新型マツダCX-5新車価格情報と、値引き購入のコツ2017!


出典 http://www.mazda.co.jp/cars/cx-5/grade/?link_id=xd#cx-5

マツダCX-5のスペック情報

マツダCX-5の価格帯

2,462,400円~3,526,200円(税込)

マツダCX-5のグレード情報

20S、20S PROACTIVE、25S Lパッケージ
25S 4WD、20S PROACTIVE 4WD、25S Lパッケージ 4WD
XD、XD PROACTIVE、XD Lパッケージ
XD各グレードに2WD/4WDの設定あり

編集部おススメグレード XD PROACTIVE 2WD 3,002,400円(税込)

昼夜問わず自動で12段階に明るさを調整するアダプティブLEDヘッドライトや車線逸脱警報装置、前車追従型のクルーズコントロールが付いたPROACTIVEがおススメです。エンジンはコンパクトカー並みの燃費で4.0L車並みのトルクパワーを持つクリーンディーゼルXDがおススメです。アドバンスドスマートシティブレーキサポート、カーテン&サイドエアバックは全車標準装備になりました。先代モデルではセットオプションだった車線逸脱警報などの安全装備がPROACTIVE以上では標準装備されます。価格は先代モデルよりアップしてますがオプション価格を考慮すれば実質値下げです。

PROACTIVEは19インチアルミホイールが標準装備ですが、乗り心地と経済性を重視するユーザーは17インチアルミホイールを選択することをおススメします。乗り心地がソフトになるばかりでなくタイヤ交換時にタイヤ代が節約できます。17インチアルミホイールを装着することにより5.4万円安くなりますので300万円を切る価格になり魅力的です。先代モデル同様にCD/DVDプレーイヤー&地デジチューナーは必ずオプション選択しましょう。アドバンスドスマートシティブレーキサポートは全車標準装備のため、クルーズコントロールやLEDヘッドライトが標準で明るさ調整のアダプティブLEDヘッドライトが不要ならスタンダードなXDグレードでも十分満足できる装備内容です。

マツダデザインのSUV

エクステリアデザインは先代モデルと酷似しています。フロントデザインはセダンタイプのアテンザなどと共通のデザインでヘッドライトは横に長いシャープなデザインです。先代モデルはSUVテイストが強めでしたが新型CX-5はデザインに高級感と美しさも加えられ、背が高いSUVでも低重心に見せるスタイルで重厚感を感じます。ボディからシャシー、エンジンなど全てにおいてスカイアクティブテクノロジーを搭載し人馬一体の運転する楽しみを第一に考えました。

エンジンラインナップは先代モデル同様で直列4気筒2.0Lと2.5Lのガソリンエンジンと直列4気筒2.2Lのクリーンディーゼルターボエンジンをラインナップ。各エンジンとも出力面でも変更ありません。トランスミッションもトルクコンバーター式6ATを採用しスムーズな走りに加え、CVT車のようにギクシャクする不自然な動作も無く信頼性も抜群です。

成熟したクリーンディーゼル

シンプル構造でも排ガスクリーンのスカイアクティブD

CX-5のXDグレードに搭載される2.2Lディーゼルターボエンジンは静かで排気ガスがクリーンで話題になっています。最高出力は175馬力でトルクは4.0L車並の42.8kgmを発揮しながら18.0km/Lの低燃費を実現しています。

これまでのクリーンディーゼルは大型車を含めて尿素を用いて排ガス浄化装置でススを燃焼させ、排ガスをキレイにする措置が不可欠でした。しかし、マツダは14.0という低圧縮かつ燃焼効率の向上させ、ディーゼルのすすはDPFフィルターで収集しエンジンの熱で自動燃焼させる仕組みでクリーンな排ガスを実現しました。これがスカイアクティブDです。特別な装置を必要としないためコストも低く抑えました。NOxは0.08g/km、PMは0.005g/kmで欧州で定める厳しい基準ユーロ6に対応しています。

停車時のアイドリング音は車内ではかすかにコロコロと音がする程度で、走りだすとディーゼルを全く意識することが無くなります。軽くアクセルほ踏みこむだけでシューンと加速しあっという間に80km/hまで加速してしまいますので、街乗りではパワーをもてあまします。

ミラーサイクルガソリンエンジンのスカイアクティブGも魅力

XDと比較して約40万円価格が安くなる20Sも魅力的です。ガソリンエンジンもスカイアクティブGと呼ばれるマツダの技術が入ってます。ガソリン車では13.0の高圧縮で直噴エンジンのミラーサイクル(アトキンソンサイクル)エンジンです。高圧縮でも点火タイミングを調整して不完全燃焼を防止しています。燃費も16.0km/Lと良好です。ディーゼル車選択時の価格はガソリン車選択時の価格に比べ約40万円あるため燃費で価格差は解消できませんので、ディーゼルにこだわらなければお買い得感はガソリンモデルにあります。

2.0Lエンジンでもストレスなく乗ることができますが、高速や山間部までゆとりをもってドライブ可能な2.5Lエンジンもおススメです。瞬発力、軽快感、回す楽しみはディーゼルより高く価格面でもディーゼルより安いですので最後まで悩み選択となります。

上質かつスポーティな内装



出典 http://www.mazda.co.jp/cars/cx-5/grade/?link_id=xd#cx-5
新型CX-5のインテリアは先代モデルと似ています。全体的にダッシュボードを低く抑えマツダコネクトの7インチWVGAセンターディスプレィのみが飛び出るスタイルです。7インチWVGAセンターディスプレィを全車標準装備しています。販売店オプションのSDカードを購入するだけでナビゲーション機能が利用でき便利です。

エアコン操作パネルもスポーティなデザインで使い勝手も良好です。高級車に装備される左右独立温度調整式オートエアコンは全車標準装備です。センターコンソール横や助手席グローブボックス下部付近はプラスチック感で出ますが普段目に着く所はしっかりと造り込まれて上質な内装になっています。

フロントシート、リヤシートとも大きめでゆったりサイズになっています。リヤシートはシートアレンジも多彩で多くの荷物も積むことが可能です。リヤシートのクッション長はフロントシートとほとんど変わらないサイズでゆったり乗車可能でSUVスタイルのため頭上空間にも余裕があります。

安全装備は強化 アドバンスドスマートシティブレーキサポート

新型CX-5は80km/hまで対応可能な衝突軽減の自動ブレーキシステムを全車標準装備しました。カメラを用いたシステムで歩行者認識機能も装備しています。先代モデルは追突防止レベルの性能だった自動ブレーキシステムは大きな進化を遂げています。国土交通省と独立行政法人自動車事故対策機構(NASVA)が実施する予防安全性能アセスメントにおいて、最高レベルの先進安全車「ASV++」を獲得しました。

PROACTIVE以上では車線を逸脱したときに警報としてお知らせする車線逸脱警報装置も装備され、ステアリングアシストも装備します。さらに前車追従型クルーズコントロールは0から100km/hまで作動し前車が停止した場合には停止保持機能によりそのまま停止し前車が発進した場合にはそのまま設定速度以内で追従走行します。カメラを利用した標識認識機能も装備し、一時停止や進入禁止の標識を読み取りフロントガラス下部に装備されるアクティブドライビングディスプレイに表示します。

出典 http://www.mazda.co.jp/cars/cx-5/feature/safety/i-activsense/?link_id=sbnv

エクストレイルやフォレスター、C-HRで競合

目標は総額20万円 値引き拡大中

新型CX-5の値引きはフルモデルチェンジ当初は一桁値引きでしたが徐々に拡大傾向にあり、車両本体価格から10万円、付属品やメンテナンス等のサービスパックから5万円の15万円の値引きが出てきています。これから年度末商戦になればさらに条件は緩くなり20万円以上の値引きが期待できます。

ポイントは3月末までに登録可能なクルマです。登録実績のため年度内登録が値引き獲得の大きなカギになります。色、グレード、メーカーオプションの装備品が合致する場合にはどんどん値引き交渉していきましょう。

低燃費で魅力的なライバル車が続々登場

日産エクストレイルハイブリッドが競合には最適です。価格帯はCX-5ガソリンモデル2.5L車と同等価格帯でエクストレイルノーマルガソリンモデルならCX-5ガソリンモデル2.0Lと同等価格帯です。エクストレイルの値引き額は拡大傾向にありCX-5よりも値引き額は10万円多くなる傾向ですので競合には最適です。安全面ではアイサイトを搭載するスバルフォレスターです。4WDのみのラインナップのフォレスターはターボモデル以外は最上級でも270万円を切る価格で値引きも期待できますので競合可能です。

ハイブリッドモデルにはトヨタハリアーハイブリッドも有効ですが、新型のC-HRを忘れずに競合させましょう。プリウスベースのSUVは人気も高く値引きは厳しいものの燃費性能は抜群です。

下取車がある場合には査定額もしっかりチェック

下取り価格はあくまでも下取り価格。鵜呑みにしないで買取店一括査定申込みで最高額で手放しましょう。買取店買取価格と下取り価格がほとんどかわらずの場合は下取りに出すことをおススメします。自動車税未経過分やリサイクル料金の込別など細かい点もしっかりチェックしましょう。買取店が若干高くても自動車税未経過分やリサイクル料金込みの価格が一般的ですので注意が必要です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

新型アウディA1スポーツバック新車価格情報と、値引き購入のコツ2017!

19a1%e5%a4%96%e8%a3%85
出典 http://carview.yahoo.co.jp/ncar/catalog/audi/a1sportback/F001-M004/image/?img=1

アウディ A1スポーツバックのスペック情報

アウディ A1スポーツバックの価格帯

2,690,000円~3,490,000円(税込)

アウディ A1スポーツバックのグレード情報

1.0TFSI、1.0TFSIスポーツ、1.4TFSIシリンダーオンデマンドスポーツ

編集部おススメグレード 1.0TFSI 2,690,000円(税込)

全グレードにサイド&カーテンエアバック、革巻ステアリングを標準装備。自動ブレーキシステムなどの予防安全装備は装備されません。ガソリンエンジンは直列3気筒1.0Lターボエンジンと直列4気筒1.4Lターボエンジンの二種類で全長4mを切るコンパクトなA1は1.0Lターボエンジンで十分です。

ベーシックな1.0TFSIはアルミホイールは15インチで乗り心地はソフトな印象です。エアコンは1.0Lモデルは全車マニュアルタイプでオートはオプション設定。質感が高くマニュアルエアコンでも安っぽさが感じられず、操作性も良好ですので、ベーシックな1.0TFSTがおススメです。

全長4m切るアウディのベーシック

アウディA1シリーズは先に3ドアモデルが導入されました。日本に導入されたのは2011年です。5ドアのスポーツバックが導入されたのは翌年2012年です。日本では3ドアは使い勝手が悪く人気がありませんので5ドアの登場は待ちに待ったモデルです。

基本サイズは5ドアも3ドアもほぼ共通サイズでオシャレでスタイリッシュなコンパクトカーを維持しています。アウディで唯一の4mを切る全長も維持しています。乗降性の向上、使い勝手は大幅に向上しましたが、ホイールベースなど基本は共通ですので後席の足元空間など居住性は変わりありません。

ゴルフのベーシックより高額

アウディA1スポーツバックのベーシックグレードは1クラス以上上級になるフォルクスワーゲンゴルフのベーシックグレードトレンドラインよりも20万円車両価格が高価になります。A1はフォルクスワーゲンのエントリーシリーズup!やポロと共通部分が多いため、割高感は否めません。しかし、コンパクトでスタイリッシュな5ドアのクルマとしてA1のデザイン性を買うのであれば文句なしの「買い」の選択です。

1.0Lターボエンジンの実力は?

クラスを超えたパワー

アウディA1スポーツバックは1.0Lと1.4Lの2つのエンジンをラインナップ。どちらも小排気量とは思えないパワーを誇ります。1.0Lエンジンは、直列3気筒DOHC12Vインタークーラー付きターボユニットで95馬力の最高出力を発揮し、16.3kgmというノンターボ車の1.5Lクラスに匹敵する最大トルクを実現しています。

1.4Lエンジンは直列4気筒DOHC16Vインタークーラー付きターボエンジンで、さらにパワフルな150馬力、25.4kgmを発揮。こちらはノンターボ車の2.5Lクラスにも匹敵する最大トルクです。ターボチャージャーや筒内直接噴射、可変バルブタイミングといった先端技術により、小排気量エンジンの新たな基準を作り出しました。

予想外?の走行性能と低燃費

コンパクトカーながら上級車種と変わらない7速Sトロニックトランスミッションを採用しスムーズな走りとJC08モード22.9km/Lの低燃費も実現しています。街乗りはもちろん、山間部などの峠道もキビキビ走ります。高速走行も素早い加速感を除けば安定感のある走りが楽しめます。

ベーシックとは思えない上質なインテリア

出典
http://www.audi.co.jp/jp/web/ja/models/a1/a1_sportback.html#page=/jp/web/ja/models/a1/a1_sportback/interior.html&jslayer=renderingLayer.interior
19a1%e5%86%85%e8%a3%85

フォルクスワーゲンup!と同じ排気量のエンジンにターボを装備したアウディA1ですが、インテリアはup!とは全く別物です。フォルクスワーゲンならポロと質感が似ています。アイディA3に引けを取らない上質なデザインです。メーターパネルもポロと共通デザインでマニュアルエアコンの操作性も使い勝手は良好です。もう少し操作パネルが上向きならもっと操作性に優れるのですが、全長を短く切り詰めている分、デザイン上仕方ないのかと感じます。

リヤシートは割り切りサイズ

乗車定員は5名ですがリヤシートは足元空間に余裕がなく、また、中央席は座り心地が良くありません。4名までの乗車が理想で、さらにはフロントシートに大人2人、リヤシートに子供2人乗車が理想なスタイルです。

3ドアのA1と比較しスポーツバックはルーフを延長していますので頭上空間は3ドアモデルよりも余裕が出ます。何より、リヤシート用のドアがあることで乗降性が優れる点と、コンパクトになるフロントドアが使い易いのが特徴です。

販売店とメーカーの施策を有効活用しよう!

20万円引きを目標にしよう

値引き額の少ない輸入車ですが、若干の値引きは狙えます。車両価格から10万円、メンテナンスプログラムのサービスを狙い総額20万円前後の値引きを狙いましょう。大都圏や地方により地域差がありますので十分ご注意ください。大都市圏は輸入車ニーズも高く競争率も高いため、20万円以上の値引きを狙える場合があります。お住まいの地域に異なる資本のアウディ販売店がある場合には、アウディA1スポーツバック同士の競合も可能です。

ゴルフの低価格を利用しよう!

競合車としてピッタリのクルマが無く、フォルクスワーゲンポロが同等クラスと言えますが、車両価格に差があります。上級のゴルフと同等の価格帯ですので値引きが伸び悩むのであれば「ゴルフトレンドラインと同価格なら買います」とストレートに20万円引きを切り出してみるのも手です。

在庫車を狙うとお得

販売店の在庫車で欲しいカラーが一致すればお得に購入できるケースがあります。試乗車販売車両や新車登録済未使用車、見込オーダーで出荷された車両などは営業スタッフの実績にすぐに反映されますので値引きが出やすかったり、お得に購入できるチャンスです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

新型キャデラックATS新車価格情報と、値引き購入のコツ2017!燃費・パフォーマンス情報も。

17%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%87ats%e5%a4%96%e8%a6%b3
出典 http://www.cadillacjapan.com/ats-sedan/model-overview.html

キャデラック ATSのスペック情報

キャデラック ATSの価格帯

5,140,000円~5,700,000円(税込)

キャデラック ATSのグレード情報

ラグジュアリー、プレミアム

編集部おススメグレード プレミアム 5,700,000円(税込)

プレミアムにはエマージェンシーブレーキ、前車追従型のアダプティブクルーズコントロール、マグネティックライドコントロールサスペンション、18インチアルミホイールなど先進の安全装備と、よりスポーティな足回りが装備されるプレミアムがおススメです。

ラグジュアリーとの価格差は56万円ですが、安全面と走行面で価格差以上のメリットが感じられます。本革シートや電動パワーシート、ブレンボ製ブレーキシステム、純正ナビゲーションシステム&Boseプレミアムサウンドシステムはどちらのグレードも標準装備です。

コンパクトなキャデラック 欧州Dセグメントを意識

アメ車、キャデラック。この言葉だけで「大きなクルマ」とイメージしてしまうユーザーも少なくないはずです。しかし、キャデラックATSは全長4,680mmで5ナンバーサイズでコンパクトです。全幅が広いため3ナンバー規格になります。

キャデラックATSのステアリング位置は左のみで右ハンドルは導入されていません。左ハンドル車に慣れないユーザーや右折時の確認が不便な点等、選ぶ際には注意が必要です。無理に右ハンドル化された輸入車より、自然な左ハンドルの方がペダルの位置など気にすることがないため左ハンドル車に慣れているユーザーにはうれしい仕様です。無理に右ハンドル化されたクルマはペダルの位置が左に寄り、アクセルとブレーキが極端に近いケースもあります。しかし、現在では極端に不自然なクルマは無くなりつつあります。

2013年に日本で発売されたキャデラックATSに搭載のエンジンは直列4気筒2.0Lターボエンジンです。これまでのキャデラックは大排気量でトルクでゆったりふんわり走るイメージですがATSは瞬発力に優れたターボエンジンを搭載し足回りも良い意味で欧州車並みにガッチリ硬められた印象です。

日本では、メルセデスCクラス、BMW3シリーズ、アウディA4などDセグメントのライバル車が犇めいています。「あまり走っていないクルマがイイ」「押しの強いクルマがイイ」とお考えのユーザーにはキャデラックATSはピッタリです。高級感と扱いやすいサイズ、アメ車らしくない(良い意味で)走りに驚くはずです。

2.0Lターボエンジンは動力性能文句なし!

輸入車で最も安く環境に優しいディーゼル車

アメ車と言えばV8エンジン+大排気量が主流ですが、キャデラックATSには4気筒2.0L ターボエンジンを搭載しています。

最高出力は276馬力、最大トルクは40.8kgmと4.0L車並みのパワーを発揮します。最大トルクは3,000回転から4,600回転で発揮しますのでアクセルを踏み込みスポーティな走りが楽しめます。追い越し加速などは少し暴力的と感じさせるような加速感があります。

8速オートマチックを搭載

各々の速度域で最適なギアを選択してくれる8速ATを採用しました。静かに走行したいときには早めにシフトアップしてくれるためCVT並みにスムーズです。また、加速時には力強いトルクを活かしてグイグイ加速してくれます。アイドリングストップ機能も装備し環境面にも配慮しています。

マグネティックライドコントロールサスペンション搭載

プレミアムグレードに搭載されるサスペンションはハイパフォーマンスサスペンションと呼ばれるマグネティックライドコントロールサスペンションを搭載しています。路面の状況に応じて1/1000秒単位でコントロールし、正確な車体制御とシャシーの安定化を図り、最適な乗り心地を実現しています。

乗り味はガッチリして硬めの印象でスポーティですが、欲を言えばフロントサスペンションにもう少ししなやかさがあれば良いかと感じます。フロントサスペンションは直進安定性に優れたストラット式ですが、リヤ同様マルチリンクまたはダブルウィッシュボーン式を採用して欲しかったです。

キャデラックらしい高級感あるインテリア

出典 http://www.cadillacjapan.com/ats-sedan/model-overview.html
17%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%87ats%e5%86%85%e8%a3%85
本革シートが標準装備で、インテリアの素材も上質で各スティッチ(縫い目)も上質な仕上がりです。キャデラックエントリークラスと言えども高級感は十分です。自発光式の計器類は視認性に優れていますが、立体感がなくシンプル過ぎる印象があります。プレミアムグレードに装備されるヘッドアップディスプレイはフロントウインドウに速度やナビの進行方向が表示され視認性に優れています。

充実のオーディオメニュー

キャデラックATSのナビゲーション&オーディオ機能はBoseサウンドシステムを採用し高音質。更にアップルカープレイを全車に標準装備しています。iフォンユーザーなら、スマートフォンがそのままクルマのナビと一体化し使いこなせば非常に便利な機能です。USB3個、ブルートゥースも対応し使い勝手も良好です。

希望の在庫車があればどんどん狙おう!

20万円引き以上を目標にしよう

車両価格から15万円、メンテナンスプログラムのサービス87,480円の値引きサービスを狙い総額20万円以上の値引きを狙いましょう。トータルで20万円以上の値引きを狙うことが大切です。

競合車は値引きはそれほど効果ありません。輸入車は「指名買い」が多いためです。同じジャンルと呼ばれても各々の個性が違いすぎるためです。

在庫車を狙うとお得

販売店の在庫車で欲しいカラーが一致すればお得に購入できるケースがあります。年末や年度末には40万円前後の値引きにスタッドレスタイヤ&ホイールのサービスなどある販売店もあります。輸入車はイヤーモデルのため年が変わると旧モデルになります。2017年に2016年モデルが残って入れば格安購入が期待できます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

新型シトロエンC4新車価格情報と、値引き購入のコツ2017!

16%e3%82%b7%e3%83%88%e3%83%ad%e3%82%a8%e3%83%b3c4%e5%a4%96%e8%a6%b3
出典 http://www.citroen.jp/car/c4/

シトロエン C4のスペック情報

シトロエン C4の価格帯

2,590,000円~2,790,000円(税込)

シトロエン C4のグレード情報

フィール、セダクションアップグレードパッケージ、フィールブルーHDi

編集部おススメグレード フィールブルーHDi 2,790,000円(税込)

全グレードに横滑り防止装置、サイド&カーテンエアバックも標準装備。自動ブレーキシステムなどの予防安全装備は装備されません。ガソリンエンジンは直列3気筒1.2Lターボエンジンで現在のフィールの他に同価格でセダクションもありましたがフロントソナーやキーフリーシステムが装備されないなどメリットが無くフィールが選ばれます。

ディーゼルエンジンは直列4気筒1.6Lターボエンジンです。ガソリン車の3.0L車並みのトルクを発揮し、1.2ガソリンエンジンモデルよりも約4km/L良い20.2km/L(JC08モード)の低燃費を実現したクリーンディーゼルエンジンがおススメで、ガソリンモデルとの価格差は20万円しかありませんので選ぶ価値ありです。車両価格279万円は輸入車クリーンディーゼル搭載車で最も安い価格です。

自動ブレーキシステム関係は未装備でヘッドライトもハロゲンのままで少々装備面で遅れを感じます。

普通になった?シトロエンC4

シトロエンC4は2005年6月にクサラの後継モデルとして初代モデルが登場しました。初代はステアリングセンター部分が固定されリングのみが回転するユニークなステアリング方式で、メーターパネルもセンター透過式のデジタルメーターで昔のボビンメーターを彷彿させるデザインでした。

新型シトロエンC4は2011年に登場しトランスミッションやエンジンを改良しながら現在に至ります。当初はBMW製エンジンを使用していました。初代同様にサスペンションはハイドロではないバネ式で「バネシトロエン」とも呼ばれています。新型はステアリングは通常のタイプになり、メーターも通常のアナログ方式になりました。しかし、ソフトで粘り強い足回りはシトロエン独特でプジョーとは全く違った仕上がりです。

アイシン製6ATで信頼性向上

先代C4のATはAL4と呼ばれる4速オートマチックで減速時や再加速時にはショックも大きく、故障も多々ありました。また、マニュアル車構造の6EGSと呼ばれる6ATも故障をよく耳にしました。新型C4は現在通常のトルクコンバーター方式の6ATを採用し、日本のアイシン製で信頼性は大幅に向上しました

基本デザインは継承しプジョー308とシャシーは共通

シトロエンC4は同じPASグループのプジョー308とプラットフォームを共有し、欧州Cセグメントを代表するコンパクトカーです。しかしプジョー308とは全く似ていないデザインです。先代モデルと同様丸みを帯びたデザインを継承し、車体サイズを少々アップさせたにも関わらず、最小回転半径は5.3mで先代モデルの-0.4mで取り回し性能をアップさせました。

本命登場 1.6Lクリーンディーゼル

輸入車で最も安く環境に優しいディーゼル車

現在日本で正規輸入販売されているクリーンディーゼル輸入車の中でC4のフィールブルーHDiは最も安い車両価格です。C4のクリーンディーゼルエンジンはガソリン車と比較した場合、燃料消費量は約25%低減CO2の排出量も約15%低減しています。さらにブルーHDiと呼ばれる技術によりNOx(窒素酸化物)は90%、PM(粒子状汚染物質)は99.9%除去されます。DPF(微粒子フィルター)とアドブルー(尿素水溶液)式SCR(選択還元触媒)を採用したPSAグループの最新ディーゼルエンジンの呼称がブルーHDiです

世界で最も厳格な欧州排ガス基準ユーロ6にいち早く適合するクリーン性能で、地球環境への負荷を抑えています。

シトロエンC4ユーザーはデザインや乗り味には満足していましたが、トランスミッションとエンジンパワーには満足していませんでした。このクリーンディーゼルエンジンと6ATならこれまでネックだったパワートレイン部分をカバーし文句なしの一台になりました。

1.2Lガソリンターボエンジンも魅力的

当初はBMW製1.6Lターボエンジンを搭載していた現在のC4ですが、マイナーチェンジを機にPSAグループ製の直列3気筒1.2Lターボエンジンが搭載されました。2.0Lエンジン車よりも力強い印象の走りで高速ドライブも苦になりません。100km/hでの安定感は国産同等クラスのクルマと比較すると抜群で長距離ドライブが楽になります。JC08モード16.3km/Lの低燃費も実現しています。

丸基調のデザインはインテリアにも!

出典 http://www.citroen.jp/products/c3/interior/  16%e3%82%b7%e3%83%88%e3%83%ad%e3%82%a8%e3%83%b3c4%e5%86%85%e8%a3%85a
16%e3%82%b7%e3%83%88%e3%83%ad%e3%82%a8%e3%83%b3c4%e5%86%85%e8%a3%85b
C4の内装は外装同様丸基調のデザイン。BセグメントのC3とイメージは似ていますが、左右独立温度調整式オートエアコンを装備するなど、装備内容は上級となっています。
メーター類は先代のデジタル式からアナログ式に変更されました。デザイン優先で数字が外周に沿って横になっていますので視認性には慣れが必要ですが中央にデジタル方式で速度が表示されますので便利です。

使い勝手も良好なハッチバック

フロントシートはさすがフランス車といえる疲れにくいシートです。リヤシートは少々硬めな印象ですが大人4人乗車でのドライブは快適です。

6:4分割可倒式のリヤシートとリヤタイヤの出っ張りがないラゲッジルームは使い勝手が良好です。唯一気になる点はラゲッジルームの広さは問題ありませんが開口部が高いため荷物の出し入れに気を遣う点です。デザイン上仕方ない面もありますが試乗車や展示車で確認しましょう。

販売店とメーカーの施策を有効活用しよう!

在庫無しでも20万円引きを目標にしよう

値引き額の少ない輸入車ですが、比較的値引きがあるのがシトロエンです。各地域の商社がディーラーになっている場合が多く、メーカー施策と販売店の施策を上手に活用するのがポイントです。車両価格から15万円、メンテナンスプログラムのサービスを狙い総額20万円以上の値引きを狙いましょう

在庫車を狙うとお得

販売店の在庫車で欲しいカラーが一致すればお得に購入できるケースがあります。特選車と称して30万円前後の値引きにナビゲーションサービスやスタッドレスタイヤ&ホイールのサービスなどあります。シトロエンはホイールPCDは108のため一般の量販店ではセール品はありませんのでサービスならお得です。少しでも興味を持ったらお近くの販売店からダイレクトメールなど届くように手続きしてチャンスを待ちましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

新型マツダアクセラスポーツ新車価格情報と、値引き購入のコツ2017!

11%e3%82%a2%e3%82%af%e3%82%bb%e3%83%a9%e3%82%b9%e3%83%9d%e5%a4%96%e8%a6%b3
出典 http://www.mazda.co.jp/cars/axela/grade/?link_id=sbnv#axela-sport

マツダアクセラスポーツのスペック情報

マツダアクセラスポーツの価格帯

1,760,400円~3,320,200円(税込)

マツダアクセラスポーツのグレード情報

22XD Lパッケージ、22XDプロアクティブ、15XD Lパッケージ
15XDプロアクティブ、15XD
15Sプロアクティブ、15S、15C

ガソリン車2WD全グレードに6MT設定あり
ガソリン車及び2.2Lディーゼル車22XDを除くグレードに4WD設定あり
詳しくは販売店におたずね下さい。

編集部おススメグレード 15XDプロアクティブ 2,430,000円(税込)
新ラインナップの1.5Lクリーンディーゼルがおススメです。LEDヘッドライトとオートライトシステム、自動ブレーキのアドバンスドスマートシティブレーキサポートはもちろんですが、車線逸脱防止警報も装備される15XDプロアクティブがおススメです。欧州Cセグメントの同クラス車フォルクスワーゲンゴルフやプジョー308のエントリーグレードの価格で充実装備のクリーンディーゼルエンジンが選択できます。

SRSサイド&カーテンエアバックは全グレード標準装備になり基本的な部分の安全性能アップさせました。アドバンスドスマートシティブレーキサポートはベーシックの15Cにのみ装備されませんが他のグレードに標準装備されます。さらに後退時の自動ブレーキ&誤発進抑制装置はLパッケージに装備されLパッケージは電動パワーシートも装備され装備が充実します。

メーカーオプションで必要なのはCD/DVDプレーヤー+地デジチューナーが必要です。コレが無いとCDオーディオが使えません。価格は税込32,400円です。

進化したスマートシティブレーキ

マツダの自動ブレーキシステムはアドバンスドスマートシティブレーキサポートに進化しました。ベーシックの15Cにのみ装備されませんが他のグレードに標準装備されます。これまでの30km/hまでのシステムから80km/hまで対応するシステムに進化しました。また、プロアクティブ以上には交通標識認識システムや車線逸脱防止警報も装備されます。標識を認識した場合にメーターパネル上部のヘッドアップディスプレイに標識及び警告等が表示されます。

1.5Lガソリン車とクリーンディーゼル車の選択のポイントは?

二種類のクリーンディーゼルエンジン

これまでラインナップにあった2.2Lクリーンディーゼルエンジンに加え1.5Lクリーンディーゼルエンジンもラインナップされました。このエンジンはデミオやCX3に搭載されているエンジンです。

新搭載の1.5Lクリーンディーゼルエンジンは最大トルクは27.5kgmと2.5Lガソリン車並みのパワーを日常域の1600から2500回転で発揮しストレスないスムーズな力強い走りを実現しています。燃費性能はJC08モード21.6km/Lで1.5Lガソリン6AT車の20.4km/Lを上回ります。また、燃料代は軽油の方が安いですので燃料代を含めて比較するとクリーンディーゼルエンジンはさらにお得になります。

2.2Lクリーンディーゼルエンジンは文句なしのパワーを発揮します。最大トルクは42.8kgmと4.0L車並みのパワーです。高速走行が多いユーザーや長距離走行が多いユーザーには2.2Lがおススメです。価格が300万円前後になる点と1.5Lと比較し車両重量が約100kg近くフロントが重くなります。軽快なハンドリングを求めるなら1.5Lがおススメです。1.5Lクリーンディーゼルエンジンは4000回転が頭打ちの感覚です。2.2Lなら回さなくても速く走ってくれます。エンジンを回して運転を楽しむならガソリンエンジンがおススメです。

街乗りから高速までオールマイティな1.5L

高圧縮比で燃焼効率を高めたミラーサイクルエンジンの採用で20.4km/Lの低燃費を実現しています。組み合わされる6ATは街乗りではスムーズで高速域ではパワー不足感はありますが一定速度で巡航する場合にはオートマチックのロックアップ機構により燃費が向上しCVTでは苦手な高速巡航も低回転でスムーズに走行します。

使いやすくスポーティに仕上げた内装

11%e3%82%a2%e3%82%af%e3%82%bb%e3%83%a9%e3%82%b9%e3%83%9d%e5%86%85%e8%a3%85a
11%e3%82%a2%e3%82%af%e3%82%bb%e3%83%a9%e3%82%b9%e3%83%9d%e5%86%85%e8%a3%85b
出典 http://www.mazda.co.jp/cars/axela/grade/?link_id=sbnv#axela-sport
アクセラの内装はダッシュボードを低めに抑えスポーティな印象を与えてくれます。オートエアコンは左右独立コントロール式で上級車向けの装備となっています。デミオより上質に上級のアテンザに近い質感のインテリアです。

センターの液晶モニターは15Cを除き全グレードに装備されます。CD/DVDプレーヤー+地デジチューナーをオプション選択すれば音楽もテレビも楽しめ、販売店オプションのSDカードでナビゲーションも使えるようになります。15Cメーカーオプションですがぜひ選ぶことをおススメします。オプション選択しないとUSB接続の音楽しか楽しめませんので必ず選びましょう。

フロントは上質なシート リヤは標準レベルな広さ

フロントシートは座面が低めでスポーティなシートポジションになってます。サポート性にも優れ座り心地も良好です。リヤシートは大きめでゆったりしていますが座面が低いため足が投げ出しがちです。車体の高さが低いですので座面を高くすると頭上空間がなくなりますのでデザイン重視の結果、リヤシートの座り心地が犠牲になっています。

インプレッサスポーツとプリウスの競合で決まり

アクセラスポーツの競合はクリーンディーゼルならハイブリット車のトヨタプリウス、ガソリン車ならスバルインプレッサスポーツで競合させるのが一番です。新型プリウスは人気ですのでプリウスの見積書を有効に使いましょう。15XDプロアクティブならプリウスSと同価格帯、22XDプロアクティブならプリウスAと同価格帯になりますのでおススメです。

15Sプロアクティブとスバルインプレッサスポーツ2.0i-Lアイサイトが同価格帯です。モデルチェンジしたばかりのインプレッサは絶好のライバルです。自動ブレーキ性能はアイサイトの性能には及びませんが、近いレベルにあるスマートシティーブレーキサポート。アイサイトのステレオカメラを前面に出して商談を進め値引き拡大を狙いましょう。

ガソリンは25万円 ディーゼルは20万円の総額値引きを狙おう

車両本体価格と販売店オプションから合計でガソリン車なら25万円前後、ディーゼル車なら20万円前後の値引きを目標にしましょう。ナビ用のSDカードは販売店オプションです。サービスを狙う気持ちで商談を行いましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

新型トヨタオーリスの評価・内装・新車価格情報と、値引き購入のコツ2017!

08%e3%82%aa%e3%83%bc%e3%83%aa%e3%82%b9%e5%a4%96%e8%a6%b3

出典 http://toyota.jp/auris/grade/grade3/?padid=ag341_from_auris_grade3_detail

トヨタオーリスのスペック情報

トヨタオーリスの価格帯

1,789,855円~2,832,545円(税込)

トヨタオーリスのグレード情報

150X Cパッケージ、150X、150X Sパッケージ
180S、RS、120T、120T RSパッケージ、ハイブリッド、ハイブリッドGパッケージ
1.5Lグレードに4WD設定あり
RSのみ6MT
各グレード価格差詳細は販売店におたずね下さい。

編集部おススメグレード 120T RSパッケージ 2,590,037円(税込)

LEDヘッドライトや17インチアルミホイール、スポーツタイプフロントグリル、フォグランプ内蔵フロントバンパースポイラーがRSパッケージには標準装備されます。安全面ではトヨタセーフティテンスCも標準装備され安全面もおススメです。

ダウンサイジング化した1.2Lターボエンジンはトルクが豊かなため扱いやすくおススメです。120Tと120T RSパッケージは同価格ですが、違いは120Tのシートは本革+ウルトラスエード(東レ製)+合成皮革で造られシートヒーターも装備されます。スポーティな外観を選択するか、上級シートを選択するかでグレードが決まります。

トヨタセーフティセンスCはハイブリッドのノーマルグレードと1.5L車にメーカーオプションされ他のグレードには標準装備です。グレードにより異なりますが6万円前後のオプション価格です。ハイブリッド車を選択時には要注意で、できれば全車標準装備にしてほしい装備です。

ヨーロピアンテイストのハッチバック

欧州Cセグメントがライバル車?

オーリスはコンパクトに見える車体ですが車幅は1.7mを超え3ナンバー車になります。ちょうどドイツのフォルクスワーゲンゴルフやフランスのプジョー308、同じフランスのシトロエンC4などいわゆるCセグメントと呼ばれるクラスに入ります。

スポーティーなデザインと直進安定性に優れカーブも自然と走行できるバランスに優れた車です。欧州車と同等以上のボディ剛性を持つオーリスですが足回りは欧州車と比べ重厚感が足りません。高速走行での安定感はフォルクスワーゲンゴルフと比較すると違いがわかります。路面に吸いつく印象が足りません。また、低速走行時のタイヤからの突き上げ感も若干気になりますのでデザインが気に入ったらぜひ試乗をおススメします。フォルクスワーゲンゴルフと価格は同価格帯。1.5Lモデルを選択した場合には50万円前後オーリスの価格は安くなります。

トヨタセーフティセンスCも用意

トヨタも続々と自動ブレーキ装着車を増やしています。簡易的なレーザーレーダーと単眼カメラで前方の状況を認識し時速80キロまで対応します。日産ノートの自動ブレーキと同等のシステムです。

オートマチックハイビームと先行者発進告知機能、車線逸脱警報もセットで装備。一部メーカーオプション設定ですが、標準装備でない場合でも装着をおススメします。手放すときの下取り価格、買取価格に影響が予想されセーフティーセンスCが装備されていれば高価買取の後押しにもなります。

スポーティなインテリア カローラシリーズとは別格

08%e3%82%aa%e3%83%bc%e3%83%aa%e3%82%b9%e5%86%85%e8%a3%85a
08%e3%82%aa%e3%83%bc%e3%83%aa%e3%82%b9%e5%86%85%e8%a3%85b
出典 http://toyota.jp/auris/grade/grade3/?padid=ag341_from_auris_grade3_detail
もともとはカローラシリーズだったオーリスですがカローラは現行モデルからヴィッツ用のBプラットホームを採用し、オーリスは新MCプラットホームを採用。新MCプラットホームは上級のアベンシスにも採用されていることから造りが上質になりました。

インテリアの質感も上質でかつスポーティな造りです。シート含む内装のスティッチ部分もアクセントが効いて上質感が味わえます。エアコンはベーシックグレードの150X Cパッケージを除き全車左右独立温度調整式オートエアコンを採用しています。

ハイブリット車とガソリン車どちらがお得?

ハイブリッド目的ならプリウスに軍配

オーリスのハイブリッドシステムは三代目プリウスと同様の1.8Lエンジン+モーターのハイブリッドシステムを採用。欧州では先行し販売されていました。また、欧州仕様車にはディーゼルエンジン搭載車もあり、ぜひ日本でも導入して欲しいですが、トヨタはハイブリッドに力を注いでいるためディーゼルの導入はなかなか進みません。

オーリスハイブリッドはJC08モード燃費は30.4km/Lで同価格帯の充実装備プリウスAグレードの燃費は37.2km/Lです。設計の新しさと燃費数値の差からハイブリッドを選択するメリットが見つけられません。

1.2L直噴ミラーサイクルターボエンジンが魅力的

オーリスをよりヨーロピアンテイストで楽しみたいなら、1.2Lターボエンジンがおススメ。1,500回転から4,000回転までの間フラットで最大トルクを出力するため日常使用する領域で使い易く、CVTながら7速シーケンシャルシフトが装備されているためよりスポーティな走りが楽しめます。1.8Lエンジンよりもトルクが高く低燃費のため魅力的です。フォルクスワーゲンゴルフも1.2Lターボエンジン、プジョー308も1.2Lターボエンジンでスペックも含めて欧州車に肩を並べています。

直列4気筒ガソリンエンジンで直噴+ミラーサイクル(アトキンソンサイクル)にターボの組み合わせはトヨタではオーリスのみ。最適な燃焼効率を実現する先進の燃料噴射システムD-4Tを採用しJC08モード燃費は19.4km/Lの低燃費を実現しました。10年前の軽自動車の数値です。

オーリス同士の競合、同クラスハッチバックをぶつけよう

目標値引き額は総額25万円を狙おう!

値引き額は車両本体で20万円、販売店オプションのカーナビ装着の場合はオプションから5万円引きを狙いましょう。トヨタの同じクラス同じ価格帯ではプリウスがありオーリスは影の存在になりつつあり販売台数の伸びは苦しくなっています。

下取り車がある場合には、下取り価格と値引き価格は必ず分けましょう。また、納車費用や車庫証明関係の代行費用などカット可能な費用だけでも約2万円から3万円ありますので忘れずに。

目標値引き額は総額25万円を狙おう!

スバルインプレッサスポーツやマツダアクセラスポーツは絶好の競合車種です。価格も同価格帯でボディサイズもほぼ同等です。インプレッサスポーツはアイサイト3の性能が自動ブレーキ、歩行者認識においてアドバンテージと実績があります。アクセラスポーツはクリーンディーゼルが魅力的です。

輸入車のフォルクスワーゲンゴルフやプジョー308は同クラスでありますが、国産車としの競合の方がより効果的です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

新型トヨタハリアー新車価格情報と、値引き購入のコツ2017!

06%e3%83%8f%e3%83%aa%e3%82%a2%e3%83%bc%e5%a4%96%e8%a6%b3
出典 http://toyota.jp/harrier/grade/grade3/

トヨタハリアーのスペック情報

トヨタハリアーの価格帯

2,797,714円~4,591,963円(税込)

トヨタハリアーのグレード情報

GRAND、ELEGANCE、PREMIUM、PREMIUM “Advanced Package”
ELEGANCE G’s(ガソリン車のみ)
ELEGANCE G’sを除く各グレードにガソリン車、ハイブリッド車の設定あり
ガソリン車には各グレード2WD車あり

編集部おススメグレード ELEGANCE(ハイブリット) 3,774,857円(税込)
高級感とパワーの両立ならハイブリットモデル。ELEGANCEならシート生地も上級モデルと同じ上級ファブリック+合成皮革になりパワーシートも備わり高級感が高まります。また、衝突軽減ブレーキを含むプリクラッシュセーフティシステム最上級のPREMIUM “Advanced Package”にのみ標準装備ですが他のグレードには約10万円から約13万円(グレードにより異なる)でオプション装着可能ですので、ぜひ装備したい安全装備です。

ゆとりならハイブリッドを選択

ハリアーはガソリン車とハイブリッド車の価格差は約90万円。他のクルマと比較すると同グレードでの価格差が90万円はかなり大きな価格差です。ハイブリッドは2.5Lエンジン+モーターでアルファード&ヴェルファイアと同じシステムで高級セダンクラウンも同じ内容です。ガソリン車は直列4気筒の2.0Lエンジンでターボ無し。最大トルクも20kgmに満たないためパワー不足は否めません。静粛性とパワー、燃費性能のすべてにおいて上回るハイブリッドがハリアーらしさを存分に味わうことができます。また、自動車取得税と重量税はハイブリット車は100%免税対象です。

人気の高級SUV 高額でもお得その理由は?

ハリアー初代から高級感があり乗り心地が良いSUVとして人気があります。オフロード感の無い都会的なフォルムが人気のひとつです。街乗りメインで室内の広さと高級感のみを重視するならガソリン車でも十分で車両価格は300円を切る価格でラインナップされています。

新車価格は高額となりますが、人気車種のため下取り価格が下がりません。つまり数年乗っても下取り価格または買取価格として帰ってくる分が大きいです。下取り価格まで考慮して購入する場合には4WDのガソリン車とハイブリッド車のハリアーならもっと人気があるため高額査定が期待できます。最近では5年で手放すユーザーは少ないですが、10年乗っても十分、買取価格、下取り価格は残りますので新車価格は少々高くても損しません。

2.0Lガソリンエンジンは高級感に欠ける

新型ハリアーのエンジンは直列4気筒の2.0Lエンジンと同じ直列4気筒の2.5Lエンジン+モーターのハイブリッドです。

初代ハリアーは2.2L~3.0L、二代目ハリアーは2.4L~3.5Lのエンジン設定で3.0L以上はV6エンジンでした。特にV6エンジンは燃費は良くありませんでしたが静粛性に優れ、スムーズに回るエンジンで高級感ある走りでした。

エコカー減税を狙ってダウンサイジング化した2.0Lエンジンはターボも装着されず1.6tある車体にはパワーが足りません。高級SUVの名に相応しくないエンジンです。新しい2.5Lのハイブリッドエンジンは力強さと低燃費を実現しています。燃費は21.4km/Lですが実際には12~14km/Lの燃費です。先代モデルまでの2.4Lエンジンの燃費が実際8~10km/Lだったことを考えると十分な数値です。

ハイブリッド車のパワーは初代ハリアーと二代目ハリアー前期モデルに搭載されていたV6 3.0Lエンジンと変わらない加速感が味わえます。静粛性も高速走行の坂道で踏み込まない限り優れており、高級車に相応しい内容になっています。

高級感ある内装 ゆとりのリヤシート

06%e3%83%8f%e3%83%aa%e3%82%a2%e3%83%bc%e5%86%85%e8%a3%85a
06%e3%83%8f%e3%83%aa%e3%82%a2%e3%83%bc%e5%86%85%e8%a3%85b
出典 http://toyota.jp/harrier/grade/grade3/
新型ハリアーの内装は合成皮革を各所に使い高級感があります。全体的にソフトな造りでクラウンのSUVといった感覚です。エアコンの操作パネルも使いやすくなっています。また、左右独立温度コントロール付のため左右の微調整も可能です。

運転席もゆったりしたシートで長時間ドライブも問題ありません。SUVのため高い目線も疲労軽減につながります。ハリアーのリヤデザインは絞り込まれたデザインになっていますので後方視界が良くありません。展示車や試乗車で実際に確認することをおススメします。

リヤシートは足元空間も広くゆったり座れます。また、リクライニング機能も装備されます。頭上空間も開放的です。セダンの頭上空間よりゆとりがありますので乗り心地重視ユーザー向きです。

マツダCX-5と日産エクストレイルの競合がベスト

エクストレイル&CX5 さらにアウトランダーPHEVも

ハリアーとの競合車は同車格帯で高級感があるクルマならムラーノですがハイブリッド車の設定はなくメインは2.5Lエンジンです。ムラーノよりもエクストレイルハイブリッドがベスト。ハリアーのガソリン車ハイブリッド車どちらにも対応可能です。しかし、価格帯はガソリン車がベストです。つまり、ハリアーの2.0Lモデルであれば競合には最適です。

ハイブリッド車狙いの競合では、高級感ではワンランク及びませんがCX-5のクリーンディーゼルモデルがベストです。実際の燃費がハリアーハイブリットとCX-5は同じくらいの燃費になります。燃料代はCX-5の方が安くなります。また、三菱アウトランダーPHEVも忘れずに競合しましょう。ハリアーハイブリッド上級グレードとアウトランダーPHEVは同価格帯になります。短距離ならEV走行のみで十分可能なPHEVは魅力的ですので競合には効果的です。

値引き拡大中 20万円以上の値引きを狙おう!

値引き額は車両本体で17万円、販売店オプションのカーナビ装着の場合はオプションから3万円引きを狙いましょう。見た目はメーカーオプションのカーナビしかスッキリ収まらないように見えますが、販売店装着オプションナビでもすっきり収まります。購入価格を考えると販売店装着ナビがお得です。また、メーカーオプションナビ装着は高額なのに値引きにつながりません。販売店装着ナビなら販売店の売り上げにそのまま反映されますし、利益率も高いです。販売店オプションはナビ、フロアーマット、サイドバイザー、ナンバーフレーム、その他ご希望のオプションで25万円前後にはなるはずです。2割の5万円値引きを狙いたいですが、1.5割の値引きでも37,500円になります。ここで頑張るだけでオプションからの値引き目標は達成可能でトータル20万円引きオーバーも可能です。

下取車は必ず別枠で

下取り査定は必ず必要ですが、下取り価格と値引きは必ず分けましょう。値引きが多いように見せかけられ下取り価格が安い場合があります。下取り車がある場合には買取店一括査定を申し込んで下取り価格より概ね5万円以上高い場合には買取店で一番高額査定の業者に売却することがトータルでお得です。なぜ、5万円か?買取店では買取価格にリサイクル料も自動車税月割りも含まれ、売却月によっては5万円前後になります。つまり下取り価格同額で買取店に手放しは絶対に損です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

新型トヨタカムリハイブリッド新車価格・燃費や評判、値引き購入のコツ2017!

03%e3%82%ab%e3%83%a0%e3%83%aa%e5%a4%96%e8%a6%b3
出典 http://toyota.jp/camry/grade/grade2/?padid=ag341_from_camry_grade2_detail

トヨタカムリハイブリッドのスペック情報

トヨタカムリハイブリッドの価格帯

3,221,345円~4,028,400円(税込)

トヨタカムリハイブリッドのグレード情報

ハイブリッド、ハイブリッドGパッケージ、ハイブリッドレザーパッケージ

編集部おススメグレード ハイブリッドGパッケージ 3,427,527円(税込)

17インチアルミホイール、運転席電動パワーシートの装備されるGパッケージがおススメです。クルーズコントロール、横滑り防止装置はステアリング協調制御のS-VSCを全車標準装備しサイド&カーテンエアバックも全車に標準装備されます。基本装備にこだわるなら標準グレードでも十分納得の装備内容です。

緊急ブレーキを含むプリクラッシュセーフティシステムはハイブリッドを除くグレードにオプション設定で12万円から13万円ですので装着したい装備です。できれば、小型車に続々標準化しているセーフティセンスを上級バージョンのセーフティセンスPで標準化を望みたいところです。

トヨタFFフラッグシップセダン

トヨタの前輪駆動ベース(FF)のセダンではカムリハイブリッドが一番大きなセダンとなりました。

カムリは当初2.0L以下5ナンバーセダンでしたがバブルの終わりにカムリプロミネントの登場で2.5Lモデルも誕生しました。その後カムリグラシアの登場により全車3ナンバー化し大型セダン化しました。

プロミネント時代から外装は大きくなってもその質感はベースモデルと変わりなく不満もありましたが新型カムリハイブリッドは内外装の質感を特に向上させハイブリット専用モデルとして登場ました。

プリクラッシュセーフティシステム

カムリハイブリッドの先進安全装備は、標準グレードを除くグレードにオプション設定です。緊急ブレーキの他、オートマチックハイビーム、車線逸脱防止警報、前車追従・自動減速機能付クルーズコントロールが装備されます。

先行車や障害物などをミリ波レーダーで検知し、衝突する可能性が高いと判断した場合に警報やブレーキの制御により衝突回避を支援します。万が一、衝突する場面に遭遇した場合には、警報の後、ドライバーがブレーキを踏むと、緊急ブレーキアシストがブレーキ力を強力にアシストし、前車20km/h、自車80km/hの場合では最大約60km/h程度減速します。また仮にドライバーがブレーキを踏めなかった場合でも、緊急ブレーキが作動します。前車20km/h、自車50km/hの場合では最大約30km/h減速し、衝突を回避あるいは衝突の被害を軽減します。

新型2AR型エンジン+モーター搭載

クラウンハイブリットとほぼ共通のシステム

新型2.5Lエンジン+ハイブリットはエンジン型式ではクラウンと一緒です。クラウンは直噴D4-SエンジンでFR専用設計、カムリは高圧縮比アトキンソンサイクルタイプのエンジンの違いがあります。ミニバンのアルファード&ヴェルファイアと同じエンジンです。
新型カムリはクラウンハイブリットと似たシステム、同等のボディサイズを手に入れ約100万円クラウンの価格を下回っていますのでLサイズハイブリットセダンではお買い得です。

高出力で低燃費

新型カムリのエンジン+モーターのシステム最高出力は205馬力で、かつてのV6 2.5Lエンジン以上の出力を得ています。実用域ではモーターの力強さが増しますのでそれ以上のパワー感があります。

高速走行においても安定した加速感が得られ気持ち良い加速感があります。合流時など力強い加速が要求される場面では4気筒独特のエンジンノイズが少々気になりますが、すぐに加速が済みますので問題ありません。
燃費は23.4km/Lと良好で1.5L以下クラスと同等の低燃費を実現しています。

上質仕上げの内装 ゆとりの後席空間が確保

出典 http://toyota.jp/camry/grade/grade2/?padid=ag341_from_camry_grade2_detail
03%e3%82%ab%e3%83%a0%e3%83%aa%e5%86%85%e8%a3%85a
03%e3%82%ab%e3%83%a0%e3%83%aa%e5%86%85%e8%a3%85b
新型カムリの内装はシンプルな造りですがよく見ると上質な造りになっています。ソフトなレザー風の素材と木目調パネルの組み合わせにより高級感が出ています。また、夜間照明はブルーで統一されオシャレな演出も忘れていません。

左右独立温度コントロール式のオートエアコンも上級車の必須アイテムとなっています。エアコン操作パネルはスッキリ上質なものとなっていますが、風量調整や風向調整をマニュアル操作したい場合にはボタンが小さく操作しにくい面もあります。

クラウンのように豪華なインテリアまではいきませんが、リヤシートの足元空間と頭上空間はクラウンより広く快適な空間が確保されています。ウインダム、日産ティアナからの乗り換えでも十分満足の内容です。

ホンダアコードハイブリッドとの競合がベスト

値引き目標は25万円

値引き額は車両本体で20万円、販売店オプションのカーナビ装着の場合はオプションから5万円引きを狙いましょう。トータルで25万円以上の値引きを狙いましょう。メーカーオプションの装備を増やしても値引き増額には期待できません。

競合は上級ハイブリッドセダンで決まり!

競合はホンダアコードハイブリッドがベストです。車両価格はアコードが上回りますが、オプションでプリクラッシュセーフティシステムを装備するなどオプション装着で同価格帯になります。値引き額も同等額ですのでおススメです。

同じトヨタならハイブリッドセダンのSAIも忘れずに。カムリはカローラ店取扱いでSAIはトヨペット店取扱いです。SAIのハイブリットシステムは先代モデルのカムリハイブリッドと同じで設計が古くなっていますが価格帯も含めて競合には最適です。

また、マツダアテンザのクリーンディーゼルも魅力的です。圧倒的なパワーとクリーンディーゼルの低燃費は軽油価格差も含めるといい勝負になりますので試乗の上、競合に持ち込んで下さい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

新型トヨタカローラアクシオ新車価格・評価情報と、値引き購入のコツ2017!

04%e3%82%a2%e3%82%af%e3%82%b7%e3%82%aa%e5%a4%96%e8%a6%b3
出典 http://toyota.jp/corollaaxio/grade/grade2/?padid=ag341_from_axio_grade2_detail

トヨタカローラアクシオのスペック情報

トヨタカローラアクシオの価格帯

1,485,491円~2,207,127円(税込)

トヨタカローラアクシオのグレード情報

1.3X、1.5X、1.5G
ハイブリッド、ハイブリッドG
1.5Xと1.5Gの2WD車にMT設定あり
1.5Lグレードに4WD設定あり
各グレード価格差詳細は販売店におたずね下さい。

編集部おススメグレード ハイブリッド 2,030,400円(税込)
ハイブリッドモデルなら全グレードにナノイー搭載オートエアコンが標準装備され、5ナンバーサイズで扱いやすいハイブリッドがおススメです。

ガソリンモデルなら1.5Xがおススメ。160万円を切る車両価格は魅力的でオプションで緊急自動ブレーキを含むトヨタセーフティセンスCも選択可能です。1.3Xとの価格差は10万円ほどですので、200ccの動力性能のゆとりと15インチタイヤ(1.3Lは14インチ)、アイドリングストップ機能を考慮すれば迷わず1.5Lを選択しましょう。

数少ない5ナンバーセダンの代表の実力は?

街中で運転しやすいサイズ

カローラアクシオはコンパクトカーにトランクを付けたセダンです。長所も短所も少ないカローラアクシオですが、フロントの顔つきが新型ではシャープになりカッコよさをアップさせました。クルマの長さはミディアムハッチバッククラスと変わらない長さで幅も5ナンバーサイズです。

街乗りでは1.3Lも1.5Lエンジンもどちらも大きな違いが感じられませんが坂道に行けば1.3Lはパワー不足に感じます。ハイブリッド車は街乗りでの加速感や静粛性にアドバンテージがあります。

現在5ナンバーサイズを維持しているコンパクトセダンはカローラアクシオの他にアリオン&プレミオ、日産ラティオ、ホンダグレイスと数えるほどになりました。

アクアのシステムで33.8km/Lの低燃費

アクアと同じシステムを持つカローラアクシオハイブリッド。アクアの37.0km/Lの燃費よりも数値は劣りますが約50kg重いためで実際には大差ありません。実際には25km/L前後の燃費で使用状況によって大きく変わってきます。落ち着きのあるセダンタイプを選ぶならカローラアクシオは良い選択です。

トヨタセーフティセンスCも用意

トヨタも続々と自動ブレーキ装着車を増やしています。簡易的なレーザーレーダーと単眼カメラで前方の状況を認識し時速80キロまで対応します。日産ノートの自動ブレーキと同等のシステムです。

オートマチックハイビームと先行者発進告知機能、車線逸脱警報もセットで装備。ハイブリッドGと1.5Gに標準装備され他のグレードにはオプション設定です。5.4万円のオプション価格ですので装着をおススメします。手放すときの下取り価格、買取価格に影響が予想されセーフティセンスCが装備されていれば高価買取の後押しにもなります。

シンプルな内装 ゆとりの後席空間が確保

04%e3%82%a2%e3%82%af%e3%82%b7%e3%82%aa%e5%86%85%e8%a3%85a
04%e3%82%a2%e3%82%af%e3%82%b7%e3%82%aa%e5%86%85%e8%a3%85b
出典 http://toyota.jp/corollaaxio/grade/grade2/?padid=ag341_from_axio_grade2_detail
インパネ部分からシフトレバーまでの間に空間があり、左足の膝の部分が中央部に当たらずゆとりを感じることができます。ビジネスユースでもプライベートユースでも乗り易い使い易いインテリアです。

高級感は無いがエアコンの操作パネルが使いやすい位置にあり手さぐりでも操作しやすいです。マニュアルエアコンも操作ダイヤルが大きく操作性に優れています。

フロントシートリヤシートとも若干サイズが小さめに感じますがリヤシートの足元空間も十分確保され大人4名乗車でも窮屈感はありません。また、シートバックもしっかりした厚みがあります。

ハイブリット車とガソリン車どちらがお得?

燃費が仮に2倍違うとして差額50万円を埋めるには約10万キロ以上走行する必要があります。10万キロ以上走行するユーザーはハイブリッドがおススメです。しかし10万キロまで走行しなくても、低速域でのモーター走行の力強さと静粛性はハイブリッドの特権。また、下取り、買取など手放すときにはハイブリッド車は価格が安定していますので高価買取が期待できます。購入時のみでなく手放す時まで考えるとハイブリッドの選択がお得になると考えます。

年間走行が5千キロ未満で10年乗っても5万キロに満たない場合には車両価格分を燃費で回収できませんのでガソリン車をおススメします。

ホンダグレイスとの競合がベスト 日産ラティオもアリ

5ナンバーコンパクトセダンを検討するとハイブリッドならホンダグレイス、ガソリン車なら日産ラティオしかないのが現状です。

ホンダグレイスはフィットと同じシステムのハイブリッドシステムです。カローラアクシオと同価格帯ながら燃費数値は34.4km/Lと上回ります。値引き額はもカローラアクシオよりも多くなる傾向にあり絶好の競合車種です。

ガソリン車ならラティオがおススメ。ラティオはティーダラティオの時に比べエンジンも1.2Lになりダウンサイジング&ワンクラスダウンした感があります。しかし、街乗りでの静粛性、動力性には問題ありませんので十分競合車種になります。

目標値引き額は総額15万円を狙おう!

カローラアクシオはトヨタカローラ店の専売車種のためトヨタ同士の競合はできません。値引き額は車両本体で12万円、販売店オプションのカーナビ装着の場合はオプションから3万円引きを狙いましょう。

狙い目は在庫車です。白系とシルバー系のボディカラーは比較的在庫豊富なため当月登録可能なら値引きが拡大しやすくなります。ハイブリッドと1.5XグレードでトヨタセーフティセンスCのオプション装着車は比較的見込在庫として各店で持っている傾向にあります。出来るだけ安く購入希望なら在庫車または販売店に出荷済のクルマを狙いましょう。特に大都市圏や大型店では台数を確保しなければならないため、月末にかけて値引きが拡大する傾向にありますので、場合によっては20万円近い値引き額も期待できます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

新型スバルレガシィアウトバック新車価格情報と、値引き購入のコツ2016!

24アウトバックa
出典 http://www.subaru.jp/legacy/outback/grade/outback.html

スバル レガシィアウトバックのスペック情報

スバル レガシィアウトバックの価格帯

3,186,000円~3,456,000円(税込)

スバル レガシィアウトバックのグレード情報

アウトバック、アウトバックリミテット

編集部おススメグレード アウトバック 3,186,000円(税込)

アウトバック標準モデルとリミテットのどちらのグレードにおいても、スバルの最新予防安全システムのアイサイトバージョン3と後側方警戒支援システムや自動ハイビームを備えたアドバンスドセイフティパッケージを装備し、レガシィセダンタイプのB4同様に予防安全評価最高得点を獲得しました。全車にLEDヘッドライト及び左右独立温度調整式オートエアコンなど高級車に装備される装備を標準装備しました。
リミテットは18インチアルミホイール、アルミパット付ペダルと本革シートを標準装備しますが安全装備での差がありませんので、こだわりが無い場合は標準のアウトバックがオススメです。17インチホイール装着車の方が乗り心地はソフトのため乗り心地重視のユーザーは標準グレードがおススメです。

レガシィのワゴンはアウトバック1本に

2014年10月に登場したレガシィアウトバックは6代目のレガシィクロスオーバースタイルのクルマです。これまではレガシィツーリングワゴンのSUV版として存在したアウトバックですが、レガシィツーリングワゴンが消滅したことによりレガシィのワゴンが欲しいユーザーはアウトバックの選択のみとなりました。セダンの乗り心地、SUVの悪路走破性、ステーションワゴンの積載性を兼ね備えプライベートからフォーマルまで使えるクルマです。

200mmのロードクリアランスは悪路に有利

レガシィアウトバックの最大の特徴でもある高いロードクリアランスです。最低地上高に余裕があるため悪路走破性に優れ、特に降雪地域で氷でデコボコになった道路も安定して走行することができます。高級感あるフォーマルなスタイリングながらオフロード重視のスバルXVと同じスペックを実現しています。

水平対向4気筒2.5Lはトータルバランスに優れる

新型レガシィアウトバックに搭載されるエンジンは水平対向4気筒2.5Lエンジンのみ。トランスミッションは6速マニュアルモード付のCVTです。1気筒あたり600ccオーバーの排気量は発進加速時にゆとりがあり使い易いエンジンです。高速域でも3000回転でのトルクが使い易いため素早いレスポンスを求めなければ十分満足したクルージングが行えます。先代のレガシィアウトバックには3.6Rと呼ばれる水平対向6気筒3.6Lエンジン搭載グレードがありましたが、新型では廃止され、レガシィツーリングワゴンに搭載されていたターボエンジンも搭載されていません。気になる燃費はアイドリングストップ機能をプラスしてもJC08モード14.6km/L。2.5Lエンジンの4WD車では良好で実際の燃費は街乗りメインでは10km/L前後の燃費です。高速走行ではJC08モードのカタログ燃費に迫る燃費も期待できます。

Xモードスイッチによる安全安心制御とAWDと安定感の高い足回り

24アウトバックc
出典 http://www.subaru.jp/legacy/outback/driving/performance.html
雪道や砂利道でタイヤがスリップしてしまった場合、X-MODEのスイッチをONの状態にしておけばXモード制御が瞬時に反応してくれます。エンジン、トランスミッション、シンメトリカルAWD、横滑り防止のVDCをトータルで制御します。全てのタイヤへの駆動力やブレーキなどをバランスよく最適にコントロールすることにより、スムーズな走行を実現します。下り坂などで車速が急に上がってしま状況になった場合には「ヒルディセントコントロール」が作動します。ブレーキ操作がシビアになる雪道や砂利道の下り坂などで、車速を一定に維持しながら下り坂を走行することができます。

レヴォーグよりも上質に高級に

24アウトバックb
出典 http://www.subaru.jp/legacy/outback/grade/outback.html
自発光式のメーター類は奥に配置され日中の日差しの強い時でも視認性に優れています。高級車に多く装備される左右独立温度調整式オートエアコンを装備し快適な室内空間を保ちます。インパネ全体の質感も高くドアトリムの造りもしっかり造り込まれスバルのフラッグシップワゴンにふさわしいインテリアです。インテリアデザインにはSUVのテイストは感じられずセダンのB4と共通のデザインです。

数少ない大型ステーションワゴンは貴重な存在

全長4,815mm、全幅1,840mmと大型のボティを持つレガシィアウトバックは快適な乗り心地と高い積載性を兼ね備えています。セダンタイプのB4と比較しリヤシートの頭上空間にゆとりがあります。かつてトヨタクラウンエステートやマーク2ブリット、日産ステージアなど大型ステーションワゴンが多く存在しましたが、現在はSUVやミニバンに人気に押されレガシィアウトバックとマツダアテンザワゴンとトヨタアベンシスの3車種が代表車種になっています。

タイプは異なるがアベンシスとアテンザワゴン競合

レガシィアウトバックの値引きは車両本体価格から25万円、販売店装着のナビゲーションシステムを選択して5万円前後の値引き合計30万円前後の値引きが目標です。商談当初は15万円前後の値引き提示が一般的。月初から商談を開始し月末に決める、9月の仮決算時期を狙って商談を開始するなど少々長い目で見てじっくり値引き交渉することが大切です。車両本体価格と付属品から値引き総額で25万円以上なら地域差もありますので成功といえます。これから9月仮決算時期なら総額30万円引き以上を狙いましょう

アベンシスとアテンザワゴンの見積を用意しよう

大型サイズのステーションワゴンのアベンシスとアテンザワゴンの見積を用意しましょう。ただし、レガシィアウトバックと直接ライバルとなるステーションワゴンSUVはありません。輸入車も含めるとアウディA4オールロードクワトロがありますが車両価格がレガシィアウトバックの約二倍のため競合にはなりません。競合のための見積はあくまでも参考程度で月末の販売店が受注が欲しい時期をじっくり狙って商談することがおススメです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

新型トヨタプレミオ新車価格情報と、値引き購入のコツ2016!

21新型プレミオa
出典 http://toyota.jp/premio/grade/grade3/?padid=ag341_from_prem_grade3_detail_1606

トヨタプレミオのスペック情報

トヨタプレミオの価格帯

1,908,655円~2,686,255円(税込)

トヨタプレミオのグレード情報

1.5F、1.5F パッケージ、1.5F EXパッケージ、1.8X、1.8X パッケージ、
1.8X EXパッケージ、2.0G、2.0G EXパッケージ
1.8L車に4WD車設定あり

編集部おススメグレード 1.8X EXパッケージ 2,528,182円(税込)
オートエアコン、LEDオートライト、アルミホイール、木目調+本革巻ステアリング&シフトレバーなど高級車と同じような装備が付くのがEXパッケージです。5ナンバーサイズで落ち着きのある上質なセダンを求めるユーザーにはおススメです。1.5Lでも十分なパワーで使い易いのですが、EXパッケージ以外にはフォグランプが標準装備されなかったり、アルミホイールが装備されないなど価格差以上に装備が劣りますので1.8L以上をおススメします。

外観デザインを一新したプレミオ

先日マイナーチェンジを実施したトヨタエスティマのように外観はまるでフルモデルチェンジしたかのようなデザインの変更になりました。兄弟車のアリオンとはフロントグリルの違いのみ。アリオンはメッシュタイプになります。高級感の高いデザインで、プレミオが5ナンバーサイズのクラウンロイヤルシリーズならアリオンはアスリートシリーズのようなイメージです。ただし、デザイン以外のハード面は全て共通です。先進安全装備のトヨタセーフティセンスCを装備し価格も上昇しました。同クラスのハイブリッド車プリウスと価格帯は同じで燃費重視なら間違いなくプリウスを選択します。プレミオの良さはガソリンエンジンのレスポンスの良さ、5ナンバーサイズによる取回しと見切りの良さ、高級感あるインテリアです。

まるでミニクラウン 高級感あるインテリア

21新型プレミオb
21新型プレミオc
出典 http://toyota.jp/premio/grade/grade3/?padid=ag341_from_prem_grade3_detail_1606
プレミオの内装は木目調パネルも多く使用され上質な内装を演出しています。材質はプラスチックですがローコストで高級感を出すトヨタの上手なところです。木目調デザインはクラウンに使用されているような上質なデザインのパネルを使用しています。
各種スイッチ類は操作性にも優れ、シフト操作は上級のマークXと同じ形状のゲート式を採用し上質かつ操作性を高めています。リヤシートはこれまで同様にクッションを引き上げてシートを可倒するダブルフォールディング方式を採用しています。ステーションワゴンと同じ使い勝手が可能なセダンです。
上級のEXパッケージはステアリングとシフトレバーに革巻+木目調の材質を使用し高級感を出しています。計器類は全て白色に統一された自発光式オプティトロンメーターを採用し中央部には安全装備のトヨタセーフティーセンス用のTFT液晶モニターを装備し5ナンバーサイズの高級ミディアムセダンです。

経済性とバランスで1.8Lエンジンがおススメ

プレミオのパワーユニットは1.5L、1.8L、2.0Lのいずれも直列4気筒エンジンです。今回のマイナーチェンジでもハイブリッド搭載はされませんでした。街乗りから高速域まで幅広く対応する1.8Lエンジンがおススメです。営業車として使用するなら1.5Fで十分な内容ですがトヨタセーフティセンスCも装備されず割高のためカローラを選択した方がメリットありそうです。

スポーツ走行は苦手なプレミオ

プレミオは乗り心地重視のサスペンションセッティングになっています。街乗りでは非常にしなやかで快適なクルマです。その反面カーブでは速度が出ているとロールが大きくなります。限界は高いですが、ロールが大きいと感じたらスピードの出しすぎですので安全運転に心がけましょう。1.8Lと2.0LのEXパッケージ2WD車には偏平率55%のタイヤが装着され走行安定性は高まっていますので高速安定性を重視するユーザーにはおススメです。

トヨタセーフティセンスCを装備

今回のマイナーチェンジによりFとXグレードの標準グレード以外にはトヨタの先進安全技術トヨタセーフティセンスCが標準装備されました。FとXグレードにはオプション設定ですが全車標準装備にしてほしかったです。レーダーレーザーと単眼カメラによる認識で衝突時の衝撃を軽減させるエマージェンシーブレーキを採用しています。ステアリング協調制御の最新の横滑り防止装置S-VSCは全グレードに標準装備でサイド&カーテンエアバックは全車にオプション設定です。

競合は兄弟車アリオン 他メーカーなら日産シルフィ

プレミオは全グレードでオーディオレスが標準です。CDオーディオならサービス狙いで交渉も可能です。その際には車両本体とオーディオ分のトータル値引きを確認しましょう。
ナビゲーションシステム装着はメーカーオプションにこだわらなければ販売店装着オプションのナビゲーションを選択し工賃を含め2割程度の値引き交渉可能です。

値引き額は車両本体で20万円、販売店オプションのカーナビ装着の場合はオプションから5万円引きを狙いましょう。総額で25万円以上の値引きが獲得を目指しましょう。これから9月の仮決算時期に向けてさらに条件が緩くなることがそうされますので最初の値引き提示額プラス10万円以上を目標に頑張りましょう。

アリオンとの競合がベスト

競合車は同じトヨタのアリオンです。アリオンはトヨタ店取扱い、プレミオはトヨペット店です。今回のマイナーチェンジで両車の違いはフロントグリルの形状くらいになり差がなくなりました。競合にはピッタリです。他メーカーでは日産シルフィがおススメです。新型になり3ナンバーとなりましたがコロナとブルーバード時代からお互いはライバルです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

新型スバルエクシーガクロスオーバー7新車価格情報と、値引き購入のコツ2016!

23エクシーガa
出典 http://www.subaru.jp/crossover7/crossover7/grade/2.5i_eyesight.html

スバル エクシーガクロスオーバー7のスペック情報

スバル エクシーガクロスオーバー7の価格帯

2,754,000円(税込)

スバル エクシーガクロスオーバー7のグレード情報

2.5i アイサイトAWD

編集部おススメグレード 2.5i アイサイトAWD 2,754,000円(税込)

グレードは2.5Lエンジン搭載のワングレードのみです。自動ブレーキシステムのアイサイトバージョン2を標準装備しています。2つのカメラを使い前方の様子を常に監視しています。人間の目と同じように距離と形状を認識することが出来ますので、クルマだけでなく、道路の白線や、歩行者や自転車の認識が可能です。クルマが得た情報と自車の走行状況をもとに、必要な制御をクルマが自動で判断します。状況に合わせて横滑り防止のVDC、エンジン、トランスミッションなどのユニットを適切にコントロールすることで、高度な運転支援を実現しています。
17インチアルミホイール、ファブリック&合皮のシートとシートヒーター、左右独立温度調整式オートエアコン、HIDヘッドライトを標準装備し十分に満足の装備内容です。

グレードを一本化しSUV風のデザインへ

これまでのエクシーガと比較しヘッドライト周りデザインをシャープなデザインにしフロントバンパーにはスタイリッシュな印象を与えるLEDアクセサリーライナーを装備しました。バンパー下部にはブラックアウトされたパーツが装備されSUV感を高めています。ロードクリアランス自体は170mmと標準的なレベルでSUVと呼ぶには少々高さが不足気味ですが本格的な悪路走行を元々目的としていないためスタイル重視ならまったく問題ありません。グレードはワングレードのみ。最新安全装備のアイサイトバージョン2も標準装備し価格は275.4万円はお買い得な内容です。

2.5Lの余裕あるクルージングを実現

新型エクシーガクロスオーバー7に搭載されるエンジンは水平対向4気筒2.5Lエンジンのみ。トランスミッションは6速マニュアルモード付のCVTです。走りだしから3000回転前後で非常に力強くスムーズに走ります。先代のエクシーガと比較すると225馬力を発揮した2.0Lターボエンジンが無くなったのは少々残念です。また、燃費はアイドリングストップ機能をプラスしてもJC08モード13.2km/Lと標準レベルで実際の燃費は街乗りメインでは8km/L前後と決して良い数値ではありません。

6気筒エンジンと比較し4気筒の2.5Lエンジンは1気筒あたり600cc以上のため燃焼効率が高く走り出しに力強さを感じます。街乗りから高速走行までストレスなくスムーズに加速してくれますが、マニュアルモードが付いていてもCVTのため急加速にワンテンポのタイムラグは発生します。極度なスポーティさやレスポンスの良さにこだわらなければ快適に乗ることができます。

水平対向エンジンのバランスとAWDと安定感の高い足回り

23エクシーガd
出典 http://www.subaru.jp/crossover7/crossover7/driving/performance.html
フロントにストラット式、リヤにはダブルウィッシュボーン式の独立サスペンションでスポーティで安定感ある走りを実現しました。スバルのシンメトリカルAWD技術は世界トップクラス。水平対向4気筒エンジンはフロントを低重心で安定させるだけでなく、左右の重量バランスを均等に出来ることでさらなる走行安定性を確保しています。

7人乗れるスポーツワゴン

23エクシーガb
23エクシーガc
出典 http://www.subaru.jp/crossover7/crossover7/grade/2.5i_eyesight.html
5人乗りスポーツワゴンレボーグのインテリアをSUV風に仕上げ、スポーティ感とアウトドア感を高めました。左右独立温度調整式オートエアコンを装備し快適な室内空間を保ちます。大きなダイヤル状のボタンを押すとオート、回すと温度調整で使い易くさらにスポーティなデザインに仕上がっています。シートヒーターは4段階での調整が可能で冬季間のドライブも快適です。インテリア材質はインプレッサ同様プラスチック感が感じられる部分もありドアトリム部はシンプル過ぎる印象もあります。

7人乗れる使い勝手はスバルではエクシーガのみ

全長4,780mmの長さが室内空間のゆとりを生み出しました。全幅も1,800mmあり横のゆとりもステーションワゴンスタイルミニバンの中では広く大人7名乗車も可能です。サードシートはシートバックの高さが十分に確保されていませんので大人の長時間乗車は少々厳しくなります。通常はサードシートを格納し5人乗り+荷物での使用が理想的です。同じスバルのレヴォーグ1.6Lターボと同価格帯になる点も考慮し7人乗りが必要ならエクシーガクロスオーバー7、5人乗りで全く十分ならレヴォーグを選択する選び方も大切です。

プレマシーとエクストレイル競合で値引き拡大!

エクシーガクロスオーバー7の値引きは車両本体価格から25万円、販売店装着のナビゲーションシステムを選択して5万円前後の値引き合計30万円前後の値引きが目標です。軽自動車やインプレッサように台数を稼ぐ車種でないため値引きが渋めのケースも目立ちます。車両本体価格と付属品から総額値引きが25万円以上なら地域差もありますので成功といえるでしょう。これから9月仮決算時期なら総額30万円引き狙い9月登録を目指すならこれから商談開始し煮詰めましょう。

プレマシーとエクストレイルで競合を

背の低いスポーティなミニバンのマツダプレマシーとSUVで7人乗り設定ある扱い安いサイズの日産エクストレイルで競合しましょう。プレマシーは2.0Lエンジンで車両価格も安い設定のため価格面をアピールしましょう。エクストレイルはエクシーガ同様エマージェンシーブレーキも装備されることに加えSUVの悪路走破性をアピールして少々価格面では高額になりますがハイブリッドの存在もアピールしましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

新型トヨタプレミオ新車価格情報と、値引き購入のコツ2016!(マイナーチェンジ情報も)

21新型プレミオa
出典 http://toyota.jp/premio/grade/grade3/?padid=ag341_from_prem_grade3_detail_1606

トヨタプレミオのスペック情報

トヨタプレミオの価格帯

1,908,655円~2,686,255円(税込)

トヨタプレミオのグレード情報

1.5F、1.5F パッケージ、1.5F EXパッケージ、1.8X、1.8X パッケージ、
1.8X EXパッケージ、2.0G、2.0G EXパッケージ
1.8L車に4WD車設定あり

編集部おススメグレード 1.8X EXパッケージ 2,528,182円(税込)
オートエアコン、LEDオートライト、アルミホイール、木目調+本革巻ステアリング&シフトレバーなど高級車と同じような装備が付くのがEXパッケージです。5ナンバーサイズで落ち着きのある上質なセダンを求めるユーザーにはおススメです。1.5Lでも十分なパワーで使い易いのですが、EXパッケージ以外にはフォグランプが標準装備されなかったり、アルミホイールが装備されないなど価格差以上に装備が劣りますので1.8L以上をおススメします。

外観デザインを一新したプレミオ

先日マイナーチェンジを実施したトヨタエスティマのように外観はまるでフルモデルチェンジしたかのようなデザインの変更になりました。兄弟車のアリオンとはフロントグリルの違いのみ。アリオンはメッシュタイプになります。高級感の高いデザインで、プレミオが5ナンバーサイズのクラウンロイヤルシリーズならアリオンはアスリートシリーズのようなイメージです。ただし、デザイン以外のハード面は全て共通です。先進安全装備のトヨタセーフティセンスCを装備し価格も上昇しました。同クラスのハイブリッド車プリウスと価格帯は同じで燃費重視なら間違いなくプリウスを選択します。プレミオの良さはガソリンエンジンのレスポンスの良さ、5ナンバーサイズによる取回しと見切りの良さ、高級感あるインテリアです。

まるでミニクラウン 高級感あるインテリア

21新型プレミオb
21新型プレミオc
出典 http://toyota.jp/premio/grade/grade3/?padid=ag341_from_prem_grade3_detail_1606
プレミオの内装は木目調パネルも多く使用され上質な内装を演出しています。材質はプラスチックですがローコストで高級感を出すトヨタの上手なところです。木目調デザインはクラウンに使用されているような上質なデザインのパネルを使用しています。
各種スイッチ類は操作性にも優れ、シフト操作は上級のマークXと同じ形状のゲート式を採用し上質かつ操作性を高めています。リヤシートはこれまで同様にクッションを引き上げてシートを可倒するダブルフォールディング方式を採用しています。ステーションワゴンと同じ使い勝手が可能なセダンです。
上級のEXパッケージはステアリングとシフトレバーに革巻+木目調の材質を使用し高級感を出しています。計器類は全て白色に統一された自発光式オプティトロンメーターを採用し中央部には安全装備のトヨタセーフティーセンス用のTFT液晶モニターを装備し5ナンバーサイズの高級ミディアムセダンです。

経済性とバランスで1.8Lエンジンがおススメ

プレミオのパワーユニットは1.5L、1.8L、2.0Lのいずれも直列4気筒エンジンです。今回のマイナーチェンジでもハイブリッド搭載はされませんでした。街乗りから高速域まで幅広く対応する1.8Lエンジンがおススメです。営業車として使用するなら1.5Fで十分な内容ですがトヨタセーフティセンスCも装備されず割高のためカローラを選択した方がメリットありそうです。

スポーツ走行は苦手なプレミオ

プレミオは乗り心地重視のサスペンションセッティングになっています。街乗りでは非常にしなやかで快適なクルマです。その反面カーブでは速度が出ているとロールが大きくなります。限界は高いですが、ロールが大きいと感じたらスピードの出しすぎですので安全運転に心がけましょう。1.8Lと2.0LのEXパッケージ2WD車には偏平率55%のタイヤが装着され走行安定性は高まっていますので高速安定性を重視するユーザーにはおススメです。

トヨタセーフティセンスCを装備

今回のマイナーチェンジによりFとXグレードの標準グレード以外にはトヨタの先進安全技術トヨタセーフティセンスCが標準装備されました。FとXグレードにはオプション設定ですが全車標準装備にしてほしかったです。レーダーレーザーと単眼カメラによる認識で衝突時の衝撃を軽減させるエマージェンシーブレーキを採用しています。ステアリング協調制御の最新の横滑り防止装置S-VSCは全グレードに標準装備でサイド&カーテンエアバックは全車にオプション設定です。

競合は兄弟車アリオン 他メーカーなら日産シルフィ

プレミオは全グレードでオーディオレスが標準です。CDオーディオならサービス狙いで交渉も可能です。その際には車両本体とオーディオ分のトータル値引きを確認しましょう。
ナビゲーションシステム装着はメーカーオプションにこだわらなければ販売店装着オプションのナビゲーションを選択し工賃を含め2割程度の値引き交渉可能です。

値引き額は車両本体で20万円、販売店オプションのカーナビ装着の場合はオプションから5万円引きを狙いましょう。総額で25万円以上の値引きが獲得を目指しましょう。これから9月の仮決算時期に向けてさらに条件が緩くなることがそうされますので最初の値引き提示額プラス10万円以上を目標に頑張りましょう。

アリオンとの競合がベスト

競合車は同じトヨタのアリオンです。アリオンはトヨタ店取扱い、プレミオはトヨペット店です。今回のマイナーチェンジで両車の違いはフロントグリルの形状くらいになり差がなくなりました。競合にはピッタリです。他メーカーでは日産シルフィがおススメです。新型になり3ナンバーとなりましたがコロナとブルーバード時代からお互いはライバルです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

新型スバルフォレスター新車価格情報と、値引き購入のコツ2016!

16フォレスター外観
出典 http://www.subaru.jp/forester/forester/grade/

スバル フォレスターのスペック情報

スバル フォレスターの価格帯

2,149,200円~3,128,760円(税込)

スバル フォレスターのグレード情報

2.0i、2.0i-L、2.0i-Lアイサイト、X-BREAK、S-Limited、XTアイサイト
2.0i、2.0i-Lに6MT設定有

編集部おススメグレード 2.0i-Lアイサイト(AWD、CVT) 2,689,200円(税込)
17インチアルミホイール、左右独立温度調整式オートエアコン、本革巻ステアリング、プリクラッシュブレーキや車線逸脱防止警報装置など含めた先進安全装備のアイサイトが標準装備される2.0i-Lアイサイトがおススメです。
ベーシックな2.0iを除く全車にLEDヘッドライトやサイド&カーテンエアバックが装備され、ひとつ上の2.0i-Lで必要な装備は充実します。さらにアイサイト装着車は先進の衝突予防安全技術に優れています。は価格が魅力的。2.0i-Lよりも40万円以上安い価格の2.0iは価格的には魅力ですがレンタカーや法人リース向け。中古車として再販されたときに装備内容を要チェックしたいグレードです。

MT車も選べるフォレスター

2.0iと2.0i-Lは6MT車も選択可能でリニアトロニックCVTと同価格です。ターボモデルのXTアイサイトに欲しい6MTですが設定はありません。MT車に設定できないアイサイトですがMT車に対応可能なアイサイトも用意して欲しいです。

インプレッサベースのSUV

インプレッサベースに車高の高いSUVがフォレスター。水平対向エンジンを搭載していますのでライバル車と比較して重心を低くハンドリングは高いレベルで安定しています。また、220mmのロードクリアランスにより悪路走破性も高いクルマです。サスペンションはインプレッサ同様フロントストラット式、リヤダブルウィッシュボーン式で直進安定性と乗り心地を高め、スバルの4WD技術は優れており高い悪路走破性を確保しながらオンロードでは4WDを意識しない自然なハンドリングを実現しています。

アイサイトはバージョン3へ

スバルの先進安全技術アイサイトは、これまでフォレスターに搭載されていたのバージョン2。2015年11月のマイナーチェンジによりバージョン3へ改良されました。改良点は2つのカメラの視野角と視認距離を拡大することで認識性能を大幅に向上。カメラはカラー画像化により歩行者自転車の認識性能をアップさせるとともに前車のブレーキランプの赤を認識できるようになりました。これまで以上に正確な情報をドライバーに伝えることが可能になりました。作動状況はメーターパネル内に表示されます。

伝統の水平対向エンジン 2.0Lと2.0Lターボの二種類を用意

十分なパワーを発揮する2.0Lエンジン

低速域でのトルクを実感できる使い易いエンジンで、坂道でも自然に加速してくれます。少し前のスバルのエンジンEJ型のDOHC並みのパワーを感じます。2.0i-Lアイサイトと2.0XTアイサイトとでは約44万円の価格差があります。価格差を考慮すると2.0i-Lアイサイトに割安感が高く、頻繁に山道走行や高速走行するユーザー以外はノーマルの2.0Lエンジンで十分な加速性能ですので2.0i-Lアイサイトがおススメです。

不足ないパワーのFA20型直噴ターボエンジン

WRX S4と同じ直噴ターボエンジンを搭載するXTアイサイト。WRXに比べパワーは280馬力に抑えられていますが日常域から高速域までストレスフリーな加速が楽しめます。SIドライブのモードがノーマルエンジングレードはIとSのみですがターボのXTアイサイトにはS♯モードが追加。S♯モード選択時には8段クロスレシオのステップ変速制御によりダイレクト感あるスポーティなドライブが楽しめます。

SUVの使い易さとスポーツ志向のインテリア

16フォレスター内装a
16フォレスター内装b
出典 http://www.subaru.jp/forester/forester/grade/grade.html#grade3
インプレッサスポーツやXVと共通のインテリアですが各部デザインを改良しSUVらしさをアピールしています。シートはホールド性の高い疲れにくいシートで高さの恩恵からリヤシートの頭上空間は開放的です。スピードメーターのスケールは180km/hまでですが、WRX風に水平指針を採用しスポーティなデザインです。エアコンは高級車並みの左右独立温度調整式が2.0i以外のグレードに標準装備され快適装備も充実しています。質感は全体的に高いのですが高級感は少なく、スポーツ志向のインテリアです。

マルチファンクションディスプレイによる情報の集約化

16フォレスター内装c
出典 http://www.subaru.jp/forester/forester/utility/equipment.html
センターコンソール上部に4.3インチの大型カラー液晶画面を装備(2.0iを除く)空調の状態や瞬間燃費・平均燃費・X-MODEの作動状態などを集中して表示します。視認性に優れ走行状況がひと目でわかります。

最大のライバルは日産エクストレイル

総額25万円の値引き獲得を目指そう!

値引き額は車両本体で20万円、販売店オプションのカーナビ装着の場合はオプションから5万円引きを狙いましょう。エクストレイルにハイブリッドも追加されエクストレイルの魅力が再浮上している中、競合車としてピッタリです。

CX5やアウトランダーの見積もお忘れなく

同クラスSUVでマツダCX5と三菱アウトランダーの見積も忘れずに用意しましょう。CX5の2.0Lプロアクティブなら17インチアルミホイールなど含め装備面で酷似。スマートブレーキサポートの性能はスバルのアイサイトより評価が低いものの車両価格も同価格帯ですので競合車にふさわしいクルマです。三菱アウトランダーは4WDモデルなら排気量は2.4Lにアップ。価格帯もアップしますが総額30万円近い値引き額はフォレスターの値引き交渉に良い材料になります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

新型ホンダジェイド新車価格情報と、値引き購入のコツ2016!

08ジェイド外観
出典 http://www.honda.co.jp/JADE/webcatalog/type/?from=JADE-header

ホンダジェイドのスペック情報

ホンダジェイドの価格帯

2,530,000円~2,920,000円(税込)

ホンダジェイドのグレード情報

RS、HYBRID、HYBRID X

編集部おススメグレード HYBRID X 2,920,000円(税込)
ホンダの最新安全技術「ホンダセンシング」が装備されるHYBRID Xがおススメです。
衝突軽減ブレーキ、クルーズコントロール、車線逸脱警報が装備される他17インチアルミホイール、フロントフォグランプが装着され装備が充実しています。RSはターボのスポーティな走りとお求めやすい価格帯ですがホンダセンシングはオプション設定。選ぶ際にはオプションを選択したいグレードです。RSは魅力ですが数年後のリセールバリューを考えると多少価格は高額でもハイブリッドを選びたいジェイドです。

都市型3列 その中身は?

2015年2月にハイブリット専用ミニバンとしてデビューしたホンダジェイド。全高は1530mmと立体駐車場もギリギリのサイズで都市型3列と呼ばれています。その後、ガソリンターボモデルのRSが追加されました。
1.5Lエンジンとハイブリット+7速DCTの組み合わせはフィットハイブリットの6人乗りを思わせるが、エンジンはジェイド用に設計された力強いエンジンになっており、さらにベースはアメリカ向けシビックがベースと考えた方が近いかも知れません。
ホンダのこれまでのクルマの中で、旧型のオデッセイとストリームのちょうど中間に位置しリヤドアはヒンジ式でステーションワゴンスタイルです。ジェイドの価格帯及び車体サイズはトヨタプリウスαにピッタリ合います。
3列目シートは補助的なもので、顔つきがフィットの顔つき、価格は300万円近いジェイドは割高感はあります。スタイル、ハイブリット、用途などどこに重きを置くかで慎重な選択を迫られそうです。

ジェイドのハイブリットの走行性能は?ガソリンモデルの追加

ジェイドのエンジンはフィットハイブリットより力強いシステム合計出力152馬力で燃費性能はHYBRID Xで24.2km/Lと良好です。
静粛性に優れており車内は静か、日常使う低中回転域で非常に使いやすくなっています。高速走行でも十分快適な性能ですが坂道では失速気味ですので注意する必要があり、アクセル踏込んでキックダウンの際はDCTの反応が遅く少々気になります。通常の変速では全く気にならないので少々気になる程度です。

ガソリンのみのモデルRSの追加

ハイブリッド用エンジンよりも出力が強い150馬力のターボエンジンを搭載。最大トルクは20.7kgmと2.0L並みのトルクを発揮する1.5LエンジンはCVTとの相性は良好。1,600から5,000回転までフラットで最大トルクを発揮するためストレスない加速でスポーティ。走りを本気で楽しむならおススメです。ハイブリッド標準グレードよりも20万円以上車両価格が安く、ハイブリッドXと同じサイズの17インチアルミホイール、上級のシート生地、フォグランプも装備します。

フロントサスペンションに課題か?

ジェイドのフロントサスペンションは直進安定性に優れたストラット式、リヤにはしなやかな乗り心地のダブルウィッシュボーン式を採用しハイブリットでも気持ち良い走りが出来るようにセッティングされており、プリウスαより自然で楽しいハンドリングを実現しています。
唯一段差での反応です。ボディの剛性が高いジェイドで段差の衝撃が思ったより強く伝わってくるように感じます。路面からの振動を感じながら走りたい場合は良いですがジェイドは静粛性に力を入れておりますのでブッシュに液体封入式を使ったり改良の余地ありのように思えます。

4人乗りが快適なジェイド

解放感ある視界で安全性も確保

08ジェイド内装a
08ジェイド内装b
出典 http://www.honda.co.jp/JADE/webcatalog/interior/?from=JADE-header
ドア部分の窓スペースを下方向に大きくすることで、車高の低い流線型のデザインながら視界が良好です。運転席に座るとわかりますが、左右のピラーとドアミラーによる死角が少なくなるように設計され、ピラーとドアミラーの間の窓が解放感を高めさらに視認性を高めています。
内装は木目調パネルを大きく使用しており、インテリアは上質です。ドア内張りにはソフトな材質と木目調の樹脂を使い高級感を演出しています。ただしセカンドシートまでで、サードシートまでその高級感は行きわたっていません。
デジタル式のスピードメーターとハイブリットシステムのモニターなどの視認性は高くすべての情報が集約されたメーター類です。
センターコンソールはバッテリーの関係で高くなってますがシフトレバーが操作しやすい位置にありそのままの手の流れでエアコン操作パネルに届きますので操作性に優れています。

普段は2列時々3列

ジェイドはサードシートはクッション性、スペース共快適とは言えません。同クラスのプリウスαにも同じことが言えます。
セカンドシートは独立シートになってなっておりスライド機能は内側に向かってななめ後ろにスライドするシートです。つまりリヤサスペンションの突起部分を避けてスライドできますので足元スペースが大きく確保されます。
しかしこの機能を含めて2.0Lクラスのボックスタイプのミニバンの方が快適性は上です。
ジェイドの場合、足が投げ出しがちのシートポジションで長時間乗車には疲れが出ます。
また、セカンドシートがベンチシートでないため横の解放感がありません。選ぶ際には実際に見て触って確認して下さい。

ホンダセンシングが生み出す安全技術

新型ジェイドの自動ブレーキシステムは、ミリ波レーダーとカメラをダブルで装備することにより、追突防止性能に加え歩行者や自転車を認識する機能を備えています。対応速度は80km/hまでとあらゆる走行シーンでサポートが可能です。カメラの機能が自転車や歩行者の認識はもちろんですが、標識まで認識してお知らせする機能もあり驚きです。
08ジェイド安全
出典 http://www.honda.co.jp/JADE/webcatalog/performance/?from=JADE-header

また、前に障害物があれば誤発進を防止し、車線逸脱防止機能も備えステアリング操作をアシストする機能も装備させます。ウインカーが作動していないことや65km/h~100km/hまでの速度であることなど作動条件があります。
ホンダセンシングはHYBRID Xに標準装備されます。

競合は同じトヨタプリウスα 値引きは少なめ

ジェイドの車両本体価格からの値引きは10万円前後です。販売店オプションのナビゲーションを装着しオプション金額を増やして値引きを狙いましょう。

ハイブリッドはプリウスα RSはプレマシーで競合

競合には同じハイブリットの3列シートプリウスαが最適です。プリウスαの値引きが拡大傾向にありますので総額ではプリウスαが安くなるケースがほとんどかも知れませんので、ジェイドの商談に有効に使って下さい。ガソリンのRSはマツダプレマシーとの競合が最適。値引き額も多目のプレマシーの見積を用意すれば値引き獲得に有利です。
プリウスαの利点は低燃費、プレマシーの利点は値引き額とハンドリングの良さ、さらに両車とも7人乗車可能。ジェイドの利点はハンドリングとセカンドシートの足元空間です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

新型ホンダオデッセイ新車価格情報と、値引き購入のコツ2016!

07オデッセイ外観
出典 http://www.honda.co.jp/ODYSSEY/webcatalog/type/?from=ODYSSEY-header

ホンダオデッセイのスペック情報

ホンダオデッセイの価格帯

2,7600,000円~4,056,400円(税込)

ホンダオデッセイのグレード情報

G 、G EXホンダセンシング、アブソルート
アブソルートXホンダセンシング、アブソルートXホンダセンシングアドバンスドパッケージ、アブソルート EXホンダセンシング
ハイブリッド、ハイブリッドアドバンスドパッケージ
ハイブリッド ホンダセンシングEXパッケージ、ハイブリッドアブソルート ホンダセンシング
ハイブリッドアブソルート ホンダセンシングアドバンスドパッケージ、ハイブリッドアブソルート ホンダセンシングEXパッケージ
ガソリングレードに4WD設定あり 4WDは全グレード8人乗り
グレード体系が多いですので詳細は販売店におたずね下さい

編集部おススメグレード ハイブリッドアブソルート ホンダセンシング(7人乗り) 3,866,400円(税込)
ホンダの最新安全技術「ホンダセンシング」を装備したオデッセイがおススメ。下取り価格や数年後の買取価格に良い影響が予想されます。アブソルート専用グリルとアルミホイール、アブソルート専用チューニングサスペンションで走行性能に優れたアブソルートがおススメです。
ハイブリッドモデルとガソリンモデルの価格差は約60万円。JC08モード燃費24.4km/L(グレード、車両重量により異なる)の低燃費と静粛性を求める価値と数年後の買取価格、リセールバリューに優れています。

サイズアップ+スライドドアで進化

新型オデッセイはこれまでのオデッセイとホンダのフラッグシップミニバンだったエリシオンの中間を担うミニバンです。オデッセイ+エリシオン=新型オデッセイです。サイズはエリシオン並みにアップし、トヨタのエスティマと同等サイズになりました。
これまでのオデッセイ同様低重心を保ちながら車高をアップさせスライドドア採用で乗降性を向上させました。室内空間もアップさせ特にサードシートのゆとりが生まれました。

安全装備も充実したプレミアムスポーツミニバン

ホンダセンシングが生み出す安全技術

07オデッセイ安全
出典 http://www.honda.co.jp/ODYSSEY/webcatalog/performance/hondasensing/
新型オデッセイの自動ブレーキシステムは、ミリ波レーダーとカメラをダブルで装備することにより、追突防止性能に加え歩行者や自転車を認識する機能を備えています。対応速度は80km/hまでとあらゆる走行シーンでサポートが可能です。また、前に障害物があれば誤発進を防止し、車線逸脱防止機能も備えステアリング操作をアシストする機能も装備させます。ウインカーが作動していないことや65km/h~100km/hまでの速度であることなど作動条件があります。
自動運転ではありませんので、あくまでも安全運転の補助として利用下さい。

使いやすい2種類の2.4Lエンジン

ノーマルグレードには175馬力のエンジン、アブソルートには直噴タイプの190馬力のエンジンを採用しています。どちらのエンジンも4気筒エンジンですが高いレベルの静粛性を確保しています。走行性能も街乗りから高速走行までゆとりをもって走行できます。
アブソルートのエンジンが一見パワーあるように感じますが、高回転時の数値が伸びてますので実用域では乗って違いが感じられません。高速走行で登坂車線を伴う坂道での加速で回転を上げたときに違いがわかる程度です。

ハイブリッドの追加で競争力アップ

オデッセイに待望のハイブリッドが追加されました。グレードによって異なりますがおススメのハイブリッドアブソルートホンダセンシング(7人乗り)でJC08モード燃費24.4km/Lの低燃費を実現。ガソリンモデルの約二倍の低燃費。パワーユニットは2.0Lガソリンエンジンにモーターの組み合わせ。ライバルのトヨタエスティマハイブリッドアエラスと比べて車両価格で約30万円安く、先進安全装備が装備され低燃費のいいとこ取りです。

高級感あるインテリア 快適なリヤシート

07オデッセイ内装a
07オデッセイ内装b
出典 http://www.honda.co.jp/ODYSSEY/webcatalog/interior/?from=ODYSSEY-header
内装は高級感ある造りでLクラスミニバンにふさわしい内容になっています。インパネ周りの造りも上質でエアコン操作パネルも使いやすくなっています。各パーツの隙間が少なく作られている印象です。カップホルダーがセンターコンソール下部に引き出し式であるため少々使いづらい位置にあります。また、カップホルダーを出したままでセカンドシートとのウォークスルーをしてしまうと破損の可能性がありますので注意が必要です。

7人乗りか8人乗りかの選択は?

2WDは7人乗りと8人乗りの選択できます。4WDは8人乗りのみです。
7人乗りモデルのセカンドシートはソファーのようなセパレート式で非常にゆったりしています(写真)センターウォークスルーも出来ます。トヨタアルファードや日産エルグランドのような快適性を求めると7人乗りがおススメです。

いづれもセカンドシート、サードシートとも広さは十分ですが、座面が少々低いため足を前に投げ出す乗車スタイルになりがちです。長時間乗車の際疲れの原因となりますので実際座り心地を試してみて下さい。

本命ライバルはエスティマ アルファードとの比較も

価格を含めエスティマと競合しよう

新型オデッセイの競合はエスティマが最適です。価格帯も近くエスティマの値引き額が拡大していることからエスティマの見積書はオデッセイの値引き拡大に大きく貢献します。
室内空間は上級車種アルファードにも匹敵する広さですが、シートの造りも価格もアルファードが上まわりますので参考程度に留めましょう。逆にオデッセイは低価格なことから足元を見られてしまう可能性もありますのでアルファードとの比較は注意が必要です。オデッセイの充実装備おススメグレードよりもアルファードのエントリーグレードが高額になります。
車両本体と販売店オプションで30万円前後(ハイブリッドは25万円前後)の値引き額を目標にしましょう。オデッセイはホンダ車では高額車ですが売っていかなければならないクルマですので営業スタッフも頑張ります。イベントの活用など上手に値引き交渉しましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

新型スズキエブリィワゴン新車価格情報と、値引き購入のコツ2016!

06エブリィ外観
出典 http://www.suzuki.co.jp/car/everywagon/styling/

スズキエブリィワゴンのスペック情報

スズキエブリィワゴンの価格帯

1,425,600円~1,782,000円(税込)

スズキエブリィワゴンのグレード情報

グレード JPターボ、PZターボ、PZターボスペシャル
全車に4WD車設定有 全車にハイルーフ設定有

おススメグレード PZターボ(4WD、標準ルーフ) 1,695,600円(税込)
フロントメッキグリル、オート機能付ディスチャージヘッドライト、左側パワースライドドア、14インチアルミホイール、フォグランプ、6スピーカーなどの豪華装備が標準装備のPZターボがおススメ。PJターボもオートエアコン、レーダーブレーキサポートなど基本装備が充実しています。PJターボの約14万円アップで上記豪華装備が装備され上級ミニバン並みの装備がプラスされます。

エブリィワゴンの2WDは後輪駆動のため降雪地域では駆動力を失いやすいため4WDがおススメ。4WDでも車両重量は1t未満のため見た目以上に軽いクルマです。4WDと2WDの価格差は約13万円のため、非降雪地域や降っても年に数回で積雪はほぼ無しの地域ならアウトドアで未舗装路をよく走行するユーザー以外4WDを選択する必要はありません。

パワフル軽ミニバン レーダーブレーキサポートを全車標準装備

新型エブリィワゴンは先代モデル同様に全車ターボエンジン採用。パワフルでストレスない走行性能で吸気側に可変バルブのVVT機構を採用することにより燃焼効率のアップと燃費性能の向上を実現しました。最大トルクを3,000回転で発揮することにより日常使用する加速域でトルクをフルに発揮できるセッティングのため街乗りから山道までストレスない動力性能を実感できます。

燃費性能を大幅向上

燃費・環境性能では2WD車は16.2km/L、4WD車は14.6km/Lでクラストップレベルの低燃費。先代モデル2WD車の数値を4WD車でほぼ同等の燃費性能になりました。しかし大きな期待は禁物で4WD車で街乗り重視なら10km/Lに届かないことが予想されます。回生エネルギーを使ったアイドリングストップ技術のエネチャージはエブリィワゴンには採用されていません。

クラス初の自動ブレーキ標準装備

軽キャブワゴンクラスで初めて全グレードに自動ブレーキを標準装備しました。約5km/h~30km/hで走行中に前方車両に対して追突防止のため自動ブレーキを作動させるシステムがレーダーブレーキサポートです。また、前進のみですが前方に障害物を検知したら誤発進を抑制させるシステムも装備しています。一般の30km/h以上の通常走行、巡航時、高速走行時にはレーダーブレーキサポートは作動しません。

広いリアシートと広い荷室 内装質感も向上

06エブリィ内装b
06エブリィ内装a
出典 http://www.suzuki.co.jp/car/everywagon/interior/
内装デザインを一新しMRワゴンと同じようなデザインを採用し商用イメージを無くしました。全グレードにプッシュコントロール式のオートエアコン、視認性に優れた自発光式メーターが装備されます。シートポジションも高めで視界良好で解放感抜群です。

核家族にはピッタリ

パパママ子供が2人なら大きなミニバンがいらないし、駐車スペースも限られていればエブリィワゴンは候補のひとつです。燃費性能はミドルクラスミニバンと変わりありませんが軽自動車税は安く重量税も安く済むため維持費では勝ります。リヤシートは非常に広く足元スペースは広々です。また、180mmのシートスライド機能も装備します。シートを後ろに下げてもワゴンRの荷室よりも広いラゲッジルームも魅力です。

販売店オプションにも注目

06エブリィ内装c
06エブリィ内装d
出典 http://www.suzuki.co.jp/car/everywagon/luggage/
ラゲッジルームの仕切り板トノボードやラゲッジネットはよくある装備ですが、室内天井に装着する釣竿用のロッドフォルダーや車中泊にも使えるベッドクッションも専用オプションとして販売されています。必要不要関係なく一度販売店オプションカタログを見てみるのも面白いです。きっと欲しい装備が見つかります。

アトレーと競合 街のモータース(販売代理店)の新古車を狙え!

軽自動車と言っても価格帯は小型車価格帯ですので価格は軽自動車を超えています。価格帯はコンパクトカークラスの上級グレードと同じ価格帯です。少しでもお得に購入するためにしっかり交渉することが大切です。車両本体と販売店オプションで20万円前後を目指しましょう。オーディオやナビゲーションシステムを販売店で装着する場合には販売店オプションから2割を目標に値引き交渉がおススメです。メーカーオプションより販売店の利益率が高い商品のためナビゲーションシステムを装備するなら販売店で装着しましょう。

競合車はダイハツアトレー

競合車は長年のライバルダイハツアトレーワゴンで決まり。ホンダバモスはターボモデルが無く競合には不利になります。大きな荷室がそこまで必要ないようでしたらダイハツタントも競合車種になります。

新古車はこうして作られる!

スズキのディーラーはメーカーディーラーのほか地域密着のモータースも多くあります。こちらのモータースはメーカーインセンティブ獲得のため年度末は自社名義で登録して販売登録実績を作る傾向にあります。4月以降に「登録済未使用車」いわゆる新古車として売り出されますので狙い目です。その際には登録日をよく確認しましょう。おおむね3か月以内で通常の新車値引きよりも5万円以上安い見積ならおススメです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

新型トヨタエスクァイア新車価格情報と、値引き購入のコツ2016!

04エスクァイア外観
出典 http://toyota.jp/esquire/grade/

トヨタエスクァイアのスペック情報

トヨタエスクァイアの価格帯

エスクァイア車両価格 2,688,218円~3,255,709円(税込)

トヨタノアのグレード情報

グレード Xi,Gi それぞれに8人乗り7人乗り設定あり
HYBRID Xi,HYBRID Gi ハイブリットは7人乗りのみ
ガソリングレードに4WD車を設定

おススメグレード Gi 8人乗り 2,792,571円(税込)
Giにはフロントシートヒーターを標準装備する合成レザーシートが標準装備。高級感を前面に打ち出しているエスクァイアの魅力はGiにあります。高速走行でも力強い2.0Lガソリンタイプがおススメ。さらに、ミニバンで人気装備の両側電動スライドドアがGiに標準装備されます。ノア&ヴォクシーは特別仕様車以外はオプション設定です。

エスクァイアの魅力は上級グレードにあり

04エスクァイア内装
出典 http://toyota.jp/esquire/grade/grade3/?adid=ag341_from_esqu_grade3_detail&padid=ag341_from_esqu_grade3_detail

エスクァイアは先にモデルチェンジで発売されたノア&ヴォクシーの兄弟車。エンジンやハイブリットシステム、トランスミッションなど基本設計は全て同じです。

それでは何が違うのか?違う点はメーターパネルを含む内装に合成レザーで加飾して高級感を出している点と上級のGiにはフロントシートヒーターを標準装備する合成レザーシートが標準装備されています。兄弟車のノアと比較して価格は10万円から20万円の価格差がありますが5ナンバーサイズの高級感あるミニバンが選択できるとアルファードでは大きすぎるユーザーにとってはうれしい選択となります。

なぜ、おススメはガソリンエンジンタイプ

エスクァイアでおススメなのはガソリンエンジンタイプです。高級志向のミニバンは主に休日だけの利用、または長距離走行を多用する利用が多くなる傾向にあります。休日だけの利用で距離を走らないのであればハイブリットにかかる初期投資分を燃費差で回収することはできません。長距離走行、高速走行ではハイブリットの恩恵があまり得られず燃費重視のエンジンは高回転に弱くなります。通常のガソリンエンジンの方が有利に使えます。
ただしフル乗車で高速走行は坂道で2.0Lエンジンは余裕がなくなりますので過度な期待は禁物です。

自動ブレーキを全車標準装備 トヨタセーフティセンスC

レーザーレーダーと単眼カメラを併用し追突及び衝突軽減のプリクラッシュセーフティの自動ブレーキシステムと車線逸脱警報、オートマチックハイビームをエスクァイアは2016年1月の改良で全グレードに標準化。兄弟車のノア、ヴォクシーは一部グレードオプション設定のためひとクラス上の安心感を手に入れました。
ボディ剛性の高さ、ブレーキのコンピュータ制御を含めたブレーキアシスト、横滑り防止など車両安定装置S-VSCも全車標準装備となっているなど予防安全の高さは国内トップクラスの性能です。

値引きは拡大中 ノア&ヴォクシーで競合

新型車とあり値引きは控えめですが先に兄弟車のノア&ヴォクシーが登場しているためある程度は期待できます。値引きを全面にアピールするには日産セレナが有効です。車両本体と販売店オプションで20万円前後を目指しましょう。
ナビ装着時は販売店オプションナビがおススメです。トヨタのロゴも入りバックモニターも対応、メーカーオプションより安いです。販売店オプション品は利益率が高い商品のためココから値引き交渉も有効です。下取り車との抱き合わせの値引き提示は曖昧になり危険ですので注意が必要です。
04エスクァイアナビ
出典 http://toyota.jp/esquire/interior/dop_navi/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

新型日産ノート新車価格情報と、値引き購入のコツ2016!

03ノート外観
出典 http://www2.nissan.co.jp/NOTE/e121208g02.html?gradeID=G02&model=NOTE

日産ノートのスペック情報

日産ノートの価格帯

1,479,600円~1,917,000円(税込)

日産ノートのグレード情報

X、X DIG-S、メダリストX、メダリスト、Xブランナチュールインテリア
X DIG-S ブランナチュールインテリア、X エアロスタイル、X DIG-S エアロスタイル
グレード設定が複雑なため詳しくは販売店におたずね下さい

編集部おススメグレード Xブランナチュールインテリア 1,576,800円(税込)
エマージェンシーブレーキシステムと車線逸脱警報装置が全車標準装備。グレード体系のスリム化とあわせて内装色を専用色を設定しオートエアコンを標準装備したブランナチュールインテリアがおススメです。お買いものに便利なサイズとして車高を立体駐車場に入るサイズにするなど安全性と使い勝手を高めました。
03ノートレーン
出典 http://www2.nissan.co.jp/NOTE/safe.html

オールマイティに使えるコンパクト 安全装備で一歩先へ

新型ノートは切れ長のヘッドライトをはじめ、スタイリッシュなデザインで幅広い世代からの支持を得ています。さらにコンパクトカーとは思えない室内空間とトランクスペースで実用性に優れており、日産で最も売りたい、また売れているコンパクトカーです。

安全面では全グレードに自動ブレーキシステムのエマージェンシーブレーキシステムを採用し、ノートの自動ブレーキシステムは軽自動車に多くみられる赤外線レーザー方式ではなくカメラ方式のため、歩行者や自転車も認識し、時速80km/hまで対応する高性能となっています。

ダウンサイジングエンジンの進化

えっ!コレが3気筒エンジン?驚きの静粛性

新型ノートのエンジンは先代モデルの1.5Lエンジンからダウンサイジングし1.2Lエンジンになりました。同じ排気量で1.5Lエンジン並のパワーを持つスーパーチャージャーモデルDIG-Sもあります。

先代モデルは直列4気筒エンジンで新型は直列3気筒エンジンです。通常シリンダー数が少なくなればエンジン音がうるさくなる傾向にありますが新型ノートのエンジン音はアイドリング状態から街乗り走行まで静かな状態を保ち、3気筒エンジンを意識することがありません。ノーマルエンジンは高速道路の坂道では失速気味になりますが経済性を考慮すれば良いエンジンです。DIG-Sエンジンは加速にゆとりが出て走りを楽しむこともできますがスーパーチャージャーの金属音のような音が気になります。

趣味性求めなければノーマルエンジンがベスト

ノーマルエンジンとDIG-Sエンジンとの燃費の差は僅かです。価格差は20万円以上ありDIG-Sが高くなっています。燃費で20万円以上の価格差を埋めることはかなり長距離走行が必要であり、20万円分のパワーを取るか、必要にして十分のノーマルエンジンを取るかに分かれます。街乗り重視ならノーマルエンジン、高速・長距離メインならDIG-Sエンジンの選択がベストです。

ロングホイールベースによる乗り心地の向上

動力性能ではライバルのフィットには数値上及びませんが実際の走りはCVTとの相性も良くノーマルエンジンモデルでも軽快に加速します。高いボディ剛性と足回りのバランスが良くフィットよりも突き上げ感のない乗り心地でブレーキタッチも自然です。さらにロングホイールベース化によりリヤシートの乗り心地が向上しています。気になる点はハンドルが軽すぎる点です。もう少ししっかしとした操舵感が欲しいところです。

ブランナチュールで特別なインテリアに

03ノート内装a
03ノート内装b
出典 http://www2.nissan.co.jp/NOTE/sp_edition_brunnature.html
新型ノートの内装は決して上質とは言えない内装ですが、特別仕様車ブランナチュールインテリアでオシャレにコーディネート。ブラウン系の配色で専用シートにセンタークラスターには木目調に似た配色がされ見栄えが良くなっています。革巻ステアリングやリヤセンターアームレストも装備され充実しています。
標準グレードは使い易さを追求。マニュアルエアコンをはじめ、ナビゲーションの位置など使いやすい位置にあり操作性にも優れています。

ノーマルエンジンとDIG-Sエンジンではメーターパネルの形状が違う意匠になりますが、どちらも自発光式の計器類になり昼でも視認性に優れています。             フロントシートは良くできています。クッション長があり、長時間運転しても疲れにくいシートになっています。リヤシートも足元空間も広くさらにトランクスペースも広くなっています。大きな荷物を載せる際にはリヤシートのシートパックを倒せばフルフラットにはなりませんが大きな荷物も楽々積めます。

ライバルはホンダフィット ヴィッツやスイフトも競合

値引き額は車両本体で10万円、販売店オプションのカーナビ装着の場合はオプションから10万円引きを狙いましょう。
改良前と比較し価格帯は上昇しています。また、競争の激しいクラスでノートのの値引きも拡大傾向トータルで20万円引が目標です。

同価格帯同スタイルのフィットとの競合が一番です。ノートは安全性能に勝りますがシートアレンジはフィットに一歩及びません。さらに、トヨタヴィッツ、スズキスイフトも入れてみても良いでしょう。売れ筋グレードは在庫ありますので在庫車の値引き交渉と合わせて競合車の話題も出すと効果的です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

新型トヨタヴォクシー新車価格情報と、値引き購入のコツ2016!

02ヴォクシー外観
出典 http://toyota.jp/voxy/

トヨタヴォクシーのスペック情報

トヨタヴォクシーの価格帯

2,284,691円~3,229,200円(税込)

トヨタヴォクシーのグレード情報

X,X Cパッケージ,V,ZS それぞれに8人乗り7人乗り設定あり
HYBRID X,HYBRID V,HYBRID ZS ハイブリットは7人乗りのみ
ガソリングレードに4WD車を設定

おススメグレード ZS煌(7人乗り、2WD) 2,820,763円(税込)

フロントリヤサイドの大型バンパーのZSはヴォクシーで人気グレード。LEDヘッドライト、スマートエントリーも装備され、特別仕様車ZS煌には両側パワースライドドアが標準装備されるなど人気装備を集めたZS煌がおススメ。7人乗りシートは使い勝手が抜群に良いです。また、ガソリンX系を除く全グレードにトヨタの予防安全装備トヨタセーフティセンスCを標準装備しました。ガソリンX系グレードにはオプション設定です。

ZS煌はガソリン車のみですが価格設定は。ハイブリッド車の標準グレードHYBRID Xよりも約20万円安い価格設定な点も人気のひとつです。スポーティな走りを望むユーザーも多く、レスポンスの良いガソリンエンジンとハイブリッド車には無いタコメーターを備えますので運転席周りもスポーティな印象です。

エアロモデルを備えたミニバン 子育てパパに大人気

02ヴォクシー内装a
02ヴォクシー内装b
出典  http://toyota.jp/voxy/grade/grade3/
ヴォクシーはトヨタの同じタイプの兄弟車ノア&エスクァイアの中で大型エアロパーツが最も似合うワイルドなスタイルで人気です。内装色もZSグレードはオレンジ&ブラックの配色(写真上)も選べます。ヴォクシーは他のグレードでもヘッドライト形状やフロントグリルをスポーティーな形状となり若々しさとドレスアップのやり易さをアピールしています。インテリアはスッキリしたデザインとなっています。エアコンの操作パネルは円形に操作ボタンが集中しているため操作に慣れが必要です。常にオートなら問題なしです。左右独立温度調整式のフロントエアコンとリヤはクーラーのみの組み合わせ。リヤオートエアコンは全車オプション設定です。

ミニバンの気になる燃費はハイブリットで解消

子育て世代に人気のミニバン、中でもヴォクシーは2014年2015年二年連続のミニバン販売台数No.1と売れています。休日利用の他、子育てママのお買いものや送迎にもヴォクシーは大活躍しています。街乗りのストップ&ゴーにより低燃費を実現するトヨタのハイブリットシステムが燃費に不利なミニバンにも採用されたことによりヴォクシーはより人気を得て盤石な基盤を築き上げています。日産セレナにもハイブリットがありますが、こちらは簡易式ハイブリットでほとんどガソリンエンジンモデルと変わりありませんのでヴォクシーが燃費性能では断然有利です。ヴォクシーのガソリンエンジンも低燃費に改善されています。

高速・長距離用途にもガソリンモデルがおススメです。バルブマチック採用の2.0LガソリンエンジンはJC08モード16.0km/Lの低燃費。実際には10km/L前後ですがレスポンスの良さと高速域での力強さはガソリンエンジンの魅力です。

自動ブレーキ搭載 トヨタセーフティセンスC

2016年1月の改良によりガソリンX系グレードを除く全グレードにトヨタの予防安全装備トヨタセーフティセンスCを標準装備しました。ガソリンX系グレードにはオプション設定です。衝突回避及び軽減の自動ブレーキ、車線逸脱防止警報を装備し他社から遅れをとっていた部分を解消しました。レーザーレーダーと単眼カメラ方式で、衝突予報警報アラームは140km/hまで、衝突回避・軽減ブレーキは80km/hまでの対応で、軽自動車やコンパクトカーに多い渋滞時の追突予防と比較して性能が高いシステムです。あくまでも公道では制限速度を守りましょう。

競合させることが値引き拡大のカギ

競合車種が多く、兄弟車のノアもありますのである程度は期待できます。車両本体と販売店オプションで25万円前後を目指しましょう。ZSグレードで競合の際にはノアSiと競合が可能です。基本同性能の両車の競合がベストです。

ナビ装着時は販売店オプションナビがおススメです。トヨタのロゴも入りバックモニターも対応、メーカーオプションより安いです。販売店オプション品は利益率が高い商品のためココから値引き交渉も有効です。日産セレナとの競合が一番おススメです。値引き額ではセレナの額が大きくなる傾向にありますので良い材料になります。1.5Lダウンサイジングターボ搭載のホンダの新型ステップワゴンとの競合も有効です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0