新型トヨタカムリ新車価格情報と、値引き購入のコツ2017!


出典 http://toyota.jp/camry/grade/g/?padid=ag341_from_camry_grade_g_thumb

トヨタカムリのスペック情報

トヨタカムリの価格帯

3,294,000円~4,195,800円(税込)

トヨタカムリのグレード情報

X、G、Gレザーパッケージ

編集部おススメグレード ハイブリットGパッケージ 3,499,200円(税込)

17インチアルミホイール、運転席電動パワーシートの装備されるGグレードがおススメです。横滑り防止装置はステアリング協調制御のS-VSCを全車標準装備しサイド&カーテンエアバックは全車に標準装備されます。新型カムリにはトヨタの最新予防安全技術トヨタセーフティセンスPが全車標準装備されレクサスHSとの装備差が少なくなりました

最上級のGレザーパッケージは本革シート、ソフトレザードアトリム、トヨタ純正ナビゲーションシステムなどさらに装備が充実します。クラウンハイブリッドロイヤルサルーンと価格を比較しても約90万円お求めやすい価格で、一番ベーシックなハイブリッドロイヤルと比較しても約20万円お求めやすい価格で魅力的ですが、カムリの中間グレードGと比較すると70万円高い価格設定です。値引き戦略も考慮すれば、オーディオレスのGを選択し販売店装着オプションナビで値引きを狙う方法がベストです。ただしブラインドスポットモニターはメーカー装着ナビにしか装備出来ませんのでブラインドスポットモニターが絶対必要なユーザーは注意が必要です。できれば販売店装着ナビでも対応可能にして欲しいですが、ここがトヨタの上手いところです。

トヨタFFフラッグシップセダン

かつての大型セダンプロナードやウインダムは無くなりカムリが一番大きなセダンとなりました。ウインダムはレクサスシリーズでESシリーズが日本で販売されなかったため途絶えています。

カムリは当初カローラ店のカローラの上級セダンとして登場し、2.0L以下5ナンバーセダンでしたがバブルの終わりにカムリプロミネントの登場で2.5Lモデルも誕生しました。その後カムリグラシアの登場により全車3ナンバー化し大型セダン化しました。
ビスタ店とネッツ店の統合時期にプロナードは消滅しレスサスブランドの日本展開でウインダムは消滅したためカムリがトヨタで一番大きなFFセダンになりました。
プロミネント時代から外装は大きくなってもその質感はベースモデルと変わりなく不満もありましたが先代のハイブリット専用モデルとして登場したカムリから内装の質感は大幅に向上しています。

マークXの後継?マークXとSAIは生産終了へ

セダンの販売不振に伴いマークX(旧マーク2)がコロナマーク2時代からの長い歴史に幕を下ろそうとしています。さらに同トヨペット店扱いのハイブリッド車SAIも生産終了の方向です。新型カムリはこれまでのカローラ店に加え、トヨペット店とネッツ店で販売スタートしました。ネッツ店での大型セダンの販売は約12年前に販売終了したアリスト以来で、過去にはマーク2の兄弟車種チェイサーの取り扱いもありました。全てカムリに集約され、トヨタはカムリに相当なエネルギーを注ぎ込んでいます。

クラウンと同サイズのボディ

トヨタFR高級セダンクラウンと同等のボディサイズで全長は4.9mに迫るサイズです。センターにプロペラシャフトがありませんのでリヤシートの広さはクラウンを凌駕します。カムリは前輪駆動方式のFFのため小回り性能はFRに比べて不利です。大型ミニバンのアルファードに迫る最小回転半径5.7m、さらにレザーパッケージはアルファードを上回る5.9mで市街地や狭い場所での取回しには注意が必要です。試乗車を活用し確認しましょう。

トヨタセーフティセンスPを採用

トヨタは最新の予防安全装備としてトヨタセーフティセンスという名で展開していますがミリ波レーダーと単眼カメラを併用したより高いレベルの安全装備トヨタセーフティセンスPを新型カムリに装備しました。エマージェンシーブレーキ、衝突軽減に加えてレーダークルーズコントロールで前車に追従する機能やオートマチックハイビーム、車線逸脱警報&ステアリングアシストなど安全装備がフル装備です。さらにカーテン&サイドエアバッグも装備され、レクサスシリーズの安全装備に並びました

長距離ドライブに重宝する前車追従型のアダプティブクルーズコントロールも全グレード標準装備しました。

新型A25A-FXS型エンジン+モーター搭載

クラウンハイブリットと一緒?

新型2.5Lエンジン+ハイブリットはエンジンスペック上はクラウンと一緒です。しかしクラウンは2AR-FSEで先代カムリと同型、さらにクラウンは直噴D4-SエンジンでFR専用設計、カムリは高圧縮比アトキンソンサイクルタイプのエンジンの違いがあります。

新型カムリはクラウンハイブリットと似たシステム、同等のボディサイズ、同等スペックを持ちながら新エンジンを搭載しG、GレザーパッケージではJC08モード28.4km/Lでクラウンハイブリッドよりも約5km/L上回る低燃費性能を誇ります。

高出力で低燃費

新型カムリのエンジン+モーターのシステム最高出力は211馬力で、かつてのV6 2.5Lエンジン以上の出力を得ています。実用域ではモーターの力強さが増しますのでそれ以上のパワー感があります。
高速走行においても安定した加速感が得られ気持ち良い加速感があります。合流時など力強い加速が要求される場面では4気筒独特のエンジンノイズが少々気になりますが、すぐに加速が済みますので問題ありません。

上質仕上げの内装 ゆとりの後席空間が確保


出典 http://toyota.jp/camry/interior/?padid=ag341_from_camry_navi_interior
新型カムリの内装はシンプルな造りですがよく見ると上質な造りになっています。ソフトなレザー風の素材とシルバーのアクセントに木目調パネルの組み合わせにより高級感が出ています。

左右独立温度コントロール式のオートエアコンも上級車の必須アイテムとなっています。特に北米市場では必須の左右独立温度コントロール式のオートエアコンです。エアコン操作パネルはスッキリ上質なものとなっていますが、風量調整や風向調整をマニュアル操作したい場合には操作パネルの下部が絞り込まれているデザインのためボタンが小さく操作しにくい面もあります。

先代モデル同様フロントシートリヤシートともゆとりがあり快適です。シート自体の造りはクラウンが上ですがリヤシートの足元空間と頭上空間はクラウンより広く快適な空間が確保されています。

トヨタ販売店競合がベスト 日産ならティアナ

カローラ店ネッツ店トヨペット店の併売開始

先代モデルまでカムリはカローラ店専売車種でした。今回新たにネッツ店とトヨペット店、東京地区はトヨタ店での販売がスタートしチャネル拡大しました。競合は同地域内のトヨタ店を除く3つのチャネルで見積もりをとることが出来、競合させることができます。

値引き額にはどのチャネルも大きな差が無いことが予想されます。下取り車がある場合は下取り価格を含めたトータルの支払総額での比較、または買取店での買取を含めた商談が大切です。

他メーカーなら日産ティアナも有力ですがティアナはガソリン専用モデルです。同等のボディサイズながらカムリとの価格差は約-50万円と魅力的です。ハイブリットモデルならホンダアコードハイブリットも参考にしてみましょう。アコードハイブリットは燃費性能では同等ですが、動力性能を含めたハイブリットのトータルの性能、価格面はカムリが有利になっています。

目標値引き額はトータルで15万円

値引き額は車両本体で10万円、販売店オプションのカーナビ装着の場合はオプションから5万円引きを狙いましょう。トータルで15万円以上の値引きを狙いましょう。20万円以上の値引きは販売店装着ナビ+ボディコート+メンテナンスパックなど販売店の利益賞品を全て含めた場合のみ。新型で間もないカムリの値引きはまだまだ渋い状況です。7/20現在のカムリの納期は約2か月のため仮決算期の9月に間に合うかどうかです。バックオーダーはプリウス新型時よりも少ないと思われ、来月になれば納期は短縮され値引きも少々拡大すると予想されますので、じっくり商談することをおススメします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

新型マツダCX-5新車価格情報と、値引き購入のコツ2017!


出典 http://www.mazda.co.jp/cars/cx-5/grade/?link_id=xd#cx-5

マツダCX-5のスペック情報

マツダCX-5の価格帯

2,462,400円~3,526,200円(税込)

マツダCX-5のグレード情報

20S、20S PROACTIVE、25S Lパッケージ
25S 4WD、20S PROACTIVE 4WD、25S Lパッケージ 4WD
XD、XD PROACTIVE、XD Lパッケージ
XD各グレードに2WD/4WDの設定あり

編集部おススメグレード XD PROACTIVE 2WD 3,002,400円(税込)

昼夜問わず自動で12段階に明るさを調整するアダプティブLEDヘッドライトや車線逸脱警報装置、前車追従型のクルーズコントロールが付いたPROACTIVEがおススメです。エンジンはコンパクトカー並みの燃費で4.0L車並みのトルクパワーを持つクリーンディーゼルXDがおススメです。アドバンスドスマートシティブレーキサポート、カーテン&サイドエアバックは全車標準装備になりました。先代モデルではセットオプションだった車線逸脱警報などの安全装備がPROACTIVE以上では標準装備されます。価格は先代モデルよりアップしてますがオプション価格を考慮すれば実質値下げです。

PROACTIVEは19インチアルミホイールが標準装備ですが、乗り心地と経済性を重視するユーザーは17インチアルミホイールを選択することをおススメします。乗り心地がソフトになるばかりでなくタイヤ交換時にタイヤ代が節約できます。17インチアルミホイールを装着することにより5.4万円安くなりますので300万円を切る価格になり魅力的です。先代モデル同様にCD/DVDプレーイヤー&地デジチューナーは必ずオプション選択しましょう。アドバンスドスマートシティブレーキサポートは全車標準装備のため、クルーズコントロールやLEDヘッドライトが標準で明るさ調整のアダプティブLEDヘッドライトが不要ならスタンダードなXDグレードでも十分満足できる装備内容です。

マツダデザインのSUV

エクステリアデザインは先代モデルと酷似しています。フロントデザインはセダンタイプのアテンザなどと共通のデザインでヘッドライトは横に長いシャープなデザインです。先代モデルはSUVテイストが強めでしたが新型CX-5はデザインに高級感と美しさも加えられ、背が高いSUVでも低重心に見せるスタイルで重厚感を感じます。ボディからシャシー、エンジンなど全てにおいてスカイアクティブテクノロジーを搭載し人馬一体の運転する楽しみを第一に考えました。

エンジンラインナップは先代モデル同様で直列4気筒2.0Lと2.5Lのガソリンエンジンと直列4気筒2.2Lのクリーンディーゼルターボエンジンをラインナップ。各エンジンとも出力面でも変更ありません。トランスミッションもトルクコンバーター式6ATを採用しスムーズな走りに加え、CVT車のようにギクシャクする不自然な動作も無く信頼性も抜群です。

成熟したクリーンディーゼル

シンプル構造でも排ガスクリーンのスカイアクティブD

CX-5のXDグレードに搭載される2.2Lディーゼルターボエンジンは静かで排気ガスがクリーンで話題になっています。最高出力は175馬力でトルクは4.0L車並の42.8kgmを発揮しながら18.0km/Lの低燃費を実現しています。

これまでのクリーンディーゼルは大型車を含めて尿素を用いて排ガス浄化装置でススを燃焼させ、排ガスをキレイにする措置が不可欠でした。しかし、マツダは14.0という低圧縮かつ燃焼効率の向上させ、ディーゼルのすすはDPFフィルターで収集しエンジンの熱で自動燃焼させる仕組みでクリーンな排ガスを実現しました。これがスカイアクティブDです。特別な装置を必要としないためコストも低く抑えました。NOxは0.08g/km、PMは0.005g/kmで欧州で定める厳しい基準ユーロ6に対応しています。

停車時のアイドリング音は車内ではかすかにコロコロと音がする程度で、走りだすとディーゼルを全く意識することが無くなります。軽くアクセルほ踏みこむだけでシューンと加速しあっという間に80km/hまで加速してしまいますので、街乗りではパワーをもてあまします。

ミラーサイクルガソリンエンジンのスカイアクティブGも魅力

XDと比較して約40万円価格が安くなる20Sも魅力的です。ガソリンエンジンもスカイアクティブGと呼ばれるマツダの技術が入ってます。ガソリン車では13.0の高圧縮で直噴エンジンのミラーサイクル(アトキンソンサイクル)エンジンです。高圧縮でも点火タイミングを調整して不完全燃焼を防止しています。燃費も16.0km/Lと良好です。ディーゼル車選択時の価格はガソリン車選択時の価格に比べ約40万円あるため燃費で価格差は解消できませんので、ディーゼルにこだわらなければお買い得感はガソリンモデルにあります。

2.0Lエンジンでもストレスなく乗ることができますが、高速や山間部までゆとりをもってドライブ可能な2.5Lエンジンもおススメです。瞬発力、軽快感、回す楽しみはディーゼルより高く価格面でもディーゼルより安いですので最後まで悩み選択となります。

上質かつスポーティな内装



出典 http://www.mazda.co.jp/cars/cx-5/grade/?link_id=xd#cx-5
新型CX-5のインテリアは先代モデルと似ています。全体的にダッシュボードを低く抑えマツダコネクトの7インチWVGAセンターディスプレィのみが飛び出るスタイルです。7インチWVGAセンターディスプレィを全車標準装備しています。販売店オプションのSDカードを購入するだけでナビゲーション機能が利用でき便利です。

エアコン操作パネルもスポーティなデザインで使い勝手も良好です。高級車に装備される左右独立温度調整式オートエアコンは全車標準装備です。センターコンソール横や助手席グローブボックス下部付近はプラスチック感で出ますが普段目に着く所はしっかりと造り込まれて上質な内装になっています。

フロントシート、リヤシートとも大きめでゆったりサイズになっています。リヤシートはシートアレンジも多彩で多くの荷物も積むことが可能です。リヤシートのクッション長はフロントシートとほとんど変わらないサイズでゆったり乗車可能でSUVスタイルのため頭上空間にも余裕があります。

安全装備は強化 アドバンスドスマートシティブレーキサポート

新型CX-5は80km/hまで対応可能な衝突軽減の自動ブレーキシステムを全車標準装備しました。カメラを用いたシステムで歩行者認識機能も装備しています。先代モデルは追突防止レベルの性能だった自動ブレーキシステムは大きな進化を遂げています。国土交通省と独立行政法人自動車事故対策機構(NASVA)が実施する予防安全性能アセスメントにおいて、最高レベルの先進安全車「ASV++」を獲得しました。

PROACTIVE以上では車線を逸脱したときに警報としてお知らせする車線逸脱警報装置も装備され、ステアリングアシストも装備します。さらに前車追従型クルーズコントロールは0から100km/hまで作動し前車が停止した場合には停止保持機能によりそのまま停止し前車が発進した場合にはそのまま設定速度以内で追従走行します。カメラを利用した標識認識機能も装備し、一時停止や進入禁止の標識を読み取りフロントガラス下部に装備されるアクティブドライビングディスプレイに表示します。

出典 http://www.mazda.co.jp/cars/cx-5/feature/safety/i-activsense/?link_id=sbnv

エクストレイルやフォレスター、C-HRで競合

目標は総額20万円 値引き拡大中

新型CX-5の値引きはフルモデルチェンジ当初は一桁値引きでしたが徐々に拡大傾向にあり、車両本体価格から10万円、付属品やメンテナンス等のサービスパックから5万円の15万円の値引きが出てきています。これから年度末商戦になればさらに条件は緩くなり20万円以上の値引きが期待できます。

ポイントは3月末までに登録可能なクルマです。登録実績のため年度内登録が値引き獲得の大きなカギになります。色、グレード、メーカーオプションの装備品が合致する場合にはどんどん値引き交渉していきましょう。

低燃費で魅力的なライバル車が続々登場

日産エクストレイルハイブリッドが競合には最適です。価格帯はCX-5ガソリンモデル2.5L車と同等価格帯でエクストレイルノーマルガソリンモデルならCX-5ガソリンモデル2.0Lと同等価格帯です。エクストレイルの値引き額は拡大傾向にありCX-5よりも値引き額は10万円多くなる傾向ですので競合には最適です。安全面ではアイサイトを搭載するスバルフォレスターです。4WDのみのラインナップのフォレスターはターボモデル以外は最上級でも270万円を切る価格で値引きも期待できますので競合可能です。

ハイブリッドモデルにはトヨタハリアーハイブリッドも有効ですが、新型のC-HRを忘れずに競合させましょう。プリウスベースのSUVは人気も高く値引きは厳しいものの燃費性能は抜群です。

下取車がある場合には査定額もしっかりチェック

下取り価格はあくまでも下取り価格。鵜呑みにしないで買取店一括査定申込みで最高額で手放しましょう。買取店買取価格と下取り価格がほとんどかわらずの場合は下取りに出すことをおススメします。自動車税未経過分やリサイクル料金の込別など細かい点もしっかりチェックしましょう。買取店が若干高くても自動車税未経過分やリサイクル料金込みの価格が一般的ですので注意が必要です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

新型スズキワゴンRスティングレー新車価格情報と、値引き購入のコツ2017!


出典 http://www.suzuki.co.jp/car/wagonr_stingray/detail/

スズキ ワゴンRスティングレーのスペック情報

スズキ ワゴンRスティングレーの価格帯

1,293,840円~1,779,840円(税込)

スズキ ワゴンRスティングレーのグレード情報

L、ハイブリッドX、ハイブリッドT
全車CVT 各グレードに4WD設定有り
Lにセーフティパッケージ装着車を用意、ハイブリッドX以上は標準装備

編集部おススメグレード ハイブリッドT (2WD) 1,409,400円(税込)

オートエアコン、プッシュ式スタートシステム、アルミホイール、LEDヘッドライト、フロント&リヤスタビライザー(2WD車)など一通りの快適装備が全車標準装備のスティングレーシリーズ。さらにデュアルセンサーブレーキサポート、誤発進抑制機能、車線逸脱警報機能、ふらつき警報機能、ヘッドアップディスプレイなどの最新予防安全装備はハイブリッドX以上に標準装備、Lグレードにセーフティパッケージを装着を用意し安全面にも不足ありません。

ハイブリッドTにはスポーティな走りが楽しめるターボエンジンを搭載。もちろんハイブリッドシステムも搭載されています。さらに15インチアルミホイール、クルーズコントロール、サイド&カーテンエアバック、パドルシフトがハイブリッドTにのみ装備されます。ハイブリッドXとの価格差は約17万円ですが、エンジンのみではなく装備面でも快適安全、スポーティな装備が満載ですのでおススメです。

ハイブリッドXはノーマルFZをよーく確認しよう

スティングレーシリーズの中間グレードハイブリッドXはサイド&カーテンエアバックの設定やクルーズコントロールの設定も無く、装備面ではノーマルシリーズのエアロパーツ装着グレードで顔つきもカッコいいFZグレードと共通です。価格差は約8万円スティングレーXが高く、デザインの好みの差です。

よりスポーティに生まれ変わったスティングレー

ワゴンRシリーズでもスポーティな位置づけとしてシリーズ化されているスティングレー。フロントヘッドライトはキャデラックで使用されているような縦長のキリッとしたデザインに、テールランプはクリアテールレンズを採用しました。

新プラットホーム採用とボティ骨格の強化による剛性、安全性のを高め普通車並みの乗り心地と走りを実現しました。車両価格はホンダフィット1.3Lモデルの上級グレードよりターボ車の価格は高くなりますが、軽自動車ならではの取り回しの良さとターボエンジンのパワーとスポーティさは十分に選ぶ価値があります。

ワゴンR共通の快適装備

新プラットホームを採用することによりエンジンルームをコンパクト化を実現し軽ワゴントップの室内長2,450mmを実現しリヤシートの快適性を高めました。

出典 http://www.suzuki.co.jp/car/wagonr_stingray/safety/
デュアルセンサーブレーキサポート装着車には運転席前方のダッシュボード上に、スピードやシフト位置、デュアルセンサーブレーキサポートの警告などを表示するヘッドアップディスプレイを装備しました。運転中、ドライバーの視線上に車速などを表示するため、ドライバーの視線移動や焦点の調節を減らし、安全運転に貢献します。不要の際には格納可能です。さらに、ハイブリッドTには45km/h~100km/hの範囲で速度を定速に保てるクルーズコントロールやステアリング部分でシフト操作が任意で出来るパドルシフトも採用しました。

ハイブリッド+ターボエンジンの実力は?

ターボエンジン+新小型モーターの組み合わせ

発電効率に優れたISG(モーター機能付発電機)により、ブレーキ操作やエンジンブレーキなどの減速エネルギーを利用して発電し、アイドリングストップ車専用バッテリーと専用リチウムイオンバッテリーに充電します。

クリープ走行時や減速時にエンジンが停止しエンジン停止時には「EV」の表示になります。これまでは走り出す前にエンジンが始動しましたが、新型ワゴンRは走り始めてからエンジンが作動し作動音も静かになり自然になりました。ターボエンジンは3,000回転で最大トルク10kgmを発揮させますので日常回転域で最大トルクが発生します。街乗りから高速クルージングまでストレスない加速が楽しめます。

ターボ車でも28.4km/Lの低燃費

グレードによって燃費差がありますがハイブリッドモデル2WD車はJC08モードクラストップ34.4km/Lの低燃費を実現しています。ターボエンジン搭載車でも28.4km/Lの低燃費を実現し長距離走行時にはノーマルエンジン車と燃費の差はほとんどなくなります

レッドスティッチによるスポーティな専用インテリア

出典 http://www.suzuki.co.jp/car/wagonr_stingray/interior/


直線基調のデザインで小物も置きやすいデザインはワゴンR共通ですが、インパネ部分やステアリング、シートに至るまで各パーツにレッドステッチを施しスポーティ感を高めています。

フロントシートはインパネ中央部の下への出っ張りが無いため解放感が抜群です。インパネ上部のフロントガラスへの干渉が無い低いデザインのため前方視界の視認性も良好です。リヤリートは左右独立リクライニング&スライドシートが装備されます。足元空間はスライドドアのスペーシアに匹敵するくらいの広さがあり、頭上空間も身長170cmの筆者の場合こぶし1個半入りました。また、シートバックが長いため肩付近までサポートしてくれますので快適なリヤシートです。中身がスポーティでも広さはワゴンRのノーマルモデルと共通です。

フラットになる荷室は使い勝手良好

荷物の量や長さに応じて、スライドや可倒が可能です。ワンアクションで倒すことが可能で倒した際にはフラットになりますので使い勝手が良好です。

出典 http://www.suzuki.co.jp/car/wagonr_stingray/luggage/

ダイハツムーヴカスタムと競合 値引きは渋いが期待できる

新型でも値引きは期待!10万円から15万円引きを狙おう

新型ワゴンRスティングレーの値引き目標は車両本体価格から8万円、販売店装着オプションはフロアマットやバイザーのみになると予想されます。また、Apple CarPlayを使うためにはメーカーオプションメモリーナビを装着しなければならず販売店オプションからの値引きが期待できません。しかし、Apple CarPlayが不要で販売店装着オプションナビを装着した場合には販売店オプション価格から5万円引きを狙いましょう。総額で13万円前後の値引きを狙いましょう。これからの決算時期は狙い目です。

ダイハツムーヴカスタムとの競合が鉄板。ホンダNワゴンカスタムの見積も用意しましょう。ムーヴカスタムにはオプションのカーテン&サイドエアバックが標準装備されクルーズコントロールも装備されます。スティングレーの装備にアドバンテージがあり新しいモデルであることから足元を見られないように注意しましょう。

異なる資本の販売店同士での競合も!

スズキの販売店は同じスズキアリーナでも資本が異なる販売店が同一地域にある場合があります。スズキアリーナ○○のように販売会社名が異なる場合には両方で見積もりを取ることも大切です。営業スタッフの知識や対応力を見ながら商談を進め販売店を選ぶことも値引き獲得には大切です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

新型スズキワゴンR新車価格情報と、値引き購入のコツ2017!


写真はFZ 出典 http://www.suzuki.co.jp/car/wagonr/detail/

写真はFX 出典 http://www.suzuki.co.jp/car/wagonr/detail/index_fx.html

スズキ ワゴンRのスペック情報

スズキ ワゴンRの価格帯

1,078,920円~1,530,360円(税込)

スズキ ワゴンRのグレード情報

FA、ハイブリッドFX、ハイブリッドFZ
全車CVT 各グレードに4WD設定有り
FAを除くグレードにセーフティパッケージ装着車を用意

編集部オススメグレード ハイブリッドFZ セーフティパッケージ 1,409,400円(税込)

オートエアコン、プッシュ式スタートシステム、14インチアルミホイール、シートリフター、LEDヘッドライト、フロント&リヤスタビライザー、本革巻ステアリングホイールなど快適なドライビングで出来る装備標準装備化されるのがFZグレード。さらにセーフティパッケージを装着しデュアルセンサーブレーキサポート、誤発進抑制機能、車線逸脱警報機能、ふらつき警報機能、ヘッドアップディスプレイなどの最新予防安全装備に不足ありません。

中間グレードのFXセーフティパッケージ装着車との価格差は約13.6万円。内容は、運転席シートリフター、本革巻ステアリングホイール、14インチアルミホイール、LEDヘッドライト、フロント&リヤスタビライザー、フロント&リヤのエアロバンパーやルーフエンドスポイラー、IRカット機能付フロントガラス、プレミアムUV&IRカットフロントドアガラスなど、価格差以上の快適装備と快適な足回りのため上級のFZグレードは魅力的です。

完成度の高いベーシックグレードFA

エネチャージ機能やデュアルセンサーブレーキサポートなどの先進機能は未装備ながら、ボディ同色バンパー、ドアミラー、アウトサイドドアハンドルのため外観はFXと変わらず、マニュアルエアコン、全席パワーウインドウを装備しリヤシートは上級グレード同様左右分割スライド&リクライニングが可能です。基本性能のみにこだわるなら消費税抜き価格なら車両本体で100万円を切るFAもおススメです。

スタイル一新 新型ワゴンR

背高軽自動車の中心となるワゴンRが2017年2月フルモデルチェンジしました。1993年に誕生して以来6代目のモデルになります。フロント、サイド、リヤのデザイン、インテリアデザインを一新しました。ノーマル系モデルでもFA&FXグレードとFZグレードではフロントマスクが若干異なります。また、スポーティなシリーズとして存在する「スティングレー」も同時にフルモデルチェンジしました。

新しい装備もたくさんの新型ワゴンR

新プラットホームを採用することによりエンジンルームをコンパクト化を実現し軽ワゴントップの室内長2,450mmを実現しリヤシートの快適性を高めました。

出典 http://www.suzuki.co.jp/car/wagonr/safety/
デュアルセンサーブレーキサポート装着車には運転席前方のダッシュボード上に、スピードやシフト位置、デュアルセンサーブレーキサポートの警告などを表示するヘッドアップディスプレイを装備しました。運転中、ドライバーの視線上に車速などを表示するため、ドライバーの視線移動や焦点の調節を減らし、安全運転をサポートします。不要の際には格納可能です。

上級グレードは走りが改善

ワゴンRはエアロモデルのスティングレーシリーズ以外には走行安定性を高めるスタビライザーは未装備でした。しかし、新型ワゴンRはFZグレード2WD車にはカーブでの走行安定性を保つスタビライザーをフロント&リヤに装備しました。ライバルのダイハツムーヴに走りの装備面で追いつきました。しかし、他のグレードには4WD車でフロントスタビライザーは装着されるものの2WD車には装備されません。

進化したハイブリッドの実力は?

従来の0.66Lエンジン+新小型モーターの組み合わせ

発電効率に優れたISG(モーター機能付発電機)により、ブレーキ操作やエンジンブレーキなどの減速エネルギーを利用して発電し、アイドリングストップ車専用バッテリーと専用リチウムイオンバッテリーに充電します。ここまでは従来のSエネチャージと同じですが、モーターの出力をアップさせることにより、クリープ時にはモーターのみで走行し、加速時にはモーターでエンジンをアシスト出来るようになりました。これまで以上に燃費の向上に期待できるハイブリッドシステムです。

クリープ走行時や減速時にエンジンが停止しエンジン停止時には「EV」の表示になります。これまでは走り出す前にエンジンが始動しましたが、新型ワゴンRは走り始めてからエンジンが作動し作動音も静かになり自然になりました。

33.4km/Lの低燃費

グレードによって燃費差がありますがハイブリッドモデル2WD車はJC08モードクラストップ34.4km/Lの低燃費を実現しています。三菱自動車のように大規模ではありませんがスズキも燃費不正があったのは事実です。試験方法等の改善により算定された数値で、それでも先代モデルよりわずかながらですが0.4km/L燃費アップしています。

セーフティパッケージで安心 レーダーブレーキサポートの進化版

新型ワゴンRのデュアルセンサーブレーキサポートはレーザーレーダー+カメラで前方の車両や歩行者を認識し衝突回避または被害軽減をサポートします。自車速度15km/h~100km/hまでの速度域で衝突軽減ブレーキの作動が可能で、従来の30km/hまでとは異なりあらゆる速度域での安全性が確保されました。歩行者には対歩行者は60km/hの速度まで対応しています。

夜間走行では前方や対向車が無い場合には自動でハイビームに切り替えるハイビームアシスト機能も加わりました。また、約60km/h~100km/hまでの速度域で車線逸脱警報とふらつき警報が作動し安全面が強化されました。

すっきり感の高い広いインテリア

出典 http://www.suzuki.co.jp/car/wagonr/interior/


直線基調のデザインで小物も置きやすいデザインです。アルトラパンに似たデザインでプラスチック感が高いインテリアです。しかし、エアコンやオーディオの操作性が高く、少々遠視点となるセンターメーターの視認性は良好です。FX以上にはタコメーターも装備されます。

フロントシートはインパネ中央部の下への出っ張りが無いため解放感が抜群です。インパネ上部のフロントガラスへの干渉が無い低いデザインのため前方視界の視認性も良好です。リヤリートは全グレードで左右独立リクライニング&スライドシートが装備されます。足元空間はスライドドアのスペーシアに匹敵するくらいの広さがあり、頭上空間も身長170cmの筆者の場合こぶし1個半入りました。また、シートバックが長いため肩付近までサポートしてくれますので快適なリヤシートです。

フラットになる荷室は使い勝手良好

荷物の量や長さに応じて、スライドや可倒が可能です。ワンアクションで倒すことが可能で倒した際にはフラットになりますので使い勝手が良好です。

出典 http://www.suzuki.co.jp/car/wagonr/luggage/

ダイハツムーヴと競合 値引きは渋いが期待できる

新型でも意外と引くかも!10万円から15万円引きを狙おう

新型ワゴンRの値引き目標は車両本体価格から7万円、販売店装着オプションはフロアマットやバイザーのみ。また、Apple CarPlayを使うためにはメーカーオプションメモリーナビを装着しなければならず販売店オプションからの値引きが期待できません。しかし、Apple CarPlayが不要で販売店装着オプションナビを装着した場合には販売店オプション価格から5万円引きを狙いましょう。総額で12万円前後の値引きを狙いましょう。

ダイハツムーヴとの競合が鉄板。ホンダNワゴンの見積も用意しましょう。Nワゴンのあんしんパッケージを選択した場合にはサイド&カーテンエアバックが装備されます。ムーヴX SA2にもオプション設定されています。ワゴンRには設定がありませんので、値引き目標または希望する額に持ち込む際には「サイドエアバックが選べなくてもワゴンRに乗りたい気持ちはあるので金額お願いします」と伝えるのも有効です。

登録済未使用車は見極めに注意

スズキの販売店では主に軽自動車ですがメーカーインセンティブのために年度末には自社名義で登録して実績を計上。メーカーからインセンティブを獲得する販売店も少なくありません。一度登録された未使用車は新車価格よりも安く購入できる傾向にありますので4月から5月にかけてスズキ販売店をチェックしましょう。

しかし、新車価格から20万円以上安い場合にはお得ですが、20万円未満なら新車を購入しましょう。新車なら3年全期間車検があり、新車購入時に加入できるメンテパックもお得です。値引きが少々期待できる以上20万円未満の登録済未使用車や試乗車販売車にお得感はありません

下取り車は買取店も含めて高値で売却

現在ご使用のクルマをできるだけ高く手放すことも大切。ネットによる一括査定で買取店同士競合させましょう。低年式で走行距離が多く明らかに値段がつかなそうなクルマの場合にはそのまま下取りに出すのも良い手です。買取価格3万円未満ならリサイクル料金分と自賠責未経過分でそのくらいなりますので買取店に出すのは止めて下取りに出しましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

新型ダイハツアトレーワゴン新車価格情報と、値引き購入のコツ2017!

13%e3%82%a2%e3%83%88%e3%83%ac%e3%83%bc%e5%a4%96%e8%a6%b3
出典 https://www.daihatsu.co.jp/lineup/atrai/03_exterior.htm

ダイハツアトレーワゴンのスペック情報

ダイハツアトレーワゴンの価格帯

1,404,400円~1,738,286円(税込)

ダイハツアトレーワゴンのグレード情報

カスタムターボR、カスタムターボRS、カスタムターボRSリミテッド

全車に4WD車設定有

おススメグレード カスタムターボRSリミテッド(4WD) 1,738,286円(税込)

フロントメッキグリル、ディスチャージヘッドライト、左側パワースライドドア、13インチアルミホイール、フォグランプ、自発光式メーターなどの豪華装備が標準装備のカスタムターボRSリミテッドがおススメ。カスタムターボRSもオートエアコン、各種メッキ仕上げなど基本装備が充実しています。しかし、左パワースライドドアは最上級のリミテッドにのみ装備されオプションも選択できません。パワースライドドアが必要か不要かでグレードを決めても良いクルマです。

アトレーワゴンの2WDは後輪駆動のため降雪地域では駆動力を失いやすいため4WDが必須条件。4WDでも車両重量は1tをわずかに超える重さのため見た目以上に軽いクルマです。

4WDと2WDの価格差は約13万円です。非降雪地域や降っても年に数回で積雪はほぼ無しの地域ならアウトドアで未舗装路をよく走行するユーザー以外は4WDを選択する必要はありませんが、下取り価格や買取価格で差が出ます。4WDは概ね10万円前後は高く買い取ってもらえる傾向にありますので決して損ではありません。10年乗っても買取価格は確保されるアトレーワゴンです。

パワフルターボ軽ミニバン スマートアシストは未装備

新型アトレーワゴンは全車ターボエンジン採用。わずか2800回転で最大トルクを発揮しパワフルでストレスない走行性能を実現しました。エブリィワゴンよりも低回転でパワーが出ますので街乗りでは非常に使い易い設定です。アウトドアで山間部を走行する際にもストレスなく走行可能です。

反面、可変バルブ機構やアイドリングストップのような環境性能は全く備わらず設計の古さは否めません。

燃費性能は気にしないユーザー向け

燃費・環境性能では2WD車は14.8km/L、4WD車は13.8km/Lでライバルのスズキエブリィワゴンには一歩及びません。街乗りなら4WD車で街乗り重視なら10km/Lに届かないことが予想されます。アイドリングストップや回生エネルギーシステムは装備されず2.0Lクラスミディアムミニバンよりも燃費は悪くなっています

自動ブレーキのスマアシは未装備

ライバルのエブリィワゴンはレーダーブレーキサポートを装備するのに対し、アトレーワゴンは全グレードにスマートアシストの設定はありません。衝突安全ボディや各種エアバックは装備されるもののライバルに差を付けられている現状です。

広いリアシートと広い荷室 内装質感も向上

13%e3%82%a2%e3%83%88%e3%83%ac%e3%83%bc%e5%86%85%e8%a3%85a
13%e3%82%a2%e3%83%88%e3%83%ac%e3%83%bc%e5%86%85%e8%a3%85b
出典 https://www.daihatsu.co.jp/lineup/atrai/04_interior.htm/
内装デザインはスッキリシンプルですが質感は高いレベルです。ミライースとムーヴの中間の質感を保っています。最上級のリミテッドには自発光式メーターを採用し視認性と高級感を高めました。

プッシュコントロール式オートエアコンは全グレード標準装備で使い勝手も良好です。助手席側のグローブボックスは前方に食い込んだ形のデザインで助手席足元も広々です。

核家族にはピッタリ

パパママ子供が2人なら大きなミニバンがいらないし、駐車スペースも限られていればアトレーワゴンは候補のひとつです。燃費性能はミドルクラスミニバンよりも悪いですが、軽自動車税は安く重量税も安く済むためトータルの維持費は走行距離を多く走るユーザー意外はたいてい安くなります。

リヤシートは非常に広く足元スペースは広々です。また、180mmの分割シートスライド機能、分割リクライニング&格納も全グレード装備します。リヤシートはシートの高さが確保されシートバックも十分でミディアムクラスミニバンと同等の快適さが得られます。

エブリィワゴンと競合 街のモータース(販売代理店)の新古車を狙え!

値引き目標は総額で15万円以上を狙おう

軽自動車と言っても価格帯はコンパクトカーほ超える価格帯ですので価格は軽自動車を超えています。使用用途は違いますがハイブリッドカートヨタアクアのLグレードと同等の価格です。少しでもお得に購入するためにしっかり交渉することが大切です。
車両本体と販売店オプションで15万円前後の値引きを目指しましょう。オーディオやナビゲーションシステムを販売店で装着する場合には販売店オプションから2割を目標に値引き交渉がおススメです。メーカーオプションより販売店の利益率が高い商品のためナビゲーションシステムを装備するなら販売店で装着しましょう。

競合車はスズキエブリィワゴン OEMのスバルディアスも

競合車は長年のライバルスズキエブリィワゴンで決まり。自動ブレーキが未装備な点をアピールしそれでも「値段次第ではアトレーワゴンを買います」といったアピール方法が有効的です。

スバルの同クラス車のサンバーディアスがスバルでの生産を終了し、ダイハツからの相手先ブランド生産車(OEM)供給されているのがスバルディアスです。ディアスを競合として使う場合にはスバルの営業スタッフはアトレーと同じスタイルでアトレーが本命と思って商談してきます。あまり参考になる見積書が得られない場合がありますので、頭に入れておくことをおススメします。

新古車はこうして作られる!

ダイハツのディーラーはメーカーディーラーのほか地域密着のモータースも多くあります。こちらのモータースはメーカーインセンティブ獲得のため年度末は自社名義で登録して販売登録実績を作る傾向にあります。年末年始や春先に「登録済未使用車」いわゆる新古車として売り出されますので狙い目です。その際には登録日をよく確認しましょう。おおむね3か月以内で通常の新車値引きよりも5万円以上安い見積ならおススメです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

新型マツダデミオ新車価格情報と、値引き購入のコツ2017!

12%e3%83%87%e3%83%9f%e3%82%aa%e5%a4%96%e8%a6%b3

出典 http://www.mazda.co.jp/cars/demio/grade/#demio

マツダデミオのスペック情報

マツダデミオの価格帯

1,350,000円~2,224,800円(税込)

マツダアクセラのグレード情報

13C、13S、13Sツーリング、13S ツーリングLパッケージ
XD、XDツーリング、XDツーリング Lパッケージ
13Cを除く各グレードに2WD/4WDの設定あり
2WD車にMT設定あり

詳しくは販売店におたずね下さい
編集部おススメグレード XDツーリング 2WD 1,965,600円(税込)

クリーンディーゼルエンジンのXD、オートエアコン、LEDヘッドライト&オートライトシステム、合成皮革ブラックシートが装備され充実装備のXDツーリングがおススメです。
自動ブレーキシステムのスマートシティブレーキサポートは13Cを除く全グレードに標準装備されます。

メーカーオプションで必要なのはCD/DVDプレーヤー+地デジチューナーが必要です。コレが無いとCDオーディオが使えません。価格は税込32,400円です。

走る楽しさ デミオの選択

スタイリッシュなデザイン、欧州車並みの足回り、1.5Lクリーンディーゼルエンジンで注目される新型デミオ。走る楽しさ、運転する楽しさを与えてくれるコンパクトカーはデミオが一番おススメです。内装デザインもスポーティです。室内空間の広さはライバル各車の方が広く快適です。クルマ本来の走る・曲がる・止まるを楽しむユーザーにはデミオは楽しいクルマで最新のクリーンディーゼルエンジンも選択できます。

低燃費な2種類のエンジン

新開発1.5Lクリーンディーゼルターボ

1.5Lエンジンでパワーは2.5L車、燃費は軽自動車並みの26.4km/L(2WD 6AT)の低燃費を実現しています。

ディーゼルのすすは尿素システムを使わず、DPFフィルターで収集しエンジンの熱で自動燃焼させる仕組みでクリーンな排ガスを実現しました。ヨーロッパの厳しい排出ガス基準「ユーロ6」にももちろん対応したクリーンディーゼルエンジンです。

先に発売されているCX-5用の2.2Lエンジンと違いアイドリング時の音は大き目でカラカラ音が気になります。走行時には気にならないレベルになりますが加速時はやはり気になります。また、マニュアル車も設定されていますがオートマチックがベストマッチです。1500回転から3000回転と低回転でパワーを発揮するディーゼルエンジンはこの回転域を上手に使えるオートマチックが気持ちよく走行できます。

ガンガン回して走るタイプではありません。ディーゼルエンジンは低回転を上手に使うのがポイント。回しても4000回転で頭打ちの感覚です。

1.3L低燃費ガソリンエンジン

スカイアクティブGと呼ばれるマツダの直噴ガソリンエンジンも熟成されXDに迫る低燃費24.6km/L(2WD 6AT)を実現しています。XDとの価格差は30万円近くありますのでガソリン車の燃費も良ければ燃料代で車両価格差は解消できません。

登り坂でのパワーや加速性能をあまり気にせず、街乗り重視、静粛性重視ならガソリン車がおススメです。13Sグレードなら7インチセンターディスプレイも装備するなど装備が充実します。13Sグレードなら145.8万円(2WD 6AT)と軽自動車並みの価格で動力性能に優れ安全性能にも優れたデミオが買えます。ライバルのホンダフィットの自動ブレーキ搭載グレード1.3FLパッケージよりも約10万円安い価格です。

クラスを超えた?スポーティな内装

12%e3%83%87%e3%83%9f%e3%82%aa%e5%86%85%e8%a3%85a
12%e3%83%87%e3%83%9f%e3%82%aa%e5%86%85%e8%a3%85b
出典 http://www.mazda.co.jp/cars/demio/grade/#demio

スポーティなメーターデザイン

デミオのメーターパネルはガソリン、ディーゼル共、ツーリング以上ではタコメーターがアナログ、速度はデジタルを採用しています。極端ではありますがポルシェのタコメーター内にもデジタルのスピードメーターが表示されます。ポルシェもこのような表示だったことを思い出させます。ただ、ポルシェは視認性はあまり良くないですがアナログのスピードメーターも備わります。

センターの液晶モニターは13Cを除く全グレードに装備されます。CD/DVDプレーヤー+地デジチューナーをオプション選択すれば音楽もテレビも楽しめ、販売店オプションのSDカードでナビゲーションも使えるようになります。オプション選択しないとUSB接続の音楽しか楽しめませんので必ず選びましょう。唯一残念なのが社外オーディオが使えない点です。スッキリ取り付けできる場所がありまん。

エアコン操作パネルは使いやすい位置にありダイヤル&プッシュ式で操作性に優れています。見た目は良いですが、ダイヤルの動きにもう少ししっかり感が欲しいです。インパネデザインも含め全体的に上質でコンパクトカーの領域を超えた質感があります。

シートにやや不満あり

ツーリンググレード以上には合成皮革の上質なシートが装備され、Lパッケージはピュアホワイトシートとブラックシートが選択可能です。運転席シートはクッション長が短く感じ、先代デミオに似ています。短時間でもお尻が痛くなるシートですのでシートリフターと背もたれの調整で少しでも楽な姿勢を保てる場所を探す必要があります。横のサポート性には優れておりスポーティーな走りが楽しめるシートです。

リヤシートはフロントシートのシートバックが薄いため足元空間が広く確保されています。ただし、シートクッションは短く、シートバックが立っており、リクライニングも無いため乗車姿勢に疲れがあります。背の高い方175cm以上の方なら天井に頭が付きますので少々窮屈感もあります。リヤシートも多用するユーザーは実際に試乗車や展示車で確認することをおススメします。確実に日産ノートやホンダフィットより狭いです。

安全装備も充実

デミオの13Cを除く全グレードに追突防止の自動ブレーキシステムを採用しています。30km/h以下で作動する軽自動車と同じシステムですが渋滞時には助かります。13Cにはオプション設定もありません。

横滑り防止装置と発進時にタイヤの空転をエンジン出力で制御するトラックションコントロールは全グレードに標準装備され安全性能を高めています。

車線逸脱防止装置は13Cとオーディオレスオプション設定車以外にオプション設定です。当初はガソリン車に設定無しでしたがガソリン車も設定されました。

新型当初よりは値引き拡大 競合はフィットとアクア

目標値引きは総額15万円

新型デミオの値引きはガソリン車なら総額15万円の値引きを狙いましょう。車両本体から10万円、メンテナンスパック含む付属品を20万円分以上装着なら5万円前後の値引きを狙いましょう。

クリーンディーゼル車で補助金申請をするなら車両本体価格からの値引きは出来ません。補助金額以上の値引きがあれば補助金は出ません。デミオの補助金は1~5万円です。しかし、ガソリン車同様メンテナンスパック含む付属品を20万円分以上装着なら5万円前後の値引きを狙いましょう。クリーンディーゼル車は値引き額が少ない傾向にありますので注意が必要です。

ガソリンとディーゼルで競合車を使い分け

新型デミオガソリン車で競合はホンダフィットが理想です。価格帯も同価格帯です。ハンドリング、運転する楽しみはデミオが勝っても室内の広さはフィットが上。フィットの良い点をアピールし少しでも値引き拡大を狙いましょう。

新型デミオディーゼル車て競合はトヨタアクアが理想です。ハイブリッド車よりも燃費は良くなくとも軽油の安さでカバーできます。アクアの方が値引き条件が良い場合もありますので見積書は値引き拡大の材料にしましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

新型スバルインプレッサスポーツの評価・新車価格情報と、値引き購入のコツ2017!

07%e3%82%a4%e3%83%b3%e3%83%97%e3%82%b9%e3%83%9d%e3%83%bc%e3%83%84%e5%a4%96%e8%a6%b3
出典 http://www.subaru.jp/impreza/impreza/design/exterior.html

スバル インプレッサスポーツのスペック情報

スバル インプレッサスポーツの価格帯

1,922,400円~2,592,000円(税込)

スバル インプレッサスポーツのグレード情報

1.6i-Lアイサイト(2016年末発売予定)、2.0i-Lアイサイト、2.0i-Sアイサイト
2WD、AWDの設定有り。

編集部おススメグレード 2.0i-Lアイサイト(AWD、CVT) 2,376,000円(税込)

17インチアルミホイール、左右独立温度調整式オートエアコン、本革巻ステアリング、プリクラッシュブレーキや車線逸脱防止警報装置など含めた先進安全装備のアイサイトが標準装備される2.0i-Lアイサイトがおススメです。

LEDヘッドライトや運転席助手席電動パワーシートは2.0i-Sアイサイトに標準装備されます。これから発売予定の1.6Lモデルは装備面、価格面でお買い得のエントリーグレードですが、2.0Lは直噴エンジンのため高出力で低燃費。1.6Lエンジンとの燃費差は僅か0.2km/Lとほぼ同じです。下取りや買取など手放すことまで考慮すれば2.0Lエンジン車をおススメします。

スバルのアイサイト全グレード標準装備

新型インプレッサスポーツには先進安全装備のアイサイトバージョン3を全グレードで標準装備しました。ステレオカメラによって前方を常に監視。このカメラは人の目と同じように距離と形状を認識することが可能で高さが1m以上の対象物に対して認識します。クルマのみでなく、白線やガードレール、歩行者や自転車まで認識可能です。走行状態や警告表示はメーター内のディスプレイで確認できます。
07%e3%82%a4%e3%83%b3%e3%83%97%e3%82%b9%e3%83%9d%e3%83%bc%e3%83%84%e3%82%a2%e3%82%a4%e3%82%b5%e3%82%a4%e3%83%88b
出典 http://www.subaru.jp/impreza/impreza/safety/safety3.html
歩行者用エアバックも装備されることにより万一の際の歩行者へのダメージを最小限に抑えることが可能です。
07%e3%82%a4%e3%83%b3%e3%83%97%e3%82%b9%e3%83%9d%e3%83%bc%e3%83%84%e3%82%a2%e3%82%a4%e3%82%b5%e3%82%a4%e3%83%88a
出典 http://www.subaru.jp/impreza/impreza/safety/safety2.html

アイサイト搭載車追突事故率84%減

アイサイト搭載車の事故発生率は61%減、追突事故に限定すれば84%減と事故発生率が大幅に低下しています。安全レベルの高いクルマと言うだけでなく、事故率の低いクルマは保険会社からも評価され自動車保険の料率の低下が期待されます。

スバルのスタンダードは世界のCセグメント

ボディサイズは全長は5ナンバーサイズの4,460mmながら全幅は1,775mmとワイドボディーで3ナンバーサイズ。2.0Lモデルで17インチアルミホイールを装備するなどパッケージは欧州Cセグメントのライバル各車と肩を並べるインプレッサスポーツ。代表車種はフォルクスワーゲンゴルフ、プジョー308、メルセデスAクラスと同等クラスです。

最近のスバル車の基本シャシーとなっているSIシャシー。構造はフロントがストラット式、リヤがダブルウィッシュボーン式独立サスペンションを採用した構造。トヨタプレミオやアリオンの2WD車のリヤサスペンションはトーションビーム式で独立ではない構造です。

取回し性能に優れたボディサイズ

全長は4,460mmで5ナンバー規格で市街地でも運転しやすいサイズです。先々代のレガシィと似たサイズでレガシィからの乗り換えユーザーにとっても、小さい、狭い印象は全く与えません。

伝統の水平対向エンジン 1.6Lと2.0Lの二種類を用意

1.6Lのメリットは?

1.6Lと2.0Lのエンジンは自動車税排気量クラスは同クラスで基本年額は39,500円と同額で1.6Lだからといってメリットはありません。逆にライバル車の1.5Lが有利になります。1.6Lと2.0Lではエンジン出力は当然違います。1.6Lが115馬力に対して2.0Lは154馬力で2.0Lが高出力。さらに燃費はJC08モードでは同等で1.6Lを選ぶメリットが無いように感じられます。1.6Lと2.0Lの価格差は約24万円です。装備差とパーワーの差、下取り価格買取価格まで考慮すれば2.0Lエンジンの選択が無難です。

新開発直噴2.0Lエンジン

新型インプレッサスポーツの2.0Lエンジンは直噴エンジンを採用。グレードによりJC08モード燃費数値は異なりますが2.0i-LアイサイトAWD車で16.8km/Lの低燃費を実現しています。また、2.0Lエンジン車にはSIドライブも装備。ゆったり走行したいインテリジェントモードとスポーツモードの2種類のモードが選択できます。

低重心設計の水平対向エンジン

国産メーカーではスバルのみが製造する水平対向エンジン。海外ではポルシェのエンジンが有名です。V型でイメージすると180°のエンジンで重心を低く抑えることができます。空力性能はもちろんですが重心が低いことでカーブでのロールを抑えることができ安定した走りが可能になります

使い勝手と視認性にすぐれたインテリア

07%e3%82%a4%e3%83%b3%e3%83%97%e3%82%b9%e3%83%9d%e3%83%bc%e3%83%84%e5%86%85%e8%a3%85a
出典 http://www.subaru.jp/impreza/g4/grade/1.6i_s_eyesight.html
07%e3%82%a4%e3%83%b3%e3%83%97%e3%82%b9%e3%83%9d%e3%83%bc%e3%83%84%e5%86%85%e8%a3%85b
出典 http://www.subaru.jp/impreza/impreza/utility/package.html
新型インプレッサスポーツはレヴォーグ同様、アナログ式の水平指針メーターを採用しスポーティなインテリアに仕上げました。アイサイトの表示画面やナビモニター画面の真に性にも優れています。

シートの造り込みとドアトリムの造り込みは丁寧で満足のレベル。特にシートは厚みのあるサポート性の高いシートで快適です。左右独立温度調整式オートエアコンも装備するなど欧州車と肩を並べる造りになっています。ダッシュボード付近やエアコン操作周りは若干プラスチック感が高く、先代モデルと比較して上質感が足りなく感じるのが唯一残念な点。実際に試乗車展示車で肌に触れて確認してみましょう。

インプレッサスポーツは元々はスポーツワゴンだったモデルのためワゴンの使い勝手を持つハッチバックで荷物の積載性も抜群です。

マツダアクセラスポーツとの競合がベスト

総額10万円の値引き獲得を目指そう!

値引き額は車両本体で7万円、販売店オプションのカーナビ装着の場合はオプションから3万円引きを狙いましょう。新型登場間もないため、値引き額は厳しい面もあります。四半期ごとの決算時期以外ではトータル値引き10万円超えが合格ラインです。しかし、販売店オプションのボディコートや下回りコーティング、ガラスコート、長期メンテナンスを選択した際には確実に総額15万円引きを目指しましょう。これらのオプションは利益率が非常に高い商品です。

本命でアクセラスポーツ1.5スカイアクティブD

走行性能の高いマツダアクセラセダンはインプレッサスポーツ同様リヤサスペンションは独立式。アクセラセダンはマルチリンク方式を採用しマツダのスカイアクティブシャシーです。価格面、走りの面で競合にはピッタリの車種です。ぜひ、アクセラスポーツは1.5Lクリーンディーゼルで見積もりしましょう。プロアクティブでインプレッサスポーツ2.0i-Lアイサイトと比較し10万円高いのですがアクセラスポーツの方が値引き額が概ね10万円多くほぼ同額で絶好の好敵手です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

新型トヨタヴィッツ新車価格情報と、値引き購入のコツ2016-2017!

05%e3%83%b4%e3%82%a3%e3%83%83%e3%83%84%e5%a4%96%e8%a3%85a
出典 http://toyota.jp/vitz/grade/grade3/?padid=ag341_from_vitz_grade3_detail

トヨタヴィッツのスペック情報

トヨタヴィッツの価格帯

1,153,637円~2,199,273円(税込)

トヨタヴィッツのグレード情報

1.0F Mパッケージ、1.0F、1.0Fスマートストップパッケージ、1.3F
1.3U、1.5Uスマートストップパッケージ、1.5U
1.0Jewela、1.0Jewelaスマートストップパッケージ、1.3Jewela
RS、RSスマートストップパッケージ、RS G’s、RS G’sスマートストップパッケージ

1.3LモデルのF、U、Jewelaに4WD車設定あり  RSシリーズに5MT設定あり

編集部おススメグレード 1.0Jewelaスマートストップパッケージ 1,497,273円(税込)

先進安全装備のトヨタセーフティセンスCを標準装備しオシャレなインテリアのJewelaがおススメ。中でもスマートストップパッケージはアイドリングストップ機能付で低燃費を実現しています。FグレードにはトヨタセーフティセンスCを5.4万円でオプション設定しました。

1.3Lモデルは動力性能も燃費性能も1.0Lに比べて優れていますが、価格が高額になります。ハイブリッドモデルのアクアに近づく価格ですのでヴィッツを選ぶなら1.0Lエンジンで割り切るか、スポーツモデルの1.5LのRSを選択するのがおススメです。

ハイブリッド追加の話題も

ヴィッツにハイブリッドモデル追加が2017年3月頃に登場することがほぼ正式に決定しました。エクステリアデザインは改良がほぼ確実でマイナーチェンジレベルになるかプラットホームまで一新しフルモデルチェンジするのかはまだ不確実。ここでのタイトルに2016-2017になったのは現在はとりあえず、セーフティセンスCを追加しグレードの見直し、G’sの追加をメインで作成し、2017年に新型登場時に改めて2017バージョンを作成する狙いがあります。

自分好みのボディカラーを探そう

ヴィッツの選べるボディカラーは17色。自分の好きな色のヴィッツが選べます
ベーシックなコンパクトカーですが他の車種には無い珍しいボディーカラーもあり注目度は高まります。

コンパクトなボディは取り回しが楽ですがリヤガラスが絞りこまれたスタイリッシュなデザインの影響で、左後方の視認性が悪くバックモニターや目視による確認が必要です。展示車や試乗車でご確認ください。

シンプルなインテリア シートも標準レベル

出典 http://toyota.jp/vitz/grade/grade3/?padid=ag341_from_vitz_grade3_detail
05%e3%83%b4%e3%82%a3%e3%83%83%e3%83%84%e5%86%85%e8%a3%85a
05%e3%83%b4%e3%82%a3%e3%83%83%e3%83%84%e5%86%85%e8%a3%85b
ヴィッツのインテリアは質感は高くなくプラスチック感が強いです。シートの造りもスイフトやフィットと比較するとサポート性に欠けます。しかし車内に収納スペースが多くあり助手席のシートも前に荷物がズレ落ちないようストッパーを設定することもできます。小物を男性より多く持ち歩き、買い物袋を助手席に置く女性ユーザーにはおススメです。

Jewelaは写真のように専用カラーで明るいシートになっています。ビジネスイメージを払しょくし、女性に人気のシートカラーです。シートカラーのみでなくドアトリム、ダッシュボードもシートと同色にデザインされオシャレな印象を与えています。

リヤシートの足元空間は広くシートクッション座面が平坦であることから、3名乗車時に中央席でもそれほどお尻が痛くないのがポイントです。1.0L車の場合Jewelaであってもリヤシートが分割可倒式ではなく一体可倒式のため使い勝手に制限があるのが残念です。

低価格のヴィッツ希望なら1.0Lを選択

動力性能は1.0Lモデルは街乗りではスムーズに走りますが加速の場面ではパワー不足で3気筒エンジン音も決して静かとは言えません。しかし、軽自動車並みの低価格で普通車が狙えるのがヴィッツの魅力で軽自動車と比較すれば1.0Lのエンジンはゆとりがあります。

1.3Lモデルは新開発のエンジンで高圧縮化して燃焼効率を高めたアトキンソンサイクルを採用し力強さと低燃費を両立しています。燃費は25.0km/Lと同クラス並です。1.0Lのスマートストップ車よりも1km/L燃費性能がすぐけていますが価格が高価になり充実装備のモデルを狙うならハイブリッドのアクアと同価格帯になります。

通常モデルの乗り心地はソフトですが安定性ではスイフトが上です。スイフトと比較する場合にはスポーツモデルのRSがおススメです。1.5Lでスポーティーな走りを楽しみたい場合はRSシリーズ。RSシリーズでは5速マニュアルも選べます。2速3速での加速はマニュアルならではの楽しさがあります。スイフトスポーツは1.6Lのため税制面ではワンランク上になりますのでヴィッツは税制面では有利です。
05%e3%83%b4%e3%82%a3%e3%83%83%e3%83%84%e5%a4%96%e8%a3%85b
出典 http://http://toyota.jp/vitz/grade/grade5/
1.5Lでスポーティーな走りを楽しみたい場合はRS。RSでは5速マニュアルも選べます。2速3速での加速はマニュアルならではの楽しさがあります。スイフトスポーツは1.6Lのため税制面ではワンランク上になります。専用アルミホイールや専用バンパーでさらにスポーティなRS G’sもラインナップされました。

競合ではライバル車が上 デザインと色で選ぼう

値引き目標は総額15万円を目指そう

値引き額は車両本体で12万円、販売店オプションのカーナビ装着の場合はオプションから3万円引きを狙いましょう。合計で15万円引きを目標にしたいです。
低価格のヴィッツを狙うならハイブリッドの話題も忘れずに出しましょう。販売店ではハイブリッド登場まで待たれてしまえば今の受注がなくなりますので値引き拡大につながります。「ハイブリッド待ちたいが、〇〇万円(ご自身の目標額)にしてくれたら、今ヴィッツに乗りたい」と交渉しましょう。また、ハイブリッドの車両価格は200万円前後が予想されます。オシャレなデザインのヴィッツを今なら車両価格150万円前後で購入できますので車両価格アップ分も十分考慮しましょう。

コンパクトガソリン車で競合

競合車にはトータルバランスに優れているコンパクトカーが勢ぞろい。フィットやノート、スイフトはアイドルストップ機能を幅広いグレードで装備しています。また、ノートは全グレード緊急ブレーキシステムなど最新の安全性能を備え魅力的です。室内空間もフィットやノートは広く使いやすいです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

新型トヨタカローラアクシオ新車価格・評価情報と、値引き購入のコツ2017!

04%e3%82%a2%e3%82%af%e3%82%b7%e3%82%aa%e5%a4%96%e8%a6%b3
出典 http://toyota.jp/corollaaxio/grade/grade2/?padid=ag341_from_axio_grade2_detail

トヨタカローラアクシオのスペック情報

トヨタカローラアクシオの価格帯

1,485,491円~2,207,127円(税込)

トヨタカローラアクシオのグレード情報

1.3X、1.5X、1.5G
ハイブリッド、ハイブリッドG
1.5Xと1.5Gの2WD車にMT設定あり
1.5Lグレードに4WD設定あり
各グレード価格差詳細は販売店におたずね下さい。

編集部おススメグレード ハイブリッド 2,030,400円(税込)
ハイブリッドモデルなら全グレードにナノイー搭載オートエアコンが標準装備され、5ナンバーサイズで扱いやすいハイブリッドがおススメです。

ガソリンモデルなら1.5Xがおススメ。160万円を切る車両価格は魅力的でオプションで緊急自動ブレーキを含むトヨタセーフティセンスCも選択可能です。1.3Xとの価格差は10万円ほどですので、200ccの動力性能のゆとりと15インチタイヤ(1.3Lは14インチ)、アイドリングストップ機能を考慮すれば迷わず1.5Lを選択しましょう。

数少ない5ナンバーセダンの代表の実力は?

街中で運転しやすいサイズ

カローラアクシオはコンパクトカーにトランクを付けたセダンです。長所も短所も少ないカローラアクシオですが、フロントの顔つきが新型ではシャープになりカッコよさをアップさせました。クルマの長さはミディアムハッチバッククラスと変わらない長さで幅も5ナンバーサイズです。

街乗りでは1.3Lも1.5Lエンジンもどちらも大きな違いが感じられませんが坂道に行けば1.3Lはパワー不足に感じます。ハイブリッド車は街乗りでの加速感や静粛性にアドバンテージがあります。

現在5ナンバーサイズを維持しているコンパクトセダンはカローラアクシオの他にアリオン&プレミオ、日産ラティオ、ホンダグレイスと数えるほどになりました。

アクアのシステムで33.8km/Lの低燃費

アクアと同じシステムを持つカローラアクシオハイブリッド。アクアの37.0km/Lの燃費よりも数値は劣りますが約50kg重いためで実際には大差ありません。実際には25km/L前後の燃費で使用状況によって大きく変わってきます。落ち着きのあるセダンタイプを選ぶならカローラアクシオは良い選択です。

トヨタセーフティセンスCも用意

トヨタも続々と自動ブレーキ装着車を増やしています。簡易的なレーザーレーダーと単眼カメラで前方の状況を認識し時速80キロまで対応します。日産ノートの自動ブレーキと同等のシステムです。

オートマチックハイビームと先行者発進告知機能、車線逸脱警報もセットで装備。ハイブリッドGと1.5Gに標準装備され他のグレードにはオプション設定です。5.4万円のオプション価格ですので装着をおススメします。手放すときの下取り価格、買取価格に影響が予想されセーフティセンスCが装備されていれば高価買取の後押しにもなります。

シンプルな内装 ゆとりの後席空間が確保

04%e3%82%a2%e3%82%af%e3%82%b7%e3%82%aa%e5%86%85%e8%a3%85a
04%e3%82%a2%e3%82%af%e3%82%b7%e3%82%aa%e5%86%85%e8%a3%85b
出典 http://toyota.jp/corollaaxio/grade/grade2/?padid=ag341_from_axio_grade2_detail
インパネ部分からシフトレバーまでの間に空間があり、左足の膝の部分が中央部に当たらずゆとりを感じることができます。ビジネスユースでもプライベートユースでも乗り易い使い易いインテリアです。

高級感は無いがエアコンの操作パネルが使いやすい位置にあり手さぐりでも操作しやすいです。マニュアルエアコンも操作ダイヤルが大きく操作性に優れています。

フロントシートリヤシートとも若干サイズが小さめに感じますがリヤシートの足元空間も十分確保され大人4名乗車でも窮屈感はありません。また、シートバックもしっかりした厚みがあります。

ハイブリット車とガソリン車どちらがお得?

燃費が仮に2倍違うとして差額50万円を埋めるには約10万キロ以上走行する必要があります。10万キロ以上走行するユーザーはハイブリッドがおススメです。しかし10万キロまで走行しなくても、低速域でのモーター走行の力強さと静粛性はハイブリッドの特権。また、下取り、買取など手放すときにはハイブリッド車は価格が安定していますので高価買取が期待できます。購入時のみでなく手放す時まで考えるとハイブリッドの選択がお得になると考えます。

年間走行が5千キロ未満で10年乗っても5万キロに満たない場合には車両価格分を燃費で回収できませんのでガソリン車をおススメします。

ホンダグレイスとの競合がベスト 日産ラティオもアリ

5ナンバーコンパクトセダンを検討するとハイブリッドならホンダグレイス、ガソリン車なら日産ラティオしかないのが現状です。

ホンダグレイスはフィットと同じシステムのハイブリッドシステムです。カローラアクシオと同価格帯ながら燃費数値は34.4km/Lと上回ります。値引き額はもカローラアクシオよりも多くなる傾向にあり絶好の競合車種です。

ガソリン車ならラティオがおススメ。ラティオはティーダラティオの時に比べエンジンも1.2Lになりダウンサイジング&ワンクラスダウンした感があります。しかし、街乗りでの静粛性、動力性には問題ありませんので十分競合車種になります。

目標値引き額は総額15万円を狙おう!

カローラアクシオはトヨタカローラ店の専売車種のためトヨタ同士の競合はできません。値引き額は車両本体で12万円、販売店オプションのカーナビ装着の場合はオプションから3万円引きを狙いましょう。

狙い目は在庫車です。白系とシルバー系のボディカラーは比較的在庫豊富なため当月登録可能なら値引きが拡大しやすくなります。ハイブリッドと1.5XグレードでトヨタセーフティセンスCのオプション装着車は比較的見込在庫として各店で持っている傾向にあります。出来るだけ安く購入希望なら在庫車または販売店に出荷済のクルマを狙いましょう。特に大都市圏や大型店では台数を確保しなければならないため、月末にかけて値引きが拡大する傾向にありますので、場合によっては20万円近い値引き額も期待できます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

新型日産セレナ新車価格情報と、値引き購入のコツ2016!

c27セレナ
出典 http://www2.nissan.co.jp/SERENA/c271608g09.html?gradeID=G09&model=SERENA

日産セレナのスペック情報

日産セレナの価格帯

2,435,400円~3,187,080円(税込)

日産セレナのグレード情報

S、X、G、ハイウェイスター、ハイウェイスターG
ハイウェイスタープロパイロットエディション
ハイウェイスタープロパイロットエディションG

SとハイウェイスターG系を除くグレードに4WDの設定あり。

編集部おススメグレード
ハイウェイスタープロパイロットエディション(2WD) 2,916,000円(税込)
最新の自動運転技術プロパイロットが標準装備されたプロパイロットエディションがおススメです。通常のハイウェイスターと比較して、プロパイロット以外にもカーテン&サイドエアバック、車体ドア下部に足を入れるだけで作動するハンズフリー両側電動スライドドア、踏み間違い防止アシストも標準装備させれます。新型C27セレナではリヤエアコンは4WD車とハイウェイスタープロパイロットエディションG以外のグレードではクーラー機能のみです。オプションでプッシュコントロール式フルオートリヤエアコンを選択おススメします。

Xグレードでオプション装備なら同価格

Xグレードでプロパイロット、両側電動スライドドアなどオプションを積み上げると、ハイウェイスタープロパイロットエディションの価格に迫ります。50万円近い価格差が無くなります。また、ハンズフリー電動スライドドアはハイウェイスター用サイドエアロパーツ下部にセンサーが付くため標準グレードでは装備されません。自動運転のプロパイロットと両側電動スライドドアならハイウェイスタープロパイロットエディションの選択がおススメです。

5ナンバーサイズ 家族のミニバン

セレナはハイウェイスターのサイズが車体の形状の違いから3ナンバーになりますが基本は5ナンバーサイズで扱いやすいサイズです。ウィークディはママのお買いものや子供の送迎に使い、週末は家族でドライブ、1台ですべて出来てしまうミニバンです。

トヨタノア&ヴォクシー、ホンダステップワゴンなど人気車が揃うミディアムクラスミニバン。新型セレナはクラストップレベルの室内空間と使い易さを確保しながら、長距離ドライブでの運転者の負担を軽減する半自動運転とも呼ばれるプロパイロットをライバルに先駆けて装備しました。

プロパイロットの実力は?

新型セレナにはこれまでの衝突予防軽減の自動ブレーキシステムに加え自動運転をアシストするプロパイロットを装備可能にしました。
c27セレナ内装d
c27セレナ内装e
出典 http://www2.nissan.co.jp/SERENA/point_propilot.html
高速道路走行の際に同一車線内で前車との車間をキープしながら加速減速に加えステアリング操作もアシストする半自動運転技術が装備されました。一般道では車線の認識が上手に出来ずほとんど使えません。単調な高速走行時には便利な機能です。

注意すべき点は、万一の事故の際にはドライバーに責任がある点です。あくまでも運転を補助する装置ですので本当の自動運転ではありません。ステアリングから5秒以上手を離せば警告音が出ます。車間クルーズ作動中でも前車との距離が近いのに減速せずドキッとする場面もありますので決して過信しないことが大切です。

Sハイブリットのパワーユニットを継続

Sハイブリットって何?

セレナのSハイブリットエンジンはベーシックなグレードS以外に搭載されています。
減速時の回生エネルギーを蓄えてアイドリングストップ時の電源に利用し発進時の加速にアシストする機能がセレナのSハイブリット機能です。トヨタやホンダのハイブリットと違い電気のみでの発進はできずエンジンは稼働します。
燃費性能は2.0Lエンジン+アイドリングストップ付のSハイブリッドの燃費は先代セレナより若干向上しXやノーマルのハイウェイスターで17.2km/L、プロパイロット装備なら車両重量が1,660kgを超えるので16.6km/Lです。しかしエンジンはMR20DD型と同じのため実際の燃費に差が出ません。街乗り市街地で9km/L前後、郊外で12km/L前後、高速走行で14km/L前後です。

十分な動力性能を発揮

セレナは発進加速から高速域までスムーズに加速します。特に2000回転から3000回転域でのトルクが高く、普段最も利用する回転域で力を発揮します。CVTとの組み合わせで2500回転前後で加速しますのでパワー不足を感じる場面は少ないです。

山道の登り坂や高速道路の登り坂は失速し苦しい場面はありますが、クルーズコントロールを全車標準装備することにより高速走行を快適にアシストします。追従機能が進化し前車が停止してから発進まで3秒以内なら何も操作せずに追従して再発進してくれます。

上質な内装と使いやすいシート

出典 http://www2.nissan.co.jp/SERENA/interior.html
c27セレナ内装a
c27セレナ内装b
先代セレナの面影を残しながら正常進化したインテリアです。メーターパネル左側の大型インフォメーションディスプレイには走行状態のほか、駐車をアシストするアラウンドビューモニターの画面にもなります。ステアリングには右にプロパイロット用、左にはオーディオ操作用のスイッチが装備されます。

シートが小さく感じる新型

インパネの質感は先代同様でプラスチック感が強くスッキリしていますが高級感があるとまでは言えないレベルです。セカンドシートもサードシートも大人が普通に座れるサイズになっていますので7人乗車で移動もラクラクです。乗車定員は8名でサードシートに大人三名乗車でもそこそこ快適に乗車可能です。

新型セレナで気になる点は先代モデル比較で運転席で50mm、助手席で40mmシート幅が小さくなった点です。太もも付近のゆったり感が無くなり長距離移動の際には不安を感じます。ウォークスルーの快適さよりも乗車の快適性をキープして欲しかったです。

セレナで便利な機能が移動式のコンソールボックスです。セカンドシートに移動すれば8人乗りモードでベンチシートになります。フロントシートに移動すればフロントコンソールボックスになり、非常に使い勝手に優れています。この装備、機能がありますのでセレナには7人、8人の乗車設定はありません。

ハーフサイズのバックドア採用

出典 http://www2.nissan.co.jp/SERENA/equip_luggage.html
c27セレナ内装c
これまでの全てオープンのバックドアに加えガラスハッチオープンのようにハーフサイズでバックドアが開閉可能になりまし。これまで、バックドアを開けた際に荷物が崩れ落ちるケースや、広いスペースを確保しないと開閉できなかったり不便に感じていたバックドアの問題が解消されました。

ノア&ヴォクシーハイブリッドとの競合 新型で値引きは渋め

値引き総額15万円を狙おう

新型セレナの値引きは車両本体価格から10万円前後、販売店オプションのナビゲーション選択時にはオプションから5万円の値引きを狙い総額で15万円の値引きを目標にしましょう。先代セレナは40万円以上の値引きが飛び出していましたのでギャップを感じますが、新型のため渋めです。待てるなら年度末商戦の2月3月を狙いましょう。半年経過しますし、年度末は台数が必要ですので、20万円引きは突破することと思われます。

ノア&ヴォクシーのハイブリッドの見積で競合がポイント

なぜ、ハイブリッドモデルで競合するのか?ガソリンモデルなら先進のプロパイロットや燃費効果は少なくてもSハイブリッドでセレナの訴求効果は高くなります。トヨタノア&ヴォクシーのハイブリッドモデルの価格帯がセレナハイウェイスタープロパイロットエディションの価格と同価格帯です。

ノアハイブリッドのJC08モード燃費は23.8km/Lで燃費の差は大きく「燃費の良いトヨタのハイブリッドにしようか迷ってる」との一言で十分値引きを拡大させる効果大です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

新型フィアット500新車価格情報と、値引き購入のコツ2016!

05-12フィアット
出典 http://www.fiat-auto.co.jp/500/?ref=slider

フィアット 500のスペック情報

フィアット 500の価格帯

1,998,000円~2,592,000円(税込)

フィアット 500のグレード情報

1.2POP、ツインエアーPOP、ツインエアーラウンジ

編集部おススメグレード ツインエアーラウンジ 2,592,000円(税込)

15インチアルミホイールとフロントフォグランプ、オートエアコン、シートリフターが装備される2,592,000がオススメです。エンジンは900ccターボエンジン搭載のツインエアーが力強くECOです。ノーマルエンジンとツインエアーの差が約30万円でPOPとラウンジの価格差が30万円です。

エアバックの数や安全装備では全グレード差がありませんのでお好みに応じてグレード選択が可能です。本国に近い仕様ならPOPがオススメです。簡素化された装備はイタリア車らしく好ましいというユーザーも少なくありません。

旧型フィアット500をモチーフに登場

500はイタリア語でチンクエチェントのためチンクの愛称で親しまれているフィアット500は2008年に新型が登場しました。1957年に登場した当時のモデルをモチーフに現代風にデザインされました。全体的に丸みのあるデザインと丸型のヘッドライトはかわいらしさ抜群です。

旧型のフィアット500はエンジン始動もままならないクルマが多く、程度の良いクルマは中古車で100万円以上の価格で販売されています。当時はエアコン、パワーステアリングなど無く電気系が故障とのリスクは少ないのですが機関系の維持が大変なクルマです。しかし新型フィアット500は現代車。快適装備を備えつつ、機関系の信頼性も大幅にアップさせ普通に使えるクルマになりました。

ツインエアーエンジンは魅力的

ECOスイッチのオンオフでパワーが変わる!?

フィアット500は排気量の少ないツインエアーの0.9Lターボエンジンの方が車両価格が高くパワーがあります。直列2気筒8バルブのコンパクトエンジンは可変吸気バルブタイミングのマルチエアーを導入し吸気効率と燃焼効率を高めています。エンジン音はコトコト響くエンジン音で昔のクルマのような印象です。

最高出力は85馬力、エコモード時には77馬力とモードにってエンジン出力が変わります。燃費はJC08モードで24.0km/Lと良好で国産コンパクトカーと同等の低燃費を実現しています。ターボ付きエンジンですので高速走行でも元気な加速が味わえます。

フィアット500をお手軽に欲しい 静かに乗るなら1.2POP

ツインエアーエンジンより約30万円車両価格が安い直列4気筒1.2Lは静かなエンジン音でデザインを気に入ってフィアット500をお手軽に欲しいユーザーにオススメです。パワーは軽自動車のターボ無し車をイメージしてください。必要最小限のパワーですが高速走行時には国産コンパクトカーより安定感を増すところはさすが欧州車と実感します。

デュアロジックトランスミッションはコツが必要

フィアット500には構造はマニュアル車と同様シングルクラッチの自動変速トランスミッションを搭載しています。トルコンATよりも軽い構造で高い耐久性と信頼性、さらにマニュアル車同様クラッチが直結しますので低燃費に貢献します。しかし、変速ショック無く乗りこなすには少しコツが必要で微妙なアクセルワークには慣れが必要です。必ずデュアロジックの特徴を知るためにも試乗してみましょう。

インテリアもオシャレなフィアット500

出典 http://carview.yahoo.co.jp/ncar/catalog/fiat/500/F002-M006/image/?img=3
05-12フィアット内装
ボディ同色のパネルをインパネに使用し昔のクルマのようなオシャレさをアピールしています。オートエアコンのラウンジの操作パネルは丸基調のかわいいデザインは全体の印象ともマッチしています。メーターパネルの中央部に各種インフォメーションを集中させました。

軽自動車よりも質感自体は劣るかも知れませんがオシャレなデザインでカバーしていますので他人と違ったクルマに乗りたい、ちょっとオシャレなクルマに乗りたいユーザーにはオススメです。

リヤシートは割り切った使い方が必要

デザイン上、リヤシートに余裕はありません。3ドアですのでアクセスも不便ですので日常は荷物スペースとして利用するのが良いでしょう。大人が乗車の際には頭上空間にもゆとりはなく緊急用と割り切った使い方をオススメします。

輸入車でも値引き交渉次第で値引き獲得へ!

新型フィアット500の値引きは車両本体価格から15万円前後、販売店オプションを多めに装備した場合には総額20万円前後の値引きが期待できます。

在庫車を狙うと値引き拡大

在庫車無しでオーダー車の場合は値引き額は10万円前後の値引きです。希望のグレードと色が販売店で持っている場合や船で日本に向かっているクルマの場合には国産車のように値引き拡大が期待できます。決算時期や月末で登録が可能なクルマなら20円引きオーバーも期待できます。販売店にもよりますが白系や淡いカラーは比較的在庫として持つ販売店が多いですので商談時に納期の早いグレードや色を営業スタッフに尋ねることをオススメします。

競合車による値引きは期待薄

同じクラスの輸入車にフォルクスワーゲンupがあります。しかしフィアット500はupに比べ価格は高く、動力性能は劣り3ドアのみの設定ですので使い勝手の面でも不利です。upの見積りを用意するのは大切ですが値引き獲得のための手段としては難しい面があります。やはり、かわいいスタイル、美しいスタイル、おしゃれなインテリアを指名買いするのがフィアット500を購入するユーザーの特徴です。

下取り車があるなら下取り価格をアップさせましょう

下取り車がある場合には、買取店同士競合させるなどして少しでも高値で売却しましょう。新車見積もりから下取り車に関する費用が削除され支払い総額も安くなります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

新型BMW2シリーズグランツアラー新車価格情報と、値引き購入のコツ2016!

05-07グラン
出典 http://carview.yahoo.co.jp/ncar/catalog/bmw/2series-grantourer/F001-M002/image/?img=1

BMW 2シリーズグランツアラーのスペック情報

BMW 2シリーズグランツアラーの価格帯

3,680,000円~4,620,000円(税込)

BMW 2シリーズグランツアラーのグレード情報

218i、218d、220i
218iと218dにスタンダード、Luxury、M Sportを設定
220iにSport、Luxury、M Sportを設定

編集部おススメグレード 218dスタンダード 3,890,000円(税込)
プラスパッケージ装着車(154,000円税込)

スタンダードとLuxuryの装備の違いは本革シート&電動パワーシートと17インチアルミホイール、左右独立温度調整式オートエアコン、フォグランプが大きな違い。価格差は50万円あります。

しかし、スタンダードでプラスパッケージを選択すれば15.4万円の価格アップで左右独立温度調整式オートエアコン、フォグランプが装備されます。LEDヘッドライトや8.8インチワイドディスプレイ+DVDナビゲーションシステム、衝突回避&軽減ブレーキや車線逸脱警報は全車標準装備です。BMWコネクテッド・ドライブ・スタンダードと呼ばれるSOSコールも全車標準装備。エアバック作動時には自動的にSOSコールされる機能を持っています。

本革シートが必要ないようでしたらスタンダードにプラスパッケージオプション装着車がオススメです。

BMW初のミニバン誕生

BMWシリーズで初のFF車となった2シリーズアクティブツアラー。2シリーズでサードシートを設けたモデルがグランツアラーとなります。サードシートはフロアも高くシートサイズも小さいため、窮屈でありますが緊急時、短距離の利用には便利です。筆者自身1シリーズ以来のBMWですが1シリーズは硬めの足回りと重いステアリングでしたが、2シリーズは足回りはとてもしなやか。ステアリングは逆に軽くハンドリングはこれでもかと言うくらいクイックで遊びが無いのに驚きます。

BMWがFF?とお感じのユーザーはぜひ試乗してみてください。本気でFFを作りに来たBMWの良さを実感できます。ボディサイズは幅は3ナンバーサイズですが全長は4.6m未満で日本の道路で取り回し易いサイズです。アイドリングストップ機能や減速時の回生エネルギーシステムなど最新のエコ技術も積極的に取り入れられています。

直3ガソリンエンジンとクリーンディーゼルエンジンの実力は?

新開発直3 1.5Lエンジン

218iに搭載されるエンジンは3気筒の1.5Lターボエンジン。えっ、3気筒と思われるユーザーも多いでしょう。しかし静粛性にも優れ、最大トルクは1250回転から4300回転でフラットに22.4kgmを発揮。この数値は2.2L車並みのトルクです。

日常使う回転域で最大トルクを出し続けますのでパワー不足は全く感じません。パワー不足を感じた場合は220iに2.0Lターボエンジンを搭載していますので、こちらを選択しましょう。

パワーと環境性能の両立 クリーンディーゼルエンジン

218dに搭載される2.0Lディーゼルターボエンジンは特に注目されています。1.5Lの218iと21万円の価格差はスペック差を考慮すれば安いくらいの価格です。最大トルクは1750回転から2750回転でフラットに33.7kgmを発揮。3.0Lガソリン車並みのパワーで燃費はJC08モード21.3km/Lと10年前の軽自動車より良い数値となっています。

トランスミッションは8ATの組み合わせで滑らかな加速です。気になるカラカラ音はアイドリング時にはコロコロと聞こえますが走り始めたら全く気にならずとても静かです。3,000回転くらいまで踏み込むとすぐに60km/hまで加速する快適さは街乗りから高速までストレスなく運転できるクルマです。

アクティブツアラーと共通 7人乗れるBMW

出典 http://www.bmw.co.jp/ja/all-models/2-series/grantourer/2015/at-a-glance.html/ 上
出典 http://www.bmw.co.jp/ja/all-models/2-series/grantourer/2015/at-a-glance.html 下
05-07グラン内装a
05-07

インパネ周りは5人乗りのアクティブツアラーと共通。さらに基本デザインはBMW共通で高い質感と使い易さ、そしてスポーティなインテリアです。8.8インチワイドモニターは非常に視認性が高く、車線逸脱警報のモニターなど各種インフォメーションの表示設定もこのモニターにて行います。

エアコン操作パネルが下過ぎる感じがしますがシフトレバーと近いためちょっと手を伸ばすだけと意外と操作性に優れています。その点はさすがです。オーディオとエアコンの間にトレイがありますが駐車券などチケットホルダー替わりに便利な装備です。

フランス車より快適なシート?サードシートは緊急用

フロントシートとセカンドシートは硬さ、高さ、サイズにゆとりがありフランス車と比べても快適。長距離ドライブがとても楽になります。セカンドシートはスライド機能も装備され足元空間、頭上空間ともにゆとりがあります。サードシートは緊急用です。座面も低くサイズも小さいため大人の長時間乗車はオススメできません。また頭上空間もありません。

意外と値引く2シリーズグランツアラー!

新型2シリーズグランツアラーの値引きは車両本体価格から20万円前後、販売店オプションを多めに装備した場合には総額30万円前後の値引きが期待できます。

とくに、在庫車または、在庫車や展示車向けに日本に向かっているクルマが希望のグレードやカラーが一致すれば値引きが期待できます。逆にこれからオーダーしなければならないグレードやカラーなら販売店にもよりますが値引き額は10万円のケースも考えられます。狙い目はガソリンもディーゼルもアルピンホワイトのスタンダード+プラスパッケージ装着車を比較的在庫持っています。

大幅値引きを狙うならこの組み合わせでチャレンジしてみましょう。

競合車による値引きは期待薄

FFとなった2シリーズは競合車となる同クラスのクルマが数多くあります。7人乗りモデルだけみてもフォルクスワーゲンゴルフトゥーランやシャラン、プジョー5008やシトロエンC4グランドピカソなど個性豊かな競合車がそろいます。しかし、それぞれに個性があるため指名買いに近い傾向になり競合車種を出したところで値引きに影響することがあまりありません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

新型トヨタ86(ハチロク)新車価格情報と、値引き購入のコツ2015!

b_01
出典:http://toyota.jp/86/grade/grade2/

トヨタ86のスペック情報

 

・トヨタ86の価格帯

  2,488,909円~3,173,237円(税込)
 

・トヨタ86のグレード情報

G、GT、GT-Limited
各グレード6MTと6AT設定あり
 

編集部おススメグレード

 
GT(6MT) 2,905,200円(税込)
GT(6AT) 2,987,673円(税込)
 
オートエアコンやLSD、ディスチャージヘッドライトがGでは装備されません。さらに17インチアルミホイール、本皮巻ステアリング、スマートエントリーも装備される充実のGTがおススメです。86は高回転型のスポーティなエンジンですので可能なら6MT車を選びたいです。

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

新型トヨタカローラフィールダー新車価格情報と、値引き購入のコツ2015!!

a_01
出典:http://toyota.jp/corollafielder/grade/grade9/

トヨタ カローラフィールダーのスペック情報

 

・トヨタ カローラフィールダーの価格帯

  1,625,891円~2,324,945円(税込)
 

・トヨタ カローラフィールダーのグレード情報

1.5X、1.5G、1.5G エアロツアラー、1.5G W×B、1.8S、1.8S W×B
1.5Lの2WD車にMT設定あり
1.5LのCVT車にに4WD設定あり
各グレード価格差詳細は販売店におたずね下さい。

 編集部おススメグレード 1.5G (CVT) 1,922,400円(税込)
 トヨタの最新安全装備、トヨタセイフティセンスCが標準装備のGグレードがおススメです。また、Gグレードは空気清浄機能をもったオートエアコンが装備されます。ガソリン車の燃費向上とハイブリット車の価格設定を比べると距離を多く乗るユーザーにしかハイブリットはメリットを感じませんのでここではガソリン車のみの紹介とします。

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

新型スズキジムニー新車価格情報と、値引き購入のコツ2015!

xc_Z2S
出典:http://www.suzuki.co.jp/car/jimny/detail/index_xc.html

スズキジムニーのスペック情報

 

・スズキジムニーの価格帯

  1,296,000円~1,625,400円(税込)
 

・スズキジムニーのグレード情報

XC、XG
全グレード4WD 5MT/4AT有り

編集部おススメグレード XC (4AT) 1,625,400円(税込)
 XGでも十分な内容の軽自動車オフロードですが、普段の使用においては全面UVカットガラス、オーディオ+スピーカーが付いているXCがおススメです。
 カジュアルにジムニーを楽しむ街乗りメインで利用ならオートマチックをおススメしますが、山道、坂道を多用する地域やアウトドア目的で免許に制限無ければマニュアル車をおススメします。

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

新型日産スカイラインハイブリット新車価格情報と、値引き購入のコツ2015!

708_dl0000516526
出典:http://www.nissan.co.jp/SKYLINE/exterior.html

日産スカイラインハイブリットのスペック情報

 

・日産スカイラインハイブリットの価格帯

  4,624,560円~5,695,920円(税込)
 

・日産スカイラインハイブリットのグレード情報

350GT HYBRID、350GT HYBRID TypeP、350GT HYBRID TipeSP
各グレードに4WDの設定あり

編集部おススメグレード 350GT HYBRID TypeP 5,000,560円(税込)
 新型のミリ波レーダーを使った前方衝突予測警報&エマージェンシーブレーキ、車線逸脱警報が装着された350GT HYBRID TypePおススメです。本革シートまで標準装備され高級スポーツセダンの要素を満たしています。
 最上級のTypeSPに装着される19インチアルミホイールはスタイルは抜群ですが乗り心地は17インチが優れています。

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

新型スズキスペーシア新車価格情報と、値引き購入のコツ2015!

styling7
出典:http://www.suzuki.co.jp/car/spacia/

スズキスペーシアのスペック情報

 

・スズキスペーシアの価格帯

  1,137,240円~1,743,120円(税込)

 

・スズキスペーシアのグレード情報

G、X、T
Tはレーダーブレーキサポート標準装備、GとXは装着車あり。
各グレードに4WDの設定あり

編集部おススメグレード X レーダーブレーキサポート 1,404,000円(税込)
 横滑り防止装置と自動ブレーキが含まれるレーダーブレーキサポート、左側パワースライドドア、運転席シートリフターが標準装備されるX レーダーブレーキサポートがおススメです。ベーシックなGにもパワースライドドアのオプション設定が欲しい所です。

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

新型日産マーチ新車価格情報と、値引き購入のコツ2015!

photo_01 (2)
出典:http://www2.nissan.co.jp/MARCH/

日産マーチのスペック情報

 

・日産マーチの価格帯

  1,137,240円~1,743,120円(税込)

 

・日産マーチのグレード情報

S、S プラム、X、X Vセレクション、G、ボレロ
X以上のグレードに4WDの設定あり

編集部おススメグレード S 1,137,240円(税込)
 横滑り防止装置が標準装備でマニュアルエアコン、電動格納式ミラーも備わるベーシックグレードSがおススメです。X以上のグレードになるとノートの価格になり、マーチを選ぶ価値が薄くなります。

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

新型日産モコ新車価格情報と、値引き購入のコツ2015!

photo_01 (1)
出典:http://www2.nissan.co.jp/MOCO/

日産モコのスペック情報

 

・日産モコの価格帯

  1,193,400円~1,656,720円(税込)
 

・日産モコのグレード情報

S、X、ドルチェX、ドルチェG、S エアロスタイル、X エアロスタイル
S エアロスタイルを除くグレードに4WDの設定あり
各グレードにオーディオ&バックモニター付グレード選択可

編集部おススメグレード X オーディオ&バックビッューモニター付 1,350,000円(税込)

 4.3型の液晶モニターが付いたタッチパネル式のCDオーディオとバックモニターが装備されたグレードがおススメです。また、USB接続やMP3にも対応している最新のオーディオです。また、Xグレードはリヤシートが5:5分割でスライド&リクライニング可能です。

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

新型日産ノート新車価格情報と、値引き購入のコツ2015!

photo_01
出典:http://www2.nissan.co.jp/NOTE/

日産ノートのスペック情報

 

・日産ノートの価格帯

  1,399,680円~1,891,080円(税込)
 

・日産ノートのグレード情報

X、S DIG-S、X DIG-S、メダリスト、メダリストエマージェンシーブレーキパッケージ、X Vセレクション+セーフティ
X DIG-S Vセレクション+セーフティ、X エアロスタイル、X DIG-S エアロスタイル、X エアロスタイル V+セーフティ
X DIG-S エアロスタイル V+セーフティ、X FOUR、X FOUR Vセレクション+セーフティ
X FOUR エアロスタイル、X FOUR エアロスタイル V+セーフティ
グレード設定が複雑なため詳しくは販売店におたずね下さい
 
編集部おススメグレード X Vセレクション+セーフティ 1,392,120円(税込)

 エマージェンシーブレーキシステムと車線逸脱警報装置が標準装備され、ベースとなるグレードXよりも価格が安い設定です。安全装備の充実と価格のバランスのとれたX Vセレクション+セーフティがおススメです。お買いものに便利なサイズとして車高を立体駐車場に入るサイズにするなど安全性と使い勝手を高めました。 

オールマイティに使えるコンパクト

 新型ノートは切れ長のヘッドライトをはじめ、スタイリッシュなデザインで幅広い世代からの支持を得ています。さらにコンパクトカーとは思えない室内空間とトランクスペースで実用性に優れており、日産で最も売りたい、また売れているコンパクトカーです。

 安全面では自動ブレーキシステムのエマージェンシーブレーキシステムを採用し、ノートの自動ブレーキシステムは軽自動車に多くみられる赤外線レーザー方式ではなくカメラ方式のため、歩行者や自転車も認識し、時速80km/hまで対応する高性能となっています。

ダウンサイジングエンジンの進化

・えっ!コレが3気筒エンジン?驚きの静粛性

 新型ノートのエンジンは先代モデルの1.5Lエンジンからダウンサイジングし1.2Lエンジンになりました。同じ排気量で1.5Lエンジン並のパワーを持つスーパーチャージャーモデルDIG-Sもあります。先代モデルは直列4気筒エンジンで新型は直列3気筒エンジンです。通常シリンダー数が少なくなればエンジン音がうるさくなる傾向にありますが新型ノートのエンジン音はアイドリング状態から街乗り走行まで静かな状態を保ち、3気筒エンジンを意識することがありません。

ノーマルエンジンは高速道路の坂道では失速気味になりますが経済性を考慮すれば良いエンジンです。DIG-Sエンジンは加速にゆとりが出て走りを楽しむこともできますがスーパーチャージャーの金属音のような音が気になります。

・趣味性求めなければノーマルエンジンがベスト

 ノーマルエンジンとDIG-Sエンジンとの燃費の差は僅かです。価格差は20万円以上ありDIG-Sが高くなっています。燃費で20万円以上の価格差を埋めることはかなり長距離走行が必要であり、20万円分のパワーを取るか、必要にして十分のノーマルエンジンを取るかに分かれます。街乗り重視ならノーマルエンジン、高速・長距離メインならDIG-Sエンジンの選択がベストです。

・ロングホイールベースによる乗り心地の向上

 動力性能ではライバルのフィットには数値上及びませんが実際の走りはCVTとの相性も良くノーマルエンジンモデルでも軽快に加速します。高いボディ剛性と足回りのバランスが良くフィットよりも突き上げ感のない乗り心地でブレーキタッチも自然です。さらにロングホイールベース化によりリヤシートの乗り心地が向上しています。気になる点はハンドルが軽すぎる点です。もう少ししっかしとした操舵感が欲しいところです。

プラスチック感の高い内装 でも使いやすい

708_dl0000576993
708_dl0000576969
出典:http://www2.nissan.co.jp/NOTE/interior.html
 
 新型ノートの内装は決して上質とは言えない内装ですが、マニュアルエアコンをはじめ、ナビゲーションの位置など使いやすい位置にあり操作性にも優れています。ノーマルエンジンとDIG-Sエンジンではメーターパネルの形状が違う意匠になりますが、どちらも自発光式の計器類になり昼でも視認性に優れています。

フロントシートは良くできています。クッション長があり、長時間運転しても疲れにくいシートになっています。リヤシートも足元空間も広くさらにトランクスペースも広くなっています。大きな荷物を載せる際にはリヤシートのシートパックを倒せばフルフラットにはなりませんが大きな荷物も楽々積めます。

値引き目標は15万円前後!ライバルはホンダフィット ヴィッツやスイフトも競合

 値引き額は車両本体で13万円、販売店オプションのカーナビ装着の場合はオプションから3万円引きを狙いましょう。おススメグレードのX Vセレクション+セーフティは価格が実質値下げ価格ですので、Vセレクション+セーフティシリーズは値引き目標は値引き額は車両本体で7万円、販売店オプションのカーナビ装着の場合はオプションから3万円引きを狙いトータルで10万円引を目標が目標です。

 同価格帯同スタイルのフィットとの競合が一番です。ノートは安全性能に勝りますがシートアレンジはフィットに一歩及びません。さらに、トヨタヴィッツ、スズキスイフトも入れてみても良いでしょう。売れ筋グレードは在庫ありますので在庫車の値引き交渉と合わせて競合車の話題も出すと効果的です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0