ダイハツタントの中古車買取・査定相場価格と、できるだけ高く売るコツ2016!

タントの買い取り相場概要

下取り買取のメインは先代モデル

タントは2013年秋に現在の新型モデルになりましたが、まだ、3年も経過していないため一般ユーザーが下取りや買取に出すことは考えにくく、また、値下がり幅も大きいことから下取りや買取の対象は2007年から2013年まで販売させた先代タントです。
乗り換えのタイミングの目安となる5年、7年目にあたるタントがこの先代モデルに該当します。下取り価格も高いのですが必ず買取店競合で納得できる買取価格を目指しましょう。
初代タントもまだまだ人気ですが7年以上経過していることから下取り価格は期待できませんが走行距離が少ないタントなら買取店競合なら高値での売却も期待できます。

中古車で買うなら先代モデル3年から5年経過モデルを選ぼう!

新車購入価格が140万円から150万円台だったタントXリミテット、タントカスタムXが100万円前後の車両価格で探すことができます。ベーシックなLグレードは80万円台から探すことも可能です。
5年以上経過したタントでも中古車価格はなかなか下がりません。7年経過する2009年式のタントの中心価格帯は70万円前後です。中古車での購入のメリットはあまり高くありません。保証がすべて付いてくる新車購入も視野に検討しましょう。

タントの買取価格帯は?

先代 L375S、L385S系

38タントa
出典 http://carview.yahoo.co.jp/ncar/catalog/daihatsu/tanto/F002-M007/image/?img=1
2007年から2013年まで販売させた先代タントは3年経過したモデルから3回目の車検の7年目を迎えるモデルまで該当し、下取りや買取の中心となるモデルになります。
タントは先代モデルから乗降性に優れたスライドドアを採用しました。さらに助手席ドアとリヤドアとの間に柱が無いピラーレスオープンドアのため開口部は1480mmと大きくベビーカーを畳まずそのまま車内にアクセスできます。子育て世代に人気のタントの買取価格は高値で推移しています。

3年経過の最終モデルは走行距離が3万キロ未満のLグレードが45万円からX、Gグレードが65万円から85万円の買取価格が相場で値段の下げ幅は大きく感じますが背の低い軽自動車と比較すると買取価格は残っている方です。
走行距離は4万キロを超えると相場より安くなります。カスタム系のグレードは人気が高く、下取り価格も高いのですが買取店競合によりさらに高値を狙いましょう。
5年経過のモデルは走行距離6万キロ未満で、35万円から70万円の買取価価格の値下がりは緩やかで売り時です。ただし走行距離が7万キロを超えるクルマやベーシックなLグレードは3年から5年になっても35万円前後となり、高価買取はあまり期待できません。

カスタム系の値段は下がりません。外装に自信があり、走行距離が5万キロ未満のカスタムX以上のグレードなら70万円を目標に買取店同士競合させましょう。
7年経過のモデルは25万円から40万円の買取価格が相場で、7年になっても買取価格が残るタントは人気車である証拠です。
カスタム系の買取価格はは7万キロ未満のカスタムX以上のグレードなら50万円を目標に買取店同士競合させましょう。7年経過すると全体的に走行距離も多くなりますので新しい時ほど走行距離よる差が無くなってきますが、10万キロを超えると大きく買取価格は下がります。L、Xグレードで10万円、カスタム系で15万円を目指しましょう

初代 L350S、L360S系

38タントb


出典 http://carview.yahoo.co.jp/ncar/catalog/daihatsu/tanto/F001-M002/image/?img=1
2003年末から2007年末まで販売された初代タントは軽トラックベースのアトレーワゴンとは違い、乗り心地重視の乗用車ベース+背の高い軽ワゴンで大ヒットになりました。
2005年にマイナーチェンジした後期モデルで走行距離が5万キロ未満の低走行車は買取相場は15万円から40万円前後も狙えます。走行距離の少ないターボ車は40万円以上の買取価格も出る場合もあります。
2004年前後の買取価格は15万円を目指しましょう。走行距離が10万キロ以上走行したタントでも5万円前後の買取価格が期待できますが買取店同士競合させないと価格が出ない場合もあります。タイミングベルト交換済車なら積極的にアピールしましょう。

5年以内なら下取り重視、5年以上なら買取店競合へ!

タントの場合新車から5年以内なら高い下取り価格が期待できます。新車販売店でも下取りし、自社の中古車センターで販売すればすぐ売れるクルマだからです。この場合は買取専門店が買い取って自社で販売できず、オークションに出す場合などは手数料もかかりますので高価買取と言っても下取りの方が高額になる傾向があります。しかし、買取価格も忘れずにチェックして下さい。
5年以上経過したタントは下取り価格よりも買取店同士競合させた方が高値で売却できるケースが多くなります。下取り価格を事前にチェックし買取店競合に臨みましょう。
初代モデルのタントなら買取店同士の競合がオススメです。初代では下取り価格か出にくくなっていますが、人気がありますので買取店競合で高価買取を目指しましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

日産エルグランドの中古車買取・査定相場価格と、できるだけ高く売るコツ2016!

エルグランドの買い取り相場概要

悪顔がさらに進化した現行モデル後期型はまだ3年未満のため中古車市場にも台数が少なく、手放せば高価買取も狙えますが、新車価格を考慮すれば値落ち分が大きいため実際には損。そのため手放すユーザーはいませんので高値で推移しています。
E52型前期モデルが買取、下取りの中心となっています。人気のE52型は高値を維持しています。5年目までの価格は昨年同様の価格帯で高値をキープしていますが、初期の2010年式では値下がりが感じられます。3回目までの車検が売り時で7年目以降は一気に価格が下がる可能性があります。

現行E52系の二回目車検前が売り時

2010年に登場した現行エルグランドは初期モデルが二回目の車検を迎えています。
5年乗っても新車価格の約半額が残っているケースが多く、乗り換えを検討しているユーザーは売り時でもあります。
初回車検の3年での乗り換えは買取価格が5年乗った場合と大きく差がありませんのでお得感はありません。

初代E50系はディーゼルのみ

初代エルグランドの台数は少なくなりましたが、買取価格が残るのはディーゼル車です。走行距離20万キロ未満の初期の3.2Lディーゼルは買取価格10万円、後期の3.0Lディーゼルは15万円の買取価格が期待できます。ガソリン車の下取り価格、買取価格はいずれも期待できません。

中古車でおススメはE52型前期モデル

エルグランドは現行モデルでハイウェイスターと呼ばれるグレードがメインです。また、2014年のマイナーチェンジではハイウェイスターとXGのヘッドライト形状が異なるようになり、ハイウェイスターがよりスポーティで悪顔になりました。しかし、前期モデルはヘッドライト形状は同じです。
E52型前期モデルの250XGは180万円前後から探すことができます。法人使用のリース満了車が狙い目でノーマル状態のメンテナンス万全のクルマが狙えます。
ハイウェイスターも価格が落ち着いてきています。走行距離が7万キロ未満のクルマで200万円前後から探すことができます。後期モデルは、まだまだ高額ですので長期ローンを契約してでも新車を狙いたいです。

エルグランドの買取価格帯は?

三代目 E52型

32エルグランドa
出典 http://carview.yahoo.co.jp/ncar/catalog/nissan/elgrand/F003-M004/image/?img=1
三代目E52型エルグランドは2010年に登場し2014年にマイナーチェンジを行いました。二回目車検の5年経過のエルグランドも現行モデルです。E52型からエルグランドはこれまでの後輪駆動ベースから前輪駆動ベースにプラットフォームを変更しました。降雪地域でも4WDを選択しなくても日常使用可能になりました。
3年経過の2013年式で走行距離5万キロ未満のハイウェイスターは210万円前後が買い取り相場です。中でもアーバンクロムシリーズが高値をキープし、本革シート仕様のブラックラインの走行距離3万キロ未満のクルマは270万円から290万円の買取価格です。
ベーシックな250XGは160万円前後です。この年代のエルグランドは中古車市場に不足気味。価格は若干上昇傾向が予想されます。買取店競合で高値売却を狙いましょう。
E52型前期モデルで5年経過した走行距離7万キロ未満のエルグランドは170万円から220万円前後が買い取り目標額です。高額査定が出るのは両側電動スライドドアはもちろん、純正のツインモニター装着車です。新車装着価格も高額です。
10万キロ前後走行したクルマは120万円前後の買取相場となっています。2.5Lと3.5Lでは買取価格に差がありません。

二代目 E51型

32エルグランドb


出典 http://carview.yahoo.co.jp/ncar/catalog/nissan/elgrand/F002-M007/image/?img=1
二代目エルグランドは2002年から2010年までの8年間販売されたロングセラーモデルで街の中でもまだまだ見かけます。
2004年のマイナーチェンジで3.5Lエンジンに加えて2.5Lエンジンも追加されました。現行E52型の2.5Lは4気筒エンジンですが、E51型はV6エンジンを搭載しています。燃費は良くありませんがV6 2.5エンジンの静粛性と伸びやかな加速、適度な維持費が味わえる唯一のモデルです。

ちょうど三回目の車検を迎えた2009年式で走行距離10万キロまでのエルグランドは70万円から140万円が買取価格の相場で110万円が中心買取価格です。走行距離が5万キロ未満であればさらに高額に、10万キロを超えれば100万円を切る買取価格となり走行距離で大きく左右されます。高額査定のキーワードは、2.5、ブラック、走行距離5万キロ未満、ハイウェイスター、レザーシート、フリップダウン後席モニターです。全て当てはまらなくても数個あてはまるだけで高額査定が狙えます。

2004年式までの前期モデルはエンジンが3.5Lのみで10年以上経過し走行距離も10万キロを超えているクルマも多くなり買取金額は5万円から25万円と大きく値下がりしています。

5年未満なら下取り検討、7年以上なら買取店競合へ!

エルグランドは人気車種ですが、特に現行モデルのE52型はさらに人気があります。5年前の中古車でも現行モデルのため販売価格も高くなっています。つまり下取り価格も買取価格も高くなっています。
E52型は各販売店で下取りに力を入れています。日産系販売店ではマイナーチェンジ後のエルグランドへの乗り換え、トヨタ系販売店では新型アルファード&ヴェルファイアへの乗り換えの際には下取り価格には相当力を入れていますので買取店に売却するメリットが薄れるケースがあります。ただし、E52型初期モデルは価格が下がり気味ですので必ず買取店一括買取査定で競合させ納得の金額で手放しましょう。

先代モデルのE51型は7年以上経過モデルが多く下取り価格が思うように伸びない傾向にあります。E51型でも程度良好ならすぐ売れる人気車種で特に2.5Lは人気です。ネットによる一括査定で買取店同士競合させ高価買取を目指しましょう。
下取り重視でも買取重視でも、どちらも必ず価格を調べることが大切です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

トヨタヴォクシーの中古車買取・査定相場価格と、できるだけ高く売るコツ2016!

ヴォクシーの買い取り相場概要

先代モデルの価格が安定

新型が登場して2年以上経過して中古車価格や買取価格は安定しています。
売り時は5年経過した2011年式のヴォクシーです。ZS煌系のグレードは人気で新車価格が当時約260万円でしたが、現在下取り、買取価格は半値以上残っています。新車価格では兄弟車ノアと同価格ですが、下取り、買取価格は全体的にノアより高めの傾向です。
ヴォクシーユーザーの走行距離は比較的多めで年間走行距離1万キロ超が多く見られます。年間走行距離1万キロ前後なら大体相場の価格で、走行距離が少ないなら買取価格はプラスになります。
ヴォクシーには5人乗りモデルのトランスXが先代モデルまでありましたが、下取り、買取価格は非常に安くなりますのでご注意ください。以下の買取価格帯の中ではトランスXの価格帯は含まれませんのでご注意ください。

中古車で買うなら5年落ちを狙おう!

ヴォクシーの中古車価格は高めです。ヴォクシーの中古車でオススメは2回目車検を迎える2011年式でグレードはX Lエディションのナビゲーションシステム装着車です。走行距離5万キロまでの良質車で約140万円の車両価格から選べます。購入の際には保証付き販売車を選ぶこともポイントです。昨年よりも中古車価格が上昇傾向にあります。良質な中古車を狙うなら、ぜひ新車の見積を取ってみることをおススメします。
ヴォクシーの中でノーマル系グレードのXとVの5ナンバーモデルは比較的おとなしく使われたクルマが多く程度も良好なクルマが多くなっています。
人気のZS煌系は価格が200万円前後と高額で、中にはスポーティな使われ方をしたクルマもありますので注意が必要で、ZS煌系ほど新車購入をぜひ検討しましょう。新車で購入しても手放す際に高く売れますのでメリット大です。

ヴォクシーの買取価格帯は?

先代 R70G系

27ヴォクシーa
出典 http://carview.yahoo.co.jp/ncar/catalog/toyota/voxy/F002-M002/image/?img=1
2007年6月から今年2015年1月まで販売されたR70G系ヴォクシーは先代モデルと比較してより重厚感のあるデザインになりクール&スポーティなデザインになりました。ノーマル系のX系グレードとエアロパーツ装着のZS系がありZS系の人気が高くなっています。

2013年式の丁度初回車検を迎えたモデルは人気で台数も多いZS煌シリーズで180万円前後の買取価格が相場です。ノーマルのX系のグレードは130万円から160万円の買取価格が相場でどちらのグレードも3万キロ以内の走行距離であれば下取りも買取も高値になりますが5万キロを超えますと安値になります。昨年の相場よりもノーマル系グレードの買取価格が少々高めになっています。ZS系の買取相場は若干低下しています。3年での手放しは、新車価格からの値下がり分が大きいのであまりオススメできません。
2011年式の二回目の車検を迎えたモデルはZS煌で115万円から180万円、ノーマルのX系のグレードは100万円から140万円の買取価格が相場で、走行距離は7万キロ前後までとなります。10万キロを超えたノーマル系グレードの買取価格は60万円前後となるケースもあります。
R70G系後期モデルは走行距離が少なく程度良好なクルマは価格が上昇しています。5年経過で乗り換えを検討中なら高値で売却できる今がおススメです。高価買取のキーワードはZS煌、ホワイトパール、ブラック、4WDです。

先代モデルで前期モデルとなる2009年式で7年経過したモデルはグレード問わず走行距離が10万キロまでなら65万円から120万円の買取価格が相場です。それでも走行距離の少ないZS系高値で推移しています。10万キロオーバーのヴォクシーは買取価格は安くなります。
7年経過してもまだ先代モデルですので古さを感じさせませんので比較的高値で売却できていますが、メーカー保証は終了しています。走行距離の多いクルマは昨年より安く、逆に少ないクルマは昨年より高い買取相場になっています。いつ安値に転じてもおかしくありませんので売却を検討しているユーザーは今がチャンスです。

先々代 R60G系

27ヴォクシーb
出典 http://carview.yahoo.co.jp/ncar/catalog/toyota/voxy/F001-M004/image/?img=1
2001年11月から2007年6月まで販売されたR60系のヴォクシーもまだまだ人気です。これまでのライトエースノアからヴォクシーが誕生しました。FRベースから乗用車のFFベースとなった初代モデルです。トヨタディーラーはトヨタオート店で販売されていましたが、オート店とビスタ店と統合でネッツ店が誕生しトヨタ販売店の中でも若年層ユーザー向けになりスポーティなミニバンが誕生しました。
新しいモデルでも10年を経過してきています。下取価格は期待できず買取価格は下がってきていますのでネットによる一括買取見積りで競合させましょう。

後期モデルで走行距離10万キロ未満なら5万円から70万円前後の買取価格が相場です。10万キロを超えてますと買取価格が5万円以下になりそのままディーラー下取りしてもらった方がお得になるケースも考えられます。
2002年前後の前期モデルは0万円から30万円が相場で、走行距離が5万キロ前後ならもう少し欲張って20万円を目標にしましょう。高価買取が期待できるグレードはZ煌で走行距離が5万キロ未満なら30万円を目標にしましょう。
走行距離が10万キロ超えてますと価格が出ずに、下取りとして引き取ってもらうか抹消、廃車にしたほうがお得なケースも考えられます。下取なら未経過の自動車税は戻ってきますが、買取店では未経過分の自動車税も含んでの買取価格ですので注意しましょう。最後まで買取店同士競合させて少しでも得する方法を見つけましょう。

ヴォクシーは5年目までは下取りも検討 それ以降は買取店競合へ!

ヴォクシーは人気車種のため5年目までのクルマは下取り価格が期待できます。同じトヨタでも販売店が違えば別会社ですのでノアやエスクァイアの商談でヴォクシーの下取り予定なら下取り価格は頑張ってもらえます。また、日産の販売店でもセレナやエルグランドの商談でも下取り価格は期待できます。ライバル店も含めて複数の販売店で下取り査定を受け、下取り価格をおおよそ知った上で、本当に欲しいクルマの取り扱っている販売店で最終的な下取り価格を出してもらいましょう。

最後は買取店一括買取査定で決まり

最終的な下取り価格がわかったらネット等を使い一括買取査定を申しこみ買取店同士競合させ買取価格を調べましょう。目安として下取り価格より10万円以上高い買取価格なら買取のメリットあります。買取店に足元を見られてしまいますと高価買取を逃す可能性もありますので下取り価格を伝える際には本当に最後の手段と思ってください。

5年以上経過したヴォクシーは下取り価格も参考にしつつ買取店同士の競合がオススメです。5年以上経過すると買取店の方が価格が高くなる傾向にあります。
下取り、買取あらゆる方法で最終的に一番高く引き取ってもらえる所に手放しましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

トヨタ・アクアの愛車買取・査定相場と、できるだけ高く売るコツ2016!

アクアの買い取り相場概要

3年経過のアクアの買取価格が新車の半値 売却は待ち

アクアの買取価格相場は3年目、3年経過で新車の約半額の値段です。ミニバンや軽自動車と比較すると決して高い価格ではなく、安く感じてしまいます。
これまでのハイブリッド車の傾向から見ると車検を取得し5年6万キロの走行距離を目安に乗り換えても良いのではと思います。今後2年間の価格の下落は少なく10%から15%の下がり具合になるのではと予想しています。今、欲しいクルマが特に無い場合にはあと2年待ちましょう。実際に初期モデルでも買取価格帯は3年経過時の年式のクルマと比較して違うのは走行距離が多いか少ないかのみで基本買取価格帯が同じです。

アクアの狙い目初回車検を迎えたモデル

2013年式のアクアで走行距離が5万キロ未満の良質なアクアが105万円前後から充実装備のSグレードが狙えます。オレンジやレッドのカラーが好みなら若干相場より安い価格で探すことが可能です。背の低いベーシックタイプの軽自動車の新車価格並みの価格で現行モデルのハイブリッドカーが手に入りますのでお得です。注意点は様々なドライバーが運転してきたレンタルアップのアクアも多数流通していますので経歴がはっきりしたクルマを選ぶことが大切です。

アクアの買取価格帯は?

アクアは登場からモデルチェンジ無し

28アクア
出典 http://carview.yahoo.co.jp/ncar/catalog/toyota/aqua/F001-M005/image/?img=1
アクアが登場したのは2011年末ですので今年5年目を迎えているアクアも多くあります。2014年末にはマイナーチェンジを実施していますが、すべて現行モデルでデザインは共通です。二代目プリウスのハイブリッドシステムをベースにコンパクトハイブリッドカーとして登場したアクアは納車待ちがしばらく続くほどの人気車でした。

デビュー当時の一番低燃費のベーシックグレードのLで10.15モードで脅威の40km/Lの低燃費を実現。現在のJC08モードでは35.4km/Lで新基準に変換しても低燃費です。

2012年から2013年式の走行距離が5万キロ未満のアクアの買取価格相場は次の通りです。ベーシックなLグレードはレンタカーや法人リースが多く、一般販売は少なくなっています。中古車市場にそれほど流通していないグレードですが、シートリフターも装備されず装備面で不満が残るグレードのため人気がありません。Lグレードの買取相場は60万円から80万円と安くなっています。
量販グレードのSグレードは台数も多く、装備も充実しています。買取価格は70万円から120万円が相場です。昨年よりも同じ経過年数のアクアでは若干価格は下がり気味です。
上級グレードのGグレード買取価格もSグレードと同じ70万円から120万円が相場です。アクアの買取価格の特徴でオレンジ、イエロー、レッドの明るめのカラーは人気が低く買取価格は安い傾向にあります。人気が高く高価買取が狙えるのはホワイトパールとブラックです。
また、10万キロ以上走行したアクアの買取価格は30万円前後と安くなります。

人気のアクアがなぜ3年で半値なの?

アクアが3年で買取価格が半値になる理由は、残価設定ローン、残価設定リースで契約した場合に「3年後の価格を50%保証します。ただし走行距離は月1,000kmです。」この契約に当てはめると納得できます。
しかし、擦り傷多めのクルマなど状態が良くない場合には買取価格が減額される場合があり、買取価格の上限が50%目安にしましょう。

トヨタの買取に注意!買取店競合が有利

トヨタ独自の買取店T-upがありますが、自社ブランドのトヨタ車でも高価買取してくれません。運営はトヨタディーラー販売店の中古車センターが運営していますので、下取り価格の月落ち分を除いた今月の価格で計算した買取価格に過ぎません。普通じゃないの?普通です。でも普通では高価買取とは言えません。
現在、中古車市場ではハイブリッド車というだけで売れます。さらに走行距離が3万キロ前後なら更に人気があります。
買取店競合なら販売にかかる経費をギリギリの所で計算し買取査定額を提示してもらえるので高価買取が期待できます。必ず買取店同士競合させることがポイントです。

納得できないなら待とう!

アクアの買取価格相場は3年経過で3年リースや3年契約での残価設定ローンの契約満了で中古車市場に多く流通してきているため価格は下がっています。
プリウスもそうですがハイブリッド車は人気があるため5年乗ったクルマでも十分高値で売れます。特に欲しいクルマが無い、今の価格に納得できない場合には、あと2年待ちましょう。3年から5年までの2年間は価格の下がり方は穏やかです。人気車ならなおさらです。量販グレードのSを5年間で6万キロ前後乗っても、買取価格は90万円前後と予想されます。ホワイトパール車なら100万円前後の買取価格も期待できます。5年ローンで購入のユーザーなら5年ローン満了してから、もしくは満了直前がおススメです。3年経過の今なら残り2年分の残債を支払う必要があります。そして買取価格の差がほとんどないのであれば待つのがお得と考えます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

トヨタ・プリウスの愛車買取・査定相場と、できるだけ高く売るコツ2016!

プリウスの買い取り相場概要

新型登場で二代目20系が底値に

新型プリウスが登場したことにより買取価格相場に変化が出てきています。二代目プリウスの中古車価格、買取価格が大きく下がってきています。前期モデルはギリギリ値段が付くレベルです。つまり、新型が出たことにより、二代目や先代プリウスが中古車市場に多く流通したためです。人気は先代の1.8Lエンジン搭載の30系に集中し人気が高ければ多くの供給に対して需要があるので価格が落ちません。30系の買取価格はほとんど変化が無く高価買取が期待できます。その反面、30系に人気を奪われた二代目の20系は買い手が付きにくく中古車価格、買取価格とも下落しています。

プリウス中古車の狙い目は先代後期モデル

新型プリウスが登場して先代の30系プリウスが中古車市場に多く流通しています。前期モデルと後期モデルの中古車価格の価格差があまり無いのがポイントです。初回車検の3年経過したプリウスで走行距離が5万キロ未満の良質車が120万円前後から販売されています。グレードはベーシックなLが中心ですがSグレードも見つけることができますので狙い目です。シートの高さ調整を希望ならSグレードを確実に狙いましょう。

プリウスの買取価格帯は?

先代 ZVW30系

25プリウスa
出典 http://carview.yahoo.co.jp/ncar/catalog/toyota/prius/F003-M001/image/?img=1
先代プリウスはエンジンを1.8Lにサイズアップしモーターは小型化、高回転型に改良され、動力性能を高めたました。買取価格相場は前期型2009年式走行距離10万キロ未満なら30万円から130万円、二回目車検を迎える5年経過の2011年モデルなら40万円から130万円。つまり同じ前期モデルなら5年経過車も7年経過車もほとんど買取価格相場に変わりがありません。

2013年の3年経過の後期モデルで走行距離5万キロ未満ならで75万円から160万円が相場で中間グレードSツーリングセレクションナビ付で150万円の買取価格ならお得です。前後期とも標準のLグレードの買取価格は安めです。Lグレードは主に法人向け社用車やレンタカーに多く利用され、リースアップやレンタアップ車が目立ちます。一般ユーザーではSグレード以上が多く、前期モデルでも70万円以上の買取からが目立ちます。新型が登場し前期モデルの値下がりはほとんど無く、後期モデルで少々下がっているのみで人気は維持しています。後期モデルではセレクションG’sやレザーシート車は人気車のため買取店競合などで高値で売却しないと損です。

先々代 NHW20系

25プリウスb
出典 http://carview.yahoo.co.jp/ncar/catalog/toyota/prius/F002-M002/image/?img=1
初代プリウスとエンジン排気量は同じ1.5Lですがモーターを含むハイブリッドシステムが進化し動力性能、走行安定性を向上させました。バッテリーに余裕がある場合には約時速50キロまではモーターのみで走行可能なEVモードが装備されたのもこのモデルからです。
先々代プリウス10年経過した後期モデルで走行距離10万キロ未満の買取価格は20万円から40万円です。ボディカラーやグレードに関係なく走行距離が少ないほど高値での売却が期待できます。前期モデルは10万円から20万円の買取価格でほぼ底値になりました。しかし、10万キロ以上走行したプリウスでも買取価格はゼロではありませんので10万円を目標に頑張りましょう。プリウスユーザーの走行距離は多い傾向にありますので10万キロ以上走行したプリウスが中古車市場にたくさんあります。20万キロ以上走行のプリウスはハイブリッドシステムが異常なくてもサスペンション等足回りのヘタリが気になります。20万キロ以上走行したプリウスの買取価格は正直諦めることも必要かと思います。

初代NHW11系プリウスは前期モデルでは買取価格が出にくくなってています。後期モデルで走行距離が10万キロ未満なら10万円前後の買取価格を目標に買取店競合してみましょう。

人気のプリウスも一括買取査定で高値売却

プリウスは先代30系ならディーラー下取り価格も十分期待できます。しかし、必ず買取店の買取価格もチェックしましょう。30系で走行距離が10万キロを超えたクルマや、20系全般は一括買取査定を申し込み買取店競合させましょう。下取りでは値段が付きにくくなったクルマを少しでも高値で売却するためには買取店同士競合させることが大切です。プリウスの場合にはLグレードは若干安くなりますが、Sグレード、上級のGグレードとも価格差が無く、ボティカラーも他の車種ほど価格差がありません。低燃費のハイブリッドシステムが一番の魅力ですので、走行用バッテリーがあまり使われていない走行距離が少ないクルマほど高値での売却が期待できます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

トヨタノアの中古車買取・査定相場価格と、できるだけ高く売るコツ2016!

ノアの買い取り相場概要

新型登場から2年以上経過 相場は安定

新型登場から2年以上経過し市場は落ち着いています。先代のR70G系の昨年からの値下がりは少なく買取価格も安定しています。5年乗って新車価格の半額の買取価格も想定されますので二回目の車検を迎えるユーザーは乗り換えの大きなチャンスです。先代のR70G系は安定した価格を維持している一方、先々代のR60G系は底値になりつつあります。近々手放す予定のユーザーは買取価格が残っているうちに手放すことをおススメします。

ノア中古車買うなら狙い目はR70G系の後期モデル

先代モデルのノアがお得に狙えます。特に3年経過のノアと5年経過のノアの価格差が少なく3年経過のノアがお得です。現在価格が上昇中ですので走行距離が少なくキレイな良質車を見つけたなら迷わず決めましょう。

お得な価格帯は140万円前後です。走行距離は概ね5万キロ前後のクルマが多くなりますが、グレードの中心はXグレード、ナビや両側電動スライドドアの装備されたモデルも狙えますのでおススメです。
新型の現行モデルもマイナーチェンジが実施され初期モデルは2年経過しています。徐々に中古車市場に出てきていますが、一般買取、下取り車はまだまだありません。リースアップ車、レンタルアップ車、修復歴有車がメインです。

ノアの買取価格帯は?

R70G系

26ノアa
出典 http://carview.yahoo.co.jp/ncar/catalog/toyota/noah/F002-M002/image/?img=1
2007年6月に登場した先代モデルR70G系ノアはR60系を正常進化させたモデルで見た目デザインに大きな違いはありませんが、ボティ剛性の向上、スライドドアの開口部拡大、インテリアを使い易く上質なデザインに改良され中身は大幅に進化しました。さらに2010年マイナーチェンジ以降の後期モデルは全車バルブマチックエンジンと7速マニュアルモード付CVTを採用し動力性能と燃費性能を向上させました。

R70G系の3年経過モデル2013年式走行距離5万キロ未満の買取相場は110万円から180万円前後です。2015年版で紹介した買取価格と比較し3年経過時の買取価格相場は上昇しています。同じ後期モデルの5年経過モデルで走行距離7万キロ未満2011年式の買取相場は80万円から170万円前後で3年経過モデルと変わりありません。3年乗って手放すのは損ですが5年乗って新車購入価格の半額で手放せればお得です。
R70G型前期モデルで走行距離10万キロ未満のノアの買取価格は30万円から130万円です。Siグレードやフリップダウン後席モニター、両側電動スライドドア、ホワイトパール、ブラックが高額査定のポイントで走行距離3万キロ未満なら100万円以上の高額査定も狙えます。7万キロ以上走行のノアの買取価格がダウンする一方、5万キロ未満のノアは買取価格は高値維持しています。
年間1万キロペースで使用してきたユーザーなら二回目の車検での売却がおススメで、年間5000キロペースで使用してきたユーザーなら三回目の車検での売却がおススメです。

R60G系

26ノアb
出典 http://carview.yahoo.co.jp/ncar/catalog/toyota/noah/F001-M001/image/?img=1
タウンエースノアからノアに名称が変更されたモデルがR60G系です。前輪駆動の乗用車ベースとなり乗り心地の向上、低床化、両側スライドドアの採用でまったく別のクルマのように進化しました。エンジンは2.0L直噴D-4に4ATの組み合わせで、2.2Lのディーゼルターボは廃止されました。

R60G系は2001年に登場し2004年にマイナーチェンジを実施。後期モデルでも10年以上経過してきています。後期モデルで走行距離10万キロ未満の買取価格は5万円から70万円です。10万キロ超え、5人乗りモデルのYYの買取価格は厳しくほとんど底値状態です。下取り価格が出ない場合にはネットを利用して一括買取査定にチャレンジしましょう。
走行距離が5万キロ前後で後期の2005年前後モデル両側電動スライドドア+ナビゲーションシステムを装備していることが高価買取の条件になります。

前期モデルの買取価格は非常に厳しい状況です。走行距離7万キロ未満、電動スライドドア、4WDの条件にあてはまる場合には一括買取査定で買取店競合させ30万円の買取価格を目標に頑張りましょう。

ノアはヴォクシーより買取価格安め 下取り価格を侮るな!

ノアは兄弟車であるヴォクシーより買取価格が安めになる傾向にあります。新車価格に手が出にくい若い世代のユーザーはヴォクシーを好む傾向にあり中古車市場で人気があります。
一括買取査定も大切ですがヴォクシーほど買取価格が高くなりません。ディーラー下取り価格なら基本新車価格が同じノアとヴォクシーに差が出にくくなっています。
また、同じタイプのミニバンに乗り換えの場合には、ノアからノアなら自社ユーザーを守るため、ノアからセレナやステップワゴンなら他社ユーザーを獲得するため下取り価格を政策的に高くする場合があります。ディーラーで高く下取りしても自前の中古車センター等で高く売れるためです。
一括買取査定の買取査定結果と下取り価格があまり変わりないケースも考えられます。その場合は下取りに出すことをおススメします。手続きも楽ですし、次のクルマと交換で下取り車を入庫させることができます。ただし、初めから決めつけて下取りに出すことは避け、必ず買取価格も確認することが大切す。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

新型スバルレガシィアウトバック新車価格情報と、値引き購入のコツ2016!

24アウトバックa
出典 http://www.subaru.jp/legacy/outback/grade/outback.html

スバル レガシィアウトバックのスペック情報

スバル レガシィアウトバックの価格帯

3,186,000円~3,456,000円(税込)

スバル レガシィアウトバックのグレード情報

アウトバック、アウトバックリミテット

編集部おススメグレード アウトバック 3,186,000円(税込)

アウトバック標準モデルとリミテットのどちらのグレードにおいても、スバルの最新予防安全システムのアイサイトバージョン3と後側方警戒支援システムや自動ハイビームを備えたアドバンスドセイフティパッケージを装備し、レガシィセダンタイプのB4同様に予防安全評価最高得点を獲得しました。全車にLEDヘッドライト及び左右独立温度調整式オートエアコンなど高級車に装備される装備を標準装備しました。
リミテットは18インチアルミホイール、アルミパット付ペダルと本革シートを標準装備しますが安全装備での差がありませんので、こだわりが無い場合は標準のアウトバックがオススメです。17インチホイール装着車の方が乗り心地はソフトのため乗り心地重視のユーザーは標準グレードがおススメです。

レガシィのワゴンはアウトバック1本に

2014年10月に登場したレガシィアウトバックは6代目のレガシィクロスオーバースタイルのクルマです。これまではレガシィツーリングワゴンのSUV版として存在したアウトバックですが、レガシィツーリングワゴンが消滅したことによりレガシィのワゴンが欲しいユーザーはアウトバックの選択のみとなりました。セダンの乗り心地、SUVの悪路走破性、ステーションワゴンの積載性を兼ね備えプライベートからフォーマルまで使えるクルマです。

200mmのロードクリアランスは悪路に有利

レガシィアウトバックの最大の特徴でもある高いロードクリアランスです。最低地上高に余裕があるため悪路走破性に優れ、特に降雪地域で氷でデコボコになった道路も安定して走行することができます。高級感あるフォーマルなスタイリングながらオフロード重視のスバルXVと同じスペックを実現しています。

水平対向4気筒2.5Lはトータルバランスに優れる

新型レガシィアウトバックに搭載されるエンジンは水平対向4気筒2.5Lエンジンのみ。トランスミッションは6速マニュアルモード付のCVTです。1気筒あたり600ccオーバーの排気量は発進加速時にゆとりがあり使い易いエンジンです。高速域でも3000回転でのトルクが使い易いため素早いレスポンスを求めなければ十分満足したクルージングが行えます。先代のレガシィアウトバックには3.6Rと呼ばれる水平対向6気筒3.6Lエンジン搭載グレードがありましたが、新型では廃止され、レガシィツーリングワゴンに搭載されていたターボエンジンも搭載されていません。気になる燃費はアイドリングストップ機能をプラスしてもJC08モード14.6km/L。2.5Lエンジンの4WD車では良好で実際の燃費は街乗りメインでは10km/L前後の燃費です。高速走行ではJC08モードのカタログ燃費に迫る燃費も期待できます。

Xモードスイッチによる安全安心制御とAWDと安定感の高い足回り

24アウトバックc
出典 http://www.subaru.jp/legacy/outback/driving/performance.html
雪道や砂利道でタイヤがスリップしてしまった場合、X-MODEのスイッチをONの状態にしておけばXモード制御が瞬時に反応してくれます。エンジン、トランスミッション、シンメトリカルAWD、横滑り防止のVDCをトータルで制御します。全てのタイヤへの駆動力やブレーキなどをバランスよく最適にコントロールすることにより、スムーズな走行を実現します。下り坂などで車速が急に上がってしま状況になった場合には「ヒルディセントコントロール」が作動します。ブレーキ操作がシビアになる雪道や砂利道の下り坂などで、車速を一定に維持しながら下り坂を走行することができます。

レヴォーグよりも上質に高級に

24アウトバックb
出典 http://www.subaru.jp/legacy/outback/grade/outback.html
自発光式のメーター類は奥に配置され日中の日差しの強い時でも視認性に優れています。高級車に多く装備される左右独立温度調整式オートエアコンを装備し快適な室内空間を保ちます。インパネ全体の質感も高くドアトリムの造りもしっかり造り込まれスバルのフラッグシップワゴンにふさわしいインテリアです。インテリアデザインにはSUVのテイストは感じられずセダンのB4と共通のデザインです。

数少ない大型ステーションワゴンは貴重な存在

全長4,815mm、全幅1,840mmと大型のボティを持つレガシィアウトバックは快適な乗り心地と高い積載性を兼ね備えています。セダンタイプのB4と比較しリヤシートの頭上空間にゆとりがあります。かつてトヨタクラウンエステートやマーク2ブリット、日産ステージアなど大型ステーションワゴンが多く存在しましたが、現在はSUVやミニバンに人気に押されレガシィアウトバックとマツダアテンザワゴンとトヨタアベンシスの3車種が代表車種になっています。

タイプは異なるがアベンシスとアテンザワゴン競合

レガシィアウトバックの値引きは車両本体価格から25万円、販売店装着のナビゲーションシステムを選択して5万円前後の値引き合計30万円前後の値引きが目標です。商談当初は15万円前後の値引き提示が一般的。月初から商談を開始し月末に決める、9月の仮決算時期を狙って商談を開始するなど少々長い目で見てじっくり値引き交渉することが大切です。車両本体価格と付属品から値引き総額で25万円以上なら地域差もありますので成功といえます。これから9月仮決算時期なら総額30万円引き以上を狙いましょう

アベンシスとアテンザワゴンの見積を用意しよう

大型サイズのステーションワゴンのアベンシスとアテンザワゴンの見積を用意しましょう。ただし、レガシィアウトバックと直接ライバルとなるステーションワゴンSUVはありません。輸入車も含めるとアウディA4オールロードクワトロがありますが車両価格がレガシィアウトバックの約二倍のため競合にはなりません。競合のための見積はあくまでも参考程度で月末の販売店が受注が欲しい時期をじっくり狙って商談することがおススメです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

トヨタウィッシュの中古車買取・査定相場価格と、できるだけ高く売るコツ2016!

ウィッシュの買い取り相場概要

現行モデルと先代モデルで大きな差アリ

ウィッシュは2009年にフルモデルチェンジした現行型とそれ以前の初代とに大きく分けられます。現行型は下取り価格も買取価格も高価買取が期待できます。しかし初代は価格が安くなっています。販売終了から7年が経過していますので買取店競合の上、少しでも高値で売却できるよう努力が必要です。クルマの状態によっては買取価格が出ない場合もあります。修復歴有、走行距離10万キロ以上などの条件にあてはまると買取価格は厳しいです。

中古車で買うなら現行型を狙おう!

2012年式頃のウィッシュで標準のX系グレードで130万円前後から探せます。新車保証の5年部分の保証はまだ残っているためお得です。新車価格が値引きを入れれば本体価格で180万円前後になりますので150万円以上の中古のウィッシュを購入するより新車を値引き交渉して購入した方がお得です。現行ウィッシュが登場した初期のモデルは80万円前後から探すことができます。軽自動車よりも安い価格で人気の現行ウィッシュに乗れます

初代10系のウィッシュは中古車ではかなりお求めやすい価格です。25万円前後の車両価格から探すことができます。ちょっとした買い物用や練習用に最適で使い勝手に優れたミニバンが格安で手に入れることができます。

ウィッシュの買取価格帯は?

現行20系

15ウィッシュa
出典 http://carview.yahoo.co.jp/ncar/catalog/toyota/wish/F002-M006/image/?img=1
2009年4月にフルモデルチェンジした二代目ウィッシュは7年経過した現在も新車で販売されているモデルです。5ナンバーサイズを基本に最大7人まで乗車可能なパッケージはそのままに、ヘッドライトデザインを切れ長でスポーティなデザインにするなど改良されました。1.8Lと2.0LのバルブマチックエンジンにCVTの組み合わせは全車共通で1.8Lに4WDも設定されています。グレードはノーマルのX系とS系に大きく分かれSグレードに人気が集まっています。

新車から3年経過した2013年式ウィッシュの買取価格帯は走行距離5万キロ未満で90万円から150万円が相場です。新車価格の6割前後で高価買取が期待できる車種です。5年経過した2011年式ウッシュの買取価格帯は走行距離7万キロ未満で70万円から130万円が相場です。3年経過時と5年経過時で買取価格相場に差がないため5年乗って下取りや買取査定を受けてみても良いクルマです。人気のグレードはSグレードです。Sグレードのホワイトパール車なら買取店競合で高価買取を狙いましょう。

初代10系

15ウィッシュb
出典 http://carview.yahoo.co.jp/ncar/catalog/toyota/wish/F001-M001/image/?img=1
2003年1月に登場したウィッシュは5ナンバーサイズで扱いやすいミニバンとして大ヒットしました。1.8Lと2.0Lのエンジンに1.8Lは4AT、2.0LはCVTの組み合わせで販売台数は圧倒的に1.8Lが多く中古車市場も1.8L中心です。ホンダストリームと競合した人気車でした。普段は5人乗りステーションワゴンと同じ使用方法でいざという時に3列シートを使うユーザーにはピッタリです。しかし一番新しくても7年以上経過していますので買取価格は現行モデルに比べ厳しい価格です。

2005年9月以降の後期モデルで買取価格帯は走行距離10万キロ未満で5万円から70万円が相場です。50万円以上の買取価格が期待できるのは走行距離7万キロ未満のエアロパッケージ装着車です。前期モデルで買取価格帯は走行距離10万キロ未満で5万円から50万円が相場です。後期モデルと大きく変わらない相場ですが、内外装とも良好で走行距離が少ないウィッシュしか買取価格は期待できません。走行距離が10万キロを超えたウィッシュは価格が出ないケースも考えられます。買取価格が5万円以下の時は、そのまま下取りに出した方がお得です。

XとSグレードで差が出るウィッシュは最善策を探そう!

現行20系ウィシュはまだまだ高値での売却が期待できます。しかしノーマルのXグレードとSグレードではSグレードが人気のためSグレードの買取価格が高い傾向にあります。Xグレードなら下取り価格と買取価格はそれほど変わりないため下取りが有利なケースがありますが、Sグレードは必ず買取店同士競合させ高価買取を狙いましょう。また、初代ウィッシュは下取り価格は期待できませんが買取ならまだまだ期待できます。グレード問わずに一括査定申込みで買取店同士競合させましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

トヨタカローラフィールダーの中古車買取・査定相場価格と、できるだけ高く売るコツ2016!

カローラフィールダーの買い取り相場概要

先代モデルまでは下取、買取に期待 先々代は厳しくなる個体も

先代モデルの後期型までは下取り価格も買取価格も大きく変わらない傾向にあります。特別仕様車も含めた1.8S系のグレードは人気がありますので、下取り価格と買取価格両方しっかり検討しましょう。買取価格は必ず競合させましょう。先代モデル前期型以前のモデルは価格が大きく下落しますので買取店競合の上、少しでも高値で売却しましょう。

中古車で買うなら先代E140系後期を狙おう!

現行カローラフィールダーはまだまだ価格は高めですので新車購入の検討も視野にいれましょう。お得な中古車は先代E140系後期モデルがおススメです。トヨタのミドルクラスに使用されているMCプラットフォームを採用した最後のモデルで乗り心地や内装の質感が最も高いレベルのフィールダーです。また、後期モデルは熟成されています。車両価格は100万円を切る価格から販売されています。おススメグレードはXリミテッドやHIDライト装備モデルです。ボディカラーはグレー系や紺系など色物系の価格が安くなっています。

カローラフィールダーの買取価格帯は?

現行E160系

16フィールダーa
出典 http://carview.yahoo.co.jp/ncar/catalog/toyota/corolla-fielder/F003-M003/image/?img=1
2012年にフルモデルチェンジした現行E160系はこれまでのカローラで使用していたMCプラットフォームからヴィッツ系のBプラットフォームに変更されました。コスト削減の中、安っぽく見せないトヨタの良い造りで、数少なくなった5ナンバーステーションワゴンの中でも人気の一台です。

E160系カローラフィールダー前期モデルの買取価格帯は走行距離3万キロ未満で70万円から140万円が相場です。2015年4月にマイナーチェンジで新型になり、前期のカローラフィールダーは値下がりしています。

先代E140系

16フィールダーb
出典 http://carview.yahoo.co.jp/ncar/catalog/toyota/corolla-fielder/F002-M004/image/?img=1
2006年にフルモデルチェンジしたカローラフィールダーはエンジンは1.5Lと1.8Lで同じながらもデュアルVVT-iの可変バルブエンジンを搭載した他、オートマチックはCVTへと進化しました。また、このE140系はインテリアの造りの良さにも定評がありカローラとしてのMCプラットフォーム最後のモデルです。現行モデルはヴィッツベースとなっていますのでお金のかかったカローラフィールダーと言えるでしょう。

E140系後期2010年式カローラフィールダーの買取価格帯は走行距離7万キロ未満で40万円から100万円が相場です。1.5Xグレード系はHIDヘッドライト搭載車でも価格は伸びず高価買取が期待できません。ブラックカラーの特別仕様車202は専用アルミホイールと上質なシートが装備され高価買取が期待できます。202とはブラックのボディカラーコードです。前期モデルは走行距離が10万キロ未満で10万円から80万円が相場です。1.8Sエアロツアラーはまだまだ高値での買取が期待できますがノーマル系のXグレードは買取か価格が厳しくなっています。

先々代E120系

16フィールダーc
出典 http://carview.yahoo.co.jp/ncar/catalog/toyota/corolla-fielder/F001-M005/image/?img=1
2000年8月に登場したカローラフィールダーはこれまでのカローラワゴンから全体的な車高を高く、インテリアの質感をアップさせて商用イメージを払しょくしたモデルです。エンジンは1.5Lと1.8Lの可変バルブエンジンを搭載し2004年のマイナーチェンジまでは2.2Lディーゼルもラインナップされていました。外観は古さはまだまだ感じさせませんが古いモデルは15年を超えています。買取価格は厳しい状況です。

E120系カローラフィールダーの買取価格帯は0~30万円です。ヘッドライトが横長になった後期モデルなら買取価格が出ます。前期モデルと走行距離が10万キロ以上走行したクルマは価格が出ないと思っていただいた方が良いです。買取店競合など最善の努力を行い買取価格が5万円以下ならそのまま下取りに出した方が手間がかからず、自動車税未経過分と自賠責未経過分、リサイクル料金など考慮するとお得です。買取店の5万円の買取価格の中にはこれらの全てが入っての価格ですので注意が必要です。

上級グレード、低年式ほど買取店競合へ!

カローラフィールダーは上級の1.8LのS系のグレードは人気ため買取店同士競合させ少しでも高値で売却するようにしましょう。先代後期モデルのブラックの202グレードも買取店競合させましょう。他のノーマル系Xグレードは買取店競合は必要ですが下取り価格との差が少ない傾向にありますので買取店での高値はあまり期待できません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

トヨタシエンタの中古車買取・査定相場価格と、できるだけ高く売るコツ2016!

シエンタの買い取り相場概要

現行モデルは登場して1年 買取対象は先代モデル

約12年間フルモデルチェンジを行わなかったシエンタが昨年2015年7月にフルモデルチェンジを実施しました。新たに1.5L+モーターのハイブリッド車もラインナップされJC08モード27.2km/Lの低燃費を実現しています。これまでのシエンタは先代モデルとなり買取価格、中古車市場で価格が大きく下がりました。

中古車で買うなら先代後期モデル狙おう!

新型シエンタは2015年に登場したばかりです。現在中古車市場に出ている新型シエンタは試乗車販売と乗って早々にぶつけた修復歴有車ですので新車購入をおススメします。狙いは先代80系のマイナーチェンジ後のモデルです。ドアミラーウインカーも装備され車両価格は20万円前後から探すことができます。いざとなれば7人まで乗車可能で、子供に汚されても仕方ないと思える価格のコンパクトミニバンをお探しのユーザーにはピッタリです。

シエンタの買取価格帯は?

先代80系 MC後

17シエンタa
出典 http://carview.yahoo.co.jp/ncar/catalog/toyota/sienta/F001-M003/image/?img=1
2006年にマイナーチェンジを実施し、フロントバンパーやグリル、ヘッドライト形状を変更しました。また、ドラミラーウインカーも標準されドアミラーにウインカーがあるかどうかで初期モデルとの見分けが可能です。スポーティなSパッケージが追加されたのもこのマイナーチェンジからです。2011年にもマイナーチェンジを実施し「ダイス」が追加されました。角目のヘッドライトで男性的な印象を持つダイスはディスチャージヘッドライトを標準装備しています。
2012年式前後の先代最終モデルの買取価格帯は、走行距離5万キロ未満で25万円から110万円で程度によりかなりのバラつきがあります。高価買取のためのキーワードは、ダイス、黒、両側電動スライドドア、ディスチャージヘッドライトです。
4回目の車検となる2007年式前後のシエンタの買取価格帯は、走行距離10万キロ未満の修復歴無で5万円から60万円です。買取価格は残っていますので買取店競合で少しでも高価買取を狙いましょう。

現行10系 初期

17シエンタb
出典 http://carview.yahoo.co.jp/ncar/catalog/toyota/sienta/F001-M001/image/?img=1
2003年9月に登場したシエンタは全長4.1mのコンパクトボティで7人乗れる高効率パッケージを実現したクルマです。軽自動車ベースの7人乗りのスバルドミンゴやダイハツアトレー7、トヨタスパーキーが一時期販売されましたが2000年代半ばには全て販売終了しています。トヨタスパーキーもシエンタ登場と同時に消滅しました。トヨタ最小ミニバンとしてデビューしたのがシエンタです。

エンジンは1.5LのみでトランスミッションもCVTのみの設定で4WDも用意されました。明るめの内装でインパネシフトのため運転席足元は広々開放感が感じられます。先代シエンタ初期モデルは登場から10年以上経過していますので買取価格は厳しく、下取り価格もほとんどがゼロ査定です。初期型の買取価格帯は走行距離10万キロ未満、修復歴が無くても0万円から30万円が相場です。Xリミテッド、左側電動スライドドア、ホワイトパール、シルバーメタリック、走行距離5万キロ未満のキーワードにあてはまるシエンタは一括買取査定を申し込み買取店同士競合させ20万円の買取価格が目標です。修復歴有、走行距離10万キロ以上走行のシエンタはそのまま乗り続けるか乗り換えの際にそのまま下取りに出しましょう。

新車から7年以内は下取りも検討 ダイスや低年式車は買取店競合へ!

査定基準価格表に残る年式のシエンタは買取価格も参考の上、下取りに出すことも検討しましょう。新型シエンタに乗り換えやライバルの他メーカー車のミニバンに乗り換えの際などは下取り強化策などにより下取り価格に上乗せされるケースが多くなっています。その際には新車値引きと下取り価格は分けることが鉄則です。新型シエンタに乗り換える際には、ネッツ店カローラ店以外の販売店トヨペット店とトヨタ店では新たにシエンタを販売していますので下取り価格に力を入れている場合が多く下取り価格に期待出来ます。

人気車と低年式車は買取店競合へ

シエンタダイス、Sパッケージ、ボディカラーが黒、走行距離が少ない、新車から7年以上経過したシエンタは一括買取査定を申し込み買取店競合で少しでも高値で売却しましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

トヨタポルテの中古車買取・査定相場価格と、できるだけ高く売るコツ2016!

ポルテの買い取り相場概要

5人のりコンパクトミニバンは人気低迷

ポルテは左側に大型の電動スライドドアを装備し乗降性に優れているため小さなお子様の送迎にはピッタリのクルマです。しかしダイハツタントやスズキスペーシアなどの背高軽に圧され人気が低迷しています。買取価格も低迷していますので積極的に買取店同士競合させることが必須です。助手席回転&リフトアップのウェルキャブシリーズは乗降性に優れたコンパクトカーとして人気があり買取価格も高めです。

中古車で買うなら5年落ちを狙おう!

初回車検を迎えた3年落ちのポルテが100万円前後から狙えます。機関系のメーカー保証5年以内ですので次の車検まで安心して乗ることができます。介護用福祉車両は先代後期モデルで80万円前後から助手席回転&リフトアップの福祉車両が手に入ります。コンパクトで扱いやすいサイズで新車と比較しても格安で乗ることができます。

ポルテの買取価格帯は?

現行140系

18ポルテa
出典 http://carview.yahoo.co.jp/ncar/catalog/toyota/porte/F002-M004/image/?img=1
2012年にフルモデルチェンジしたポルテは左側ドアをスライドドアにして優れた乗降性をそのまま先代から引き継いでいます。大きな違いは右側ドアを前後2枚にして右側の乗降性を大きく向上させました。エンジンは1.3Lと1.5Lで先代同様ですがトランスミッションはCVTを採用しました。

現行ポルテの買取価格帯は走行距離5万キロ未満で50万円から100万円です。助手席回転シートなどのウェルキャブシリーズの福祉車両は100万円以上の高価買取も期待できますが、新車購入時の初期投資も高額のため相応の価格となっています。上級グレードのG、人気カラーはブラック、ナビゲーションシステム装着車が高価買取に期待できますが、5年未経過のクルマで大抵は新車価格の半額程度の買取価格になり非常に安くなっています。二回目の車検を迎える5年で一度、買取査定を実施し下取りか買取か検討し乗り続けるか乗り換え手放すか検討しましょう。1.3L車は新車時に僅かに価格が安いですが手放すときには非常に安くなりますので購入時には十分検討が必要です。

先代 10系

18ポルテb
出典 http://carview.yahoo.co.jp/ncar/catalog/toyota/porte/F001-M004/image/?img=1
全長約4mのコンパクトボディで取り回しに優れ、助手席側は大型のスライドドアを装備し助手席、後席へのアクセスを良好にしました。特に助手席を前方に移動した場合には後席の足元空間は広々で5人乗りのコンパクトミニバンです。エンジンは同じプラットフォームのファンカーゴ同様1.3Lと1.5LのNZエンジンを搭載し4ATのトランスミッションです。ポルテの特徴を活かしているのが助手席回転&リフトアップの福祉車両ウェルキャブシリーズです。車椅子からの乗り換えが楽に行え左側ドア一枚開けるだけで前後席で乗降可能な点が支持されています。

2007年以降の後期モデルの買取価格帯は走行距離10万キロ未満で5万円から45万円です。グレードや色に関係なく安値になっています。通常の使用なら普通に5ドアのクルマが便利で使い勝手も優れると感じるユーザーが多いため人気は低迷しています。しかし、現行モデル同様、助手席回転リフトアップ車は高価買取が期待できます。走行距離が5万キロに満たない福祉車利用は50万円以上の買取を狙い買取店同士競合させましよう。

前期モデルは走行距離が5万キロまでなら20万円の買取価格を狙いましょう。ほとんどは買取価格が出ないケースが多くなっています。人気カラーはシルバーメタリックです。一括買取査定を申し込んで買取店同士競合させることが大切です。

残価設定プランか買取店競合へ!

新車から3年で半額以下の買取が多いポルテは残価設定プランで新車購入の行いましょう。3年後、5年後の残価を設定していますので下取り価格に左右されません。ただし、良い状態を保つことと、通常ローンとの支払総額をじっくり比較しましょう。残価設定プランは金利高めなケースが多いです。

ポルテは一括買取査定見積で買取店競合の上、少しでも高値で売却しましょう。店頭持ち込み査定は買取店の思いのままになりがちで下取り価格より安い提示額を受けるケースりもあります。下取り価格を把握し、プラス10万円以上の買取額を獲得できたら成功と言えます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

スバルインプレッサスポーツの中古車買取・査定相場価格と、できるだけ高く売るコツ2016!

インプレッサスポーツの買い取り相場概要

扱いやすい人気車は買取価格は安定

スバルの中核を担うインプレッサシリーズ。中でも人気なのがインプレッサスポーツワゴンから引き継ぐインプレッサ5ドアモデルのスポーツです。スバル独自の高い走行安定性とハンドリングの良さに定評があるシンメトリカルAWDを搭載しスバルの良さが凝縮されたクルマです。買取価格はセダンタイプのクルマに比べると高めで、新車から5年経過時の買取価格、下取り価格が5割前後残るグレードもありますので、一括査定見積などあらゆる手段で高価買取を狙いましょう。特に4WD車はウインターシーズンに向けて需要が高まりますので秋以降にタイミングを見て査定に挑むのもおススメです。

中古車で買うなら5年落ちを狙おう!

現行モデルのインプレッサスポーツの中古車でお求めやすい価格帯のグレードはベースグレードで装備面も考慮すれば、先代モデルのインプレッサハッチバックの最終モデルがおススメです。1.5i-Lやスポーティなi-Sの走行距離5万キロ未満の良質なナビ付車が80万円前後から探すことができます。

インプレッサスポーツの買取価格帯は?

現行モデル

20インプレッサa
出典 http://carview.yahoo.co.jp/ncar/catalog/subaru/impreza-sports/F001-M005/image/?img=1
2011年末に登場したインプレッサスポーツはインプレッサハッチバックの後継モデルで、インプレッサシリーズの中では4代目に相当するモデルです。インプレッサハッチバック同様、車幅が1.7mをオーバーするワイドボディ3ナンバー車でスペック上はほぼ同等すが、さらにボディ剛性を高め重厚感あるデザインのためより大きく見えます。衝突予防軽減の最新システム「アイサイト」を装備するグレードもあり、自動ブレーキシステムでも注目された一台です。人気のレヴォーグのベースとなるインプレッサスポーツは走行安定性やインテリアの質感も高いレベルで確保されスバルの中心となる存在です。このインプレッサスポーツからターボモデルは消滅しターボモデルはセダンタイプのみでWRX、インプレッサSTIとなっています。

インプレッサスポーツの買取価格帯は、走行距離7万キロ未満で80万円から150万円です。高価買取の対象となるグレードはアイサイト搭載モデルです。人気のカラーはホワイトパールで高価買取が期待できますが、シルバーメタリックは人気ですが台数が多いためマイナス査定はないですが、プラス査定は期待できません。

インプレッサハッチバック

20インプレッサb
出典 http://carview.yahoo.co.jp/ncar/catalog/subaru/impreza-hatchback/F001-M004/image/?img=1
2007年6月にインプレッサハッチバックはインプレッサスポーツの先代モデルです。これまでのインプレッサスポーツワゴンからスタイリッシュでスポーティなデザインのハッチバックスタイルになりました。プラットフォームを一新し、エンジンは1.5Lと2.0L、2.0L
ターボを用意。いずれもスバル独特の水平対向4気筒エンジンを搭載しています。特に新車時には240万円台からS-GTのターボモデルも選ぶことができました。

グレードによる価格差大

新車から5年経過の2011年式インプレッサハッチバックは走行距離7万キロ未満で35万円から110万円が相場でターボモデルは130万円前後です。5年で新車価格の3割以下になるグレードと5割以上の買取価格が残っているグレードがあります。高価買取が期待できるのはエアロバンパーなどスポーティなデザインの1.5i-Sリミテットと2.0i-Sリミテット及びターボの2.0GTです。

2007年登場初期のインプレッサハッチバックは走行距離10万キロ未満で5万円から55万円が相場です。走行距離が5万キロ未満なら買取価格は期待できますが1.5Lのノーマルタイプのグレードは走行距離が多いと価格が出ないケースも目立ってきています。ターボの2.0S-GTも70万円前後ですが、走行距離3万キロ未満の程度良好な2.0S-GTなら120万円前後の買取価格を目標に買取店同士競合させましょう。マニュアル車ならさらに高価買取も期待できます。

売却時期もポイント?全国ネットの買取店競合で高値売却!

新車から5年未満のインプレッサスポーツ&ハッチバックは下取り価格もある程度は期待できます。しかし必ず買取店同士競合させる一括買取査定を申し込みましょう。

ウインターシーズン前に手放そう!

シンメトリカルAWD車の性能に定評あるスバルの4WD車は秋以降に高価買取が期待できます。降雪地域はもちろんですが、非降雪地域でも全国ネットの買取店なら降雪地域で高く売れますので高く買い取ることが出来ます。高価買取のキーワードは、ホワイトパール、マニュアル車、ターボ、アイサイトです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

トヨタアイシスの中古車買取・査定相場価格と、できるだけ高く売るコツ2016!

アイシスの買い取り相場概要

登場からモデルチェンジ無し 買取価格は低迷

アイシスは2004年に登場してからフルモデルチェンジしていません。背の低いステーションワゴンタイプのミニバンで3列目シートは子供用または緊急用です。特徴は左側のスライドドアにはBピラーが内蔵され助手席ドアとスライドドアを開けると大きな開口部が生まれます。パノラマオープンドアと呼ばれ、セカンドシートへのアクセスが楽な点が特徴です。しかし、セカンドシートの足元空間も標準レベルで、エンジンも1.8Lと直噴2.0Lガソリンエンジンで動力性能も標準レベルのためミニバンの中でも人気は低迷し買取価格は高値を狙うなら一括査定申込みなどあらゆる手段が必要です。

中古車で買うとお得なアイシス

フルモデルチェンジをしていないアイシスは中古で購入の際には現行モデルを格安で購入できます。2011年式前後の5年経過のアイシスでもノーマル系グレードで100万円前後、人気のエアロモデルのプラタナでも115万円前後で程度良好なアイシスが購入可能です。

初期のノーマル系グレードL狙いなら40万円前後で選ぶことができます。街の中で古さを感じさせない格安のミニバンをお探しのユーザーにピッタリです。

アイシスの買取価格帯は?

現行10系 2007年MC後

14アイシスb
出典 http://carview.yahoo.co.jp/ncar/catalog/toyota/isis/F001-M003/image/?img=1
2008年式から2012年式の現行モデルの買取価格相場は走行距離7万キロ未満で10万円から120万円です。ホワイトパールの人気グレードプラタナなら高値が期待できますが、ベーシックなLグレードの買取価格は低迷しています。走行距離が5万キロ以上走行したノーマル系グレードと走行距離が3万キロ未満のプラタナとでは買取価格差が大きくなっています。プラタナユーザーは買取店競合で高価買取を狙いましょう。まだ、5年前後しか経過していないミニバンの中では安値で推移しています。左側電動スライドドア非装着車の買取価格は非常に厳しい状況です。

現行10系 初期

14アイシスa
出典 http://carview.yahoo.co.jp/ncar/catalog/toyota/isis/F001-M001/image/?img=1
2006年式前後の初期モデルの買取価格相場は走行距離10万キロ未満で5万円から45万円です。人気グレードはエアロモデルのプラタナです。2.0Lエンジンのプラタナなら高価買取が期待できます。しかし、アイシスは3列シートのミニバンでも室内の広さはノアやヴォクシー、セレナと比較して狭いこと、動力性能も平凡であることからステーションワゴン系と変わらず買取価格は低迷しています。買取店一括査定申込みで高価買取を狙う方法しかありません。

下取り価格を参考に買取店競合へ!

新車から5年までなら下取り価格と買取価格に大きな差が出ない場合が多いです。プラタナユーザーは必ず一括査定申込みを行いましょう。アイシスで最も人気のあるグレードですので買取店競合による高値買取が期待できます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

日産ティアナの中古車買取・査定相場価格と、できるだけ高く売るコツ2016!

ティアナの買い取り相場概要

現行モデルは登場から2年 J32型以前のモデルが対象

2003年にローレルとセフィーロを統合する形で登場したのがティアナです。ローレルは高級感は高いが狭い室内、セフィーロは室内は広いが高級感が足りない、両車のいいとこ取りしたのがティアナです。モダンリビングをキャッチフレーズにゆったりくつろげる広い室内空間と高級感あるインテリアは注目されました。しかし、ミニバンやSUV人気の中、セダンの人気は低迷。買取価格は厳しい価格帯となっています。

中古車で買うならJ32型前期モデルを狙おう!

車両価格で100万円を切った良質車が選べます。狙いのグレードはXV、XLの上級モデルでナビ付車がおススメです。現行L33型のエンジンは直列4気筒2.5LエンジンのためV6エンジンの静粛性とスムーズさを手に入れるにはJ32型がおススメ。初代モデルなら走行距離が10万キロ未満のティアナでも支払総額30万円前後から探せます。高級感があり室内が広いセダンをお探しのユーザーにはおススメです。

ティアナの買取価格帯は?

先代 J32型

12ティアナa
出典 http://carview.yahoo.co.jp/ncar/catalog/nissan/teana/F002-M005/image/?img=1
2008年に登場した先代ティアナJ32型は初代J31型と比較して車体は大型化しエンジンはV6 2.5Lと3.5Lをラインナップ。初代の2.3Lエンジンからプラス200ccのゆとりが生まれました。2012年に後期型にマイナーチェンジを実施。アルミホイールデザインやリヤテールランプデザインの変更が主な内容ですが、2012年末には3.5Lエンジンがラインナップから外れました。動力性能も問題なく維持費も抑えられる人気の2.5Lのみ残りました。

J32型後期モデルの買取価格帯は走行距離5万キロ未満で80万円から140万円と買取価格は低迷しています。約3年で新車の半額以下ですのでリース車や残価設定ローン設定車以外はそのまま乗り続けた方がお得です。残価設定ローンの場合はそのまま再ローンも可能ですが、より金利の安い銀行系マイカーローンに借り換えもひとつの手です。
J32型後期モデルの買取価格帯は走行距離10万キロ未満で20万円から85万円と前期モデルも買取価格は低迷しています。ティアナは走行距離が多いクルマが目立ちますので走行距離が少なく、グレードが高いXLやXV、ボディカラーはパールホワイトかブラックなら100万円近い買取価格も狙えます。80万円前後の買取価格が出たならばこのタイミングで手放し乗り換えがおススメです。

先々代 J31型

12ティアナb
出典 http://carview.yahoo.co.jp/ncar/catalog/nissan/teana/F001-M001/image/?img=1
2003年にモダンリビングをキャッチフレーズに登場した高級大型FFセダンの初代ティアナの買取価格は厳しい状況です。エンジンはV6 2.3Lと3.5Lがありますが圧倒的に2.3Lが多く買取価格は逆に2.3Lが有利です。
J31型の買取価格帯は走行距離10万キロ未満で0万円から30万円が相場です。修復歴無でも買取価格が5万円未満のケースが少なくありません。5万円未満なら下取りに出しましょう。リサイクル料と自賠責保険未経過分、自動車税月割り分も全て入っての提示額ですのでそのまま抹消登録しても良いくらいです。買取店競合で15万円以上狙いましょう。下取りで10万円以上の提示が出たならそのまま受け入れても問題ありません。次のクルマと交換で乗り換え可能で手続きの窓口も一本化されますので便利です。

5年目までは下取りでもメリットあり!最終的には買取店競合へ!

ティアナの場合は査定基準表に価格が残るおおよそ5年までは下取りと買取の価格差がほとんどありません。新車購入の場合には下取り支援策が販売店で実施されている場合には買取価格よりもメリットある場合が多くなっています。下取り価格も新車価格同様に競合させ少しでも価格をアップさせることを忘れないようにしましょう。

6年目以降は一括買取査定へ

年式が古くなるとセダンタイプのクルマは価格が限りなくゼロに近づきます。ネットを利用して一括買取査定を申し込み競合させ少しでも高値で売却しましょう。店頭査定は高値は期待できませんので絶対に行ってはいけません。参考までに持ち込むのは問題ありませんが提示価格にがっかりします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

レクサスLSの中古車買取・査定相場価格と、できるだけ高く売るコツ2016!リセールバリュー高めで値落ちは緩い?

LSの買い取り相場概要

程度と走行距離で買取価格が決まる

LSは中古車市場でも人気のためセダンタイプでも高値が期待できます。特に、内外装がキレイで走行距離が少ない場合には高値が期待できます。5年経過したLSは新車価格の5割程度、ハイブリッドのLS600hは8年経過しても新車価格の3割前後の買取価格で人気車種です。

中古車で買うならハイブリッドを狙おう!

初期型の2008年式前後のLS600hが狙い目です。新車価格1000万円以上の日本のフラッグシップセダンが中古車価格は300万円前後で購入できます。魅力はエンジン+モーターのハイブリッドシステム。V8 5.0Lエンジンにモーターの組み合わせで最高出力394馬力、最大トルク53.0kgmのトルクを発揮します。ガソリンのLS460とほぼ同等スペックながらハイブリッド車独特の高い静粛性を確保しています。燃費はガソリン車に対しては若干良いのみでプリウスのような低燃費は期待してはいけません。

LSの買取価格帯は?

現行 40系 新型

07LSc
出典 http://carview.yahoo.co.jp/ncar/catalog/lexus/ls-hybrid/F001-M009/image/?img=1
レクサスシリーズで人気のFスポーツシリーズがラインナップした現行モデル。外観デザインより重厚感あるものとなり、全車LEDヘッドランプを採用しました。2013年式のLS460は400万円から600万円が買取価格帯です。幅広いですがFスポーツの人気が高く高価買取が期待できます。また、ハイブリッドのLS600hシリーズは600万円から900万円が相場です。新車価格と比較すれば3年後の残価は約6割です。

現行 40系 中期

07LSb
出典 http://carview.yahoo.co.jp/ncar/catalog/lexus/ls/F001-M003/image/?img=1
2009年10月にマイナーチェンジされたLSは外観デザインの変更とスポーティなバージョンSZと豪華装備のバージョンUZが追加されました。LS460ガソリンモデルで2010年式前後買取価格相場は走行距離が10万キロ以上走行の場合160万円前後から、走行距離が7万キロまでの修復歴無程度良好車は250万円から400万円の買取相場です。現行モデル3年経過車と比較すると値下がり具合は妥当な下がり具合です。5年で新車価格の半額ならセダンでは良好です。

ハイブリッドのLS600hシリーズは走行距離が7万キロ未満で350万円から480万円が相場です。ハイブリッドもガソリンもSZとUZのバージョンが高値のため走行距離が少ないホワイト系やブラックのボディカラーならさらに高値も狙ってみましょう。

現行 40系 前期

07LSa
出典 http://carview.yahoo.co.jp/ncar/catalog/lexus/ls/F001-M001/image/?img=1
2006年9月にLSシリーズが登場。これまでセルシオとして販売してきたシリーズですが日本国内でのレクサス販売展開によりセルシオの4代目はレクサスLSになりました。今年で10年を迎えるLS初期型ですが人気はまだまだ高く高価買取も期待できます。LS460ガソリンモデルで2008年式前後買取価格相場は走行距離が10万キロまでの修復歴無程度良好車は100万円から270万円の買取相場です。バージョンC、U、S全て程度が良ければ高値が期待できます。

ハイブリッドのLS600hシリーズは走行距離が10万キロ未満で200万円から400万円が相場です。走行距離と程度により買取価格に幅が出ています。バージョンSは高値が期待でき、さらにLS600hL後席セパレートシート車は400万円前後の買取価格が期待できます。

大型セダン専門店、レクサス専門店、買取店競合で高値で売却

レクサスLSは下取り価格はあまり期待できません。下取り価格を調べた上で買取店の一括査定申込み、レクサス専門の中古車店、BMW7シリーズやメルセデスSクラスなど大型セダン専門店にも買取相談をすることをおススメします。専門店ならそのまま店頭で中古車販売しますので途中の経費はカットになりますので良い買取条件が出る場合があります。

買取価格は「今」の価格

買取価格が高いのは今手放したらこの価格という価格です。下取り価格は次のクルマが納車されるまでの月落ち分も計算に入れた価格です。つまり納車まで2か月要するなら2か月分の値下がりも含めた下取り価格になります。買取店に手放す際には、下取り価格と比較して月落ち分以上に高いかどうかを検証することが大切です。下取り価格150万円、買取価格が155万円なら同じくらいと考えても良いでしょう。つまり、自分のクルマは1か月でいくら値下がりするか知ることが大切です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

レクサスRXの中古車買取・査定相場価格と、できるだけ高く売るコツ2016!リセールバリュー高めで値落ちは緩い?

RXの買い取り相場概要

新型が出たばかり 先代モデルがメイン

新型が2015年秋に登場したばかりのため買取、下取りの対象は先代モデルです。買取価格は新車から2年までは大幅に下落します。しかしRXは3年目以降は緩やかな下がり方です。全体的には安い傾向になっています。2014年にひと回りコンパクトなNXの登場により人気が落ち続けています。なお、直4 2.7LとV6 3.5Lエンジンの買取価格差は無く3.5L車が割安になっています。

中古車でRXのガソリンは3年落ちを狙おう!

ガソリンモデルを中古で買うなら3年落ちのRXがおススメです。3年落ちと5年落ちでの中古車価格がほとんど変わりありません。3年落ちの2013年式の中心価格帯は350万円で5年落ちでも300万円以上のクルマが販売されています。5年落ちでの中心価格帯は280万円です。

中古車でRXのハイブリッドは前期型を狙おう!

ハイブリッドモデルを中古で買うなら2010年式前後のRX450hがおススメです。中心価格帯は250万円でハイブリッドでもガソリンモデルと同等の価格帯になり魅力が増します。3年落ちの2013年式前後では400万円前後での販売のためまだまだ高価ですので魅力的です。

RXの買取価格帯は?

先代 10系 後期

08RXa
出典 http://carview.yahoo.co.jp/ncar/catalog/lexus/rx-hybrid/F001-M002/image/?img=1
2012年4月にマイナーチェンジしたRXはレクサス車共通のバンパーグリル一体の台形スピンドルグリルを採用したデザインに変更されました。また、L字型をイメージしたLEDクリアランスランプ、テールランプを装備し、安全面では全車に後席サイドエアバッグ、快適面ではパワーバックドアが標準装備されました。2012年から2013年式で走行距離が5万キロ未満のRXなら270万円から380万円が買取価格の相場です。

ハイブリッドのRX450hはガソリン車と同じ排気量の3.5Lですがアトキンソンサイクルエンジンを搭載し燃焼効率を高めています。モータと組み合わせで4L車並みのパワーを持ちながらJC08モード17.4km/Lの低燃費を実現したモデルです。2012年から2013年式で走行距離が5万キロ未満のRX450hなら300万円から450万円が買取価格の相場です。ガソリンもハイブリッドも本革シート車、バージョンL、後期モデルから登場のFスポーツが人気で人気カラーはホワイトパールとブラックです。

先代 10系 前期

08RXb
出典 http://carview.yahoo.co.jp/ncar/catalog/lexus/rx/F001-M001/image/?img=1
2009年1月に登場した先代RXはレスサスRXとしては三代目になります。二代目までは北米専売車種で日本では同型でハリアー名で販売されていました。2010年式前後で走行距離が7万キロ未満のRXなら190万円から270万円が買取価格の相場です。新車登録から6年経過しても新車価格の半値が期待できます。

ハイブリッドシステムは前期後期で変わらず3.5L+モーターの組み合わせ。ハイブリッドはLEDヘッドライトが標準装備されるのが特徴です。2010年式前後で走行距離が7万キロ未満のRX450hなら180万円から320万円が買取価格の相場です。走行距離やクルマの状態により価格は幅があります。バージョンLが非常に人気です。バージョンLなら高価買取が期待できます。

RXは5年以上乗って売却 買取店競合は忘れずに!

RXはひと回りコンパクトなNXの登場により人気を奪われてもSUVユーザーからは人気がまだまだあります。新車登録から3年は値下がりが激しくリース車や残価設定プランで乗っているユーザー以外手放すことはおススメしません。3年以降は値下がりが緩やかになり、5年以上乗って改めて買取や下取り査定を行っても問題なく、長く乗った方が得なクルマです。

下取りよりも買取に期待

長く乗った場合には下取り価格は安くなる傾向にあります。しかし、人気車種は買取価格は高値を維持しています。バージョンL、Fスポーツの人気グレード、ホワイトパールやブラックの人気色なら買取店に一括査定申込み競合させることにより高価買取が期待できます。もちろん標準タイプのグレードでも下取り価格よりは高値が期待できます。

RV車専門店よりレクサス専門店がおススメ

RV車専門店はランドクルーザーのような本格オフロードタイプが高く評価されます。RXは乗用車ベースのため悪路走破性は高くありません。どちらかと言えば高級サルーンに近いですので、お近くにレクサス専門の中古車販売店があるなら一度買取相談してみるのも良いです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

レクサスCTの中古車買取・査定相場価格と、できるだけ高く売るコツ2016!リセールバリュー高め。

CTの買い取り相場概要

マイナーチェンジは2014年 前期モデルがメイン

マイナーチェンジからの期間を考慮すると買取は前期がメインで新型はまだ買取実例はほとんど見られません。5年近く乗ったCTで走行距離が少なく程度良好なら新車価格の半額に近い価格での買取も期待できます。

中古車で買うなら5年落ちを狙おう!

HSの中古車は230万円前後で5万キロ未満の良質車が選べ、レスサス認定中古車も選ぶことができます。人気のグレードはFスポーツでFスポーツも十分狙えます。標準グレードなら100万円台後半から選べますのでプリウスを購入検討する際に一度見てみるのも良いと思います。インテリアの質感はレスサスらしく上質に造り込まれています。
現行新型CTも中古車市場に出ていますが、現在販売されているのは元試乗車だったクルマがほとんどです。価格も高価のため新車も十分検討しましょう。

CTの買取価格帯は?

現行 10系 前期

09CTa
出典 http://carview.yahoo.co.jp/ncar/catalog/lexus/ct/F001-M001/image/?img=1
2011年から2012年式で10万キロ以上走行したCTは110万円前後から、5万キロ未満のCTなら150万円から240万円が買取価格の相場です。買取価格の中心は200万円でプリウスと同じシステムを持つCTは、プリウスに無いプレミアム感を求めるユーザーに人気のため、スポーティなFスポーツと上級のバージョンLが人気のため高価買取が期待できます。

CTは買取店一括査定見積で競合させよう!

ハッチバックスタイルの使い勝手の良いハイブリッドカーは人気があります。レクサスのように上質な造りのクルマは中古車として売りやすいため買取店では買取強化する傾向にあります。下取りなら現在の査定基準価格表を基に算出し出しますが買取店の場合は人気度合からこのくらいの価格で売れるから諸経費を入れてもここまで買取価格を頑張れるという計算ができます。高く売れる人気車種は高く買い取ることが出来るのです。

店頭査定はNG ネットで一括査定を申し込もう

買取店にクルマを持ち込んで査定なら下取り査定と同じ。お店の言い値になってしまい競合するには他店にまた移動するため時間も手間もかかります。ネットを使っての一括買取査定を申し込めば自宅に査定に来てくれますので買取店との時間を約束するだけで一瞬で競合に持ち込めます。必ず下取り価格を調べておくことと希望価格を頭に入れておくことが大切です。

最初の業者では決めない 必ず全て査定を受けよう

出張査定に来た業者は当然実績が欲しいため、今決めて、あとの業者を断って欲しいとお願いされます。それは絶対にダメで必ず買取額を教えてもらい、約束した業者すべてに買取額を出してもらうようにしましょう。今決めてもらえないなら買取額は教えられないと言う業者はその時点で帰ってもらって構いません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

不人気中古車の購入はお得なのか?(車種・色・メーカー・グレード)

不人気中古車とは新車時は性能は何も変わらないのに中古車市場で人気が無いために買取価格や下取り価格が安くなったりするため不人気中古車となるだけで、そのクルマに興味があり、極度な過走行車や修復歴有車など不人気中古車となる要素以外の部分で問題ない場合には非常にお買い得になる場合が多くおススメです。
不人気a
出典 http://free-illustrations.gatag.net/tag/%E8%BB%8A-%E8%87%AA%E5%8B%95%E8%BB%8A/page/6

不人気中古車になる理由

車種的要因

現在、中古車価格で下落幅が大きい車種はミディアムクラス以下のセダンとガソリンエンジンのみのコンパクトカーです。大型セダンも全体的にみれば下落幅が大きいのですが、トヨタクラウンアスリート系やハイブリッドは人気車種になります。レクサスはブランドで販売されますので人気車種です。

軽自動車とミニバンは全体的に価格が高値安定のため各メーカーの車種ともある一定の人気を保っています。輸入車は全体的に不人気車に該当してしまいます。メルセデスCクラスアバンギャルド系、BMW3シリーズMスポーツ系、アウディA4までのDセグメント、フォルクスワーゲンゴルフトゥーランなどの3列シート車などCセグメントまでの車とクリーンディーゼル車は人気ですが、それ以外は下取り価格、買取価格共に期待できません。輸入車は消耗品の交換サイクルが早く、信頼性は一昔前と比較して数段向上しましたがマトモにディーラー整備すれば国産車と比較しお金はまだまだかかります。

色やグレードによる要因

不人気b
出典 http://carview.yahoo.co.jp/ncar/catalog/toyota/premio/F001-M002/image/?img=1
新車時には好きな色を選んで購入するのが通常です。また、色によってクルマの性能に変化はありません。新車時にはパール色やメタリック色、ツートンカラーなど割増となる色も存在します。どの車種でも共通なのが、ホワイト(パール含む)、黒が人気で下取り買取査定時にはプラス査定となる場合があります。つまり中古車価格は高くに当然に人気もあります。逆にマイナス査定となる場合が多いのが、グリーン、ブルー、レッド系、イエローなどカラフルなカラーがあげられます。コンパクトカーや軽自動車ではそれほど影響はありませんが、ミディアムクラス以上は中古車市場で不人気のため大抵マイナス査定となります。なお、マツダのイメージカラーでもあるソウルレッドプレミアムメタリックは例外で現在の所は人気色です。どのクルマでも加点減点無く無難な色はシルバーです。

グレードによって中古車価格が安くなっている場合もあります。グレードによる不人気中古車はミディアムクラスのセダンなどに限らず全ての車種で当てはまります。その背景にはエントリーグレードの装備の簡素化によるものです。価格は安いがエアコンがマニュアルタイプ、シートリフターが装備されない、ドアミラーがボディ同色ではない、ミニバンならパワースライドドアが装備されないなどが挙げられます。当時の新車カタログなど調べたうえで装備差を納得しお買い得と感じたクルマを購入しましょう。輸入車や国産上級車種はエントリーグレードでも必要な装備は全てそろっており、上級グレードには電動系やレザー系の高級装備が装備される傾向にあるためエントリーグレードでも装備による不足は少なくなっています。

販売台数が少ない目立たないクルマ

販売台数が少なくあまり一般的に名前が知られていないクルマも不人気車種になります。現在は相手先ブランド生産(OEM)の車種がほとんど。ダイハツアルティス(トヨタカムリ)、スズキランディ(日産セレナ)、AZワゴン(スズキワゴンR)、スバルDEX(トヨタbB)などが代表例。クルマの性能は全く変わりないだけに格安で見かけた際にはお買い得間違いなしです。

不人気中古車購入ココだけ注意

修復歴は必ず確認しましょう

人気不人気に限らず重要なポイントです。カッコいいのに何で価格が安いの?=不人気車と決めつけてしまうと危険です。修復歴の有無は必ず明記するようになっておりますが、不安な場合はクルマに詳しい人と一緒に見に行くことも大切です。開けられ所は全部開けてボルトやナットに外して再塗装した形跡がないかなど細かくチェック。また、トランクの中敷きやフロアマットをめくり、シートを一番後ろに下げてシートレールに不自然なサビが無いか確認しましょう。ここで不自然なサビや泥が万一確認できれば水害に遭ったクルマと判断してほぼ間違いありませんので注意が必要です。

走行距離も納得の上購入しましょう

不人気c
出典 http://www.suzuki.co.jp/car/escudo/interior/
中古車価格が安い、不人気になった理由のひとつとして過走行が挙げられます。走行距離が多いと足回りの劣化など故障のリスクがあります。目安として年間1.5万km以上走行のクルマはしっかりメンテナンス歴をチェックしましょう。記録がほぼ残っているクルマなら安心です。一番注意が必要なのは改ざん車です。改ざん車やメーター交換車は必ず明記する必要があります。走行距離が少ないのにハンドルのスレやアクセルペダルに減りがある場合には疑いましょう。メーター交換など理由がはっきりしているクルマは価格が安くても安心して購入できます。

新車で購入時のポイントは?

新車で購入する際に自分の気に入ったクルマが不人気車かどうかまで調べるユーザーは少ないハズ。でも、中古車情報など含めて調べてみましょう。新車から廃車になるまでずっと乗り続ける場合は関係ありませんが、途中で下取りや買取で別のクルマに乗り換える際に下取り価格や買取価格が思ったより安くがっかりしてしまう場合が考えられます。

残価設定プランで乗る

購入しようとするクルマがあまり人気がないと判断した場合には残価設定プランがおススメ。3年後に約50%、5年後に約30%の残価率を設定し、下取り価格を約束するプランです。設定された走行距離を大幅に上回ったり、傷だらけにしたりしない限りは価格の下落を気にせず乗れるので安心です。しかし、トータルで支払う金額のチェックは忘れずに。残価として残している分にも金利がかかります。通常ローンとの支払総額差をしっかり押さえておきましょう。あまり差が無いようなら、月々の支払いが少ない残価設定プランはおススメです。

おススメの不人気中古車はコレだ!

トヨタプログレ

現在は新車販売終了。排気量は2.5Lと3.0Lで車体は5ナンバーサイズで小さな高級車ミニセルシオと呼ばれたクルマ。塗装はセルシオ同様の重厚感、ウォールナットなど本木目を使用した高級グレードもあり中古車価格は格安です。

トヨタクラウンロイヤル系

クラウンアスリート系に比べて人気薄のロイヤル系、さらに色は紺色を探すと格安で探すことも可能ですので、落ち着いた紺色系のカラーが好みの場合おススメです。

日産ティアナ

大型の前輪駆動セダンの日産ティアナも中古車価格は安くなっています。特に先代モデルのV6エンジンは静粛性に優れ、室内も広いことから乗り心地に定評があります。クラウン同様紺色系を狙うとお買い得車と出会えます。

日産マーチ

軽自動車人気のためコンパクトカーが全体的に不人気。その中でもマーチは現行モデルの試乗車や登録済未使用車が80万円前後から探せます。軽自動車よりも安く普通車が購入できるメリットがあります。メモリーナビ付モデルもあり軽自動車を探しているユーザーは一度マーチを見てみることをおススメします。

マツダ軽自動車シリーズ

マツダの軽自動車はスズキからのOEM。AZワゴン(フレア)はワゴンR、フレアワゴンはスペーシア、フレアオフロードはハスラー、キャロルはアルト。全車種で知名度は圧倒的にスズキが上のため中古車価格はスズキの同車種と比較して安くなる傾向にあります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

失敗しない中古車選び!総額50万円で買うホンダフィットの価格相場

フィットとはこんなクルマ

2001年にロゴの後継車として登場したのがフィット。燃料タンクをフロントシート下に配置したセンタータンクレイアウト採用で同クラスのコンパクトカーと比較して広い室内空間を実現しました。

トヨタヴィッツの独走を阻止する目的で投入されたフィットは幅広いユーザー層に人気を得ました。2002年には日本国内年間販売台数でトヨタカローラシリーズを上回りカローラシリーズが33年間守り続けたトップの座を奪う人気でした。

初代フィットのエンジンは1.3Lと1.5Lの二種類。1.3Lにはツインプラグ方式のi-DSIエンジンを搭載し燃焼効率を高め、23km/Lの低燃費を実現しました。トランスミッションはホンダマルチマチックと呼ばれるCVTを採用しました。1.0Lのヴィッツに対してフィットは走りの面と経済性の両方でアドバンテージを得ました。当時ヴィッツの1.0Lエンジンの燃費は19.6km/Lです。

2007年に二代目フィットは誕生しました。外装デザインは塊感のある重厚なデザインになり内装も質感を大幅にアップさせました。メーターは自発光式の視認性に優れたメーターを採用し、ライバルのヴィッツの上を行く質感を目指しました。エンジンは1.3Lと1.5Lは共通ですが1.3Lエンジンのi-DSIからi-VTECに変更されました。CVTも改良され初代でよく感じられた低速走行時のギクシャク感はほぼ無くなり発進加速停止の繰り返しがスムーズになりました。

また、4WDもラインナップし4WDはトルクコンバーター方式の5ATを採用していますのでCVTがキビキビしたドライブに不向きと感じるユーザーの選択肢として4WDモデルがあります。リアルタイム式のため普段はFFに近い走りで軽快さを失っていません。

2013年には現行モデルの新型フィットにフルモデルチェンジしています。ガソリンモデルよりもハイブリッドモデルを全面に出しての販売展開となっています。内装デザインは上級セダン並みの質感でシートも乗り心地が良好。2.0Lクラスのセダンタイプからダウンサイジングでコンパクトカーを選択するユーザーにも十分満足いただける内容になっています。しかし中古車市場ではまだまだ少なく新車で購入をオススメします。

総額50万円で買えるフィットはこのモデル

先代の二代目フィットの一部と初代フィットが購入可能です。二代目フィットは前期モデル1.3Lで少々走行距離が多い中古車が総額50万円で購入できる価格になります。

新しいモデルなら二代目フィットだ

05-30フィットa
出典 http://carview.yahoo.co.jp/ncar/catalog/honda/fit/F002-M004/image/?img=1
2007年に登場したフィットの前期モデルが総額50万円以下で購入できるクルマも出てきています。新しいモデルと言っても9年経過ですが現行モデルに近いデザインのため、まだまだ見た目の古さは感じさせません。

前期モデル1.3Lを探そう 予算アップも考慮しよう

総額50万円で二代目フィットを探すと走行距離10万キロ前後の前期モデルがギリギリ購入可能です。支払総額を60万円前後までアップさせることにより、走行距離が少ないクルマや、ナビ付車など良質なクルマが見つかり易くなります。

フィットハイブリッドが出たのはこのモデルだ!

フィットハイブリッドが登場したのは2010年。トヨタアクアよりも1年以上早くコンパクトハイブリッドを誕生させ人気を得ました。カタログ上の燃費は30.0km/Lを達成していますが実際の燃費は20km/L前後。トヨタプリウスやアクアのハイブリッドシステムとは異なり電気のみでのEV走行ができません。

トヨタと同じEV走行が可能になったのは現行フィットハイブリッド。二代目フィットをベースにした初代フィットハイブリッドは中古車価格で総額80万円から選べますが燃費性能や中古車価格を考慮すればノーマルモデルの1.3Lを選択しても価格は安く燃費の差は大きくありません。

中心モデル、格安モデルは初代フィットを狙おう!

05-30フィットb
出典 http://carview.yahoo.co.jp/ncar/catalog/honda/fit/F001-M007/image/?img=1
初代フィットの前期モデルは10年以上経過し10万キロ以上走行しているクルマは車検二年付で総額20万円前後で販売されている格安車もあります。しかし、足回りが劣化してきていたり外装にサビが目立つなど車体の劣化が目立ってきています。また、CVTもスムーズさに欠けるクルマが出てきていますので必ず試乗確認の上で選びましょう。

フィットの前世モデルのロゴと比較すれば新しさは十分です。リヤシートの足元空間やラゲッジスペースも十分確保されていますので、状態の良いフィットを探すことがポイントです。

後期モデルがオススメ

2004年6月以降の後期モデルがオススメです。2005年前後のクルマでも10年以上経過していますので状態は必ず確認しましょう。前期モデルと後期モデルではフロントグリルやバンパーのデザインの違いや後期ではテールランプにLEDを採用するなど古さを感じにくいデザインになっています。

車検二年付で購入するのがオススメ

初代フィットはできるだけ車検整備二年付の価格で購入することをオススメします。とりあえず二年乗れる状態のクルマを選び二年後に別のクルマに乗り換えるか、状態に問題ないようでしたらさらに二年乗り続ける乗り方がオススメです。車検残が少ないフィットを購入して次回車検時に大きな出費になるケースも少なくありません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

失敗しない中古車選び!総額50万円で買う日産ノートの価格相場

ノートとはこんなクルマ

マーチのプラットフォームをベースに2005年にノートは誕生しました。2012年まで販売され現行ノートにフルモデルチェンジしています。

初代E11型は、全長約4mのコンパクトボディで取り回し性能に優れ、室内は広く使える設計です。トランクスペースはコンパクトワゴンのようなスペースで使い勝手にも優れたクルマで人気を得ました。また、全高は1550mm以下のため立体駐車場にも入れる高さで街乗りユーザーに嬉しいサイズです。

エンジンは1.5L中心で2WD車がCVT、4WD車が4ATのトランスミッション。1.6L車には5MTも設定されますが圧倒的に1.5L車が多いです。

コンパクトで動力性能に優れるノート

車両重量は約1.1tと軽量の車体にHR15型109馬力のエンジンが搭載されます。排気量は1.5Lと経済性にも優れ高速走行でも軽快です。

二代目現行モデルは大幅に進化 ダウンサイジングも

現行ノートは車体の大きさや取回しの良さはそのままに、エンジンが1.5Lから1.2Lにダウンサイジング化され4気筒エンジンから3気筒エンジンに変わるなど大きな違いがあります。

しかし3気筒エンジンでも静粛性は高く、3気筒を感じさせません。また、スーパーチャージャーのDIG-Sは燃費性能、動力性能に優れ2.0L車なみの加速と軽自動車並みの燃費を実現しています。

型式の謎?

初代ノートはE11型、現行の二代目はE12型。なぜ、E10型がないのでしょうか?あまり気に掛けるユーザーは少ないと思いますが日産の型式の特徴としてアルファベット+数字で示され、初代モデルの一桁目は0が一般的。E10型は1970年代に日産で販売した小型車チェリーの型式のため使用できませんでした。

チェリーの生まれ変わりがノートなのかアルファベットのEが10以降空いているから使用したのかは真相はわかりません。ちなみにベースのマーチはKです。

総額50万円で買えるノートはこのモデル

総額50万円で買えるノートは初代モデルのみです。まだ5年から7年しか経過していないノートも選べます。少しの予算アップで新型ノートも狙えるのも魅力です。

幅広く選べる初代ノート

05-29ノートa
出典 http://carview.yahoo.co.jp/ncar/catalog/nissan/note/F001-M006/image/?img=1
2005年に登場したノートは全てのモデルが総額50万円以下で購入できます。最終型の走行距離が少ないノートは予算オーバーになる場合もありますがオーバー予算なら現行モデルも選べますので幅広い視点で検討しましょう。まだまだ見た目の古さは感じさせません。内装はマーチとほぼ共通ですがタコメーターが標準化されています。

上級モデル&充実装備車を狙おう!

前期モデルならE以上、後期モデルならG以上がオートエアコン装備モデルです。キーフリーで乗れるインテリジェントキー搭載モデルなら後期モデルがオススメです。エアコンはマニュアル仕様ですがMグレードやXグレードにインテリジェントキーが搭載されたモデルもあります。

総額50万円で後期型ナビ付車を狙うことも可能です。新車登録から7年未満のクルマが十分狙えますが走行距離は10万キロ走行したクルマが目立ちます。月1000km走行で7年なら単純計算で84000kmですので妥当と言えば妥当な距離です。ノートのエンジンはタイミングチェーン方式ですので10万キロでの交換の必要はありません。

CVTの状態はよくチェックしよう

CVTの完成度は高いレベルですが走行距離や使用状況などによってはギクシャクするクルマも出てきています。しっかり試乗して自然なフィーリングで走行できるか確認しましょう。CVTに不安なら4WDを選択し4AT車を狙いましょう。普段、前後輪の回転差が無い場合には前輪駆動で走行しますので軽快さは失いません。車両重量が重い分の燃費悪化は少々我慢しましょう。

少しの予算アップで現行ノートも買える!

05-29ノートb
出典 http://www.goo-net.com/catalog/NISSAN/NOTE/10093450/index.html
予算外ではありますが新型ノートが少しの予算アップで購入できます。支払総額は60万円台から探すことができます。新型ノートは登場から3年を経過していますのでリースアップ車が目立ってきています。

さらに試乗車が中古車で販売されるケースや日産ディーラーでの社用車や代車として使われたノートが3年を迎えた今、中古車市場にどんどん出てきています。試乗車や登録済未使用車は総額100万円台から120万円台で探せます。

メンテナンスの行き届いたノートはリース車

3年リース車は少々走行距離が多めの中古車もありますが、定期的なメンテナンスはしっかり行われたクルマが多いのも特徴です。また、リース車は社用車などとして使われたクルマが多く決まった場所で決まった人が運転してきているケースがあり一般ユーザーのワンオーナーカーと大きく変わらない使い方のクルマが多いのも特徴です。

格安はレンタアップ車 ココに注意!

新型ノートで格安のクルマはレンタカーとして使われたクルマです。様々な人が様々な乗り方をしたクルマですので程度にバラつきがあります。内外装の状態も含めてしっかりと確認する必要があります。

レンタカーだったクルマの見分け方は車検満了日を見てみましょう。一般登録のクルマは初回3年の後は2年後との車検ですが、レンタカーは初回2年の後は毎年車検です。つまり平成25年式で車検切れや平成26年5月初度登録で車検が平成28年5月などならレンタカーだった可能性が高いです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0