新型ダイハツミライース新車価格情報と、値引き購入のコツ2017!


出典 https://www.daihatsu.co.jp/lineup/mira_e-s/03_exterior.htm

ダイハツミライースのスペック情報

ダイハツミライースの価格帯

842,400円~1,339,200円(税込)

ダイハツミライースのグレード情報

B、B SAⅢ、L、L SAⅢ、X SAⅢ、G SAⅢ
各グレードに4WD車設定あり

編集部おススメグレード L SAⅢ 939,600円(税込)

通勤、買い物用で普段は1人~2人乗車ならL SAⅢグレードがおススメです。
100万円を切った税込み価格でエアコン、スマートアシストによる緊急ブレーキ、横滑り防止のVSCまで装備しています。緊急ブレーキは対車両では警報は100km/h、ブレーキは80km/hの速度まで対応し、先代モデルでは追突防止程度の緊急ブレーキのため安全性能では大幅に進化しました。

後部座席も多用するユーザーはリヤヘッドレストが装着されるXグレード以上を選択するか、オプションでリヤヘッドレスト(1万円)装着をおススメします。Bグレードは商用車向けですがLグレードと比較し3万円安い価格のみ。装備差はフルホイールキャップと後席パワーウインドウの有無ですので商用以外の使用目的ならLグレード以上がおススメです。

低燃費で低価格の第二弾

新型もこれまで同様35.2km/L

低燃費で低価格「第三のエコカー」とも呼ばれるミライースは従来のガソリンエンジンのみでもハイブリッド車並みの低燃費を実現しています。燃費性能はJC08モード35.2km/Lで先代モデルと変わらない数値でライバルのスズキアルトの37.0km/Lに対抗しなかった。

WLTPモードを意識

2018年10月から導入を検討している新燃費基準がWLTPモードと呼ばれる国際基準の燃費測定方法です。「市街地」「郊外」「高速道路」など日本では3つのモード(海外では超高速も含めた4つ)で数値化され、また、その平均も表示される予定です。実際の使用により近づくためJC08モードで燃費の良いCVT車やハイブリッド車の燃費数値は悪化しします。つまり、現在のCVT車やハイブリッド車の燃費数値はカタログ燃費と実際の燃費での燃費差は大きいのです。

新型ミライースはLグレードで車両重量は650kgと軽量化を図り各パーツの低フリクション化もしっかり行っていますので先代モデルより動力性能及び実際の燃費は良くなることは間違いありません。カタログ燃費より実際の燃費や走行性能を重視することはWLTPモード導入に合わせた対策と言っても良いです。

エアロパーツも用意

フロントバンパー下部に装着されるフロントロアスカートとサイドバンパーに装着されるサイドストーンガードがセットのエアロパックや、フロントLEDフォグランプ、14インチアルミホイールなど純正カスタムパーツが用意され先代の丸型デザインと比較し新型は角張ったデザインのため、より、スポーティでカッコイイデザインに仕上がります。

OEM各車もフルモデルチェンジ

ミライースの兄弟車としてダイハツがOEM(相手先ブランド生産)供給しているトヨタピクシスエポック、ダイハツプレオも同様にフルモデルチェンジを実施しています。

デジタルメーターを継承 より使い易さ向上へ



出典 https://www.daihatsu.co.jp/lineup/mira_e-s/04_interior.htm
新型ミライースのインテリアデザインは先代モデルと大きくは変わりありませんが、使い易さの向上が感じられます。新型のメーター表示は全車白色表示になりました。グレード別の違いはXグレード以上ではメーターパネル内にTFT液晶を装備し各種インフォメーションを表示します。

運転席シートの高さ調整可能なシートリフター、ステアリングの高さを調整するチルトステアリングは最上級のGグレードのみの設定でコスト削減の色は隠せません。実際に展示車でシート位置やステアリング位置を確認することが大切です。

エアコン操作パネルは操作スイッチの大きなマニュアルエアコンのため操作性に優れています。オートエアコンは最上級のGグレードにのみ装備され、ムーヴなどと共通の操作パネルで見た目も操作性も優れています。オーディオは全車オーディオレスとなります。内装の材質はシンプルなプラスチック素材ですがキレイにまとまっているため価格は安いですがそれ以上の質感は保っています。

インパネシフトはハンドルから手が届きやすく、ひざ元にチェンジレバーが無いため足元にもゆとりがあります。インパネデザインが直線基調のためスッキリ感が高く、左右にはドリンクホルダーも装備されています。

スマートアシストⅢでライバルをリード

新型ミライースの自動ブレーキ性能は大幅に向上し上級車並みの自動ブレーキ性能を装備しました。緊急ブレーキは対車両では警報は100km/h、ブレーキは80km/hの速度まで対応しています。先代までの追突防止程度の30km/hまでの対応速度から大幅に進化しています。また、50km/hまでは歩行者認識も可能で安全性能を高めています。ライバル車のアルトやN-BOXは現在でも30km/hまでの自動ブレーキ性能のためスマートアシストⅢは一歩リードしています。

車線のはみだしを警報でお知らせする機能も装備し、オートマチックハイビーム、アクセルとブレーキの踏み間違え防止のため急発進抑制装置も装備されます。

ライバルはスズキアルト 値引きは渋い

値引きはもう少し待とう

値引き額は車両本体で0~2万円、販売店オプションのカーナビ装着の場合はオプションから5万円引きを狙いましょう。下取り車を除くトータルで5万円引きなら現時点では買いです。新型のため車両からの値引きは厳しい状況です。販売店オプションからの値引きを狙う方法ですが、高額なナビゲーションを装着しない場合には値引きが厳しい状況です。
納車費用などの諸費用、車庫証明が必要な地域では車庫証明費用をカットし少しでも総額を下げる努力が必要です。

これから9月の仮決算時期や年末商戦など時期を見据えての交渉が可能なユーザーはもう少し待ち、少しでも条件が良い状況で商談することをおススメします。

ライバルはアルト ピクシスエポックやプレオのOEM車も見よう

値引き獲得のためにはアルトの見積を用意しましょう。アルトは燃費性能などのスペック上はミライースより良くなっています。しかし、カタログには無い実用性能を高めた性能を営業スタッフはアピールしてきますので注意しましょう。

トヨタの販売店でピクシスエポック、スバルの販売店でプレオの商談も行い条件を確認することも大切です。特にトヨタでは軽自動車の販売には力を入れていないケースが多いため見積をお願いし条件をさらりと聞く程度で十分です。販売店オプション値引きで差が出る場合がありますので販売店オプション値引きだけはしっかり確認することが大切です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

低燃費&低価格の車!スズキアルト・ダイハツミライースどっちを買うべき?徹底比較します

軽自動車と言えども価格面では「軽」とは言えないほど高価になってきている軽自動車もあります。背高スライドドア軽自動車の車両価格はコンパクトカーの中心グレードよりも車両価格が高くなっています。趣味性にこだわらなければ、新車の軽自動車で車両価格100万円を切り、低燃費な軽自動車もあることを忘れてはいけません。室内の質感は価格相応ですが、広さは十分確保されています。その理由は軽自動車の全長、全幅最大のボティサイズで全て造られているためです。

今回はスズキとダイハツのライバル対決アルトとミラ。長年に渡りライバルとして競合しています。先代アルトエコとミライースシリーズは度重なる燃費対決を繰り広げてきました。今回比較の車種は2014年末にフルモデルチェンジしたアルトと2011に低燃費低価格「第三のエコカー」として登場から5年経過したミライースの比較です。ミライースはモデルチェンジが近くなっている噂もありますが両車の対決は健在です。

アルトはエネチャージとCVTの組み合わせのベーシックなLグレードに安全装備のレーダーブレーキサポート搭載グレード、ミライースは安全装備のスマートアシスト2が装備されるL SA2グレードで比較します。

写真 アルトL
出典 http://www.suzuki.co.jp/car/alto/detail/index_l.html


写真 ミライースL SA2
出典 http://www.daihatsu.co.jp/lineup/mira_e-s/02_grade.htm

エクステリア比較

四角基調のアルトと曲線基調のミライースはデザインで好みが分かれます。両車とも比較グレードはもっともベーシックなグレードのひとつ上のグレードで、外観上の違いはドアミラーとホイールです。ドアミラーはミライースがボディ同色でアルトはブラックです。外観上のカラーで上級グレードと共通なのはミライースです。また、アルトのホイールは13インチ、ミライースは14インチを採用しています。どちらも樹脂キャップ仕様です。

アルトL レーダーブレーキサポート装着車のスペック

全長3,395mm 全幅1,475mm 全高1,475mm
車両重量650kg
ハロゲンヘッドライト
ボディ同色バンパー
13インチスチールホイール+キャップ タイヤサイズ145/80R13

ミライースL SA2のスペック

全長3,395mm 全幅1,475mm 全高1,490mm
車両重量730kg
ハロゲンヘッドライト
ボディ同色バンパー
ボディ同色ドアミラー
14インチスチールホイール+キャップ タイヤサイズ155/65R14

両車とも全長全幅は軽自動車枠いっぱいのサイズです。ヘッドライトはどちらもハロゲンタイプが標準でディスチャージなど明るいタイプのヘッドライトは設定ありません。フォグランプの設定は両車販売店装着オプション設定です。

上級グレードと見劣りしないカラーリングのミライースにエクステリア比較ではアドバンテージがあります。アルトは設計の新しさがポイントです。

運動性能比較

アルトもミライースもエンジンはエコタイプ。アルトの車両重量は軽く、エンジンパワーもミライースを上回るためアルトの走りに軽快感があります。

アルトL レーダーブレーキサポート装着車のスペック

エンジン 直列3気筒12バルブDOHC
燃費対策 充電制御付アイドリングストップ装置、ロックアップ機構付トルコン、可変バルブタイミング、電動パワーステアリング、自動無段変速CVT
最高出力52馬力/6,500回転
最大トルク6.4kgm/4,000回転
JC08モード燃費37.0km/L
トランスミッションCVT
ブレーキ(前/後)ディスク/リーディングトレーリングドラム
フロントサスペンション マクファーソンストラット(スタビライザー付)
リヤサスペンション トーションビーム
最小回転半径 4.2m

ミライースL SA2のスペック

エンジン 直列3気筒12バルブDOHC
燃費対策 充電制御付アイドリングストップ装置、可変バルブタイミング、電動パワーステアリング、ロックアップ機構付トルコン、自動無段変速CVT
最高出力49馬力/6,800回転
最大トルク5.8kgm/5,200回転
JC08モード燃費35.2km/L
トランスミッションCVT
ブレーキ(前/後)ディスク/リーディングトレーリングドラム
フロントサスペンション マクファーソンストラット
リヤサスペンション トーションビーム
最小回転半径 4.4m

パワーと燃費の良さではアルトにアドバンテージがあります。アルトの燃費はトヨタのハイブリッドコンパクトカーのアクアと同等燃費のJC08モード37.0km/Lの低燃費を実現します。ミライースも35.2km/Lで軽自動車トップクラスの低燃費です。実際の燃費は両車20km/L前後で長距離ドライブで25km/L前後の燃費です。

アルトの車両重量はミライースよりも80kg軽い650kg。車重が軽くエンジンパワーはミライースよりも低い回転で高い出力を発生するため軽快感があります。また、タイヤ幅は145mmで細くホイールは13インチのため低燃費に貢献し、最小回転半径もミライースよりも小さいため取回し性能も優れています。

走行安定性ではミライースが若干有利。アルトよりも幅の広いタイヤと14インチホイールのため走行安定性が優れます。低燃費・取り回し性能と走行安定性はタイヤの性能で反比例します。

室内・使い勝手比較


アルトL インテリア
出典 http://www.suzuki.co.jp/car/alto/detail/index_l.html


ミライースL SA2インテリア
出典 http://www.daihatsu.co.jp/lineup/mira_e-s/02_grade.htm

両車実用重視のシンプルなインテリアです。両車インパネシフトのためフロントシート足回りにはゆとりがあります。リヤシートは短時間乗車用です。ヘッドレストも装備されません。ヘッドレストはミライースには販売店オプションで取り付け可能で8,400円で販売されています。

アルトL レーダーブレーキサポート装着車の装備

マニュアルエアコン
AM/FM電子チューナー&CDプレイヤー
レーダーブレーキサポート
パワーウインドウ
運転席シートヒーター

ミライースL SA2の装備

マニュアルエアコン
デジタルメーター(オレンジ発光)
AM/FM電子チューナー&CDプレイヤー
スマートアシスト
パワーウインドウ

エアコンは両車ベーシックなマニュアルタイプ。CDプレイヤーを装備し近場のみの利用でカーナビを必要としない場合には十分な装備内容です。リヤシートは一体可倒式のため乗車人数は2人か4人の選択で大きな荷物を積む際には2名のみの乗車です。

ミライースは全車デジタル表示のスピードメーターを採用しています。インパネ自体の高さを低く抑えることができ視認性も良好です。アルトには運転席シートヒーターが装備されます。冬場の季節にはうれしい装備です。

安全性能比較

安全性能比較は自動ブレーキシステムを含む先進安全装備がカギになります。
アルトもミライースも同等の安全性能です。スズキのレーダーブレーキサポートとダイハツのスマートアシスト2の自動ブレーキは30km/hまでの作動で追突防止程度の性能です。

サイドエアバックの装備も無く、リヤシートのヘッドレストもありません。リヤシートをフルで活用するユーザーにとっては、両車もう1グレードアップしリヤシートのヘッドレスト搭載モデルを選ぶことをおススメします。通勤通学のみ、普段の買い物のみでリヤシートは荷物置き場なら今回比較のグレードで十分です。

車両本体価格比較

アルトL レーダーブレーキサポート装着車 2WD 915,840円
ミライースL SA2 2WD  966,857円

車両本体価格はアルトが低価格です。実用性と動力性能を重視し価格も重視すればアルト、上級グレードと同等のデザインと乗り心地や走行安定性を重視するならミライースを選ぶことをおススメします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

新型トヨタマークX新車価格情報と、値引き購入のコツ2017!


出典 http://toyota.jp/markx/grade/grade5/

トヨタ マークXのスペック情報

トヨタ マークXの価格帯

2,656,800円~3,850,200円(税込)

トヨタ マークXのグレード情報

250G Fパッケージ、250G、250S、250RDS、350RDS
プレミアム(2.5)、プレミアム(3.5)
250G Fパッケージと250Gに4WD設定あり、全車6速AT

編集部おススメグレード 250G 2,916,000円(税込)

ステアリングスイッチや運転席電動パワーシート、自発光式のオブティトロンメーターや有機ELマルチインフォメーションモニター、トヨタセーフティセンスPが標準装備される250Gがおススメです。

廉価版のFパッケージには本革巻ステアリング&シフトノブ、16インチアルミホイール、スマートエントリースタートシステムなどが装備されません。250GにはLEDヘッドライトはメーカーオプション設定ですが、ディスチャージヘッドライトは標準装備されますので不足ない装備内容です。

エクステリアは小変更

フロントバンパーグリルを大型化しワイドにみせる演出を施し、スポーツセダン色を強めました。プラットフォームはクラウンシリーズと共通です。クラウンアスリートシリーズに6気筒2.5Lエンジンが無くなる中、静粛性とのびやかな加速が味わえるエンジンのマークXは健在です。価格面では約100万円お求めやすい考え方次第ではお得なクルマです。

グレード体系も見直しプレミアムグレードはRDSグレードに変更されました。かつてマーク2時代にあった人気グレードツアラーシリーズとグランデGを融合した上質かつスポーティなグレードです。

トヨタセーフティセンスPを全車標準装備し価格が上昇

新型マークXは先進安全装備である衝突軽減ブレーキと車線逸脱防止警報、前車追従型クルーズコントロールなどセットしたトヨタセーフティセンスPを標準装備しました。価格は全体的に約15万円前後のアップです。

車線逸脱防止システムにはステアリング制御が加わり、カメラによる歩行者認識機能が備わります。また、レーダー方式ではなくミリ波レーダー方式のため霧など悪天候の際にも感度良好です。かつてはセルシオやクラウンマジェスタに装備されていたプリクラッシュセーフティシステム(当時50万円クラスのオプション)がこれまでよりも約15万円プラスの価格が装備されるのであればお買い得です。

おススメグレード250Gの価格帯は約25年前のマーク2と比較すると当時の2.5L最上級のグランデG2.5に相当する価格です。安全装備面や質感の向上計り知れないものがありますが、当時はエントリーグレードは200万円を切った価格からラインナップされていました。お父さんがマークXを選ぶ敷居が高くなっているのは事実です。

気持ちよく回るエンジン

スペックは平凡 しかし運転はたのしい

マークXはV6 2.5Lと3.5Lのガソリンエンジンのみです。
ダウンサイジング化などにより4気筒化される車種が多く見られる中、燃焼効率があまり良くないV6エンジンを搭載しています。このエンジンはレクサスISに搭載されているエンジンと同じエンジンで静粛性と動力性能に優れていますが燃費は11.8km/Lと良い数値とは言えず、実質燃費は8km/L前後です。

しかし、6ATとの組み合わせでスムーズに加速しカーブでの安定感も高く運転して楽しいクルマです。セダンならではのボディ剛性の高さとサスペンションがフロントダブルウィッシュボーン、リアがマルチリンクの組み合わせで直進安定性としなやかさが両立しています。マークXに車名が変わった当初のマークXはバタバタする印象でしたが新型マークXは落ち着いています。

2.5Lで十分なパワー

マークXの車両重量は1.5トンとクラウンやレクサスISに比べて100kg以上軽くなっています。軽くて同じエンジンならより軽快に加速します。基本のプラットフォームも同じですのでお得感すら感じます。

3.5Lエンジンも用意されますが2.5Lと比較し約100万円プラスになります。税制面、燃費面で費用もプラスになる他、クラウンと同価格帯になりますので高速道路を多用し優先してパワーを求めるユーザー以外にはおススメできません。

セダンらしく落ち着いた内装


出典 http://toyota.jp/markx/interior/?padid=ag341_from_markx_navi_interior/

出典 http://toyota.jp/markx/interior/comfort/?padid=ag341_from_markx_in_comfort02

コストカットの中にも上質なインテリア

プラスチック素材の多いインテリアですが、各パーツがしっかり造り込まれています。ドアのスイッチベースやセンターコンソール部分は目に見える部分に関しては特にキレイな造りになっています。
しかし全体の見た目は5ナンバーセダンのプレミオを少し豪華にした印象で高級感に欠ける印象です。実用性重視+質感重視のユーザー向けです。現在はハイブリッドのみとなったカムリと同等の内装質感に感じます。

リヤシートは少々窮屈感

マークXのリヤシートは座り心地は良いのですが頭上空間にもう少しゆとりが欲しく感じます。後輪駆動ならではのセンター足元の出っ張りは仕方ありませんが5名乗車時は中央席は窮屈です。

セダンのマークXにも使い勝手良好な、分割可倒式のリヤシートやリクライニング機能を装備し、SUVやステーションワゴンに慣れたユーザーにとっても不満のない内容になっています。

駆動方式を問わず他社競合しよう!

以前はマーク2と呼ばれていたモデルの時はトヨタ同士でクレスタやチェイサーがあり激しく競合しました。他メーカーでも、ローレルやスカイラインが同じ後輪駆動方式で競合の対象になりました。現在でもスカイラインはありますがダウンサイジングターボやハイブリッド展開で価格はベーシックなグレードでもマークXより約100万円高い価格設定となり競合になりにくくなっています。

マークXのように後輪駆動ベースのクルマが少なくなり、同じセダンで同じ価格帯で競合するなら、日産ティアナ、マツダアテンザは共に前輪駆動、スバルレガシィB4は4輪駆動になります。トヨタ販売店はトヨペット店の専売車種のためトヨタ同士の競合はできません。

値引き目標は総額30万円を目指そう

マークXの値引きは車両本体価格から25万円、販売店装着のナビゲーションシステムを選択して5万円前後の値引き合計30万円前後の値引きを目標にしましょう。優遇税制も無く、ノーマルのV6エンジンは燃費も悪く、ミニバンのように使い勝手も良くないマークXは人気が無く販売店でもあまり力を入れない車種になっています。値引き拡大は期待できず月末イベント狙いや4半期ごとの決算狙いでの商談で値引きを狙いましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

20代男性にオススメのクルマはコレだ!軽自動車・普通自動車・ハイブリッド

若者のクルマ離れが進んでいると言われる中でもクルマを自分を主張したいユーザーも少なくありません。20年から30年前ならば2ドアスポーツタイプのクルマや大型セダンに憧れて、新車では購入できないから中古車探しに明け暮れ好きなクルマを見つけて、乗ったは良いが維持費にお金がかかり頭を悩ましたユーザーも多かった時代でした。

現在は、少しでもお金がかからない低燃費で維持費が安いクルマがあらゆる世代で人気で20代男性においてもあてはまります。クルマの走りやパワーは大事ですが、どちらかと言えば燃費性能重視、見た目のデザイン、カッコよさでクルマを選ぶ傾向にあります。どのようなクルマが20代男性に人気があるのか、軽自動車、コンパクトカー、SUVの3つのジャンルでトータルバランスに優れた、おススメの3車種をピックアップします。

軽自動車でおススメのクルマ

スズキワゴンRスティングレー


出典 http://www.suzuki.co.jp/car/wagonr_stingray/detail/
フルモデルチェンジしたばかりのワゴンRスティングレーはデザイン一新しスポーティになりました。全グレードにオート機能付LEDヘッドライトや、14インチアルミホイール、先進安全装備のデュアルセンサーブレーキサポート、オートエアコンなどの快適装備が標準装備されます。ハイブリッドXグレード以上マイルドハイブリッドシステムも搭載しハイブリッドXグレード2WD車の燃費はJC08モード33.4km/Lの低燃費を実現しています。

ハイブリッドX2WD車の車両価格は1,488,240円で背高軽自動車のスペーシアやタントの充実装備車と変わらない価格でエアロスポーティなスティングレーが購入できる魅力があります。

エアロバンパーやLEDヘッドライトも標準のためカスタムにお金をかけなくても十分カッコいいのも魅力です。純正アルミホイールは冬タイヤ用や下取りや売却時用に確保し、16インチから17インチアルミホイールでドレスアップしてみてはいかがでしょうか。

スズキワゴンRスティングレー価格帯

1,293,840円~1,779,840円 Lグレードセーフティパッケージ車は1,353,240円~

ホンダNボックスカスタム


出典 http://www.honda.co.jp/Nbox/webcatalog/type/custom/index.html
軽自動車で一番売れているNボックスは室内の広さはもちろんですがカッコよさも抜群です。特にワル顔になるカスタムシリーズは男性ユーザーに支持されています。カスタムG.Lパッケージ以上になると14インチアルミホイール、左側パワースライドドアが標準装備されます。プラズマクラスター機能付オートエアコンとディスチャージヘッドライトはカスタム全車標準装備で、自動ブレーキやカーテン&サイドエアバックを含むあんしんパッケージは全車にオプション設定です。

エンジンはノーマルエンジンとターボエンジンを用意していますが、ノーマルエンジンは軽自動車ナンバーワンの出力58馬力のためターボエンジン車を選ばなくてもキビキビ走ってくれる点も魅力的です。中心グレードのカスタムG.Lパッケージの車両価格は1,560,000円と価格は高めでフィットやデミオなどのコンパクトカーに手が届く価格帯です。軽自動車の扱いやすいコンパクトなボディサイズと税金の安さは魅力で小さくても室内は広々な点が人気のポイントです。

ホンダNボックスカスタム価格帯

1,490,000円~1,939,400円

スズキアルトワークス


出典 http://www.suzuki.co.jp/car/alto_works/detail/index.html
販売台数では爆発的に売れているわけではありませんが、20代クルマ好き男性にぜひおススメしたいクルマがスズキアルトワークスです。アルトターボRSのエンジンをさらにチューンナップしトルクを増強させ5MT車を設定しています。オートマ限定ユーザーには5AGSと呼ばれるシングルクラッチオートマチックも用意。しかし、安全装備のレーダーブレーキサポートは5AGS車に装備され5MT車には装備されません。さらに5AGS車にはパドルシフトも装備されノークラッチマニュアル走行が可能ですので5AGSの魅力も忘れてはいけません。オートエアコンやディスチャージヘッドライトは標準装備です。

アルトワークスは軽自動車で一番のスポーツ性能を誇ると言っても過言ではありません。軽スポーツの代表ともされるホンダS660よりもトルクでスペック上0.4kgm劣るものの車両重量は160kgも軽いためワークスの方が軽快で速いのです。さらに、乗車定員は4名荷物も積載可能の実用性も兼ね備えています。車両価格は2WD車で1,509,840円で5MT車も5AGS車も同一価格です。価格面でもホンダS660より約50万円安いのも魅力的です。

スズキアルトワークス価格帯

1,509,840円~1,617,840円

コンパクトカーでおススメのクルマ

ホンダフィット


出典 http://www.honda.co.jp/Fit/webcatalog/type/gasoline/
老若男女に支持されるホンダフィットは20代男性にもおススメです。インテリアデザインの質感は高くリヤシートも広く造られています。ガソリン車、ハイブリッド車をラインナップし、どちらも低燃費です。長距離走行がメインのユーザー以外はガソリン車がおススメです。1.3Lエンジンに無段変速CVTの組み合わせでJC08モード24.6km/Lの低燃費を実現しています。ボディ剛性も高く、静粛性にも優れているためミディアムセダンクラスに乗っている感覚です。

充実装備の1.3G Lパッケージなら自動ブレーキシステム、サイド&カーテンエアバックを含むあんしんパッケージ、LEDヘッドライト、クルーズコントロール、プラズマクラスター付オートエアコンが標準装備で十分満足できる装備内容です。車両価格は2WD車で1,562,000円で軽自動車並みの価格で購入できるのは魅力的です。

ホンダフィット価格帯

1,299,800円~2,221,000円

トヨタアクア


出典 http://toyota.jp/aqua/grade/grade3/
コンパクトハイブリッドのアクアはJC08モード37.0km/Lの低燃費で幅広い年齢層に支持されています。1.5Lの低燃費仕様ガソリンエンジンとモーターの組み合わせはモーターの力強い加速が味わえます。ストップ&ゴーの多い街乗りでは充電と放電を効率よく繰り返すことができるため街乗りでの燃費は良好です。走行用バッテリーが十分に残っている場合にはEVモードスイッチを押すことで概ね50km/hまでモーターのみでの走行が可能です。

上級Gグレードを選択すればトヨタの先進安全装備トヨタセーフティセンスCが装備され衝突軽減自動ブレーキや車線逸脱警報が装備されます。SグレードにはオプションですがSグレードにトヨタセーフティセンスCを装備するとGグレードの価格に近づきます。Gグレードにはクルーズコントロールも装備されます。Gグレードの車両価格は2,007,818円です。LEDランプパッケージでヘッドライトをLEDに変えることも可能でエアロパーツも豊富に用意されているところが20代男性に支持されています。しかし、トータルでの価格は高額になり、総額は250万円を突破するケースも見受けられます。

トヨタアクア価格帯

1,761,382円~2,100,109円

スズキスイフト


出典 http://www.suzuki.co.jp/car/swift/styling/
足回りの良さに定評のあるスズキスイフトが新型になり注目されています。モーターのみでの走行は出来ませんがマイルドハイブリッドを搭載したモデルもあります。マイルドハイブリッド搭載モデル2WD車のJC08モード燃費は27.4km/Lで軽自動車並みの低燃費を実現しています。実際の燃費は15km/L前後となりますが走る楽しさは忘れていません。デュアルジェットエンジンとCVTの組み合わせは完成度が増しスムーズな加速が味わえ、足回りも出だしは硬めですが速度が上がるにつれ路面をしっかりとらえ安定した走りを実現しています。実用性と低燃費、走りも楽しみたい男性にはおススメのスイフトです。

足回りが専用チューニングされたRSグレードがおススメ。ハイブリッドシステムを持つハイブリッドRSグレードがおススメです。デュアルセンサーブレーキサポートなど先進安全装備が装備されたセーフティパッケージ装着車2WDで車両価格は1,787,400円です。背の高い軽自動車のターボモデルと同等の価格帯で安全かつスポーティなスイフトハイブリッドRSが狙えます。

スズキスイフト価格帯

1,343,520円~1,941,840円

SUVでおススメのクルマ

日産エクストレイル


出典 http://www2.nissan.co.jp/X-TRAIL/exterior.html/
4WD車にはオールモード4×4を搭載し路面の状況に応じて100:0から50:50まで自動トルク配分しデフロックまで行う悪路走破性に優れたSUVです。車両価格は200万円台がメインで高性能&低価格で高い人気を得ています。ハイブリッドモデルも追加されモーターによる発進が可能なエクストレイルはガソリンモデルに比べ約4km/L燃費性能を伸ばしました。しかし距離を多く走らないユーザーはガソリンモデルをおススメします。車両価格の約26万円差はなかなか燃費で回収できません。エマージェンシーブレーキは全車に装備され安心です。

左右独立温度調整式オートエアコン、オートライトシステム、17インチアルミホイールを装備したXグレードがおススメです。20Xエマージェンシーブレーキ4WD 2列シート車で車両価格は2,619,360円です。時々3列シートを希望するユーザーはガソリンモデルに限り3列シート車も設定されています。ハイブリッド車には設定ありません。幅は3ナンバーサイズですが長さは5ナンバーサイズで扱いやすいエクストレイルは街乗りからアウトドアまで幅広く活躍します。

日産エクストレイル価格帯

2,238,840円~3,513,240円

スバルフォレスター


出典 http://www.subaru.jp/forester/forester/gallery/photo.html
まるで2WD車のような自然なハンドリングで定評があり、エンジン・トランスミッション・AWD・VDCを統合制御し、4輪の駆動力やブレーキなどを適切にコントロールするX-MODE搭載シンメトリカルAWDは悪路走破性も抜群です。アイサイト3搭載モデルもあり、2つのカメラを使い高いレベルでの車両や歩行者を認識し自動ブレーキ制御を実現しています。予防安全性能アセスメントにおいて、最高レベルの先進安全車「ASV++」を獲得しました。

LEDヘッドライト、17インチアルミホイール、前車追従機能式クルーズコントロール、左右独立温度調整式オートエアコン、アイサイト3を装備した2.0i-Lアイサイトの車両価格は2,689,200円です。エクストレイルと同価格帯でエンジン性能、燃費性能も同等のため選択に迷います。オフロード感の強い、より男性的な雰囲気を持つフォレスターはアウトドアでの用途が多いユーザーにおススメです。全車AWDかつサイド&カーテンエアバックを標準装備のため追加オプションが必要ないのも魅力のひとつです。

スバルフォレスター価格帯

2,149,200円~3,128,760円

マツダCX3


出典 http://www.mazda.co.jp/cars/cx-3/grade/?link_id=sbnv#cx-3
デミオをベースにワイドボティ化しSUVスタイルにしたのがCX3。ひと目でわかるマツダデザインとスカイアクティブテクノロジーをフルに搭載したCX3は1.5Lクリーンディーゼルエンジンのみのラインナップです。力強いボリューム感あるデザインと低燃費、ハンドリングの良さ、力強い加速感を両立し20代男性におススメのクルマです。マニュアルトランスミッションも各グレードに用意され操る楽しさを求めるユーザーにも対応しています。

オートエアコン、LEDヘッドライト、80km/hまで対応するアドバンスドスマートシティブレーキサポートは全車標準装備になり安全性能が強化されました。さらにXDプロアクティブ以上には車線逸脱警報システムや交通標識認識システム、前車追従型レーダークルーズコントロールを装備し安全面で強化、さらに18インチアルミホイールを装備し足回りを引き締めています。XDプロアクティブ6AT 2WD車の車両価格は2,592,000円です。2WD車でエクストレイルやフォレスターに迫る価格は4WD車は280万円を突破します。オフロード性能を求めずスタイルの良さと力強く低燃費なクリーンディーゼルに魅力を感じるユーザーにおススメです。

マツダCX3価格帯

2,376,000円~3,034,000円

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

新型マツダCX-5新車価格情報と、値引き購入のコツ2017!


出典 http://www.mazda.co.jp/cars/cx-5/grade/?link_id=xd#cx-5

マツダCX-5のスペック情報

マツダCX-5の価格帯

2,462,400円~3,526,200円(税込)

マツダCX-5のグレード情報

20S、20S PROACTIVE、25S Lパッケージ
25S 4WD、20S PROACTIVE 4WD、25S Lパッケージ 4WD
XD、XD PROACTIVE、XD Lパッケージ
XD各グレードに2WD/4WDの設定あり

編集部おススメグレード XD PROACTIVE 2WD 3,002,400円(税込)

昼夜問わず自動で12段階に明るさを調整するアダプティブLEDヘッドライトや車線逸脱警報装置、前車追従型のクルーズコントロールが付いたPROACTIVEがおススメです。エンジンはコンパクトカー並みの燃費で4.0L車並みのトルクパワーを持つクリーンディーゼルXDがおススメです。アドバンスドスマートシティブレーキサポート、カーテン&サイドエアバックは全車標準装備になりました。先代モデルではセットオプションだった車線逸脱警報などの安全装備がPROACTIVE以上では標準装備されます。価格は先代モデルよりアップしてますがオプション価格を考慮すれば実質値下げです。

PROACTIVEは19インチアルミホイールが標準装備ですが、乗り心地と経済性を重視するユーザーは17インチアルミホイールを選択することをおススメします。乗り心地がソフトになるばかりでなくタイヤ交換時にタイヤ代が節約できます。17インチアルミホイールを装着することにより5.4万円安くなりますので300万円を切る価格になり魅力的です。先代モデル同様にCD/DVDプレーイヤー&地デジチューナーは必ずオプション選択しましょう。アドバンスドスマートシティブレーキサポートは全車標準装備のため、クルーズコントロールやLEDヘッドライトが標準で明るさ調整のアダプティブLEDヘッドライトが不要ならスタンダードなXDグレードでも十分満足できる装備内容です。

マツダデザインのSUV

エクステリアデザインは先代モデルと酷似しています。フロントデザインはセダンタイプのアテンザなどと共通のデザインでヘッドライトは横に長いシャープなデザインです。先代モデルはSUVテイストが強めでしたが新型CX-5はデザインに高級感と美しさも加えられ、背が高いSUVでも低重心に見せるスタイルで重厚感を感じます。ボディからシャシー、エンジンなど全てにおいてスカイアクティブテクノロジーを搭載し人馬一体の運転する楽しみを第一に考えました。

エンジンラインナップは先代モデル同様で直列4気筒2.0Lと2.5Lのガソリンエンジンと直列4気筒2.2Lのクリーンディーゼルターボエンジンをラインナップ。各エンジンとも出力面でも変更ありません。トランスミッションもトルクコンバーター式6ATを採用しスムーズな走りに加え、CVT車のようにギクシャクする不自然な動作も無く信頼性も抜群です。

成熟したクリーンディーゼル

シンプル構造でも排ガスクリーンのスカイアクティブD

CX-5のXDグレードに搭載される2.2Lディーゼルターボエンジンは静かで排気ガスがクリーンで話題になっています。最高出力は175馬力でトルクは4.0L車並の42.8kgmを発揮しながら18.0km/Lの低燃費を実現しています。

これまでのクリーンディーゼルは大型車を含めて尿素を用いて排ガス浄化装置でススを燃焼させ、排ガスをキレイにする措置が不可欠でした。しかし、マツダは14.0という低圧縮かつ燃焼効率の向上させ、ディーゼルのすすはDPFフィルターで収集しエンジンの熱で自動燃焼させる仕組みでクリーンな排ガスを実現しました。これがスカイアクティブDです。特別な装置を必要としないためコストも低く抑えました。NOxは0.08g/km、PMは0.005g/kmで欧州で定める厳しい基準ユーロ6に対応しています。

停車時のアイドリング音は車内ではかすかにコロコロと音がする程度で、走りだすとディーゼルを全く意識することが無くなります。軽くアクセルほ踏みこむだけでシューンと加速しあっという間に80km/hまで加速してしまいますので、街乗りではパワーをもてあまします。

ミラーサイクルガソリンエンジンのスカイアクティブGも魅力

XDと比較して約40万円価格が安くなる20Sも魅力的です。ガソリンエンジンもスカイアクティブGと呼ばれるマツダの技術が入ってます。ガソリン車では13.0の高圧縮で直噴エンジンのミラーサイクル(アトキンソンサイクル)エンジンです。高圧縮でも点火タイミングを調整して不完全燃焼を防止しています。燃費も16.0km/Lと良好です。ディーゼル車選択時の価格はガソリン車選択時の価格に比べ約40万円あるため燃費で価格差は解消できませんので、ディーゼルにこだわらなければお買い得感はガソリンモデルにあります。

2.0Lエンジンでもストレスなく乗ることができますが、高速や山間部までゆとりをもってドライブ可能な2.5Lエンジンもおススメです。瞬発力、軽快感、回す楽しみはディーゼルより高く価格面でもディーゼルより安いですので最後まで悩み選択となります。

上質かつスポーティな内装



出典 http://www.mazda.co.jp/cars/cx-5/grade/?link_id=xd#cx-5
新型CX-5のインテリアは先代モデルと似ています。全体的にダッシュボードを低く抑えマツダコネクトの7インチWVGAセンターディスプレィのみが飛び出るスタイルです。7インチWVGAセンターディスプレィを全車標準装備しています。販売店オプションのSDカードを購入するだけでナビゲーション機能が利用でき便利です。

エアコン操作パネルもスポーティなデザインで使い勝手も良好です。高級車に装備される左右独立温度調整式オートエアコンは全車標準装備です。センターコンソール横や助手席グローブボックス下部付近はプラスチック感で出ますが普段目に着く所はしっかりと造り込まれて上質な内装になっています。

フロントシート、リヤシートとも大きめでゆったりサイズになっています。リヤシートはシートアレンジも多彩で多くの荷物も積むことが可能です。リヤシートのクッション長はフロントシートとほとんど変わらないサイズでゆったり乗車可能でSUVスタイルのため頭上空間にも余裕があります。

安全装備は強化 アドバンスドスマートシティブレーキサポート

新型CX-5は80km/hまで対応可能な衝突軽減の自動ブレーキシステムを全車標準装備しました。カメラを用いたシステムで歩行者認識機能も装備しています。先代モデルは追突防止レベルの性能だった自動ブレーキシステムは大きな進化を遂げています。国土交通省と独立行政法人自動車事故対策機構(NASVA)が実施する予防安全性能アセスメントにおいて、最高レベルの先進安全車「ASV++」を獲得しました。

PROACTIVE以上では車線を逸脱したときに警報としてお知らせする車線逸脱警報装置も装備され、ステアリングアシストも装備します。さらに前車追従型クルーズコントロールは0から100km/hまで作動し前車が停止した場合には停止保持機能によりそのまま停止し前車が発進した場合にはそのまま設定速度以内で追従走行します。カメラを利用した標識認識機能も装備し、一時停止や進入禁止の標識を読み取りフロントガラス下部に装備されるアクティブドライビングディスプレイに表示します。

出典 http://www.mazda.co.jp/cars/cx-5/feature/safety/i-activsense/?link_id=sbnv

エクストレイルやフォレスター、C-HRで競合

目標は総額20万円 値引き拡大中

新型CX-5の値引きはフルモデルチェンジ当初は一桁値引きでしたが徐々に拡大傾向にあり、車両本体価格から10万円、付属品やメンテナンス等のサービスパックから5万円の15万円の値引きが出てきています。これから年度末商戦になればさらに条件は緩くなり20万円以上の値引きが期待できます。

ポイントは3月末までに登録可能なクルマです。登録実績のため年度内登録が値引き獲得の大きなカギになります。色、グレード、メーカーオプションの装備品が合致する場合にはどんどん値引き交渉していきましょう。

低燃費で魅力的なライバル車が続々登場

日産エクストレイルハイブリッドが競合には最適です。価格帯はCX-5ガソリンモデル2.5L車と同等価格帯でエクストレイルノーマルガソリンモデルならCX-5ガソリンモデル2.0Lと同等価格帯です。エクストレイルの値引き額は拡大傾向にありCX-5よりも値引き額は10万円多くなる傾向ですので競合には最適です。安全面ではアイサイトを搭載するスバルフォレスターです。4WDのみのラインナップのフォレスターはターボモデル以外は最上級でも270万円を切る価格で値引きも期待できますので競合可能です。

ハイブリッドモデルにはトヨタハリアーハイブリッドも有効ですが、新型のC-HRを忘れずに競合させましょう。プリウスベースのSUVは人気も高く値引きは厳しいものの燃費性能は抜群です。

下取車がある場合には査定額もしっかりチェック

下取り価格はあくまでも下取り価格。鵜呑みにしないで買取店一括査定申込みで最高額で手放しましょう。買取店買取価格と下取り価格がほとんどかわらずの場合は下取りに出すことをおススメします。自動車税未経過分やリサイクル料金の込別など細かい点もしっかりチェックしましょう。買取店が若干高くても自動車税未経過分やリサイクル料金込みの価格が一般的ですので注意が必要です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

2017人気新車比較!スズキワゴンRスティングレー・ダイハツムーヴカスタムターボモデルを徹底的にくらべます!

軽自動車の人気スポーティモデルスズキワゴンRスティングレーとダイハツムーヴカスタムのターボモデルを徹底比較します。

エアロバンパーやLEDヘッドライトなど人気の装備でカッコよく決まっている両車は老若男女問わず人気です。装備内容や内装の質感は普通車から乗り換えても安っぽさが感じられず、ターボモデルなら街乗りから高速までキビキビした走りでダウンサイジングユーザーにも人気です。

写真 ワゴンRスティングレーT
出典 http://www.suzuki.co.jp/car/wagonr_stingray/detail/

写真 ムーヴカスタムRS SA2
出典 http://www.daihatsu.co.jp/lineup/move_custom/03_exterior.htm

エクステリア比較

ワゴンRもムーヴも外観デザインはノーマル系は大人しく、カスタム系グレードはエアロバンパーを採用するなどワイルドなデザインです。特にワゴンRはノーマル系は四角のヘッドライトですがスティングレーは縦長のヘッドライトになりアメリカンテイストを感じさせています。ムーヴはLEDヘッドライトに加えライト外枠を囲むようにLEDのクリアランスランプが装飾されるように点灯しワイルド感を出しています。

ワゴンRスティングレーTのスペック

全長3,395mm 全幅1,475mm 全高1,650mm
車両重量800kg
LEDヘッドライト(オート機能付)
LEDフロントフォグランプ
15インチアルミホイール タイヤサイズ165/55R15
最小回転半径 4.6m

ムーヴカスタムRS SA2のスペック

全長3,395mm 全幅1,475mm 全高1,630mm
車両重量850kg
LEDヘッドライト(オート機能付)
LEDフロントフォグランプ
15インチアルミホイール タイヤサイズ165/55R15
最小回転半径 4.7m

両車とも全長全幅は軽自動車枠いっぱいのサイズで全高はワゴンRが20mm高い。見た目はほとんど一緒のスペックです。ヘッドライトも最新のLED方式を両車採用し夜間のまとまり感が高くなっています。アルミホイールもターボモデルは15インチのため両車共通でデザインの違いのみのため同等です。

ターボモデルはノーマルエンジンモデルは15インチホイールを採用していますので最小回転半径は大きめになります。0.1mワゴンRスティングレーが小回り性能に優れています。しかし軽自動車としては少々大きめですのでコンパクトカーと同等の取回し性能と考えた方が良いです。

運動性能比較

ワゴンRもムーヴもノーマルエンジンとターボエンジンを用意しています。スポーティで走りに余裕があるターボエンジンは両車ともキビキビ走行してくれます。新型ワゴンRスティングレーTはマイルドハイブリッドとターボの組み合わせです。

ワゴンRスティングレーTのスペック

エンジン 直列3気筒12バルブDOHC
燃費対策 ハイブリッドシステム、充電制御付アイドリングストップ装置、可変バルブタイミング、電動パワーステアリング、ロックアップ機構付トルコン、自動無段変速CVT
最高出力64馬力/6,000回転
最大トルク10.0kgm/3,000回転
モーター出力 3.1馬力
モータートルク 5.1kgm
JC08モード燃費28.4km/L
トランスミッションCVT
ブレーキ(前/後)ベンチレーテットディスク/リーディングトレーリングドラム
フロントサスペンション マクファーソンストラット(スタビライザー付)
リヤサスペンション トーションバー式(スタビライザー付)

ムーヴカスタムRS SA2のスペック

エンジン 直列3気筒12バルブDOHC
燃費対策 充電制御付アイドリングストップ装置、可変バルブタイミング、電動パワーステアリング、ロックアップ機構付トルコン、自動無段変速CVT
最高出力64馬力/6,400回転
最大トルク9.4kgm/3,200回転
JC08モード燃費27.4km/L
トランスミッションCVT
ブレーキ(前/後)ベンチレーテッドディスク/リーディングトレーリングドラム
フロントサスペンション マクファーソンストラット(スタビライザー付)
リヤサスペンション トーションビーム(スタビライザー付)

街乗りでの使い易さ、動力性能はワゴンRにアドバンテージがあります。最高出力のスペック上は同じですが、出足の加速感ではワゴンRの方がより低回転でパワーが出るのに加え、モーターアシストがあるため使い易さを感じます。ワゴンRは発進時にモーター発進が可能になり低燃費に貢献するのみでなく、エンジン始動音が静かになりました。エンジン再始動の際にはムーヴが金属音が聞こえるのに対して、ワゴンRは静かです。ワゴンRは車両重量が軽いことも街乗りの軽快感を更に高めています。

走行安定性は両車リヤサスペンションにも左右のねじれを調整するスタビライザーを装備することによりカーブでの安定感が抜群です。ムーヴは段差を乗り越える際にもしなやかで軽自動車とは思えない乗り心地を実現しています。また、両車フロントブレーキには2枚合わせで放熱性に優れたベンチレーテッド式を採用し高速走行からのブレーキングも安心です。ムーヴはターボ無しモデルでもフロントベンチレーテッドディスクブレーキを採用していますので乗り心地をトータルでみると若干ムーヴカスタムにアドバンテージがあります。

燃費性能はハイブリッドシステムを持つワゴンRにアドバンテージがあります。実際の燃費でもモーターアシストを持つワゴンRが燃費性能では有利です。しかし、高速走行になれば両車大差無くなります。街乗りなら加速感の強さと燃費の良さでワゴンR、長距離なら走行安定性でムーヴにメリットがあります

室内・使い勝手比較



ワゴンRスティングレーTのインテリア
出典 http://www.suzuki.co.jp/car/wagonr_stingray/interior/


ムーヴカスタムRSのインテリア
出典 http://www.daihatsu.co.jp/lineup/move_custom/04_interior.htm

ワゴンRもムーヴもインテリアの質感は高く軽自動車と思えない充実装備が魅力です。コンパクトカーと同等の質感を持っています。2000ccクラスのセダンから乗り換えても全く安っぽさが感じないのが魅力です。

ワゴンRスティングレーTの装備

プッシュコントロール式オートエアコン
自発光式メーター
ナビ装着時は8.0インチモニター
リヤシート独立スライド&リクライニング

出典 http://www.suzuki.co.jp/car/wagonr_stingray/luggage/

ムーヴカスタムRS SA2の装備

プッシュコントロール式オートエアコン
自発光式メーター
ナビ装着時は8インチモニター
リヤシート独立スライド&リクライニング

出典 http://www.daihatsu.co.jp/lineup/move_custom/04_interior.htm

装備内容は両車共通ですが、エアコンコントロールパネルやメーターパネルの上質感はムーヴにアドバンテージがあり高級感を感じます。ワゴンRは直線基調でスッキリしていますが、プラスチック感が隠せません。また、センターメーターを採用し視認性は良好ですがスポーティさと質感はムーヴカスタムにアドバンテージがあります。ナビは値引き交渉のやり易い販売店装着オプションで8インチのワイド画面がポイント。販売店オプションなら値引き拡大の材料になりますので積極的に選びましょう。純正品ですのでスッキリ装着可能です。

リヤシートは両車左右独立リクライニング&スライド機能を持ち使い勝手は抜群です。シートスライド量はムーヴが240mmのロングスライド機能を持っています。ワゴンRのスライド量は公表値はありませんが使い勝手に大差ありません。スライド量を重視するユーザーにはムーヴがおススメですが、写真の通りシートバックを倒した際にはムーヴはワゴンRのようにフラットにはなりません。ワゴンRはシートバックに連動して座面もスライドするためです。ムーヴはシートバックを倒しても座面は固定です。

シートの座り心地は個人差はあるかもしれませんが、ムーヴのシートが少々硬めです。フロントシートは両車サイズも問題なく疲れにくいシートですが、リヤシートは自然な姿勢がキープできるのはワゴンRでした。シートクッションの微妙な差ではありますが体形で個人差が出るかもしれませんので、展示車で確認してみる必要があります。リヤシートのシートバックはワゴンRに余裕があり座り心地も良好です。両車とも頭上空間、足元空間は余裕でコンパクトカー同等以上の快適さを確保しています。

安全性能比較

安全性能比較は自動ブレーキシステムを含む先進安全装備両車標準装備されます。先代モデルまでのワゴンRの自動ブレーキは30km/hまでの追突防止の性能しかありませんでした。しかし、新型は衝突軽減ブレーキは80km/hまで対応し警報は100km/hまで対応します。歩行者にも衝突軽減ブレーキを作動させることが可能になりました。

スマートアシスト2を装備するムーヴカスタムは国土交通省と独立行政法人自動車事故対策機構(NASVA)が実施する予防安全性能アセスメントにおいて、ムーヴは「ASV+」を軽自動車初の獲得で一歩先を行くようですが、衝突軽減ブレーキ性能は50km/hまでクルマに対しては100km/hまでの速度に対応し衝突防止警報が作動します。歩行者に対しては衝突軽減ブレーキは作動しません。歩行者は認識しますが警報のみです。ワゴンRのデュアルセンサーブレーキサポートが一歩先を行きます。

サイド&カーテンエアバックはワゴンRスティングレーTには標準装備されます。その他のワゴンRにはオプション設定すらありませんのでグレード選択時には注意が必要です。 スマートアシスト2装着車限定ですがムーヴカスタムにもサイド&カーテンエアバックはオプション設定されますので装着可能です。ホンダN-WGNの安心パッケージにはサイド&カーテンエアバックは標準装備されますので、ワゴンRには幅広いグレードで装備して欲しい装備です。

車両本体価格比較

ワゴンRスティングレーT 2WD 1,658,880円
ムーヴカスタムRS SA2  1,603,800円

車両本体価格は5.5万円ワゴンRスティングレーが高い設定です。しかし、ムーヴカスタムにサイド&カーテンエアバックを装備すると64,800円プラスされますので、サイドエアバック装備時にはワゴンRが若干安くなります。ほぼ同等価格と考えて問題ありません。

街乗りの動力性能と静粛性、燃費性能、シートアレンジ時の使い勝手とリヤシートの乗り心地をどちらかと言えば重視するならワゴンRスティングレー、長距離移動時の安定感とインテリアの上質感と先進安全性能をどちらかと言えば重視するならムーヴカスタムを選ぶことをおススメします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

トヨタヴォクシー&ホンダステップワゴン人気ミディアムスポーティミニバン徹底比較

ミディアムクラスミニバンで最もスポーティなデザインの2台を比較します。トヨタノアやエスクァイアとプラットフォームを共有しつつ最もスポーティなデザインで人気なヴォクシーZSとクラス唯一のダウンサイジングターボエンジンを搭載するホンダステップワゴンのスポーティモデルスパーダを徹底比較します。

ヴォクシーは2014年1月にフルモデルチェンジしたのち2016年1月に衝突軽減ブレーキを含むトヨタセーフティセンスCを搭載したモデルを設定するなど改良されています。ステップワゴンは2015年4月にフルモデルチェンジを実施。1.5Lに排気量をダウンさせターボを搭載。ハイブリッドではなくダウンサイジングターボを選択しました。2016年5月の小変更で衝突軽減ブレーキと車線維持システムを搭載したホンダセンシングを廉価グレード以外に標準装備するなど安全面も充実しています。

写真 ヴォクシーZS 7人乗り
出典 http://toyota.jp/voxy/grade/grade3/

写真 ステップワゴンスパーダ
出典 http://www.honda.co.jp/STEPWGN/webcatalog/type/gasoline/

エクステリア比較

ヴォクシーZSは大型エアロバンパーやクリアレンズを多用しワイルド感を全面に出しています。ワイドボディで僅かに3ナンバーサイズになるボディは基本的には5ナンバーサイズのため取り回しの良さは抜群。ヴェルファイアに雰囲気が似たデザインも人気です。

ステップワゴンはヴォクシーと比較し少々大人しめな印象のエクステリア。リヤゲートは「わくわくゲート」と呼ばれるゲートが備わり観音開き方式とこれまで通り下から上に開く方式の両方が可能になっています。狭い場所での荷物の出し入れが可能で、ワクワクゲートから乗り降りも可能です。

グレード選択はヴォクシーの場合にはエアロパーツが装備されたスポーティモデルZSを、ステップワゴンの場合もエアパーツ、16インチアルミホイールを装備するスパーダを選択しました。どちらのグレードもリヤオートエアコンは未装備のためリヤオートエアコンを装備の場合にはヴォクシーはZS煌シリーズ、ステップワゴンはスパーダクールスピリッツを選ぶことをおススメします。

ヴォクシーZS 7人乗りのスペック

全長4,710mm 全幅1,730mm 全高1,825mm
車両重量1,620kg
LEDヘッドライト(オート機能付)
左側パワースライドドア装備
デュアルパワースライドドアはメーカーオプションで59,400円
16インチアルミホイール タイヤサイズ205/60R16
乗車定員 7名
最小回転半径 5.5m

ステップワゴンスパーダのスペック

全長4,735mm 全幅1,695mm 全高1,840mm
車両重量1,690kg
LEDヘッドライト(オート機能付)
両側パワースライドドア装備
16インチアルミホイール タイヤサイズ205/60R16
乗車定員 7名
最小回転半径 5.4m

両車運転席からのアイポイントが高く、見晴しが良く運転がし易いクルマです。紹介するおススメモデルは自動ブレーキも標準装備され安心です。さらにLEDヘッドライトも標準装備されます。ヴォクシーは左側パワースライドドアに対し、ステップワゴンは両側パワースライドドアが標準装備され使い勝手が良好です。ヴォクシーはオプション選択可能です。

取回し性能はほぼ同等

どちらも16インチホイール装着し最小回転半径ヴォクシーは5.5m、ステップワゴンは5.4mです。若干ステップワゴンの数値が上回りますが取回し性能はほぼ同等です。

どちらもエアロパーツで3ナンバー

基本5ナンバーサイズのヴォクシーとステップワゴンですがヴォクシーは長さと幅、ステップワゴンは長さで3ナンバーとなります。ノーマル系グレードは5ナンバーですが、3ナンバーお断りの都市部の駐車場、立体駐車場はダブルで断られる可能性があります。

運動性能比較

ヴォクシーは2.0Lガソリンエンジン、ステップワゴンは1.5Lターボエンジンを搭載。瞬発性と日常域トルクはステップワゴンが使い易い印象があります。両車JC08モード燃費は16.0km/Lと同じスペックです。

ヴォクシーZS 7人乗りのスペック

エンジン 直列4気筒16バルブDOHC
総排気量   1.986L
燃費対策 充電制御、アイドリングストップ装置、可変バルブタイミング、電動パワーステアリング、自動無段変速
最高出力152馬力/6,100回転
最大トルク19.7kgm/3,800回転
JC08モード燃費16.0km/L
トランスミッション 電気式無段変速
ブレーキ(前/後)ベンチレーテッドディスク/ディスク
フロントサスペンション マクファーソンストラット(スタビライザー付)
リヤサスペンション トーションビーム式(スタビライザー付)

ステップワゴンスパーダのスペック

エンジン 直列4気筒16バルブDOHC
総排気量   1.496L
燃費対策 筒内直接噴射、アイドリングストップ装置、可変バルブタイミング、電動パワーステアリング、自動無段変速
最高出力150馬力/5,500回転
最大トルク20.7kgm/1,600~5,000回転
JC08モード燃費 16.0km/L
トランスミッション CVT
ブレーキ(前/後) ベンチレーテッドディスク/ディスク
フロントサスペンション マクファーソンストラット(スタビライザー付)
リヤサスペンション 車軸式

ステップワゴンはより運転が楽しめる

パワーの面ではステップワゴンにアドバンテージを感じます。最大トルクを発揮する1,600~5,000回転は日常使う領域をほぼカバーしています。感覚的には2.4Lエンジンのクルマに乗っているような力強さで発進加速と中間加速がスムーズです。ヴォクシーも3,800回転で最大トルクを発揮しますが、定速巡航からの再加速時にトルク感が不足しステップワゴンに比べると、もたつきを感じます。高速走行でも加速感はステップワゴンが有利で燃費も排気量が少ないステップワゴンが良い傾向にあります。

足回りの違いは乗り味で選ぼう

ハンドリング性能はほぼ同等と感じます。ヴォクシーは低床化に伴い新プラットホームを採用しました。もともと低床化されていたステップワゴンと同じスタイルになりました。ステップワゴンは先々代から共通のプラットホームを使用し若干の設計の古さも感じます。

直進安定性は前輪と後輪の間隔ホイールベースが長いステップワゴンが優れ、乗り心地はリヤサスペンションにスタビライザーを設けたヴォクシーが優れリヤタイヤの接地感が高くなっています。また、ヴォクシーはリヤタイヤの接地感が高いのみでなくフロントサスペンションのゴツゴツ感もヴォクシーは少なく感じます。スポーティな乗り心地はステップワゴン、ソフトで落ち着いた乗り心地はヴォクシーがおススメです。

税制面で有利なダウンサイジングターボ

税制面ではステップワゴンにアドバンテージがあります。排気量が1.5Lに満たないためヴォクシーよりも自動車税が年額5,000円安くなります。さらにエコカー減税は、ステップワゴンが取得税60%重量税50%の減税でヴォクシーのノーマルエンジン車は取得税40%重量税25%の減税になりますのでステップワゴンの減税率が高くなります。

ステップワゴンのポイント

ミニバン購入のカギを握っているのは奥様であるケースは少なくありません。あまりクルマに詳しくない場合、ターボ=パパ好みの燃費悪いクルマ、ハイブリッド=燃費が良いクルマのイメージが強く、ハイブリッドならすんなり受け入れられますがターボはなかなか受け入れてもらえません。低排気量の燃費性能と税制面、ハイブリッドに対する車両価格のお求め易さをアピールしましょう。ヴォクシーなら少々価格は高くなりますがハイブリッドに方向性を向けることも大切です。

室内・使い勝手比較



ヴォクシーZS 7人乗りのインテリア
出典 http://toyota.jp/voxy/grade/grade3/

ステップワゴンスパーダのインテリア
出典 http://www.honda.co.jp/STEPWGN/webcatalog/interior/design/

シートアレンジはヴォクシーがおススメ

7名乗車モードなら両車シートの使い勝手には違いがありません。サードシートの使い易さはヴォクシーにアドバンテージがあります。ヴォクシーのサードシートの格納は簡単に跳ね上げが可能で格納後には出っ張り部分が少なく邪魔になりません。ステップワゴンのサードシート格納はラゲッジルーム床下格納になります。見た目はスッキリしますが荷物があれば一度降ろして格納しなければなりません。また、シートを使用する場合も同じです。

セカンドシートの快適性もヴォクシーにアドバンテージがあります。サードシートクッションまで迫るロングスライド機能を装備し足元広々空間が生まれます。ステップワゴンはセカンドシートのスライド幅も少なくシートアレンジの多様性では少々不満な面があります。

サードシートのクッション奥行の長さはヴォクシーが435mm、ステップワゴンは415mmで20mm長いヴォクシーのサードシートの方が乗り心地は良好。たかが20mmと思いつつも実際に太もも部分のサポート性が全く違ってきます。運転席とセカンドシートは500mm近くあるためその差は歴然です。先代ステップワゴンのサードシートは475mmの奥行があり先代モデルにゆとりがあるのは確かです。足元を広く見せる戦法に要注意。実際に座って納得して選びましょう

ヴォクシーZS 7人乗りの装備

左右独立温度調整式オートエアコン+リヤクーラー
本革巻ステアリング
自発光式メーター
セカンドシート(リクライニング&スライド式)、サードシート(リクライニング式)ベンチ式シート

出典 http://toyota.jp/voxy/interior/indoor_space/

ステップワゴンスパーダの装備

プッシュコントロール式オートエアコン+リヤクーラー
本革巻ステアリング
デジタル式メーター
セカンドシート(リクライニング&スライド式)、サードシート(リクライニング式)
ワクワクゲート(フルオープン可)

出典 http://www.honda.co.jp/STEPWGN/webcatalog/interior/wakuwakugate/

両車インテリアはキレイにしっかり造り込まれていますので両車とも質感は高いレベルです。プラスチック感を感じないステップワゴンが少々上質な印象です。エアコン操作部はステップワゴンにすっきり感があり操作性に優れています。ヴォクシーは丸基調のデザインで各スイッチが小さ目です。両車とも左右独立温度調整機能が付いていますので上級セダンと同等の装備内容です。

リヤオートエアコン希望ならグレード変更がおススメ

リヤエアコンはクーラー機能のみでリヤオートエアコンで暖房も欲しいユーザーはグレードを変えるかオプション選択しましょう。ヴォクシーはZSの場合寒冷地仕様とセットでオプション、またはZS煌の特別仕様車を選びましょう。両側パワースライドドアと、リヤオートエアコンをオプション選択する場合にはZS煌をおススメします。ZSグレードオプション選択時と比較して若干お求めやすい価格になります。

ステップワゴンの場合にはリヤリヤオートエアコンで暖房も欲しいユーザーはグレードを変えましょう。クールスピリッツに変えるとリヤオートエアコンが装備されます。通常のスパーダにはオプション設定がありませんので注意しましょう。

使い勝手は両車個性あり!使い易いのはどっち?

ヴォクシーはサードシート跳ね上げタイプでステップワゴンは床下格納タイプと両車格納方法が違います。荷室のアレンジのし易さは跳ね上げタイプのヴォクシーです。ステップワゴンのワクワクゲートは狭い場所でも荷物の出し入れが可能です。リヤゲートの使い易さはステップワゴンが優れています。しかし、複数方向に開くドアの耐久性に不安はあります。展示車試乗車で両車確認し使い易いクルマを選びましょう。

安全性能比較

安全性能比較は自動ブレーキシステムを含む先進安全装備の性能を比較。
ステップワゴンに装備されるホンダセンシングにアドバンテージがあります。ヴォクシーのレーダー方式に対しより精度の高いミリ波レーダー方式を採用しています。また、サイド&カーテンエアバックも標準装備されます。

ヴォクシーZSにはトヨタセーフティセンスCを装備しています。レーダーレーザー方式+単眼カメラを採用したシステムのため自動ブレーキアシストの作動速度が80km/hまで、警報機能は140km/hまでです。高速域まで幅広いアシストが実現します。また、車線逸脱警報が装備されました。しかし歩行者認識はされず、サイド&カーテンエアバックは48,600円で全グレードにオプション設定です。ステップワゴンに装備され、長距離ドライブに重宝するクルーズコントロールも未装備です。

ステップワゴンのエマージェンシーブレーキシステム、ホンダセンシングはミリ波レーダー+単眼カメラを使い、クルマの前方の状況を認識し5km/h以上の速度差があれば衝突軽減ブレーキを作動させます。80km/hまでは歩行者認識機能が働きます。100km/hまでは車線逸脱警報も装備し逸脱時にはステアリング補助操作も行います。前車の速度に応じて追従可能な前車追従型クルーズコントロールも装備し、進入禁止標識認識などの警報とサイド&カーテンエアバックが標準装備され安全装備面でヴォクシーに差を付けています

ヴォクシーは安全装備の強化を

現状はホンダの安全技術ホンダセンシングにも及びません。ヴォクシーについてはミリ波レーダー+カメラのセーフティセンスPの導入を検討して欲しい内容です。

車両本体価格比較

ヴォクシーZS 7人乗り 2,739,273円
おススメオプション デュアルパワースライドドア  59,400円
サイド&カーテンエアバック 48,600円
車両本体価格+おススメオプション合計額   2,845,273円

ステップワゴンスパーダ       2,840,000円
おススメオプション             0円
車両本体価格+おススメオプション合計額   2,840,000円

車両本体価格におススメオプションを加え両車できるだけ同等の装備内容にすれば価格差はなんと5273円。ほぼ同等の価格になります。シートアレンジの多様性とサードシートの使い勝手乗り心地を重視すればヴォクシー、先進安全技術の充実と前車追従型クルーズコントロールを装備し、高速走行と安全面を重視すればステップワゴンを選ぶことをおススメします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

新型トヨタパッソ(ダイハツブーン)新車価格情報と、値引き購入のコツ2016!

17パッソ外観
出典 http://carview.yahoo.co.jp/ncar/catalog/toyota/passo/F003-M001/image/?img=1

トヨタ パッソのスペック情報

トヨタ パッソの価格帯

1,150,200円~1,830,600円(税込)

トヨタ パッソのグレード情報

X、X-S、X Lパッケージ、X LパッケージS、X Gパッケージ
MODA、MODA S、MODA Gパッケージ
(ダイハツブーンはMODA→CILQにS→SA2にグレード名が変更)

編集部おススメグレード X LパッケージS  1,317,600円(税込)
オートエアコン、回生ブレーキシステム、アイドリングストップ機能、オートライト、追突防止の自動ブレーキシステムe-Assistの装備されたMがおススメです。Gはディスチャージヘッドライトと革巻ステアリングホイールが装備されますが約10万円の価格アップ。ディスチャージヘッドライトが欲しいユーザーはGがおススメです。車両重量が900kgと軽自動車並みの重さですので動力性能も問題なく十分の街乗り加速性能を持っています。また、アイドリングストップ機能も装備し25.4km/Lの低燃費でハイブリッド車の性能に近づいています。

軽じゃないK?軽自動車よりお買い得

新型パッソは「カイテキ・カワイイ・カッコイイ」をキャッチフレーズに頭文字を取ってKと表現しています。パッソはダイハツブーンと兄弟車で製造はダイハツ製。相手先ブランド生産のOEMに相当するのですが、ダイハツはトヨタのグループ会社でもありますので兄弟車の表現がピッタリです。

価格は軽自動車並み

パッソの車両価格は軽自動車並みの価格です。同じダイハツ製の軽自動車キャストスタイルのターボ無しのGグレードとXグレードの中間に位置するのがパッソのおススメグレードX LパッケージSです。維持費を大きく異なるのは年間自動車税で金額は約2万円差。室内の広さと動力性能のゆとりを考慮すればパッソはお買い得です。

2種類のデザインで個性を表現

新型パッソは標準モデルの他にパッソMODAと呼ばれるグレードを用意。ヘッドライトデザインを専用デザインとしてLEDヘッドライトを標準装備。各部にシルバー加飾を採用、足回りにはアルミホイールを装着しリヤコンビネーションランプはクリアレンズを採用するなどオシャレでスポーティーなクルマに仕上がっています。若い女性の好みをつかんだ一台と言えます。

登録車ガソリンエンジンNo.1の低燃費

新型パッソはハイブリッドシステムを使わないガソリンエンジン登録車(普通車)で最も低燃費(登場時)のJC08モード28.0km/Lの低燃費を実現。圧縮比を高め排出ガス再循環システムクールドEGR、アイドリングストップ機構、可変バルブタイミング機構を取り入れたダイハツ製1KRエンジンです。

軽自動車並みの燃費で普通車のゆとり

新型パッソの燃費はダイハツキャストのノーマルエンジンの30km/Lに2km/Lまで迫っています。1000ccのゆとりによりキャストよりも高出力のためアクセル開度が少なくてもスムーズに加速。実際には同等の燃費、長距離高速域では燃費が逆転するケースも考えられます。

シンプルだが広さは普通車のインテリア

17パッソ内装a
17パッソ内装b
出典 http://toyota.jp/passo/grade/grade2/
パッソのインテリアは軽自動車がベース。しかし幅が広い分ゆとりがあります。軽自動車のキャストに比べるとオシャレな加飾はありませんが機能性重視のシンプルなインテリアです。Lパッケージ以上にはプッシュコントロール式のオートエアコンを採用。操作パネルは軽自動車のオートエアコン装着車と同じデザインです。

ノーマルパッソは一眼式のメーターで軽自動車でもタコメーターが標準化される中シンプル過ぎる印象もありますが、パッソMODAはタコメーター付自発光式メーターが標準装備されます。インテリアを少しでもオシャレにスポーティーに決めたいならMODAを選択しましょう。

リヤシートは普通車のゆとり

リヤシートの乗り心地は軽自動車に比べゆとりがあります。座面クッションも厚みがあり頭上空間も十分な広さが確保されています。3名乗車時の中央席ヘッドレストも装備され、安全性も確保されています。

先進予防安全はスマートアシスト2

新型パッソに装備される先進予防安全システムはスマートアシスト2と呼ばれるダイハツの名称を採用。トヨタのセーフティセンスCではありません。レーダーレーザーと単眼カメラで車両、歩行者を認識し車両に対しては時速100キロまでの速度域をカバーする優れた装備。また、単眼カメラにより白線を認識することにより車線逸脱防止警報も装備します。

ブーン、マーチで競合しよう!

総額10万円の値引きを目指そう!

新型パッソの値引きは車両本体価格から8万円、販売店装着のナビゲーションシステムを選択して2万円前後のオプション値引きで合計10万円前後の値引きを目標にしましょう。フルモデルチェンジしたばかりのため条件は少々厳しい印象です。下取り車がある場合には下取り価格と値引きは必ず分けて見積もりをしましょう。下取り価格を抑えて値引きが多いかのように見せかけられる可能性もあります。また、買取店同士競合させ高価買取を狙い支払総額を少なくする努力も忘れずに行いましょう。買取店に今のクルマを売却するとこにより下取り車に関する諸費用が全てカットされます。他にも車庫証明関係費用と納車費用のカットも忘れずに行いトータルでさらにプラス2万円の値引きが狙えます。

兄弟車ブーンがベスト 日産マーチも有効

競合車種はダイハツブーンがベストです。基本性能は全く同じで兄弟車のブーンは強豪にはピッタリです。パッソはトヨタカローラ店の専売車種でダイハツはトヨタグルーブと言っても各地域のダイハツ販売店は資本が異なるため競合可能です。
マーチは1.2Lエンジン搭載ながらエントリーモデルは110万円台からとお求めやすい価格設定で値引き額もパッソより多くなる傾向にあります。マーチのXグレードの見積でマーチと同額または安いならパッソを買いますと伝えてみるのも手です

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

新型マツダアテンザワゴン新車価格情報と、値引き購入のコツ2016!

05-06アテンザ改
出典 http://carview.yahoo.co.jp/ncar/catalog/mazda/atenza-wagon/F001-M004/image/?img=1

マツダ アテンザワゴンのスペック情報

マツダ アテンザワゴンの価格帯

2,764,800円~3,969,000円(税込)

マツダ アテンザワゴンのグレード情報

20S、20Sプロアクティブ、25S Lパッケージ
XD、XDプロアクティブ、XD Lパッケージ
XDシリーズに4WD車を設定

編集部おススメグレード XDプロアクティブ 3,969,000円(税込)

追突防止のスマートシティブレーキサポートは全車標準装備ですが、車線逸脱防止警報が標準装備でAT誤発進機能を後退時まで制御する機能がオプションで装備できるプロアクティブ以上がオススメ。標準モデルとの価格差は予防安全装備の差のため、安全装備は全て共通で標準化して欲しい装備です。標準の20SやXDには車線逸脱防止警報やAT誤発進機能を後退時まで制御する機能はオプションですら装備できません。エンジンは2.0Lガソリンエンジン車より約40万円高価となりますが、動力性能と環境性能を見るとクリーンディーゼル車がオススメです。

レザーシートにこだわりが無く、乗り心地を優先するなら17インチアルミホイールのプロアクティブがオススメ。Lパッケージは19インチアルミホイールのため外観は良いのですが乗り心地が硬めで街乗りではバタつき感が否めません。レザーシートにこだわりが無いなら、クリーンディーゼルのXDプロアクティブがオススメグレードです。

数少ないLサイズステーションワゴン

かつては日産ステージアやトヨタマーク2ブリッド、クラウンエステートなどLサイズステーションワゴンが数多くありましたが、ミニバン人気に押されトヨタアベンシスと一回りコンパクトですがスバルレヴォーグとアテンザワゴンしかありません。アテンザワゴンはひと目でマツダ車とわかるマツダデザインを採用しスポーティなデザイン。セダンの走りの良さをそのままワゴンにしたクルマです。

二種類のガソリンエンジンとクリーンディーゼルエンジン搭載

お求め易さなら2.0Lガソリンモデル

アテンザワゴンで300万円を切る車両価格は2.0Lガソリンモデルのみ。圧縮比を13.0まで高め燃焼効率を高めたミラーサイクルエンジンを採用。6ATとの組み合わせでJC08モード燃費は17.4km/L。燃費性能は標準レベルで街乗りでの使い易さの目安ともなるトルクは最大で20.0kgmとこちらも標準レベルです。

しかし発生するエンジン回転数は4,000回転で少々高め。車両重量が1.5tを下回る重量でもパワー不足を感じる場面が多く感じます。動力性能に問題ない2.5Lエンジン搭載車はLパッケージのみでプロアクティブよりも40万円以上も高くなります。街乗り重視であまり走行距離を走らないユーザーなら初期投資の安い2.0Lガソリンモデルがオススメです。

燃費とパワーを両立のクリーンディーゼルエンジン

わずか2000回転で最大トルクを42.8kgmを発揮する2.2LスカイアクティブDと呼ばれるクリーンディーゼルターボエンジンはJC08モード燃費は18.2km/Lと低燃費。4.0L車並みのパワーと1.5L車並みの燃費は魅力的です。走り出したら全くディーゼル独特のカラカラ音が聞こえません。逆に高いレベルの静粛性を保ちエンジンをあまり回さなくてもグングン加速します。

低燃費でスポーティな走りが楽しめるクリーンディーゼルエンジンは魅力的でアテンザワゴンの6割以上で選ばれています。

スポーティな内装はマツダデザインを踏襲

出典 http://carview.yahoo.co.jp/ncar/catalog/mazda/atenza-wagon/F001-M004/image/?img=3
05-06アテンザ内装

高級感ではなく高い質感のインテリア。デザインはデミオからアテンザまで基本的なデザインは共通するのがマツダの特徴。

しかし、アテンザの内装はやはり上級車らしく質感が違う。インパネからドアトリムまでの造りが上質です。エアコンは左右独立温度調整式のオートエアコンで操作性も良くデザインもスポーティなダイヤル式です。フロントシートは自然なドライビングポジションがとりやすく運転する楽しみを味わえます。車幅が広い分運転席からの見切りには少々慣れが必要です。特に左後方の視界が良くありませんのでバックする際には十分注意しましょう。

アテンザワゴンは多くの荷物を積載可能な他、ルーフがテールエンドまで伸びてますので後席頭上空間が十分確保されるのも魅力のひとつです。

レヴォーグやアベンシスと競合で値引き拡大!

アテンザワゴンの値引きは車両本体価格から25万円、販売店装着のSDナビゲーションシステムをサービスしてもらうなど総額で30万円引きを目指しましょう。決算時期には値引き拡大傾向にありますので3月登録を目指して商談しましょう。

競合はレヴォーグが有効

競合にはスバルレヴォーグが一番オススメです。価格帯はほぼ共通ですがレヴォーグはガソリンエンジン+ターボのみで走行性能をアピール。予防安全技術アイサイトはマツダのスマートシティブレーキサポートより高いレベルの安全性能を備えています。レヴォーグのしっかり値引きの入った見積書を用意しアテンザワゴンの商談に臨みましょう。

中には「そこまで値引きして販売しません」とすぐに値引き交渉に応じなく販売店も少なくありません。その際には販売店を移動し、より条件を出してくれる販売店を探すことが大切です。2.0Sなどガソリンモデルを検討ならトヨタアベンシスと競合しましょう。同じ価格帯で高い質感のアベンシスは2.0Lエンジン同士なら有効です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0