新型ホンダフィット新車価格情報と、値引き購入のコツ2017!


出典 http://www.honda.co.jp/Fit/webcatalog/type/hybrid/

ホンダフィットのスペック情報

ホンダフィットの価格帯

1,428,840円~2,367,360円(税込)

ホンダフィットのグレード情報

13G F、13G Lホンダセンシング、13G Sホンダセンシング、15XLホンダセンシング、
RSホンダセンシング
HYBRID、HYBRID F、HYBRID Lホンダセンシング、HYBRID Sホンダセンシング
RSを除く自動変速車に4WD車設定あり
ガソリン車はCVT  HYBRID車は7速DCT(デュアルクラッチトランスミッション)

編集部おススメグレード HYBRID Lホンダセンシング 2,079,000円(税込)
13G Lホンダセンシング 1,653,480円(税込)
LEDヘッドライト、自動ブレーキを含むホンダセンシング、サイド&カーテンエアバック、ウインカー内蔵のドアミラーや6:4分割リヤシートを備えたLホンダセンシングがおススメです。ハイブリッドモデルもガソリンモデルも共通です。

マイナーチェンジに伴い従来の13Gグレードは廃止されハイブリッドのみHYBRIDのグレード名で13Gに相当するグレードがあります。ホンダセンシングやLEDヘッドライトの設定が無くドアミラーの電動格納機能がオプションなど装備が簡素化されますが、車両価格が1,699,920円のため低価格ハイブリッド車をお求めのユーザーにはおススメです。

飽きのこないデザイン

人気の3代目フィットがビッグマイナーチェンジ。登場から4年目を迎えエクステリアデザインの変更、自動ブレーキ性能を高速域まで拡大し、オデッセイなど上級車種と同様のホンダセンシングを搭載しました。

老若男女、誰が乗ってもフィットする飽きのこないデザインで幅広い世代に人気があります。価格帯は背の高い軽自動車と同価格帯のグレードもあり、軽自動車がパワー不足と感じるユーザを取り込んでいます。
通勤、通学や子供の送り迎え、友達同士4人でドライブなど室内空間も広く幅広く使えるクルマで生活にもフィットします。

立体駐車場もOK 全高1,525mm

都市部に多い立体駐車場は高さが制限されています。フィットは上限ギリギリですが立体駐車場の利用が可能なサイズです。3ナンバー制限の駐車場も少なく、フィットは5ナンバーサイズのため駐車場を選びません。

ハイブリットはアクアと並ぶ低燃費

37.2km/Lの低燃費でアクアを凌駕

トヨタのハイブリッドシステムのようにモーターのみでの走行が可能になった3代目フィット。クルマの燃料消費が一番大きいのは発進時です。その発進時に電気を使えば実際の燃費も大きく向上します。

マイナーチェンジでベーシックなフィットハイブリットHYBRIDグレードJC08モード燃費は37.2km/Lとトヨタアクアの数値を0.2km/L上回りました。ホンダセンシング搭載モデルは車両重量が増すため、おススメグレードのHYBRID Lホンダセンシングでは34.0km/Lの燃費です。これでも燃費の良い軽自動車と同等の数字ですので悪くはありません。

7速デュアルクラッチトランスミッション(DCT)採用

7速DCTがコンパクトカーフィットハイブリットに採用されています。
メリットは構造がマニュアル車と同じ構造でクラッチを自動制御しますので走行中はエンジンとギアは直結状態ですので燃費に貢献します。特に高速走行に最適で7速と多段化させた影響もありきめ細かい変速によるパワーダウンの低下と低回転化を実現しレスポンスにも優れています。CVTの苦手な部分を克服しました。

トヨタアクアは電気式無段変速でフィットとは異なります。アクアの場合、街乗りではモーター走行のメリットが十分引き出せ低燃費ですが、高速域では低出力のエンジンがフル稼働のため燃費は悪化します。フィットは高速域に有利で7速化したトランスミッションはマニュアル車と同様の構造のため伝達ロスがありません。さらにエンジン出力は110馬力と通常のガソリンエンジン車並みのパワーをキープしたままハイブリッドシステムを組み合わせていますのでパワー不足を感じさせず、低燃費を実現しています。
2個のクラッチが現在のギアの上下を常に準備しているため瞬時の変速と低ショックがDCTの魅力のひとつです。
CVTも同じですがDCTの欠点は、使っているうちにジャダーが出て不自然なショックが出てくる可能性が高いことです。通常のトルクコンバーターのATよりもずっと可能性が高くまた、DCTは構造が複雑なためわ保証期間が終われば修理代も高くなります。
CVTのギクシャク感は同じクルマの走行の少ない新しいクルマと年数が経ち距離が伸びているクルマを同時に乗り比べると違いが感じられます。

アトキンソンサイクル 1.3Lエンジンも進化

新型フィットの1.3Lエンジンは燃焼効率に優れた高圧縮タイプのアトキンソンサイクルエンジンを採用しています。燃費も24.6km/Lと背の高い軽自動車並みの低燃費です。
街乗り走行ではCVTとの相性も良く動力性能に不満有りません。1.3Lながら最高出力は1.5L並みのパワーのためアクセルを踏み込めば気持ちよく加速します。

トヨタヴィッツや日産ノートは直列3気筒エンジンに対してフィットは4気筒エンジンです。加速時のエンジンノイズの少なさは4気筒が有利で高い静粛性も確保しています。

上質な内装でライバル圧倒



出典 http://www.honda.co.jp/Fit/webcatalog/type/hybrid/
新型フィットの内装はソフトな材質のダッシュボードや視認性に優れた計器類が上質な印象を与えてくれます。同じクラスのトヨタ車はプラスチック感が高く質感はフィットが上です。マイナーチェンジによるインテリアの変更はほぼありません。

センタータンクレイアウトにより、フィットのリヤシートは足元空間が広くなっています。しかし前後席ともシートのクッション長は十分のスペックは確保されているが実際に座ると不足感があります。シートアレンジの関係で形状の差が影響しているのかと思われますが実際に展示車や試乗車で確認してみましょう。同じホンダの軽自動車N-WGNとリヤシートを比較すると広さに違いが無いことに気付いてしまいます。しかし、マツダデミオやスズキスイフトと比較すると明らかに広くなっています。足元空間のみなら日産ノートが一番広いのですが、シートの質感はフィットの質感が高く厚みがあります。

安全装備も充実したコンパクトカー

ホンダセンシングが生み出す安全技術

新型フィットの自動ブレーキシステムは、ミリ波レーダーとカメラをダブルで装備することにより、追突防止性能に加え歩行者を認識する機能を備えています。対応速度は80km/hまでとあらゆる走行シーンでサポートが可能です。また、前に障害物があれば誤発進を防止し、車線逸脱防止機能も備えステアリング操作をアシストする機能も装備させます。ウインカーが作動していないことや65km/h~100km/hまでの速度であることなど作動条件があります。
自動運転ではありませんので、あくまでも安全運転の補助として利用下さい。

前車追従型のクルーズコントロールも装備します。アクアやノートeパワーには無い装備で長距離移動の際には重宝します。アクアにも自動ブレーキシステムとしてトヨタセーフティセンスCが搭載されていますが、セーフティセンスCはレーザーレーダー式のため歩行者認識、前車追従型クルーズコントロール、車線逸脱時のステアリングアシストは装備されません。トヨタでこれらが装備されるのはセーフティセンスPです。フィットはひとクラス上の安全装備を手に入れました。

さらにサイドからの衝突から乗員を保護するサイド&カーテンエアバッグもホンダセンシング搭載車には標準装備され安全面で優れています。

競合はアクアとノートeパワーで決まり!ガソリン車は同クラス比較

ハイブリット車比較ならトヨタアクア、日産ノートeパワー、マツダデミオディーゼル、ガソリン車比較ならマツダデミオガソリン、日産ノート、スズキスイフトがピッタリです。
ハイブリット車なら同じハイブリットのアクア価格帯も同じで競合には最適です。また、デミオのディーゼルは燃費はハイブリットに一歩及びませんが燃料が軽油のため15%位燃料代が安くなります。その分も含めると十分競合し値引き獲得の材料になります。

トータル10万円を狙おう!

ガソリン車もハイブリット車もトータルで10万円の値引きを狙いましょう。ノートやスイフトの値引き額が大きくなる傾向にありますので同値引き額とならなくても値引き拡大の材料になります。

販売店装着オプションのナビを装着した場合には、プラス2万円のトータル12万円を目標に交渉しましょう。人気で販売台数も確保できる車種ですので強気の販売傾向にあります。8月、12月のクルマが売れない傾向にある時期、9月仮決算時期を狙って商談することで有利な条件を引き出しましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

新型ダイハツミライース新車価格情報と、値引き購入のコツ2017!


出典 https://www.daihatsu.co.jp/lineup/mira_e-s/03_exterior.htm

ダイハツミライースのスペック情報

ダイハツミライースの価格帯

842,400円~1,339,200円(税込)

ダイハツミライースのグレード情報

B、B SAⅢ、L、L SAⅢ、X SAⅢ、G SAⅢ
各グレードに4WD車設定あり

編集部おススメグレード L SAⅢ 939,600円(税込)

通勤、買い物用で普段は1人~2人乗車ならL SAⅢグレードがおススメです。
100万円を切った税込み価格でエアコン、スマートアシストによる緊急ブレーキ、横滑り防止のVSCまで装備しています。緊急ブレーキは対車両では警報は100km/h、ブレーキは80km/hの速度まで対応し、先代モデルでは追突防止程度の緊急ブレーキのため安全性能では大幅に進化しました。

後部座席も多用するユーザーはリヤヘッドレストが装着されるXグレード以上を選択するか、オプションでリヤヘッドレスト(1万円)装着をおススメします。Bグレードは商用車向けですがLグレードと比較し3万円安い価格のみ。装備差はフルホイールキャップと後席パワーウインドウの有無ですので商用以外の使用目的ならLグレード以上がおススメです。

低燃費で低価格の第二弾

新型もこれまで同様35.2km/L

低燃費で低価格「第三のエコカー」とも呼ばれるミライースは従来のガソリンエンジンのみでもハイブリッド車並みの低燃費を実現しています。燃費性能はJC08モード35.2km/Lで先代モデルと変わらない数値でライバルのスズキアルトの37.0km/Lに対抗しなかった。

WLTPモードを意識

2018年10月から導入を検討している新燃費基準がWLTPモードと呼ばれる国際基準の燃費測定方法です。「市街地」「郊外」「高速道路」など日本では3つのモード(海外では超高速も含めた4つ)で数値化され、また、その平均も表示される予定です。実際の使用により近づくためJC08モードで燃費の良いCVT車やハイブリッド車の燃費数値は悪化しします。つまり、現在のCVT車やハイブリッド車の燃費数値はカタログ燃費と実際の燃費での燃費差は大きいのです。

新型ミライースはLグレードで車両重量は650kgと軽量化を図り各パーツの低フリクション化もしっかり行っていますので先代モデルより動力性能及び実際の燃費は良くなることは間違いありません。カタログ燃費より実際の燃費や走行性能を重視することはWLTPモード導入に合わせた対策と言っても良いです。

エアロパーツも用意

フロントバンパー下部に装着されるフロントロアスカートとサイドバンパーに装着されるサイドストーンガードがセットのエアロパックや、フロントLEDフォグランプ、14インチアルミホイールなど純正カスタムパーツが用意され先代の丸型デザインと比較し新型は角張ったデザインのため、より、スポーティでカッコイイデザインに仕上がります。

OEM各車もフルモデルチェンジ

ミライースの兄弟車としてダイハツがOEM(相手先ブランド生産)供給しているトヨタピクシスエポック、ダイハツプレオも同様にフルモデルチェンジを実施しています。

デジタルメーターを継承 より使い易さ向上へ



出典 https://www.daihatsu.co.jp/lineup/mira_e-s/04_interior.htm
新型ミライースのインテリアデザインは先代モデルと大きくは変わりありませんが、使い易さの向上が感じられます。新型のメーター表示は全車白色表示になりました。グレード別の違いはXグレード以上ではメーターパネル内にTFT液晶を装備し各種インフォメーションを表示します。

運転席シートの高さ調整可能なシートリフター、ステアリングの高さを調整するチルトステアリングは最上級のGグレードのみの設定でコスト削減の色は隠せません。実際に展示車でシート位置やステアリング位置を確認することが大切です。

エアコン操作パネルは操作スイッチの大きなマニュアルエアコンのため操作性に優れています。オートエアコンは最上級のGグレードにのみ装備され、ムーヴなどと共通の操作パネルで見た目も操作性も優れています。オーディオは全車オーディオレスとなります。内装の材質はシンプルなプラスチック素材ですがキレイにまとまっているため価格は安いですがそれ以上の質感は保っています。

インパネシフトはハンドルから手が届きやすく、ひざ元にチェンジレバーが無いため足元にもゆとりがあります。インパネデザインが直線基調のためスッキリ感が高く、左右にはドリンクホルダーも装備されています。

スマートアシストⅢでライバルをリード

新型ミライースの自動ブレーキ性能は大幅に向上し上級車並みの自動ブレーキ性能を装備しました。緊急ブレーキは対車両では警報は100km/h、ブレーキは80km/hの速度まで対応しています。先代までの追突防止程度の30km/hまでの対応速度から大幅に進化しています。また、50km/hまでは歩行者認識も可能で安全性能を高めています。ライバル車のアルトやN-BOXは現在でも30km/hまでの自動ブレーキ性能のためスマートアシストⅢは一歩リードしています。

車線のはみだしを警報でお知らせする機能も装備し、オートマチックハイビーム、アクセルとブレーキの踏み間違え防止のため急発進抑制装置も装備されます。

ライバルはスズキアルト 値引きは渋い

値引きはもう少し待とう

値引き額は車両本体で0~2万円、販売店オプションのカーナビ装着の場合はオプションから5万円引きを狙いましょう。下取り車を除くトータルで5万円引きなら現時点では買いです。新型のため車両からの値引きは厳しい状況です。販売店オプションからの値引きを狙う方法ですが、高額なナビゲーションを装着しない場合には値引きが厳しい状況です。
納車費用などの諸費用、車庫証明が必要な地域では車庫証明費用をカットし少しでも総額を下げる努力が必要です。

これから9月の仮決算時期や年末商戦など時期を見据えての交渉が可能なユーザーはもう少し待ち、少しでも条件が良い状況で商談することをおススメします。

ライバルはアルト ピクシスエポックやプレオのOEM車も見よう

値引き獲得のためにはアルトの見積を用意しましょう。アルトは燃費性能などのスペック上はミライースより良くなっています。しかし、カタログには無い実用性能を高めた性能を営業スタッフはアピールしてきますので注意しましょう。

トヨタの販売店でピクシスエポック、スバルの販売店でプレオの商談も行い条件を確認することも大切です。特にトヨタでは軽自動車の販売には力を入れていないケースが多いため見積をお願いし条件をさらりと聞く程度で十分です。販売店オプション値引きで差が出る場合がありますので販売店オプション値引きだけはしっかり確認することが大切です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

新型トヨタマークX新車価格情報と、値引き購入のコツ2017!


出典 http://toyota.jp/markx/grade/grade5/

トヨタ マークXのスペック情報

トヨタ マークXの価格帯

2,656,800円~3,850,200円(税込)

トヨタ マークXのグレード情報

250G Fパッケージ、250G、250S、250RDS、350RDS
プレミアム(2.5)、プレミアム(3.5)
250G Fパッケージと250Gに4WD設定あり、全車6速AT

編集部おススメグレード 250G 2,916,000円(税込)

ステアリングスイッチや運転席電動パワーシート、自発光式のオブティトロンメーターや有機ELマルチインフォメーションモニター、トヨタセーフティセンスPが標準装備される250Gがおススメです。

廉価版のFパッケージには本革巻ステアリング&シフトノブ、16インチアルミホイール、スマートエントリースタートシステムなどが装備されません。250GにはLEDヘッドライトはメーカーオプション設定ですが、ディスチャージヘッドライトは標準装備されますので不足ない装備内容です。

エクステリアは小変更

フロントバンパーグリルを大型化しワイドにみせる演出を施し、スポーツセダン色を強めました。プラットフォームはクラウンシリーズと共通です。クラウンアスリートシリーズに6気筒2.5Lエンジンが無くなる中、静粛性とのびやかな加速が味わえるエンジンのマークXは健在です。価格面では約100万円お求めやすい考え方次第ではお得なクルマです。

グレード体系も見直しプレミアムグレードはRDSグレードに変更されました。かつてマーク2時代にあった人気グレードツアラーシリーズとグランデGを融合した上質かつスポーティなグレードです。

トヨタセーフティセンスPを全車標準装備し価格が上昇

新型マークXは先進安全装備である衝突軽減ブレーキと車線逸脱防止警報、前車追従型クルーズコントロールなどセットしたトヨタセーフティセンスPを標準装備しました。価格は全体的に約15万円前後のアップです。

車線逸脱防止システムにはステアリング制御が加わり、カメラによる歩行者認識機能が備わります。また、レーダー方式ではなくミリ波レーダー方式のため霧など悪天候の際にも感度良好です。かつてはセルシオやクラウンマジェスタに装備されていたプリクラッシュセーフティシステム(当時50万円クラスのオプション)がこれまでよりも約15万円プラスの価格が装備されるのであればお買い得です。

おススメグレード250Gの価格帯は約25年前のマーク2と比較すると当時の2.5L最上級のグランデG2.5に相当する価格です。安全装備面や質感の向上計り知れないものがありますが、当時はエントリーグレードは200万円を切った価格からラインナップされていました。お父さんがマークXを選ぶ敷居が高くなっているのは事実です。

気持ちよく回るエンジン

スペックは平凡 しかし運転はたのしい

マークXはV6 2.5Lと3.5Lのガソリンエンジンのみです。
ダウンサイジング化などにより4気筒化される車種が多く見られる中、燃焼効率があまり良くないV6エンジンを搭載しています。このエンジンはレクサスISに搭載されているエンジンと同じエンジンで静粛性と動力性能に優れていますが燃費は11.8km/Lと良い数値とは言えず、実質燃費は8km/L前後です。

しかし、6ATとの組み合わせでスムーズに加速しカーブでの安定感も高く運転して楽しいクルマです。セダンならではのボディ剛性の高さとサスペンションがフロントダブルウィッシュボーン、リアがマルチリンクの組み合わせで直進安定性としなやかさが両立しています。マークXに車名が変わった当初のマークXはバタバタする印象でしたが新型マークXは落ち着いています。

2.5Lで十分なパワー

マークXの車両重量は1.5トンとクラウンやレクサスISに比べて100kg以上軽くなっています。軽くて同じエンジンならより軽快に加速します。基本のプラットフォームも同じですのでお得感すら感じます。

3.5Lエンジンも用意されますが2.5Lと比較し約100万円プラスになります。税制面、燃費面で費用もプラスになる他、クラウンと同価格帯になりますので高速道路を多用し優先してパワーを求めるユーザー以外にはおススメできません。

セダンらしく落ち着いた内装


出典 http://toyota.jp/markx/interior/?padid=ag341_from_markx_navi_interior/

出典 http://toyota.jp/markx/interior/comfort/?padid=ag341_from_markx_in_comfort02

コストカットの中にも上質なインテリア

プラスチック素材の多いインテリアですが、各パーツがしっかり造り込まれています。ドアのスイッチベースやセンターコンソール部分は目に見える部分に関しては特にキレイな造りになっています。
しかし全体の見た目は5ナンバーセダンのプレミオを少し豪華にした印象で高級感に欠ける印象です。実用性重視+質感重視のユーザー向けです。現在はハイブリッドのみとなったカムリと同等の内装質感に感じます。

リヤシートは少々窮屈感

マークXのリヤシートは座り心地は良いのですが頭上空間にもう少しゆとりが欲しく感じます。後輪駆動ならではのセンター足元の出っ張りは仕方ありませんが5名乗車時は中央席は窮屈です。

セダンのマークXにも使い勝手良好な、分割可倒式のリヤシートやリクライニング機能を装備し、SUVやステーションワゴンに慣れたユーザーにとっても不満のない内容になっています。

駆動方式を問わず他社競合しよう!

以前はマーク2と呼ばれていたモデルの時はトヨタ同士でクレスタやチェイサーがあり激しく競合しました。他メーカーでも、ローレルやスカイラインが同じ後輪駆動方式で競合の対象になりました。現在でもスカイラインはありますがダウンサイジングターボやハイブリッド展開で価格はベーシックなグレードでもマークXより約100万円高い価格設定となり競合になりにくくなっています。

マークXのように後輪駆動ベースのクルマが少なくなり、同じセダンで同じ価格帯で競合するなら、日産ティアナ、マツダアテンザは共に前輪駆動、スバルレガシィB4は4輪駆動になります。トヨタ販売店はトヨペット店の専売車種のためトヨタ同士の競合はできません。

値引き目標は総額30万円を目指そう

マークXの値引きは車両本体価格から25万円、販売店装着のナビゲーションシステムを選択して5万円前後の値引き合計30万円前後の値引きを目標にしましょう。優遇税制も無く、ノーマルのV6エンジンは燃費も悪く、ミニバンのように使い勝手も良くないマークXは人気が無く販売店でもあまり力を入れない車種になっています。値引き拡大は期待できず月末イベント狙いや4半期ごとの決算狙いでの商談で値引きを狙いましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

新型スズキワゴンR新車価格情報と、値引き購入のコツ2017!


写真はFZ 出典 http://www.suzuki.co.jp/car/wagonr/detail/

写真はFX 出典 http://www.suzuki.co.jp/car/wagonr/detail/index_fx.html

スズキ ワゴンRのスペック情報

スズキ ワゴンRの価格帯

1,078,920円~1,530,360円(税込)

スズキ ワゴンRのグレード情報

FA、ハイブリッドFX、ハイブリッドFZ
全車CVT 各グレードに4WD設定有り
FAを除くグレードにセーフティパッケージ装着車を用意

編集部オススメグレード ハイブリッドFZ セーフティパッケージ 1,409,400円(税込)

オートエアコン、プッシュ式スタートシステム、14インチアルミホイール、シートリフター、LEDヘッドライト、フロント&リヤスタビライザー、本革巻ステアリングホイールなど快適なドライビングで出来る装備標準装備化されるのがFZグレード。さらにセーフティパッケージを装着しデュアルセンサーブレーキサポート、誤発進抑制機能、車線逸脱警報機能、ふらつき警報機能、ヘッドアップディスプレイなどの最新予防安全装備に不足ありません。

中間グレードのFXセーフティパッケージ装着車との価格差は約13.6万円。内容は、運転席シートリフター、本革巻ステアリングホイール、14インチアルミホイール、LEDヘッドライト、フロント&リヤスタビライザー、フロント&リヤのエアロバンパーやルーフエンドスポイラー、IRカット機能付フロントガラス、プレミアムUV&IRカットフロントドアガラスなど、価格差以上の快適装備と快適な足回りのため上級のFZグレードは魅力的です。

完成度の高いベーシックグレードFA

エネチャージ機能やデュアルセンサーブレーキサポートなどの先進機能は未装備ながら、ボディ同色バンパー、ドアミラー、アウトサイドドアハンドルのため外観はFXと変わらず、マニュアルエアコン、全席パワーウインドウを装備しリヤシートは上級グレード同様左右分割スライド&リクライニングが可能です。基本性能のみにこだわるなら消費税抜き価格なら車両本体で100万円を切るFAもおススメです。

スタイル一新 新型ワゴンR

背高軽自動車の中心となるワゴンRが2017年2月フルモデルチェンジしました。1993年に誕生して以来6代目のモデルになります。フロント、サイド、リヤのデザイン、インテリアデザインを一新しました。ノーマル系モデルでもFA&FXグレードとFZグレードではフロントマスクが若干異なります。また、スポーティなシリーズとして存在する「スティングレー」も同時にフルモデルチェンジしました。

新しい装備もたくさんの新型ワゴンR

新プラットホームを採用することによりエンジンルームをコンパクト化を実現し軽ワゴントップの室内長2,450mmを実現しリヤシートの快適性を高めました。

出典 http://www.suzuki.co.jp/car/wagonr/safety/
デュアルセンサーブレーキサポート装着車には運転席前方のダッシュボード上に、スピードやシフト位置、デュアルセンサーブレーキサポートの警告などを表示するヘッドアップディスプレイを装備しました。運転中、ドライバーの視線上に車速などを表示するため、ドライバーの視線移動や焦点の調節を減らし、安全運転をサポートします。不要の際には格納可能です。

上級グレードは走りが改善

ワゴンRはエアロモデルのスティングレーシリーズ以外には走行安定性を高めるスタビライザーは未装備でした。しかし、新型ワゴンRはFZグレード2WD車にはカーブでの走行安定性を保つスタビライザーをフロント&リヤに装備しました。ライバルのダイハツムーヴに走りの装備面で追いつきました。しかし、他のグレードには4WD車でフロントスタビライザーは装着されるものの2WD車には装備されません。

進化したハイブリッドの実力は?

従来の0.66Lエンジン+新小型モーターの組み合わせ

発電効率に優れたISG(モーター機能付発電機)により、ブレーキ操作やエンジンブレーキなどの減速エネルギーを利用して発電し、アイドリングストップ車専用バッテリーと専用リチウムイオンバッテリーに充電します。ここまでは従来のSエネチャージと同じですが、モーターの出力をアップさせることにより、クリープ時にはモーターのみで走行し、加速時にはモーターでエンジンをアシスト出来るようになりました。これまで以上に燃費の向上に期待できるハイブリッドシステムです。

クリープ走行時や減速時にエンジンが停止しエンジン停止時には「EV」の表示になります。これまでは走り出す前にエンジンが始動しましたが、新型ワゴンRは走り始めてからエンジンが作動し作動音も静かになり自然になりました。

33.4km/Lの低燃費

グレードによって燃費差がありますがハイブリッドモデル2WD車はJC08モードクラストップ34.4km/Lの低燃費を実現しています。三菱自動車のように大規模ではありませんがスズキも燃費不正があったのは事実です。試験方法等の改善により算定された数値で、それでも先代モデルよりわずかながらですが0.4km/L燃費アップしています。

セーフティパッケージで安心 レーダーブレーキサポートの進化版

新型ワゴンRのデュアルセンサーブレーキサポートはレーザーレーダー+カメラで前方の車両や歩行者を認識し衝突回避または被害軽減をサポートします。自車速度15km/h~100km/hまでの速度域で衝突軽減ブレーキの作動が可能で、従来の30km/hまでとは異なりあらゆる速度域での安全性が確保されました。歩行者には対歩行者は60km/hの速度まで対応しています。

夜間走行では前方や対向車が無い場合には自動でハイビームに切り替えるハイビームアシスト機能も加わりました。また、約60km/h~100km/hまでの速度域で車線逸脱警報とふらつき警報が作動し安全面が強化されました。

すっきり感の高い広いインテリア

出典 http://www.suzuki.co.jp/car/wagonr/interior/


直線基調のデザインで小物も置きやすいデザインです。アルトラパンに似たデザインでプラスチック感が高いインテリアです。しかし、エアコンやオーディオの操作性が高く、少々遠視点となるセンターメーターの視認性は良好です。FX以上にはタコメーターも装備されます。

フロントシートはインパネ中央部の下への出っ張りが無いため解放感が抜群です。インパネ上部のフロントガラスへの干渉が無い低いデザインのため前方視界の視認性も良好です。リヤリートは全グレードで左右独立リクライニング&スライドシートが装備されます。足元空間はスライドドアのスペーシアに匹敵するくらいの広さがあり、頭上空間も身長170cmの筆者の場合こぶし1個半入りました。また、シートバックが長いため肩付近までサポートしてくれますので快適なリヤシートです。

フラットになる荷室は使い勝手良好

荷物の量や長さに応じて、スライドや可倒が可能です。ワンアクションで倒すことが可能で倒した際にはフラットになりますので使い勝手が良好です。

出典 http://www.suzuki.co.jp/car/wagonr/luggage/

ダイハツムーヴと競合 値引きは渋いが期待できる

新型でも意外と引くかも!10万円から15万円引きを狙おう

新型ワゴンRの値引き目標は車両本体価格から7万円、販売店装着オプションはフロアマットやバイザーのみ。また、Apple CarPlayを使うためにはメーカーオプションメモリーナビを装着しなければならず販売店オプションからの値引きが期待できません。しかし、Apple CarPlayが不要で販売店装着オプションナビを装着した場合には販売店オプション価格から5万円引きを狙いましょう。総額で12万円前後の値引きを狙いましょう。

ダイハツムーヴとの競合が鉄板。ホンダNワゴンの見積も用意しましょう。Nワゴンのあんしんパッケージを選択した場合にはサイド&カーテンエアバックが装備されます。ムーヴX SA2にもオプション設定されています。ワゴンRには設定がありませんので、値引き目標または希望する額に持ち込む際には「サイドエアバックが選べなくてもワゴンRに乗りたい気持ちはあるので金額お願いします」と伝えるのも有効です。

登録済未使用車は見極めに注意

スズキの販売店では主に軽自動車ですがメーカーインセンティブのために年度末には自社名義で登録して実績を計上。メーカーからインセンティブを獲得する販売店も少なくありません。一度登録された未使用車は新車価格よりも安く購入できる傾向にありますので4月から5月にかけてスズキ販売店をチェックしましょう。

しかし、新車価格から20万円以上安い場合にはお得ですが、20万円未満なら新車を購入しましょう。新車なら3年全期間車検があり、新車購入時に加入できるメンテパックもお得です。値引きが少々期待できる以上20万円未満の登録済未使用車や試乗車販売車にお得感はありません

下取り車は買取店も含めて高値で売却

現在ご使用のクルマをできるだけ高く手放すことも大切。ネットによる一括査定で買取店同士競合させましょう。低年式で走行距離が多く明らかに値段がつかなそうなクルマの場合にはそのまま下取りに出すのも良い手です。買取価格3万円未満ならリサイクル料金分と自賠責未経過分でそのくらいなりますので買取店に出すのは止めて下取りに出しましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

新型スズキスイフト新車価格情報と、値引き購入のコツ2017!

02%e3%82%b9%e3%82%a4%e3%83%95%e3%83%88%e5%a4%96%e8%a6%b3
出典 http://www.suzuki.co.jp/car/swift/detail/index_xl.html

スズキスイフトのスペック情報

スズキスイフトの価格帯

1,343,520円~1,941,840円(税込)

スズキスイフトのグレード情報

XG、XL、ハイブリッドML、RS、RSt、ハイブリッドRS
RSとRStを除くグレードに4WDの設定あり
ハイブリッド系グレードとRStを除くグレードに5MT車設定有
XGを除くグレードにセーフティパッケージ設定有

編集部おススメグレード XLセーフティパッケージ装着車 2WD CVT 1,332,720円(税込)
ベーシックグレードながら、オートエアコンや横滑り防止装置、プッシュ式エンジンスタートシステム、サイド&カーテンエアバック、デュアルセンサーブレーキサポート、16インチアルミホイールなど標準装備されているXLセーフティパッケージ装着車がおススメです。ハイブリッドグレードが登場したためハイブリッドが前面に押し出されていますが、マイルドハイブリッドはアシストはわからないほどの出力のため従来のエンジンと大差ありません。RStを除き全車エネチャージ技術も加わった低燃費エンジンのデュアルジェットエンジン搭載が搭載されています。

RS系グレードはフロントサイドリヤに専用スポイラーを装備しシート表皮がRS専用になります。また、アルミホイールは専用タイプでサスペンションのダンパーが専用タイプで少々硬めになります。XLとハイブリッドMLの装備差はLEDヘッドランプが装着されるかどうかが一番の違い。XGを除き基本装備、安全装備で大差なくオートライトは標準装備されるXLセーフティパッケージが価格面を考慮してもお得なグレードです。

低重心でスタイリッシュ デミオを意識!?

先代スイフトから正常進化したと言っても良いスタイルです。4層コートされたバーニングレッドパールメタリックは名前の通りパールカラーとメタリックカラーが融合したボディカラーで厚みがあり上質な赤です。このカラーはオプション設定色のため21,600円プラス料金です。

レッドメタリック系のカラーはマツダデミオのイメージカラーです。デミオのレッドメタリックもオプション設定色でプラス料金が発生します。同じコンパクトカーでヘッドライトデザインも似ているためデミオを意識した開発だったと感じられます。

全長3,840mmのコンパクトカー

軽自動車よりも445mm長い全長は普通車としては扱いやすい長さ。幅は5ナンバーサイズいっぱいのサイズでワイド感があります。フロントフェンダーからリヤフェンダーにかけてボリュームあるスタイリングでスタイリッシュでスポーティなデザインです。

最小回転半径は4.8mで軽自動車並みの取回し性能ですがドアミラーでの後方視界があまり良くありません。ワイドなリヤフェンダーの影響で死界が大きくなりますので試乗でご確認ください。なお、メーカーオプションナビは全方位モニターが装備されますのでモニターと併用して安全確認をおススメします。

低燃費エンジンとCVTの相性改善?

新型スイフトのデュアルジェットエンジンとCVTの相性は大幅に改善されスムーズな走りです。

発進からの加速は先代スイフトよりも力強く伸びやかな加速です。3000回転近くでは排気音もスポーティな響きで決して不快な音ではありません。エコ志向のエンジンのため等速走行に入るとエンジン回転は大きく落ちます。ここから再加速時には若干のもたつきがありますが、気にするレベルではなく以前のスイフトと比較したら快適です。

デュアルジェットエンジンとは

低燃費&高出力を発揮させるために圧縮比を高めました。ただ単に圧縮比を高めると異常燃焼の発生が高まります。異常燃焼を防ぐために点火タイミングを遅らせたりすることで燃焼を制御し低燃費&高出力を実現しています。
また、回生エネルギーを利用してアイドリングストップ時の蓄電システム、エネチャージとの組み合わせでさらなる低燃費を実現しています。1.2Lエンジンながら1.5L車並みの出力と軽自動車並みの低燃費24.0km/Lを実現しています。

ハイブリッドがおススメから外れた理由

ごくわずかなモーターアシストは実際の走行ではほとんどわからないほどで、燃費数値はノーマルのデュアルジェットエンジン搭載車よりJC08モードで3.8km/L良い数値ですが実際には変わりません。車両本体価格は装備差も加味すると約10万円ほどの価格差がありますが、燃費差で埋められる金額ではありません。また、ハイブリッド試乗車での試乗区間平均燃費は15km/L。ストップ&ゴーが多かった点と暖房はオン、少々アクセル強めの操作でしたがカタログ燃費の約6割は少々期待外れ。燃費には過度な期待は禁物です。

直列3気筒1.0Lターボエンジンを新搭載のRSt

1.0Lエンジンで1.5Lエンジン並みのパワーを発揮するターボエンジンはRStに装備されトランスミッションはRStのみ6ATのトルコンATになります。このエンジンはスズキでインドで生産し日本にも導入されたバレーノに採用されたエンジンと同じですが、スイフト用はレギュラーガソリン仕様でスペックはバレーノよりも落とされています。

1,700回転から4,500回転までフラットに最大トルクを発揮します。スペックは1.5Lエンジン車並みですが実際には2.0Lエンジン車並みのパワーを感じます。

軽量高剛性の新プラットフォームHEARTECTを採用

新型スイフトは、構造や部品の配置を全ての面で新しくすることで、アンダーボディーを理想的な骨格構造とし、基本性能の向上と軽量化を両立しました。またサスペンション部品も骨格の一部として利用し、骨格同士が結合する強い部分を部品の固定に利用することで補強部品を削減しました。このことから、ボディー剛性を向上させながら軽量化を実現しました。全車車両重量は1t未満のため重量税も負担軽減です。軽自動車ワゴンRの4WD車並みの車両重量です。

スポーティでしっかり感が伝わる足回り

欧州のハイウェイやワインディングを徹底的に走り込み、路面の追従性や走行安定性、コーナリング性能を高めるとともに、しなやかで軽快な乗り心地を実現しました。

低速時は段差をコトコト乗り越える感覚が少々硬い足回りを印象付けますが、ボティが歪み、変にねじれることがありませんので一体感があります。いざ走り出すと不快な硬さは無く欧州コンパクト車のような軽快さを感じます。ハンドリングも素直で自然で先に述べたデュアルジェットエンジンとCVTの組み合わせがベストマッチのため気持ちいい走りが楽しめます。人馬一体の感覚はデミオを凌ぐ印象です。

スポーティなインテリア 質感良好

02%e3%82%b9%e3%82%a4%e3%83%95%e3%83%88%e5%86%85%e8%a3%85a
02%e3%82%b9%e3%82%a4%e3%83%95%e3%83%88%e5%86%85%e8%a3%85b
出典 http://www.suzuki.co.jp/car/swift/interior/
リストウォッチのような立体的なデザインのメーターは高級感あるデザインで垂直指針を採用しスポーティです。しかし、実用域の40km/hから60km/h付近が左下にありますので、視認性には慣れが必要です。

ナビ、オーディオ周りはスッキリしプラスチックの質感も良好です。全車オートエアコンを採用していますがセンターコンソール下部に位置するため操作性が気になります。また、エアコンスイッチ周りの質感は軽自動車と同等レベルです。

快適になったリヤシート

新型スイフトのフロントシートはクッションにも余裕があり長時間ドライブでも十分快適なシートです。リヤシートは先代スイフトの課題でもありました。特に足元空間に余裕がなかったのに対し新型は足元空間に余裕が生まれました。また、前席シート下に足がスポッと入る隙間がありますので快適さが向上しています。デミオと比較しアドバンテージを得ている部分でもあります。ただし、頭上空間には余裕ありません。身長180cmの大人の人が乗車の際には天井に頭がついてしまいます。

分割可倒式リヤシート

02%e3%82%b9%e3%82%a4%e3%83%95%e3%83%88%e5%86%85%e8%a3%85c
出典 http://www.suzuki.co.jp/car/swift/luggage/
ハッチバック車の使い勝手を左右するリヤシートの分割可倒ですが、新型スイフトにももちろん採用されています。ただ長い荷物を運ぶには問題ありませんが、写真のようにシートバックのみの可倒になりますので段差が生じます。

デミオとの競合が効果的 別資本スズキ販売店競合も

新型スイフトは同じコンパクトスポーツのマツダデミオ、少々ボディサイズが長い日産ノートeパワーとの競合がベスト。「欧州車イメージ」「スポーティ重視」から見るとデミオ1.5クリーンディーゼルモデルが最適です。

5万円から10万円の値引きを狙おう!

新型スイフトは登場したばかりで値引きは少なめでトータルで8万円引きを目指しましょう。下取支援で下取り価格が0円でも最低5万円(2017年1月現在)保証されていますので実質の値引きです。本体から3万円前後で合計8万円。さらに販売諸経費から車庫証明関係、納車費用等で約2万円のカットで10万円引きも狙えます。

メーカーオプションナビがネック?

フルセグTV+DVD、CDプレイヤー内臓で全方位モニターが付いたナビゲーションが142,560円のメーカーオプション価格で設定されています。さらにアップルカープレイも搭載されiフォンユーザーはスマートフォンと一体操作が可能なナビゲーションです。なぜ、ネックなのか?メーカーオプションなら販売店装着オプションのように値引きが無いからです。また、価格がメーカーオプションでも高価でないために選びたい装備になっているためです。

異色な販売網を有効活用しよう

自動車メーカーの販売店は各県毎、マツダは東北や関東などエリアごとに販売店があります。しかしスズキは地域によっては異なる資本のスズキアリーナが存在します。北海道、宮城県、三重県には各地のスズキアリーナの他にスズキ自販関東があります。異なる資本のスズキアリーナで競合してみましょう。しかし、値引き額が少ないため効果はあまり期待できませんが販売施策が異なる場合にはお得な場合があります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

新型ホンダアコード新車価格情報と、値引き購入のコツ2017!

18%e3%82%a2%e3%82%b3%e3%83%bc%e3%83%89%e5%a4%96%e8%a6%b3
出典 http://www.honda.co.jp/ACCORD/webcatalog/type/

ホンダ アコードのスペック情報

ホンダ アコードの価格帯

3,850,000円~4,100,000円(税込)

ホンダ アコードのグレード情報

Hybrid LX、Hybrid EX

編集部おススメグレード Hybrid LX 3,850,000円円(税込)
Hybrid EXに装備されるのは18インチアルミホイール、メモリー付電動パワーシート、リヤスポイラー、自動格納ドアミラーが装備されます。自動ブレーキや車線逸脱警報を含むホンダセンシング、電動パワーシート、LEDヘッドライト&LEDフォグランプ、純正ナビゲーションシステムなどは全車に標準装備され安全装備から快適装備まで充実しています。乗り心地がソフトになる17インチアルミホイールはLXに装備されますのでEXに装備される装備に固執しない場合にはLXがおススメです。

新型アコードはハイブリッド専用モデル

2014年に登場したアコードはハイブリッド専用モデルとしてアコードハイブリッドが登場しました。アコードのガソリンモデルは2013年3月に販売終了し、いったんアコード単体での車名が途切れました。しかし、2016年5月にはアコードとして新型アコードが誕生しました。

1976年にシビックの上級車としてハッチバックモデルが登場し翌年には4ドアモデルが登場しました。5ナンバーサイズのアコードは5代目で3ナンバー化し6代目で5ナンバーサイズに戻るなどミディアムクラスで居続けましたが、先代アコードハイブリッドからは全長は4.9mを超え大型セダン化しました。アメリカ市場で販売するにはこのサイズでも小さい方で、販売の目線はアメリカ市場を意識して全面に出しています。

新型アコードの走りは?

2.0Lエンジン+2モーターハイブリットの実力は?

アコードに搭載されるスポーツハイブリッドi-MMDは走行用と発電用の2モーターと2.0Lアトキンソンサイクルi-VIECエンジンとを組み合わせたパワーユニットです。世界最高レベルの効率で、優れた低燃費を実現したハイブリッドシステムです。燃料消費を抑えるためにエンジンを止めてモーターで走行するEVドライブモードも装備。エンジンの力で走る方が効率の良い高速走行時にはエンジンと車輪を直結して走るなど燃費効率を最大限に考えたシステムです。

システム最高出力は215馬力と高出力を発揮し従来の3.0L車並みのパワーを発揮します。燃費性能はJC08モード31.6km/L(LX)とカムリハイブリッドを大幅に上回ります。カムリの燃費は23.4km/Lです。

ギアは1段 トランスミッションが無い!

アコードのギアは1段のみ。えっ?と思われますがそうなのです。発進から中低速域はモーターのみでの走行で、70km/h以上になればエンジンと車輪を直結して走行します。中低速域でのエンジンの役目はモーターへの発電のためのエンジンなのです。しかし、中低速域でもアクセルを踏めばエンジン回転も上昇しますので、知らなければモーターのみで走行とは気づかないほどです。電気自動車日産リーフに似たリニアな加速感が味わえます。高速走行は法定速度内で快適に走行しましょう。直結1段なら当然速度に応じてエンジン回転が大きくなり燃費も静粛性も悪化します。

乗り心地はソフト しかしハンドリングは良好

大柄なボティでアメリカ試乗を意識してか欧州車と比較すると乗り心地はソフトです。しかし、ハンドリングは良好で切った分だけ曲がってくれる優れものです。ブレーキも全て電気式ですが、違和感なく通常の油圧式と変わりなく気づかないほどです。

質感ば良好 広いリヤシートが魅力的

18%e3%82%a2%e3%82%b3%e3%83%bc%e3%83%89%e5%86%85%e8%a3%85a
出典 http://carview.yahoo.co.jp/ncar/catalog/honda/accord/F006-M001/image/?img=3
18%e3%82%a2%e3%82%b3%e3%83%bc%e3%83%89%e5%86%85%e8%a3%85b
出典 http://www.honda.co.jp/ACCORD/webcatalog/interior/
質感の高い内装で、左右独立温度調整式オートエアコンも使い勝手良好です。ステアリングに集約されたスイッチ類も操作性良好です。しかし、フィットからアコードまで基本的な質感が近くアコードではもっと高級感が欲しい印象です。細部にわたり上質ですが、見た目のインテリア、計器類がコンパクトクラスと大差ないことが少々残念に感じます。

シートはゆったり室内は広々

長距離ドライブでも疲れないゆったりしたシートが魅力です。リヤシートの足元空間も広くリヤドアトリムも上質に造り込まれていますので快適です。モーター駆動で低燃費でリヤシートが広く乗り心地がソフトなアコードはタクシーにも最適。都内を見てもクラウンタクシーが多い中、アコードを個人タクシーとして採用する事業主はなかなかセンスが良いと思います。乗り心地、室内の広さ、ハンドリング、低燃費をすべて両立しています。

ホンダカーズ同士の競合 カムリとの競合も

アコードの販売店のホンダカーズは旧クリオ店と旧ベルノ店などお住まいの地域で異なる資本のホンダカーズがある場合には必ず競合させましょう。別会社ですので競合にも力が入ります。

競合車同士ではトヨタカムリがベストです。トヨタハイブリッドシステムを搭載したハイブリッド専用モデルです。車両価格帯も共通で値引き額もほぼ同額傾向ですので最適です。カムリハイブリッドの方が燃費数値は劣っていますがボティサイズが100mm以上全長が短いのがカムリです。扱い易さをアピールして値引き拡大を狙いましょう

値引き目標は25万円

値引き額は車両本体で25万円を目標に商談しましょう。ナビゲーションシステムなど標準装備のため付属品価格の大きな金額になりませんので付属品からの値引きはあまり期待できません。メンテナンスパック、ボディコートを見積もりに入れた場合には付属品からの値引きを3万円以上狙いましょう。メンテナンスパックとボディコートは利益率が高い商品です。納車費用や車庫関係の諸費用のカットは忘れずに行い約2万円値引きを狙いましょう。総額で30万円引きも狙えるケースも十分にあります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

新型日産リーフ新車価格情報と、値引き購入のコツ2017!充電・補助金・航続距離なども!

09%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%95%e5%a4%96%e8%a6%b3
出典 http://ev.nissan.co.jp/LEAF/EXTERIOR/exterior.html

日産リーフのスペック情報

日産リーフの価格帯

2,728,080円~4,228,680円(税込)

日産リーフのグレード情報

S、X、G
各グレードにエアロスタイルを設定
各グレードに24kwhと30kwhの設定有

編集部おススメグレード S 30kwh 3,197,880円(税込)
省電力暖房システムのヒートポンプシステムとEV専用ナビゲーションが標準装備されるXが魅力的ですが、車両価格差が約45万円です。ナビゲーションを販売店オプションで装着しても約30万円の価格差がありますので廉価版のSは魅力的です。

24kwhと30kwhのバッテリー差は24kwhのJC08モードは228kmで30kwhでは280kmのためその差は52km。実際の使用においても約30kmほど拡大しています。高速道路のインターチェンジ&パーキングエリア1つ分先に行ける走行距離ですので、出来るだけ航続距離が長い30kwhのバッテリーをおススメします。

実用性ある100%電気自動車

リーフはガソリンを全く使わない100%電気自動車です。日産ゼロエミッションサポートプログラムにより毎月3,240円の定額料金で全国の日産販売店の急速充電器やNCS充電スポットが利用できます。つまり、燃料代はこれ以上かかりません。ご家庭での充電も可能で深夜電力を使えば約300円で充電可能です。

毎月ガソリン代が5,000円以上で街乗りメインで利用するならリーフはお得になります。毎月のガソリン代が3,000円前後ならそのままガソリン車を乗り継いだ方がお得です。日産ゼロエミッションサポートプログラムは使っても使わなくても毎月3,240円の定額料金が発生しますので、あまり乗らないユーザーはもったいないです。

電気自動車にはまだまだ課題があります。高速道路や峠道には充電スポットが不足しています。航続距離280kmと言っても実際の利用ではその半分強が目安です。長距離走行には課題が残ります。

運転してみるとなかなか素晴らしいリーフ

ブレーキを踏み電源ボタンを押すと電源が入ります。Dレンジに入れるといつでも出発OKです。

加速していく感覚は、まるで新幹線のようなキーンと言う加速は力強く気持ちいいです。普通のガソリン車と同じように運転できハンドリングもなかなか自然です。減速時はハイブリット車と同様回生ブレーキで充電しますが違和感が全くないブレーキングで走る・曲がる・止まるはプリウスより楽しいクルマです。

幅のみ3ナンバーで扱いやすいハッチバック

リーフは3ナンバーサイズですが長さは4.5m以下でミディアムハッチバックサイズのクルマと同じサイズで取り回し性能に優れ、室内も広く普通のクルマと変わりありません。使い勝手も良い普通に使える電気自動車です。

メンテナンス面でもエンジンが無いのでエンジンオイルや冷却水、ベルト関係などありませんので維持費も安心ですが、定期的な整備メンテナンス関係は高圧部位もありますので日産の販売ディーラーにお任せしましょう。

気になる動力性能と実際どのくらい走るの?

リーフの航続距離は280kmですが実際はその半分強です。普段の通勤に使って、時々帰り道に日産のお店で充電して帰宅する使い方なら日産ゼロエミッションサポートプログラムにより毎月3,240円のみでの利用が可能です。長距離を利用する際にはレンタカーを借りて出かけることをおススメします。渋滞など予測できない事態で電欠に陥ることが一番不安です。最近では、高速道路のEV割引(ETC)やパーキングエリアへの充電施設の整備が進んでいます。充電施設を確認し計画的なドライブなら長距離ドライブも可能です。

また、事業用では、近距離のみで営業運転するタクシーは充電に困らずタクシー車としても良いかもしれません。

未来的なインテリア まるで家電製品

09%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%95%e5%86%85%e8%a3%85a
09%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%95%e5%86%85%e8%a3%85b
出典 http://ev.nissan.co.jp/LEAF/
ブレーキを踏み電源ボタンを押すと電源が入るインテリア。上下二段式のメーター類は視認性に優れると同時に電気の状態を把握しやすいメーターになっています。知らず知らずのうちにエコを意識させられます。

運転席助手席とも快適でシートも疲れにくいシートです。シフトレバーは電気式のスイッチのため膝元空間が広く確保され開放感があります。リヤシートも特別広いわけではありませんが大人4人乗車にも全く問題ない快適な広さです。リヤシートは分割可倒式で大きな荷物も積載可能で便利です。

競合は無し、200V充電設備と補助金をもらおう

リーフにライバルとなる電気自動車はありません。また、値引きがあると補助金の額が減ってしまいますのでそのまま購入しましょう現在国からの補助金額は30kwhバッテリー車で33万円、24kwhバッテリー車で26.4万円です。

車両本体価格-補助金額が実質購入価格になりますのでガソリン車同等クラスとあまり変わりありません。Sグレードの場合には280万円台になります。リーフの場合は補助金と販売店オプションでもある家庭用の充電設備約10万円分ですが契約者にサービスで販売店が設置するディーラーもありますので販売店にご確認ください。

販売店装着ナビで値引きを狙おう

メーカー装着ナビからは値引きが出来ません。ここから値引くと補助金が減額されます。一旦オーディオレスで登録し後付でディーラーオプションナビを約2割引きで装着すれば補助金は減額されません。約3万円前後を目標に頑張りましょう。また、販売諸経費部分の車庫証明関係の諸費用、各種代行費用、査定料、納車費用のカットをお願いすれば値引きゼロのリーフから5万円前後の値引きが可能です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

新型日産スカイライン新車価格情報と、値引き購入のコツ2017!口コミ評価

10%e3%82%b9%e3%82%ab%e3%82%a4%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%83%b3%e5%a4%96%e8%a6%b3
出典 http://www2.nissan.co.jp/SKYLINE/exterior.html

日産スカイラインのスペック情報

日産スカイラインの価格帯

4,136,400円~5,829,840円(税込)

日産スカイラインのグレード情報

200GT-t、200GT-t TypeP、200GT-t TypeSP
350GT HYBRID、350GT HYBRID TypeP、350GT HYBRID TypeSP
HYBRIDグレードに4WDの設定あり

編集部おススメグレード 350GT HYBRID TypeP 5,136,480円(税込)

新型のミリ波レーダーを使った前方衝突予測警報&エマージェンシーブレーキ、車線逸脱警報、サイドエアバック、LEDヘッドライト運転席&助手席電動パワーシート、8インチナビゲーションシステムが全グレードに標準装備されました。装備内容は上級車種フーガに近づき車両価格もフーガに近づくほど高価になっています。

ヘッドライトがステアリングに連動して左右に動くアクティブAFSや本革シート、プラズマクラスター付オートエアコンの装着され、動力性能と環境性能を併せ持つ350GT HYBRID TypePおススメです。最上級のTypeSPに装着される19インチアルミホイールはスタイルは抜群ですが乗り心地は17インチが優れています。

予防安全性能評価最高ランクを獲得

新型スカイラインシリーズには、ミリ波レーダーを使って自車からは見えない2台前の状況変化まで検知することができ危険を察知すれば警報で促し玉突き事故を未然に防ぎます。この機能は世界初の装備です。

エマージェンシーブレーキも軽自動車やコンパクトカーに多く見れらる30km/h以下の作動の自動ブレーキではなく日本の道路の法定速度ならほとんど対応できるレベルです。ただし、前方停止車両に対して70km/h以上では作動せず、60km/h以下なら衝突回避、60km/h以上なら衝突軽減ブレーキになります。評価すべき点はこれらを全グレードに標準装備した点です。

スカイラインの自動ブレーキシステムの課題は歩行者認識機能が備わらない点です。さらにスカイラインではカメラ方式も併用して歩行者自転車の検知性能をアップして欲しいです。

ハイブリットの走行性能は?

システム出力364馬力の高性能

スカイラインハイブリットはV6 3.5Lエンジン+電気モーターのハイブリットで合計したシステム出力は364馬力になります。発進から中間加速、高速走行すべてにおいて満足の加速性能を約束しています。スカイラインのハイブリットシステムは主に中速域での巡航時にバッテリー走行になり静かな走りと低燃費に貢献しています。高出力を発揮しながら17.8km/Lの低燃費を実現しています。実際は10km/L少々ですがパワーを考慮すれば十分です。全車7速ATで高速走行時の燃費向上に貢献しています。

ダイレクトアダプティブステアリングによる操舵性の向上

スカイラインハイブリットにはダイレクトアダプティブステアリングと呼ばれる電子制御のステアリングアシスト装置がハイブリッドにのみ標準装備されます。

高速走行時のワダチや段差などでハンドルが取られる場面では自動制御により直進安定性を高めハンドルが取られないように制御します。車庫入れから高速走行まで幅広くアシストすることで取り回し易さの向上と自然でダイレクトなハンドリングを両立させています。なお、低速走行時にはステアリングに不自然な制御が感じられる場面もありますので試乗車があればぜひ体感、確認してみてください。通常は気にならないレベルです。

2.0Lガソリンエンジンはメルセデス製

スカイラインにはハイブリットの他にダウンサイジングされた2.0Lターボエンジンもあります。エンジンはメルセデス製でC/Eクラスに使用しているエンジンです。200GT-tというグレード設定でR32型時代のGTS-tを思い浮かべるお父さん方も少なくないのではないでしょうか。静かなだけではつまらない、けど楽しみたいならこちらもおススメです。

ハイブリットより約80万円安い価格設定で、燃費性能もJC08モード13.0km/Lですのでハイブリッドと比較して4.8km/Lの差のみです。長距離ドライブでは2.0Lの小排気量のメリットが活かれ差低燃費を実現しハイブリッド車と同等またはそれ以上の低燃費が期待できます。高速でのエンジンレスポンスは抜群で100km/hでピークを迎える国産エンジンと異なり余裕が感じられます。

上質でスポーティなインテリア

10%e3%82%b9%e3%82%ab%e3%82%a4%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%83%b3%e5%86%85%e8%a3%85a
10%e3%82%b9%e3%82%ab%e3%82%a4%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%83%b3%e5%86%85%e8%a3%85b
出典 http://www2.nissan.co.jp/SKYLINE/interior.html
スカイラインのインテリアはシンプルに見えて高品質な内容になっています。
上下に2つのディスプレイを装備され上はナビ画面、下はオーディオやエアコンの操作パネルになっています。手さぐりな操作が必要なエアコンのボタンは両サイドに通常のボタンで装備されますので使い勝手は良好てす。このナビゲーションシステムは全車に標準装備される点は魅力的です。

自発光式のファインビジョンメーターは視認性に優れハイブリット車でもタコメーターをしっかり装備しスポーティさを失っていません。

スカイラインハイブリットTypeP以上では本革シート+シートヒーターが標準装備されます。ドア内側の内装も含め上質で上級スポーツセダンにふさわしい内容になっています。
リヤシートも座り心地が良く、身長170cmの大人では肩よりずっと高い位置までシートバックが延びており、ゆったり座ることが可能です。足元空間にも余裕があり、2.0LクラスのMクラスミニバンのセカンドシートより快適かもしれません。

クラウンアスリートと競合、輸入車も見てみる価値あり

スカイラインハイブリットと競合させるにはトヨタクラウンアスリートグレードと競合がベストです。燃費性能ではクラウン、パワーと高回転時の静粛性ではスカイラインが有利です。

500万円台に入るとドイツ車も視野に入ります。同サイズ同クラスのメルセデスCクラス220ブルーテックアバンギャルドは2.14Lディーゼルターボで燃費性能と最大トルクはスカイラインハイブリットを上回ります。しかし価格も約55万円上回ります。10年使用する場合年間10万円差なら十分競合させても良い内容となっています。

ハイブリッドは10万円 ガソリンターボは25万円値引きを狙おう

V6エンジン+モーターのハイブリットの上級スポーツセダンで同クラスのクルマが無いため値引きは少なめです。トータルで10万円を目標に商談してみましょう。ガソリンターボモデルはクラウンアスリートと競合させトータル25万円の値引きを目標に商談しましょう。また、プリンス店とサティオ店など異なる資本のディーラーでスカイライン同士の競合も忘れず行いましょう。

全グレードナビゲーションシステム標準装備のため販売店オプションからの値引きは期待できません。ボディコートオプションを選択した場合には「スカイラインに決めるからサービスしてください」と最後にお願いしてサービスを狙う方法も良いです。利益率が高い商品のため販売店での調整が出来るはずです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

新型トヨタオーリスの評価・内装・新車価格情報と、値引き購入のコツ2017!

08%e3%82%aa%e3%83%bc%e3%83%aa%e3%82%b9%e5%a4%96%e8%a6%b3

出典 http://toyota.jp/auris/grade/grade3/?padid=ag341_from_auris_grade3_detail

トヨタオーリスのスペック情報

トヨタオーリスの価格帯

1,789,855円~2,832,545円(税込)

トヨタオーリスのグレード情報

150X Cパッケージ、150X、150X Sパッケージ
180S、RS、120T、120T RSパッケージ、ハイブリッド、ハイブリッドGパッケージ
1.5Lグレードに4WD設定あり
RSのみ6MT
各グレード価格差詳細は販売店におたずね下さい。

編集部おススメグレード 120T RSパッケージ 2,590,037円(税込)

LEDヘッドライトや17インチアルミホイール、スポーツタイプフロントグリル、フォグランプ内蔵フロントバンパースポイラーがRSパッケージには標準装備されます。安全面ではトヨタセーフティテンスCも標準装備され安全面もおススメです。

ダウンサイジング化した1.2Lターボエンジンはトルクが豊かなため扱いやすくおススメです。120Tと120T RSパッケージは同価格ですが、違いは120Tのシートは本革+ウルトラスエード(東レ製)+合成皮革で造られシートヒーターも装備されます。スポーティな外観を選択するか、上級シートを選択するかでグレードが決まります。

トヨタセーフティセンスCはハイブリッドのノーマルグレードと1.5L車にメーカーオプションされ他のグレードには標準装備です。グレードにより異なりますが6万円前後のオプション価格です。ハイブリッド車を選択時には要注意で、できれば全車標準装備にしてほしい装備です。

ヨーロピアンテイストのハッチバック

欧州Cセグメントがライバル車?

オーリスはコンパクトに見える車体ですが車幅は1.7mを超え3ナンバー車になります。ちょうどドイツのフォルクスワーゲンゴルフやフランスのプジョー308、同じフランスのシトロエンC4などいわゆるCセグメントと呼ばれるクラスに入ります。

スポーティーなデザインと直進安定性に優れカーブも自然と走行できるバランスに優れた車です。欧州車と同等以上のボディ剛性を持つオーリスですが足回りは欧州車と比べ重厚感が足りません。高速走行での安定感はフォルクスワーゲンゴルフと比較すると違いがわかります。路面に吸いつく印象が足りません。また、低速走行時のタイヤからの突き上げ感も若干気になりますのでデザインが気に入ったらぜひ試乗をおススメします。フォルクスワーゲンゴルフと価格は同価格帯。1.5Lモデルを選択した場合には50万円前後オーリスの価格は安くなります。

トヨタセーフティセンスCも用意

トヨタも続々と自動ブレーキ装着車を増やしています。簡易的なレーザーレーダーと単眼カメラで前方の状況を認識し時速80キロまで対応します。日産ノートの自動ブレーキと同等のシステムです。

オートマチックハイビームと先行者発進告知機能、車線逸脱警報もセットで装備。一部メーカーオプション設定ですが、標準装備でない場合でも装着をおススメします。手放すときの下取り価格、買取価格に影響が予想されセーフティーセンスCが装備されていれば高価買取の後押しにもなります。

スポーティなインテリア カローラシリーズとは別格

08%e3%82%aa%e3%83%bc%e3%83%aa%e3%82%b9%e5%86%85%e8%a3%85a
08%e3%82%aa%e3%83%bc%e3%83%aa%e3%82%b9%e5%86%85%e8%a3%85b
出典 http://toyota.jp/auris/grade/grade3/?padid=ag341_from_auris_grade3_detail
もともとはカローラシリーズだったオーリスですがカローラは現行モデルからヴィッツ用のBプラットホームを採用し、オーリスは新MCプラットホームを採用。新MCプラットホームは上級のアベンシスにも採用されていることから造りが上質になりました。

インテリアの質感も上質でかつスポーティな造りです。シート含む内装のスティッチ部分もアクセントが効いて上質感が味わえます。エアコンはベーシックグレードの150X Cパッケージを除き全車左右独立温度調整式オートエアコンを採用しています。

ハイブリット車とガソリン車どちらがお得?

ハイブリッド目的ならプリウスに軍配

オーリスのハイブリッドシステムは三代目プリウスと同様の1.8Lエンジン+モーターのハイブリッドシステムを採用。欧州では先行し販売されていました。また、欧州仕様車にはディーゼルエンジン搭載車もあり、ぜひ日本でも導入して欲しいですが、トヨタはハイブリッドに力を注いでいるためディーゼルの導入はなかなか進みません。

オーリスハイブリッドはJC08モード燃費は30.4km/Lで同価格帯の充実装備プリウスAグレードの燃費は37.2km/Lです。設計の新しさと燃費数値の差からハイブリッドを選択するメリットが見つけられません。

1.2L直噴ミラーサイクルターボエンジンが魅力的

オーリスをよりヨーロピアンテイストで楽しみたいなら、1.2Lターボエンジンがおススメ。1,500回転から4,000回転までの間フラットで最大トルクを出力するため日常使用する領域で使い易く、CVTながら7速シーケンシャルシフトが装備されているためよりスポーティな走りが楽しめます。1.8Lエンジンよりもトルクが高く低燃費のため魅力的です。フォルクスワーゲンゴルフも1.2Lターボエンジン、プジョー308も1.2Lターボエンジンでスペックも含めて欧州車に肩を並べています。

直列4気筒ガソリンエンジンで直噴+ミラーサイクル(アトキンソンサイクル)にターボの組み合わせはトヨタではオーリスのみ。最適な燃焼効率を実現する先進の燃料噴射システムD-4Tを採用しJC08モード燃費は19.4km/Lの低燃費を実現しました。10年前の軽自動車の数値です。

オーリス同士の競合、同クラスハッチバックをぶつけよう

目標値引き額は総額25万円を狙おう!

値引き額は車両本体で20万円、販売店オプションのカーナビ装着の場合はオプションから5万円引きを狙いましょう。トヨタの同じクラス同じ価格帯ではプリウスがありオーリスは影の存在になりつつあり販売台数の伸びは苦しくなっています。

下取り車がある場合には、下取り価格と値引き価格は必ず分けましょう。また、納車費用や車庫証明関係の代行費用などカット可能な費用だけでも約2万円から3万円ありますので忘れずに。

目標値引き額は総額25万円を狙おう!

スバルインプレッサスポーツやマツダアクセラスポーツは絶好の競合車種です。価格も同価格帯でボディサイズもほぼ同等です。インプレッサスポーツはアイサイト3の性能が自動ブレーキ、歩行者認識においてアドバンテージと実績があります。アクセラスポーツはクリーンディーゼルが魅力的です。

輸入車のフォルクスワーゲンゴルフやプジョー308は同クラスでありますが、国産車としの競合の方がより効果的です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

新型トヨタハリアー新車価格情報と、値引き購入のコツ2017!

06%e3%83%8f%e3%83%aa%e3%82%a2%e3%83%bc%e5%a4%96%e8%a6%b3
出典 http://toyota.jp/harrier/grade/grade3/

トヨタハリアーのスペック情報

トヨタハリアーの価格帯

2,797,714円~4,591,963円(税込)

トヨタハリアーのグレード情報

GRAND、ELEGANCE、PREMIUM、PREMIUM “Advanced Package”
ELEGANCE G’s(ガソリン車のみ)
ELEGANCE G’sを除く各グレードにガソリン車、ハイブリッド車の設定あり
ガソリン車には各グレード2WD車あり

編集部おススメグレード ELEGANCE(ハイブリット) 3,774,857円(税込)
高級感とパワーの両立ならハイブリットモデル。ELEGANCEならシート生地も上級モデルと同じ上級ファブリック+合成皮革になりパワーシートも備わり高級感が高まります。また、衝突軽減ブレーキを含むプリクラッシュセーフティシステム最上級のPREMIUM “Advanced Package”にのみ標準装備ですが他のグレードには約10万円から約13万円(グレードにより異なる)でオプション装着可能ですので、ぜひ装備したい安全装備です。

ゆとりならハイブリッドを選択

ハリアーはガソリン車とハイブリッド車の価格差は約90万円。他のクルマと比較すると同グレードでの価格差が90万円はかなり大きな価格差です。ハイブリッドは2.5Lエンジン+モーターでアルファード&ヴェルファイアと同じシステムで高級セダンクラウンも同じ内容です。ガソリン車は直列4気筒の2.0Lエンジンでターボ無し。最大トルクも20kgmに満たないためパワー不足は否めません。静粛性とパワー、燃費性能のすべてにおいて上回るハイブリッドがハリアーらしさを存分に味わうことができます。また、自動車取得税と重量税はハイブリット車は100%免税対象です。

人気の高級SUV 高額でもお得その理由は?

ハリアー初代から高級感があり乗り心地が良いSUVとして人気があります。オフロード感の無い都会的なフォルムが人気のひとつです。街乗りメインで室内の広さと高級感のみを重視するならガソリン車でも十分で車両価格は300円を切る価格でラインナップされています。

新車価格は高額となりますが、人気車種のため下取り価格が下がりません。つまり数年乗っても下取り価格または買取価格として帰ってくる分が大きいです。下取り価格まで考慮して購入する場合には4WDのガソリン車とハイブリッド車のハリアーならもっと人気があるため高額査定が期待できます。最近では5年で手放すユーザーは少ないですが、10年乗っても十分、買取価格、下取り価格は残りますので新車価格は少々高くても損しません。

2.0Lガソリンエンジンは高級感に欠ける

新型ハリアーのエンジンは直列4気筒の2.0Lエンジンと同じ直列4気筒の2.5Lエンジン+モーターのハイブリッドです。

初代ハリアーは2.2L~3.0L、二代目ハリアーは2.4L~3.5Lのエンジン設定で3.0L以上はV6エンジンでした。特にV6エンジンは燃費は良くありませんでしたが静粛性に優れ、スムーズに回るエンジンで高級感ある走りでした。

エコカー減税を狙ってダウンサイジング化した2.0Lエンジンはターボも装着されず1.6tある車体にはパワーが足りません。高級SUVの名に相応しくないエンジンです。新しい2.5Lのハイブリッドエンジンは力強さと低燃費を実現しています。燃費は21.4km/Lですが実際には12~14km/Lの燃費です。先代モデルまでの2.4Lエンジンの燃費が実際8~10km/Lだったことを考えると十分な数値です。

ハイブリッド車のパワーは初代ハリアーと二代目ハリアー前期モデルに搭載されていたV6 3.0Lエンジンと変わらない加速感が味わえます。静粛性も高速走行の坂道で踏み込まない限り優れており、高級車に相応しい内容になっています。

高級感ある内装 ゆとりのリヤシート

06%e3%83%8f%e3%83%aa%e3%82%a2%e3%83%bc%e5%86%85%e8%a3%85a
06%e3%83%8f%e3%83%aa%e3%82%a2%e3%83%bc%e5%86%85%e8%a3%85b
出典 http://toyota.jp/harrier/grade/grade3/
新型ハリアーの内装は合成皮革を各所に使い高級感があります。全体的にソフトな造りでクラウンのSUVといった感覚です。エアコンの操作パネルも使いやすくなっています。また、左右独立温度コントロール付のため左右の微調整も可能です。

運転席もゆったりしたシートで長時間ドライブも問題ありません。SUVのため高い目線も疲労軽減につながります。ハリアーのリヤデザインは絞り込まれたデザインになっていますので後方視界が良くありません。展示車や試乗車で実際に確認することをおススメします。

リヤシートは足元空間も広くゆったり座れます。また、リクライニング機能も装備されます。頭上空間も開放的です。セダンの頭上空間よりゆとりがありますので乗り心地重視ユーザー向きです。

マツダCX-5と日産エクストレイルの競合がベスト

エクストレイル&CX5 さらにアウトランダーPHEVも

ハリアーとの競合車は同車格帯で高級感があるクルマならムラーノですがハイブリッド車の設定はなくメインは2.5Lエンジンです。ムラーノよりもエクストレイルハイブリッドがベスト。ハリアーのガソリン車ハイブリッド車どちらにも対応可能です。しかし、価格帯はガソリン車がベストです。つまり、ハリアーの2.0Lモデルであれば競合には最適です。

ハイブリッド車狙いの競合では、高級感ではワンランク及びませんがCX-5のクリーンディーゼルモデルがベストです。実際の燃費がハリアーハイブリットとCX-5は同じくらいの燃費になります。燃料代はCX-5の方が安くなります。また、三菱アウトランダーPHEVも忘れずに競合しましょう。ハリアーハイブリッド上級グレードとアウトランダーPHEVは同価格帯になります。短距離ならEV走行のみで十分可能なPHEVは魅力的ですので競合には効果的です。

値引き拡大中 20万円以上の値引きを狙おう!

値引き額は車両本体で17万円、販売店オプションのカーナビ装着の場合はオプションから3万円引きを狙いましょう。見た目はメーカーオプションのカーナビしかスッキリ収まらないように見えますが、販売店装着オプションナビでもすっきり収まります。購入価格を考えると販売店装着ナビがお得です。また、メーカーオプションナビ装着は高額なのに値引きにつながりません。販売店装着ナビなら販売店の売り上げにそのまま反映されますし、利益率も高いです。販売店オプションはナビ、フロアーマット、サイドバイザー、ナンバーフレーム、その他ご希望のオプションで25万円前後にはなるはずです。2割の5万円値引きを狙いたいですが、1.5割の値引きでも37,500円になります。ここで頑張るだけでオプションからの値引き目標は達成可能でトータル20万円引きオーバーも可能です。

下取車は必ず別枠で

下取り査定は必ず必要ですが、下取り価格と値引きは必ず分けましょう。値引きが多いように見せかけられ下取り価格が安い場合があります。下取り車がある場合には買取店一括査定を申し込んで下取り価格より概ね5万円以上高い場合には買取店で一番高額査定の業者に売却することがトータルでお得です。なぜ、5万円か?買取店では買取価格にリサイクル料も自動車税月割りも含まれ、売却月によっては5万円前後になります。つまり下取り価格同額で買取店に手放しは絶対に損です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

新型トヨタヴィッツ新車価格情報と、値引き購入のコツ2016-2017!

05%e3%83%b4%e3%82%a3%e3%83%83%e3%83%84%e5%a4%96%e8%a3%85a
出典 http://toyota.jp/vitz/grade/grade3/?padid=ag341_from_vitz_grade3_detail

トヨタヴィッツのスペック情報

トヨタヴィッツの価格帯

1,153,637円~2,199,273円(税込)

トヨタヴィッツのグレード情報

1.0F Mパッケージ、1.0F、1.0Fスマートストップパッケージ、1.3F
1.3U、1.5Uスマートストップパッケージ、1.5U
1.0Jewela、1.0Jewelaスマートストップパッケージ、1.3Jewela
RS、RSスマートストップパッケージ、RS G’s、RS G’sスマートストップパッケージ

1.3LモデルのF、U、Jewelaに4WD車設定あり  RSシリーズに5MT設定あり

編集部おススメグレード 1.0Jewelaスマートストップパッケージ 1,497,273円(税込)

先進安全装備のトヨタセーフティセンスCを標準装備しオシャレなインテリアのJewelaがおススメ。中でもスマートストップパッケージはアイドリングストップ機能付で低燃費を実現しています。FグレードにはトヨタセーフティセンスCを5.4万円でオプション設定しました。

1.3Lモデルは動力性能も燃費性能も1.0Lに比べて優れていますが、価格が高額になります。ハイブリッドモデルのアクアに近づく価格ですのでヴィッツを選ぶなら1.0Lエンジンで割り切るか、スポーツモデルの1.5LのRSを選択するのがおススメです。

ハイブリッド追加の話題も

ヴィッツにハイブリッドモデル追加が2017年3月頃に登場することがほぼ正式に決定しました。エクステリアデザインは改良がほぼ確実でマイナーチェンジレベルになるかプラットホームまで一新しフルモデルチェンジするのかはまだ不確実。ここでのタイトルに2016-2017になったのは現在はとりあえず、セーフティセンスCを追加しグレードの見直し、G’sの追加をメインで作成し、2017年に新型登場時に改めて2017バージョンを作成する狙いがあります。

自分好みのボディカラーを探そう

ヴィッツの選べるボディカラーは17色。自分の好きな色のヴィッツが選べます
ベーシックなコンパクトカーですが他の車種には無い珍しいボディーカラーもあり注目度は高まります。

コンパクトなボディは取り回しが楽ですがリヤガラスが絞りこまれたスタイリッシュなデザインの影響で、左後方の視認性が悪くバックモニターや目視による確認が必要です。展示車や試乗車でご確認ください。

シンプルなインテリア シートも標準レベル

出典 http://toyota.jp/vitz/grade/grade3/?padid=ag341_from_vitz_grade3_detail
05%e3%83%b4%e3%82%a3%e3%83%83%e3%83%84%e5%86%85%e8%a3%85a
05%e3%83%b4%e3%82%a3%e3%83%83%e3%83%84%e5%86%85%e8%a3%85b
ヴィッツのインテリアは質感は高くなくプラスチック感が強いです。シートの造りもスイフトやフィットと比較するとサポート性に欠けます。しかし車内に収納スペースが多くあり助手席のシートも前に荷物がズレ落ちないようストッパーを設定することもできます。小物を男性より多く持ち歩き、買い物袋を助手席に置く女性ユーザーにはおススメです。

Jewelaは写真のように専用カラーで明るいシートになっています。ビジネスイメージを払しょくし、女性に人気のシートカラーです。シートカラーのみでなくドアトリム、ダッシュボードもシートと同色にデザインされオシャレな印象を与えています。

リヤシートの足元空間は広くシートクッション座面が平坦であることから、3名乗車時に中央席でもそれほどお尻が痛くないのがポイントです。1.0L車の場合Jewelaであってもリヤシートが分割可倒式ではなく一体可倒式のため使い勝手に制限があるのが残念です。

低価格のヴィッツ希望なら1.0Lを選択

動力性能は1.0Lモデルは街乗りではスムーズに走りますが加速の場面ではパワー不足で3気筒エンジン音も決して静かとは言えません。しかし、軽自動車並みの低価格で普通車が狙えるのがヴィッツの魅力で軽自動車と比較すれば1.0Lのエンジンはゆとりがあります。

1.3Lモデルは新開発のエンジンで高圧縮化して燃焼効率を高めたアトキンソンサイクルを採用し力強さと低燃費を両立しています。燃費は25.0km/Lと同クラス並です。1.0Lのスマートストップ車よりも1km/L燃費性能がすぐけていますが価格が高価になり充実装備のモデルを狙うならハイブリッドのアクアと同価格帯になります。

通常モデルの乗り心地はソフトですが安定性ではスイフトが上です。スイフトと比較する場合にはスポーツモデルのRSがおススメです。1.5Lでスポーティーな走りを楽しみたい場合はRSシリーズ。RSシリーズでは5速マニュアルも選べます。2速3速での加速はマニュアルならではの楽しさがあります。スイフトスポーツは1.6Lのため税制面ではワンランク上になりますのでヴィッツは税制面では有利です。
05%e3%83%b4%e3%82%a3%e3%83%83%e3%83%84%e5%a4%96%e8%a3%85b
出典 http://http://toyota.jp/vitz/grade/grade5/
1.5Lでスポーティーな走りを楽しみたい場合はRS。RSでは5速マニュアルも選べます。2速3速での加速はマニュアルならではの楽しさがあります。スイフトスポーツは1.6Lのため税制面ではワンランク上になります。専用アルミホイールや専用バンパーでさらにスポーティなRS G’sもラインナップされました。

競合ではライバル車が上 デザインと色で選ぼう

値引き目標は総額15万円を目指そう

値引き額は車両本体で12万円、販売店オプションのカーナビ装着の場合はオプションから3万円引きを狙いましょう。合計で15万円引きを目標にしたいです。
低価格のヴィッツを狙うならハイブリッドの話題も忘れずに出しましょう。販売店ではハイブリッド登場まで待たれてしまえば今の受注がなくなりますので値引き拡大につながります。「ハイブリッド待ちたいが、〇〇万円(ご自身の目標額)にしてくれたら、今ヴィッツに乗りたい」と交渉しましょう。また、ハイブリッドの車両価格は200万円前後が予想されます。オシャレなデザインのヴィッツを今なら車両価格150万円前後で購入できますので車両価格アップ分も十分考慮しましょう。

コンパクトガソリン車で競合

競合車にはトータルバランスに優れているコンパクトカーが勢ぞろい。フィットやノート、スイフトはアイドルストップ機能を幅広いグレードで装備しています。また、ノートは全グレード緊急ブレーキシステムなど最新の安全性能を備え魅力的です。室内空間もフィットやノートは広く使いやすいです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

新型トヨタカムリハイブリッド新車価格・燃費や評判、値引き購入のコツ2017!

03%e3%82%ab%e3%83%a0%e3%83%aa%e5%a4%96%e8%a6%b3
出典 http://toyota.jp/camry/grade/grade2/?padid=ag341_from_camry_grade2_detail

トヨタカムリハイブリッドのスペック情報

トヨタカムリハイブリッドの価格帯

3,221,345円~4,028,400円(税込)

トヨタカムリハイブリッドのグレード情報

ハイブリッド、ハイブリッドGパッケージ、ハイブリッドレザーパッケージ

編集部おススメグレード ハイブリッドGパッケージ 3,427,527円(税込)

17インチアルミホイール、運転席電動パワーシートの装備されるGパッケージがおススメです。クルーズコントロール、横滑り防止装置はステアリング協調制御のS-VSCを全車標準装備しサイド&カーテンエアバックも全車に標準装備されます。基本装備にこだわるなら標準グレードでも十分納得の装備内容です。

緊急ブレーキを含むプリクラッシュセーフティシステムはハイブリッドを除くグレードにオプション設定で12万円から13万円ですので装着したい装備です。できれば、小型車に続々標準化しているセーフティセンスを上級バージョンのセーフティセンスPで標準化を望みたいところです。

トヨタFFフラッグシップセダン

トヨタの前輪駆動ベース(FF)のセダンではカムリハイブリッドが一番大きなセダンとなりました。

カムリは当初2.0L以下5ナンバーセダンでしたがバブルの終わりにカムリプロミネントの登場で2.5Lモデルも誕生しました。その後カムリグラシアの登場により全車3ナンバー化し大型セダン化しました。

プロミネント時代から外装は大きくなってもその質感はベースモデルと変わりなく不満もありましたが新型カムリハイブリッドは内外装の質感を特に向上させハイブリット専用モデルとして登場ました。

プリクラッシュセーフティシステム

カムリハイブリッドの先進安全装備は、標準グレードを除くグレードにオプション設定です。緊急ブレーキの他、オートマチックハイビーム、車線逸脱防止警報、前車追従・自動減速機能付クルーズコントロールが装備されます。

先行車や障害物などをミリ波レーダーで検知し、衝突する可能性が高いと判断した場合に警報やブレーキの制御により衝突回避を支援します。万が一、衝突する場面に遭遇した場合には、警報の後、ドライバーがブレーキを踏むと、緊急ブレーキアシストがブレーキ力を強力にアシストし、前車20km/h、自車80km/hの場合では最大約60km/h程度減速します。また仮にドライバーがブレーキを踏めなかった場合でも、緊急ブレーキが作動します。前車20km/h、自車50km/hの場合では最大約30km/h減速し、衝突を回避あるいは衝突の被害を軽減します。

新型2AR型エンジン+モーター搭載

クラウンハイブリットとほぼ共通のシステム

新型2.5Lエンジン+ハイブリットはエンジン型式ではクラウンと一緒です。クラウンは直噴D4-SエンジンでFR専用設計、カムリは高圧縮比アトキンソンサイクルタイプのエンジンの違いがあります。ミニバンのアルファード&ヴェルファイアと同じエンジンです。
新型カムリはクラウンハイブリットと似たシステム、同等のボディサイズを手に入れ約100万円クラウンの価格を下回っていますのでLサイズハイブリットセダンではお買い得です。

高出力で低燃費

新型カムリのエンジン+モーターのシステム最高出力は205馬力で、かつてのV6 2.5Lエンジン以上の出力を得ています。実用域ではモーターの力強さが増しますのでそれ以上のパワー感があります。

高速走行においても安定した加速感が得られ気持ち良い加速感があります。合流時など力強い加速が要求される場面では4気筒独特のエンジンノイズが少々気になりますが、すぐに加速が済みますので問題ありません。
燃費は23.4km/Lと良好で1.5L以下クラスと同等の低燃費を実現しています。

上質仕上げの内装 ゆとりの後席空間が確保

出典 http://toyota.jp/camry/grade/grade2/?padid=ag341_from_camry_grade2_detail
03%e3%82%ab%e3%83%a0%e3%83%aa%e5%86%85%e8%a3%85a
03%e3%82%ab%e3%83%a0%e3%83%aa%e5%86%85%e8%a3%85b
新型カムリの内装はシンプルな造りですがよく見ると上質な造りになっています。ソフトなレザー風の素材と木目調パネルの組み合わせにより高級感が出ています。また、夜間照明はブルーで統一されオシャレな演出も忘れていません。

左右独立温度コントロール式のオートエアコンも上級車の必須アイテムとなっています。エアコン操作パネルはスッキリ上質なものとなっていますが、風量調整や風向調整をマニュアル操作したい場合にはボタンが小さく操作しにくい面もあります。

クラウンのように豪華なインテリアまではいきませんが、リヤシートの足元空間と頭上空間はクラウンより広く快適な空間が確保されています。ウインダム、日産ティアナからの乗り換えでも十分満足の内容です。

ホンダアコードハイブリッドとの競合がベスト

値引き目標は25万円

値引き額は車両本体で20万円、販売店オプションのカーナビ装着の場合はオプションから5万円引きを狙いましょう。トータルで25万円以上の値引きを狙いましょう。メーカーオプションの装備を増やしても値引き増額には期待できません。

競合は上級ハイブリッドセダンで決まり!

競合はホンダアコードハイブリッドがベストです。車両価格はアコードが上回りますが、オプションでプリクラッシュセーフティシステムを装備するなどオプション装着で同価格帯になります。値引き額も同等額ですのでおススメです。

同じトヨタならハイブリッドセダンのSAIも忘れずに。カムリはカローラ店取扱いでSAIはトヨペット店取扱いです。SAIのハイブリットシステムは先代モデルのカムリハイブリッドと同じで設計が古くなっていますが価格帯も含めて競合には最適です。

また、マツダアテンザのクリーンディーゼルも魅力的です。圧倒的なパワーとクリーンディーゼルの低燃費は軽油価格差も含めるといい勝負になりますので試乗の上、競合に持ち込んで下さい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

新型トヨタカローラアクシオ新車価格・評価情報と、値引き購入のコツ2017!

04%e3%82%a2%e3%82%af%e3%82%b7%e3%82%aa%e5%a4%96%e8%a6%b3
出典 http://toyota.jp/corollaaxio/grade/grade2/?padid=ag341_from_axio_grade2_detail

トヨタカローラアクシオのスペック情報

トヨタカローラアクシオの価格帯

1,485,491円~2,207,127円(税込)

トヨタカローラアクシオのグレード情報

1.3X、1.5X、1.5G
ハイブリッド、ハイブリッドG
1.5Xと1.5Gの2WD車にMT設定あり
1.5Lグレードに4WD設定あり
各グレード価格差詳細は販売店におたずね下さい。

編集部おススメグレード ハイブリッド 2,030,400円(税込)
ハイブリッドモデルなら全グレードにナノイー搭載オートエアコンが標準装備され、5ナンバーサイズで扱いやすいハイブリッドがおススメです。

ガソリンモデルなら1.5Xがおススメ。160万円を切る車両価格は魅力的でオプションで緊急自動ブレーキを含むトヨタセーフティセンスCも選択可能です。1.3Xとの価格差は10万円ほどですので、200ccの動力性能のゆとりと15インチタイヤ(1.3Lは14インチ)、アイドリングストップ機能を考慮すれば迷わず1.5Lを選択しましょう。

数少ない5ナンバーセダンの代表の実力は?

街中で運転しやすいサイズ

カローラアクシオはコンパクトカーにトランクを付けたセダンです。長所も短所も少ないカローラアクシオですが、フロントの顔つきが新型ではシャープになりカッコよさをアップさせました。クルマの長さはミディアムハッチバッククラスと変わらない長さで幅も5ナンバーサイズです。

街乗りでは1.3Lも1.5Lエンジンもどちらも大きな違いが感じられませんが坂道に行けば1.3Lはパワー不足に感じます。ハイブリッド車は街乗りでの加速感や静粛性にアドバンテージがあります。

現在5ナンバーサイズを維持しているコンパクトセダンはカローラアクシオの他にアリオン&プレミオ、日産ラティオ、ホンダグレイスと数えるほどになりました。

アクアのシステムで33.8km/Lの低燃費

アクアと同じシステムを持つカローラアクシオハイブリッド。アクアの37.0km/Lの燃費よりも数値は劣りますが約50kg重いためで実際には大差ありません。実際には25km/L前後の燃費で使用状況によって大きく変わってきます。落ち着きのあるセダンタイプを選ぶならカローラアクシオは良い選択です。

トヨタセーフティセンスCも用意

トヨタも続々と自動ブレーキ装着車を増やしています。簡易的なレーザーレーダーと単眼カメラで前方の状況を認識し時速80キロまで対応します。日産ノートの自動ブレーキと同等のシステムです。

オートマチックハイビームと先行者発進告知機能、車線逸脱警報もセットで装備。ハイブリッドGと1.5Gに標準装備され他のグレードにはオプション設定です。5.4万円のオプション価格ですので装着をおススメします。手放すときの下取り価格、買取価格に影響が予想されセーフティセンスCが装備されていれば高価買取の後押しにもなります。

シンプルな内装 ゆとりの後席空間が確保

04%e3%82%a2%e3%82%af%e3%82%b7%e3%82%aa%e5%86%85%e8%a3%85a
04%e3%82%a2%e3%82%af%e3%82%b7%e3%82%aa%e5%86%85%e8%a3%85b
出典 http://toyota.jp/corollaaxio/grade/grade2/?padid=ag341_from_axio_grade2_detail
インパネ部分からシフトレバーまでの間に空間があり、左足の膝の部分が中央部に当たらずゆとりを感じることができます。ビジネスユースでもプライベートユースでも乗り易い使い易いインテリアです。

高級感は無いがエアコンの操作パネルが使いやすい位置にあり手さぐりでも操作しやすいです。マニュアルエアコンも操作ダイヤルが大きく操作性に優れています。

フロントシートリヤシートとも若干サイズが小さめに感じますがリヤシートの足元空間も十分確保され大人4名乗車でも窮屈感はありません。また、シートバックもしっかりした厚みがあります。

ハイブリット車とガソリン車どちらがお得?

燃費が仮に2倍違うとして差額50万円を埋めるには約10万キロ以上走行する必要があります。10万キロ以上走行するユーザーはハイブリッドがおススメです。しかし10万キロまで走行しなくても、低速域でのモーター走行の力強さと静粛性はハイブリッドの特権。また、下取り、買取など手放すときにはハイブリッド車は価格が安定していますので高価買取が期待できます。購入時のみでなく手放す時まで考えるとハイブリッドの選択がお得になると考えます。

年間走行が5千キロ未満で10年乗っても5万キロに満たない場合には車両価格分を燃費で回収できませんのでガソリン車をおススメします。

ホンダグレイスとの競合がベスト 日産ラティオもアリ

5ナンバーコンパクトセダンを検討するとハイブリッドならホンダグレイス、ガソリン車なら日産ラティオしかないのが現状です。

ホンダグレイスはフィットと同じシステムのハイブリッドシステムです。カローラアクシオと同価格帯ながら燃費数値は34.4km/Lと上回ります。値引き額はもカローラアクシオよりも多くなる傾向にあり絶好の競合車種です。

ガソリン車ならラティオがおススメ。ラティオはティーダラティオの時に比べエンジンも1.2Lになりダウンサイジング&ワンクラスダウンした感があります。しかし、街乗りでの静粛性、動力性には問題ありませんので十分競合車種になります。

目標値引き額は総額15万円を狙おう!

カローラアクシオはトヨタカローラ店の専売車種のためトヨタ同士の競合はできません。値引き額は車両本体で12万円、販売店オプションのカーナビ装着の場合はオプションから3万円引きを狙いましょう。

狙い目は在庫車です。白系とシルバー系のボディカラーは比較的在庫豊富なため当月登録可能なら値引きが拡大しやすくなります。ハイブリッドと1.5XグレードでトヨタセーフティセンスCのオプション装着車は比較的見込在庫として各店で持っている傾向にあります。出来るだけ安く購入希望なら在庫車または販売店に出荷済のクルマを狙いましょう。特に大都市圏や大型店では台数を確保しなければならないため、月末にかけて値引きが拡大する傾向にありますので、場合によっては20万円近い値引き額も期待できます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

新型ホンダフリード新車価格情報と、値引き購入のコツ2016!

%e3%83%95%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%89%e5%a4%96%e8%a6%b3
出典 http://www.honda.co.jp/FREED/webcatalog/type/FREED/

ホンダフリードのスペック情報

ホンダフリードの価格帯

1,880,000円~2,728,000円(税込)

ホンダフリードのグレード情報

ガソリンモデル B、G、Gホンダセンシング
ハイブリッドモデル B、G、Gホンダセンシング、EX
ハイブリッドEXを除く6人乗り車に4WD車設定あり
BとハイブリッドEXを除くグレードに7人乗り設定あり
詳細は販売店におたずね下さい。

編集部おススメグレード
Gホンダセンシング 2WD 6人乗り 2,100,000円(税込)

オートエアコンは全グレード標準装備されます。両側パワースライドドアが装備されるのはGホンダセンシングとハイブリッドのBを除くグレードに装備されます。ガソリンタイプのGグレードは左側のみパワースライドが装備され右側はオプションです。ベーシックなBグレードには設定はありません。

衝突軽減自動ブレーキ、追従機能付のアダクティブクルーズコントロール、両側パワースライドドア機能はぜひとも欲しい機能。シートアレンジと使い易さは6人乗りを選択がベスト。しかし通常は5人乗りモードで使用する機会が多い場合には7人乗りモデルを選択すると使い勝手が良くなります。

ハイブリッド車はガソリン車との価格差は約29万円。年間走行距離が15,000km以上走るユーザーならハイブリッドがおススメですが、15,000km未満なら、価格差の初期投資分は燃費で回収できませんので、街乗り、チョイノリメインのユーザーならガソリン車がおススメです。また、ハイブリッドGホンダセンシングの価格は約249万円。この価格はひとクラス上のステップワゴンの中間グレードGグレードと同価格帯です。同じ5ナンバーサイズミニバンならステップワゴンが絶対気になります。

大きなフィット?小さなステップワゴン?

2008年に登場したホンダフリードは8年以上フルモデルチェンジをせず販売継続してきましたが、2016年9月新型にフルモデルチェンジしました。フリードはホンダのコンパクト7人乗りモビリオの後継モデルとして登場し5人乗りモデルのスパイクも登場していました。新型フリードではスパイクの5人乗りポジションをフリード+(プラス)として同時発売されました。

新型フリードのフロントデザインはフィットやステップワゴンと似たデザインでひと目でホンダ車とわかるデザインです。全長4.3mを切るコンパクトボディで6人から7人しっかり乗れるミニバンです。ライバル車はトヨタシエンタ。シエンタは一足先にフルモデルチェンジし2016年上半期の販売台数はプリウス、アクアに次ぐ3位の販売実績を誇りシエンタから人気を奪うことが出来るかがひとつのカギになります。

ステップワゴンを意識したインテリア

%e3%82%b9%e3%83%86%e3%83%83%e3%83%97%e3%83%af%e3%82%b4%e3%83%b3%e5%86%85%e8%a3%85b
出典 http://www.honda.co.jp/FREED/webcatalog/interior/design/
%e3%82%b9%e3%83%86%e3%83%83%e3%83%97%e3%83%af%e3%82%b4%e3%83%b3%e5%86%85%e8%a3%85a
出典 http://www.honda.co.jp/FREED/webcatalog/interior/cabin/
フィットベースでありながらミディアムクラスミニバンのステップワゴンに負けないすっきりした質感の高いインテリアです。全車にオートエアコンが標準装備されます。計器類は全車デジタル表示方式で全体的に遠視点で視認性に優れ横に広いワイドデザインです。先代フリードは、ガソリン車がアナログ式でハイブリッド車がデジタル式でした。

シエンタ比プラス35mmの全高アドバンテージ

新型フリードは直接のライバル車となるトヨタシエンタと比較し車高が35mm高い1,710mm。室内空間にも影響しセカンドシートとサードシートでは頭上空間にゆとりが生まれます。

6人乗りモデルはセカンドシート中央部をウォークスルー可能なためサードシートへのアクセスが良好です。サードシートは頭上空間に問題はないものの背もたれは低目。ヘッドレストをグーンと伸ばして使用するため長時間の乗車には向きません。しかし全長4.3mを切るコンパクトボディで大人6人フル乗車可能な点は評価すべて点で、都市部で駐車場が限られたユーザーにとってはうれしいミニバンです。

スポーティなノーマルエンジンと低燃費のハイブリッド

27.2km/Lの低燃費

JC08モード27.2km/Lの低燃費を誇るフリードハイブリッド。先に販売開始されたトヨタシエンタと全く同じ燃費数値です。しかし、フリードハイブリッドで27.2km/Lの燃費はBとGホンダセンシング6人乗りのみ。Gホンダセンシング6人乗りオプション装着車と7人乗り、EXは26.6km/Lと重量の関係でスペックが変わります。

スポーツハイブリッドと呼ばれるシステムらしく低速から力強い加速が体感できます。フィット同様にトランスミッションは7速オートマチックできめ細やかなシフト操作を行ってくれます。しかし、マニュアル操作ができないのが残念。シフトをLに操作するとかなり強めなエンジンブレーキが作動し「ちょうど良さ」を見つけるのに大変です。ぜひ改良、マイナーチェンジでパドルシフトを装備しマニュアル操作可能にしてもらいたいです。

フィットRS譲りのガソリンモデル

リーズナブルなガソリンモデルのエンジンはフィットRSと同じ直列4気筒直噴方式のハイパワー&低燃費を両立したガソリンエンジンです。

最高出力は131馬力を発揮しJC08モード19.2km/Lの低燃費を実現。これは少し前の2.0L車のパワーと軽自動車並みの低燃費です。

ホンダセンシングは選択して損なし

ミリ波レーダーと単眼カメラを使い、クルマの前方の状況を認識します。ブレーキやステアリング制御技術と協調し、自動ブレーキのアシストなど事故回避を支援する先進のシステムです。

歩行者認識機能や車線逸脱警報も装備し前車追従可能なアダクティブクルーズコントロールも装備します。車線逸脱警報は警報のみでなく車線内を走行できるようにステアリング操作も支援します。ただし、自動運転では無くアシストですのでシステムを過信しないよう安全運転に努めましょう。

価格は12万円アップ(ガソリンG比)それ以上の価値アリ

先進安全装備のホンダセンシングですが、グレードをGホンダセンシングにするだけで、右側のパワースライドドアも標準装備され、フロントとフロントドアガラスには通常の紫外線カット機能に加え赤外線カット機能もプラスされています。赤外線カット機能ガラス装着車は、ETC車載器を後付する際には赤外線を通すガラス部分があるので、必ずその部分を選びましょう。

値引きはキツイ 競合はトヨタシエンタ

総額5万円値引きを目指そう

販売店装着オプションナビを装着し総額で3万円以上の値引きが獲得を目指しましょう。最初の商談では値引きなしが基本です。販売店オプションのナビを装着する場合には3万円から5万円の総額値引きを目標にしましょう。車庫証明関係費用や納車費用など販売諸経費の削減も含め努力することが大切です。

トヨタシエンタが絶好のライバル

シエンタはガソリン車ハイブリッド車ともフリードよりも価格設定が約10万円前後安い価格設定。コンパクト3列シートミニバンの競合にはピッタリです。

フリードは初期オーダーで納期の少々時間がかかり、当月受注当月登録に結び付きにくいため、欲しい人だけに売る強気な販売傾向も感じられます。その際は焦らず時期を変えるか店を変えましょう。

年度末2月、3月にはある程度落ち着き、値引き幅も拡大すると予想します。待てるユーザーは待ちましょう。値引き額も今はほぼ無い状況ですが、10万円前後まで拡大が予想されます。年度末の売らなければならない時期に値引きをしなければライバルシエンタにお客様を奪われますので引いてくるはずです。その時期を待ちましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

新型ダイハツムーヴキャンバス新車価格情報と、値引き購入のコツ2016!

%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%b3%e3%83%90%e3%82%b9%e5%a4%96%e8%a6%b3
出典 http://carview.yahoo.co.jp/ncar/catalog/daihatsu/move-canbus/F001-M001/image/?img=1

ダイハツムーヴキャンバスのスペック情報

ダイハツムーヴキャンバスの価格帯

1,188,000円~1,668,600円(税込)

ダイハツムーヴキャンバスのグレード情報

標準シリーズ L、L SA2、X、X SA2、Xリミテッド SA2、G SA2
メイクアップシリーズ X SA2、Xリミテッド SA2、G SA2
全車4WD車設定あり

編集部おススメグレード
Xリミテッド メイクアップリミテッドSA2 1,479,600円(税込)

オートエアコンが装備されるのはXグレード以上、さらに両側パワースライドドアが装備されるのはXリミテッド以上です。また、フロント、サイド、リアバンパー部にメッキモール、ツートンカラーホイールキャップ、LEDフォグランプがメイクアップシリーズに標準装備され可愛らしくオシャレなデザインに仕上がっています。ムーヴキャンバスらしさをアピールする最適なグレードがXリミテッド メイクアップリミテッドSA2です。

SA2のスマートアシスト2は自動ブレーキを含む安全装備ですが、メイクアップシリーズ全車に標準装備で標準シリーズではLとXグレードで装備無しモデルも選択可能です。夜間ステアリングを切った際に照射方向を可変できるAFS機能付のLEDヘッドライトは最上級のGグレードに標準装備されます。

ムーヴ、でもベースはタント

ムーヴキャンバスは名前はムーヴですがクルマのベースはタントです。車高が高くスペース効率に優れた室内と、スライドドアで乗降性に優れたタントの機能をそのままに、外観をレトロ調に仕上げたキャンバスはオシャレに乗りこなしたい女性ユーザーにピッタリのクルマです。

価格を抑えたその理由は?

ムーヴキャンバスの価格は118.8万円からでベースのタントの同じLグレートと比較して約4万円低価格です。また、主要グレードを比較してもお求めやすい価格でタントカスタムの最低価格よりもムーヴキャンバスのGメイクアップの価格方が低価格なのです。ムーヴキャンバスにはカスタム系グレードが存在しません。カスタム=メイクアップに相当しますが、強調したスポーティな装備、タントカスタムのようなワイルドさはありません。また、ターボエンジンは搭載されませんでした。

スポーティな走りを求めず、日常の買い物や通勤に使用する女性ユーザーにとってパワーよりも使い勝手もお求め易さを優先したのがムーヴキャンバスです。

広さと使い勝手が良いカワイイインテリア

%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%b3%e3%83%90%e3%82%b9%e5%86%85%e8%a3%85a
%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%b3%e3%83%90%e3%82%b9%e5%86%85%e8%a3%85b
出典 http://www.daihatsu.co.jp/lineup/move_canbus/04_interior.htm
タントの使い易さがそのまま受け継がれています。エアコン操作パネルやドア内装デザインが変更されているもののほぼ共通です。シートの造りやリヤシートのスライド量が240mmである点も共通です。リヤシートは左右独立分割してスライドリクライニング可能ですので使い勝手は良好です。

ムーヴキャンバスの特徴のひとつとしてリヤシートクッション下部から脚付きのトレイが引き出せます。「置きラクボックス」と呼ばれる装備で、ベーシックなLグレード以外に装備されます。ショッピングバックを足元フロアに置きたくない場合にそのまま丁度良い高さのトレイになります。スライドドアを開けてそのまま自然な姿勢で置くことが出来るので便利です。

さらにパワースライドドア装着車はドアが閉まっている途中でもロックが可能で閉まりきってからドアロックを自動でしてくれる便利な装備もうれしいです。ドアが閉まりきるのを待つ必要がありません

メイクアップにはインパネ周りとドアスイッチベースにモカ、ミント(写真)、ピンクのインテリアアクセントカラーがプラスされ可愛らしさがアップします。

経済性とバランスに優れたノーマルエンジン

ムーヴキャンバスは全車ノーマルエンジンです。軽自動車のスタンダードとなる直列3気筒DOHCエンジンで出力は52馬力です。日常よく使う低回転域で十分なパワーを発揮するため普段の買い物や通勤ではストレスなく走行可能です。また、アイドリングから走行時の静粛性にも優れています。しかし、上り坂での加速や高速道路の合流の場面では少々苦しい場面もありますので、アップダウンの多い地域にお住いのユーザーや高速走行が多いユーザーはターボ搭載車が待ち遠しいところです。

28.6km/Lの低燃費

JC08モード28.6km/Lの低燃費を実現し背高軽自動車の中では優れています。実際には10km/L台後半の燃費が予想されます。軽自動車では車体が重く、ノーマルエンジンのため負担が大きく、街乗りで発進停止を繰り返すと更なる燃費悪化が懸念されます。インフォメーション内の平均燃費計をリセットし少々長い時間試乗してその数値を見てみるのも良い方法です。

SA2 スマアシ2は対応速度をアップ

先進安全装備の自動ブレーキのスマートアシスト2は以前のスマートアシストに比べて対応速度をアップされました。自動ブレーキによる衝突軽減・回避は30km/hから50km/hへ、衝突警報は100km/hまで性能をアップさせました。自動ブレーキについては日常域を全カバーする80km/hまでアップさせて欲しい所です。

値引きは渋め 競合はスズキスペーシア

総額8万円値引きを目指そう

登場したばかりのムーヴキャンバスの値引きはまだまだ渋い状況です。値引き額は車両本体で5万円、販売店オプションのカーナビ装着の場合はオプションから3万円引きを狙いたいところです。ムーヴキャンバスのオーディオはオーディオレスが標準ですので多くのユーザーはナビゲーションを装備したいところです。販売店装着オプションナビを装着し総額で8万円以上の値引きが獲得を目指しましょう

これから年末、年度末の3月の決算時期に向けてさらに条件が緩くなることが予想されますの今、急がない場合には、じっくり待ってみましょう。

スズキスペーシアとの競合がベスト

競合車は背高軽自動車でスライドドア装備のスズキスペーシアです。スペーシアのターゲットも女性ユーザーです。スペーシアの方が登場して間もないムーヴキャンバスより値引き条件は良いはずです。商談が煮詰まりもう一押しのところでスペーシアの見積条件を提示し値引き拡大を狙いましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

新型日産セレナ新車価格情報と、値引き購入のコツ2016!

c27セレナ
出典 http://www2.nissan.co.jp/SERENA/c271608g09.html?gradeID=G09&model=SERENA

日産セレナのスペック情報

日産セレナの価格帯

2,435,400円~3,187,080円(税込)

日産セレナのグレード情報

S、X、G、ハイウェイスター、ハイウェイスターG
ハイウェイスタープロパイロットエディション
ハイウェイスタープロパイロットエディションG

SとハイウェイスターG系を除くグレードに4WDの設定あり。

編集部おススメグレード
ハイウェイスタープロパイロットエディション(2WD) 2,916,000円(税込)
最新の自動運転技術プロパイロットが標準装備されたプロパイロットエディションがおススメです。通常のハイウェイスターと比較して、プロパイロット以外にもカーテン&サイドエアバック、車体ドア下部に足を入れるだけで作動するハンズフリー両側電動スライドドア、踏み間違い防止アシストも標準装備させれます。新型C27セレナではリヤエアコンは4WD車とハイウェイスタープロパイロットエディションG以外のグレードではクーラー機能のみです。オプションでプッシュコントロール式フルオートリヤエアコンを選択おススメします。

Xグレードでオプション装備なら同価格

Xグレードでプロパイロット、両側電動スライドドアなどオプションを積み上げると、ハイウェイスタープロパイロットエディションの価格に迫ります。50万円近い価格差が無くなります。また、ハンズフリー電動スライドドアはハイウェイスター用サイドエアロパーツ下部にセンサーが付くため標準グレードでは装備されません。自動運転のプロパイロットと両側電動スライドドアならハイウェイスタープロパイロットエディションの選択がおススメです。

5ナンバーサイズ 家族のミニバン

セレナはハイウェイスターのサイズが車体の形状の違いから3ナンバーになりますが基本は5ナンバーサイズで扱いやすいサイズです。ウィークディはママのお買いものや子供の送迎に使い、週末は家族でドライブ、1台ですべて出来てしまうミニバンです。

トヨタノア&ヴォクシー、ホンダステップワゴンなど人気車が揃うミディアムクラスミニバン。新型セレナはクラストップレベルの室内空間と使い易さを確保しながら、長距離ドライブでの運転者の負担を軽減する半自動運転とも呼ばれるプロパイロットをライバルに先駆けて装備しました。

プロパイロットの実力は?

新型セレナにはこれまでの衝突予防軽減の自動ブレーキシステムに加え自動運転をアシストするプロパイロットを装備可能にしました。
c27セレナ内装d
c27セレナ内装e
出典 http://www2.nissan.co.jp/SERENA/point_propilot.html
高速道路走行の際に同一車線内で前車との車間をキープしながら加速減速に加えステアリング操作もアシストする半自動運転技術が装備されました。一般道では車線の認識が上手に出来ずほとんど使えません。単調な高速走行時には便利な機能です。

注意すべき点は、万一の事故の際にはドライバーに責任がある点です。あくまでも運転を補助する装置ですので本当の自動運転ではありません。ステアリングから5秒以上手を離せば警告音が出ます。車間クルーズ作動中でも前車との距離が近いのに減速せずドキッとする場面もありますので決して過信しないことが大切です。

Sハイブリットのパワーユニットを継続

Sハイブリットって何?

セレナのSハイブリットエンジンはベーシックなグレードS以外に搭載されています。
減速時の回生エネルギーを蓄えてアイドリングストップ時の電源に利用し発進時の加速にアシストする機能がセレナのSハイブリット機能です。トヨタやホンダのハイブリットと違い電気のみでの発進はできずエンジンは稼働します。
燃費性能は2.0Lエンジン+アイドリングストップ付のSハイブリッドの燃費は先代セレナより若干向上しXやノーマルのハイウェイスターで17.2km/L、プロパイロット装備なら車両重量が1,660kgを超えるので16.6km/Lです。しかしエンジンはMR20DD型と同じのため実際の燃費に差が出ません。街乗り市街地で9km/L前後、郊外で12km/L前後、高速走行で14km/L前後です。

十分な動力性能を発揮

セレナは発進加速から高速域までスムーズに加速します。特に2000回転から3000回転域でのトルクが高く、普段最も利用する回転域で力を発揮します。CVTとの組み合わせで2500回転前後で加速しますのでパワー不足を感じる場面は少ないです。

山道の登り坂や高速道路の登り坂は失速し苦しい場面はありますが、クルーズコントロールを全車標準装備することにより高速走行を快適にアシストします。追従機能が進化し前車が停止してから発進まで3秒以内なら何も操作せずに追従して再発進してくれます。

上質な内装と使いやすいシート

出典 http://www2.nissan.co.jp/SERENA/interior.html
c27セレナ内装a
c27セレナ内装b
先代セレナの面影を残しながら正常進化したインテリアです。メーターパネル左側の大型インフォメーションディスプレイには走行状態のほか、駐車をアシストするアラウンドビューモニターの画面にもなります。ステアリングには右にプロパイロット用、左にはオーディオ操作用のスイッチが装備されます。

シートが小さく感じる新型

インパネの質感は先代同様でプラスチック感が強くスッキリしていますが高級感があるとまでは言えないレベルです。セカンドシートもサードシートも大人が普通に座れるサイズになっていますので7人乗車で移動もラクラクです。乗車定員は8名でサードシートに大人三名乗車でもそこそこ快適に乗車可能です。

新型セレナで気になる点は先代モデル比較で運転席で50mm、助手席で40mmシート幅が小さくなった点です。太もも付近のゆったり感が無くなり長距離移動の際には不安を感じます。ウォークスルーの快適さよりも乗車の快適性をキープして欲しかったです。

セレナで便利な機能が移動式のコンソールボックスです。セカンドシートに移動すれば8人乗りモードでベンチシートになります。フロントシートに移動すればフロントコンソールボックスになり、非常に使い勝手に優れています。この装備、機能がありますのでセレナには7人、8人の乗車設定はありません。

ハーフサイズのバックドア採用

出典 http://www2.nissan.co.jp/SERENA/equip_luggage.html
c27セレナ内装c
これまでの全てオープンのバックドアに加えガラスハッチオープンのようにハーフサイズでバックドアが開閉可能になりまし。これまで、バックドアを開けた際に荷物が崩れ落ちるケースや、広いスペースを確保しないと開閉できなかったり不便に感じていたバックドアの問題が解消されました。

ノア&ヴォクシーハイブリッドとの競合 新型で値引きは渋め

値引き総額15万円を狙おう

新型セレナの値引きは車両本体価格から10万円前後、販売店オプションのナビゲーション選択時にはオプションから5万円の値引きを狙い総額で15万円の値引きを目標にしましょう。先代セレナは40万円以上の値引きが飛び出していましたのでギャップを感じますが、新型のため渋めです。待てるなら年度末商戦の2月3月を狙いましょう。半年経過しますし、年度末は台数が必要ですので、20万円引きは突破することと思われます。

ノア&ヴォクシーのハイブリッドの見積で競合がポイント

なぜ、ハイブリッドモデルで競合するのか?ガソリンモデルなら先進のプロパイロットや燃費効果は少なくてもSハイブリッドでセレナの訴求効果は高くなります。トヨタノア&ヴォクシーのハイブリッドモデルの価格帯がセレナハイウェイスタープロパイロットエディションの価格と同価格帯です。

ノアハイブリッドのJC08モード燃費は23.8km/Lで燃費の差は大きく「燃費の良いトヨタのハイブリッドにしようか迷ってる」との一言で十分値引きを拡大させる効果大です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

新型スバルレガシィアウトバック新車価格情報と、値引き購入のコツ2016!

24アウトバックa
出典 http://www.subaru.jp/legacy/outback/grade/outback.html

スバル レガシィアウトバックのスペック情報

スバル レガシィアウトバックの価格帯

3,186,000円~3,456,000円(税込)

スバル レガシィアウトバックのグレード情報

アウトバック、アウトバックリミテット

編集部おススメグレード アウトバック 3,186,000円(税込)

アウトバック標準モデルとリミテットのどちらのグレードにおいても、スバルの最新予防安全システムのアイサイトバージョン3と後側方警戒支援システムや自動ハイビームを備えたアドバンスドセイフティパッケージを装備し、レガシィセダンタイプのB4同様に予防安全評価最高得点を獲得しました。全車にLEDヘッドライト及び左右独立温度調整式オートエアコンなど高級車に装備される装備を標準装備しました。
リミテットは18インチアルミホイール、アルミパット付ペダルと本革シートを標準装備しますが安全装備での差がありませんので、こだわりが無い場合は標準のアウトバックがオススメです。17インチホイール装着車の方が乗り心地はソフトのため乗り心地重視のユーザーは標準グレードがおススメです。

レガシィのワゴンはアウトバック1本に

2014年10月に登場したレガシィアウトバックは6代目のレガシィクロスオーバースタイルのクルマです。これまではレガシィツーリングワゴンのSUV版として存在したアウトバックですが、レガシィツーリングワゴンが消滅したことによりレガシィのワゴンが欲しいユーザーはアウトバックの選択のみとなりました。セダンの乗り心地、SUVの悪路走破性、ステーションワゴンの積載性を兼ね備えプライベートからフォーマルまで使えるクルマです。

200mmのロードクリアランスは悪路に有利

レガシィアウトバックの最大の特徴でもある高いロードクリアランスです。最低地上高に余裕があるため悪路走破性に優れ、特に降雪地域で氷でデコボコになった道路も安定して走行することができます。高級感あるフォーマルなスタイリングながらオフロード重視のスバルXVと同じスペックを実現しています。

水平対向4気筒2.5Lはトータルバランスに優れる

新型レガシィアウトバックに搭載されるエンジンは水平対向4気筒2.5Lエンジンのみ。トランスミッションは6速マニュアルモード付のCVTです。1気筒あたり600ccオーバーの排気量は発進加速時にゆとりがあり使い易いエンジンです。高速域でも3000回転でのトルクが使い易いため素早いレスポンスを求めなければ十分満足したクルージングが行えます。先代のレガシィアウトバックには3.6Rと呼ばれる水平対向6気筒3.6Lエンジン搭載グレードがありましたが、新型では廃止され、レガシィツーリングワゴンに搭載されていたターボエンジンも搭載されていません。気になる燃費はアイドリングストップ機能をプラスしてもJC08モード14.6km/L。2.5Lエンジンの4WD車では良好で実際の燃費は街乗りメインでは10km/L前後の燃費です。高速走行ではJC08モードのカタログ燃費に迫る燃費も期待できます。

Xモードスイッチによる安全安心制御とAWDと安定感の高い足回り

24アウトバックc
出典 http://www.subaru.jp/legacy/outback/driving/performance.html
雪道や砂利道でタイヤがスリップしてしまった場合、X-MODEのスイッチをONの状態にしておけばXモード制御が瞬時に反応してくれます。エンジン、トランスミッション、シンメトリカルAWD、横滑り防止のVDCをトータルで制御します。全てのタイヤへの駆動力やブレーキなどをバランスよく最適にコントロールすることにより、スムーズな走行を実現します。下り坂などで車速が急に上がってしま状況になった場合には「ヒルディセントコントロール」が作動します。ブレーキ操作がシビアになる雪道や砂利道の下り坂などで、車速を一定に維持しながら下り坂を走行することができます。

レヴォーグよりも上質に高級に

24アウトバックb
出典 http://www.subaru.jp/legacy/outback/grade/outback.html
自発光式のメーター類は奥に配置され日中の日差しの強い時でも視認性に優れています。高級車に多く装備される左右独立温度調整式オートエアコンを装備し快適な室内空間を保ちます。インパネ全体の質感も高くドアトリムの造りもしっかり造り込まれスバルのフラッグシップワゴンにふさわしいインテリアです。インテリアデザインにはSUVのテイストは感じられずセダンのB4と共通のデザインです。

数少ない大型ステーションワゴンは貴重な存在

全長4,815mm、全幅1,840mmと大型のボティを持つレガシィアウトバックは快適な乗り心地と高い積載性を兼ね備えています。セダンタイプのB4と比較しリヤシートの頭上空間にゆとりがあります。かつてトヨタクラウンエステートやマーク2ブリット、日産ステージアなど大型ステーションワゴンが多く存在しましたが、現在はSUVやミニバンに人気に押されレガシィアウトバックとマツダアテンザワゴンとトヨタアベンシスの3車種が代表車種になっています。

タイプは異なるがアベンシスとアテンザワゴン競合

レガシィアウトバックの値引きは車両本体価格から25万円、販売店装着のナビゲーションシステムを選択して5万円前後の値引き合計30万円前後の値引きが目標です。商談当初は15万円前後の値引き提示が一般的。月初から商談を開始し月末に決める、9月の仮決算時期を狙って商談を開始するなど少々長い目で見てじっくり値引き交渉することが大切です。車両本体価格と付属品から値引き総額で25万円以上なら地域差もありますので成功といえます。これから9月仮決算時期なら総額30万円引き以上を狙いましょう

アベンシスとアテンザワゴンの見積を用意しよう

大型サイズのステーションワゴンのアベンシスとアテンザワゴンの見積を用意しましょう。ただし、レガシィアウトバックと直接ライバルとなるステーションワゴンSUVはありません。輸入車も含めるとアウディA4オールロードクワトロがありますが車両価格がレガシィアウトバックの約二倍のため競合にはなりません。競合のための見積はあくまでも参考程度で月末の販売店が受注が欲しい時期をじっくり狙って商談することがおススメです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

新型スバルWRX S4新車価格情報と、値引き購入のコツ2016!

15WRX外観
出典 http://www.subaru.jp/wrx/s4/grade/

スバル WRX S4のスペック情報

スバル WRX S4の価格帯

3,348,000円~3,564,000円(税込)

スバル WRX S4のグレード情報

2.0GTアイサイト、2.0GT-Sアイサイト

編集部おススメグレード 2.0GTアイサイト 3,348,000円(税込)
18インチアルミホイール、アルカンターラ+本革シート、ビルシュタイン製ダンパーの装備の違いがGTとGT-Sの装備の違い。全車ターボエンジンではありますがスポーツリニアトロニックCVT搭載のWRX S4は別にラインナップされるSTIと比べ実用志向のため、17インチアルミホイールを標準とするGTの方が乗り心地も良くスポーツ性と快適性を兼ね備えています。
先進安全装備のアイサイトや左右独立温度調整機能付フルオートエアコン、LEDヘッドライト、前席電動パワーシートなど高級車並みの装備は全車標準装備です。

MTを選ぶなSTI

よりパワーチューンされているWRXにSTIモデルがありますがこちらは6MTのみのトランスミッション。前席電動パワーシート、アイサイトが装備されず、価格は50万円前後アップのよりスパルタンなモデルです。最高出力、最大トルク共にS4を上回る高回転スポーツ型のエンジンを搭載しています。

かつてのインプレッサWRXがS4

世界ラリー選手権でも活躍したインプレッサWRXは当時非常に人気でした。常にライバルの三菱ランサーエボリューションとの販売競争を続けてきました。ランサーエボリューションは販売終了しましたがインプレッサはWRXの名称で販売を続けています。エクステリアデザインはインプレッサよりもレヴォーグのセダンの印象です。

SIシャシーの最高峰WRX

フロントにストラット式リヤにダブルウィッシュボーン式サスペンションを装備する特徴を持つスバルSIシャシーは現在のスバル車共通のシャシーです。さらにGT-Sにはビルシュタイン製ダンパーも採用しました。ブレーキは4輪とも放熱性に優れたベンチレーテット式を採用しブレーキ性能を高いレベルで確保しています。

直噴2.0L水平対向ターボエンジンは文句なしのパワー

最高出力は2.0Lエンジンながら300馬力を発揮。さらに最大トルクは40.8kgmを2000回転から4800回転までの領域で発生し続けるフラットトルクを実現しています。つまり日常走行域で常に最大トルクを発生させCVTによる加速のもたつき感を全く感じさせません。誰でも簡単に速く走ることができるのがWRX S4です。

SIドライブによるエコとパワーの使い分け

SのスポーツモードとIのインテリジェントモードでスポーツドライブとエコドライブを使い分けることができます。インテリジェントモードだからパワーが無いわけではなくパワフルですが低燃費に配慮した制御になっています。300馬力を発揮するハイパワー車でJC08モード13.2km/Lの低燃費を実現しています。

低重心設計の水平対向エンジン

15WRXエンジン
出典 http://www.subaru.jp/wrx/s4/driving/technology.html
国産メーカーではスバルのみが製造する水平対向エンジン。海外ではポルシェのエンジンが有名です。エンジンで重心を低く抑えることができるのが水平対向エンジンの特徴。空力性能はもちろんですが重心が低いことでカーブでのロールを抑えることができ安定した走りが可能になります。

スポーツ性能に特化したインテリア

15WRX内装a
15WRX内装b
出典 http://www.subaru.jp/wrx/s4/grade/grade.html#grade1
WRX S4のインテリアはインプレッサスポーツやXVと共通なインテリアですがメーターパネルは赤い文字+白の指針でスポーティ。ゼロの位置が水平の位置にある水平指針を採用しています。スピードメーターは280km/hまで刻まれスペックの高さをアピール、タコメーターは最大トルクが発揮される2000回転から5000回転までの間が丁度上の位置にあるため視認性に優れています。

マニュアルモードでの走行も楽しくなります。また、カーボン調インパネ加飾パネルも採用しさらにスポーツ性を高めました。

上質なシートも特徴

フロントシートはホールド性の高いシートでさらに赤いスティチが施されています。GT-Sにはアルカンターラと本革シートの組み合わせで座り心地も見ためにも良好です。さらにWRX S4には運転席助手席とも電動パワーシートが標準装備されています。快適性も忘れてはいません。

ライバル不在 競合はゴルフGTIか?

2015年に最大のライバル三菱ランサーエボリューションが販売終了したことでライバル車が不在となっています。2.0Lターボ+4WDスポーツが不在の中、フォルクスワーゲンゴルフGTIが競合として最もふさわしいのではないかと考えます。走行性能の高さ、質感、価格面で十分競合が可能です。

総額10万円の値引き獲得を目指そう!

値引き額は車両本体で5万円、販売店オプションのカーナビ装着の場合はオプションから5万円引きを狙いましょう。4WDターボのスポーツセダンという今では特殊なジャンルのクルマのWRXは国産車で競合が出来ないため、値引き額は厳しい面もあります。四半期ごとの決算時期以外ではトータル値引き7万円超えが合格ラインです。

しかし、販売店オプションのボディコートや下回りコーティング、ガラスコート、長期メンテナンスを選択した際には確実に総額10万円引きを目指しましょう。これらのオプションは利益率が非常に高い商品です。

アクセラスポーツディーゼルも参考までに

ジャンルは異なりますがスポーツ性に優れたクルマとしてマツダアクセラスポーツがあります。中でもスカイアクティブディーゼルを搭載した2.2LのXDグレードで見積もりを取ってみましょう。WRX S4よりも大きなトルクを発揮するエンジンに6ATの組み合わせは注目する価値は十分にあります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

新型スバルフォレスター新車価格情報と、値引き購入のコツ2016!

16フォレスター外観
出典 http://www.subaru.jp/forester/forester/grade/

スバル フォレスターのスペック情報

スバル フォレスターの価格帯

2,149,200円~3,128,760円(税込)

スバル フォレスターのグレード情報

2.0i、2.0i-L、2.0i-Lアイサイト、X-BREAK、S-Limited、XTアイサイト
2.0i、2.0i-Lに6MT設定有

編集部おススメグレード 2.0i-Lアイサイト(AWD、CVT) 2,689,200円(税込)
17インチアルミホイール、左右独立温度調整式オートエアコン、本革巻ステアリング、プリクラッシュブレーキや車線逸脱防止警報装置など含めた先進安全装備のアイサイトが標準装備される2.0i-Lアイサイトがおススメです。
ベーシックな2.0iを除く全車にLEDヘッドライトやサイド&カーテンエアバックが装備され、ひとつ上の2.0i-Lで必要な装備は充実します。さらにアイサイト装着車は先進の衝突予防安全技術に優れています。は価格が魅力的。2.0i-Lよりも40万円以上安い価格の2.0iは価格的には魅力ですがレンタカーや法人リース向け。中古車として再販されたときに装備内容を要チェックしたいグレードです。

MT車も選べるフォレスター

2.0iと2.0i-Lは6MT車も選択可能でリニアトロニックCVTと同価格です。ターボモデルのXTアイサイトに欲しい6MTですが設定はありません。MT車に設定できないアイサイトですがMT車に対応可能なアイサイトも用意して欲しいです。

インプレッサベースのSUV

インプレッサベースに車高の高いSUVがフォレスター。水平対向エンジンを搭載していますのでライバル車と比較して重心を低くハンドリングは高いレベルで安定しています。また、220mmのロードクリアランスにより悪路走破性も高いクルマです。サスペンションはインプレッサ同様フロントストラット式、リヤダブルウィッシュボーン式で直進安定性と乗り心地を高め、スバルの4WD技術は優れており高い悪路走破性を確保しながらオンロードでは4WDを意識しない自然なハンドリングを実現しています。

アイサイトはバージョン3へ

スバルの先進安全技術アイサイトは、これまでフォレスターに搭載されていたのバージョン2。2015年11月のマイナーチェンジによりバージョン3へ改良されました。改良点は2つのカメラの視野角と視認距離を拡大することで認識性能を大幅に向上。カメラはカラー画像化により歩行者自転車の認識性能をアップさせるとともに前車のブレーキランプの赤を認識できるようになりました。これまで以上に正確な情報をドライバーに伝えることが可能になりました。作動状況はメーターパネル内に表示されます。

伝統の水平対向エンジン 2.0Lと2.0Lターボの二種類を用意

十分なパワーを発揮する2.0Lエンジン

低速域でのトルクを実感できる使い易いエンジンで、坂道でも自然に加速してくれます。少し前のスバルのエンジンEJ型のDOHC並みのパワーを感じます。2.0i-Lアイサイトと2.0XTアイサイトとでは約44万円の価格差があります。価格差を考慮すると2.0i-Lアイサイトに割安感が高く、頻繁に山道走行や高速走行するユーザー以外はノーマルの2.0Lエンジンで十分な加速性能ですので2.0i-Lアイサイトがおススメです。

不足ないパワーのFA20型直噴ターボエンジン

WRX S4と同じ直噴ターボエンジンを搭載するXTアイサイト。WRXに比べパワーは280馬力に抑えられていますが日常域から高速域までストレスフリーな加速が楽しめます。SIドライブのモードがノーマルエンジングレードはIとSのみですがターボのXTアイサイトにはS♯モードが追加。S♯モード選択時には8段クロスレシオのステップ変速制御によりダイレクト感あるスポーティなドライブが楽しめます。

SUVの使い易さとスポーツ志向のインテリア

16フォレスター内装a
16フォレスター内装b
出典 http://www.subaru.jp/forester/forester/grade/grade.html#grade3
インプレッサスポーツやXVと共通のインテリアですが各部デザインを改良しSUVらしさをアピールしています。シートはホールド性の高い疲れにくいシートで高さの恩恵からリヤシートの頭上空間は開放的です。スピードメーターのスケールは180km/hまでですが、WRX風に水平指針を採用しスポーティなデザインです。エアコンは高級車並みの左右独立温度調整式が2.0i以外のグレードに標準装備され快適装備も充実しています。質感は全体的に高いのですが高級感は少なく、スポーツ志向のインテリアです。

マルチファンクションディスプレイによる情報の集約化

16フォレスター内装c
出典 http://www.subaru.jp/forester/forester/utility/equipment.html
センターコンソール上部に4.3インチの大型カラー液晶画面を装備(2.0iを除く)空調の状態や瞬間燃費・平均燃費・X-MODEの作動状態などを集中して表示します。視認性に優れ走行状況がひと目でわかります。

最大のライバルは日産エクストレイル

総額25万円の値引き獲得を目指そう!

値引き額は車両本体で20万円、販売店オプションのカーナビ装着の場合はオプションから5万円引きを狙いましょう。エクストレイルにハイブリッドも追加されエクストレイルの魅力が再浮上している中、競合車としてピッタリです。

CX5やアウトランダーの見積もお忘れなく

同クラスSUVでマツダCX5と三菱アウトランダーの見積も忘れずに用意しましょう。CX5の2.0Lプロアクティブなら17インチアルミホイールなど含め装備面で酷似。スマートブレーキサポートの性能はスバルのアイサイトより評価が低いものの車両価格も同価格帯ですので競合車にふさわしいクルマです。三菱アウトランダーは4WDモデルなら排気量は2.4Lにアップ。価格帯もアップしますが総額30万円近い値引き額はフォレスターの値引き交渉に良い材料になります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

新型スバルインプレッサG4新車価格情報と、値引き購入のコツ2016!

14インプレッサG4外観
出典 http://www.subaru.jp/impreza/g4/grade/1.6i_s_eyesight.

スバル インプレッサG4のスペック情報

スバル インプレッサG4の価格帯

1,598,400円~2,430,000円(税込)

スバル インプレッサG4のグレード情報

1.6i、1.6i-L、1.6i-Lアイサイト、1.6i-S、1.6i-Sアイサイト、
2.0i、2.0iアイサイト、2.0i-S、2.0i-Sアイサイト
1.6i、1.6i-LのAWD車に5MT設定有、2WD、AWDの設定はグレードにより異なりますので詳しくは販売店におたずね下さい。

編集部おススメグレード 1.6i-Sアイサイト(AWD、CVT) 2,149,200円(税込)
16インチアルミホイール、オートエアコン、本革巻ステアリング、プリクラッシュブレーキや車線逸脱防止警報装置など含めた先進安全装備のアイサイトが標準装備される1.6i-Sアイサイトがおススメです。ディスチャージヘッドライトは全車にオプションですがi-S系のグレードには標準化して欲しかった装備です。

ベーシックな1.6iは価格が魅力的。ライバル車と比較してお求めやすい価格設定です。エアコンはマニュアル設定ですがエンジンを含めた基本性能は同じですので基本性能重視ユーザーには魅力的なグレードです。社用車として使われることも多いグレードです。

MT車も選べるインプレッサG4

ATまたはCVTのみのクルマが多くなっている現代で1.6LのAWD車限定ですが5MT車も選択可能です。また、AWDメインのスバルとしては珍しくほぼ全グレードで2WDが選択可能な点も魅力的です。ただし、先進安全装備のアイサイトはAWDのみの装備です。

スバルのスタンダード ちょうどいいサイズのG4

最近のスバル車の基本シャシーとなっているSIシャシー。構造はフロントがストラット式、リヤがダブルウィッシュボーン式独立サスペンションを採用した構造。トヨタプレミオやアリオンの2WD車のリヤサスペンションはトーションビーム式で独立ではない構造です。

ダブルウィッシュボーン式のメリットは?

路面の変化に対してタイヤ接地面を失わなわず常に安定した走行ができるサスペンションで高級車やスポーツカーに採用されています。スバルBRZのサスペンションもダブルウィッシュボーンです。走行安定性の確保に加えて乗り心地もしなやかで優れています。

しかし、部品点数が多くコストは高めですがインプレッサG4は車両価格をライバル車と比較して抑えた価格設定となっているのは高評価すべきです。ベーシックな1.6iグレードとプレミオ1.5Fの価格差は約25万円、マツダアクセラセダン15Cとの価格差は約15万円でいずれもインプレッサG4の価格が下まわっています。

取回し性能に優れたボディサイズ

全長は4,585mmで5ナンバー規格で市街地でも運転しやすいサイズです。全幅は1,740mmで3ナンバーサイズになります。先々代のレガシィと似たサイズでレガシィからの乗り換えユーザーにとっても、小さい、狭い印象は全く与えません。

伝統の水平対向エンジン 1.6Lと2.0Lの二種類を用意

1.6Lのメリットは?

1.6Lと2.0Lのエンジンは自動車税排気量クラスは同クラスで基本年額は39,500円と同額で1.6Lだからといってメリットはありません。逆にライバル車の1.5Lが有利になります。1.6Lと2.0Lではエンジン出力は当然違います。1.6Lが115馬力に対して2.0Lは150馬力で2.0Lが高出力。

さらに燃費はJC08モードでは同等で若干2.0Lの方が優れている点で1.6Lを選ぶメリットが無いように感じられます。1.6Lと2.0Lの価格差は約28万円ですので購入時の支払額に差が出ます。しかしそれだけでは納得できないですよね。

乗って納得1.6Lのメリット

2.0Lよりも90kg車両重量が軽い1.6Lは実際乗ってみると2.0Lと街乗りでの動力性能は変わらない動力性能を発揮します。CVTの得意とする2000回転から3000回転が使い易く不足ありません。実際の燃費性能はやはり排気量が少ない1.6Lが有利です。カタログのスペックだけに目を奪われないことが大切です。

さすがに高速域での登坂車線での加速性能で違いが出てきますが逆にそれくらい。高速走行をメインとするユーザーは2.0Lがおススメですが、街乗り重視のユーザーなら価格差と性能を含めて1.6Lがおススメです。

低重心設計の水平対向エンジン

国産メーカーではスバルのみが製造する水平対向エンジン。海外ではポルシェのエンジンが有名です。V型でイメージすると180°のエンジンで重心を低く抑えることができます。過去にフェラーリも512BB(ベルリネッタボクサー)で水平対向12気筒エンジンを採用していました。空力性能はもちろんですが重心が低いことでカーブでのロールを抑えることができ安定した走りが可能になります。

インプレッサG4でポルシェやフェラーリ並みの性能を求めてもと思いますがエンジンに詳しいユーザーにとっては気になる一台です。

スポーティなデザインのインテリア

14インプレッサG4内装a
14インプレッサG4内装b
出典 http://www.subaru.jp/impreza/g4/grade/1.6i_s_eyesight.html
インプレッサスポーツやXVと共通なインテリアはG4がベースと言っても良いでしょう。人気のレヴォーグのインテリアもインプレッサをベースとしています。高級感はありませんが写真で見るよりも実際に見た方が質感を実感できます。レガシィからの乗り換えユーザーが唯一不満に感じる点は内装がシンプルすぎる点です。レガシィの内装には高級感も感じられましたがインプレッサを検討の際には実際に見て触って感じてみましょう。

ベーシックな1.6i以外には各種情報を提供するマルチファンクションディスプレィを装備するなど先進のインフォメーションも装備。スポーティさと快適さを兼ね備えたインテリアです。

1.6i-Sと2.0i-Sにはアルミ製ペダルを装備しスポーティな仕上がりです。また、シートは合皮レザーを部分的に採用し高級感を高めバケットシート風に造られたシートはインプレッサG4の中でも一番ホールド性に優れたシートで長距離ドライブも疲れにくい造りになっています。

マツダアクセラセダンとの競合がベスト

総額25万円の値引き獲得を目指そう!

値引き額は車両本体で20万円、販売店オプションのカーナビ装着の場合はオプションから5万円引きを狙いましょう。車両価格が抑えられている分、値引き額は厳しい面もあります。四半期ごとの決算時期以外ではトータル値引き20万円超えが合格ラインです。

しかし、販売店オプションのボディコートや下回りコーティング、ガラスコート、長期メンテナンスを選択した際には確実に総額25万円引きを目指しましょう。これらのオプションは利益率が非常に高い商品です。

本命でアクセラセダン プレミオやアリオンの見積も用意しよう

走行性能の高いマツダアクセラセダンはインプレッサG4同様リヤサスペンションは独立式。アクセラセダンはマルチリンク方式を採用しマツダのスカイアクティブシャシーです。

価格面、走りの面で競合にはピッタリの車種です。同時にトヨタプレミオ&アリオンの見積も用意すると効果的です。本格的に商談を進めないとなかなか出てきませんが値引き額のみを見るとプレミオ&アリオンの値引き額が大きくなる傾向にあります。地域により異なりますのでご注意ください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0