 http://www.honda.co.jp/Fit/webcatalog/type/hybrid/

アクアはシンプルなデザインのインテリアで装備類は充実しています。プリウスは上級車らしく質感の高いインテリアです。プリウスのセンターモニターは上質なTFTモニターを採用し視認性と高級感を高めています。プリウスが新型になったこともありますが、アクアのインテリアデザインに少々古さを感じるようになりました。

フィットハイブリッドのインテリアは細部にわたって上質な造りです。ミディアムセダンに匹敵する造りの良さです。フィットの特徴はリヤシートです。今回の比較車の中でリヤシートリクライニング機能が装備され足元空間も広くミニバンの快適性に迫ります。

5人乗るならプリウス

3車種とも乗車定員は5名ですがリヤシートのセンター部分が快適なのはプリウスです。アクアとフィットのリヤシートのセンター部分は座り心地が良くないため短時間の乗車に限られます。プリウスは車幅も広いですので横の広さでアドバンテージがあります。アクアはリヤシート足元空間、荷室とも今回比較の2車種に比べ狭くなります。実際に展示車で確認おススメします。リヤシート重視ではない場合は全く問題ありません。

アクア Sの装備

プッシュコントロール式オートエアコン
デジタル式センターメーター
ナビ装着時は7.0インチモニター (9.0インチモデルは加工が必要)
6:4分割可倒式リヤシート
23%e3%82%a2%e3%82%af%e3%82%a2%e6%af%94%e8%bc%83%e5%86%85%e8%a3%85c
出典 http://toyota.jp/aqua/interior/indoor_space/

プリウス Sの装備

プッシュコントロール式オートエアコン
4.2インチTFTグラフィック式センターメーター
ナビ装着時は9.0インチモニター(7インチモデルもあり)
6:4分割可倒式リヤシート
23%e3%83%97%e3%83%aa%e3%82%a6%e3%82%b9%e6%af%94%e8%bc%83%e5%86%85%e8%a3%85c
出典 http://toyota.jp/prius/interior/luggage/

フィットハイブリッド Fパッケージの装備

プッシュコントロール式オートエアコン
自発光式アナログメーター
ナビ装着時は7.0インチモニター(販売店オプションで8.0インチもあり)
6:4分割可倒式リヤシート リクライニング機能付
23%e3%83%95%e3%82%a3%e3%83%83%e3%83%88%e6%af%94%e8%bc%83%e5%86%85%e8%a3%85c
出典 http://www.honda.co.jp/Fit/webcatalog/interior/utility/

エアコンは3車種ともオートエアコンを標準装備していますので快適で操作性も良好です。オーディオ&ナビゲーションシステムは全てオプション設定です。販売店装着のディーラーオプションナビがおススメで値引き拡大しやすい商品です。大画面の8インチ、9インチを装着する場合には加工が必要な場合もあります。プリウスはそのまま装着可能です。また、高額になる場合もありますので価格差をしっかり見極めることもポイントです。

3車種ともリヤシートは6:4分割可倒式で長い荷物も積みやすくなっています。高さを含めた広さ、使い易さはフィットハイブリッドにアドバンテージがあります。コンパクトなのに広い荷室は高さがあるためです。プリウスの荷室も広いのですが高さに注意が必要です。また、独立サスペンションを採用していることもあり荷室へのホイールハウスの出っ張りが大きいのもプリウスの特徴で購入検討の際には荷物の積み易さも十分考慮しましょう。

安全性能比較

安全性能比較は自動ブレーキシステムを含む先進安全装備がカギになります。
アクアのエントリーグレードLと中間グレードSにはオプション設定のトヨタセーフティセンスCを装備するとフィットハイブリッドに対しアクアにアドバンテージがあります。レーダーレーザー方式+単眼カメラを採用したシステムです。自動ブレーキアシストの作動速度が80km/hまで、警報機能は140km/hまでです。高速域まで幅広いアシストが実現します。また、歩行者認識、車線逸脱警報が装備されました。サイド&カーテンエアバックは43,200円で全グレードにオプション設定されます。

プリウスには上級車に搭載されるトヨタセーフティセンスPが装備されます。最廉価のLグレードとSグレード系にはオプション設定です。セーフティセンスCとの違いはレーダーレーザーではなくより高精細に認識できるミリ波レーダー方式を採用している点です。自動ブレーキアシストの作動速度が180km/hまで、警報機能も180km/hまで対応し歩行者認識は80km/hまでです。作動には様々な要件もあり、あくまで衝突軽減ブレーキですので速度が速い場合はぶつかるのを軽減してくれる装備です。プリウスのセーフティセンスPには前車追従型のクルーズコントロールも装備。サイド&カーテンエアバックも標準装備されますので安心です。

フィットハイブリッドの自動ブレーキを含む「あんしんパッケージ」はサイド&カーテンエアバッグとセットで6万円のオプション設定です。サイド&カーテンエアバッグは魅力的ですが、ぶつからずに済む技術または軽減する技術の自動ブレーキは30km/hまでの追突防止目的の自動ブレーキで歩行者認識に対応していません。車線逸脱防止や誤発進抑制機能がありませんので軽自動車と同じ安全装備内容です。

安全性能では普通車の上級クラス並みの先進安全性能トヨタセーフティセンスPを持つプリウスにアドバンテージがあります。サイド&カーテンエアバッグも標準装備されます。アクアも必要にして十分なトヨタセーフティセンスCが設定されます。フィットハイブリッドのあんしんパッケージの自動ブレーキはサイド&カーテンエアバックとセットですが、自動ブレーキ対応速度が30km/hまでのため実用域では不満が残ります。

車両本体価格比較

アクア S 2WD 1,887,055円
おススメオプション トヨタセーフティセンスC  54,000円
サイド&カーテンエアバック 43,200円
車両本体価格+おススメオプション合計額   1,984,255円

プリウス S 2WD 2,479,091円
おススメオプション トヨタセーフティセンスP  86,400円
車両本体価格+おススメオプション合計額   2,565,491円

フィットハイブリッド Fパッケージ  2WD  1,796,000円
おススメオプション あんしんパッケージ  60,000円
車両本体価格+おススメオプション合計額   1,856,000円

低価格モーター走行による低燃費重視ならアクア走る楽しさと低燃費に加え室内の広さを重視するならフィットハイブリッドです。両車の安全装備も充実させた合計額はアクアの方が約13万円高くなります。この金額差は安全装備の内容の差と考えましょう。アクアは緊急時の自動ブレーキが80km/hまでと実用域をカバーするのに対しフィットハイブリッドは30km/hまでの追突防止程度の内容である点です。両車の値引き額は総額で15万円前後と差が無いため価格差はそのまま残ります。

プリウスは高額に見えますが、安全装備やクルマの基本性能、標準装備される内容がひとクラス上の内容になります。おススメグレードでは価格差は約60万円ですが、アクアやフィットハイブリッドの上級グレードと比較するとオプションや装備内容を考慮すれば30万円以内の価格差と考えても良い内容です。長く乗るなら決して高額ではありません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

新型トヨタオーリスの評価・内装・新車価格情報と、値引き購入のコツ2017!

08%e3%82%aa%e3%83%bc%e3%83%aa%e3%82%b9%e5%a4%96%e8%a6%b3

出典 http://toyota.jp/auris/grade/grade3/?padid=ag341_from_auris_grade3_detail

トヨタオーリスのスペック情報

トヨタオーリスの価格帯

1,789,855円~2,832,545円(税込)

トヨタオーリスのグレード情報

150X Cパッケージ、150X、150X Sパッケージ
180S、RS、120T、120T RSパッケージ、ハイブリッド、ハイブリッドGパッケージ
1.5Lグレードに4WD設定あり
RSのみ6MT
各グレード価格差詳細は販売店におたずね下さい。

編集部おススメグレード 120T RSパッケージ 2,590,037円(税込)

LEDヘッドライトや17インチアルミホイール、スポーツタイプフロントグリル、フォグランプ内蔵フロントバンパースポイラーがRSパッケージには標準装備されます。安全面ではトヨタセーフティテンスCも標準装備され安全面もおススメです。

ダウンサイジング化した1.2Lターボエンジンはトルクが豊かなため扱いやすくおススメです。120Tと120T RSパッケージは同価格ですが、違いは120Tのシートは本革+ウルトラスエード(東レ製)+合成皮革で造られシートヒーターも装備されます。スポーティな外観を選択するか、上級シートを選択するかでグレードが決まります。

トヨタセーフティセンスCはハイブリッドのノーマルグレードと1.5L車にメーカーオプションされ他のグレードには標準装備です。グレードにより異なりますが6万円前後のオプション価格です。ハイブリッド車を選択時には要注意で、できれば全車標準装備にしてほしい装備です。

ヨーロピアンテイストのハッチバック

欧州Cセグメントがライバル車?

オーリスはコンパクトに見える車体ですが車幅は1.7mを超え3ナンバー車になります。ちょうどドイツのフォルクスワーゲンゴルフやフランスのプジョー308、同じフランスのシトロエンC4などいわゆるCセグメントと呼ばれるクラスに入ります。

スポーティーなデザインと直進安定性に優れカーブも自然と走行できるバランスに優れた車です。欧州車と同等以上のボディ剛性を持つオーリスですが足回りは欧州車と比べ重厚感が足りません。高速走行での安定感はフォルクスワーゲンゴルフと比較すると違いがわかります。路面に吸いつく印象が足りません。また、低速走行時のタイヤからの突き上げ感も若干気になりますのでデザインが気に入ったらぜひ試乗をおススメします。フォルクスワーゲンゴルフと価格は同価格帯。1.5Lモデルを選択した場合には50万円前後オーリスの価格は安くなります。

トヨタセーフティセンスCも用意

トヨタも続々と自動ブレーキ装着車を増やしています。簡易的なレーザーレーダーと単眼カメラで前方の状況を認識し時速80キロまで対応します。日産ノートの自動ブレーキと同等のシステムです。

オートマチックハイビームと先行者発進告知機能、車線逸脱警報もセットで装備。一部メーカーオプション設定ですが、標準装備でない場合でも装着をおススメします。手放すときの下取り価格、買取価格に影響が予想されセーフティーセンスCが装備されていれば高価買取の後押しにもなります。

スポーティなインテリア カローラシリーズとは別格

08%e3%82%aa%e3%83%bc%e3%83%aa%e3%82%b9%e5%86%85%e8%a3%85a
08%e3%82%aa%e3%83%bc%e3%83%aa%e3%82%b9%e5%86%85%e8%a3%85b
出典 http://toyota.jp/auris/grade/grade3/?padid=ag341_from_auris_grade3_detail
もともとはカローラシリーズだったオーリスですがカローラは現行モデルからヴィッツ用のBプラットホームを採用し、オーリスは新MCプラットホームを採用。新MCプラットホームは上級のアベンシスにも採用されていることから造りが上質になりました。

インテリアの質感も上質でかつスポーティな造りです。シート含む内装のスティッチ部分もアクセントが効いて上質感が味わえます。エアコンはベーシックグレードの150X Cパッケージを除き全車左右独立温度調整式オートエアコンを採用しています。

ハイブリット車とガソリン車どちらがお得?

ハイブリッド目的ならプリウスに軍配

オーリスのハイブリッドシステムは三代目プリウスと同様の1.8Lエンジン+モーターのハイブリッドシステムを採用。欧州では先行し販売されていました。また、欧州仕様車にはディーゼルエンジン搭載車もあり、ぜひ日本でも導入して欲しいですが、トヨタはハイブリッドに力を注いでいるためディーゼルの導入はなかなか進みません。

オーリスハイブリッドはJC08モード燃費は30.4km/Lで同価格帯の充実装備プリウスAグレードの燃費は37.2km/Lです。設計の新しさと燃費数値の差からハイブリッドを選択するメリットが見つけられません。

1.2L直噴ミラーサイクルターボエンジンが魅力的

オーリスをよりヨーロピアンテイストで楽しみたいなら、1.2Lターボエンジンがおススメ。1,500回転から4,000回転までの間フラットで最大トルクを出力するため日常使用する領域で使い易く、CVTながら7速シーケンシャルシフトが装備されているためよりスポーティな走りが楽しめます。1.8Lエンジンよりもトルクが高く低燃費のため魅力的です。フォルクスワーゲンゴルフも1.2Lターボエンジン、プジョー308も1.2Lターボエンジンでスペックも含めて欧州車に肩を並べています。

直列4気筒ガソリンエンジンで直噴+ミラーサイクル(アトキンソンサイクル)にターボの組み合わせはトヨタではオーリスのみ。最適な燃焼効率を実現する先進の燃料噴射システムD-4Tを採用しJC08モード燃費は19.4km/Lの低燃費を実現しました。10年前の軽自動車の数値です。

オーリス同士の競合、同クラスハッチバックをぶつけよう

目標値引き額は総額25万円を狙おう!

値引き額は車両本体で20万円、販売店オプションのカーナビ装着の場合はオプションから5万円引きを狙いましょう。トヨタの同じクラス同じ価格帯ではプリウスがありオーリスは影の存在になりつつあり販売台数の伸びは苦しくなっています。

下取り車がある場合には、下取り価格と値引き価格は必ず分けましょう。また、納車費用や車庫証明関係の代行費用などカット可能な費用だけでも約2万円から3万円ありますので忘れずに。

目標値引き額は総額25万円を狙おう!

スバルインプレッサスポーツやマツダアクセラスポーツは絶好の競合車種です。価格も同価格帯でボディサイズもほぼ同等です。インプレッサスポーツはアイサイト3の性能が自動ブレーキ、歩行者認識においてアドバンテージと実績があります。アクセラスポーツはクリーンディーゼルが魅力的です。

輸入車のフォルクスワーゲンゴルフやプジョー308は同クラスでありますが、国産車としの競合の方がより効果的です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

新型トヨタヴィッツ新車価格情報と、値引き購入のコツ2016-2017!

05%e3%83%b4%e3%82%a3%e3%83%83%e3%83%84%e5%a4%96%e8%a3%85a
出典 http://toyota.jp/vitz/grade/grade3/?padid=ag341_from_vitz_grade3_detail

トヨタヴィッツのスペック情報

トヨタヴィッツの価格帯

1,153,637円~2,199,273円(税込)

トヨタヴィッツのグレード情報

1.0F Mパッケージ、1.0F、1.0Fスマートストップパッケージ、1.3F
1.3U、1.5Uスマートストップパッケージ、1.5U
1.0Jewela、1.0Jewelaスマートストップパッケージ、1.3Jewela
RS、RSスマートストップパッケージ、RS G’s、RS G’sスマートストップパッケージ

1.3LモデルのF、U、Jewelaに4WD車設定あり  RSシリーズに5MT設定あり

編集部おススメグレード 1.0Jewelaスマートストップパッケージ 1,497,273円(税込)

先進安全装備のトヨタセーフティセンスCを標準装備しオシャレなインテリアのJewelaがおススメ。中でもスマートストップパッケージはアイドリングストップ機能付で低燃費を実現しています。FグレードにはトヨタセーフティセンスCを5.4万円でオプション設定しました。

1.3Lモデルは動力性能も燃費性能も1.0Lに比べて優れていますが、価格が高額になります。ハイブリッドモデルのアクアに近づく価格ですのでヴィッツを選ぶなら1.0Lエンジンで割り切るか、スポーツモデルの1.5LのRSを選択するのがおススメです。

ハイブリッド追加の話題も

ヴィッツにハイブリッドモデル追加が2017年3月頃に登場することがほぼ正式に決定しました。エクステリアデザインは改良がほぼ確実でマイナーチェンジレベルになるかプラットホームまで一新しフルモデルチェンジするのかはまだ不確実。ここでのタイトルに2016-2017になったのは現在はとりあえず、セーフティセンスCを追加しグレードの見直し、G’sの追加をメインで作成し、2017年に新型登場時に改めて2017バージョンを作成する狙いがあります。

自分好みのボディカラーを探そう

ヴィッツの選べるボディカラーは17色。自分の好きな色のヴィッツが選べます
ベーシックなコンパクトカーですが他の車種には無い珍しいボディーカラーもあり注目度は高まります。

コンパクトなボディは取り回しが楽ですがリヤガラスが絞りこまれたスタイリッシュなデザインの影響で、左後方の視認性が悪くバックモニターや目視による確認が必要です。展示車や試乗車でご確認ください。

シンプルなインテリア シートも標準レベル

出典 http://toyota.jp/vitz/grade/grade3/?padid=ag341_from_vitz_grade3_detail
05%e3%83%b4%e3%82%a3%e3%83%83%e3%83%84%e5%86%85%e8%a3%85a
05%e3%83%b4%e3%82%a3%e3%83%83%e3%83%84%e5%86%85%e8%a3%85b
ヴィッツのインテリアは質感は高くなくプラスチック感が強いです。シートの造りもスイフトやフィットと比較するとサポート性に欠けます。しかし車内に収納スペースが多くあり助手席のシートも前に荷物がズレ落ちないようストッパーを設定することもできます。小物を男性より多く持ち歩き、買い物袋を助手席に置く女性ユーザーにはおススメです。

Jewelaは写真のように専用カラーで明るいシートになっています。ビジネスイメージを払しょくし、女性に人気のシートカラーです。シートカラーのみでなくドアトリム、ダッシュボードもシートと同色にデザインされオシャレな印象を与えています。

リヤシートの足元空間は広くシートクッション座面が平坦であることから、3名乗車時に中央席でもそれほどお尻が痛くないのがポイントです。1.0L車の場合Jewelaであってもリヤシートが分割可倒式ではなく一体可倒式のため使い勝手に制限があるのが残念です。

低価格のヴィッツ希望なら1.0Lを選択

動力性能は1.0Lモデルは街乗りではスムーズに走りますが加速の場面ではパワー不足で3気筒エンジン音も決して静かとは言えません。しかし、軽自動車並みの低価格で普通車が狙えるのがヴィッツの魅力で軽自動車と比較すれば1.0Lのエンジンはゆとりがあります。

1.3Lモデルは新開発のエンジンで高圧縮化して燃焼効率を高めたアトキンソンサイクルを採用し力強さと低燃費を両立しています。燃費は25.0km/Lと同クラス並です。1.0Lのスマートストップ車よりも1km/L燃費性能がすぐけていますが価格が高価になり充実装備のモデルを狙うならハイブリッドのアクアと同価格帯になります。

通常モデルの乗り心地はソフトですが安定性ではスイフトが上です。スイフトと比較する場合にはスポーツモデルのRSがおススメです。1.5Lでスポーティーな走りを楽しみたい場合はRSシリーズ。RSシリーズでは5速マニュアルも選べます。2速3速での加速はマニュアルならではの楽しさがあります。スイフトスポーツは1.6Lのため税制面ではワンランク上になりますのでヴィッツは税制面では有利です。
05%e3%83%b4%e3%82%a3%e3%83%83%e3%83%84%e5%a4%96%e8%a3%85b
出典 http://http://toyota.jp/vitz/grade/grade5/
1.5Lでスポーティーな走りを楽しみたい場合はRS。RSでは5速マニュアルも選べます。2速3速での加速はマニュアルならではの楽しさがあります。スイフトスポーツは1.6Lのため税制面ではワンランク上になります。専用アルミホイールや専用バンパーでさらにスポーティなRS G’sもラインナップされました。

競合ではライバル車が上 デザインと色で選ぼう

値引き目標は総額15万円を目指そう

値引き額は車両本体で12万円、販売店オプションのカーナビ装着の場合はオプションから3万円引きを狙いましょう。合計で15万円引きを目標にしたいです。
低価格のヴィッツを狙うならハイブリッドの話題も忘れずに出しましょう。販売店ではハイブリッド登場まで待たれてしまえば今の受注がなくなりますので値引き拡大につながります。「ハイブリッド待ちたいが、〇〇万円(ご自身の目標額)にしてくれたら、今ヴィッツに乗りたい」と交渉しましょう。また、ハイブリッドの車両価格は200万円前後が予想されます。オシャレなデザインのヴィッツを今なら車両価格150万円前後で購入できますので車両価格アップ分も十分考慮しましょう。

コンパクトガソリン車で競合

競合車にはトータルバランスに優れているコンパクトカーが勢ぞろい。フィットやノート、スイフトはアイドルストップ機能を幅広いグレードで装備しています。また、ノートは全グレード緊急ブレーキシステムなど最新の安全性能を備え魅力的です。室内空間もフィットやノートは広く使いやすいです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

新型トヨタカローラアクシオ新車価格・評価情報と、値引き購入のコツ2017!

04%e3%82%a2%e3%82%af%e3%82%b7%e3%82%aa%e5%a4%96%e8%a6%b3
出典 http://toyota.jp/corollaaxio/grade/grade2/?padid=ag341_from_axio_grade2_detail

トヨタカローラアクシオのスペック情報

トヨタカローラアクシオの価格帯

1,485,491円~2,207,127円(税込)

トヨタカローラアクシオのグレード情報

1.3X、1.5X、1.5G
ハイブリッド、ハイブリッドG
1.5Xと1.5Gの2WD車にMT設定あり
1.5Lグレードに4WD設定あり
各グレード価格差詳細は販売店におたずね下さい。

編集部おススメグレード ハイブリッド 2,030,400円(税込)
ハイブリッドモデルなら全グレードにナノイー搭載オートエアコンが標準装備され、5ナンバーサイズで扱いやすいハイブリッドがおススメです。

ガソリンモデルなら1.5Xがおススメ。160万円を切る車両価格は魅力的でオプションで緊急自動ブレーキを含むトヨタセーフティセンスCも選択可能です。1.3Xとの価格差は10万円ほどですので、200ccの動力性能のゆとりと15インチタイヤ(1.3Lは14インチ)、アイドリングストップ機能を考慮すれば迷わず1.5Lを選択しましょう。

数少ない5ナンバーセダンの代表の実力は?

街中で運転しやすいサイズ

カローラアクシオはコンパクトカーにトランクを付けたセダンです。長所も短所も少ないカローラアクシオですが、フロントの顔つきが新型ではシャープになりカッコよさをアップさせました。クルマの長さはミディアムハッチバッククラスと変わらない長さで幅も5ナンバーサイズです。

街乗りでは1.3Lも1.5Lエンジンもどちらも大きな違いが感じられませんが坂道に行けば1.3Lはパワー不足に感じます。ハイブリッド車は街乗りでの加速感や静粛性にアドバンテージがあります。

現在5ナンバーサイズを維持しているコンパクトセダンはカローラアクシオの他にアリオン&プレミオ、日産ラティオ、ホンダグレイスと数えるほどになりました。

アクアのシステムで33.8km/Lの低燃費

アクアと同じシステムを持つカローラアクシオハイブリッド。アクアの37.0km/Lの燃費よりも数値は劣りますが約50kg重いためで実際には大差ありません。実際には25km/L前後の燃費で使用状況によって大きく変わってきます。落ち着きのあるセダンタイプを選ぶならカローラアクシオは良い選択です。

トヨタセーフティセンスCも用意

トヨタも続々と自動ブレーキ装着車を増やしています。簡易的なレーザーレーダーと単眼カメラで前方の状況を認識し時速80キロまで対応します。日産ノートの自動ブレーキと同等のシステムです。

オートマチックハイビームと先行者発進告知機能、車線逸脱警報もセットで装備。ハイブリッドGと1.5Gに標準装備され他のグレードにはオプション設定です。5.4万円のオプション価格ですので装着をおススメします。手放すときの下取り価格、買取価格に影響が予想されセーフティセンスCが装備されていれば高価買取の後押しにもなります。

シンプルな内装 ゆとりの後席空間が確保

04%e3%82%a2%e3%82%af%e3%82%b7%e3%82%aa%e5%86%85%e8%a3%85a
04%e3%82%a2%e3%82%af%e3%82%b7%e3%82%aa%e5%86%85%e8%a3%85b
出典 http://toyota.jp/corollaaxio/grade/grade2/?padid=ag341_from_axio_grade2_detail
インパネ部分からシフトレバーまでの間に空間があり、左足の膝の部分が中央部に当たらずゆとりを感じることができます。ビジネスユースでもプライベートユースでも乗り易い使い易いインテリアです。

高級感は無いがエアコンの操作パネルが使いやすい位置にあり手さぐりでも操作しやすいです。マニュアルエアコンも操作ダイヤルが大きく操作性に優れています。

フロントシートリヤシートとも若干サイズが小さめに感じますがリヤシートの足元空間も十分確保され大人4名乗車でも窮屈感はありません。また、シートバックもしっかりした厚みがあります。

ハイブリット車とガソリン車どちらがお得?

燃費が仮に2倍違うとして差額50万円を埋めるには約10万キロ以上走行する必要があります。10万キロ以上走行するユーザーはハイブリッドがおススメです。しかし10万キロまで走行しなくても、低速域でのモーター走行の力強さと静粛性はハイブリッドの特権。また、下取り、買取など手放すときにはハイブリッド車は価格が安定していますので高価買取が期待できます。購入時のみでなく手放す時まで考えるとハイブリッドの選択がお得になると考えます。

年間走行が5千キロ未満で10年乗っても5万キロに満たない場合には車両価格分を燃費で回収できませんのでガソリン車をおススメします。

ホンダグレイスとの競合がベスト 日産ラティオもアリ

5ナンバーコンパクトセダンを検討するとハイブリッドならホンダグレイス、ガソリン車なら日産ラティオしかないのが現状です。

ホンダグレイスはフィットと同じシステムのハイブリッドシステムです。カローラアクシオと同価格帯ながら燃費数値は34.4km/Lと上回ります。値引き額はもカローラアクシオよりも多くなる傾向にあり絶好の競合車種です。

ガソリン車ならラティオがおススメ。ラティオはティーダラティオの時に比べエンジンも1.2Lになりダウンサイジング&ワンクラスダウンした感があります。しかし、街乗りでの静粛性、動力性には問題ありませんので十分競合車種になります。

目標値引き額は総額15万円を狙おう!

カローラアクシオはトヨタカローラ店の専売車種のためトヨタ同士の競合はできません。値引き額は車両本体で12万円、販売店オプションのカーナビ装着の場合はオプションから3万円引きを狙いましょう。

狙い目は在庫車です。白系とシルバー系のボディカラーは比較的在庫豊富なため当月登録可能なら値引きが拡大しやすくなります。ハイブリッドと1.5XグレードでトヨタセーフティセンスCのオプション装着車は比較的見込在庫として各店で持っている傾向にあります。出来るだけ安く購入希望なら在庫車または販売店に出荷済のクルマを狙いましょう。特に大都市圏や大型店では台数を確保しなければならないため、月末にかけて値引きが拡大する傾向にありますので、場合によっては20万円近い値引き額も期待できます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

新型トヨタプレミオ新車価格情報と、値引き購入のコツ2016!

21新型プレミオa
出典 http://toyota.jp/premio/grade/grade3/?padid=ag341_from_prem_grade3_detail_1606

トヨタプレミオのスペック情報

トヨタプレミオの価格帯

1,908,655円~2,686,255円(税込)

トヨタプレミオのグレード情報

1.5F、1.5F パッケージ、1.5F EXパッケージ、1.8X、1.8X パッケージ、
1.8X EXパッケージ、2.0G、2.0G EXパッケージ
1.8L車に4WD車設定あり

編集部おススメグレード 1.8X EXパッケージ 2,528,182円(税込)
オートエアコン、LEDオートライト、アルミホイール、木目調+本革巻ステアリング&シフトレバーなど高級車と同じような装備が付くのがEXパッケージです。5ナンバーサイズで落ち着きのある上質なセダンを求めるユーザーにはおススメです。1.5Lでも十分なパワーで使い易いのですが、EXパッケージ以外にはフォグランプが標準装備されなかったり、アルミホイールが装備されないなど価格差以上に装備が劣りますので1.8L以上をおススメします。

外観デザインを一新したプレミオ

先日マイナーチェンジを実施したトヨタエスティマのように外観はまるでフルモデルチェンジしたかのようなデザインの変更になりました。兄弟車のアリオンとはフロントグリルの違いのみ。アリオンはメッシュタイプになります。高級感の高いデザインで、プレミオが5ナンバーサイズのクラウンロイヤルシリーズならアリオンはアスリートシリーズのようなイメージです。ただし、デザイン以外のハード面は全て共通です。先進安全装備のトヨタセーフティセンスCを装備し価格も上昇しました。同クラスのハイブリッド車プリウスと価格帯は同じで燃費重視なら間違いなくプリウスを選択します。プレミオの良さはガソリンエンジンのレスポンスの良さ、5ナンバーサイズによる取回しと見切りの良さ、高級感あるインテリアです。

まるでミニクラウン 高級感あるインテリア

21新型プレミオb
21新型プレミオc
出典 http://toyota.jp/premio/grade/grade3/?padid=ag341_from_prem_grade3_detail_1606
プレミオの内装は木目調パネルも多く使用され上質な内装を演出しています。材質はプラスチックですがローコストで高級感を出すトヨタの上手なところです。木目調デザインはクラウンに使用されているような上質なデザインのパネルを使用しています。
各種スイッチ類は操作性にも優れ、シフト操作は上級のマークXと同じ形状のゲート式を採用し上質かつ操作性を高めています。リヤシートはこれまで同様にクッションを引き上げてシートを可倒するダブルフォールディング方式を採用しています。ステーションワゴンと同じ使い勝手が可能なセダンです。
上級のEXパッケージはステアリングとシフトレバーに革巻+木目調の材質を使用し高級感を出しています。計器類は全て白色に統一された自発光式オプティトロンメーターを採用し中央部には安全装備のトヨタセーフティーセンス用のTFT液晶モニターを装備し5ナンバーサイズの高級ミディアムセダンです。

経済性とバランスで1.8Lエンジンがおススメ

プレミオのパワーユニットは1.5L、1.8L、2.0Lのいずれも直列4気筒エンジンです。今回のマイナーチェンジでもハイブリッド搭載はされませんでした。街乗りから高速域まで幅広く対応する1.8Lエンジンがおススメです。営業車として使用するなら1.5Fで十分な内容ですがトヨタセーフティセンスCも装備されず割高のためカローラを選択した方がメリットありそうです。

スポーツ走行は苦手なプレミオ

プレミオは乗り心地重視のサスペンションセッティングになっています。街乗りでは非常にしなやかで快適なクルマです。その反面カーブでは速度が出ているとロールが大きくなります。限界は高いですが、ロールが大きいと感じたらスピードの出しすぎですので安全運転に心がけましょう。1.8Lと2.0LのEXパッケージ2WD車には偏平率55%のタイヤが装着され走行安定性は高まっていますので高速安定性を重視するユーザーにはおススメです。

トヨタセーフティセンスCを装備

今回のマイナーチェンジによりFとXグレードの標準グレード以外にはトヨタの先進安全技術トヨタセーフティセンスCが標準装備されました。FとXグレードにはオプション設定ですが全車標準装備にしてほしかったです。レーダーレーザーと単眼カメラによる認識で衝突時の衝撃を軽減させるエマージェンシーブレーキを採用しています。ステアリング協調制御の最新の横滑り防止装置S-VSCは全グレードに標準装備でサイド&カーテンエアバックは全車にオプション設定です。

競合は兄弟車アリオン 他メーカーなら日産シルフィ

プレミオは全グレードでオーディオレスが標準です。CDオーディオならサービス狙いで交渉も可能です。その際には車両本体とオーディオ分のトータル値引きを確認しましょう。
ナビゲーションシステム装着はメーカーオプションにこだわらなければ販売店装着オプションのナビゲーションを選択し工賃を含め2割程度の値引き交渉可能です。

値引き額は車両本体で20万円、販売店オプションのカーナビ装着の場合はオプションから5万円引きを狙いましょう。総額で25万円以上の値引きが獲得を目指しましょう。これから9月の仮決算時期に向けてさらに条件が緩くなることがそうされますので最初の値引き提示額プラス10万円以上を目標に頑張りましょう。

アリオンとの競合がベスト

競合車は同じトヨタのアリオンです。アリオンはトヨタ店取扱い、プレミオはトヨペット店です。今回のマイナーチェンジで両車の違いはフロントグリルの形状くらいになり差がなくなりました。競合にはピッタリです。他メーカーでは日産シルフィがおススメです。新型になり3ナンバーとなりましたがコロナとブルーバード時代からお互いはライバルです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

新型トヨタプレミオ新車価格情報と、値引き購入のコツ2016!(マイナーチェンジ情報も)

21新型プレミオa
出典 http://toyota.jp/premio/grade/grade3/?padid=ag341_from_prem_grade3_detail_1606

トヨタプレミオのスペック情報

トヨタプレミオの価格帯

1,908,655円~2,686,255円(税込)

トヨタプレミオのグレード情報

1.5F、1.5F パッケージ、1.5F EXパッケージ、1.8X、1.8X パッケージ、
1.8X EXパッケージ、2.0G、2.0G EXパッケージ
1.8L車に4WD車設定あり

編集部おススメグレード 1.8X EXパッケージ 2,528,182円(税込)
オートエアコン、LEDオートライト、アルミホイール、木目調+本革巻ステアリング&シフトレバーなど高級車と同じような装備が付くのがEXパッケージです。5ナンバーサイズで落ち着きのある上質なセダンを求めるユーザーにはおススメです。1.5Lでも十分なパワーで使い易いのですが、EXパッケージ以外にはフォグランプが標準装備されなかったり、アルミホイールが装備されないなど価格差以上に装備が劣りますので1.8L以上をおススメします。

外観デザインを一新したプレミオ

先日マイナーチェンジを実施したトヨタエスティマのように外観はまるでフルモデルチェンジしたかのようなデザインの変更になりました。兄弟車のアリオンとはフロントグリルの違いのみ。アリオンはメッシュタイプになります。高級感の高いデザインで、プレミオが5ナンバーサイズのクラウンロイヤルシリーズならアリオンはアスリートシリーズのようなイメージです。ただし、デザイン以外のハード面は全て共通です。先進安全装備のトヨタセーフティセンスCを装備し価格も上昇しました。同クラスのハイブリッド車プリウスと価格帯は同じで燃費重視なら間違いなくプリウスを選択します。プレミオの良さはガソリンエンジンのレスポンスの良さ、5ナンバーサイズによる取回しと見切りの良さ、高級感あるインテリアです。

まるでミニクラウン 高級感あるインテリア

21新型プレミオb
21新型プレミオc
出典 http://toyota.jp/premio/grade/grade3/?padid=ag341_from_prem_grade3_detail_1606
プレミオの内装は木目調パネルも多く使用され上質な内装を演出しています。材質はプラスチックですがローコストで高級感を出すトヨタの上手なところです。木目調デザインはクラウンに使用されているような上質なデザインのパネルを使用しています。
各種スイッチ類は操作性にも優れ、シフト操作は上級のマークXと同じ形状のゲート式を採用し上質かつ操作性を高めています。リヤシートはこれまで同様にクッションを引き上げてシートを可倒するダブルフォールディング方式を採用しています。ステーションワゴンと同じ使い勝手が可能なセダンです。
上級のEXパッケージはステアリングとシフトレバーに革巻+木目調の材質を使用し高級感を出しています。計器類は全て白色に統一された自発光式オプティトロンメーターを採用し中央部には安全装備のトヨタセーフティーセンス用のTFT液晶モニターを装備し5ナンバーサイズの高級ミディアムセダンです。

経済性とバランスで1.8Lエンジンがおススメ

プレミオのパワーユニットは1.5L、1.8L、2.0Lのいずれも直列4気筒エンジンです。今回のマイナーチェンジでもハイブリッド搭載はされませんでした。街乗りから高速域まで幅広く対応する1.8Lエンジンがおススメです。営業車として使用するなら1.5Fで十分な内容ですがトヨタセーフティセンスCも装備されず割高のためカローラを選択した方がメリットありそうです。

スポーツ走行は苦手なプレミオ

プレミオは乗り心地重視のサスペンションセッティングになっています。街乗りでは非常にしなやかで快適なクルマです。その反面カーブでは速度が出ているとロールが大きくなります。限界は高いですが、ロールが大きいと感じたらスピードの出しすぎですので安全運転に心がけましょう。1.8Lと2.0LのEXパッケージ2WD車には偏平率55%のタイヤが装着され走行安定性は高まっていますので高速安定性を重視するユーザーにはおススメです。

トヨタセーフティセンスCを装備

今回のマイナーチェンジによりFとXグレードの標準グレード以外にはトヨタの先進安全技術トヨタセーフティセンスCが標準装備されました。FとXグレードにはオプション設定ですが全車標準装備にしてほしかったです。レーダーレーザーと単眼カメラによる認識で衝突時の衝撃を軽減させるエマージェンシーブレーキを採用しています。ステアリング協調制御の最新の横滑り防止装置S-VSCは全グレードに標準装備でサイド&カーテンエアバックは全車にオプション設定です。

競合は兄弟車アリオン 他メーカーなら日産シルフィ

プレミオは全グレードでオーディオレスが標準です。CDオーディオならサービス狙いで交渉も可能です。その際には車両本体とオーディオ分のトータル値引きを確認しましょう。
ナビゲーションシステム装着はメーカーオプションにこだわらなければ販売店装着オプションのナビゲーションを選択し工賃を含め2割程度の値引き交渉可能です。

値引き額は車両本体で20万円、販売店オプションのカーナビ装着の場合はオプションから5万円引きを狙いましょう。総額で25万円以上の値引きが獲得を目指しましょう。これから9月の仮決算時期に向けてさらに条件が緩くなることがそうされますので最初の値引き提示額プラス10万円以上を目標に頑張りましょう。

アリオンとの競合がベスト

競合車は同じトヨタのアリオンです。アリオンはトヨタ店取扱い、プレミオはトヨペット店です。今回のマイナーチェンジで両車の違いはフロントグリルの形状くらいになり差がなくなりました。競合にはピッタリです。他メーカーでは日産シルフィがおススメです。新型になり3ナンバーとなりましたがコロナとブルーバード時代からお互いはライバルです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

新型トヨタアベンシス新車価格情報と、値引き購入のコツ2016!

11アベンシス外観
出典 http://toyota.jp/avensis/grade/grade1/

トヨタ アベンシスのスペック情報

トヨタ アベンシスの価格帯

2,743,200円~2,983,745円(税込)

トヨタ アベンシスのグレード情報

Xi、Li

編集部おススメグレード Li 2,983,745円(税込)
グレードは2つのみでXiとLiの価格差は約24万円です。
より上質感を味わうために、アルカンターラ+本革シート、ステアリングと連動して照射角を変えるインテリジェントAFS付LEDヘッドライト、17インチアルミホイール、クルーズコントロールが装備されるLiがおススメです。
Xiでも十分な装備ですが、上級ステーションワゴンとしての魅力はLiに詰まっていると感じます。唯一、LIにはフロントパワーシートは装備して欲しかったです。全車に予防安全装備のトヨタセーフティーセンスCを標準装備しました。

デザイン一新 安全装備の強化

2015年10月にマイナーチェンジを実施したアベンシスはフロントマスクを切れ長のヘッドライトに変更しオーリス風のデザインになりました。内装デザインも一新されました。今回のマイナーチェンジで約16万円の価格アップになりましたがアップ分は安全装備の強化です。

トヨタセーフティセンスCを標準装備

今回のマイナーチェンジでレーザーレーダーと単眼カメラを併用した安全システムトヨタセーフティーセンスCを全車に標準装備しました。警報は140km/hまで、衝突軽減ブレーキは80km/hまで対応。高速域でも安全運転をサポートします。あくまでも法定速度内での走行が大切です。さらに全車にLEDヘッドライトも標準装備しました。これらの装備で価格アップしたと考えても良いです。

ヨーロッパ生まれのアベンシス その実力は

アベンシスはイギリスで生産されているトヨタ車です。日本で生産されているトヨタ車との違いは「走り」の面です。
足回りはフロントサスペンションは直進安定性に優れたストラット式、リヤは乗り心地に優れたダブルウィッシュボーン式とあらゆる速度域で乗り心地とハンドリング性能に優れています。また、ブレーキに高摩擦ブレーキパットを採用しヨーロッパ車同様、しっかり感の高い制動力を発揮します。そのためブレーキパットの減りは早くなっています。

動力性能、燃費は平凡なレベル

2.0Lの可変バルブタイミング機構を持つエンジンは静粛性に優れ、CVTとの相性も良く街乗りでは力強さを感じさせるエンジンです。車両重量が1.5tを切るため、車体が大きくても軽快感は失っていません。
高速走行でもエンジンり静粛性は保たれますが登坂部分では回転が上昇するとノイズが入っています。CVTはマニュアルモードを装備しますが反応にタイムラグを感じる場面もあります。高速での再加速ではCVTのため回転が上昇しスムーズさが失われる場面もありますが、急を要しなければ問題ありません。できれば従来のトルクコンバーター式の6速から8速のATが望ましいです。

燃費性能はCVTの性能向上に伴い14.6km/Lと1km/L改善されました。それでもあまり良い数値ではありません。また仕様燃料はハイオクガソリンです。ここまでヨーロッパ車にしなくてもと思ってしまいます。

上質で広い室内空間を持つLサイズステーションワゴン

11アベンシス内装a
11アベンシス内装b
出典 http://toyota.jp/avensis/grade/grade1/
アベンシスはヨーロッパ市場を狙いヨーロッパにて生産されたクルマらしくフロントシートもリヤシートもゆとりがあります。特にリヤシートは足元に余裕があります。また、ステーションワゴンであることからリヤシートの頭上空間はゆとりがあり、セダンのようにリヤガラスが迫ってくることはありません。
また、ヨーロッパ車のように240km/hまで刻まれたメーターを採用しています。このスケールにより、40km/hから140km/hの位置が非常に見やすくなっています。マイナーチェンジによりスポーティな円筒型の二眼式メーターデザインになりました。

操作性で気になる点はウインカーレバーです。ISO規格そのまま左ウインカーのままですので日本のトヨタ車と逆になりますので慣れが必要です。

Liに装備 アルカンターラ+本革シートは高級感たっぷり

アルカンターラはアルカンターラ社の登録商標でやわからく肌触りの良い人工皮革です。アルカンターラ=東レでもあり東レの技術が活かされています。本革より耐久性に優れ人工のため加工しやすい素材です。アルカンターラと本革を使い分けることで座り心地と耐久性、高級感を兼ね備えるシートになりました。20年以上前から東レは「エクセーヌ」という商標で上級車のシートを提供しています。エクセーヌも肌触りが良いシートです。Xiグレードでもアルカンターラ+ファブリックシートを採用し高級感をアップさせました。

アテンザワゴンで競合、レヴォーグも見てみよう

アベンシスに比べ競合するマツダアテンザとスバルレヴォーグは設計が新しいモデルです。アテンザワゴンはスカイアクティブテクノロジーにより足回りはスポーティでヨーロッパ車に近い走りです。リヤシートはお尻が沈みがちなため乗り心地に不満がありますので比較の際ご確認ください。

レヴォーグは新型でアイサイトによる安全性能も優れています。しかしインプレッサベースのため内装の質感は写真でみるより実車で劣ると感じる部分もあります。
ステーションワゴンが少なくなってきている今、同じジャンルのアテンザワゴンとレォーグは上記の点を加味しながら比較検討し競合させることが十分可能です。

値引き総額は30万円を狙おう!

値引き額は車両本体で25万円、販売店オプションのカーナビ装着の場合はオプションから3万円引きを狙いましょう。車両本体価格+販売店オプション総額から1割の値引獲得できたら大成功です。300万円なら30万円が目安です。

トヨタ販売店同士の競合も可能だ!

アベンシスはトヨタ店、ネッツ店、トヨペット店で販売しています。各販売ディーラーはトヨタと言っても別資本の別会社ですので競合可能です。
一度全店で見積もりを取り一番値引きが大きいディーラーを本命にし、価格交渉を行い、その結果、最終的に一番値引きが大きかったディーラーで一番の値引きを獲得する方法も一つの手です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0