新型トヨタマークX新車価格情報と、値引き購入のコツ2017!


出典 http://toyota.jp/markx/grade/grade5/

トヨタ マークXのスペック情報

トヨタ マークXの価格帯

2,656,800円~3,850,200円(税込)

トヨタ マークXのグレード情報

250G Fパッケージ、250G、250S、250RDS、350RDS
プレミアム(2.5)、プレミアム(3.5)
250G Fパッケージと250Gに4WD設定あり、全車6速AT

編集部おススメグレード 250G 2,916,000円(税込)

ステアリングスイッチや運転席電動パワーシート、自発光式のオブティトロンメーターや有機ELマルチインフォメーションモニター、トヨタセーフティセンスPが標準装備される250Gがおススメです。

廉価版のFパッケージには本革巻ステアリング&シフトノブ、16インチアルミホイール、スマートエントリースタートシステムなどが装備されません。250GにはLEDヘッドライトはメーカーオプション設定ですが、ディスチャージヘッドライトは標準装備されますので不足ない装備内容です。

エクステリアは小変更

フロントバンパーグリルを大型化しワイドにみせる演出を施し、スポーツセダン色を強めました。プラットフォームはクラウンシリーズと共通です。クラウンアスリートシリーズに6気筒2.5Lエンジンが無くなる中、静粛性とのびやかな加速が味わえるエンジンのマークXは健在です。価格面では約100万円お求めやすい考え方次第ではお得なクルマです。

グレード体系も見直しプレミアムグレードはRDSグレードに変更されました。かつてマーク2時代にあった人気グレードツアラーシリーズとグランデGを融合した上質かつスポーティなグレードです。

トヨタセーフティセンスPを全車標準装備し価格が上昇

新型マークXは先進安全装備である衝突軽減ブレーキと車線逸脱防止警報、前車追従型クルーズコントロールなどセットしたトヨタセーフティセンスPを標準装備しました。価格は全体的に約15万円前後のアップです。

車線逸脱防止システムにはステアリング制御が加わり、カメラによる歩行者認識機能が備わります。また、レーダー方式ではなくミリ波レーダー方式のため霧など悪天候の際にも感度良好です。かつてはセルシオやクラウンマジェスタに装備されていたプリクラッシュセーフティシステム(当時50万円クラスのオプション)がこれまでよりも約15万円プラスの価格が装備されるのであればお買い得です。

おススメグレード250Gの価格帯は約25年前のマーク2と比較すると当時の2.5L最上級のグランデG2.5に相当する価格です。安全装備面や質感の向上計り知れないものがありますが、当時はエントリーグレードは200万円を切った価格からラインナップされていました。お父さんがマークXを選ぶ敷居が高くなっているのは事実です。

気持ちよく回るエンジン

スペックは平凡 しかし運転はたのしい

マークXはV6 2.5Lと3.5Lのガソリンエンジンのみです。
ダウンサイジング化などにより4気筒化される車種が多く見られる中、燃焼効率があまり良くないV6エンジンを搭載しています。このエンジンはレクサスISに搭載されているエンジンと同じエンジンで静粛性と動力性能に優れていますが燃費は11.8km/Lと良い数値とは言えず、実質燃費は8km/L前後です。

しかし、6ATとの組み合わせでスムーズに加速しカーブでの安定感も高く運転して楽しいクルマです。セダンならではのボディ剛性の高さとサスペンションがフロントダブルウィッシュボーン、リアがマルチリンクの組み合わせで直進安定性としなやかさが両立しています。マークXに車名が変わった当初のマークXはバタバタする印象でしたが新型マークXは落ち着いています。

2.5Lで十分なパワー

マークXの車両重量は1.5トンとクラウンやレクサスISに比べて100kg以上軽くなっています。軽くて同じエンジンならより軽快に加速します。基本のプラットフォームも同じですのでお得感すら感じます。

3.5Lエンジンも用意されますが2.5Lと比較し約100万円プラスになります。税制面、燃費面で費用もプラスになる他、クラウンと同価格帯になりますので高速道路を多用し優先してパワーを求めるユーザー以外にはおススメできません。

セダンらしく落ち着いた内装


出典 http://toyota.jp/markx/interior/?padid=ag341_from_markx_navi_interior/

出典 http://toyota.jp/markx/interior/comfort/?padid=ag341_from_markx_in_comfort02

コストカットの中にも上質なインテリア

プラスチック素材の多いインテリアですが、各パーツがしっかり造り込まれています。ドアのスイッチベースやセンターコンソール部分は目に見える部分に関しては特にキレイな造りになっています。
しかし全体の見た目は5ナンバーセダンのプレミオを少し豪華にした印象で高級感に欠ける印象です。実用性重視+質感重視のユーザー向けです。現在はハイブリッドのみとなったカムリと同等の内装質感に感じます。

リヤシートは少々窮屈感

マークXのリヤシートは座り心地は良いのですが頭上空間にもう少しゆとりが欲しく感じます。後輪駆動ならではのセンター足元の出っ張りは仕方ありませんが5名乗車時は中央席は窮屈です。

セダンのマークXにも使い勝手良好な、分割可倒式のリヤシートやリクライニング機能を装備し、SUVやステーションワゴンに慣れたユーザーにとっても不満のない内容になっています。

駆動方式を問わず他社競合しよう!

以前はマーク2と呼ばれていたモデルの時はトヨタ同士でクレスタやチェイサーがあり激しく競合しました。他メーカーでも、ローレルやスカイラインが同じ後輪駆動方式で競合の対象になりました。現在でもスカイラインはありますがダウンサイジングターボやハイブリッド展開で価格はベーシックなグレードでもマークXより約100万円高い価格設定となり競合になりにくくなっています。

マークXのように後輪駆動ベースのクルマが少なくなり、同じセダンで同じ価格帯で競合するなら、日産ティアナ、マツダアテンザは共に前輪駆動、スバルレガシィB4は4輪駆動になります。トヨタ販売店はトヨペット店の専売車種のためトヨタ同士の競合はできません。

値引き目標は総額30万円を目指そう

マークXの値引きは車両本体価格から25万円、販売店装着のナビゲーションシステムを選択して5万円前後の値引き合計30万円前後の値引きを目標にしましょう。優遇税制も無く、ノーマルのV6エンジンは燃費も悪く、ミニバンのように使い勝手も良くないマークXは人気が無く販売店でもあまり力を入れない車種になっています。値引き拡大は期待できず月末イベント狙いや4半期ごとの決算狙いでの商談で値引きを狙いましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

新型ホンダアコード新車価格情報と、値引き購入のコツ2017!

18%e3%82%a2%e3%82%b3%e3%83%bc%e3%83%89%e5%a4%96%e8%a6%b3
出典 http://www.honda.co.jp/ACCORD/webcatalog/type/

ホンダ アコードのスペック情報

ホンダ アコードの価格帯

3,850,000円~4,100,000円(税込)

ホンダ アコードのグレード情報

Hybrid LX、Hybrid EX

編集部おススメグレード Hybrid LX 3,850,000円円(税込)
Hybrid EXに装備されるのは18インチアルミホイール、メモリー付電動パワーシート、リヤスポイラー、自動格納ドアミラーが装備されます。自動ブレーキや車線逸脱警報を含むホンダセンシング、電動パワーシート、LEDヘッドライト&LEDフォグランプ、純正ナビゲーションシステムなどは全車に標準装備され安全装備から快適装備まで充実しています。乗り心地がソフトになる17インチアルミホイールはLXに装備されますのでEXに装備される装備に固執しない場合にはLXがおススメです。

新型アコードはハイブリッド専用モデル

2014年に登場したアコードはハイブリッド専用モデルとしてアコードハイブリッドが登場しました。アコードのガソリンモデルは2013年3月に販売終了し、いったんアコード単体での車名が途切れました。しかし、2016年5月にはアコードとして新型アコードが誕生しました。

1976年にシビックの上級車としてハッチバックモデルが登場し翌年には4ドアモデルが登場しました。5ナンバーサイズのアコードは5代目で3ナンバー化し6代目で5ナンバーサイズに戻るなどミディアムクラスで居続けましたが、先代アコードハイブリッドからは全長は4.9mを超え大型セダン化しました。アメリカ市場で販売するにはこのサイズでも小さい方で、販売の目線はアメリカ市場を意識して全面に出しています。

新型アコードの走りは?

2.0Lエンジン+2モーターハイブリットの実力は?

アコードに搭載されるスポーツハイブリッドi-MMDは走行用と発電用の2モーターと2.0Lアトキンソンサイクルi-VIECエンジンとを組み合わせたパワーユニットです。世界最高レベルの効率で、優れた低燃費を実現したハイブリッドシステムです。燃料消費を抑えるためにエンジンを止めてモーターで走行するEVドライブモードも装備。エンジンの力で走る方が効率の良い高速走行時にはエンジンと車輪を直結して走るなど燃費効率を最大限に考えたシステムです。

システム最高出力は215馬力と高出力を発揮し従来の3.0L車並みのパワーを発揮します。燃費性能はJC08モード31.6km/L(LX)とカムリハイブリッドを大幅に上回ります。カムリの燃費は23.4km/Lです。

ギアは1段 トランスミッションが無い!

アコードのギアは1段のみ。えっ?と思われますがそうなのです。発進から中低速域はモーターのみでの走行で、70km/h以上になればエンジンと車輪を直結して走行します。中低速域でのエンジンの役目はモーターへの発電のためのエンジンなのです。しかし、中低速域でもアクセルを踏めばエンジン回転も上昇しますので、知らなければモーターのみで走行とは気づかないほどです。電気自動車日産リーフに似たリニアな加速感が味わえます。高速走行は法定速度内で快適に走行しましょう。直結1段なら当然速度に応じてエンジン回転が大きくなり燃費も静粛性も悪化します。

乗り心地はソフト しかしハンドリングは良好

大柄なボティでアメリカ試乗を意識してか欧州車と比較すると乗り心地はソフトです。しかし、ハンドリングは良好で切った分だけ曲がってくれる優れものです。ブレーキも全て電気式ですが、違和感なく通常の油圧式と変わりなく気づかないほどです。

質感ば良好 広いリヤシートが魅力的

18%e3%82%a2%e3%82%b3%e3%83%bc%e3%83%89%e5%86%85%e8%a3%85a


出典 http://carview.yahoo.co.jp/ncar/catalog/honda/accord/F006-M001/image/?img=3
18%e3%82%a2%e3%82%b3%e3%83%bc%e3%83%89%e5%86%85%e8%a3%85b
出典 http://www.honda.co.jp/ACCORD/webcatalog/interior/
質感の高い内装で、左右独立温度調整式オートエアコンも使い勝手良好です。ステアリングに集約されたスイッチ類も操作性良好です。しかし、フィットからアコードまで基本的な質感が近くアコードではもっと高級感が欲しい印象です。細部にわたり上質ですが、見た目のインテリア、計器類がコンパクトクラスと大差ないことが少々残念に感じます。

シートはゆったり室内は広々

長距離ドライブでも疲れないゆったりしたシートが魅力です。リヤシートの足元空間も広くリヤドアトリムも上質に造り込まれていますので快適です。モーター駆動で低燃費でリヤシートが広く乗り心地がソフトなアコードはタクシーにも最適。都内を見てもクラウンタクシーが多い中、アコードを個人タクシーとして採用する事業主はなかなかセンスが良いと思います。乗り心地、室内の広さ、ハンドリング、低燃費をすべて両立しています。

ホンダカーズ同士の競合 カムリとの競合も

アコードの販売店のホンダカーズは旧クリオ店と旧ベルノ店などお住まいの地域で異なる資本のホンダカーズがある場合には必ず競合させましょう。別会社ですので競合にも力が入ります。

競合車同士ではトヨタカムリがベストです。トヨタハイブリッドシステムを搭載したハイブリッド専用モデルです。車両価格帯も共通で値引き額もほぼ同額傾向ですので最適です。カムリハイブリッドの方が燃費数値は劣っていますがボティサイズが100mm以上全長が短いのがカムリです。扱い易さをアピールして値引き拡大を狙いましょう

値引き目標は25万円

値引き額は車両本体で25万円を目標に商談しましょう。ナビゲーションシステムなど標準装備のため付属品価格の大きな金額になりませんので付属品からの値引きはあまり期待できません。メンテナンスパック、ボディコートを見積もりに入れた場合には付属品からの値引きを3万円以上狙いましょう。メンテナンスパックとボディコートは利益率が高い商品です。納車費用や車庫関係の諸費用のカットは忘れずに行い約2万円値引きを狙いましょう。総額で30万円引きも狙えるケースも十分にあります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

新型トヨタエスティマ新車価格情報と、値引き購入のコツ2016!燃費・スペック詳細も!

19エスティマ外観
出典 http://toyota.jp/estima/grade/grade7/

トヨタエスティマのスペック情報

トヨタエスティマの価格帯

エスティマ車両価格 3,271,418円~4,928,727円(税込)

トヨタエスティマのグレード情報

アエラス、アエラスプレミアム、アエラススマート、アエラスプレミアムG
アエラスの2WDとハイブリッドには8人乗り設定有
ガソリングレードに2WD車設定有

おススメグレード アエラスプレミアム ガソリン 2WD 3,401,018円(税込)

基本的な外観パッケージは変えずにフロントデザインを大幅に変更。ヘッドライトは全車LEDヘッドライトを採用しました。また、トヨタの自動ブレーキを含む先進安全装備トヨタセーフティセンスCも新たに全車標準装備されどのグレードを選んでも装備に不足有りません。両側パワースライドドアも全車標準装備です。18インチアルミホイールと走行安定性と静粛性に優れたハイパフォーマンスダンパーを装備したプレミアムがおススメ。ハイパフォーマンスダンパーが不要なら標準のアエラス、リヤも冷暖房可能なリヤオートエアコン、パワーバックドアが必要ならプレミアムGの選択がおススメです。

ガソリンかハイブリッドか?

エスティマのハイブリッドとガソリンモデルの価格差は約100万円。ハイブリッドシステムは2.4L+モーターの従来のシステムでアルファードやヴェルファイアの2.5L+モーターの最新のユニットではありません。JC08モードで18.0km/Lは実際には11km/L前後の燃費となり決して良いとは言えないハイブリッドです。最新のホンダハイブリッドシステムを持つオデッセイハイブリッドアブソルート ホンダセンシングの価格はエスティマハイブリッドプレミアムよりも約60万円も安いのです。オデッセイは2WDですがこちらを考慮しても割高です。

しかしガソリンモデルでの比較はオデッセイとエスティマの価格は同価格帯です。ガソリン価格と性能のバランス、ライバル車とのバランスを考慮すれば断然ガソリンモデルがおススメです。

V6を廃止して2.4Lとハイブリッドの展開に

新型エスティマはこれまでのV6 3.5Lエンジンを廃止し直4 2.4Lエンジンと直4 2.4Lエンジン+モーターのハイブリッドのみになりました。これまでの販売割合はほとんどが2.4Lエンジン中心で3.5Lの販売は少数でした。また、グレード体系もスポーティなグレードとして設定していたアエラスに統一しグレード体系を見直しました。

ガソリンの自然なレスポンス○ ハイブリッドの割高感×

2.4Lガソリンエンジンは熟成されたエンジンで日に日に進化し静粛性が向上しています。また、レスポンスにも優れ加速ものびやかです。高速走行での合流時の加速以外は静粛性に優れています。ハイブリッドは従来の2.4L+モーターのままで古さは否めません。ガソリンモデル2WDとの価格差は約100万円高くメリットが感じられません。選ぶ際にはじっくり検討し納得の上選びましょう。

基本同一デザインの内装 エアコンの操作性は進化

19エスティマ内装a
19エスティマ内装b
出典 http://toyota.jp/estima/grade/grade7/
内装デザインは大きな変更はありません。インパネデザインを小変更しエアコンは左右独立温度調整式に変更されました。操作パネルはタッチパネル式を採用し、高級感を高めています。サードシートは3人掛けですが実際には大人が長時間使用するには不満の残るシートです。座面が低くシートバックも低目のため、ノア、ヴォクシーの背高2.0Lクラスミニバンの方がサードシートは余裕がありますので、頻繁にサードシートを使用するユーザーは実際に展示車や試乗車で確認しましょう。

自動ブレーキを全車標準装備 トヨタセーフティセンスC

レーザーレーダーと単眼カメラを併用し追突及び衝突軽減のプリクラッシュセーフティの自動ブレーキシステムと車線逸脱警報、オートマチックハイビームをエスティマは全グレードに標準化。ライバル各車が自動ブレーキを標準装備する中遅れての装備です。
ボディ剛性の高さ、ブレーキのコンピュータ制御を含めたブレーキアシスト、横滑り防止など車両安定装置S-VSCも全車標準装備です。

すぐに値引きは拡大予想 オデッセイで競合

値引き総額は30万円を目指そう!

新型となったがフルモデルチェンジではなく、装備面でも周りに追いついたレベルのためある程度は値引きの期待はできます。車両本体と販売店オプションで30万円前後を目指しましょう。30万円の値引きを超えない場合には今は買い時ではないと判断し、もう少し待つか、ライバル車でも同じくらい気に入っているならそちらを選ぶことも良い選択です。

ライバルはホンダオデッセイ

エスティマのライバルはオデッセイです。スタイリッシュで背の低く見えるミニバンで価格帯も含めるとピッタリです。オデッセイの値引きも拡大傾向にあり、25万円引きを超えてくると予想されます。車種でも価格でも値引き競合にはピッタリです。また、忘れてはいけないのが同地域にあるカローラ店とトヨタ店のエスティマ同士の競合もしっかり行いましょう。

付属品値引きも忘れずに

ナビ装着時は販売店オプションナビがおススメです。トヨタのロゴも入りバックモニターも対応、メーカーオプションより安いです。販売店オプション品は利益率が高い商品のため販売店オプションからの値引き交渉も有効です。下取り車はしっかり別枠での下取り価格提示を受けましょう。また、買取店を競合させ少しでも支払総額を抑える努力も忘れずに行いましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

新型トヨタアベンシス新車価格情報と、値引き購入のコツ2016!

11アベンシス外観
出典 http://toyota.jp/avensis/grade/grade1/

トヨタ アベンシスのスペック情報

トヨタ アベンシスの価格帯

2,743,200円~2,983,745円(税込)

トヨタ アベンシスのグレード情報

Xi、Li

編集部おススメグレード Li 2,983,745円(税込)
グレードは2つのみでXiとLiの価格差は約24万円です。
より上質感を味わうために、アルカンターラ+本革シート、ステアリングと連動して照射角を変えるインテリジェントAFS付LEDヘッドライト、17インチアルミホイール、クルーズコントロールが装備されるLiがおススメです。
Xiでも十分な装備ですが、上級ステーションワゴンとしての魅力はLiに詰まっていると感じます。唯一、LIにはフロントパワーシートは装備して欲しかったです。全車に予防安全装備のトヨタセーフティーセンスCを標準装備しました。

デザイン一新 安全装備の強化

2015年10月にマイナーチェンジを実施したアベンシスはフロントマスクを切れ長のヘッドライトに変更しオーリス風のデザインになりました。内装デザインも一新されました。今回のマイナーチェンジで約16万円の価格アップになりましたがアップ分は安全装備の強化です。

トヨタセーフティセンスCを標準装備

今回のマイナーチェンジでレーザーレーダーと単眼カメラを併用した安全システムトヨタセーフティーセンスCを全車に標準装備しました。警報は140km/hまで、衝突軽減ブレーキは80km/hまで対応。高速域でも安全運転をサポートします。あくまでも法定速度内での走行が大切です。さらに全車にLEDヘッドライトも標準装備しました。これらの装備で価格アップしたと考えても良いです。

ヨーロッパ生まれのアベンシス その実力は

アベンシスはイギリスで生産されているトヨタ車です。日本で生産されているトヨタ車との違いは「走り」の面です。
足回りはフロントサスペンションは直進安定性に優れたストラット式、リヤは乗り心地に優れたダブルウィッシュボーン式とあらゆる速度域で乗り心地とハンドリング性能に優れています。また、ブレーキに高摩擦ブレーキパットを採用しヨーロッパ車同様、しっかり感の高い制動力を発揮します。そのためブレーキパットの減りは早くなっています。

動力性能、燃費は平凡なレベル

2.0Lの可変バルブタイミング機構を持つエンジンは静粛性に優れ、CVTとの相性も良く街乗りでは力強さを感じさせるエンジンです。車両重量が1.5tを切るため、車体が大きくても軽快感は失っていません。
高速走行でもエンジンり静粛性は保たれますが登坂部分では回転が上昇するとノイズが入っています。CVTはマニュアルモードを装備しますが反応にタイムラグを感じる場面もあります。高速での再加速ではCVTのため回転が上昇しスムーズさが失われる場面もありますが、急を要しなければ問題ありません。できれば従来のトルクコンバーター式の6速から8速のATが望ましいです。

燃費性能はCVTの性能向上に伴い14.6km/Lと1km/L改善されました。それでもあまり良い数値ではありません。また仕様燃料はハイオクガソリンです。ここまでヨーロッパ車にしなくてもと思ってしまいます。

上質で広い室内空間を持つLサイズステーションワゴン

11アベンシス内装a
11アベンシス内装b
出典 http://toyota.jp/avensis/grade/grade1/
アベンシスはヨーロッパ市場を狙いヨーロッパにて生産されたクルマらしくフロントシートもリヤシートもゆとりがあります。特にリヤシートは足元に余裕があります。また、ステーションワゴンであることからリヤシートの頭上空間はゆとりがあり、セダンのようにリヤガラスが迫ってくることはありません。
また、ヨーロッパ車のように240km/hまで刻まれたメーターを採用しています。このスケールにより、40km/hから140km/hの位置が非常に見やすくなっています。マイナーチェンジによりスポーティな円筒型の二眼式メーターデザインになりました。

操作性で気になる点はウインカーレバーです。ISO規格そのまま左ウインカーのままですので日本のトヨタ車と逆になりますので慣れが必要です。

Liに装備 アルカンターラ+本革シートは高級感たっぷり

アルカンターラはアルカンターラ社の登録商標でやわからく肌触りの良い人工皮革です。アルカンターラ=東レでもあり東レの技術が活かされています。本革より耐久性に優れ人工のため加工しやすい素材です。アルカンターラと本革を使い分けることで座り心地と耐久性、高級感を兼ね備えるシートになりました。20年以上前から東レは「エクセーヌ」という商標で上級車のシートを提供しています。エクセーヌも肌触りが良いシートです。Xiグレードでもアルカンターラ+ファブリックシートを採用し高級感をアップさせました。

アテンザワゴンで競合、レヴォーグも見てみよう

アベンシスに比べ競合するマツダアテンザとスバルレヴォーグは設計が新しいモデルです。アテンザワゴンはスカイアクティブテクノロジーにより足回りはスポーティでヨーロッパ車に近い走りです。リヤシートはお尻が沈みがちなため乗り心地に不満がありますので比較の際ご確認ください。

レヴォーグは新型でアイサイトによる安全性能も優れています。しかしインプレッサベースのため内装の質感は写真でみるより実車で劣ると感じる部分もあります。
ステーションワゴンが少なくなってきている今、同じジャンルのアテンザワゴンとレォーグは上記の点を加味しながら比較検討し競合させることが十分可能です。

値引き総額は30万円を狙おう!

値引き額は車両本体で25万円、販売店オプションのカーナビ装着の場合はオプションから3万円引きを狙いましょう。車両本体価格+販売店オプション総額から1割の値引獲得できたら大成功です。300万円なら30万円が目安です。

トヨタ販売店同士の競合も可能だ!

アベンシスはトヨタ店、ネッツ店、トヨペット店で販売しています。各販売ディーラーはトヨタと言っても別資本の別会社ですので競合可能です。
一度全店で見積もりを取り一番値引きが大きいディーラーを本命にし、価格交渉を行い、その結果、最終的に一番値引きが大きかったディーラーで一番の値引きを獲得する方法も一つの手です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

新型日産ティアナ新車価格情報と、値引き購入のコツ2016!

12ティアナ外観
出典 http://www2.nissan.co.jp/TEANA/l331401g02.html?gradeID=G02&model=TEANA

日産 ティアナのスペック情報

・日産 ティアナの価格帯

2,563,920円~3,513,240円(税込)

・日産 ティアナのグレード情報

XE、XL、XLナビAV Mパッケージ、XVナビAV Mパッケージ

編集部おススメグレード XL 2,896,560円(税込)
フロントパワーシート、プラズマクラスター空気清浄機能付オートエアコン、キセノンヘッドライトなど高級車にふさわしい装備がXLに装備されます。エマージェンシーブレーキシステムは全車標準装備されました。サイド&カーテンエアバックは全グレードに標準装備され安全面では優れています。

XLナビAV MパッケージはXLの車両価格の約32万円高くなります。メーカー装着純正ナビゲーションシステムと車線逸脱防止警報、クルーズコントロールが装備されます。XLにもクルーズコントロールは欲しい所でしたが装備されません。ナビ装着は販売店オプション値引きが獲得しやすい販売店オプションナビゲーションがおススメです。バックモニターやカーウィングスにも対応していますのでお得です。

サイズも大きく高級感漂うティアナ

日産ローレルとセフィーロを統合し誕生したティアナ。新型になりボディサイズはトヨタクラウンと同等サイズに大きくなりました。

取り回しには気を使うサイズになりましたが室内空間にゆとりがあり、官公庁や法人役員車などに多く使われています。ライバルのトヨタカムリはハイブリット専用モデルとなり直接ライバルはなく、車格の割には価格に割安感があります。

2.5Lエンジンは4気筒 高級感ある走りに欠ける

なぜ4気筒エンジンになったのか?

ティアナはこれまで2WD車にはV6エンジンを搭載してきました。2.5Lと3.5Lの静粛性に優れスムーズな加速を味わえる二種類のV6エンジンと4WD車にのみ4気筒の2.5Lを搭載してきました。現在のモデルは4WD車はラインナップから外れ2WD車(FF)のみになりました。

気筒数が少ないほど燃焼効率に優れる点、1気筒あたりの排気量が多いほど低速トルク、パワー感を実感しやすい点、燃焼効率が優れれば燃費が良くなる点、以上のポイントから新型ティアナは4気筒エンジンを搭載しました。

街乗り、一般道では静かで快適な走りですが、エンジン音が軽くV6エンジンの高級感はありません。また、高速道路ではエンジン音が気になります。車両重量が1500kgを下回りますのでその分、走りに軽快感があるのは救いです。

燃費性能は14.4km/LのためV6時代よりは約3km/L向上していますが優遇税制の適用はなくなりました。

乗り心地重視のセッティング

ティアナは後席を特に乗り心地よくセッティングしています。リヤにマルチリンクサスペンションを採用ししなやかで快適な乗り心地を実感できます。スポーティな走りには対応できませんが、通常の走行においては十分車格にふさわしい高級感ある走りが実感できます。

使い勝手と視認性にすぐれた高級感あるインテリア

12ティアナ内装a
12ティアナ内装b
出典 http://www2.nissan.co.jp/TEANA/interior.html
プラズマクラスター機能を持ったオートエアコンが装備され室内は快適です。内装の質感も高く細部にわたりしっかりした造りとなっています。各種スイッチ類の操作性にも優れています。

気になる点はドリンクホルダーです。運転席から取り出す際にはシフトレバーが邪魔になります。また、大きな穴が2つ空いた状態はホコリもたまりやすく、高級感に欠けます。シフトレバーの後方にプッシュオープン又はスライド式のカバーを装着してドリンクホルダーを設置して欲しいです。

シートは前後とも居住性に優れています。特に後席の居住空間はゆったり余裕があります。ダッシュボードの助手席側が前方に抉られているため助手席を使用した状態でも前方にシートポジションがとれますので、後席左側に乗る人の足元空間をさらに広くとることができます。法人役員送迎車にはぴったりのクルマです。

トヨタマークX、マツダアテンザとの競合がベスト

総額30万円の値引き獲得を目指そう!

値引き額は車両本体で25万円、販売店オプションのカーナビ装着の場合はオプションから5万円引きを狙いましょう。四半期毎の決算シーズンや月末など商談時期を考慮しながら競合させるとトータル30万円引近くの値引きも狙えます。ナビAV Mパッケージ車は総額27万円前後の値引きを目指しましょう。販売店装着オプション金額が少なくなり値引き拡大の材料が少なります。

各種サービスで値引き拡大も

ボディコーティングや保証延長、メンテナンスパックの延長サービスなど販売店独自のサービスを付けることで全体的な金額は高額になりますがひとつひとつ後でかかる費用よりはお得になり、値引き拡大の材料にもなりますので一度ご検討してみることをおススメします。

本命でマークX ディーゼルで揺さぶりアテンザ

動力の駆動方式が違うマークXですが車格や内装の上質感が高いレベルのためティアナとの競合には最適です。また、マークX250Gは価格的にもティアナXLより約10万円ほど安いが、先進安全装備の差と考えれば同等の価格です。マークXは車両価格からの値引きで25万円引を超える値引き額が目立ちます。

ティアナより値引き額は期待できますので、最終段階では「マークXの支払総額プラス10万円以内ならティアナの買います」と言えば十分な値引き額になります。
室内空間や高級感に不満が残るアテンザですが、クリーンディーゼルエンジンは魅力的で、少しでも経済性に優れたクルマを希望していることをアピールすることも有効です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

新型ホンダジェイド新車価格情報と、値引き購入のコツ2016!

08ジェイド外観
出典 http://www.honda.co.jp/JADE/webcatalog/type/?from=JADE-header

ホンダジェイドのスペック情報

ホンダジェイドの価格帯

2,530,000円~2,920,000円(税込)

ホンダジェイドのグレード情報

RS、HYBRID、HYBRID X

編集部おススメグレード HYBRID X 2,920,000円(税込)
ホンダの最新安全技術「ホンダセンシング」が装備されるHYBRID Xがおススメです。
衝突軽減ブレーキ、クルーズコントロール、車線逸脱警報が装備される他17インチアルミホイール、フロントフォグランプが装着され装備が充実しています。RSはターボのスポーティな走りとお求めやすい価格帯ですがホンダセンシングはオプション設定。選ぶ際にはオプションを選択したいグレードです。RSは魅力ですが数年後のリセールバリューを考えると多少価格は高額でもハイブリッドを選びたいジェイドです。

都市型3列 その中身は?

2015年2月にハイブリット専用ミニバンとしてデビューしたホンダジェイド。全高は1530mmと立体駐車場もギリギリのサイズで都市型3列と呼ばれています。その後、ガソリンターボモデルのRSが追加されました。
1.5Lエンジンとハイブリット+7速DCTの組み合わせはフィットハイブリットの6人乗りを思わせるが、エンジンはジェイド用に設計された力強いエンジンになっており、さらにベースはアメリカ向けシビックがベースと考えた方が近いかも知れません。
ホンダのこれまでのクルマの中で、旧型のオデッセイとストリームのちょうど中間に位置しリヤドアはヒンジ式でステーションワゴンスタイルです。ジェイドの価格帯及び車体サイズはトヨタプリウスαにピッタリ合います。
3列目シートは補助的なもので、顔つきがフィットの顔つき、価格は300万円近いジェイドは割高感はあります。スタイル、ハイブリット、用途などどこに重きを置くかで慎重な選択を迫られそうです。

ジェイドのハイブリットの走行性能は?ガソリンモデルの追加

ジェイドのエンジンはフィットハイブリットより力強いシステム合計出力152馬力で燃費性能はHYBRID Xで24.2km/Lと良好です。
静粛性に優れており車内は静か、日常使う低中回転域で非常に使いやすくなっています。高速走行でも十分快適な性能ですが坂道では失速気味ですので注意する必要があり、アクセル踏込んでキックダウンの際はDCTの反応が遅く少々気になります。通常の変速では全く気にならないので少々気になる程度です。

ガソリンのみのモデルRSの追加

ハイブリッド用エンジンよりも出力が強い150馬力のターボエンジンを搭載。最大トルクは20.7kgmと2.0L並みのトルクを発揮する1.5LエンジンはCVTとの相性は良好。1,600から5,000回転までフラットで最大トルクを発揮するためストレスない加速でスポーティ。走りを本気で楽しむならおススメです。ハイブリッド標準グレードよりも20万円以上車両価格が安く、ハイブリッドXと同じサイズの17インチアルミホイール、上級のシート生地、フォグランプも装備します。

フロントサスペンションに課題か?

ジェイドのフロントサスペンションは直進安定性に優れたストラット式、リヤにはしなやかな乗り心地のダブルウィッシュボーン式を採用しハイブリットでも気持ち良い走りが出来るようにセッティングされており、プリウスαより自然で楽しいハンドリングを実現しています。
唯一段差での反応です。ボディの剛性が高いジェイドで段差の衝撃が思ったより強く伝わってくるように感じます。路面からの振動を感じながら走りたい場合は良いですがジェイドは静粛性に力を入れておりますのでブッシュに液体封入式を使ったり改良の余地ありのように思えます。

4人乗りが快適なジェイド

解放感ある視界で安全性も確保

08ジェイド内装a
08ジェイド内装b
出典 http://www.honda.co.jp/JADE/webcatalog/interior/?from=JADE-header
ドア部分の窓スペースを下方向に大きくすることで、車高の低い流線型のデザインながら視界が良好です。運転席に座るとわかりますが、左右のピラーとドアミラーによる死角が少なくなるように設計され、ピラーとドアミラーの間の窓が解放感を高めさらに視認性を高めています。
内装は木目調パネルを大きく使用しており、インテリアは上質です。ドア内張りにはソフトな材質と木目調の樹脂を使い高級感を演出しています。ただしセカンドシートまでで、サードシートまでその高級感は行きわたっていません。
デジタル式のスピードメーターとハイブリットシステムのモニターなどの視認性は高くすべての情報が集約されたメーター類です。
センターコンソールはバッテリーの関係で高くなってますがシフトレバーが操作しやすい位置にありそのままの手の流れでエアコン操作パネルに届きますので操作性に優れています。

普段は2列時々3列

ジェイドはサードシートはクッション性、スペース共快適とは言えません。同クラスのプリウスαにも同じことが言えます。
セカンドシートは独立シートになってなっておりスライド機能は内側に向かってななめ後ろにスライドするシートです。つまりリヤサスペンションの突起部分を避けてスライドできますので足元スペースが大きく確保されます。
しかしこの機能を含めて2.0Lクラスのボックスタイプのミニバンの方が快適性は上です。
ジェイドの場合、足が投げ出しがちのシートポジションで長時間乗車には疲れが出ます。
また、セカンドシートがベンチシートでないため横の解放感がありません。選ぶ際には実際に見て触って確認して下さい。

ホンダセンシングが生み出す安全技術

新型ジェイドの自動ブレーキシステムは、ミリ波レーダーとカメラをダブルで装備することにより、追突防止性能に加え歩行者や自転車を認識する機能を備えています。対応速度は80km/hまでとあらゆる走行シーンでサポートが可能です。カメラの機能が自転車や歩行者の認識はもちろんですが、標識まで認識してお知らせする機能もあり驚きです。
08ジェイド安全
出典 http://www.honda.co.jp/JADE/webcatalog/performance/?from=JADE-header

また、前に障害物があれば誤発進を防止し、車線逸脱防止機能も備えステアリング操作をアシストする機能も装備させます。ウインカーが作動していないことや65km/h~100km/hまでの速度であることなど作動条件があります。
ホンダセンシングはHYBRID Xに標準装備されます。

競合は同じトヨタプリウスα 値引きは少なめ

ジェイドの車両本体価格からの値引きは10万円前後です。販売店オプションのナビゲーションを装着しオプション金額を増やして値引きを狙いましょう。

ハイブリッドはプリウスα RSはプレマシーで競合

競合には同じハイブリットの3列シートプリウスαが最適です。プリウスαの値引きが拡大傾向にありますので総額ではプリウスαが安くなるケースがほとんどかも知れませんので、ジェイドの商談に有効に使って下さい。ガソリンのRSはマツダプレマシーとの競合が最適。値引き額も多目のプレマシーの見積を用意すれば値引き獲得に有利です。
プリウスαの利点は低燃費、プレマシーの利点は値引き額とハンドリングの良さ、さらに両車とも7人乗車可能。ジェイドの利点はハンドリングとセカンドシートの足元空間です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

新型日産エクストレイル新車価格情報と、値引き購入のコツ2016!

09エクストレイル外観
出典 http://www2.nissan.co.jp/X-TRAIL/t321312g39.html?gradeID=G39&model=X-TRAIL

日産エクストレイルのスペック情報

日産エクストレイルの価格帯

2,238,840円~3,513,240円(税込)

日産エクストレイルのグレード情報

20S 、20X、20Sハイブリッド 、20Xハイブリッド、20Xt
モードプレミア、モードプレミアハイブリッド
20XエクストリーマーX、20XブラックエクストリーマーX
20XtエクストリーマーX、20XtブラックエクストリーマーX
全車にエマージェンシーブレーキ装備
S、ハイブリッド車を除く全車で3列シートの選択可
エクストリーマー系は4WDのみ その他グレードは4WD設定有
グレード設定が複雑のため販売店にご確認ください。

おススメグレード 20X 4WD 3列シート  2,691,360円(税込)
20Xハイブリッド 4WD 3,065,040円(税込)

3列シートと2列シートでおススメグレードが変わってきます。どちらのグレードもLEDヘッドランプ、左右独立温度調整式オートエアコン、本革巻ステアリング、17インチアルミホイールが標準装備でスポーティ&快適装備が充実しています。Xtグレードは純正ナビゲーションシステムが標準装備されます。値引き額を大きく獲得でき、本体価格がお求めやすい販売店装着ナビゲーションを装着することをおススメしますのでどちらもXグレードがおススメです。
3列シートはガソリンエンジンのみですのでハイブリッドは選べません。しかし3列シートが要らないユーザーは新しくラインナップされたハイブリッドがおススメです。

ハイブリッドが追加で競争力強化

モーターのみで走れる領域を強化したハイブリッド

直噴2.0Lエンジンにモーターの組み合わせのエクストレイルハイブリッドはセレナのSハイブリッドと比較すれば本格的なハイブリッドシステムを搭載しました。発進時にモーターのみで加速したのちにエンジンを作動させる方式を採用。セレナは常にエンジンが回っているシステムです。構造もシンプルにして軽量化を図り、エンジンとモーターを完全に切り離すことでモーターへの負荷を減らしてモーターのみのEV走行可能領域を大きくしました。4WD車でJC08モード20.0km/Lの低燃費を実現しました。

直噴2.0Lエンジンも低燃費を実現

アイドリングストップや転がり抵抗を減らした低燃費タイヤを採用しガソリンエンジンのみのモデルも4WD車でJC08モード16.0km/Lとハイブリッドと比較して4km/Lの差にとどまりました。実燃費はさらに縮小することも予想されますので走行距離がかなり多いユーザー以外は車両本体の価格差約44万円を回収することは難しいためガソリンエンジンを選び充実装備のグレードを選ぶのもひとつの選び方です。

3列シートのSUVは使いやすい

09エクストレイル内装b
09エクストレイル内装a
出典 http://www2.nissan.co.jp/X-TRAIL/interior.html
新型エクストレイルは自動ブレーキシステムなどの安全装備を強化してSUVでの販売台数はトップクラスです。また、3列シート車も設定され、いざという時の予備席も備わりました。シートはエクストレイル独特の素材でアウトドアにも優れた防水シートになっています。これは子供がジュースをこぼしてしまった場合などは水洗いでき非常に便利です。アウトドアよりこちらのケースが多いのではと思います。雨の日なども安心です。

ソフトな素材で質感の高いインテリア

インテリアも乗用車と同じタイプでスッキリ確認しやすく使いやすいデザインになっています。ダッシュボードやドアトリムはプラスチック100%ではなくソフトな素材を使用しています。自発光式の計器類は視認性に優れ、優しく発行するホワイトの発行色は高級感を感じさせます。

トップクラスの予防安全~エマージェンシーブレーキ

安全性能ではエマージェンシーブレーキが標準装備されます。同クラスのスバルフォレスターアイサイト並んで高いレベルの安全性能も得ています。予防安全性能では最高ランクを獲得しました。軽自動車で主流のシステムではなく時速80kmまでの作動を実現しています。
街乗り重視+エマージェンシーブレーキの安全性能に加え、ミドルSUVクラスで3列シートを望むユーザーにはおススメです。

販売店装着ナビで値引き拡大を目指そう

エクストレイルの値引きは拡大傾向にあります。車両本体と販売店オプションで30万円前後を目指しましょう。スバルフォレスターが一番の有力競合車種です。ナビゲーションシステムは販売店装着ナビを選択し付属品値引きを5万円前後獲得しましょう。車両本体から25万円、付属品から5万円が目標です。

スバルフォレスターをメインに競合し値引き拡大を

ガソリンモデルにはスバルフォレスターが一番の有力競合車種です。ハイブリッドモデルにはクリーンディーゼルのマツダCX-5の見積も用意しましょう。車格面ではホンダCR-Vも有効です。3列シートを商談で強調すると足元を見られてしまう可能性もありますのであくまであれば良いレベルで有利に商談を進めるのがポイントです。四半期ごとの決算時期には、あまりメーカーオプションを装着しないモデルであれぱ在庫車や入庫予定車もあり、こちらは登録が見込まれるため大幅値引きが期待できますので候補のひとつに入れてみると良いです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

新型ホンダオデッセイ新車価格情報と、値引き購入のコツ2016!

07オデッセイ外観
出典 http://www.honda.co.jp/ODYSSEY/webcatalog/type/?from=ODYSSEY-header

ホンダオデッセイのスペック情報

ホンダオデッセイの価格帯

2,7600,000円~4,056,400円(税込)

ホンダオデッセイのグレード情報

G 、G EXホンダセンシング、アブソルート
アブソルートXホンダセンシング、アブソルートXホンダセンシングアドバンスドパッケージ、アブソルート EXホンダセンシング
ハイブリッド、ハイブリッドアドバンスドパッケージ
ハイブリッド ホンダセンシングEXパッケージ、ハイブリッドアブソルート ホンダセンシング
ハイブリッドアブソルート ホンダセンシングアドバンスドパッケージ、ハイブリッドアブソルート ホンダセンシングEXパッケージ
ガソリングレードに4WD設定あり 4WDは全グレード8人乗り
グレード体系が多いですので詳細は販売店におたずね下さい

編集部おススメグレード ハイブリッドアブソルート ホンダセンシング(7人乗り) 3,866,400円(税込)
ホンダの最新安全技術「ホンダセンシング」を装備したオデッセイがおススメ。下取り価格や数年後の買取価格に良い影響が予想されます。アブソルート専用グリルとアルミホイール、アブソルート専用チューニングサスペンションで走行性能に優れたアブソルートがおススメです。
ハイブリッドモデルとガソリンモデルの価格差は約60万円。JC08モード燃費24.4km/L(グレード、車両重量により異なる)の低燃費と静粛性を求める価値と数年後の買取価格、リセールバリューに優れています。

サイズアップ+スライドドアで進化

新型オデッセイはこれまでのオデッセイとホンダのフラッグシップミニバンだったエリシオンの中間を担うミニバンです。オデッセイ+エリシオン=新型オデッセイです。サイズはエリシオン並みにアップし、トヨタのエスティマと同等サイズになりました。
これまでのオデッセイ同様低重心を保ちながら車高をアップさせスライドドア採用で乗降性を向上させました。室内空間もアップさせ特にサードシートのゆとりが生まれました。

安全装備も充実したプレミアムスポーツミニバン

ホンダセンシングが生み出す安全技術

07オデッセイ安全
出典 http://www.honda.co.jp/ODYSSEY/webcatalog/performance/hondasensing/
新型オデッセイの自動ブレーキシステムは、ミリ波レーダーとカメラをダブルで装備することにより、追突防止性能に加え歩行者や自転車を認識する機能を備えています。対応速度は80km/hまでとあらゆる走行シーンでサポートが可能です。また、前に障害物があれば誤発進を防止し、車線逸脱防止機能も備えステアリング操作をアシストする機能も装備させます。ウインカーが作動していないことや65km/h~100km/hまでの速度であることなど作動条件があります。
自動運転ではありませんので、あくまでも安全運転の補助として利用下さい。

使いやすい2種類の2.4Lエンジン

ノーマルグレードには175馬力のエンジン、アブソルートには直噴タイプの190馬力のエンジンを採用しています。どちらのエンジンも4気筒エンジンですが高いレベルの静粛性を確保しています。走行性能も街乗りから高速走行までゆとりをもって走行できます。
アブソルートのエンジンが一見パワーあるように感じますが、高回転時の数値が伸びてますので実用域では乗って違いが感じられません。高速走行で登坂車線を伴う坂道での加速で回転を上げたときに違いがわかる程度です。

ハイブリッドの追加で競争力アップ

オデッセイに待望のハイブリッドが追加されました。グレードによって異なりますがおススメのハイブリッドアブソルートホンダセンシング(7人乗り)でJC08モード燃費24.4km/Lの低燃費を実現。ガソリンモデルの約二倍の低燃費。パワーユニットは2.0Lガソリンエンジンにモーターの組み合わせ。ライバルのトヨタエスティマハイブリッドアエラスと比べて車両価格で約30万円安く、先進安全装備が装備され低燃費のいいとこ取りです。

高級感あるインテリア 快適なリヤシート

07オデッセイ内装a
07オデッセイ内装b
出典 http://www.honda.co.jp/ODYSSEY/webcatalog/interior/?from=ODYSSEY-header
内装は高級感ある造りでLクラスミニバンにふさわしい内容になっています。インパネ周りの造りも上質でエアコン操作パネルも使いやすくなっています。各パーツの隙間が少なく作られている印象です。カップホルダーがセンターコンソール下部に引き出し式であるため少々使いづらい位置にあります。また、カップホルダーを出したままでセカンドシートとのウォークスルーをしてしまうと破損の可能性がありますので注意が必要です。

7人乗りか8人乗りかの選択は?

2WDは7人乗りと8人乗りの選択できます。4WDは8人乗りのみです。
7人乗りモデルのセカンドシートはソファーのようなセパレート式で非常にゆったりしています(写真)センターウォークスルーも出来ます。トヨタアルファードや日産エルグランドのような快適性を求めると7人乗りがおススメです。

いづれもセカンドシート、サードシートとも広さは十分ですが、座面が少々低いため足を前に投げ出す乗車スタイルになりがちです。長時間乗車の際疲れの原因となりますので実際座り心地を試してみて下さい。

本命ライバルはエスティマ アルファードとの比較も

価格を含めエスティマと競合しよう

新型オデッセイの競合はエスティマが最適です。価格帯も近くエスティマの値引き額が拡大していることからエスティマの見積書はオデッセイの値引き拡大に大きく貢献します。
室内空間は上級車種アルファードにも匹敵する広さですが、シートの造りも価格もアルファードが上まわりますので参考程度に留めましょう。逆にオデッセイは低価格なことから足元を見られてしまう可能性もありますのでアルファードとの比較は注意が必要です。オデッセイの充実装備おススメグレードよりもアルファードのエントリーグレードが高額になります。
車両本体と販売店オプションで30万円前後(ハイブリッドは25万円前後)の値引き額を目標にしましょう。オデッセイはホンダ車では高額車ですが売っていかなければならないクルマですので営業スタッフも頑張ります。イベントの活用など上手に値引き交渉しましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

新型マツダアテンザワゴン新車価格情報と、値引き購入のコツ2016!

05-06アテンザ改
出典 http://carview.yahoo.co.jp/ncar/catalog/mazda/atenza-wagon/F001-M004/image/?img=1

マツダ アテンザワゴンのスペック情報

マツダ アテンザワゴンの価格帯

2,764,800円~3,969,000円(税込)

マツダ アテンザワゴンのグレード情報

20S、20Sプロアクティブ、25S Lパッケージ
XD、XDプロアクティブ、XD Lパッケージ
XDシリーズに4WD車を設定

編集部おススメグレード XDプロアクティブ 3,969,000円(税込)

追突防止のスマートシティブレーキサポートは全車標準装備ですが、車線逸脱防止警報が標準装備でAT誤発進機能を後退時まで制御する機能がオプションで装備できるプロアクティブ以上がオススメ。標準モデルとの価格差は予防安全装備の差のため、安全装備は全て共通で標準化して欲しい装備です。標準の20SやXDには車線逸脱防止警報やAT誤発進機能を後退時まで制御する機能はオプションですら装備できません。エンジンは2.0Lガソリンエンジン車より約40万円高価となりますが、動力性能と環境性能を見るとクリーンディーゼル車がオススメです。

レザーシートにこだわりが無く、乗り心地を優先するなら17インチアルミホイールのプロアクティブがオススメ。Lパッケージは19インチアルミホイールのため外観は良いのですが乗り心地が硬めで街乗りではバタつき感が否めません。レザーシートにこだわりが無いなら、クリーンディーゼルのXDプロアクティブがオススメグレードです。

数少ないLサイズステーションワゴン

かつては日産ステージアやトヨタマーク2ブリッド、クラウンエステートなどLサイズステーションワゴンが数多くありましたが、ミニバン人気に押されトヨタアベンシスと一回りコンパクトですがスバルレヴォーグとアテンザワゴンしかありません。アテンザワゴンはひと目でマツダ車とわかるマツダデザインを採用しスポーティなデザイン。セダンの走りの良さをそのままワゴンにしたクルマです。

二種類のガソリンエンジンとクリーンディーゼルエンジン搭載

お求め易さなら2.0Lガソリンモデル

アテンザワゴンで300万円を切る車両価格は2.0Lガソリンモデルのみ。圧縮比を13.0まで高め燃焼効率を高めたミラーサイクルエンジンを採用。6ATとの組み合わせでJC08モード燃費は17.4km/L。燃費性能は標準レベルで街乗りでの使い易さの目安ともなるトルクは最大で20.0kgmとこちらも標準レベルです。

しかし発生するエンジン回転数は4,000回転で少々高め。車両重量が1.5tを下回る重量でもパワー不足を感じる場面が多く感じます。動力性能に問題ない2.5Lエンジン搭載車はLパッケージのみでプロアクティブよりも40万円以上も高くなります。街乗り重視であまり走行距離を走らないユーザーなら初期投資の安い2.0Lガソリンモデルがオススメです。

燃費とパワーを両立のクリーンディーゼルエンジン

わずか2000回転で最大トルクを42.8kgmを発揮する2.2LスカイアクティブDと呼ばれるクリーンディーゼルターボエンジンはJC08モード燃費は18.2km/Lと低燃費。4.0L車並みのパワーと1.5L車並みの燃費は魅力的です。走り出したら全くディーゼル独特のカラカラ音が聞こえません。逆に高いレベルの静粛性を保ちエンジンをあまり回さなくてもグングン加速します。

低燃費でスポーティな走りが楽しめるクリーンディーゼルエンジンは魅力的でアテンザワゴンの6割以上で選ばれています。

スポーティな内装はマツダデザインを踏襲

出典 http://carview.yahoo.co.jp/ncar/catalog/mazda/atenza-wagon/F001-M004/image/?img=3
05-06アテンザ内装

高級感ではなく高い質感のインテリア。デザインはデミオからアテンザまで基本的なデザインは共通するのがマツダの特徴。

しかし、アテンザの内装はやはり上級車らしく質感が違う。インパネからドアトリムまでの造りが上質です。エアコンは左右独立温度調整式のオートエアコンで操作性も良くデザインもスポーティなダイヤル式です。フロントシートは自然なドライビングポジションがとりやすく運転する楽しみを味わえます。車幅が広い分運転席からの見切りには少々慣れが必要です。特に左後方の視界が良くありませんのでバックする際には十分注意しましょう。

アテンザワゴンは多くの荷物を積載可能な他、ルーフがテールエンドまで伸びてますので後席頭上空間が十分確保されるのも魅力のひとつです。

レヴォーグやアベンシスと競合で値引き拡大!

アテンザワゴンの値引きは車両本体価格から25万円、販売店装着のSDナビゲーションシステムをサービスしてもらうなど総額で30万円引きを目指しましょう。決算時期には値引き拡大傾向にありますので3月登録を目指して商談しましょう。

競合はレヴォーグが有効

競合にはスバルレヴォーグが一番オススメです。価格帯はほぼ共通ですがレヴォーグはガソリンエンジン+ターボのみで走行性能をアピール。予防安全技術アイサイトはマツダのスマートシティブレーキサポートより高いレベルの安全性能を備えています。レヴォーグのしっかり値引きの入った見積書を用意しアテンザワゴンの商談に臨みましょう。

中には「そこまで値引きして販売しません」とすぐに値引き交渉に応じなく販売店も少なくありません。その際には販売店を移動し、より条件を出してくれる販売店を探すことが大切です。2.0Sなどガソリンモデルを検討ならトヨタアベンシスと競合しましょう。同じ価格帯で高い質感のアベンシスは2.0Lエンジン同士なら有効です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

新型日産シルフィ新車価格情報と、値引き購入のコツ2015!

c_01
出典http://www2.nissan.co.jp/SYLPHY/grade_outline.html

日産 シルフィのスペック情報

 

・日産 シルフィの価格帯

  1,992,600円~2,674,080円(税込)
 

・日産 シルフィのグレード情報

S、X、G、Gルグラン
 
編集部おススメグレード X 2,154,600円(税込)

 左右独立温度コントロールオートエアコンやインテリジェントキー、エンジンイモビライザーなど充実装備のX以上を選びたいです。Gに装備されるのはディスチャージヘッドライト、16インチアルミホイール、木目調パネル、サイド&カーテンエアバックですがGの価格は上級車種ティアナの価格に迫る240万円オーバーですので選択のメリットが薄れてきます。

 価格と装備のバランスを考慮すればXがおススメグレードですが、サイド&カーテンエアバックは魅力的です。SやXにオプション設定すらないのが残念です。

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

新型トヨタランドクルーザープラド新車価格情報と、値引き購入のコツ2015!!

04-01プラド
出典:http://toyota.jp/landcruiserprado/grade/grade3/

トヨタ ランドクルーザープラドのスペック情報

トヨタ ランドクルーザープラドの価格帯

3,349,963円~5,133,927円(税込)

トヨタ ランドクルーザープラドのグレード情報

TX(ガソリン5人)、TX(ガソリン7人)、TX(ディーゼル5人)
TX Lパッケージ(ガソリン5人)、TX Lパッケージ(ガソリン7人)、TX Lパッケージ(ディーゼル7人)
TZ-G(ディーゼル7人)
全車4WD、6速AT

編集部おススメグレード TX Lパッケージ(ディーゼル7人) 4,696,037円(税込)

今回のマイナーチェンジで登場した2.8Lクリーンディーゼルエンジンはパーワーと燃費の両立で非常におススメのエンジンです。TZ-Gに装備されるLEDヘッドライトはTX Lパッケージ(ディーゼル7人)に標準装備され、本革シートやクルーズコントロール、そしてサードシートは電動格納式と豪華な装備です。TX系のグレードならタイヤは乗り心地に優れた17インチが標準になるのもおススメです。

2.7Lガソリンモデルと価格差は約74万円の価格差はありますが性能の違いに納得ができ、TX Lパッケージ(ディーゼル7人)は200系ランドクルーザーの標準グレードAXよりも約30万円価格が安くなっています。

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

新型マツダプレマシー新車価格情報と、値引き購入のコツ2015!

20s-skyactiv_2nd-row_img
出典:http://www.mazda.co.jp/cars/premacy/grade/#premacy

マツダプレマシーのスペック情報

 

・マツダプレマシーの価格帯

  2,008,800円~2,419,200円(税込)
 

・マツダプレマシーのグレード情報

20C-SKYACTIVE、20S-SKYACTIVE、20S-SKYACTIVE Lパッケージ
20C 4WD、20S 4WD
2WD車は6AT 4WD車は4AT

編集部おススメグレード 20S-SKYACTIVE 2,268,000円(税込)
 サイド&カーテンエアバック、ディスチャージヘッドライトの装備され乗り心地重視の15インチアルミホイールの装備された20S-SKYACTIVEがおススメです。

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

新型スバルXV新車価格情報と、値引き購入のコツ2015!

gtop_2.0i_l_es_ext
出典:http://www.subaru.jp/xv/xv/grade/2.0i_l_eyesight.html

スバルXVのスペック情報

 

・スバルXVの価格帯

  2,257,200円~2,559,600円(税込)
 

・スバルXVのグレード情報

2.0i、2.0i-L、2.0i-Lアイサイト
全グレードAWD

編集部おススメグレード 2.0i-Lアイサイト 2,559,600円(税込)
 スバルの安全技術アイサイトが装備されたグレードがおススメです。
 エマージェンシーブレーキ+車線逸脱警報+ふらつき警報+誤発進抑制機能の装備を併せ持つアイサイトはステレオカメラ方式ですので歩行者や自転車の認識にも優れ、予防安全性能評価最高ランクを獲得しています。
 HIDヘッドライトや電動パワーシートなども装備されます。
 他のグレードではアイサイトが装備されずオプション設定もありません。ベーシックグレード2.0iとの価格差は約30万円ですが、安全技術装備の他でも装備面に差が大きくアイサイトモデルを選択する価値は十分です。

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

新型トヨタRAV4新車価格情報と、値引き購入のコツ2015!

carlineup_rav4_grade_grade2_01_pc
出典:http://toyota.jp/rav4/grade/grade2/

トヨタRAV4のスペック情報

 

・トヨタRAV4の価格帯

  2,211,429円~2,604,394円(税込)
 

・トヨタRAV4のグレード情報

STYLE、STYLE Sパッケージ各グレードに4WDの設定あり

編集部おススメグレード STYLE 2,211,429円(税込)
 Sパッケージとの違いはアルミホイールが17インチか18インチかの違いとフォグランプが標準かどうかです。フォグランプは1万円ほどのオプションで装着可能です。乗り心地とスタイルのバランスは17インチのSTYLEがおススメです。

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

新型マツダCX-5新車価格情報と、値引き購入のコツ2015!

grade_2nd-row_img
出典:http://www.mazda.co.jp/cars/cx-5/grade/#cx-5

1 マツダCX-5のスペック情報

 

・マツダCX-5の価格帯

  2,446,200円~3,488,400円(税込)
 

・マツダCX-5のグレード情報

20S、20S PROACTIVE、25S、25S PROACTIVE、25S Lパッケージ
XD、XD PROACTIVE、XD Lパッケージ
XD各グレード、25S Lパッケージに2WD/4WDの設定あり
20S、20S PROACTIVEは2WD、25S、25S PROACTIVEは4WDのみ

編集部おススメグレード XD PROACTIVE 2WD 2,937,600円(税込)
 LEDヘッドライトや車線逸脱警報装置が付いたPROACTIVEがおススメです。

 エンジンはコンパクトカー並みの燃費で4.0L車並みのトルクパワーを持つクリーンディーゼルXDがおススメです。さらに、セットオプションのセイフティクルーズパッケージは装着したいオプションです。後で欲しくても後付できず、追突防止の自動ブレーキシステムと、クルーズコントロールが付いて価格は税込86,400円です。

 安全装備を充実させてパワーと低燃費を両立させたXD PROACTIVE+セイフティクルーズパッケージ装着車をおススメします。

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

新型ホンダオデッセイ新車価格情報と、値引き購入のコツ2015!

HO_S002_F005_M003_1_L_640x480
出典:http://carview.yahoo.co.jp/ncar/catalog/honda/odyssey/F005-M003/image/?img=2

ホンダオデッセイのスペック情報

 

・ホンダオデッセイの価格帯

  2,7560,000円~3,731,000円(税込)
 

・ホンダオデッセイのグレード情報

G 、G エアロパッケージ、G EX
アブソルート、アプソルート20thアニバーサリーパッケージ、アブソルート EX
各グレードに4WD設定あり 4WDは全グレード8人乗り
G EXとアブソルート EXは7人乗りのみ、他グレード2WDは7人乗り8人乗りあり
 
編集部おススメグレード アブソルート(8人乗り) 3,034,000円(税込)

ホンダの最新安全技術「ホンダセンシング」を装備したアブソルートがおススメです。LEDヘッドライトなど、よりスポーティーな人気装備がそろってます。アブソルートはスポーティーなデザインのみでなくエンジン出力もアップされ走る楽しみも味わえるオデッセイらしいグレードです。

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

新型トヨタシエンタ新車価格情報と、値引き購入のコツ2015!

carlineup_sienta_top_2_02_pc
出典:http://toyota.jp/sienta/grade/ 

トヨタシエンタのスペック情報

 

・トヨタシエンタの価格帯

  1,671,429円~1,897,714円(税込)
 

・トヨタシエンタのグレード情報

X、X Lパッケージ、G、DICE、DICE-G
 
編集部おススメグレード X Lパッケージ 1,753,715円(税込)
 
左パワースライドドア標準装備のX Lパッケージがおススメグレードです。
ディスチャージヘッドライト標準装備のスタイリッシュなDICEなら左パワースライドドアとオートエアコン標準装備のDICE-Gで決まり。

コンパクト7人乗りミニバンの実力は?

carlineup_sienta_top_2_07_pc
 

・いざという時の3列シート

 シエンタは全長4.1mのコンパクトサイズながら乗車定員は7名です。
 セカンドシートはスライドして後ろまで下げてしまえばゆったり乗車できます。この場合はサードシートは使えません。セカンドシートは足元をほどほどに確保できる程度に前に出してサードシートの足元が確保されます。あくまでサードシートは緊急用もしくは小学生低学年までの子供用になります。しかし、シートの質感を除けば同じトヨタのウィッシュと足元スペースは大差ないように感じ頭上空間のあるシエンタの方が逆に広く感じるくらいです。

 サードシートは分割可倒式ですので荷物を載せて隣に1人乗車などのアレンジも可能です。

 サードシートへのアクセスはセカンドシートの横上部に大きなハンドルがあり、そのハンドルを操作すると簡単にセカンドシートのシートバックが倒れます。外から乗車時も中から降車じも使いやすいサイズで操作性にも優れています。   
 シートアレンジや実際の操作性や乗降性は展示車や試乗車で実際に見て触って体感してみるのがおススメです。

・実用重視の運転席まわり

 シエンタの内装は造りはシンプルですがインパネシフト、マニュアルエアコンの操作性が良くなっています。オーディオ操作もシフトレバーと被ることなく使いやすい位置にあります。センターは視認性に優れていますがセンターメーターは慣れが必要ですが前方との視線の移動量が少なくて済みますので、すぐ慣れます。上級グレードのGは自発光式のオブティトロンメーターでとても視認性に優れています。

エンジンとCVTがベストマッチ 乗り心地もイイ

 シエンタのエンジンは1.5LエンジンでCVTとの組み合わせが街乗りでは快適です。少々車体が重く感じるかもしれませんがスムーズなためストレスなく運転できます。高速走行ではエンジン回転も大きくなりますので90km/h前後での走行をおススメします。この速度なら車内の会話も普通にでき、燃費性能も良くなります。
 
乗り心地はソフトな乗り心地です。カーブでのロールは気になりますがスポーツ走行するクルマではありませんので問題ありません。デビューから10年以上が経過しモデルの古さも隠しきれなくなっています。今の新型車に比べボディ剛性はそれほど高いと感じられなくなりました。このこともソフトな乗り心地に感じるポイントかもしれません。

ライバルはホンダフリード 在庫車狙いがベスト。値引き25万円を狙おう

 同じクラスのクルマはホンダフリードしかありません。フリードも誕生から6年が経過していて決して設計が新しいとは言えませんが、シエンタより新しいです。

 フリードの主力グレードの価格とシエンタの価格を比較すると、シエンタの上級グレードGでも約10万円安くなっています。おススメグレードX Lパッケージなら20万円以上価格差があります。フリードでの競合はさらっと触れる程度にして値引き交渉するのがベストです。

 シエンタはカローラ店の専売車種になりますのでトヨタ間での競合はできません。淡色系の色であれば、在庫車や見込発注の登録可能車があります。値引き拡大を狙うなら競合よりも在庫車狙いに絞るのが成功につながります。

 値引き額は車両本体で20万円、販売店オプションのカーナビ装着の場合はオプションから3万円引きを狙いましょう。販売店オプション+取り付け工賃の総額から約20%を目安に値引きできれば成功です。

【シエンタ】イメージムービー


スタイリッシュなYoutube動画ですね!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

新型トヨタアリオン新車価格情報と、値引き購入のコツ2015!

carlineup_allion_grade_13_lb
出典:http://toyota.jp/allion/

トヨタアリオンのスペック情報

 

・トヨタアリオンの価格帯

  1,836,982円~2,789,345円(税込)
 

・トヨタアリオンのグレード情報

A15、A15 Gパッケージ、A15 Gプラスパッケージ、18 Gパッケージ、18 Gプラスパッケージ
A20、A20レザーパッケージ
1.8L車に4WD車設定あり
 
編集部おススメグレード A15 Gパッケージ 1,949,891円(税込)
 オートエアコン、オートライト、自発光メーター(オブティトロン)、スマートエントリーなど高級車と同じような装備が付くのがGパッケージです。エコカー減税に対応した1.5Lエンジンで経済性にも優れていますのでおススメです。

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

新型トヨタクラウンロイヤルシリーズ新車価格情報と、値引き購入のコツ2015!

carlineup_crownroyal_grade_grade5_01_pc
出典:http://toyota.jp/crownroyal/grade/grade5/

トヨタクラウンロイヤルシリーズのスペック情報

 

・トヨタクラウンロイヤルシリーズの価格帯

  3,630,857円~5,729,143円(税込)
 

・トヨタクラウンロイヤルシリーズのグレード情報

2.5ロイヤル、2.5ロイヤルサルーン、2.5ロイヤルサルーンG
各グレードにハイブリット設定あり
各グレードに4WD車設定あり

 編集部おススメグレード 2.5ロイヤルサルーン(ガソリン) 4,206,857円(税込)
静粛性と力強さを優先するとV6エンジンのガソリンモデルがおススメ。ハイブリットモデルに比べ60万円安くさらにおススメです。
 ロイヤルサルーン以上はHDDナビゲーションが標準装備。運転席のみでなく助手席も電動パワーシートが装備されます。

高級感ある内装 細部までしっかり造り込み

carlineup_crownroyal_grade_grade5_03_pc

 内装の質感は高く細部までキレイな造りになっています。木目調パネルを多用していますが樹脂感が強くもう少し落ち着いたカラー及び表面デザインにすればもう少し高級感が出るはずです。トヨタのフラッグシップセダンらしく本木目を使用も検討して欲しかったです。
 エアコン操作パネルは液晶タッチ式です。最先端で高級感がありますが実際の操作性は慣れが必要です。リヤシートはミニバンとは違ったゆとりのソファ感のシートです。足元空間もかなり余裕があります。唯一気になる点はシートに深く座ると頭上空間にゆとりが無くなります。身長180cmの大人なら天井に頭がつきます。

センターコンソールボックスは運転席側から助手席側に開くタイプのため運転席からは開け易いですが助手席側からは開けにくい仕様になっています。リヤシートにはリヤセンターアームレスト内に収納スペースもあります。

高級感ある走りはガソリンモデルのV6エンジン

・スムーズな加速はV6エンジンと6ATにおまかせ

 新型クラウンは先代モデルにあった3.5Lエンジンはアスリートシリーズに設定あるのみになりました。2.5Lエンジンも街乗りでも高速でも静かでスムーズな加速が実感できます。また、6ATは通常のトルクコンバーターを使用したオートマチックのため高速での低速走行で高燃費が期待できます。カタログ上は11.4km/Lですが高速メインの走行なら12km/Lの実燃費も可能です。

・ナビAIシフトはV6エンジンのみ

 ナビゲーションと連動して先のカーブ情報をキャッチしシフト制御するナビAIシフト。必要以上なブレーキング抑制とコーナーでの安全性を確保しています。

・FR専用ハイブリットシステムの実力は?

 新型クラウンのハイブリットシステムはFR車用に設計されました。直列4気筒のエンジンとモーターの組み合わせはアルファードと同じ組み合わせです。
 街乗りのストップ&ゴーの多い場面ではエンジン停止時間が長く低燃費に貢献します。また、新幹線のような静かでスムーズな発進加速です。
 高速走行や山道での走行はアクセル踏込量が多くなり4気筒独特のこもり音が気になります。電気式無段変速はスムーズですがアクセルのレスポンスがワンテンポ遅れ思い通りの走りを楽しみたい場合には物足りなさを感じます。

競合は日産フーガ レクサスISシリーズも。30万円を狙う!

 最初の値引き額は25万円を目標に交渉しましょう。新型デビューから時間が経つにつれ値引き額が拡大しています。ほとんどのグレードでナビが標準装備のため販売店装着オプションの金額が伸びず販売店装着オプションからの値引きがあまり期待できないため、トータルで25万円前後の値引き獲得が出来れば成功です。30万円出れば大成功でしょう。

・フーガとの競合

 新型クラウン競合車はフーガです。ガソリンモデルは同じ2.5Lエンジン同士での競合が有効です。フーガにはハイブリット車もあります。フーガはV6エンジンにハイブリットの組み合わせで排気量は3.5Lと大きめで燃費性能はクラウンハイブリットに敵いません。価格帯が600万円前後とクラウンより高めですが、高い静粛性とどのような場面でも力強い加速が楽しめるフーガハイブリットは魅力的ですのでハイブリット同士の競合も有効です。

・レクサスとの競合 注意点は?

新型クラウンと同価格帯で高級感のあるレクサスISとの競合も十分考えられます。レクサスはトヨタですのでトヨタ同士の競合となります。
 レクサスとの競合の際は、そのレクサス販売店の運営母体がトヨタ店でないことが大切です。トヨタ店で運営していれば同じ会社のため情報が流れて競合しにくくなります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

新型ランドクルーザー新車価格情報と、値引き購入のコツ2015!

carlineup_landcruiser_top_01_pc
出典:http://toyota.jp/landcruiser/

トヨタランドクルーザーのスペック情報

 

トヨタランドクルーザーの価格帯

  4,525,714円~6,531,429円(税込)
 

トヨタランドクルーザーのグレード情報

 GX、AX、AX Gセレクション、ZX
GXのみ5人乗り、他グレードは8人乗り 全車 4WD
 
 編集部おススメグレード AX 4,988,572円(税込)

四駆の王者は世界100か国以上で絶大なる人気を誇る。

ランドクルーザーは世界100か国以上で販売され絶大なる支持を得ています。現在のいわゆる「200系」と呼ばれるモデルも日本国内向けではなく海外向けメインに作られました。丈夫なフレーム構造とトルクフルなエンジン。そしてなにより故障が少なく誰にでも簡単に運転できる日本車が支持されています。

日本国内では全長約5m、全幅約2mは少々扱いにくいサイズですが降雪地域や山間部では非常に有用です。「80系」「100系」のランドクルーザーも未だ人気で中古車市場での価格が落ちません。

高級感と割安感が人気の理由のひとつ

4.6LエンジンはレクサスLS460と排気量が同じ

ランドクルーザーのエンジンはレクサスのLS460と同じ排気量です。しかし、トルク重視にチューニングされているため全く同じというわけではありません。ランドクルーザーはレクサスLS460比べグレードにもよりますが400万円前後安いのです。ランドクルーザーの価格帯はトヨタクラウンロイヤルサルーンG2.5と同じです。エンジンの動力性能は問題なくオンからオフまでスムーズにこなします。ただし燃費は気にしない必要があります。概ね5km/Lの燃費で気にしたら乗れません。

オフロード車でも高級なインテリア

 オフロード車の内装は以前はスパルタンな内装で必要最小限の装備でゴツゴツしたイメージでしたがランドクルーザーはクラウン並の内装質感を持っています。フォーマルにも使える高級車です。また、GX以外は多少狭いながらも3列目のシートが備わります。
carlineup_landcruiser_top_09
carlineup_landcruiser_top_10
出典:http://toyota.jp/landcruiser/

おススメはAXグレード

 オフロード用途に割り切ればベーシックなGXでも良いのですが3列シート、オートクルーズ、ディスチャージヘッドライト、アルミホイールが標準装備されるAXがおススメです。必要な装備が高級感高く備わります。パワーシート付本革シートを希望ならAX Gセレクションがおススメです。右上の内装写真はAXです。
 

ライバル不在、レンジローバーが同格か?30万円の値引きを引き出せ!

L494_15_EXT_LOC02_HSE_ms_1_298-143671_670x385
出典:http://www.landrover.co.jp/vehicles/range-rover-sport/se/index.html
ランドクルーザーの競合車は実質存在しません。イギリスのレンジローバースポーツなどが同じ車格かと思われますがどちらも個性が強いため競合になるかわかりません。また、信頼性はレンジローバーも向上していますがランドクルーザーにかないません。

用途で見れば国産の大型ミニバンが競合の対象になります。アルファード&ヴェルファイア、日産エルグランドです。アルファードもヴェルファイアも販売店が異なるため競合可能です。値引き額は車両本体から30万円前後、販売店オプションから2割を目標に商談しましょう。月末の営業スタッフが台数欲しい時期に契約するように進めて行くのが成功のカギとなります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0