スズキのディーラー名まとめと在庫状況、値引き交渉のコツ2015!

suzuki_logo
出典:http://www.suzuki.co.jp/

チャネル展開なし、全店全車種販売  

スズキのディーラーは他のメーカーと違って車種もそれほど多くないこともありますがチャネル販売はありませんでした。全店で全車種を販売し続けています。スズキはオートバイの生産からスタートしその後まもなく自動車の生産を始めました。軽自動車をメインに小型車の販売をリードし続けています。

ディーラー名は「スズキ自販○○」の名前で各地にあります。社名ごと販売店は違いますがほとんどがメーカー直系の販売ディーラーです。スズキの強みはディーラーの他にモータースなどの販売協力店です。地域密着型の地元の車屋さんもスズキの車を販売することで販売台数を伸ばしています。主に軽トラックのキャリィは農家ユーザーが多いこともあり地域密着の車屋さんの力が大きく影響しています。

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

新型ダイハツムーヴ新車価格情報と、値引き購入のコツ2015!

main_img_01
出典:http://www.daihatsu.co.jp/lineup/move/index.htm

ダイハツムーヴのスペック情報

ダイハツムーヴの価格帯

  1,134,000円~1,495,800円(税込)
 

ダイハツムーヴのグレード情報

L、X、X ターボ
各グレードにSA(スマートアシスト)設定あり(+54,000円税込、Lのみ+64,800円税込)
各グレードに4WD車設定あり(+124,200円税込)

 編集部おススメグレード X ターボ SA 1,371,600円(税込)

ムーヴを選ぶユーザーは普段の通勤の他、休日の遊びにもクルマを使いたいユーザーが多いため、約65,000円の価格差ならターボモデルを選びたいところです。ターボ車の皮巻ステアリングは真夏の暑さでも熱くなりにくいので重宝します。ムーブにはカスタムと呼ばれる車種もありますが、こちらのターボと比較すると20万円以上低価格なのは魅力です。しかしカスタムのスタイルも魅力的ですね。

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

新型日産ジューク新車価格情報と、値引き購入のコツ2015!

p1
出典:http://minkara.carview.co.jp/image.aspx?src=http%3a%2f%2fcdn.mkimg.carview.co.jp%2fminkara%2fusercar%2f000%2f000%2f671%2f703%2f671703%2fp1.jpg%3fct%3dea894d147b53

日産ジュークのスペック情報

日産ジュークの価格帯

  1,737,720円~3,434,400円(税込)

日産ジュークのグレード情報

 

2WD車

15RS、15RX、15RXパーソナライゼーション、15RXアーバンセレクション、15RXアーバンセレクションパーソナライゼーション
16GT、16GTアーバンセレクション、15RX 80th スペシャルカラーエディション
 

4WD車

NISMO RS、16GT FOUR、16GTパーソナライゼーション FOUR

 

編集部おススメグレード

15RX 1,966,680円(税込)

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

新型ダイハツミライース新車価格情報と、値引き購入のコツ2015!

feature_02_img
出典:http://www.daihatsu.co.jp/lineup/mira_e-s/index.htm

ダイハツミライースのスペック情報

 

ダイハツミライースの価格帯

  766,286円~1,316,572円(税込)
 

ダイハツミライースのグレード情報

D、L、L SA、X、X SA、G SA
LとXにSA(スマートアシスト)設定あり(+51,428円税込)GはG SAのみ
Dを除く各グレードに4WD車設定あり(+102,857円税込)
消費税の関係で1円単位の差が出ますので詳細は販売店におたずね下さい。

編集部おススメグレード L SA 966,857円(税込)
通勤、買い物用で普段は1人~2人乗車ならL SAグレードがおススメ
100万円を切った税込み価格でエアコン、CDプレーヤー、スマートアシストによる追突防止の緊急ブレーキ、横滑り防止のVSCまで装備しています。後部座席も多用するユーザーはリヤヘッドレストが装着されるXグレード以上をおススメします。破格ともいえるDグレードは商用車向けです。

低燃費で低価格 35.2km/Lの謎は?

新エコアイドル搭載で35.2km/L

これまでのアイドリングストップは完全に停車してからのエンジン停止でしたが新エコアイドルでは、充電状態や直近の走行状態にもよりますが条件がそろえば約11km/h以下になるとエンジン停止しエンジン稼働時間が短くなっています。

20分間で発進と停止を繰り返し算出する国土交通省のJC08モードで燃費を測定するとエンジン停止している時間が長ければ長いほど燃費に良い影響を与えます。
JC08モードは中低速域で速度が上下するためCVTの無段変速車に有利です。よってカタログ上(JC08モード燃費)は良い燃費ですが実際には20km/L台前半が実際の走行燃費です。エアコン多用しアクセル踏み込む量が多い運転なら20km/Lを切るケースもあります。

それでもエンジン停止していれば環境に優しく、20km/L走れば十分低燃費と言えます。

低価格ってホント?10年前と比較すると・・・

装備が充実するLグレードで税込100万円を切っています。10年前のミラの装備を充実させた上級グレード価格に8%の消費税を加えると約90万円になります。
トランスミッションは当時3速ATで当然スマートアシストなど自動ブレーキはありません。また、横滑り防止のVSCだってありません。クルマの性能は大幅に向上していても価格差は僅かです。実質は値下げしているといっても良いと思います。

見やすいメーター 低価格で内装の質感は?

 DとLグレードはオレンジ、Xグレード以上は白のデジタル表示のスピードメーターは視認性に優れています。写真はXのものです。エアコン操作パネルはオートエアコンよりも操作スイッチの大きなマニュアルエアコンの操作性に優れています。オートエアコンは設定温度を決めてしまえば何も必要ないのですが、デフロスター利用や足元からのみにしたい場合などはスイッチでの操作が必要でミライースの場合少々ボタンが小さいので検討の際には実際に展示車で確認が必要です。

内装の材質はシンプルなプラスチック素材ですがキレイにまとまっているため価格は安いがそれ以上の質感は保っています。インパネシフトはハンドルから手が届きやすく、ひざ元にチェンジレバーが無いため足元にもゆとりがあります。 
sec_03_cont_01_gallery_01_img_01
出典:http://www.daihatsu.co.jp/lineup/mira_e-s/detail.htm

スマートアシストで安全性もバッチリ

sec_07_img_03
出典:http://www.daihatsu.co.jp/lineup/mira_e-s/detail.htm
Dグレードを除く全車にスマートアシストの装着が可能です。30km/h以下の速度で作動し渋滞時の追突防止に役立ちます。アクセルとブレーキの踏み間違え防止のため急発進抑制装置も装備されます。ただし、後退時や方向指示器点滅時には作動しませんのでご注意ください。

ライバルはスズキアルトのみ!値引きはオプション込みで10万円以上なら勝利か

 値引き額は車両本体で8万円、販売店オプションのカーナビ装着の場合はオプションから2万円引きを狙いましょう。下取り車を除くトータルで10万円引きなら買いです。値引き獲得のためにはアルトの見積を用意しましょう。アルトは新型が登場したばかりでスペック上はミライースより良くなっています。しかし、個性的なスタイルのため新型からの値引きも期待できますので有効に活用しましょう。
 近くにマツダのディーラーがあればアルトのOEM車キャロルも競合には有効です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

新型ダイハツタント新車価格情報と、値引き購入のコツ2015!

DA_S006_F003_M002_1_L_640x480
出典 http://carview.yahoo.co.jp/ncar/catalog/daihatsu/tanto/F003-M002/image/?img=1

ダイハツタントのスペック情報

 

ダイハツタントの価格帯

  1,203,429円~1,634,743円(税込)
 

ダイハツタントのグレード情報

L、X、Xターボ、G
各グレードにSA(スマートアシスト)設定あり(+51,428円税込)
各グレードに4WD車設定あり(+124,457円税込)
消費税の関係で1円単位の差が出ますので詳細は販売店におたずね下さい。

 編集部おススメグレード X SA 1,397,143円(税込)

送迎、買い物など街乗り用途ならこのグレードです。オートエアコン、左パワースライドドア、キーフリーシステム、追突防止のスマートアシストがこのグレードに付いています。

4人乗りミニバンで快適室内空間

新型タントは軽自動車なので乗車定員は4人ですが、左右分割リクライニング&スライドシートで大きなミニバンと同じように活用できます。室内の高さが高いため解放感が高く小学校低学年までのお子様なら車内で立ったまま着替えができる高さです。7人乗れるミニバンは大きいけど。。。街乗りメインの用途で使い勝手の良い軽自動車が欲しい!という小さな子供が居る4人家族にはぴったりです。

最大の特徴はミラクルオープンドアと呼ばれるドアです。助手席ドアと左スライドドアの間に柱(ピラー)がありません。傘をさしたままでもベビーカーを折りたたまなくても乗ることができます。 
sec_03_cont_06_cover_01
出典 http://www.daihatsu.co.jp/lineup/tanto/detail.htm#section_04

シンプルで使いやすい内装

sec_01_gallery_01_slide_01
出典 http://www.daihatsu.co.jp/lineup/tanto/detail.htm#section_01
ナビ、オーディオの操作は見やすく使いやすい位置に配置されています。エアコンの操作性もパネルは小さいがボタンは大きいので使いやすいです。大型の速度計がセンターに配置され、一見視認性に優れているように感じますが、形状は扇形の速度計のため慣れが必要です。ダッシュボードやドア内貼りの質感は普通車並みの質感で普通車からダウンサイジングで軽自動車を選択するユーザーにとって不満の無い内容になっています。

低燃費エンジンとこのクルマにピッタリの安全性能

・低燃費エンジン

 タントは背の高い軽自動車で車の重さも900kgを超えていますが2WDターボなしエンジンで28.0km/Lの低燃費を実現しています。アイドリングストップ時に使う電力を減速エネルギーをバッテリーに回収することによってエンジン再始動時の発電量を抑制し低燃費に貢献しています。街乗りメインではスムーズな動力性能を確保し静粛性にも優れています。高速多用するユーザーはターボモデルの検討をおススメします。

実用性のある安全性能

 タントは全グレードにスマートアシスト車(SA)を設定しています。時速30km/h以下で作動する緊急ブレーキは市街地走行時の追突防止に役立ちます。ボディの骨格を強化した安全ボディで安心です。車体のしっかり感と低燃費のための転がり抵抗の少ない硬めのタイヤの組み合わせが乗り心地を少々硬めにしているように感じます。

スズキスペーシア、ホンダNボックスと競合で値引き拡大、13万円を狙う!

 値引き額は車両本体で10万円、販売店オプションのカーナビ装着の場合はオプションから3万円引きを狙いましょう。競合の本命はスペーシアです。同じ背高軽自動車でリヤシートも同じような使い勝手が出来ます。また、Nボックスや三菱のeKスペースも有効です。

 スズキはダイハツとの競合には力入れてきますのでスペーシアの最終条件まで達したと感じたらタントの最終値引き交渉を行いましょう。おそらく値引き額はスペーシアが上になるはずです。同額までムリな場合もありますので、これまでのタントの商談内容から少しでも値引き上乗せなればヨシとし、過剰な値引き交渉は禁物です。

各車とも緊急ブレーキを設定していますので競合するにはピッタリです。タントは登録から2年未満の中古車も多く見られます。登録済未使用車、試乗車、レンタルアップ車がほとんどです。これらは新しいことを理由に新車より安いですが決して安い価格では販売していません。新車で10万円以上の値引きが獲得できれば価格差はそれほど無くなりますので車検が3年しっかり付いた新車を選ぶことをおススメします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

新型ホンダヴェゼル新車価格情報と、値引き購入のコツ2015!

s02_b_c06
出典 http://www.honda.co.jp/VEZEL/webcatalog/type/?from=VEZEL-header

ホンダヴェゼルのスペック情報

 

ホンダヴェゼルの価格帯

  1,923,429円~2,756,571円(税込)
 

ホンダヴェゼルのグレード情報

S、X、G 、G 4WD
ハイブリット、ハイブリット4WD、ハイブリットX、ハイブリットX 4WD、ハイブリットX Lパッケージ4WD、ハイブリット Z
 
編集部おススメグレード X 2,067,428円(税込)

1.5Xには自動ブレーキシステムのあんしんブレーキシステム、サイド&カーテンエアバックやLEDヘッドライト、クルーズコントロール、アルミホイールなど安全&快適装備が充実するXがおススメです。ハイブリットは魅力的ですが約35万円の価格差なら低価格のガソリンの選択も魅力的です。

コンパクトSUVの代表格

ヴェゼルはフィットのプラットホームを使いSUVに仕上げたコンパクトSUVです。

日産ジュークと比較しあまり好き嫌いの別れないデザインのため幅広い世代に人気があり、ジュークの約1.5倍の販売台数になっています。また、SUVスタイルながら車両重量は約1200kg、排気量は1.5Lと税制面でも経済性に優れています。

シートポジションが高いため運転がしやすく、通勤通学からアウトドアまで幅広い使い方ができるヴェゼルは人気があります。安全性能も充実し、あんしんブレーキシステム、サイド&カーテンエアバックが標準で装備されることも人気のひとつです。

1.5Lガソリンかハイブリットか ココで選択

新ハイブリットシステムの魅力

ヴェゼルハイブリットは発進時に電気で発進しその後ガソリンエンジンが動き出すシステムで低燃費に貢献しています。トランスミッションはガソリンモデルのCVTではなく、7速デュアルクラッチトランスミッション(DCT)を採用しました。特に高速走行に最適で7速と多段化させた影響もありきめ細かい変速によるパワーダウンの低下と低回転化を実現しレスポンスにも優れています。高速走行での低燃費化に貢献しています。

燃費はハイブリットXで26.0km/Lでハイブリット車のなかでは特に良い数値ではありませんが、実際の燃費では20km/L前後で燃費は良好です。低燃費+2.0L車並みのパワーを求めるユーザーはハイブリットの選択をおススメします。

コストにこだわればガソリンモデル。実質35万円の値引きに?

ガソリンモデルも燃費性能には優れ20.6km/Lの低燃費です。10年前の軽自動車の燃費性能を上回り、パワーも1.8L車並みと性能に優れています。車両重量が軽いため、街乗りでは動力性能に不満なく高速走行も無難にこなします。坂道ではトルクの薄さを感じる場面もありますが十分なレベルです。

ハイブリットモデルとの価格差は約35万円あります。この価格差を燃料代で埋めるには、大まかに計算して年間2万km以上走行で10年以上の使用が必要となります。つまり、あくまで目安ですが、実は20万km以上走行しない場合はガソリンモデルがお買い得なんです。

上級車に負けないインテリア 荷室も広い

s01_d_c01
出典 http://www.honda.co.jp/VEZEL/webcatalog/type/?from=VEZEL-header
ヴェゼルのインテリアは決して高級とまでは行かずとも上質で使い勝手が良いインテリアです。常時発光のメーター類は視認性に優れ、燃費情報などのインフォメーションも充実しています。特にドアの内貼りはプラスチック感たっぷりのコンパクトカーが多い中で、ソフトタッチな素材を多用し上質な造りに仕上げています。

リヤシートも大人2人快適に乗車でき頭上空間も確保され快適です。トランクスペースが外観のスタイルからは想像できない広さを確保しています。初代トヨタハリアーに匹敵する荷室の広さになっていますので使い勝手に優れています。 

lgg_photo01_3
出典 http://www.honda.co.jp/VEZEL/webcatalog/interior/?from=VEZEL-header

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

新型三菱アウトランダー新車価格情報と、値引き購入のコツ2015!

MI_S002_F002_M003_1_L_640x480
出典:http://carview.yahoo.co.jp/ncar/catalog/mitsubishi/outlander/F002-M003/image/?img=1

三菱アウトランダースペック情報

アウトランダー車両価格

2,495,880円~3,188,160円(税込)

アウトランダーグレード情報

20G、24G、24Gセイフティパッケージ、24Gナビパッケージ
※2WDは20Gのみ、他は4WD
編集部おススメグレード:24Gセイフティパッケージ 2,866,320円(税込)

欧州車に兄弟車あり基本性能の高い7人乗りSUV

アウトランダーはフランスのシトロエンCクロッサー(日本未導入)とシャーシや基本ボディ設計を共にしお互いのサスペンションなど足回りは独自開発のものを使用していました。2012年のマイナーチェンジでアウトランダーのみのボディとなりましたが、基本性能の高さは変わりありません。

アウトランダーはボディ剛性の高さが試乗でわかります。ボディ剛性が高いとしっかりした足回りが無いと突き上げ感を感じたりゴツゴツした印象があります。一部日本車に見受けられますね。アウトランダーの足回りはSUVにもかかわらずしっとりして乗り心地と走行安定性に優れています。まさに欧州車に通じる乗り味があります。2.4LエンジンはCVTとの組み合わせでスムーズに走行できます。坂道や高速走行などアクセルを大きく踏み込むケースでは、若干エンジンノイズが気になります。以上の点から7人乗りのSUVが300万円以下ならお買い得と言わざるを得ません。

乗用車風インテリア オススメはセイフティパッケージ

インテリアは黒基調で落ち着きがあり、乗用車から乗り換えても全く違和感ないインテリアです。全ての操作類が程よい高さにあるため操作性にも優れています。

アウトランダーのオススメはセイフティパッケージ装着車です。セイフティパッケージとは衝突被害軽減ブレーキ、車線逸脱警報システム、レーダークルーズコントロール全てを含むe-Assist装着車です。これだけの装備が約10万円で装着できます。唯一残念なのが横滑り防止装置アクティブヨーコントロールがオプション設定で標準化されていない点です。ぜひオプションで選択したい装備です。  
MI_S002_F002_M003_3_L_640x480
出典:http://carview.yahoo.co.jp/ncar/catalog/mitsubishi/outlander/F002-M003/image/?img=3
    

ナビは販売店オプション&競合はエクストレイルで目指せ、30万円以上の大幅値引き

そんなに数多く売れる車種でもないことから値引き額は頭打ち感があります。車両本体価格と販売店オプションを含め30万円以上を目指しましょう。ナビやエアロパーツを付ける場合は販売店オプション総額から2割を目標に値引き交渉するとよいと思います。ナビ装着の場合は40万円以上の値引きも考えられます。競合車はぴったり一致する車種は無く日産エクストレイルの3列シートモデル、スバルエクシーガがふさわしいと考えます。エクストレイルは現在SUV販売ランクはトップクラスのため三菱の販売スタッフは脅威に感じています。契約を急いでの商談を持ちかけられると思いますがじっくり確認し納得の条件で契約しましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

新型トヨタオーリス新車価格情報と、値引き購入のコツ2015!

TO_S175_F002_M002_1_L_640x480
出典:http://carview.yahoo.co.jp/ncar/catalog/toyota/auris/F002-M002/image/?img=1

トヨタオーリスのスペック情報

オーリス車両価格

1,758,857円~2,314,286円(税込)

オーリスグレード情報

150X Cパッケージ、150X、150X Sパッケージ
180G、180G Sパッケージ、RS、RS Sパッケージ
※ 1.5L車は4WD設定有
編集部おススメグレード:150X (2WD) 1,841,143円(税込)

欧州車風国産車 魅力的な低価格

オーリスはコンパクトに見える車体ですが車幅は1.7mを超え、3ナンバー車になります。ちょうどドイツのフォルクスワーゲンゴルフ(写真)やフランスのプジョー308、同じフランスのシトロエンC4などいわゆるCセグメントと呼ばれるクラスに入ります。

スポーティーなデザインと直進安定性に優れカーブも自然と走行できるバランスに優れた車です。欧州車と同等以上のボディ剛性を持つオーリスですが足回りは欧州車と比べ重厚感が足りません。高速走行での安定感はフォルクスワーゲンゴルフと比較すると違いがわかります。路面に吸いつく印象がやや足りません。また、低速走行時のタイヤからの突き上げ感も若干気になります。デザインが気に入ったらぜひまずは試乗をオススメします。フォルクスワーゲンゴルフと価格比較をすれば50万円~100万円は違います。オーリスはこの価格でこの性能と考えれば、十分優秀でしょう。                      
VW_S004_F006_M003_1_L_640x480
フォルクスワーゲンゴルフ
出典:http://carview.yahoo.co.jp/ncar/catalog/volkswagen/golf/F006-M003/image/?img=1

1.5Lエンジンで経済的 燃費はコンパクトカー

エンジンは1.5Lと1.8Lが用意されています。どうしてもマニュアル車でRSグレードが欲しい以外は1.5Lエンジンで十分です。高速走行での若干のゆとりであり1.8でも決して余裕あるとは言えません。逆に街乗りでは1.5Lモデルも車両重量が1.2tと軽く軽快に走ってくれます。カタログ上の燃費は18.2km/Lとコンパクトカー並みで税制面及び経済性も含めると1.5Lモデルの選択がおススメです。

インテリアは黒基調のインテリアでスポーティーに仕上がっています。オートで使用すれば問題ないですが、エアコン操作パネルが下にあり若干つかいずらくなっていますので確認が必要です。
utilities_img_frontmain (1)

utilities_img_main
出典:http://toyota.jp/auris/002_p_002/interior/utilities/front/

アクセラスポーツとインプレッサスポーツ競合で20万円引き超を狙う

車両本体価格と販売店オプションを含め20万円値引きを目指しましょう。ナビやエアロパーツを付ける場合は販売店オプション総額から2割を目標に値引き交渉するとよいと思います。最後まで値引きに応じないようならナビをカーショップから購入する決断も有りと思います。オーリスの競合車種はマツダアクセラスポーツがエンジン及び価格帯で同等なため一番有効となります。また、1.6Lモデルのスバルインプレッサスポーツもあります。いずれのケースも値引き額は20万円前後となり購入検討の際はぜひ競合させましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

新型スバルエクシーガ新車価格情報と、値引き購入のコツ2015!

SB_S038_F001_M009_1_L_640x480
出典:http://carview.yahoo.co.jp/ncar/catalog/subaru/exiga/F001-M009/image/?img=1

スバルエクシーガ情報

エクシーガ車両価格

2,592,000円~3,024,000円(税込)

エクシーガグレード情報

2.5iアイサイト、2.5iスペックBアイサイト、2.0GT-Sアイサイト
※2WDは20Gのみ 他は4WD

2,592,000円~3,024,000円(税込)
編集部おススメグレード:2.5i アイサイト 2,592,000円(税込)

スバル伝統の4WD

エクシーガが登場して6年以上経過しましたがエンジン体系や内装など変更されてきました。現在エンジンは2.5Lターボなしと2.0Lターボエンジンです。

1972年にレオーネエステートバンに初めて4WDを搭載しオフロード車以外がの4WDは画期的な事でした。1989年にレオーネからレガシィにモデルチェンジ。2.0GTターボのステーションワゴンの登場は爆発的なヒットとなりました。この成功で現在のスバルがありインプレッサの登場そしてエクシーガという7人乗りミニバンが誕生しました。スバルの4WD技術は日本で最も優れているといえます。運転してカーブの際など自然で4WDを全く感じさせません。

ステーションワゴン7人乗り、さらに見た目より頭上空間あり!!

ステーションワゴン風のミニバンであるエクシーガ。ベースは先代インプレッサのため少々設計が古いかもと思われがちですがスポーティーなデザインと魅力的なターボエンジンで人気を得ています。車体の高さが1,660mmと意外とあるため2列目シートは快適、3列目シートも大人でも短時間なら十分使えるシートになっています。

flex_seat03
ライフシーンをアクティブに広げるフレキシブルなシートアレンジ
出典:http://www.subaru.jp/exiga/exiga/utility/flexibility.html

アイサイト標準装備でお買い得感UP

ステレオカメラで自転車や歩行者を認識して運転をアシスト。自動ブレーキシステムと車線逸脱警報システム、ふらつき警報などぶつかる前に警告を出してくれます。スバルのアイサイトは予防安全評価で最高クラスを獲得しました。横滑り防止装置なども標準装備し国内最高水準の安全性能を獲得しています。
es_img02
出典:http://www.subaru.jp/exiga/exiga/safety/eyesight.html

本命競合不在のなか、30万円値引きにチャレンジ!!3列シート同価格帯のクルマで勝負

エクシーガが登場してまもなく7年になります。値引きは拡大したままでトータル30万円引き前後を目標に商談するとよいと思います。

ステーションワゴンスタイルのミニバン、かつパワーあるエンジンのモデルが競合車種に存在しません。SUVではありますが日産エクストレイルや三菱アウトランダー、また、ホンダの新型ハイブリットミニバンジェイドはステーションワゴンスタイルです。全て3列シート車ではありますが個性がバラバラです。「ハイブリットは魅力的」とアピールしジェイドで競合させ商談を進めるのが一番効果的と思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

新型トヨタウィッシュ新車価格情報と、値引き購入のコツ2015!

TO_S014_F002_M005_1_L_640x480
出典:http://carview.yahoo.co.jp/ncar/catalog/toyota/wish/F002-M005/image/?img=1

トヨタウィッシュのスペック情報

ウィッシュ車両価格

1,902,857円~2,581,714円(税込)

ウィッシュグレード情報

1.8X、1.8A、1.8S、1.8G、2.0Z
※1.8L車は4WD設定有

編集部おススメグレード:1.8X (2WD) 1,902,857円(税込)

ステーションワゴンとしての使い勝手は◎

トヨタウィッシュは普段はステーションワゴンとして使い、いざという時の3列シートが欲しいユーザーにはぴったりです。後部座席のドアはスライド式ではなくヒンジ式です。3列目へのアクセスは少々窮屈ですが普段あまり使用しなければ乗用車と同じ感覚で乗れます。大人5人で乗車の場合は運転席+助手席、2列目シートに2人、3列目シートに1人で乗車すれば意外と快適に移動できます。

流線型のスタイルからエアロパーツも数多くそろうためドレスアップ用のクルマとして購入するユーザーも少なくありません。
seat_img_mode01
ゆったりシートアレンジが可能!センターシートを倒すと、リムジン感覚でリラックスできます。
出典:http://toyota.jp/wish/002_p_009/interior/seat/ 

総重量が比較的軽いミニバンなので1.8LエンジンでOK!安全性は?

5ナンバーサイズでステーションワゴン感覚で乗るユーザーが多いため1.8Lエンジンでも不満なく乗れ燃費面でも15.8km/Lと優れています。多くのミニバンは車両重量が1.5tを超えますがウィッシュは1.5t以下のため動力性能には有利です。3列シートをフル活用するのであればノアやヴォクシーなど背の高いミニバンをおススメします。2.0Zは価格も割高になりZグレードにこだわりが無い場合は通常の1.8Lをおススメします。
安全面では自動ブレーキシステムはありませんが全車に横滑り防止のS-VSCやリヤテールランプにLEDを採用するなど予防安全性能に優れています。また、サイド&カーテンエアバックも標準装備され安心して選べる1台です。
active_img_figure01
LEDリヤコンビネーションランプ
出典:http://toyota.jp/wish/002_p_009/safety/active/

値引きは拡大中!25万円を狙え!5人乗りステーションワゴンも競合に有力

現在のウィッシュが登場してから5年が経過し値引き額は拡大しています。車両本体価格と販売店オプション合わせて25万円前後を目指しましょう。日産のラフェスタハイウェイスター以外の元々のラフェスタが無くなった今、マツダプレマシーが有力な競合車種になります。プレマシーの方が車両価格は若干高めですが値引き額が30万円前後見込めますので総額ではほとんど同じになります。3列シート車ではないですが販売店の違いでトヨタカローラフィールダーやホンダフィットシャトルも話題に入れてみるのも良いかと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

新型トヨタFJクルーザー新車価格情報と、値引き購入のコツ2015!

campeign_sateiomakase_680_110_20130726
出典:http://carview.yahoo.co.jp/ncar/catalog/toyota/fj-cruiser/F001-M005/image/?img=4

トヨタFJクルーザーのスペック情報

FJクルーザー車両価格

3,240,000円~3,466,286円(税込)

FJクルーザーグレード情報

FJクルーザー、FJクルーザーオフロードパッケージ
FJクルーザーブラックカラーパッケージ、FJクルーザーカラーパッケージ
※全車4WD
編集部おススメグレード:FJクルーザー 3,240,000円(税込)

頑丈な造りのオフロードSUV  4.0Lエンジン搭載なのに割安

最高出力は276馬力でトルクも38.8kgと一見スポーツカー並みのスペック。しかし価格は300万円台前半と割安感を出しています。

クロカン車の見た目通り、悪路、山道にはバッチリ適していますが瞬発性は高くありません。どちらかと言えばアメリカ車のような大きなトルクでどっしり走るイメージです。ベースはランドクルーザーのため信頼性は抜群です。燃費はカタログで8km/Lと全く期待すべきではありません。内外装ともシンプルな造りですが、横滑り防止のVSCやサイド&カーテンエアバックなど安全装備は標準装備されています。
utilities_img_frontmain
シンプルな内装。
出典:http://toyota.jp/fjcruiser/001_p_006/interior/utilities/front/

もともとは左ハンドルの逆輸入車だった!

現在では少なくなりましたが、FJクルーザーが日本のトヨタで発売される前は左ハンドルの逆輸入モデルしかありませんでした。逆輸入車のFJクルーザーが日本に多く入るようになり、トヨタは日本でFJクルーザーの販売を決めました。中古車市場では逆輸入車のFJモデルを見かけます。本場アメリカの左ハンドルを求めるなら中古車の選択も捨てがたいです。しかし、メンテナンスなどトータル面で考えると多少リスクはあります。

FJクルーザーの値引きは20万円前後を狙う!競合車はアメリカに有り

国産車にライバル車が見当たらないFJクルーザー。車両本体と販売店オプションで20万円前後を目指しましょう。販売店オプション装着状況によってはさらに期待できます。販売店はトヨタ店限定です。競合させるならクライスラーラングラーアンリミテット、クライスラーjeepコンパスがピッタリではないでしょうか?オフロード感たっぷりのラングらーと内装の雰囲気が似ているコンパス。ただし、トヨタは信頼性を前面に出し強気の販売に出ますので話に流されない努力も必要です。

FJクルーザーはデザインや雰囲気を買うクルマですのである程度値引きを交渉したら気持ちよく買ってしまいましょう!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

新型トヨタエスティマ新車価格情報と、値引き購入のコツ2015!

TO_S023_F003_M008_1_L_640x480
出典:http://carview.yahoo.co.jp/ncar/catalog/toyota/estima/F003-M008/image/?img=1

トヨタエスティマのスペック情報

エスティマ車両価格

2,878,691円~4,289,563円(税込)

エスティマグレード情報

( )内は乗車人数
2.4L:X(8人)、アエラス(7人,8人)、アエラスレザーパッケージ(7人) 、G(7人) 
3.5L:アエラス(7人,8人)、アエラスレザーパッケージ(7人) 、G(7人)
※全車4WD設定有

編集部おススメグレード:2.4L アエラス(8人,2WD) 3,104,509円(税込)

のびやかなフォルムだがゆとりの室内空間

卵型ミニバンの先駆者ともいえるエスティマ。現在のモデルは9年目を迎える成熟モデルになっています。高級感はあまり期待できませんがスッキリした内装と基本的な造りベースは先代のアルファードと共通のため基本設計のレベルは高いクルマになっています。3列目シートも大人が普通に使用できるレベルで移動には十分活用できます。

2.4Lエンジンは少々古さも感じさせますが3.5Lに比べ税金面など経済性に優れています。燃費面では2.4Lも3.5Lも大きく差はありません。 
carlineup_estima_grade_grade1_03_pc
出典:http://toyota.jp/estima/grade/grade1/

エアロパーツと充実装備で人気のアエラス

流線型デザインのエスティマをさらにスタイリッシュに魅せるアエラス。エアロパーツや18インチアルミホイールが標準装備されます。オートライトシステムやクルーズコントロール、横滑り防止装置S-VSCも標準装備です。Gとの価格差が25万円以上安く設定されお買い得感がさらに高いグレードです。 

ノア、ヴォクシーよりもワンランク上の満足度。そして新型のエスクァイアの上級モデルとエスティマのXグレードが同価格帯になります。オプション状況ではアエラスとも価格が近づきます。保管場所にゆとりがあり、400ccのエンジンのゆとりを求めるとエスティマの選択になります。

値引きは、本命ライバルオデッセイ 同価格帯のミニバンで競合がポイント!40万円値引きも射程圏内か。

デビューから9年となり値引きは拡大傾向にあります。車両本体と販売店オプションで40万円前後を目指しましょう。販売店オプション装着状況によってはさらに期待できます。エスティマの競合車種はホンダオデッセイとマツダMPVです。意外と少ないです。オデッセイも最近では20万円引きを超えてきておりますしMPVはエスティマ同等の値引き額40万円前後の提示もあり得るため3月の決算や月末の販売店の実績が欲しい時期に決めると満足の値引き額が得られる可能性が高いと思います。思い切って新型アルファード&ヴェルファイアも競合させてみるのも良いかと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

新型トヨタアイシス新車価格情報と、値引き購入のコツ2015!

TO_S001_F001_M008_1_L_640x480
出典:http://carview.yahoo.co.jp/ncar/catalog/toyota/isis/F001-M008/image/?img=1

トヨタアイシスのスペック情報

アイシス車両価格

1,974,857円~2,556,000円(税込)

アイシスグレード情報

1.8L:L Xセレクション、L、プラタナ、G、プラタナVセレクション
2.0L:G、プラタナ、プラタナVセレクション
※L Xセレクションを除く1.8L車に4WD車を設定有
編集部おススメグレード:2.0L G 2,376,000円(税込)

乗用車感覚のドライビング+パノラマオープンドアの解放感

アイシスは乗用車感覚で乗車できる、7人乗車可能な5ナンバーサイズミニバンです。
デビューからすでに10年以上経過している人気モデルです。アイシスの大きな特徴は助手席側の前後ドアがセンターピラーと一体化しており、前後ともオープンするとピラーレスの大開口部を実現できることです。大きな荷物を持ちながらの乗降性の良さはこの車の特徴です。3列目シートは大人が長時間は厳しいシートですが、小学生までなら十分活用できるかな、といったところ。
20060716155300
出典:http://ht-kurumi.cocolog-nifty.com/diary/images/20060716155300.jpg

エンジンは進化 2.0Lモデルがオススメ

1.8Lと2.0Lエンジンモデルの価格差は約14万円。多人数乗車時や高速走行、坂道で200ccのゆとりが2.0Lモデルでは感じられます。アイシスがデビューした当初は1.8Lモデルは通常の可変バルブタイミングVVT-i、2.0Lモデルは直噴エンジンD-4タイプでした。

マイナーチェンジによりノアやヴォクシー同様の最新バルブマチックエンジンを搭載しています。より燃焼効率の優れた低燃費を実現できるエンジンとなっています。
engine_img_figure01
出典:http://toyota.jp/isis/001_p_020/dynamism/engine/

オススメグレードは「プラタナ」より価格の割に上質なG

街でよく見かける3ナンバーのアイシスはプラタナです。プラタナはよりスポーティーな外観を求めるユーザーにはぴったりです。エアロパーツが標準装備されています。オススメしたいグレードはプラタナと迷いました。Gグレードはオートライトが標準装備され計器類や木目調パネルなどインテリアが上品に仕上がっています。高級感はありませんが落ち着き感があるためアイシスというクルマのイメージにぴったりなのがGでした。
isis_32
出典:http://toyota.jp/isis/001_p_020/concept/grade/grade3

ロングセラーで値引きは大幅か!競合車を絡めて勝ち取るMAX40万円値引き

値引きに関しては大きくなります。まずは車両本体と販売店オプションで30万円前後を目指しましょう。発売から10年経過しておりあまり目立たないクルマになりつつあります。逆にお買い得なクルマなのです。アイシスに販売店ナビを装着し3月中登録になれば40万前後の値引きも期待できます。競合としてはマツダプレマシー、日産ラフェスタが一番有力ですが、発売されたばかりのホンダジェイドも有効です。ジェイドはハイブリットモデルとなりプリウスαとの競合がふさわしいですが、営業スタッフに早急に最高値引きを出してくださいと遠回しのメッセージにもなります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

新型スズキエブリィワゴン新車価格情報と、値引き購入のコツ2015!

SZ_S019_F002_M004_1_L_640x480
出典:http://carview.yahoo.co.jp/ncar/catalog/suzuki/everywagon/F002-M004/image/?img=1

スズキエブリィワゴンのスペック情報

エブリィワゴン車両価格

1,382,400円~1,738,800円(税込)

エブリィワゴングレード情報

JPターボ、PZターボ、PZターボスペシャル
※全車に4WD車を設定有
※PZターボを除く全車にハイルーフ設定有
編集部おススメグレード:PZターボ 1,598,400円(税込)

パワフル軽ミニバン 商用車イメージを払拭!

新型エブリィワゴンは、内装をワゴンRなどの乗用モデルと同じようなデザインとし少し前までのモデルで、軽トラックと同じイメージを受けるようなインテリアではなくなりました。シフトレバーはインパネシフトのためコラムシフトに比べてしっかりした操作感があります。運転席と助手席のウォークスルーも可能です。また、全車ターボエンジン採用によりストレスない走行性能を備えておいます。

燃費・環境性能では2WD車は14.4km/L、4WD車は13.8km/Lと他の車種が良くなった今は平凡な数値です。実際4WD車で街乗り重視なら10km/Lに届かないこともあるでしょう。 

img10
出典:http://www.suzuki.co.jp/car/everywagon/interior/

広いリアシートと広い荷室が魅力の軽

パパママ子供が2人なら大きなミニバンがいらないし、駐車スペースも限られていればエブリィワゴンは有力候補のひとつです。燃費はそこそこに、税金面など維持費が安い軽自動車は魅力的ですよね。PZターボ以上のグレードであればプッシュコントロール式のオートエアコンが装備されます。

img02
出典:http://www.suzuki.co.jp/car/everywagon/interior/

20万円の新車値引よりも、どこにでもある街のモータース(販売代理店)の新古車を狙え!!

軽自動車と言っても価格帯は小型車価格帯ですので決して安い買い物ではありません。車両本体と販売店オプションで20万円前後を目指しましょう。オーディオやナビを販売店で装着する場合には販売店オプションから2割を目標に値引き交渉がおススメです。メーカーオプションより販売店の利益率が高い商品だからです。競合としてはダイハツアトレーワゴンが有力です。ホンダバモスはターボモデルが無く競合には不利になります。大きな荷室がそこまで必要ないようでしたらダイハツタントも競合車種になります。

スズキのディーラーはメーカーディーラーのほか地域密着のモータースも多くあります。こちらのモータースはメーカーインセンティブ獲得のため年度末は自社名義で登録してしまうケースが多々あります。4月以降に「登録済未使用車」いわゆる新古車として売り出されますので狙い目です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

新型トヨタヴェルファイア新車価格情報と、値引き購入のコツ2015!

TO_S200_F002_M001_1_L_640x480
出典:http://carview.yahoo.co.jp/ncar/catalog/toyota/vellfire/F002-M001/image/?img=1

トヨタヴェルファイアのスペック情報

ヴェルファイア車両価格

3,197,782円~6,716,618円(税込)

ヴェルファイアグレード情報

( )内は乗車人数
2.5Lモデル
X(8人)、Z(7,8人)、Z Aエディション(7人)、Z Gエディション(7人)、V(7,8人)

3.5Lモデル
ZA(7人)、ZA Gエディション(7人)、VL、エグゼクティブラウンジ(7人)
※各グレードに4WD設定有

編集部おススメグレード:Z Aエディション(7人、FF) 3,754,473円(税込)

ワイルド感を全面に押し出した新型ヴェルファイア

新型ヴェルファイアは兄弟車のアルファードと基本共通ながらフロントバンパー形状やヘッドライトデザインをスポーティなものにし、チョイ悪感を強調しています。リアテールランプはクリアテールとなっています。アルファードと見分けるポイントです。

ウェルファイアでオススメのグレードがZ Aエディション(7人、FF)の理由は、Z Aエディションなら上級モデルと変わらない装備が大抵装備されることです。両側パワースライドドアや、ナノイー空気清浄器がフロント&リアに対応しています。
carlineup_vellfire_interior_equip_44_pc
出典:http://toyota.jp/vellfire/interior/equip/

より進化した、スポーティーな走り

エンジンの進化

直列4気筒モデルが2.4L→2.5Lに排気量アップしました。ライバル日産エルグランドと同一にし、これまでと比較しトルク感が向上し使いやすさもアップしました。さらに高速走行に置いても頻繁に高速走行せずゆったり走行する場合は動力性能、静粛性も不満ありません。余裕を持った高速走行や山道を多用するユーザーは3.5Lモデルが魅力的ですが、3.5Lにはエコカー減税がありませんのでご注意ください。

リアサスペンションの進化

これまで一体化されていたトーションビーム式のサスペンションが一新され左右独立のダブルウィッシュボーン式を採用。高級セダンでは必須の装備です。造りが複雑になりコストアップになりますが乗り心地は大幅に向上します。日産エルグランドは先に独立タイプのマルチリンク式を採用していたため、これまでのヴェルファイアに足りなかった部分がなくなりました。カスタム化を求めるユーザーにとっては足回りにお金がかかり安くなったり硬めの設定を好む場合は不利になりがちですので注意が必要です。

アルファードとエルグランドを交えた値引き交渉で値引き額20-30万円を狙う!

新型車ですが、高額車種ともあり車両本体と販売店オプションで20万円前後を目指しましょう。日産エルグランドとの競合が有利です。エルグランドの値引き拡大傾向にありますので有効に利用しましょう。また、兄弟車アルファードとの競合です。同じトヨタでも販売店が違う別会社扱いですので競合車としては十分です。

ナビ装着時は販売店オプションナビがおススメです。メーカーオプションより安いです。販売店ナビ装着時は値引き総額30万円前後を目指してください。ドレスアップパーツも販売店で装着オプションを選択すれば値引きは獲得し易くなります。新型となり3か月の今、値引きは拡大傾向にありますのでギリギリまで粘って下さい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

新型トヨタヴォクシー(VOXY)新車価格情報と、値引き購入のコツ2015!

TO_S021_F003_M002_1_L_640x480
出典:http://carview.yahoo.co.jp/ncar/catalog/toyota/voxy/F003-M002/image/?img=1

トヨタヴォクシーのスペック情報

ヴォクシー車両価格

2,242,285円~3,054,857円(税込)

ヴォクシーグレード情報

X,X Cパッケージ,V,ZS
※それぞれに8人乗り7人乗り設定あり
HYBRID X,HYBRID V
※ハイブリットは7人乗りのみ
※ガソリングレードに4WD車を設定
編集部おススメグレード:HYBRID X 2,931,429円(税込)

エアロモデルを備えたミニバン 子育てパパに大人気

ヴォクシーは、トヨタの同じタイプの兄弟車ノア&エスクァイアの中でも唯一エアロパーツを標準装備したZSグレードを設定しています。内装色もZSグレードはオレンジ&ブラックの配色(※下記写真参考)も選べます。

TO_S021_F003_M002_3_L_640x480
出典:http://carview.yahoo.co.jp/ncar/catalog/toyota/voxy/F003-M002/image/?img=3

ヴォクシーは他のグレードでもヘッドライト形状やフロントグリルはスポーティーな形状となり、若々しさとドレスアップのやりやすさをアピールしています。インテリアはスッキリしたデザインとなっています。エアコンの操作パネルは円形に操作ボタンが集中しているため操作に慣れが必要です。常にオートなら問題なしです。

ミニバンの気になる「燃費」はハイブリットで解消

子育て世代に人気のミニバン、中でもヴォクシーは昨年2014年のミニバン販売台数No.1と売れています。価格帯もミニバンの中では手頃で、前述のドレスアップのやりやすさなど加味しても若い地方の子育て層にも人気となっています。休日利用の他、子育てママのお買いものや送迎にもヴォクシーは大活躍しています。

街乗りのストップ&ゴーにより低燃費を実現するトヨタのハイブリットシステムが燃費に不利なミニバンにも採用されたことにより、ヴォクシーはより人気を得て盤石な顧客基盤を築き上げています。日産セレナにもハイブリットがありますが、こちらは簡易式ハイブリットでほとんどガソリンエンジンモデルと変わりありませんのでヴォクシーが燃費性能では断然有利です。ヴォクシーのガソリンエンジンも低燃費に改善されています。高速・長距離用途にもガソリンモデルがおススメです。用途に応じた選択がベストです。

自動ブレーキは開発段階のトヨタ ぶつからない技術は優れてる

今や軽自動車にどんどん装備されている自動ブレーキシステムの予防安全ですが、トヨタは大衆車クラスへの装備が若干遅れています。日産のエマージェンシーブレーキやスバルのアイサイトに匹敵する、もしくは上回るシステムを開発中ではありますが実装が遅れています。ボディ剛性の高さ、ブレーキのコンピュータ制御を含めたブレーキアシストなど予防安全の高さは国内トップクラスの性能です。横滑り防止など車両安定装置S-VSCも全車標準装備となっています。

ヴォクシーは競合させることが値引き拡大のカギ!20万円を狙う!

競合車種が多く、兄弟車のノアもありますのである程度は期待できます。車両本体と販売店オプションで20万円前後を目指しましょう。

ナビ装着時は販売店オプションナビがおススメです。トヨタのロゴも入りバックモニターも対応、メーカーオプションより安いです。販売店オプション品は利益率が高い商品のためココから値引き交渉も有効です。日産セレナとの競合が一番おススメです。値引き額ではセレナの額が大きくなる傾向にありますので良い材料になります。これから出るホンダの新型ステップワゴンの話も入れ商談を引き延ばそうとし値引き拡大を狙うのも良いと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

新型日産エクストレイル(X-TRAIL)新車価格情報と、値引き購入のコツ2015!

NI_S020_F003_M002_1_L_640x480
出典:http://carview.yahoo.co.jp/ncar/catalog/nissan/x-trail/F003-M002/image/?img=1

日産エクストレイルのスペック情報

エクストレイル車両価格

2,313,360円~2,965,680円(税込)

エクストレイルグレード情報

S (4WDのみ)
X、エクストリーマーX、ブラックエクストリーマーX
※Xのみ2WD選択可
※Sを除く全車にエマージェンシーブレーキ設定有
※Sを除く全車で3列シートの選択可
編集部おススメグレード:X エマージェンシーブレーキ 3列シート 2,671,920円(税込)

使いやすい、3列シートのSUV

新型エクストレイルは自動ブレーキシステムなどの安全装備を強化してSUVでの販売台数はトップクラスです。また、3列シート車も設定され、いざという時の予備席も備わりました。シートはエクストレイル独特の素材でアウトドアにも優れた防水シートになっています。これはお子さんがジュースをこぼしてしまった場合などは水洗いでき非常に便利ですね!アウトドアよりこちらのケースが多いのではと思います。雨の日なども安心です。
708_dl0000502744
広々使える、エクストリーマーX 3列車
出典:http://www2.nissan.co.jp/X-TRAIL/interior.html

インテリアも乗用車と同じタイプでスッキリ確認しやすく使いやすいデザインになっています。新型のエクストレイルは2.0Lのガソリンエンジンのみとなっています。 動力性能は普段の街乗りでは十分パワーを感じ使いやすいエンジンです。しかし、高速道路の坂道では踏み込む必要があり少々エンジン音も高くなります。
NI_S020_F003_M002_3_L_640x480
出典:http://carview.yahoo.co.jp/ncar/catalog/nissan/x-trail/F003-M002/image/?img=3

トップクラスの予防安全、エマージェンシーブレーキ

安全性能ではエマージェンシーブレーキも設定され同クラスのスバルフォレスターアイサイト並んで高いレベルの安全性能も得ています。予防安全性能では最高ランクを獲得しました。軽自動車で主流のシステムではなく時速80kmまでの作動を実現しています。税別7.4万円の価格設定は選ばない理由がありません。

街乗り重視+エマージェンシーブレーキの安全性能に加え、ミドルSUVクラスで3列シートを望むユーザーにはオススメです。

エクストレイルの値引きは拡大傾向!目指せ20万円超値引き

エクストレイルの値引きは拡大傾向にあります。車両本体と販売店オプションで20万円前後を目指しましょう。スバルフォレスターが一番の有力競合車種です。マツダCX5や価格帯によってはホンダヴェゼルも有効です。

3列シートを商談で強調すると足元を見られてしまう可能性もありますので、あくまであれば良いレベルで有利に商談を進めるのがポイントです。3月の決算時期には、あまりメーカーオプションを装着しないモデルであれぱ在庫車や入庫予定車もあるでしょう。こちらは新古車在庫も多くなると見込まれるため、4月のタイミングでも大幅値引きが期待できます。候補のひとつに入れてみると良いと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

新型トヨタアルファード新車価格情報と、値引き購入のコツ2015!

TO_S009_F003_M001_1_L_640x480
どっしり重厚感のあるフロントデザイン。
出典:http://carview.yahoo.co.jp/ncar/catalog/toyota/alphard/F003-M001/image/?img=1

トヨタアルファードのスペック情報

アルファード車両価格

3,197,782円~6,716,618円(税込)

アルファードグレード情報

( )内は乗車人数
2.5Lモデル X(8人)、S(7,8人)、S Aパッケージ(7人)、S Cパッケージ(7人)、G(7,8人)
3.5Lモデル SA(7人)、SA Cパッケージ(7人)、GF、エグゼクティブラウンジ(7人)
※各グレードに4WD設定有
編集部おススメグレード:G(7人、FF) 3,995,018円(税込)

「高級」を追及した新型アルファード

新型アルファードの魅力は高級セダンに負けない乗り心地と圧倒的な室内空間を実現しています。

兄弟車にヴェルファイアがありますが違いは外装デザインです。アルファードは大型のフロントグリルが特徴で最近のトヨタの高級車のポイントのひとつです。全体的に落ち着いたイメージで高級感をアピールしています。日産エルグランドに室内空間の高級感に差をつけられていましたが、各所に合成レザーを使用するなど高級感をアップさせました。各操作パネルや樹脂感むき出しになりがちな小物類収納類の造りも高級感ある手を抜かない造りになっています。

carlineup_alphard_interior_seat_01_pc
高級感のあるゆったりシート。
出典:http://toyota.jp/alphard/interior/seat/

高級感ある走りにも本気でお金をかけました

エンジンの進化

直列4気筒モデルが2.4L→2.5Lに排気量アップしました。ライバル日産エルグランドと同一にし、これまでと比較しトルク感が向上し使いやすさもアップしました。さらに高速走行においても頻繁に高速走行せずゆったり走行する場合は動力性能、静粛性も不満ありません。余裕を持った高速走行や山道を多用するユーザーは3.5Lモデルが魅力的ですが、3.5Lにはエコカー減税がありませんのでご注意ください。

リア・サスペンションの進化

これまで一体化されていたトーションビーム式のサスペンションが一新され左右独立のダブルウィッシュボーン式を採用。高級セダンでは必須の装備です。造りが複雑になりコストアップになりますが乗り心地は大幅に向上します。日産エルグランドは先に独立タイプのマルチリンク式を採用していたため、これまでのアルファードに足りなかった部分がなくなりました。

carlineup_alphard_performance_performance_02_pc
刷新されたリア・サスペンション
出典:http://toyota.jp/alphard/performance/performance/

アルファードの値引きは、20万円前後をターゲットに!

新型車ですが、高額車種ともあり車両本体と販売店オプションで20万円前後を目指しましょう。日産エルグランドとの競合が有利です。エルグランドの値引き拡大傾向にありますので有効に利用しましょう。また、兄弟車ヴェルファイアとの競合です。同じトヨタでも販売店が違う別会社扱いですので競合車としては十分です。

ナビ装着時は販売店オプションナビがおススメです。トヨタのロゴも入りバックモニターも対応、メーカーオプションより安いです。販売店ナビ装着時は値引き総額30万円前後を目指してください。新型となり3か月の今、値引きは拡大傾向にありますのでギリギリまで粘りましょう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

新型トヨタエスクァイア新車価格情報と、値引き購入のコツ2015!

TO_S234_F001_M001_1_L_640x480
出展:http://carview.yahoo.co.jp/ncar/catalog/toyota/esquire/F001-M001/image/?img=1

トヨタエスクァイアのスペック情報

エスクァイア車両価格

2,592,000円~3,240,000円(税込)

エスクァイアグレード情報

Xi,Gi
※それぞれに8人乗り7人乗り設定あり
※HYBRID Xi,HYBRID Gi ハイブリットは7人乗りのみ
※ガソリングレードには4WD車を設定
編集部おススメグレード:Gi 8人乗り 2,792,571円(税込)

エスクァイアの魅力は上級グレードにあり

エスクァイアは先にモデルチェンジで発売されたノア&ヴォクシーの兄弟車。エンジンやハイブリットシステム、トランスミッションなど基本設計は全て同じです。

それでは何が違うのか?違う点はメーターパネルを含む内装に合成レザーで加飾して高級感を出している点と上級のGiにはフロントシートヒーターを標準装備する合成レザーシートが標準装備されています。兄弟車のノアと比較して価格は10万円から20万円の価格差がありますが5ナンバーサイズの高級感あるミニバンが選択できること、アルファードでは大きすぎるというユーザーにとってはうれしい選択となっています。
TO_S234_F001_M001_3_L_640x480
シンプルにまとまり見やすい計器類まわり
出展:http://carview.yahoo.co.jp/ncar/catalog/toyota/esquire/F001-M001/image/?img=3

なぜ、オススメはガソリンエンジンタイプなのか?

エスクァイア購入をご検討の方にオススメなのはガソリンエンジンタイプです。高級志向のミニバンは主に休日だけの利用、または長距離走行を多用する利用が多くなる傾向にあります。休日だけの利用で距離を走らないのであればハイブリットにかかる初期投資分を燃費差で回収することは難しいでしょう。長距離走行、高速走行ではハイブリットの恩恵があまり得られず燃費重視のエンジンは高回転に弱くなっています。通常のガソリンエンジンの方が有利に使えます。ただしフル乗車で高速走行は坂道で2.0Lエンジンは余裕がなくなりますので過度な期待は禁物です。

自動ブレーキは開発段階のトヨタ ぶつからない技術は優れている!

今や軽自動車にどんどん装備されている自動ブレーキシステムの予防安全ですがトヨタは大衆車クラスへの装備が遅れています。日産のエマージェンシーブレーキやスバルのアイサイトに匹敵するもしくは上回るシステムを開発中ではありますが遅れています。

ボディ剛性の高さ、ブレーキのコンピュータ制御を含めたブレーキアシスト、横滑り防止など車両安定装置S-VSCも全車標準装備となっているなど予防安全の高さは国内トップクラスの性能です。

エスクァイアの値引きは、オプション込み15万円ライン!

新型車とあり値引きは控えめですが、先に兄弟車のノア&ヴォクシーが登場しているためある程度の幅は期待できます。車両本体と販売店オプションで15万円前後を目指しましょう。

ナビ装着時は販売店オプションナビがおススメです。トヨタのロゴも入りバックモニターも対応、メーカーオプションより安いです。販売店オプション品は利益率が高い商品のためココから値引き交渉も有効です。下取り車との抱き合わせの値引き提示は曖昧になり危険ですので注意が必要です。下取りは避けて、愛車はネットを使った一括査定にお願いすることで実質の購入額を下げるのも手です。

carlineup_esquire_interior_dop_navi_01_pc
大画面のナビ
出典:http://toyota.jp/esquire/interior/dop_navi/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

新型ホンダグレイス新車価格情報と、値引き購入のコツ2015!

HO_S103_F001_M001_1_L_640x480
出典:http://carview.yahoo.co.jp/ncar/catalog/honda/grace/F001-M001/image/?img=1

ホンダグレイスのスペック情報

グレイス車両価格

1,950,000円~2,409,800円(税込)

グレイスグレード情報

HYBRID DX,HYBRID LX,HYBRID EX
※全グレードに4WD車を設定
編集部おススメグレード:HYBRID LX 2,040,000円(税込)

唯一のハイブリット4WDセダンと次世代トランスミッション

フィットアリアの後継とも言えるグレイス。ハイブリット専用モデルとして登場しました。5ナンバーハイブリットセダンの決定版、4WDとハイブリットの組み合わせはグレイスだけです。

カローラハイブリットより洗練されたデザインで商用車っぽいイメージを払拭しています。フィット譲りの広い車内空間とセダンの落ち着き感でこれまでのドマーニやアコード、トルネオのユーザーに対しダウンサイジングのハイブリットへ引き込む狙いもあります。動力性能もノーマルの旧型アコードに比べ引けを取らず大幅な燃費向上なら魅力的です。インテリアもフィット同様スッキリした使いやすい造りになっています。質感も十分です。

低燃費に大きく貢献する7速デュアルクラッチミッションも注目。

グレイスの注目すべき点はトランスミッションはCVTではなく7速デュアルクラッチミッション(7速DCT)です。高速域での静粛性とレスポンスに課題のあるCVTに比べDCTは構造がマニュアル車と同じなのでレスポンスに優れパワーの伝達ロスもなく低燃費に大きく貢献します。もちろん市街地でも常に次のギアが準備できているDCTはスムーズでキビキビ走ります。大きな課題でもあるミッションの重さも車両重量を1.2tに抑え軽量化しています。
出典:http://www.honda.co.jp/GRACE/webcatalog/performance/?from=GRACE-header

自動ブレーキをあんしんパッケージとしてEXに標準装備!

安全性能では自動ブレーキを含む「あんしんパッケージ」をEXに標準装備し他のグレードにはオプション設定しています。30km/h以下で作動するタイプの装備で軽自動車と同様のシステムです。

グレイスの値引きはオプション込みで7-10万円を狙う!

新型車で人気車であるためにあまり値引きは期待できません。車両本体と販売店オプションの値引きで7万円前後ならヨシとしましょう。これからの3月決算月には10万円引を十分狙える時期です。ただし3月に登録が望めない場合は10万円引きは厳しいです。

同じクラスならトヨタカローラハイブリットですが、一番人気の高いトヨタプリウスとの競合がおススメです。4WDが欲しい場合は最初から4WDの商談は足元見られてしまいますので値引きが最終段階まで進んだら値引きのネタとして話を出すのも手です。「この値引き額のまま追い金出すので4WDにしてください」とお願いすると良いでしょう。ただし、3月登録出来ないなど登録に時間がかかる場合は値引き額が活きない場合があるので注意が必要です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0