新型トヨタエスティマ新車価格情報と、値引き購入のコツ2015!

TO_S023_F003_M008_1_L_640x480
出典:http://carview.yahoo.co.jp/ncar/catalog/toyota/estima/F003-M008/image/?img=1

トヨタエスティマのスペック情報

エスティマ車両価格

2,878,691円~4,289,563円(税込)

エスティマグレード情報

( )内は乗車人数
2.4L:X(8人)、アエラス(7人,8人)、アエラスレザーパッケージ(7人) 、G(7人) 
3.5L:アエラス(7人,8人)、アエラスレザーパッケージ(7人) 、G(7人)
※全車4WD設定有

編集部おススメグレード:2.4L アエラス(8人,2WD) 3,104,509円(税込)

のびやかなフォルムだがゆとりの室内空間

卵型ミニバンの先駆者ともいえるエスティマ。現在のモデルは9年目を迎える成熟モデルになっています。高級感はあまり期待できませんがスッキリした内装と基本的な造りベースは先代のアルファードと共通のため基本設計のレベルは高いクルマになっています。3列目シートも大人が普通に使用できるレベルで移動には十分活用できます。

2.4Lエンジンは少々古さも感じさせますが3.5Lに比べ税金面など経済性に優れています。燃費面では2.4Lも3.5Lも大きく差はありません。 
carlineup_estima_grade_grade1_03_pc


出典:http://toyota.jp/estima/grade/grade1/

エアロパーツと充実装備で人気のアエラス

流線型デザインのエスティマをさらにスタイリッシュに魅せるアエラス。エアロパーツや18インチアルミホイールが標準装備されます。オートライトシステムやクルーズコントロール、横滑り防止装置S-VSCも標準装備です。Gとの価格差が25万円以上安く設定されお買い得感がさらに高いグレードです。 

ノア、ヴォクシーよりもワンランク上の満足度。そして新型のエスクァイアの上級モデルとエスティマのXグレードが同価格帯になります。オプション状況ではアエラスとも価格が近づきます。保管場所にゆとりがあり、400ccのエンジンのゆとりを求めるとエスティマの選択になります。

値引きは、本命ライバルオデッセイ 同価格帯のミニバンで競合がポイント!40万円値引きも射程圏内か。

デビューから9年となり値引きは拡大傾向にあります。車両本体と販売店オプションで40万円前後を目指しましょう。販売店オプション装着状況によってはさらに期待できます。エスティマの競合車種はホンダオデッセイとマツダMPVです。意外と少ないです。オデッセイも最近では20万円引きを超えてきておりますしMPVはエスティマ同等の値引き額40万円前後の提示もあり得るため3月の決算や月末の販売店の実績が欲しい時期に決めると満足の値引き額が得られる可能性が高いと思います。思い切って新型アルファード&ヴェルファイアも競合させてみるのも良いかと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

新型トヨタアイシス新車価格情報と、値引き購入のコツ2015!

TO_S001_F001_M008_1_L_640x480
出典:http://carview.yahoo.co.jp/ncar/catalog/toyota/isis/F001-M008/image/?img=1

トヨタアイシスのスペック情報

アイシス車両価格

1,974,857円~2,556,000円(税込)

アイシスグレード情報

1.8L:L Xセレクション、L、プラタナ、G、プラタナVセレクション
2.0L:G、プラタナ、プラタナVセレクション
※L Xセレクションを除く1.8L車に4WD車を設定有
編集部おススメグレード:2.0L G 2,376,000円(税込)

乗用車感覚のドライビング+パノラマオープンドアの解放感

アイシスは乗用車感覚で乗車できる、7人乗車可能な5ナンバーサイズミニバンです。
デビューからすでに10年以上経過している人気モデルです。アイシスの大きな特徴は助手席側の前後ドアがセンターピラーと一体化しており、前後ともオープンするとピラーレスの大開口部を実現できることです。大きな荷物を持ちながらの乗降性の良さはこの車の特徴です。3列目シートは大人が長時間は厳しいシートですが、小学生までなら十分活用できるかな、といったところ。
20060716155300


出典:http://ht-kurumi.cocolog-nifty.com/diary/images/20060716155300.jpg

エンジンは進化 2.0Lモデルがオススメ

1.8Lと2.0Lエンジンモデルの価格差は約14万円。多人数乗車時や高速走行、坂道で200ccのゆとりが2.0Lモデルでは感じられます。アイシスがデビューした当初は1.8Lモデルは通常の可変バルブタイミングVVT-i、2.0Lモデルは直噴エンジンD-4タイプでした。

マイナーチェンジによりノアやヴォクシー同様の最新バルブマチックエンジンを搭載しています。より燃焼効率の優れた低燃費を実現できるエンジンとなっています。
engine_img_figure01
出典:http://toyota.jp/isis/001_p_020/dynamism/engine/

オススメグレードは「プラタナ」より価格の割に上質なG

街でよく見かける3ナンバーのアイシスはプラタナです。プラタナはよりスポーティーな外観を求めるユーザーにはぴったりです。エアロパーツが標準装備されています。オススメしたいグレードはプラタナと迷いました。Gグレードはオートライトが標準装備され計器類や木目調パネルなどインテリアが上品に仕上がっています。高級感はありませんが落ち着き感があるためアイシスというクルマのイメージにぴったりなのがGでした。
isis_32
出典:http://toyota.jp/isis/001_p_020/concept/grade/grade3

ロングセラーで値引きは大幅か!競合車を絡めて勝ち取るMAX40万円値引き

値引きに関しては大きくなります。まずは車両本体と販売店オプションで30万円前後を目指しましょう。発売から10年経過しておりあまり目立たないクルマになりつつあります。逆にお買い得なクルマなのです。アイシスに販売店ナビを装着し3月中登録になれば40万前後の値引きも期待できます。競合としてはマツダプレマシー、日産ラフェスタが一番有力ですが、発売されたばかりのホンダジェイドも有効です。ジェイドはハイブリットモデルとなりプリウスαとの競合がふさわしいですが、営業スタッフに早急に最高値引きを出してくださいと遠回しのメッセージにもなります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

新型トヨタヴェルファイア新車価格情報と、値引き購入のコツ2015!

TO_S200_F002_M001_1_L_640x480
出典:http://carview.yahoo.co.jp/ncar/catalog/toyota/vellfire/F002-M001/image/?img=1

トヨタヴェルファイアのスペック情報

ヴェルファイア車両価格

3,197,782円~6,716,618円(税込)

ヴェルファイアグレード情報

( )内は乗車人数
2.5Lモデル
X(8人)、Z(7,8人)、Z Aエディション(7人)、Z Gエディション(7人)、V(7,8人)

3.5Lモデル
ZA(7人)、ZA Gエディション(7人)、VL、エグゼクティブラウンジ(7人)
※各グレードに4WD設定有

編集部おススメグレード:Z Aエディション(7人、FF) 3,754,473円(税込)

ワイルド感を全面に押し出した新型ヴェルファイア

新型ヴェルファイアは兄弟車のアルファードと基本共通ながらフロントバンパー形状やヘッドライトデザインをスポーティなものにし、チョイ悪感を強調しています。リアテールランプはクリアテールとなっています。アルファードと見分けるポイントです。

ウェルファイアでオススメのグレードがZ Aエディション(7人、FF)の理由は、Z Aエディションなら上級モデルと変わらない装備が大抵装備されることです。両側パワースライドドアや、ナノイー空気清浄器がフロント&リアに対応しています。
carlineup_vellfire_interior_equip_44_pc
出典:http://toyota.jp/vellfire/interior/equip/

より進化した、スポーティーな走り

エンジンの進化

直列4気筒モデルが2.4L→2.5Lに排気量アップしました。ライバル日産エルグランドと同一にし、これまでと比較しトルク感が向上し使いやすさもアップしました。さらに高速走行に置いても頻繁に高速走行せずゆったり走行する場合は動力性能、静粛性も不満ありません。余裕を持った高速走行や山道を多用するユーザーは3.5Lモデルが魅力的ですが、3.5Lにはエコカー減税がありませんのでご注意ください。

リアサスペンションの進化

これまで一体化されていたトーションビーム式のサスペンションが一新され左右独立のダブルウィッシュボーン式を採用。高級セダンでは必須の装備です。造りが複雑になりコストアップになりますが乗り心地は大幅に向上します。日産エルグランドは先に独立タイプのマルチリンク式を採用していたため、これまでのヴェルファイアに足りなかった部分がなくなりました。カスタム化を求めるユーザーにとっては足回りにお金がかかり安くなったり硬めの設定を好む場合は不利になりがちですので注意が必要です。

アルファードとエルグランドを交えた値引き交渉で値引き額20-30万円を狙う!

新型車ですが、高額車種ともあり車両本体と販売店オプションで20万円前後を目指しましょう。日産エルグランドとの競合が有利です。エルグランドの値引き拡大傾向にありますので有効に利用しましょう。また、兄弟車アルファードとの競合です。同じトヨタでも販売店が違う別会社扱いですので競合車としては十分です。

ナビ装着時は販売店オプションナビがおススメです。メーカーオプションより安いです。販売店ナビ装着時は値引き総額30万円前後を目指してください。ドレスアップパーツも販売店で装着オプションを選択すれば値引きは獲得し易くなります。新型となり3か月の今、値引きは拡大傾向にありますのでギリギリまで粘って下さい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

新型トヨタヴォクシー(VOXY)新車価格情報と、値引き購入のコツ2015!

TO_S021_F003_M002_1_L_640x480
出典:http://carview.yahoo.co.jp/ncar/catalog/toyota/voxy/F003-M002/image/?img=1

トヨタヴォクシーのスペック情報

ヴォクシー車両価格

2,242,285円~3,054,857円(税込)

ヴォクシーグレード情報

X,X Cパッケージ,V,ZS
※それぞれに8人乗り7人乗り設定あり
HYBRID X,HYBRID V
※ハイブリットは7人乗りのみ
※ガソリングレードに4WD車を設定
編集部おススメグレード:HYBRID X 2,931,429円(税込)

エアロモデルを備えたミニバン 子育てパパに大人気

ヴォクシーは、トヨタの同じタイプの兄弟車ノア&エスクァイアの中でも唯一エアロパーツを標準装備したZSグレードを設定しています。内装色もZSグレードはオレンジ&ブラックの配色(※下記写真参考)も選べます。

TO_S021_F003_M002_3_L_640x480
出典:http://carview.yahoo.co.jp/ncar/catalog/toyota/voxy/F003-M002/image/?img=3

ヴォクシーは他のグレードでもヘッドライト形状やフロントグリルはスポーティーな形状となり、若々しさとドレスアップのやりやすさをアピールしています。インテリアはスッキリしたデザインとなっています。エアコンの操作パネルは円形に操作ボタンが集中しているため操作に慣れが必要です。常にオートなら問題なしです。

ミニバンの気になる「燃費」はハイブリットで解消

子育て世代に人気のミニバン、中でもヴォクシーは昨年2014年のミニバン販売台数No.1と売れています。価格帯もミニバンの中では手頃で、前述のドレスアップのやりやすさなど加味しても若い地方の子育て層にも人気となっています。休日利用の他、子育てママのお買いものや送迎にもヴォクシーは大活躍しています。

街乗りのストップ&ゴーにより低燃費を実現するトヨタのハイブリットシステムが燃費に不利なミニバンにも採用されたことにより、ヴォクシーはより人気を得て盤石な顧客基盤を築き上げています。日産セレナにもハイブリットがありますが、こちらは簡易式ハイブリットでほとんどガソリンエンジンモデルと変わりありませんのでヴォクシーが燃費性能では断然有利です。ヴォクシーのガソリンエンジンも低燃費に改善されています。高速・長距離用途にもガソリンモデルがおススメです。用途に応じた選択がベストです。

自動ブレーキは開発段階のトヨタ ぶつからない技術は優れてる

今や軽自動車にどんどん装備されている自動ブレーキシステムの予防安全ですが、トヨタは大衆車クラスへの装備が若干遅れています。日産のエマージェンシーブレーキやスバルのアイサイトに匹敵する、もしくは上回るシステムを開発中ではありますが実装が遅れています。ボディ剛性の高さ、ブレーキのコンピュータ制御を含めたブレーキアシストなど予防安全の高さは国内トップクラスの性能です。横滑り防止など車両安定装置S-VSCも全車標準装備となっています。

ヴォクシーは競合させることが値引き拡大のカギ!20万円を狙う!

競合車種が多く、兄弟車のノアもありますのである程度は期待できます。車両本体と販売店オプションで20万円前後を目指しましょう。

ナビ装着時は販売店オプションナビがおススメです。トヨタのロゴも入りバックモニターも対応、メーカーオプションより安いです。販売店オプション品は利益率が高い商品のためココから値引き交渉も有効です。日産セレナとの競合が一番おススメです。値引き額ではセレナの額が大きくなる傾向にありますので良い材料になります。これから出るホンダの新型ステップワゴンの話も入れ商談を引き延ばそうとし値引き拡大を狙うのも良いと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

新型トヨタアルファード新車価格情報と、値引き購入のコツ2015!

TO_S009_F003_M001_1_L_640x480
どっしり重厚感のあるフロントデザイン。
出典:http://carview.yahoo.co.jp/ncar/catalog/toyota/alphard/F003-M001/image/?img=1

トヨタアルファードのスペック情報

アルファード車両価格

3,197,782円~6,716,618円(税込)

アルファードグレード情報

( )内は乗車人数
2.5Lモデル X(8人)、S(7,8人)、S Aパッケージ(7人)、S Cパッケージ(7人)、G(7,8人)
3.5Lモデル SA(7人)、SA Cパッケージ(7人)、GF、エグゼクティブラウンジ(7人)
※各グレードに4WD設定有
編集部おススメグレード:G(7人、FF) 3,995,018円(税込)

「高級」を追及した新型アルファード

新型アルファードの魅力は高級セダンに負けない乗り心地と圧倒的な室内空間を実現しています。

兄弟車にヴェルファイアがありますが違いは外装デザインです。アルファードは大型のフロントグリルが特徴で最近のトヨタの高級車のポイントのひとつです。全体的に落ち着いたイメージで高級感をアピールしています。日産エルグランドに室内空間の高級感に差をつけられていましたが、各所に合成レザーを使用するなど高級感をアップさせました。各操作パネルや樹脂感むき出しになりがちな小物類収納類の造りも高級感ある手を抜かない造りになっています。

carlineup_alphard_interior_seat_01_pc
高級感のあるゆったりシート。
出典:http://toyota.jp/alphard/interior/seat/

高級感ある走りにも本気でお金をかけました

エンジンの進化

直列4気筒モデルが2.4L→2.5Lに排気量アップしました。ライバル日産エルグランドと同一にし、これまでと比較しトルク感が向上し使いやすさもアップしました。さらに高速走行においても頻繁に高速走行せずゆったり走行する場合は動力性能、静粛性も不満ありません。余裕を持った高速走行や山道を多用するユーザーは3.5Lモデルが魅力的ですが、3.5Lにはエコカー減税がありませんのでご注意ください。

リア・サスペンションの進化

これまで一体化されていたトーションビーム式のサスペンションが一新され左右独立のダブルウィッシュボーン式を採用。高級セダンでは必須の装備です。造りが複雑になりコストアップになりますが乗り心地は大幅に向上します。日産エルグランドは先に独立タイプのマルチリンク式を採用していたため、これまでのアルファードに足りなかった部分がなくなりました。

carlineup_alphard_performance_performance_02_pc
刷新されたリア・サスペンション
出典:http://toyota.jp/alphard/performance/performance/

アルファードの値引きは、20万円前後をターゲットに!

新型車ですが、高額車種ともあり車両本体と販売店オプションで20万円前後を目指しましょう。日産エルグランドとの競合が有利です。エルグランドの値引き拡大傾向にありますので有効に利用しましょう。また、兄弟車ヴェルファイアとの競合です。同じトヨタでも販売店が違う別会社扱いですので競合車としては十分です。

ナビ装着時は販売店オプションナビがおススメです。トヨタのロゴも入りバックモニターも対応、メーカーオプションより安いです。販売店ナビ装着時は値引き総額30万円前後を目指してください。新型となり3か月の今、値引きは拡大傾向にありますのでギリギリまで粘りましょう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

新型トヨタエスクァイア新車価格情報と、値引き購入のコツ2015!

TO_S234_F001_M001_1_L_640x480
出展:http://carview.yahoo.co.jp/ncar/catalog/toyota/esquire/F001-M001/image/?img=1

トヨタエスクァイアのスペック情報

エスクァイア車両価格

2,592,000円~3,240,000円(税込)

エスクァイアグレード情報

Xi,Gi
※それぞれに8人乗り7人乗り設定あり
※HYBRID Xi,HYBRID Gi ハイブリットは7人乗りのみ
※ガソリングレードには4WD車を設定
編集部おススメグレード:Gi 8人乗り 2,792,571円(税込)

エスクァイアの魅力は上級グレードにあり

エスクァイアは先にモデルチェンジで発売されたノア&ヴォクシーの兄弟車。エンジンやハイブリットシステム、トランスミッションなど基本設計は全て同じです。

それでは何が違うのか?違う点はメーターパネルを含む内装に合成レザーで加飾して高級感を出している点と上級のGiにはフロントシートヒーターを標準装備する合成レザーシートが標準装備されています。兄弟車のノアと比較して価格は10万円から20万円の価格差がありますが5ナンバーサイズの高級感あるミニバンが選択できること、アルファードでは大きすぎるというユーザーにとってはうれしい選択となっています。
TO_S234_F001_M001_3_L_640x480
シンプルにまとまり見やすい計器類まわり
出展:http://carview.yahoo.co.jp/ncar/catalog/toyota/esquire/F001-M001/image/?img=3

なぜ、オススメはガソリンエンジンタイプなのか?

エスクァイア購入をご検討の方にオススメなのはガソリンエンジンタイプです。高級志向のミニバンは主に休日だけの利用、または長距離走行を多用する利用が多くなる傾向にあります。休日だけの利用で距離を走らないのであればハイブリットにかかる初期投資分を燃費差で回収することは難しいでしょう。長距離走行、高速走行ではハイブリットの恩恵があまり得られず燃費重視のエンジンは高回転に弱くなっています。通常のガソリンエンジンの方が有利に使えます。ただしフル乗車で高速走行は坂道で2.0Lエンジンは余裕がなくなりますので過度な期待は禁物です。

自動ブレーキは開発段階のトヨタ ぶつからない技術は優れている!

今や軽自動車にどんどん装備されている自動ブレーキシステムの予防安全ですがトヨタは大衆車クラスへの装備が遅れています。日産のエマージェンシーブレーキやスバルのアイサイトに匹敵するもしくは上回るシステムを開発中ではありますが遅れています。

ボディ剛性の高さ、ブレーキのコンピュータ制御を含めたブレーキアシスト、横滑り防止など車両安定装置S-VSCも全車標準装備となっているなど予防安全の高さは国内トップクラスの性能です。

エスクァイアの値引きは、オプション込み15万円ライン!

新型車とあり値引きは控えめですが、先に兄弟車のノア&ヴォクシーが登場しているためある程度の幅は期待できます。車両本体と販売店オプションで15万円前後を目指しましょう。

ナビ装着時は販売店オプションナビがおススメです。トヨタのロゴも入りバックモニターも対応、メーカーオプションより安いです。販売店オプション品は利益率が高い商品のためココから値引き交渉も有効です。下取り車との抱き合わせの値引き提示は曖昧になり危険ですので注意が必要です。下取りは避けて、愛車はネットを使った一括査定にお願いすることで実質の購入額を下げるのも手です。

carlineup_esquire_interior_dop_navi_01_pc
大画面のナビ
出典:http://toyota.jp/esquire/interior/dop_navi/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0