新型アウディA4新車価格情報と、値引き購入のコツ2017!


出典
http://www.audi.co.jp/jp/web/ja/models/a4/a4.html#page=/jp/web/ja/models/a4/a4/exterior.html&layer=/jp/web/ja/models/a4/a4/exterior.mediathek_infolayer.MZIE4ZD.html

アウディ A4のスペック情報

アウディ A4の価格帯

4,470,000円~5,970,000円(税込)

アウディ A4のグレード情報

1.4TFSI、1.4TFSIスポーツ、2.0TFSI、2.0TFSIクワトロ

編集部おススメグレード 2.0TFSI 5,180,000円(税込)

全グレードにサイド&カーテンエアバック、革巻ステアリングを標準装備。自動ブレーキシステムなどの予防安全装備も装備されます。エンジンは直列4気筒1.4Lターボエンジンと直列4気筒2.0Lターボエンジンの二種類で1.4Lターボエンジンでも十分な動力性能が得られます。車両重量が1.5t未満ですので重量税の負担が少なく済みます。

しかし、魅力的なグレードは2.0Lエンジンモデルです。1.4Lモデルは前車追従型のアダプティブクルーズコントロールや車線逸脱防止警報&ステアリングアシストはオプション設定でセーフティパッケージの名称で69万円ですが、2.0Lモデルは標準装備です。また、2.0Lモデルには前席電動パワーシートも装備されます。つまり安全装備を1.4Lモデルで充実させると2.0Lモデルと価格差が無くなります。燃費性能も1.4LエンジンがJC08モード燃費16.6km/Lに対し2.0Lエンジンは18.4km/Lと排気量が大きいのに燃費が良い逆転現象が出ています。当然2.0Lエンジンの方がパワーもあることから1.4Lモデルを選択するメリットが重量税以外ありません。

Dセグメントの正統派セダン

2016年2月に新型になったアウディA4はシャープかつ重厚感のあるデザインでミディアムサイズの高級セダンとして、BMW3シリーズやメルセデスCクラスと同じクラスに位置します。A4の名称になって今年で23年になりますが年々ボディサイズが大型化しています。

前輪駆動モデルの他にアウディ伝統の4WDシステム「クワトロ」も用意され、クワトロは2.0Lターボエンジンでもハイパワーなエンジンが搭載され差別化されています。

3種類のターボエンジンの実力は?

クラスを超えたパワー

アウディA4の1.4Lエンジンはかつての2.0Lエンジン車を上回る動力性能を持っています。さらに2.0Lエンジンは最大トルクを日常よく使う1,450回転~4,200回転で32.6kgmを発揮します。かつての3.0Lエンジン車を上回る加速性能を持ち、燃費性能は18.4km/Lとコンパクトカー並みの低燃費です。

クワトログレードには2.0TFSIに搭載されるターボエンジンよりも62馬力出力の高いエンジンが搭載されます。4輪へのトルク配分を最適に行いウエット路面など滑り易い路面状況でも安定した走りをアシストします。ラリーで培われたクワトロ技術は進化を続け、日本のスバル、世界のアウディと言われるくらい4WDの性能は評価されています。

前後サスペンションは新開発の5リンク式(ウィッシュボーン式)の独立サスペンションを採用し、走行安定性と乗り心地を向上さました。

7速Sトロニックも低燃費の要因

ツインクラッチ方式のSトロニックはマニュアル車と同等の駆動伝達のためロスがありません。また、減速比が1以下のオーバードライブ領域が5速から7速に設定されているため高速走行でのエンジン回転が抑制されています。低燃費への貢献と静粛性の向上に役立っています。

スポーティかつ未来的なインテリア

出典 https://carview.yahoo.co.jp/ncar/catalog/audi/a4/F005-M002/image/?img=3

エクステリアは先代モデルと見た目はそれほど変わりませんがインテリアは大幅に改良されました。ダッシュボードは低く抑えた設計で直線基調のスポーティなデザイン。BMW3シリーズをイメージするようなデザインです。ナビゲーションシステムは全車標準装備でメーターパネル全体を12.3インチの液晶画面で覆われたバーチャルコクピットは7万円のオプション設定ですが単独でオプション可能ですので装備したいオプションです。

リヤシートは頭上空間を十分確保

ステーションワゴンのアバントを選択しなくてもリヤシートの頭上空間をしっかり確保しています。シートもゆったりサイズのため長距離移動も問題ありません。また、前輪駆動車のためBMW3シリーズやメルセデスCクラスと異なりプロペラシャフトがありませんので後席足元空間も広く感じます。

販売店とメーカーの施策を有効活用しよう!

10万円引きを目標にしよう

値引き額の少ない輸入車ですが、若干の値引きは狙えます。車両価格から8万円、メンテナンスプログラムのサービスを狙い総額10万円前後の値引きを狙いましょう。大都圏や地方により地域差がありますので十分ご注意ください。大都市圏は輸入車ニーズも高く競争率も高いため、15万円以上の値引きを狙える場合があります。お住まいの地域に異なる資本のアウディ販売店がある場合には、アウディA4同士の競合も可能です。

3シリーズやCクラスを見ておこう

競合車としてピッタリのクルマは同じ価格帯のBMW3シリーズやメルセデスCクラスです。C180アバンギャルドはCクラスの売れ筋グレードでアウディA4の2.0TFSIよりも価格はお求めやすくなっています。競合には最適な車種です。輸入車の場合は「指名買い」が多いため競合にならないケースも多いのが特徴です。あくまでも参考程度とお考えください。

在庫車を狙うとお得

販売店の在庫車で欲しいカラーが一致すればお得に購入できるケースがあります。試乗車販売車両や新車登録済未使用車、見込オーダーで出荷された車両などは営業スタッフの実績にすぐに反映されますので値引きが出やすかったり、お得に購入できるチャンスです。また、年度末3月や仮決算時期の9月を狙うのも有効な手段です。

下取り価格と値引き額は必ず分けよう

下取り価格と値引きがセットなら下取り価格が安く、あたかも値引きが大きく見せられているかもしれませんので、必ず、一括査定見積を利用して確実な買取価格相場を知っておく必要があります。トータルで一番安く購入できる方法で下取り車を売却しましょう。下取車が低年式や走行距離が多く、値段が付かない場合にも、下取り車の諸費用や自賠責保険の未経過分等をトータルで考えて下取りに出す場合のトータル金額と買取店に売却する場合のトータル金額を調べましょう。下取りに出した場合には自動車税未経過分は戻りますが買取店の場合には自動車税未経過分も含む場合がほとんどですので注意が必要です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

新型キャデラックATS新車価格情報と、値引き購入のコツ2017!燃費・パフォーマンス情報も。

17%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%87ats%e5%a4%96%e8%a6%b3
出典 http://www.cadillacjapan.com/ats-sedan/model-overview.html

キャデラック ATSのスペック情報

キャデラック ATSの価格帯

5,140,000円~5,700,000円(税込)

キャデラック ATSのグレード情報

ラグジュアリー、プレミアム

編集部おススメグレード プレミアム 5,700,000円(税込)

プレミアムにはエマージェンシーブレーキ、前車追従型のアダプティブクルーズコントロール、マグネティックライドコントロールサスペンション、18インチアルミホイールなど先進の安全装備と、よりスポーティな足回りが装備されるプレミアムがおススメです。

ラグジュアリーとの価格差は56万円ですが、安全面と走行面で価格差以上のメリットが感じられます。本革シートや電動パワーシート、ブレンボ製ブレーキシステム、純正ナビゲーションシステム&Boseプレミアムサウンドシステムはどちらのグレードも標準装備です。

コンパクトなキャデラック 欧州Dセグメントを意識

アメ車、キャデラック。この言葉だけで「大きなクルマ」とイメージしてしまうユーザーも少なくないはずです。しかし、キャデラックATSは全長4,680mmで5ナンバーサイズでコンパクトです。全幅が広いため3ナンバー規格になります。

キャデラックATSのステアリング位置は左のみで右ハンドルは導入されていません。左ハンドル車に慣れないユーザーや右折時の確認が不便な点等、選ぶ際には注意が必要です。無理に右ハンドル化された輸入車より、自然な左ハンドルの方がペダルの位置など気にすることがないため左ハンドル車に慣れているユーザーにはうれしい仕様です。無理に右ハンドル化されたクルマはペダルの位置が左に寄り、アクセルとブレーキが極端に近いケースもあります。しかし、現在では極端に不自然なクルマは無くなりつつあります。

2013年に日本で発売されたキャデラックATSに搭載のエンジンは直列4気筒2.0Lターボエンジンです。これまでのキャデラックは大排気量でトルクでゆったりふんわり走るイメージですがATSは瞬発力に優れたターボエンジンを搭載し足回りも良い意味で欧州車並みにガッチリ硬められた印象です。

日本では、メルセデスCクラス、BMW3シリーズ、アウディA4などDセグメントのライバル車が犇めいています。「あまり走っていないクルマがイイ」「押しの強いクルマがイイ」とお考えのユーザーにはキャデラックATSはピッタリです。高級感と扱いやすいサイズ、アメ車らしくない(良い意味で)走りに驚くはずです。

2.0Lターボエンジンは動力性能文句なし!

輸入車で最も安く環境に優しいディーゼル車

アメ車と言えばV8エンジン+大排気量が主流ですが、キャデラックATSには4気筒2.0L ターボエンジンを搭載しています。

最高出力は276馬力、最大トルクは40.8kgmと4.0L車並みのパワーを発揮します。最大トルクは3,000回転から4,600回転で発揮しますのでアクセルを踏み込みスポーティな走りが楽しめます。追い越し加速などは少し暴力的と感じさせるような加速感があります。

8速オートマチックを搭載

各々の速度域で最適なギアを選択してくれる8速ATを採用しました。静かに走行したいときには早めにシフトアップしてくれるためCVT並みにスムーズです。また、加速時には力強いトルクを活かしてグイグイ加速してくれます。アイドリングストップ機能も装備し環境面にも配慮しています。

マグネティックライドコントロールサスペンション搭載

プレミアムグレードに搭載されるサスペンションはハイパフォーマンスサスペンションと呼ばれるマグネティックライドコントロールサスペンションを搭載しています。路面の状況に応じて1/1000秒単位でコントロールし、正確な車体制御とシャシーの安定化を図り、最適な乗り心地を実現しています。

乗り味はガッチリして硬めの印象でスポーティですが、欲を言えばフロントサスペンションにもう少ししなやかさがあれば良いかと感じます。フロントサスペンションは直進安定性に優れたストラット式ですが、リヤ同様マルチリンクまたはダブルウィッシュボーン式を採用して欲しかったです。

キャデラックらしい高級感あるインテリア

出典 http://www.cadillacjapan.com/ats-sedan/model-overview.html
17%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%87ats%e5%86%85%e8%a3%85
本革シートが標準装備で、インテリアの素材も上質で各スティッチ(縫い目)も上質な仕上がりです。キャデラックエントリークラスと言えども高級感は十分です。自発光式の計器類は視認性に優れていますが、立体感がなくシンプル過ぎる印象があります。プレミアムグレードに装備されるヘッドアップディスプレイはフロントウインドウに速度やナビの進行方向が表示され視認性に優れています。

充実のオーディオメニュー

キャデラックATSのナビゲーション&オーディオ機能はBoseサウンドシステムを採用し高音質。更にアップルカープレイを全車に標準装備しています。iフォンユーザーなら、スマートフォンがそのままクルマのナビと一体化し使いこなせば非常に便利な機能です。USB3個、ブルートゥースも対応し使い勝手も良好です。

希望の在庫車があればどんどん狙おう!

20万円引き以上を目標にしよう

車両価格から15万円、メンテナンスプログラムのサービス87,480円の値引きサービスを狙い総額20万円以上の値引きを狙いましょう。トータルで20万円以上の値引きを狙うことが大切です。

競合車は値引きはそれほど効果ありません。輸入車は「指名買い」が多いためです。同じジャンルと呼ばれても各々の個性が違いすぎるためです。

在庫車を狙うとお得

販売店の在庫車で欲しいカラーが一致すればお得に購入できるケースがあります。年末や年度末には40万円前後の値引きにスタッドレスタイヤ&ホイールのサービスなどある販売店もあります。輸入車はイヤーモデルのため年が変わると旧モデルになります。2017年に2016年モデルが残って入れば格安購入が期待できます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

新型日産スカイライン新車価格情報と、値引き購入のコツ2017!口コミ評価

10%e3%82%b9%e3%82%ab%e3%82%a4%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%83%b3%e5%a4%96%e8%a6%b3
出典 http://www2.nissan.co.jp/SKYLINE/exterior.html

日産スカイラインのスペック情報

日産スカイラインの価格帯

4,136,400円~5,829,840円(税込)

日産スカイラインのグレード情報

200GT-t、200GT-t TypeP、200GT-t TypeSP
350GT HYBRID、350GT HYBRID TypeP、350GT HYBRID TypeSP
HYBRIDグレードに4WDの設定あり

編集部おススメグレード 350GT HYBRID TypeP 5,136,480円(税込)

新型のミリ波レーダーを使った前方衝突予測警報&エマージェンシーブレーキ、車線逸脱警報、サイドエアバック、LEDヘッドライト運転席&助手席電動パワーシート、8インチナビゲーションシステムが全グレードに標準装備されました。装備内容は上級車種フーガに近づき車両価格もフーガに近づくほど高価になっています。

ヘッドライトがステアリングに連動して左右に動くアクティブAFSや本革シート、プラズマクラスター付オートエアコンの装着され、動力性能と環境性能を併せ持つ350GT HYBRID TypePおススメです。最上級のTypeSPに装着される19インチアルミホイールはスタイルは抜群ですが乗り心地は17インチが優れています。

予防安全性能評価最高ランクを獲得

新型スカイラインシリーズには、ミリ波レーダーを使って自車からは見えない2台前の状況変化まで検知することができ危険を察知すれば警報で促し玉突き事故を未然に防ぎます。この機能は世界初の装備です。

エマージェンシーブレーキも軽自動車やコンパクトカーに多く見れらる30km/h以下の作動の自動ブレーキではなく日本の道路の法定速度ならほとんど対応できるレベルです。ただし、前方停止車両に対して70km/h以上では作動せず、60km/h以下なら衝突回避、60km/h以上なら衝突軽減ブレーキになります。評価すべき点はこれらを全グレードに標準装備した点です。

スカイラインの自動ブレーキシステムの課題は歩行者認識機能が備わらない点です。さらにスカイラインではカメラ方式も併用して歩行者自転車の検知性能をアップして欲しいです。

ハイブリットの走行性能は?

システム出力364馬力の高性能

スカイラインハイブリットはV6 3.5Lエンジン+電気モーターのハイブリットで合計したシステム出力は364馬力になります。発進から中間加速、高速走行すべてにおいて満足の加速性能を約束しています。スカイラインのハイブリットシステムは主に中速域での巡航時にバッテリー走行になり静かな走りと低燃費に貢献しています。高出力を発揮しながら17.8km/Lの低燃費を実現しています。実際は10km/L少々ですがパワーを考慮すれば十分です。全車7速ATで高速走行時の燃費向上に貢献しています。

ダイレクトアダプティブステアリングによる操舵性の向上

スカイラインハイブリットにはダイレクトアダプティブステアリングと呼ばれる電子制御のステアリングアシスト装置がハイブリッドにのみ標準装備されます。

高速走行時のワダチや段差などでハンドルが取られる場面では自動制御により直進安定性を高めハンドルが取られないように制御します。車庫入れから高速走行まで幅広くアシストすることで取り回し易さの向上と自然でダイレクトなハンドリングを両立させています。なお、低速走行時にはステアリングに不自然な制御が感じられる場面もありますので試乗車があればぜひ体感、確認してみてください。通常は気にならないレベルです。

2.0Lガソリンエンジンはメルセデス製

スカイラインにはハイブリットの他にダウンサイジングされた2.0Lターボエンジンもあります。エンジンはメルセデス製でC/Eクラスに使用しているエンジンです。200GT-tというグレード設定でR32型時代のGTS-tを思い浮かべるお父さん方も少なくないのではないでしょうか。静かなだけではつまらない、けど楽しみたいならこちらもおススメです。

ハイブリットより約80万円安い価格設定で、燃費性能もJC08モード13.0km/Lですのでハイブリッドと比較して4.8km/Lの差のみです。長距離ドライブでは2.0Lの小排気量のメリットが活かれ差低燃費を実現しハイブリッド車と同等またはそれ以上の低燃費が期待できます。高速でのエンジンレスポンスは抜群で100km/hでピークを迎える国産エンジンと異なり余裕が感じられます。

上質でスポーティなインテリア

10%e3%82%b9%e3%82%ab%e3%82%a4%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%83%b3%e5%86%85%e8%a3%85a
10%e3%82%b9%e3%82%ab%e3%82%a4%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%83%b3%e5%86%85%e8%a3%85b
出典 http://www2.nissan.co.jp/SKYLINE/interior.html
スカイラインのインテリアはシンプルに見えて高品質な内容になっています。
上下に2つのディスプレイを装備され上はナビ画面、下はオーディオやエアコンの操作パネルになっています。手さぐりな操作が必要なエアコンのボタンは両サイドに通常のボタンで装備されますので使い勝手は良好てす。このナビゲーションシステムは全車に標準装備される点は魅力的です。

自発光式のファインビジョンメーターは視認性に優れハイブリット車でもタコメーターをしっかり装備しスポーティさを失っていません。

スカイラインハイブリットTypeP以上では本革シート+シートヒーターが標準装備されます。ドア内側の内装も含め上質で上級スポーツセダンにふさわしい内容になっています。
リヤシートも座り心地が良く、身長170cmの大人では肩よりずっと高い位置までシートバックが延びており、ゆったり座ることが可能です。足元空間にも余裕があり、2.0LクラスのMクラスミニバンのセカンドシートより快適かもしれません。

クラウンアスリートと競合、輸入車も見てみる価値あり

スカイラインハイブリットと競合させるにはトヨタクラウンアスリートグレードと競合がベストです。燃費性能ではクラウン、パワーと高回転時の静粛性ではスカイラインが有利です。

500万円台に入るとドイツ車も視野に入ります。同サイズ同クラスのメルセデスCクラス220ブルーテックアバンギャルドは2.14Lディーゼルターボで燃費性能と最大トルクはスカイラインハイブリットを上回ります。しかし価格も約55万円上回ります。10年使用する場合年間10万円差なら十分競合させても良い内容となっています。

ハイブリッドは10万円 ガソリンターボは25万円値引きを狙おう

V6エンジン+モーターのハイブリットの上級スポーツセダンで同クラスのクルマが無いため値引きは少なめです。トータルで10万円を目標に商談してみましょう。ガソリンターボモデルはクラウンアスリートと競合させトータル25万円の値引きを目標に商談しましょう。また、プリンス店とサティオ店など異なる資本のディーラーでスカイライン同士の競合も忘れず行いましょう。

全グレードナビゲーションシステム標準装備のため販売店オプションからの値引きは期待できません。ボディコートオプションを選択した場合には「スカイラインに決めるからサービスしてください」と最後にお願いしてサービスを狙う方法も良いです。利益率が高い商品のため販売店での調整が出来るはずです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0