日産・リーフの愛車買取・査定相場と、できるだけ高く売るコツ2017!

リーフの買い取り相場概要

売却するにも出来ない安さ 中古車は激安のためお買い得

リーフの買取価格相場は3年目、3年経過で新車の1/4の値段です。新車価格300万円から400万円(ナビ等オプション込、補助金無)のクルマが70万円から90万円の買取相場です。ガソリンを一切使わないエコカーがなぜ安いのか?理由は、一回の充電での航続距離の長さと徐々に航続距離が短くなるバッテリーの劣化、充電時間の長さと充電スポットの数がまだまだ少ない点が挙げられます。

バッテリー性能は年々低下

新車時のリーフ24kwhバッテリー車はJC08モード228kmですが実際には110km前後の航続距離で年々バッテリー劣化に伴い航続距離が低下しています。現在では70km、80kmしか走らないリーフもあり、エアコン使用状態によっても大きく左右されます。このことから頻繁に充電が必要で長距離ドライブに向きません。さらに交換用バッテリーは約60万円で改めて購入となればかなり高価です。

トヨタの対策が優秀?日産も頑張ってほしい!

初代プリウスの走行用バッテリーが弱いことからトヨタは初代プリウスに対しバッテリーを生涯サポートする体制を整えています。さらに、二代目プリウスではハイブリッドシステムが大幅に進化しており、それでも走行用バッテリーが劣化した際には約15万円での交換が可能で乗り続けることができます。リーフのバッテリーもこれから売り続けるためにはサポート体制を充実させる必要があり、交換費用はせめて30万円前後で提供できるよう望みたいものです。

リーフの中古車は激安!バッテリー交換費用をプラスしよう

2011年式のリーフで走行距離が5万キロ未満の良質なクルマが50万円前後から狙えます。2016年以降の自動ブレーキ装備されたマイナーチェンジ後のリーフも120万円前後から狙えるお買い得車です。注意点はバッテリー状態をよく把握することとレンタリアップとリースアップ車両が多く、いろいろな人が運転しているクルマが多いことです。

リーフの動力用バッテリー交換は約60万円。激安中古車を購入の際にはクルマとしての状態も大切ですがバッテリー交換費用も見積もりに入れて購入することが大切です。

リーフの買取価格帯は?

現行モデルのまま 買取価格は激安?


出典 https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/leaf/specifications.html#grade-EV-3
リーフが登場したのは2010年末で実質2011年からと考えても良いクルマです。今年6年目を迎えているリーフも多くあります。2015年末にはマイナーチェンジを実施していますが、すべて現行モデルでデザインは共通です。マイナーチェンジの際には、これまでの24kwhバッテリーでJC08モード228kmモデルに加え30kwhバッテリーで同モード280kmを追加し航続距離を伸ばしました。さらに自動ブレーキを全車標準装備し安全面も強化しました。

2011年から2014年式の走行距離が5万キロ未満のリーフの買取価格相場は次の通りです。前期モデルは24kwhバッテリーのみでベーシックなXグレード中心ですがGグレードも同価格帯で流通しています。リーフはレンタカーや法人リースが多く目立ちます。一般ユーザーが「思ったほど航続距離が伸びない」という点と充電時間がかかり過ぎることもあり手放したリーフも出始めてきています。

前期モデルの買取価格は20万円から70万円が相場です。5年乗って買取価格が50万円前後が目安です。一番お求めやすいモデルでも300万円のリーフが5年で2割の残価も残らない状況です。
2016年以降のマイナーチェンジしたリーフの買取価格も安く70万円から150万円が相場です。上限価格は30kwhモデルで走行距離が少なく、ディーラー試乗車販売のリーフですので実際の買取価格はほぼ買取想定価格になります。

EVハイブリッド専門店か買取専門店か?

リーフユーザーは手放す際には十分検討が必要です。買取価格が低下していますのであらゆる手段を検討しましょう。次のクルマを日産車にする場合には下取りも検討しましょう。必ず新車値引き額と下取り額は分けて提示してもらうことが大切で、その中で高価下取りしてもらえるよう交渉してみることが大切です。

EVハイブリッド専門店が近くにある場合には買取価格を相談してみましょう。専門店のため強い販売力で販売できるため高価買取が期待できる反面、EVハイブリッド車に対しての知識が高いためクルマの欠点も十分に把握しています。走行距離が多いクルマの場合には高価買取は期待できません。

買取店競合の手段も忘れずに利用しましょう。ネットによる一括査定申込みで数社競合することで一番高価で買取してくれる業者に売却することができます。その際には事前にディーラー下取り価格を把握したうえで臨むことが大切です。参考とする価格もわからないまま一括査定申込みで査定してもらっても足下を見られてしまい、安値で売却してしまうケースもあります。

EV充電設備等インフラが整備されるまで待つ

走行用バッテリーが劣化しても、近距離のみの利用ならそのまま乗り続けるか、バッテリーを新調して乗り続け、インフラ整備が進む、または、バッテリーに対するメンテナンスや補償内容などが充実し始めるまで待つこともひとつの手です。バッテリーと充電設備に対する不安が払しょくされれば価格下落は抑制されることが予想されます。

リーフは新車購入せずにリース契約または残価設定ローンで乗るのも良い方法です。通常ローンに比べて割高でありますが、購入して下取りに出すよりもトータルでの支払いが少なく済むケースが多くなります。リース契約なら一定期間で返却するのみで買取相場は関係ありません。残価設定ローンも契約内容に基づいての走行距離や外装のダメージが範囲内なら追加の出費も無く返却が可能です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

トヨタ・アクアの愛車買取・査定相場と、できるだけ高く売るコツ2017!

アクアの買い取り相場概要

3年経過と5年目のアクアとの価格差が少ない?

アクアの買取価格相場は3年目、3年経過で新車の約半額の値段です。ミニバンや軽自動車と比較すると決して高い価格ではなく、安く感じてしまいます。
3年経過のアクア走行距離3万キロ以内の買取中心価格帯は110万円前後、5年目を迎えるアクア走行距離5万キロ以内の買取中心価格帯は85万円前後です。2年間の価格低下は約25万円前後、つまり月1万円で緩やかな値下がりです。

初回車検で、今、欲しいクルマが特に無い場合にはあと2年待ちましょう。実際に初期モデルでも買取価格帯は3年経過時の年式のクルマと比較して違うのは走行距離が多いか少ないかのみで基本買取価格帯がほぼ同じです。

中古車でアクアの狙い目初回車検を迎えたモデル

2013年式のアクアで走行距離が5万キロ未満の良質なアクアが105万円前後から充実装備のSグレードが狙えます。中心価格帯は140万円前後です。オレンジやレッド、イエロー、パープルのカラーが好みなら若干相場より安い価格で探すことが可能です。

背の低いベーシックタイプの軽自動車の新車価格並みの価格で現行モデルのハイブリッドカーが手に入りますのでお得です。注意点は様々なドライバーが運転してきたレンタルアップ、リースアップのアクアも多数流通していますので経歴がはっきりしたクルマを選ぶことが大切です。

アクアの買取価格帯は?

アクアは登場からモデルチェンジ無し


出典 http://toyota.jp/aqua/grade/s/?padid=ag341_from_aqua_grade_s_thumb
アクアが登場したのは2011年末ですので今年6年目を迎えているアクアも多くあり2回目の車検を機に手放すか車検を継続するか迷うユーザーも少なくありません。2014年末にはマイナーチェンジを実施していますが、すべて現行モデルでデザインは共通です。二代目プリウスのハイブリッドシステムをベースにコンパクトハイブリッドカーとして登場したアクアは納車待ちがしばらく続くほどの人気車でした。

デビュー当時の一番低燃費のベーシックグレードのLで10.15モードで脅威の40km/Lの低燃費を実現。現在のJC08モードでは35.4km/Lで新基準に変換しても低燃費です。

2012年から2013年式の走行距離が5万キロ未満の初期モデルアクアの買取価格相場は状態によっては底値に近付いてきています。ベーシックなLグレードはレンタカーや法人リースが多く、一般販売は少ない車種です。中古車市場にそれほど流通していないグレードですが、シートリフターも装備されず装備面で不満が残るグレードのため人気がありません。しかし、レンタアップやリースアップのアクアはナビゲーションが標準装備のクルマが多く実用性と低燃費を重視するユーザーにとってはお得なグレードです。Lグレードの買取相場は35万円から70万円と安くなっています。

量販グレードのSグレードは台数も多く、装備も充実しています。買取価格は40万円から100万円が相場です。昨年よりも買取価格は下がり、グレード間価格差がすくなくなっています。中心価格帯は85万円前後です。

上級グレードのGグレード買取価格もSグレードと同じ40万円から100万円が相場です。アクアの買取価格の特徴でオレンジ、イエロー、レッドの明るめのカラーは人気が低く買取価格は安い傾向にあります。人気が高く高価買取が狙えるのはホワイトパールとブラックです。
また、10万キロ以上走行したアクアの買取価格は15万円前後と安くなります。

人気のアクアがなぜ3年で半値なの?

アクアが3年で買取価格が半値になる理由は、残価設定ローン、残価設定リースで契約した場合に「3年後の価格を50%保証します。ただし走行距離は月1,000kmです。」この契約に当てはめると納得できます。
しかし、擦り傷多めのクルマなど状態が良くない場合には買取価格が減額される場合があり、買取価格の上限が50%目安にしましょう。

3年経過での買取価格に不満な場合はあと2年乗り続けましょう。おおよそ月1万円ずつ価格が下がる傾向にありますので今の買取価格が115万円なら2年後は90万円以上での買取価格を目標にできます。

トヨタの買取に注意!買取店競合が有利

トヨタ独自の買取店T-upがありますが、自社ブランドのトヨタ車でも高価買取してくれません。運営はトヨタディーラー販売店の中古車センターが運営していますので、下取り価格の月落ち分を除いた今月の価格で計算した買取価格に過ぎません。普通じゃないの?普通です。でも普通では高価買取とは言えません。

現在、中古車市場ではハイブリッド車というだけで売れます。さらに走行距離が3万キロ前後なら更に人気があります。アクアは5ナンバーサイズで取りまわり性能にも優れ見切りの良さにも定評があり、3ナンバーのプリウスよりもサイズが小さく排気量も1.5Lエンジンのため維持費もかからないため人気です。買取店競合なら販売にかかる経費をギリギリの所で計算し買取査定額を提示してもらえるので高価買取が期待できます。必ず買取店同士競合させることがポイントです。

納得できないなら待とう!

アクアの買取価格相場は3年経過で3年リースや3年契約での残価設定ローンの契約満了で中古車市場に多く流通してきているため価格は下がっています。
アクアやプリウスなどハイブリッド車は人気があるため5年乗ったクルマでも十分高値で売れます。特に欲しいクルマが無い、今の価格に納得できない場合には、あと2年待ちましょう。3年から5年までの2年間は価格の下がり方は穏やかです。人気車ならなおさらです。量販グレードのSを5年間で5万キロ前後乗っても、買取価格は85万円前後です。ホワイトパール車なら100万円前後の買取価格も期待できます。5年ローンで購入のユーザーなら5年ローン満了してから、もしくは満了直前がおススメです。昨年筆者が予想した買取価格帯予想は90万円でしたのでほぼ予想内です。

また、5年ローンなら3年経過の今なら残り2年分の残債をまとめて支払う必要があります。そして買取価格の差がほとんどない程度の買取価格の値下がりであれば待つのがお得と考えます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

トヨタ・プリウスの愛車買取・査定相場と、できるだけ高く売るコツ2017!

プリウスの買い取り相場概要

新型登場からまもなく1年 先代30系は安定した相場

新型プリウスが登場してから8月で1年です。先代モデルは古さを感じさせない影響とハイブリッドシステムの信頼性の向上で買取価格相場は安定しています。二代目プリウスの中古車価格、買取価格ほぼ底値です

二代目プリウス前期モデルはギリギリ値段が付くレベルです。つまり、新型が出たことにより、二代目や先代プリウスが中古車市場に多く流通したためです。人気は先代の1.8Lエンジン搭載の30系に集中しています。人気が高ければ多くの供給に対して需要があるので価格が落ちません。30系の買取価格はほとんど変化が無く高価買取が期待できます。二代目の20系はこれ以上買取価格が落ちることなく、後期モデルの走行距離が少ないクルマの買取価格は昨年と変わらない水準で推移しています。

プリウス中古車の狙い目は先代モデル 前後期の価格差が拡大

新型プリウスが登場して先代の30系プリウスが中古車市場に多く流通しています。前期モデルで走行距離5万キロ未満の低走行車でも70万円前後から狙えます。全く古さを感じさせないデザインで中間グレードのSグレード以上が狙え、ナビゲーションシステムが装備されているクルマが多いですのでお買い得です。

初回車検の3年経過した30系後期のプリウスで走行距離が5万キロ未満の良質車が120万円前後から販売されています。グレードはベーシックなLは装備が簡素化されていますのでが中心ですがSグレード以上を狙いましょう。シートの高さ調整を希望ならSグレードを確実に狙いましょう。昨年と比較しSグレード以上がLグレードと同価格帯で多く狙えるようになっている点がポイントです。

プリウスの買取価格帯は?

現行 ZVW40系


出典 http://toyota.jp/prius/grade/
現行モデルも中古車市場に登場し、買取価格は160万円から。新車価格から約100万円落ちで最も値段が下がる時期です。実際に一般ユーザーの下取り買取はほとんどなく、ディーラーの試乗車がほとんどです。

先代 ZVW30系


出典 http://carview.yahoo.co.jp/ncar/catalog/toyota/prius/F003-M001/image/?img=1
先代プリウスはエンジンを1.8Lにサイズアップしモーターは小型化、高回転型に改良され、動力性能を高めたました。買取価格相場は前期型2009年式走行距離10万キロ未満なら30万円から130万円で中心買取相場は75万円、二回目車検を迎える5年前後の2013年モデルなら65万円から160万円で中心買取相場は105万円。同じ前期モデルなら5年経過車も7年経過車もほとんど買取価格相場に変わりがありません。

2013年の4年経過の後期モデルで走行距離5万キロ未満ならで65万円から160万円が相場で中間グレードSツーリングセレクションナビ付で130万円の買取価格ならお得です。前後期とも標準のLグレードの買取価格は安めです。Lグレードは主に法人向け社用車やレンタカーに多く利用され、リースアップやレンタアップ車が目立ちます。一般ユーザーではSグレード以上が多く、Lグレードは前期モデルで50万円以上の買取からが目立ちます。新型が登場し1年がまもなく経過しますが値下がりはほとんど無く、後期モデルで少々下がっているのみで人気は維持しています。後期モデルではセレクションG’sやレザーシート車は人気車のため買取店競合などで高値で売却しないと損です。買取相場上限価格に相当するのがG’sやレザーシート車です。

先々代 NHW20系


出典 http://carview.yahoo.co.jp/ncar/catalog/toyota/prius/F002-M002/image/?img=1
初代プリウスとエンジン排気量は同じ1.5Lですがモーターを含むハイブリッドシステムが進化し動力性能、走行安定性を向上させました。バッテリーに余裕がある場合には約時速50キロまではモーターのみで走行可能なEVモードが装備されたのもこのモデルからです。初代プリウスのように走行用バッテリー生涯補償の無期限サポートはありませんが、万が一ダメになった時には15万円以下での交換が可能でまだまだ安心して乗ることができます。

先々代プリウス10年経過した後期モデルで走行距離10万キロ未満の買取価格は15万円から40万円です。ボディカラーやグレードに関係なく走行距離が少ないほど高値での売却が期待できます。前期モデルは5万円から25万円の買取価格でほぼ底値になりました。しかし、10万キロ以上走行したプリウスでも買取価格はゼロではありませんので10万円を目標に頑張りましょう。プリウスユーザーの走行距離は多い傾向にありますので10万キロ以上走行したプリウスが中古車市場にたくさんあります。20万キロ以上走行のプリウスはハイブリッドシステムが異常なくてもサスペンション等足回りのヘタリが気になります。20万キロ以上走行したプリウスの買取価格は正直諦めることも必要かと思います。

昨年と比較して買取相場に変化がありません。つまり実質価格は上昇しています。しかし、年数経過に伴い状態の悪いクルマも多くなるのは事実です。状態が悪い場合には思うように買取価格が出ませんので0円を覚悟する必要があります。

初代NHW11系プリウスは前期モデルでは買取価格が出にくくなってています。後期モデルで走行距離が10万キロ未満なら10万円前後の買取価格を目標に買取店競合してみましょう。駆動用バッテリー生涯保証のため車体の古さは否めませんが、バッテリーの心配はいりません。

人気のプリウスも一括買取査定で高値売却

プリウスは先代30系後期モデルならディーラー下取り価格も十分期待できます。しかし、必ず買取店の買取価格もチェックしましょう。30系で走行距離が10万キロを超えたクルマや前期モデル、20系全般は一括買取査定を申し込み買取店競合させましょう。下取りでは値段が付きにくくなったクルマを少しでも高値で売却するためには買取店同士競合させることが大切です。プリウスの場合にはLグレードはかなり安くなりますが、Sグレード、上級のGグレードとも価格差が無く他の車種ほど価格差がありません。ホワイトパールのボディカラーは人気がありますので、相場よりも5万円から10万は上乗せしてもらえるよう頑張りましょう。

低燃費のハイブリッドシステムが一番の魅力ですので、走行用バッテリーがあまり使われていない走行距離が少ないクルマほど高値での売却が期待できます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

トヨタノア特別仕様車 Si“W×B”は本当に得なのか?トヨタノア2017新車特集!



出典 http://toyota.jp/noah/grade/special/

特別装備内容はコレ!

専用フロントグリル
ワンタッチスイッチ付デュアルパワースライドドア
クルーズコントロール
スモークメッキバックドアガーニッシュ
LEDヘッドランプLEDクリアランスランプ (ブラック塗装)
専用シート表皮(合成皮革+ファブリック&ホワイトステッチ/消臭機能付)
その他、ブラックインテリア(ルーフ・ピラーガーニッシュ・アシストグリップ・サンバイザー・インストルメントパネル・ドアトリム)、内装各パネル部にピアノブラック色デザインなど

車両本体価格  ハイブリッド(7人乗り)  3,321,000円
ガソリン(7人乗り、2WD)  2,830,680円
ガソリンモデルに4WD設定、8人乗り設定有

Siグレードをベースに安全装備を強化しワンタッチスイッチ付デュアルパワースライドドア、クルーズコントロールを標準装備し、標準のエアロモデルSiグレードのエクステリアとインテリアをブラック色の強いデザインに変更し、シートは合成皮革+ファブリックの専用シートで高級かつスポーティなデザインになりました。

ハイブリッドおよびガソリン両グレードに特別仕様車が設定され、いずれもベースとなるSiグレードよりも約10万円高いのみのお買い得な設定です。

クルーズコントロールがお得

速度を一定に保ち長距離高速走行をアシストするクルーズコントロールはノアの場合はGグレードのみの装備で他のグレードにオプション設定もありません。エアロスポーティなSiグレードでロングドライブが楽になります。ポイントは兄弟車ヴォクシーの特別仕様車ZS煌にはクルーズコントロールは設定されません。ワンタッチスイッチ付デュアルパワースライドドアはヴォクシーにも装備されます。

価格面でもお得!シートに合成皮革を採用

ワンタッチスイッチ付デュアルパワースライドドアとクルーズコントロールのみで約10万円のオプションと考えると価格面も妥当と言えます。専用シート表皮(合成皮革+ファブリック&ホワイトステッチ、消臭機能付)は高級感もあり肌触りの良いシートです。

損しない特別仕様車選び

査定基準はベースグレード価格でも安心

下取りや買取時の査定基準となるのはベースとなるグレードと同等になるのが一般的です。つまりノア特別仕様車Si“W×B”はSiグレードがベースのため基準はSiグレードになります。Siグレードはスポーティな上級グレードのため、さらに上のグレードが無いことを考慮すると査定価格に影響しません。

ワンタッチスイッチ付デュアルパワースライドドアは使い勝手がよく人気の装備のため買取価格がアップされますので片側パワースライドドアのSiよりは高い買取価格も期待できます。新車購入価格が少々高くても買取価格、下取り価格も高いため損しませんのでおススメです。

走行距離が10万キロ以上走行しても人気?

ほとんどのクルマは10万キロ走行すると価値が無くなってしまう傾向にありますがミディアムクラスミニバンは人気のため買取下取り価格に期待できます。特別仕様車Si“W×B”はデザインがスポーティなため走行距離が多くても中古車市場でも人気が予想されます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

新型トヨタハリアー新車価格情報と、値引き購入のコツ2017!

06%e3%83%8f%e3%83%aa%e3%82%a2%e3%83%bc%e5%a4%96%e8%a6%b3
出典 http://toyota.jp/harrier/grade/grade3/

トヨタハリアーのスペック情報

トヨタハリアーの価格帯

2,797,714円~4,591,963円(税込)

トヨタハリアーのグレード情報

GRAND、ELEGANCE、PREMIUM、PREMIUM “Advanced Package”
ELEGANCE G’s(ガソリン車のみ)
ELEGANCE G’sを除く各グレードにガソリン車、ハイブリッド車の設定あり
ガソリン車には各グレード2WD車あり

編集部おススメグレード ELEGANCE(ハイブリット) 3,774,857円(税込)
高級感とパワーの両立ならハイブリットモデル。ELEGANCEならシート生地も上級モデルと同じ上級ファブリック+合成皮革になりパワーシートも備わり高級感が高まります。また、衝突軽減ブレーキを含むプリクラッシュセーフティシステム最上級のPREMIUM “Advanced Package”にのみ標準装備ですが他のグレードには約10万円から約13万円(グレードにより異なる)でオプション装着可能ですので、ぜひ装備したい安全装備です。

ゆとりならハイブリッドを選択

ハリアーはガソリン車とハイブリッド車の価格差は約90万円。他のクルマと比較すると同グレードでの価格差が90万円はかなり大きな価格差です。ハイブリッドは2.5Lエンジン+モーターでアルファード&ヴェルファイアと同じシステムで高級セダンクラウンも同じ内容です。ガソリン車は直列4気筒の2.0Lエンジンでターボ無し。最大トルクも20kgmに満たないためパワー不足は否めません。静粛性とパワー、燃費性能のすべてにおいて上回るハイブリッドがハリアーらしさを存分に味わうことができます。また、自動車取得税と重量税はハイブリット車は100%免税対象です。

人気の高級SUV 高額でもお得その理由は?

ハリアー初代から高級感があり乗り心地が良いSUVとして人気があります。オフロード感の無い都会的なフォルムが人気のひとつです。街乗りメインで室内の広さと高級感のみを重視するならガソリン車でも十分で車両価格は300円を切る価格でラインナップされています。

新車価格は高額となりますが、人気車種のため下取り価格が下がりません。つまり数年乗っても下取り価格または買取価格として帰ってくる分が大きいです。下取り価格まで考慮して購入する場合には4WDのガソリン車とハイブリッド車のハリアーならもっと人気があるため高額査定が期待できます。最近では5年で手放すユーザーは少ないですが、10年乗っても十分、買取価格、下取り価格は残りますので新車価格は少々高くても損しません。

2.0Lガソリンエンジンは高級感に欠ける

新型ハリアーのエンジンは直列4気筒の2.0Lエンジンと同じ直列4気筒の2.5Lエンジン+モーターのハイブリッドです。

初代ハリアーは2.2L~3.0L、二代目ハリアーは2.4L~3.5Lのエンジン設定で3.0L以上はV6エンジンでした。特にV6エンジンは燃費は良くありませんでしたが静粛性に優れ、スムーズに回るエンジンで高級感ある走りでした。

エコカー減税を狙ってダウンサイジング化した2.0Lエンジンはターボも装着されず1.6tある車体にはパワーが足りません。高級SUVの名に相応しくないエンジンです。新しい2.5Lのハイブリッドエンジンは力強さと低燃費を実現しています。燃費は21.4km/Lですが実際には12~14km/Lの燃費です。先代モデルまでの2.4Lエンジンの燃費が実際8~10km/Lだったことを考えると十分な数値です。

ハイブリッド車のパワーは初代ハリアーと二代目ハリアー前期モデルに搭載されていたV6 3.0Lエンジンと変わらない加速感が味わえます。静粛性も高速走行の坂道で踏み込まない限り優れており、高級車に相応しい内容になっています。

高級感ある内装 ゆとりのリヤシート

06%e3%83%8f%e3%83%aa%e3%82%a2%e3%83%bc%e5%86%85%e8%a3%85a
06%e3%83%8f%e3%83%aa%e3%82%a2%e3%83%bc%e5%86%85%e8%a3%85b
出典 http://toyota.jp/harrier/grade/grade3/
新型ハリアーの内装は合成皮革を各所に使い高級感があります。全体的にソフトな造りでクラウンのSUVといった感覚です。エアコンの操作パネルも使いやすくなっています。また、左右独立温度コントロール付のため左右の微調整も可能です。

運転席もゆったりしたシートで長時間ドライブも問題ありません。SUVのため高い目線も疲労軽減につながります。ハリアーのリヤデザインは絞り込まれたデザインになっていますので後方視界が良くありません。展示車や試乗車で実際に確認することをおススメします。

リヤシートは足元空間も広くゆったり座れます。また、リクライニング機能も装備されます。頭上空間も開放的です。セダンの頭上空間よりゆとりがありますので乗り心地重視ユーザー向きです。

マツダCX-5と日産エクストレイルの競合がベスト

エクストレイル&CX5 さらにアウトランダーPHEVも

ハリアーとの競合車は同車格帯で高級感があるクルマならムラーノですがハイブリッド車の設定はなくメインは2.5Lエンジンです。ムラーノよりもエクストレイルハイブリッドがベスト。ハリアーのガソリン車ハイブリッド車どちらにも対応可能です。しかし、価格帯はガソリン車がベストです。つまり、ハリアーの2.0Lモデルであれば競合には最適です。

ハイブリッド車狙いの競合では、高級感ではワンランク及びませんがCX-5のクリーンディーゼルモデルがベストです。実際の燃費がハリアーハイブリットとCX-5は同じくらいの燃費になります。燃料代はCX-5の方が安くなります。また、三菱アウトランダーPHEVも忘れずに競合しましょう。ハリアーハイブリッド上級グレードとアウトランダーPHEVは同価格帯になります。短距離ならEV走行のみで十分可能なPHEVは魅力的ですので競合には効果的です。

値引き拡大中 20万円以上の値引きを狙おう!

値引き額は車両本体で17万円、販売店オプションのカーナビ装着の場合はオプションから3万円引きを狙いましょう。見た目はメーカーオプションのカーナビしかスッキリ収まらないように見えますが、販売店装着オプションナビでもすっきり収まります。購入価格を考えると販売店装着ナビがお得です。また、メーカーオプションナビ装着は高額なのに値引きにつながりません。販売店装着ナビなら販売店の売り上げにそのまま反映されますし、利益率も高いです。販売店オプションはナビ、フロアーマット、サイドバイザー、ナンバーフレーム、その他ご希望のオプションで25万円前後にはなるはずです。2割の5万円値引きを狙いたいですが、1.5割の値引きでも37,500円になります。ここで頑張るだけでオプションからの値引き目標は達成可能でトータル20万円引きオーバーも可能です。

下取車は必ず別枠で

下取り査定は必ず必要ですが、下取り価格と値引きは必ず分けましょう。値引きが多いように見せかけられ下取り価格が安い場合があります。下取り車がある場合には買取店一括査定を申し込んで下取り価格より概ね5万円以上高い場合には買取店で一番高額査定の業者に売却することがトータルでお得です。なぜ、5万円か?買取店では買取価格にリサイクル料も自動車税月割りも含まれ、売却月によっては5万円前後になります。つまり下取り価格同額で買取店に手放しは絶対に損です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

新型トヨタカローラアクシオ新車価格・評価情報と、値引き購入のコツ2017!

04%e3%82%a2%e3%82%af%e3%82%b7%e3%82%aa%e5%a4%96%e8%a6%b3
出典 http://toyota.jp/corollaaxio/grade/grade2/?padid=ag341_from_axio_grade2_detail

トヨタカローラアクシオのスペック情報

トヨタカローラアクシオの価格帯

1,485,491円~2,207,127円(税込)

トヨタカローラアクシオのグレード情報

1.3X、1.5X、1.5G
ハイブリッド、ハイブリッドG
1.5Xと1.5Gの2WD車にMT設定あり
1.5Lグレードに4WD設定あり
各グレード価格差詳細は販売店におたずね下さい。

編集部おススメグレード ハイブリッド 2,030,400円(税込)
ハイブリッドモデルなら全グレードにナノイー搭載オートエアコンが標準装備され、5ナンバーサイズで扱いやすいハイブリッドがおススメです。

ガソリンモデルなら1.5Xがおススメ。160万円を切る車両価格は魅力的でオプションで緊急自動ブレーキを含むトヨタセーフティセンスCも選択可能です。1.3Xとの価格差は10万円ほどですので、200ccの動力性能のゆとりと15インチタイヤ(1.3Lは14インチ)、アイドリングストップ機能を考慮すれば迷わず1.5Lを選択しましょう。

数少ない5ナンバーセダンの代表の実力は?

街中で運転しやすいサイズ

カローラアクシオはコンパクトカーにトランクを付けたセダンです。長所も短所も少ないカローラアクシオですが、フロントの顔つきが新型ではシャープになりカッコよさをアップさせました。クルマの長さはミディアムハッチバッククラスと変わらない長さで幅も5ナンバーサイズです。

街乗りでは1.3Lも1.5Lエンジンもどちらも大きな違いが感じられませんが坂道に行けば1.3Lはパワー不足に感じます。ハイブリッド車は街乗りでの加速感や静粛性にアドバンテージがあります。

現在5ナンバーサイズを維持しているコンパクトセダンはカローラアクシオの他にアリオン&プレミオ、日産ラティオ、ホンダグレイスと数えるほどになりました。

アクアのシステムで33.8km/Lの低燃費

アクアと同じシステムを持つカローラアクシオハイブリッド。アクアの37.0km/Lの燃費よりも数値は劣りますが約50kg重いためで実際には大差ありません。実際には25km/L前後の燃費で使用状況によって大きく変わってきます。落ち着きのあるセダンタイプを選ぶならカローラアクシオは良い選択です。

トヨタセーフティセンスCも用意

トヨタも続々と自動ブレーキ装着車を増やしています。簡易的なレーザーレーダーと単眼カメラで前方の状況を認識し時速80キロまで対応します。日産ノートの自動ブレーキと同等のシステムです。

オートマチックハイビームと先行者発進告知機能、車線逸脱警報もセットで装備。ハイブリッドGと1.5Gに標準装備され他のグレードにはオプション設定です。5.4万円のオプション価格ですので装着をおススメします。手放すときの下取り価格、買取価格に影響が予想されセーフティセンスCが装備されていれば高価買取の後押しにもなります。

シンプルな内装 ゆとりの後席空間が確保

04%e3%82%a2%e3%82%af%e3%82%b7%e3%82%aa%e5%86%85%e8%a3%85a
04%e3%82%a2%e3%82%af%e3%82%b7%e3%82%aa%e5%86%85%e8%a3%85b
出典 http://toyota.jp/corollaaxio/grade/grade2/?padid=ag341_from_axio_grade2_detail
インパネ部分からシフトレバーまでの間に空間があり、左足の膝の部分が中央部に当たらずゆとりを感じることができます。ビジネスユースでもプライベートユースでも乗り易い使い易いインテリアです。

高級感は無いがエアコンの操作パネルが使いやすい位置にあり手さぐりでも操作しやすいです。マニュアルエアコンも操作ダイヤルが大きく操作性に優れています。

フロントシートリヤシートとも若干サイズが小さめに感じますがリヤシートの足元空間も十分確保され大人4名乗車でも窮屈感はありません。また、シートバックもしっかりした厚みがあります。

ハイブリット車とガソリン車どちらがお得?

燃費が仮に2倍違うとして差額50万円を埋めるには約10万キロ以上走行する必要があります。10万キロ以上走行するユーザーはハイブリッドがおススメです。しかし10万キロまで走行しなくても、低速域でのモーター走行の力強さと静粛性はハイブリッドの特権。また、下取り、買取など手放すときにはハイブリッド車は価格が安定していますので高価買取が期待できます。購入時のみでなく手放す時まで考えるとハイブリッドの選択がお得になると考えます。

年間走行が5千キロ未満で10年乗っても5万キロに満たない場合には車両価格分を燃費で回収できませんのでガソリン車をおススメします。

ホンダグレイスとの競合がベスト 日産ラティオもアリ

5ナンバーコンパクトセダンを検討するとハイブリッドならホンダグレイス、ガソリン車なら日産ラティオしかないのが現状です。

ホンダグレイスはフィットと同じシステムのハイブリッドシステムです。カローラアクシオと同価格帯ながら燃費数値は34.4km/Lと上回ります。値引き額はもカローラアクシオよりも多くなる傾向にあり絶好の競合車種です。

ガソリン車ならラティオがおススメ。ラティオはティーダラティオの時に比べエンジンも1.2Lになりダウンサイジング&ワンクラスダウンした感があります。しかし、街乗りでの静粛性、動力性には問題ありませんので十分競合車種になります。

目標値引き額は総額15万円を狙おう!

カローラアクシオはトヨタカローラ店の専売車種のためトヨタ同士の競合はできません。値引き額は車両本体で12万円、販売店オプションのカーナビ装着の場合はオプションから3万円引きを狙いましょう。

狙い目は在庫車です。白系とシルバー系のボディカラーは比較的在庫豊富なため当月登録可能なら値引きが拡大しやすくなります。ハイブリッドと1.5XグレードでトヨタセーフティセンスCのオプション装着車は比較的見込在庫として各店で持っている傾向にあります。出来るだけ安く購入希望なら在庫車または販売店に出荷済のクルマを狙いましょう。特に大都市圏や大型店では台数を確保しなければならないため、月末にかけて値引きが拡大する傾向にありますので、場合によっては20万円近い値引き額も期待できます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

ホンダ・フィットの愛車買取・査定相場と、できるだけ高く売るコツ2016!

フィットの買い取り相場概要

ガソリンモデルほど買取価格は安定

フィットの買取価格はガソリンモデルほど安定しています。昨年とほとんど変わらない相場が見られます。ハイブリッドモデルは新車価格ほどの価格差がなくなりガソリンモデルと大差ない買取価格ですので、値下がり感が強い傾向にあります。3年目でのフィットはガソリンは売り時ですが、ハイブリッドはあと2年待つのも手です。二代目モデルのハイブリッドは期待するほど燃費が伸びないこともあり買取価格はそれほど期待できません。

フィット中古車の狙い目は二代目のハイブリッド&低価格車

新型フィットは登場してまだ3年目ですので新型は流通量は少なめで、現在中古車市場にあるクルマはレンタアップや試乗車販売がほとんどです。
狙い目のフィットは2010年以降の二代目モデルハイブリッドです。走行距離が5万km未満の良質車が車両本体価格が70万円前後で購入できます。モーターのみでの発進はできませんがエンジンストップの領域がインサイトと比較して拡大しています。JC08モード燃費が26.4km/Lで軽自動車並みの低燃費を実現しています。

練習用やちょっとした買い物用には二代目初期モデルがおススメ。車両価格で20万円前後から選ぶことができます。まだまだ古さを感じさせない二代目フィットは前期モデルなら底値です。
初代はCVTのギクシャク感が強いことや足回りのガタが来ているクルマが多いこと、さらに二代目モデルとの価格差がないことからおススメできません。

フィットの買取価格帯は?

三代目 GK系

37フィットa
出典 http://carview.yahoo.co.jp/ncar/catalog/honda/fit/F003-M005/image/?img=1
三代目の現行型フィットは2016年9月で3年を迎えます。3年で手放そうとお考えのユーザーもいるかもしれません。
もし、今手放したらどうでしょう?通常の1.3Lエンジンなら買取価格は65万円から100万円前後です。中古車市場では110万円前後から販売されています。RSなら買取相場は110万円前後、ハイブリッドなら115万円前後ですがハイブリッドは新車購入価格を見てみると割安のため今手放すよりも5年目あたりでの売却検討がおススメです。

走行距離が年間1万km未満で擦りキズも無くきれいな状態なら新車価格60%以上を狙えます。クルマは登録して大きく値段が下がり1年経ってまた落ちるため2年未満での売却は大きく損してしまうケースがあります。新型フィットは買取価格は高めですので3年で手放しても損しないクルマです。

二代目 GE系

38フィットb
出典 http://carview.yahoo.co.jp/ncar/catalog/honda/fit/F002-M003/image/?img=1
初代フィットの誕生から6年後の2007年に登場した二代目フィットGE系はセンタータンクレイアウトによる室内空間の確保など初代フィットのコンセプトを受け継ぎながら、トルクコンバーター付CVTの採用で走りにスムーズさが増しました。また、2010年にはハイブリッドシステムを搭載したモデルも登場しました。

2012年から2013年式で走行距離5万キロ未満のクルマは45万円から70万円が相場です。スマートキーやHIDヘッドライト、オートエアコン標準装備のスマートセレクション女性ユーザー向けのグレード、シーズは人気がありますので70万円前後の買取が狙えます。2011年式の2回目の車検に近づいているクルマは走行距離が7万キロ未満で25万円から60万円前後です。初期のモデルであれば10万円から25万円の買取価格になります。
スマートセレクションや10周年記念のアニバーサリーモデルは高価買取が狙えますので60万円を目標に買取店競合しましょう。走行距離が3万キロ未満の1.3Gも外観の程度が良いなら60万円前後狙えます。

ハイブリッド搭載モデルの買取価格は走行距離5万キロ未満で40万円から75万円が相場でハイブリッドRSは110万円前後が買取相場です。現行フィットハイブリッドはモーターのみで発進、走行可能ですが、GE系のハイブリッドはモーターのみでは発進できません。エンジン停止状態での走行領域はありますが現行モデルには及びません。そのため人気は低迷しノーマルのガソリンモデルと買取価格は大差ありません。不満ない場合にはそのまま乗り潰すのもお得です。

高値で売却希望なら5年目までです。7年目以降は買取価格は底値になります。初代フィットは後期モデルで走行距離が5万キロ未満なら20万円、4WDなら30万円を目標に買取店競合しましょう。前期モデルや走行距離が多いフィットは買取価格が出ない場合が多く10万円を目標に頑張りましょう。5万円未満ならそのまま下取りに出した方がお得な場合もあります。

下取りよりも買取店へ

次のクルマの購入先に下取り車として出せば手続きも楽ですが新車の値引きを削られて下取り価格が高いように見せられたり、下取り価格が1万円など適当な値段を付けられた上、下取り車手続き代行費用まで請求されるなんてこともありますので、買取店での買取査定がおススメです。
ネット環境があれば一括買取査定をお試しください。2社、3社に査定してもらうだけでも違います。
ディーラーではナビ付でも大きく査定額は変わりませんが買取店は思った以上に高値の場合があります。特に初代フィットの価格は基本0とお考えいただいて、事故歴無、走行距離は10万キロ未満であれば5万円から10万円の買取金額が期待できます。ただし、この金額には自動車税や、リサイクル券、車検残っている場合の自賠責保険料なども含まれていますので、実質はその分を差し引いた金額が純粋な買取価格とお考えください。
買取店で5万円以上の金額が出ない場合には、新車または中古車購入時に購入先に下取りとして出す方がメリット大きいです。その理由として未経過自動車税は戻りますし、手続きが一か所で済むためです。

一括買取査定を申し込んでも必ずどこかに売却しなくてはいけないわけではありません。思った金額にならなければ下取りに出しても大丈夫ですのでしっかり断りましょう。
以上の内容はあくまでも修復歴無、メーター交換歴無の条件です。修復歴やメーター交換歴は買取査定額に大きなマイナスになり買取額は0とお考えください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

ダイハツミライースの中古車買取・査定相場価格と、できるだけ高く売るコツ2016!

ミライースの買い取り相場概要

2011年に「第三のエコカー」として登場したのがミライースです。電気自動車でもハイブリッドでもディーゼルでもない一般的なガソリンエンジン車で脅威の低燃費を実現しました。現行モデルでのJC08モードは35.2km/Lはトヨタのハイブリッドシステム並みの低燃費です。ミライースはフルモデルチェンジしていませんので全て現行モデルです。燃費数値は年々向上していますが基本的な造りは同じですので、実際の燃費は大きく違いません。

登場当初は先代のスズキアルトエコとの燃費競争を繰り返し、現在は新型アルトが数値上は一歩上。しかし低燃費には変わりなく中古車でも高い人気を誇ります。新車価格は売れ筋グレードでも100万円前後で低価格。下取、買取価格も高値で推移しています。今年二回目の車検を迎えるクルマは売り時かも知れません。

中古車で買うなら新車購入も視野に!

2011年式の初期のミライースならグレード問わずに走行距離5万キロ前後で40万円前後の車両価格から選べます。お得のようですが、初回車検のモデルと価格差が大きくありません。
狙いたいモデルは2013年のマイナーチェンジ後の自動ブレーキ付のスマートアシストモデルSAグレードです。Lグレードなら走行距離の少ない良質車が60万円前後から狙えます。しかし、リヤシートを多用する場合にはヘッドレスト装備のXグレード以上を狙いたいところです。Xグレードは70万円前後からです。新車価格と30万円差があるかどうかで、新車値引き10万円ならさらに差が縮まります。新車購入も視野に検討をおススメします。

ミライースの買取価格帯は?

現行ミライース

39ミライースa
出典 http://http://carview.yahoo.co.jp/ncar/catalog/daihatsu/mira-e-s/F001-M006/image/?img=1
登場から5年を迎え中古車市場にも少しずつ流通しているミライースですが価格は高値で推移しています。ムーヴのように背が高い軽自動車ではなく背の低い乗用タイプで新車価格も100万円前後と低価格なのに買取価格は高値での推移となっています。

3年経過の2013年式で走行距離が5万キロ未満のミライースはベーシックグレードのLグレードで30万円から、充実装備のXグレードで45万円からの買取相場で、最高60万円までの買取価格となっています。Lグレードの新車価格は89万円、Xグレードは100万円ですので一見安値に見えますが、納得の価格です。相場に不満がありクルマには不満が無い場合には5年目にもう一度査定して見ましょう。

5年目を迎える2011年式の初期のミライースで走行距離が7万キロ未満なら20万円から45万円の買取価格相場です。中心のXグレードで買取価格が35万円から40万円なら5年で残価率40%あることになります。十分売却にはお得です。乗り換え希望なら二回目の車検がおススメです。7年目に突入すると価格がほぼ底値になることもあります。

また、走行距離が10万キロを超えたミライースの買取価格相場は5万円から15万円で安値となっています。エンジンはタイミングチェーン方式ですが、メーカー保証も無くなりますので不人気となります。しかし、ダイハツの軽自動車は耐久性はありますので、買取店の一括査定を申し込み少しでも高値で売却できるようにしましょう。

ミライース下取り重視、低走行車は買取店競合へ!

ミライースは5年未経過のクルマですので査定基準価格にまだまだあるクルマです。少々高値で下取しても中古車として売れますので、新車購入の際には下取り査定も侮れません。しかし、必ず買取価格もチェックしましょう。
ライバル車のスズキアルトを購入検討の際には、販売店の施策で買取に出すよりお得な下取り価格が出る場合もあります。この場合には、値引き額と下取り価格を必ず別けて提示してもらうのが鉄則です。値引き額を大きく見せたり、下取り額を高く見せたりする場合がありますので注意が必要です。
走行距離が年間1万キロ以下のペースでの使用、人気の淡色系の色のミライースならネットを活用し、買取店競合で少しでも高値で売却しましょう。下取り価格よりも10万円以上高い買取価格が提示されたらお得です。買取の場合にはリサイクル券もコミコミで提示してますので、差が5万円未満なら新車購入先とこれまでのクルマの売却先が異なる手間も含めて下取に出すことをおススメします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

ダイハツタントの中古車買取・査定相場価格と、できるだけ高く売るコツ2016!

タントの買い取り相場概要

下取り買取のメインは先代モデル

タントは2013年秋に現在の新型モデルになりましたが、まだ、3年も経過していないため一般ユーザーが下取りや買取に出すことは考えにくく、また、値下がり幅も大きいことから下取りや買取の対象は2007年から2013年まで販売させた先代タントです。
乗り換えのタイミングの目安となる5年、7年目にあたるタントがこの先代モデルに該当します。下取り価格も高いのですが必ず買取店競合で納得できる買取価格を目指しましょう。
初代タントもまだまだ人気ですが7年以上経過していることから下取り価格は期待できませんが走行距離が少ないタントなら買取店競合なら高値での売却も期待できます。

中古車で買うなら先代モデル3年から5年経過モデルを選ぼう!

新車購入価格が140万円から150万円台だったタントXリミテット、タントカスタムXが100万円前後の車両価格で探すことができます。ベーシックなLグレードは80万円台から探すことも可能です。
5年以上経過したタントでも中古車価格はなかなか下がりません。7年経過する2009年式のタントの中心価格帯は70万円前後です。中古車での購入のメリットはあまり高くありません。保証がすべて付いてくる新車購入も視野に検討しましょう。

タントの買取価格帯は?

先代 L375S、L385S系

38タントa
出典 http://carview.yahoo.co.jp/ncar/catalog/daihatsu/tanto/F002-M007/image/?img=1
2007年から2013年まで販売させた先代タントは3年経過したモデルから3回目の車検の7年目を迎えるモデルまで該当し、下取りや買取の中心となるモデルになります。
タントは先代モデルから乗降性に優れたスライドドアを採用しました。さらに助手席ドアとリヤドアとの間に柱が無いピラーレスオープンドアのため開口部は1480mmと大きくベビーカーを畳まずそのまま車内にアクセスできます。子育て世代に人気のタントの買取価格は高値で推移しています。

3年経過の最終モデルは走行距離が3万キロ未満のLグレードが45万円からX、Gグレードが65万円から85万円の買取価格が相場で値段の下げ幅は大きく感じますが背の低い軽自動車と比較すると買取価格は残っている方です。
走行距離は4万キロを超えると相場より安くなります。カスタム系のグレードは人気が高く、下取り価格も高いのですが買取店競合によりさらに高値を狙いましょう。
5年経過のモデルは走行距離6万キロ未満で、35万円から70万円の買取価価格の値下がりは緩やかで売り時です。ただし走行距離が7万キロを超えるクルマやベーシックなLグレードは3年から5年になっても35万円前後となり、高価買取はあまり期待できません。

カスタム系の値段は下がりません。外装に自信があり、走行距離が5万キロ未満のカスタムX以上のグレードなら70万円を目標に買取店同士競合させましょう。
7年経過のモデルは25万円から40万円の買取価格が相場で、7年になっても買取価格が残るタントは人気車である証拠です。
カスタム系の買取価格はは7万キロ未満のカスタムX以上のグレードなら50万円を目標に買取店同士競合させましょう。7年経過すると全体的に走行距離も多くなりますので新しい時ほど走行距離よる差が無くなってきますが、10万キロを超えると大きく買取価格は下がります。L、Xグレードで10万円、カスタム系で15万円を目指しましょう

初代 L350S、L360S系

38タントb
出典 http://carview.yahoo.co.jp/ncar/catalog/daihatsu/tanto/F001-M002/image/?img=1
2003年末から2007年末まで販売された初代タントは軽トラックベースのアトレーワゴンとは違い、乗り心地重視の乗用車ベース+背の高い軽ワゴンで大ヒットになりました。
2005年にマイナーチェンジした後期モデルで走行距離が5万キロ未満の低走行車は買取相場は15万円から40万円前後も狙えます。走行距離の少ないターボ車は40万円以上の買取価格も出る場合もあります。
2004年前後の買取価格は15万円を目指しましょう。走行距離が10万キロ以上走行したタントでも5万円前後の買取価格が期待できますが買取店同士競合させないと価格が出ない場合もあります。タイミングベルト交換済車なら積極的にアピールしましょう。

5年以内なら下取り重視、5年以上なら買取店競合へ!

タントの場合新車から5年以内なら高い下取り価格が期待できます。新車販売店でも下取りし、自社の中古車センターで販売すればすぐ売れるクルマだからです。この場合は買取専門店が買い取って自社で販売できず、オークションに出す場合などは手数料もかかりますので高価買取と言っても下取りの方が高額になる傾向があります。しかし、買取価格も忘れずにチェックして下さい。
5年以上経過したタントは下取り価格よりも買取店同士競合させた方が高値で売却できるケースが多くなります。下取り価格を事前にチェックし買取店競合に臨みましょう。
初代モデルのタントなら買取店同士の競合がオススメです。初代では下取り価格か出にくくなっていますが、人気がありますので買取店競合で高価買取を目指しましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

ホンダ・ステップワゴンの愛車買取・査定相場と、できるだけ高く売るコツ2016!

ステップワゴンの買い取り相場概要

2015年4月に登場したばかりの新型ステップワゴンの買取相場はまだ無く、中古車販売は試乗車販売がメインです。買取のメインは先代のRK型です。

値落ちは大きく二代目までは買取価格はゼロに近い スライドドアに注意

2005年に三代目のRG型が登場しましたが、RG型以前のモデルは買取価格が付きにくい状況になりました。概ね10万円くらいしか期待できません。
ステップワゴンは10年経過するとボディ剛性の低下が顕著になります。これはステップワゴンに限らずホンダ車全般です。どこからともなく軋む音、足回りからの突き上げ感が大きくなる傾向にあります。特にスライドドアは結合部やセンサーなど弱く故障が多くなっています。特にRF型に目立ちますが、先々代のRG型のスライドドア故障も耳にするようになりました。知人のケースではRG型でスライドドア修理するより乗り換えを検討し新型オデッセイに乗り換えました。RG型は確かに買取相場が残っている今が手放すチャンスかも知れません。

手放すなら2011年式を持っているユーザー

ステップワゴンは7年経過すれば買取価格は大幅に下落します。5年乗ったモデルで今なら買取価格は90万円以上期待できます。先代モデルのRK型のため中古車としても売れるクルマですのでチャンスです。あと2年乗ろうとしているユーザーは最後まで乗り潰してください。手放す予定があるなら今です。2年経過すればステップワゴンの傾向から買取価格は50万円以上下がる可能性があります。

中古車を探すなら初回車検の先代を狙え!

ステップワゴンは2015年4月にフルモデルチェンジしています。3年前のモデルは先代モデルのため価格が下がっています。走行距離が5万キロ未満で車両本体価格160万円前後から探すことができます。

おススメグレードはG Eセレクションで左側パワースライドドアが標準装備されます。ノーマルのGはオプション装着もありませんので要確認です。また、コンフォートセレクションも選ぶことができます。コンフォートセレクションはディスチャージヘッドライト&両側パワースライドドアが装備されおススメです。スポーティなスパーダは少々高めで15万円から20万円の予算アップが必要ですが新車時の価格差並みです。

ステップワゴンの買取価格帯は?

四代目 RK型 5年乗ったなら乗り換えがお得

36ステップa
出典 http://carview.yahoo.co.jp/ncar/catalog/honda/stepwgn/F004-M004/image/?img=1
ステップワゴンで初回車検を迎える3年経過の2013年式モデルは新型登場で先代モデルとなった四代目モデルです。アイドリングストップ機能を装備するなど環境面でも優れた性能を発揮しています。ライバルのトヨタノアや日産セレナと酷似したデザインで現行モデルや先々代モデルに比べ個性は感じられませんが、奥様には人気のステップワゴンです。新型登場のため代替えが進み中古車市場に多くの台数が流通しています。

2013年式のステップワゴンで走行距離が5万キロ未満なら120万円から200万円が買取価格相場です。走行距離により買取価格は大幅に違います。年間走行1万キロ前後で使用のクルマなら買取価格は140万円前後、年間2万キロ以上のペースで使用のクルマは110万円前後で両側電動スライドドアとナビ付も変わらない買取金額です。
ミニバンの中でも買取価格は期待するほど残らず3年で半額です。

さらに2回目の車検を迎える5年経過の2011年式も先代モデルです。走行距離が7万キロ未満なら80万円から170万円が買取価格相場です。
3年と5年で買取価格差はほとんどありません。2回目の車検を迎えるユーザーはココで乗り換えがお得です。初回車検ユーザーであまり走行距離を走らないのであれば次の車検まで待ちましょう。2年後も今の新型はフルモデルチェンジしません。

高価買取が期待できるキーワードは、ホワイトパール、ブラック、ナビ付、両側パワースライドドア、スパーダZです。

三代目 RG型

36ステップb
出典 http://carview.yahoo.co.jp/ncar/catalog/honda/stepwgn/F003-M004/image/?img=1
7年を経過した三代目ステップワゴンが多く流通する2007年式から2009年式のモデルは大幅に買取価格はダウンします。走行距離が10万キロを超えたら買取価格は15万円が目標です。走行距離が10万キロ未満なら30万円から90万円が相場です。上級グレードやスパーダ、両側電動スライドドア、ナビゲーション装着車が買取に有利です。昨年と買取価格相場にほとんど変動がありません。
中古車として購入するユーザーは70万円から80万円で良質なRG型が入手できますのでお得です。

二代目のRF型以前のモデルは状態が良く、5万キロ未満の走行距離で4WDやスパーダなら20万円前後の買取価格が期待できますので、一括見積による買取店競合で、少しでも高い買取価格を目指しましょう。10万キロ近く走行したモデルは価格が付きにくいですので、そのまま下取りに出すか買取店に出すかしっかり見極めましょう。

年数経過車ほど買取店へ

先代モデルならどの販売店でも欲しいクルマです。新型ステップワゴンの商談で下取りにしますと言っても下取り価格は十分高額な期待が出来ます。売りやすいクルマほど買取店と下取りの価格差はなくなり手間のかからない下取りを選ぶメリットも大きくなります。
しかし、5年以上経過したステップワゴンはトヨタノア&ヴォクシーや日産セレナより人気がなくなります。売りにくくなるクルマは下取り価格が安くなりますので、買取店同士の競合で買い取り希望額に近づけることをおススメします。
特に三代目前期モデルや二代目RF型の最終モデル2003年式から2004年式なら買取店がおススメで下取りなら新車値引きに溶かされてしまう可能性もあります。買取と下取りどちらも検討するのは大切ですが、自分のクルマの状態に自信があれば買取店同士競合させて高価買取を目指しましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

ダイハツムーヴの愛車買取・査定相場と、できるだけ高く売るコツ2016!

ムーヴの買い取り相場概要

買取相場は若干上昇 カスタムなら高価買取期待できる

ムーヴは落ちついたノーマル系とスポーティなカスタム系があります。カスタム系は若いユーザーに人気があり中古車市場でも高値で流通しています。年間1万キロ走行以内で外装がキレイな状態なら高価買取間違いなしです。特に二回目の車検までのムーヴは人気で高値買取が期待できます。まだまだ手放すユーザーが少ないためです。昨年と比較し少々価格が上昇している感じです。

中古車で買うなら先代ベーシックグレードを狙おう!

2013年式で走行距離5万キロ未満のカスタムX系グレードは車両価格90万円前後からと高額です。新車価格に迫りますので新車購入がおススメです。初回車検のムーヴを狙うならベーシックなLグレードに自動ブレーキスマートアシスト搭載のL SAグレード。こちらは70万円前後から狙えます。2011年式で5年経過のムーヴカスタムも高値で推移しており、70万円前後で中古車で買うお得感があまり感じられません。

買取価格が高いと中古車がお得?

3年経過で新車の5年保証の部分が残っている状態でムーブカスタムを90万円で購入し4年乗って45万円で売却すれば実質年間11万円でそれほど故障の心配もない人気の軽自動車ムーヴに乗れる計算になります。月々に換算すると約9,500円ですので4年間でみるとお得にムーヴに乗ることができます。
あくまでも参考であり、クルマの状態や人気度合により価格は変動します。人気車を購入する際の参考にしてください。

ムーヴの買取価格帯は?

五代目 LA100S、LA110S系

33ムーヴa
出典 http://carview.yahoo.co.jp/ncar/catalog/daihatsu/move/F005-M004/image/?img=1
2010年12月に登場した五代目ムーヴは普通車並みの内装質感でライバルに差を付けました。2014年12月に新型になりましたがまだまた古さは感じられません。
初回車検の2013年式で走行距離が5万キロ未満のムーヴの買取価格相場はノーマル系のL、Xグレード30万円から60万円。カスタム系のXで45万円から75万円でRSなら60万円から80万円前後目指せます。

5年経過した前期モデルは ノーマル系のL、Xグレード20万円から40万円。カスタム系のXで35万円から55万円でカスタムXリミテッドならXグレードと比較して全体的に5万円高いです。RSなら30万円から60万円前後が相場で5年経過するとカスタムXとの買取価格差が少なくなります。

四代目 L175S、L185S系

33ムーヴb
出典 http://carview.yahoo.co.jp/ncar/catalog/daihatsu/move/F004-M004/image/?img=1
2006年10月から2010年12月まで販売されたムーヴはちょうど3回目の車検を迎える7年経過車と4回目車検の9年経過車があり、間もなく登場から10年になります。
センターメーターを採用し、カスタム系には自発光式の視認性に優れた計器類を採用し普通車並みの質感を得ています。四代目ムーヴからはエンジンの静粛性が大幅に向上しています。
2009年式の後期モデル7年経過のムーヴで走行距離が10万キロ未満の買取相場はノーマルグレードのLやXグレードで15万円から35万円です。上限の価格帯は走行距離5万キロ未満のムーヴです。カスタム系なら20万円から60万円の買取価格が相場で、ボディカラーが黒なら50万円前後の買取価格が期待でき、走行距離が少ないほど高価買取が期待できます。
2007年式の前期モデルは走行距離が10万キロ未満の買取相場はノーマルグレードのLやXグレードで5万円から20万円です。カスタム系なら15万円から45万円の買取価格が相場で走行距離が少なく、外観状態がキレイなクルマは高価買取が期待できます。

年数経過したクルマほど買取店へ

ムーヴの場合は年式が新しい5年未満のクルマなら下取り価格も高めです。ムーヴからムーヴへの乗り換えでは当然下取り価格を高めに交渉は可能ですが、ムーヴからスズキワゴンRへ乗り換えなら他社下取りの施策で下取り価格を高く設定してくれる場合があります。この場合も買取店で一度店頭買取査定を受けておきましょう。この価格を参考に下取り価格交渉すると効果的です。
7年以上経過したムーヴの場合は買取店が有利なケースが多くなります。中古車として売りにくくなればなるほど買取店への交渉を強化しましょう。新車購入を決めて手放すのが確定したならネットによる一括買取査定がおススメです。
買取店同士の競合になりますので、これまでの商談でディーラーの下取り提示額を基準に目標買取額を自分なりに決めて効果買取を目指しましょう。

コレが交渉の一例だ!

ディーラーで最後まで頑張った下取り価格は25万円、希望は30万円とします。
買取業者が査定をし、金額を伝えられる前に「いくらがご希望ですか?」と大抵聞いてきます。ここで「40万円ならすぐ決めるよ」といいます。当然出るはずがないので業者は渋ります。「それではいくらが限界ですか?いくらで買取可能ですか?」と訊ねて「ウチでは30万円ですね」と言う答えが来たら本音の希望額。しかし業者には「希望額に差があるので次も業者さん来ますのでもし30万円が一番高かったら連絡します」と言います。
結果30万円が一番だとしましょう。最初の業者に連絡をとり、「やはり、40万円は無理でした、35万円ですぐ手放します」と伝え、もしかしたらOKになるかも知れません。しかしこれが間の32.5万円だとしてもお得に売却できたことになります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

ホンダオデッセイの中古車買取・査定相場価格と、できるだけ高く売るコツ2016!

オデッセイの買い取り相場概要

ポイントは新車から5年以内で少ない走行距離

オデッセイは人気車のため下取り買取価格は期待できます。特に、新しければ新しいほど、走行距離が少ないほど、純正エアロパーツが装着されたオデッセイは高値で取引されています。
2013年秋に登場した現行モデルはまだまだ手放すユーザーはいません。しかし、モデルチェンジから2年が経過し先代モデル最終型の相場が下っています。初期型も買取価格は下っていますので、丁度5年経過する2011年前後のオデッセイの買取価格は昨年同様の水準をキープしていますので5年で手放すのがおススメです。

中古車でおススメは5年落ちのMナビ付を狙え

買取価格の下がり方が大きい初回車検を迎えたオデッセイが狙い目で180万円の車両価格から走行距離5万キロ未満の良質車を探すことができます。ベーシックなMグレードでも当時新車価格は270万円以上ですのでお買い得です。
オススメは3年経過のMXグレードでナビゲーションシステムが標準装着されたモデルです。エアロパーツ優先ならMエアロパッケージも同価格帯で探すことができます。
アブソルートを探すなら同価格帯で狙うにはあと2年年式を落としましょう。2011年式のアブソルートなら180万円前後で狙えます。カタチは同型モデルですので機関系のメーカー保証が無くなる点を把握しておけばお買い得です。

10万キロ走行車は必ず試乗を

オデッセイに限らずホンダ車の特徴として10万キロを超える一気に安くなります。つまりガタが出てくるクルマが多いのです。足回りからのコトコト音、走行中のステアリングのガタが主な症状です。購入価格は安くなりますが十分な注意が必要です。

オデッセイの買取価格帯は?

先代 RB3~4系

35オデッセイa
出典 http://carview.yahoo.co.jp/ncar/catalog/honda/odyssey/F004-M003/image/?img=1
2013秋に新型が登場し四代目オデッセイは先代モデルになりました。2008年10月から販売され来年2016年には3回目の車検を迎えるクルマも出てきますので代替えを考え、高く売りたいユーザーも少なくないはずです。
2013年式の最終モデルは3年が経過しています。走行距離が5万キロ未満で110万円から150万円が相場です。昨年はノーマルのMで170万円前後、アブソルートやエアロパッケージ装着車では200万円前後の買取価格が相場で高値を維持していましたが価格は1年で約50万円値下がりしています。ひと月に換算すると4万円強ですので今手放すのはもったいない状況です。
5年経過した前期モデルは走行距離が7万キロ未満で100万円から150万円が相場です。昨年と比較して同等の買取価格を維持しています。高価買取を狙うには買取店一括査定を依頼し買取店同士競合しましょう。高価買取のポイントは、アブソルート、ブラック、4WD、年間走行距離1万キロ未満です。

3年経過のオデッセイも5年経過のオデッセイも買取相場に大きな差がありません。また、7年経過の2009年式なら5年経過時と比較して約40万円ダウンします。オデッセイの売り時は5年経過時です。

三代目 RB1~2系

35オデッセイb
出典 http://carview.yahoo.co.jp/ncar/catalog/honda/odyssey/F003-M005/image/?img=1
2003年から2008年まで販売されたRB1~2系オデッセイは先代モデルと見た目が差ほど変わりなく、クルマを知らない人が見たら同じクルマに見えてしまうくらいのデザインです。
2007年から2008年の後期モデルで走行距離10万キロ未満なら買取相場は10万円から60万円が相場です。下取り価格では期待できない年式ですので買取店同士競合させ少しでも買取価格アップを狙いましょう。アブソルートで走行距離が5万キロ未満なら80万円前後の買取価格も期待できます。
2004年前後の前期モデルは買取価格が大幅に下がります。走行距離が10万キロ以上なら価格は出ません。走行距離が5万キロ前後のMグレードで20万円前後、アブソルートなら40万円前後の買取価格を目指しましょう。

オデッセイは下取り価格を参考に買取店競合、ドレスアップ車は専門店へ!

先代モデルのRB3~4系のオデッセイは新車販売店での下取り価格も買取価格も昨年に比べて下っています。
新車値引き額と下取り価格を別けて提示してもらったことを前提に、ネットによる一括査定も忘れずに行いましょう。事前に下取り価格がわかっていますので、その下取り価格のプラス25万円から35万円上乗せ価格を希望価格として頭に入れておくと買取業者の思うままにならず有利に商談を進めることができます。オデッセイは下取り価格+10万円のアップなら喜んで買取店は持っていきますので注意が必要です。

5年から7年以上経過したオデッセイは高い下取り価格が期待できないため、少しでも買取価格が高くなるようにネットによる一括査定で買取店同士競合させることをおススメします。10年以上経過し10万キロ以上走行したオデッセイの買取価格は期待できませんので5万円から10万円を目標にし届かないようなら、そのまま下取りや廃車手続きした方がメリットがあります。
オデッセイはドレスアップ車が多く社外のサスペンションやエアロパーツ装着車も多く見られます。そのまま買取店で査定すれば通常減点され安値になりますので、ドレスアップ車専門店に買取依頼することをオススメします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

スズキワゴンRの中古車買取・査定相場価格と、できるだけ高く売るコツ2016!

ワゴンRの買い取り相場概要

先代モデルのMH23S系が中心

ワゴンRの買取価格は昨年と比較し下がっています。新しいモデルから古いモデルにかけて全体的に下がっている傾向です。
ワゴンRの下取りや買取りは先代モデルのMH23S系が中心ですが、ノーマルモデルのFX系グレードは新車価格の35%前後と高額査定はなかなか狙えない状況です。しかし、スポーティなスティングレー系グレードは中古車市場でも人気が高く10万円から20万円高くなる傾向にあります。
エンジンは三代目のワゴンRもオールアルミエンジン+タイミングチェーン式で耐久性とメンテナンス性に優れていますが、降雪地域では融雪剤による塩害が気になります。サビが出ているクルマは査定額に影響し減額される覚悟が必要です。ダイハツ系の軽自動車と比較するとスズキの軽自動車にサビが目立ちます。

中古車でおススメは現行モデルを狙え

初回車検を迎えた現行ワゴンRで60万円前後から狙えます。登録済未使用車で100万円前後から探すことができます。話題の低燃費技術Sエネチャージ搭載のモデルも110万円前後で見つけることができます。新車からの値引きを見ても10万円以上はお買い得になります。
低価格で練習用を兼ねてワゴンRが欲しい場合には、先代モデルを狙うことをおススメします。走行距離が10万キロ未満の条件でも車両価格で30万円前後のワゴンRを探すこともできます。現行モデルと外観デザインが大きく違わないため、まだまだ古さを感じることなく乗り続けることができます。

ワゴンRの買取価格帯は?

現行 MH34S、MH44S系

34ワゴンRa
出典 http://carview.yahoo.co.jp/ncar/catalog/suzuki/wagonr/F005-M005/image/?img=1
ワゴンR五代目となる現行型は2012年に登場し初回車検を迎えたクルマも出てきています。ベーシックグレードは110万円台からのお求めやすい価格設定と、簡易的なハイブリッド感覚のSエネチャージモデルも設定されています。Sエネチャージモデルの価格はコンパクトクラスの価格帯になり軽自動車としては高額です。
3年経過の2013年式でベーシックなFXなら走行距離5万キロ未満でも35万円前後から50万円前後が買取の相場目安です。走行距離が2万キロ未満のFXリミテッドやレーダーブレーキサポート搭載車でも60万円前後のため、新車価格を考慮すれば下取り価格及び買取価格は安く手放すには「待ち」の状態です。
二回目の車検まで待つのも良いかと思います。

四代目 MH23S系

34ワゴンRb
出典 http://carview.yahoo.co.jp/ncar/catalog/suzuki/wagonr/F004-M003/image/?img=1
2008年に登場したMH23S系四代目ワゴンRは新型プラットフォーム採用により室内の広さを更に広くしたモデルでした。CVTの採用やアイドリングストップもグレード別に採用しました。
2011年前後の5年経過モデルは20万円から40万円の買取価格で昨年に比べて買取価格が低下しています。スポーティなスティングレーグレードで走行距離が5万キロ未満なら60万円前後を目指して買取店競合しましょう。

MH23S系の前期モデルは走行距離が10万キロ未満でも底値に近づいています。10万円から30万円が相場ですが25万円前後を目指して買取店競合しましょう。

2003年に登場した三代目MH22S系ワゴンRはスタイリッシュなトールワゴンとして人気が高く、全グレードにタコメーターを装備しスポーティな印象がありました。
後期モデルの2007年式前後のスティングレーターボモデルなら30万円前後の買取価格が狙えますが、ノーマルのFXグレードは買取価格は10万円を目指し、クルマの状態によっては買取価格が出ない場合もあります。

ワゴンRは人気車 下取りよりも買取店競合へ!

ワゴンRを手放す際にはネットによる一括買取査定が一番高値で売却できる傾向にあります。しかし新車購入時にワゴンRを手放す際には、下取り査定もしっかりと受けることが大切です。新車登録から3年から5年までの高年式車は下取り査定が意外と高額になる場合があります。この下取り査定額を参考に一括買取査定を申し込むと効果的です。下取り額が参考価格としてわかることにより買取店への価格アップ交渉がしやすくなります。
下取り価格が45万円と提示されたならば、買取店競合の際には希望を60万円と伝え、恐らく不可能ですので最終の落としどころを55万円と考え交渉し売却できれば成功と言えます。下取り価格プラス10万円なら買取店に売却が良いでしょう
買取店売却の際には、売却時期が大切です。新車の納車を待たずして売却を迫られるケースが少なくありません。その際には新車の納車を待ってもらえるか、または何でも良いので代車を貸してもらえるか確認しましょう。筆者自身売却の際には高価買取の条件ですぐ引き渡す代わりに代車を用意してもらえました。
ひとつの方法のみでなく必ず下取り価格と買取価格と比べることが大切です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

トヨタアルファードの愛車買取・査定相場と、できるだけ高く売るコツ2016!

アルファードの買い取り相場概要

下取、買取中心は先代モデル

グランドハイエースの後継モデルとして2002年にアルファードが登場しました。グランドハイエースは後輪駆動ベースでハイエースとプラットフォームを共用していました。アルファードはエスティマとプラットフォームを共用し乗用車ベースになり乗り心地と静粛性を大幅に向上しました。
アルファードは初代モデルはすでに10年以上経過しており15万キロ以上走行した3.0Lエンジン車は買取価格がゼロになる傾向にありますが、15万キロ未満のアルファードなら、まだまだ買取価格が残ります。

アルファード中古車買うなら狙い目は20系前期モデル

ちょうど二回目の車検を迎えたモデルです。スポーティなデザインの240S両側電動スライドドア+ナビ付で走行距離5万キロ未満の良質車が250万円前後の車両価格から狙えます。新車は高価だが大きく広いクルマが欲しいユーザーはノアやヴォクシーのミディアムクラスミニバンの標準グレード車並みの価格で狙うことが可能です。

アルファードGとアルファードVって?

アルファードは販売店が当時Gがトヨペット店、Vがビスタ店、ビスタ店は後にネッツ店と統合しネッツ店販売になりました。初代10系と呼ばれるモデルがGとVに分かれていますがフロントグリルとエンブレムの違いで中身は同じです。
二代目の20系と呼ばれるモデルからはヴェルファイアがネッツ店の取扱でやはりグリルの形状など違いはありますが基本同一車種です。

アルファードの買取価格帯は?

二代目 20系

29アルファードa
出典 http://carview.yahoo.co.jp/ncar/catalog/toyota/alphard/F002-M003/image/?img=1
二代目の20系は前期モデルは7年経過し後期モデルも5年目。新車から乗り続けているユーザーの満足度は高く、なかなか手放しませんが、それでも販売台数が多いため中古車市場に多く流通し、新型アルファードが登場して1年以上経過したこともあり中古車台数は多くなっています。初代モデルと比較し4気筒の2.4Lエンジンは型式そのままですが、V6エンジンが3.0Lから3.5Lに排気量アップしました。新しく搭載されたGRエンジンはタイミングベルトが無くチェーン駆動のため走行距離を多く走行するユーザーにはうれしく多人数乗車時でもストレスない加速が可能です。

後期モデルで3年から4年経過したアルファードは走行距離5万キロまでのX系グレードは2.4Lも3.5Lも買取相場は180万円から210万円です。買取価格が高くなるのはS系のグレードです。230万円から290万円の買取相場で3.5Lモデルも同じ買取価格相場です。税金面など維持費が大きく影響する大排気量車は新車時は高価でも売却時には2.4Lエンジン車とほとんど違いが無くなります。

前期モデルで2009年式から2010年式の3回目の車検に迫ったモデルは走行距離10万キロ未満で140万円から230万円が相場でグレードによる差、排気量による差が無く、走行距離により買取価格が左右されています。5万キロ前後なら170万円の買取価格が中心価格帯です。売却時には150万円くらいで提示される可能性大ですが170万円を目標に頑張りましょう。一発で170万円が提示されたらなプラス15万円を狙い、無理ならプラス10万円を落としどころにして高値で売却しましょう。最初の提示価格から無理だと思われる価格を希望価格にし落としどころを決める方法も有効です。
新型アルファードが登場して1年以上経過し昨年と比較しても価格が安定しています。また、フルモデルチェンジは先ですので新車から5年未満なら次の車検かさらに次の車検で売却を検討、また、7年を迎え欲しいクルマがあるなら売り時です。

初代 10系

29アルファードb
出典 http://carview.yahoo.co.jp/ncar/catalog/toyota/alphard/F001-M003/image/?img=1
初代の10系は走行距離が多くなってきています。10万キロに達していないモデルで修復歴無しなら買取価格は期待できます。
グランドハイエースと比較して静粛性を大幅に向上させ乗り心地を向上させた初代モデルです。エスティマにも搭載される経済性に優れた2AZエンジンの2.4Lモデルがおススメで
前期モデルの2004年2005式のモデルは2.4Lで買取相場30万円前後、15万キロ前後の走行距離なら5万円から15万円です。MX系3.0Lは税金面や維持費の関係で人気が薄く5万円から30万円です。3.0Lモデルはタイミングベルト式エンジンですので10年10万キロの交換が必要ですので未交換ならやはり高値買取は期待できませんが、あえて交換の必要はありません。交換しても交換分の金額が上乗せなりませんのでそのまま買取店に渡すのが一番お得です。
修復歴ありの場合は買取価格は厳しく走行距離が15万キロを超えていれば価格が出なかったりしますので、10万円あればベストと思ってください。

10系後期の買取価格は40万円~100万円前後です。2007年式で10万キロ未満の場合60万円から70万円、2008年式100万円前後です。2006年式の 3.0Lは40万円前後で15万キロ前後走行したクルマはナビゲーションが付いて30万円前後の買取価格です。圧倒的に2.4Lモデルの流通量が多く買取価格も高めになっています。ホワイトパール、完全なブラックは高価買取が期待できます。SグレードならAS、MSいずれでも上記価格からプラス20万円前後上乗せも期待できます。

ホワイト系とブラック、S系グレードほど買取店へ

完全なホワイトまたはホワイトパール色と完全なブラック色は人気色で中古車市場でもすぐに売れます。すぐに売れるということは買取価格も高くなります。また、初代はAS、MSグレード、二代目は240S、350SのS系グレードはスポーティなデザインで人気があります。
ディーラー下取りなら下取り価格が高くなると言っても所定の決まった額のみのアップになりますが、買取店でなら人気に応じた額のアップが期待できますので下取り価格よりも大幅アップするケースがほとんどです。また、ネットによる一括査定で買取店同士の競合も効果的です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

日産エルグランドの中古車買取・査定相場価格と、できるだけ高く売るコツ2016!

エルグランドの買い取り相場概要

悪顔がさらに進化した現行モデル後期型はまだ3年未満のため中古車市場にも台数が少なく、手放せば高価買取も狙えますが、新車価格を考慮すれば値落ち分が大きいため実際には損。そのため手放すユーザーはいませんので高値で推移しています。
E52型前期モデルが買取、下取りの中心となっています。人気のE52型は高値を維持しています。5年目までの価格は昨年同様の価格帯で高値をキープしていますが、初期の2010年式では値下がりが感じられます。3回目までの車検が売り時で7年目以降は一気に価格が下がる可能性があります。

現行E52系の二回目車検前が売り時

2010年に登場した現行エルグランドは初期モデルが二回目の車検を迎えています。
5年乗っても新車価格の約半額が残っているケースが多く、乗り換えを検討しているユーザーは売り時でもあります。
初回車検の3年での乗り換えは買取価格が5年乗った場合と大きく差がありませんのでお得感はありません。

初代E50系はディーゼルのみ

初代エルグランドの台数は少なくなりましたが、買取価格が残るのはディーゼル車です。走行距離20万キロ未満の初期の3.2Lディーゼルは買取価格10万円、後期の3.0Lディーゼルは15万円の買取価格が期待できます。ガソリン車の下取り価格、買取価格はいずれも期待できません。

中古車でおススメはE52型前期モデル

エルグランドは現行モデルでハイウェイスターと呼ばれるグレードがメインです。また、2014年のマイナーチェンジではハイウェイスターとXGのヘッドライト形状が異なるようになり、ハイウェイスターがよりスポーティで悪顔になりました。しかし、前期モデルはヘッドライト形状は同じです。
E52型前期モデルの250XGは180万円前後から探すことができます。法人使用のリース満了車が狙い目でノーマル状態のメンテナンス万全のクルマが狙えます。
ハイウェイスターも価格が落ち着いてきています。走行距離が7万キロ未満のクルマで200万円前後から探すことができます。後期モデルは、まだまだ高額ですので長期ローンを契約してでも新車を狙いたいです。

エルグランドの買取価格帯は?

三代目 E52型

32エルグランドa
出典 http://carview.yahoo.co.jp/ncar/catalog/nissan/elgrand/F003-M004/image/?img=1
三代目E52型エルグランドは2010年に登場し2014年にマイナーチェンジを行いました。二回目車検の5年経過のエルグランドも現行モデルです。E52型からエルグランドはこれまでの後輪駆動ベースから前輪駆動ベースにプラットフォームを変更しました。降雪地域でも4WDを選択しなくても日常使用可能になりました。
3年経過の2013年式で走行距離5万キロ未満のハイウェイスターは210万円前後が買い取り相場です。中でもアーバンクロムシリーズが高値をキープし、本革シート仕様のブラックラインの走行距離3万キロ未満のクルマは270万円から290万円の買取価格です。
ベーシックな250XGは160万円前後です。この年代のエルグランドは中古車市場に不足気味。価格は若干上昇傾向が予想されます。買取店競合で高値売却を狙いましょう。
E52型前期モデルで5年経過した走行距離7万キロ未満のエルグランドは170万円から220万円前後が買い取り目標額です。高額査定が出るのは両側電動スライドドアはもちろん、純正のツインモニター装着車です。新車装着価格も高額です。
10万キロ前後走行したクルマは120万円前後の買取相場となっています。2.5Lと3.5Lでは買取価格に差がありません。

二代目 E51型

32エルグランドb
出典 http://carview.yahoo.co.jp/ncar/catalog/nissan/elgrand/F002-M007/image/?img=1
二代目エルグランドは2002年から2010年までの8年間販売されたロングセラーモデルで街の中でもまだまだ見かけます。
2004年のマイナーチェンジで3.5Lエンジンに加えて2.5Lエンジンも追加されました。現行E52型の2.5Lは4気筒エンジンですが、E51型はV6エンジンを搭載しています。燃費は良くありませんがV6 2.5エンジンの静粛性と伸びやかな加速、適度な維持費が味わえる唯一のモデルです。

ちょうど三回目の車検を迎えた2009年式で走行距離10万キロまでのエルグランドは70万円から140万円が買取価格の相場で110万円が中心買取価格です。走行距離が5万キロ未満であればさらに高額に、10万キロを超えれば100万円を切る買取価格となり走行距離で大きく左右されます。高額査定のキーワードは、2.5、ブラック、走行距離5万キロ未満、ハイウェイスター、レザーシート、フリップダウン後席モニターです。全て当てはまらなくても数個あてはまるだけで高額査定が狙えます。

2004年式までの前期モデルはエンジンが3.5Lのみで10年以上経過し走行距離も10万キロを超えているクルマも多くなり買取金額は5万円から25万円と大きく値下がりしています。

5年未満なら下取り検討、7年以上なら買取店競合へ!

エルグランドは人気車種ですが、特に現行モデルのE52型はさらに人気があります。5年前の中古車でも現行モデルのため販売価格も高くなっています。つまり下取り価格も買取価格も高くなっています。
E52型は各販売店で下取りに力を入れています。日産系販売店ではマイナーチェンジ後のエルグランドへの乗り換え、トヨタ系販売店では新型アルファード&ヴェルファイアへの乗り換えの際には下取り価格には相当力を入れていますので買取店に売却するメリットが薄れるケースがあります。ただし、E52型初期モデルは価格が下がり気味ですので必ず買取店一括買取査定で競合させ納得の金額で手放しましょう。

先代モデルのE51型は7年以上経過モデルが多く下取り価格が思うように伸びない傾向にあります。E51型でも程度良好ならすぐ売れる人気車種で特に2.5Lは人気です。ネットによる一括査定で買取店同士競合させ高価買取を目指しましょう。
下取り重視でも買取重視でも、どちらも必ず価格を調べることが大切です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

日産・セレナの愛車買取・査定相場と、できるだけ高く売るコツ2016!

セレナの買い取り相場概要

乗り換えなら5年経過から7年経過のクルマだ!

セレナは5ナンバーサイズで8人乗れるミニバンで子育て世代に人気があります。
セカンドシートに中央シートのスライド機能があるため、7人8人乗り仕様がなく、使い勝手も良好です。
セレナの買取相場は全体的に高値で推移しています。新車から3年経過から5年経過まで大差無く、また、5年経過から7年経過でも価格の下落幅は小さくなっています。しかし7年経過から9年にかけて大きく下落します。C25型前期モデルは買取価格が安くなる傾向にあります。

中古車で買うなら現行後期モデルハイウェイスターを狙え!

セレナは程度良好車は5年経過車でもハイウェイスターの価格は高値で推移しています。つまり、初回車検を迎えた新しいモデルを狙うか新車購入がおススメです。2014年式のハイウェイスターSハイブリッドで車両価格220万円前後から走行距離3万キロ未満の良質車が探せます。
ノーマル系のXグレードならさらにお買い得で2011年式で5年経過したセレナで120万円前後から選ぶことができます。C26型で新しさと広さ、使い勝手重視ならおススメです。

セレナの買取価格帯は?

現行型 C26型

31セレナA
出典 http://carview.yahoo.co.jp/ncar/catalog/nissan/serena/F004-M003/image/?img=1
平成22年10月に登場した現行型のC26型も5年目で2回目の車検を迎えたクルマもあります。2016年8月の新型セレナ登場の話題もある中で手放す時期が悩ましいところです。
新型セレナのパワーユニットは現行セレナと共通のSハイブリッド方式です。シートアレンジはセンターマルチスライドシートなど同様装備で新しい装備は半自動運転のオートパイロットモード装着車くらいですので現行セレナの人気は中古車市場でも人気は維持することと予想されます。

前期モデル最終の2013年式のセレナの買取価格相場は走行距離が3万キロ未満ででXグレードの両側電動スライドドア、ナビゲーションシステム付なら130万円から150万円が相場です。6万キロ前後でグレードがベーシックなSやXの片側電動スライドドアモデルは100万円前後です。

2回目車検が迫っている2011年式の走行距離が7万キロ未満のセレナの買取価格相場はSグレードで70万円から、Xグレードで90万円前後からで安目の相場ですが、ハイウェイスター、ホワイトパール、ブラック、後席モニター、両側パワースライドドアのキーワードにあてはまるセレナなら140万円以上の買取価格も期待できます。

三代目 C25型

31セレナB
出典 http://carview.yahoo.co.jp/ncar/catalog/nissan/serena/F003-M004/image/?img=1
2005年5月に登場した三代目セレナのC25型はちょっと見ただけでは現行のC26型とカタチの違いがほとんどありません。シートアレンジなどのパッケージもほとんど同じです。
2008年式の8年経過モデルでも上級のGグレードやハイウェイスターで走行距離が少ないモデルなら100万円の買取価格も期待できます。後期モデルは視認性に優れた自発光式メーターを採用し内装もまだ古さは感じませんので買取に有利です。年間走行1万キロのペースで使われたクルマなら70万円前後が買取相場になります。
C25型前期モデルのセレナは走行距離が10万キロ未満でも10万円から50万円が買取相場で底値に近づいています。10万キロ以上走っていれば買取相場は5万円から15万円です。

下取りで有利になる場合もあるセレナ

セレナから乗り換えの際には下取りが有利になる場合があります。
主にノーマルのS、Xグレードは下取り、ハイウェイスターは買取店競合がおススメです。
ライバル車となるトヨタのノア&ヴォクシー、エスクァイアやホンダステップワゴンに乗り換えの際には販売ディーラーによっては下取り強化対象車として査定額にプラス査定がある場合があります。商談の際は新車値引きと下取り査定額は必ず分けて交渉してください。
買取店での買取価格も調査しておくことも大切です。その際はネットによる一括査定ではなく買取店店頭での査定をおススメします。店頭での買取査定は安い買取価格が提示されますが、ある程度は参考の金額になります。一括査定なら複数の業者から連絡が来るため、はっきり売却決定しているわけではありませんので対応が面倒になってしまいます。

買取店提示価格を基準に下取り価格交渉

新車購入の際に下取り価格が思うように上がらない場合には買取店の価格を提示してみてください。優れた店長なら、本社や中古車センターなどに交渉し最終価格を提示するはずです。買取店の提示価格と同額なら下取りに出しましょう。買取店価格は「今」の価格ですので下取り価格とは少なくても1か月の月落ち分の差がありますので同額なら下取り価格が上になります。
買取店価格の方が高いようでしたら、下取りに出さずに、最終段階でネットによる一括査定で買取店同士競合させ高値で売却しましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

トヨタヴェルファイアの中古車買取・査定相場価格と、できるだけ高く売るコツ2016!

ヴェルファイアの買い取り相場概要

下取り買取のメインは先代モデル

現行モデルのヴェルファイアは2015年1月登場ですので下取りや買取に出すことはまだ考えられません。2008年に登場した初代ヴェルファイアは6年以上の期間販売され台数も多く市場に出ています。下取り、買取のメインは先代の20系と呼ばせるモデルです。

2.4L&Zグレード人気

ヴェルファイアのエンジンは2.4LとV6 3.5Lですが、新車購入時には当然3.5Lエンジンが高額ですが下取り買取の際にはほとんど変わりありません。税制面を含めた維持費に優れた2.4Lを選択するユーザーが多いためです。
ヴェルファイアはアルファードに比べより悪顔でスポーティなデザインでドレスアップ性にも優れていますのでスポーティーなZグレードが人気です。
下取りや買取で高いのは2.4LでZグレードの組み合わせです。

中古車で買うなら20系前期モデル2.4Lを狙え!

ヴェルファイアは人気車のため中古車価格も高値で販売されています。オススメは5年から7年経過した20系前期モデルで経済性に優れた2.4L、走行距離は10万キロ未満で車両価格160万円前後から探せます。新しく走行距離の少ないヴェルファイアは高額のため中古車で購入するメリットが少なくなります。程度良好なクルマは180万円前後の車両価格帯から探すことをおススメします。
年式や走行距離で「んー、ちょっと」と悩まれる場合には新車購入をおススメします。新車価格は高額ですが3年、5年後の下取りや買取価格が期待できますのでお得です。また、中古購入と違い新車保証もあり思わぬトラブルの心配もありません。
なぜ?どのくらい?新車がお得なのかは次の項目をご覧ください。一例を紹介しました。

ヴェルファイアの買取価格帯は?

先代 20系

30ヴェルファイア
出典 http://carview.yahoo.co.jp/ncar/catalog/toyota/vellfire/F001-M003/image/?img=1
2015年1月に現行モデルが発売されるまで2008年から販売されたヴェルファイアが初代です。アルファードとの兄弟車でヴェルファイアとなる前にはアルファードVという車名で販売されていました。
3年経過の2013年式で走行距離が5万キロ未満のZグレードは240万円から280万円の買取価格が相場でベーシックなXグレードは200万円前後の買取価格が相場となっています。ゴールデンアイズと呼ばれる特別仕様車は人気で買取価格は300万円前後のケースもあります。昨年と買取価格に変動が無く人気のZゴールデンアイズは少々買取価格が上昇傾向にあります。
240Zの車両本体価格が340万円前後で当時の値引きが30万円なら約310万円、仮に260万円で下取りや買取なら諸費用を除く車両分は3年間で50万円の支払いしかありませんので非常にお得です。
5万キロ以上走行したXグレードは180万円前後で下取りされるケースもあり安値で手放さないように注意が必要です。
前期モデル最終の2010年式前後で走行距離7万キロ未満のプラチナムセレクションは180万円から230万円前後の買取価格相場で6年経過していても高値で取引されています。
ZやXグレードでは150万円から200万円前後が買取価格の相場です。走行距離が10万キロ超えや10万キロに迫っているクルマはさらに価格が低下します。
3年経過と5年経過では買取価格の差はボディカラー、グレード、走行距離で差が出ており、年式別による差が少なくなています。ヴェルファイアの人気色はホワイトパールとブラックです。
6年から7年経過したクルマでも高額査定です。走行距離が5万キロ前後のプラチナムセレクションは200万円前後買取価格が狙えかなり高値で取引されています。また、純正のフリップダウンのツインモニターナビゲーション装着車も180万円前後での買取価格となっています。
ZやXグレードでは140万円から170万円前後が買取価格の相場です。1年前と比較して相場に変化がありません。走行距離が10万キロ超えや10万キロに迫っているクルマは110万円から130万円の買取相場で価格が低下しますが100万円以上の買取額は残しましょう。

ヴェルファイアは人気車種 必ず買取店競合へ!

ヴェルファイアの下取り価格は高くなっています。しかし、必ず買取店の価格をチェックしましょう。
下取り価格も商談の中で販売店の政策も含めて上げてもらったほぼ最終の下取り価格を出してもらい、かつ、車両値引きは別にギリギリまで値引きしてもらった状態まて到達してからネットによる一括査定を申し込みましょう。下取り価格も必ず、次の候補のクルマのライバル店でも必ず査定してもらいましょう。比較の対象とすることが狙いです。
高められた下取り価格を基準にできますので、有利に買取店同士の競合を進めることができます。競合の中で一番高額な買取店に交渉し下取り価格よりも20万円以上の高価買取を狙いましょう。20万円以上の高価買取が実現したなら手放す時期も考慮しなければなりません。「一週間以内に引き渡してください」と言われた場合には次のクルマまでのクルマが無い状態になりますので、代車も含めて自分が困らないように注意することが必要です。
必ず買取店が高額とは限りません。クルマの状態、装備内容、ボディカラーなどで下取りが結局高かったというケースもあります。決めつけずに一番高値で手放せる方法を見つけてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

トヨタヴォクシーの中古車買取・査定相場価格と、できるだけ高く売るコツ2016!

ヴォクシーの買い取り相場概要

先代モデルの価格が安定

新型が登場して2年以上経過して中古車価格や買取価格は安定しています。
売り時は5年経過した2011年式のヴォクシーです。ZS煌系のグレードは人気で新車価格が当時約260万円でしたが、現在下取り、買取価格は半値以上残っています。新車価格では兄弟車ノアと同価格ですが、下取り、買取価格は全体的にノアより高めの傾向です。
ヴォクシーユーザーの走行距離は比較的多めで年間走行距離1万キロ超が多く見られます。年間走行距離1万キロ前後なら大体相場の価格で、走行距離が少ないなら買取価格はプラスになります。
ヴォクシーには5人乗りモデルのトランスXが先代モデルまでありましたが、下取り、買取価格は非常に安くなりますのでご注意ください。以下の買取価格帯の中ではトランスXの価格帯は含まれませんのでご注意ください。

中古車で買うなら5年落ちを狙おう!

ヴォクシーの中古車価格は高めです。ヴォクシーの中古車でオススメは2回目車検を迎える2011年式でグレードはX Lエディションのナビゲーションシステム装着車です。走行距離5万キロまでの良質車で約140万円の車両価格から選べます。購入の際には保証付き販売車を選ぶこともポイントです。昨年よりも中古車価格が上昇傾向にあります。良質な中古車を狙うなら、ぜひ新車の見積を取ってみることをおススメします。
ヴォクシーの中でノーマル系グレードのXとVの5ナンバーモデルは比較的おとなしく使われたクルマが多く程度も良好なクルマが多くなっています。
人気のZS煌系は価格が200万円前後と高額で、中にはスポーティな使われ方をしたクルマもありますので注意が必要で、ZS煌系ほど新車購入をぜひ検討しましょう。新車で購入しても手放す際に高く売れますのでメリット大です。

ヴォクシーの買取価格帯は?

先代 R70G系

27ヴォクシーa
出典 http://carview.yahoo.co.jp/ncar/catalog/toyota/voxy/F002-M002/image/?img=1
2007年6月から今年2015年1月まで販売されたR70G系ヴォクシーは先代モデルと比較してより重厚感のあるデザインになりクール&スポーティなデザインになりました。ノーマル系のX系グレードとエアロパーツ装着のZS系がありZS系の人気が高くなっています。

2013年式の丁度初回車検を迎えたモデルは人気で台数も多いZS煌シリーズで180万円前後の買取価格が相場です。ノーマルのX系のグレードは130万円から160万円の買取価格が相場でどちらのグレードも3万キロ以内の走行距離であれば下取りも買取も高値になりますが5万キロを超えますと安値になります。昨年の相場よりもノーマル系グレードの買取価格が少々高めになっています。ZS系の買取相場は若干低下しています。3年での手放しは、新車価格からの値下がり分が大きいのであまりオススメできません。
2011年式の二回目の車検を迎えたモデルはZS煌で115万円から180万円、ノーマルのX系のグレードは100万円から140万円の買取価格が相場で、走行距離は7万キロ前後までとなります。10万キロを超えたノーマル系グレードの買取価格は60万円前後となるケースもあります。
R70G系後期モデルは走行距離が少なく程度良好なクルマは価格が上昇しています。5年経過で乗り換えを検討中なら高値で売却できる今がおススメです。高価買取のキーワードはZS煌、ホワイトパール、ブラック、4WDです。

先代モデルで前期モデルとなる2009年式で7年経過したモデルはグレード問わず走行距離が10万キロまでなら65万円から120万円の買取価格が相場です。それでも走行距離の少ないZS系高値で推移しています。10万キロオーバーのヴォクシーは買取価格は安くなります。
7年経過してもまだ先代モデルですので古さを感じさせませんので比較的高値で売却できていますが、メーカー保証は終了しています。走行距離の多いクルマは昨年より安く、逆に少ないクルマは昨年より高い買取相場になっています。いつ安値に転じてもおかしくありませんので売却を検討しているユーザーは今がチャンスです。

先々代 R60G系

27ヴォクシーb
出典 http://carview.yahoo.co.jp/ncar/catalog/toyota/voxy/F001-M004/image/?img=1
2001年11月から2007年6月まで販売されたR60系のヴォクシーもまだまだ人気です。これまでのライトエースノアからヴォクシーが誕生しました。FRベースから乗用車のFFベースとなった初代モデルです。トヨタディーラーはトヨタオート店で販売されていましたが、オート店とビスタ店と統合でネッツ店が誕生しトヨタ販売店の中でも若年層ユーザー向けになりスポーティなミニバンが誕生しました。
新しいモデルでも10年を経過してきています。下取価格は期待できず買取価格は下がってきていますのでネットによる一括買取見積りで競合させましょう。

後期モデルで走行距離10万キロ未満なら5万円から70万円前後の買取価格が相場です。10万キロを超えてますと買取価格が5万円以下になりそのままディーラー下取りしてもらった方がお得になるケースも考えられます。
2002年前後の前期モデルは0万円から30万円が相場で、走行距離が5万キロ前後ならもう少し欲張って20万円を目標にしましょう。高価買取が期待できるグレードはZ煌で走行距離が5万キロ未満なら30万円を目標にしましょう。
走行距離が10万キロ超えてますと価格が出ずに、下取りとして引き取ってもらうか抹消、廃車にしたほうがお得なケースも考えられます。下取なら未経過の自動車税は戻ってきますが、買取店では未経過分の自動車税も含んでの買取価格ですので注意しましょう。最後まで買取店同士競合させて少しでも得する方法を見つけましょう。

ヴォクシーは5年目までは下取りも検討 それ以降は買取店競合へ!

ヴォクシーは人気車種のため5年目までのクルマは下取り価格が期待できます。同じトヨタでも販売店が違えば別会社ですのでノアやエスクァイアの商談でヴォクシーの下取り予定なら下取り価格は頑張ってもらえます。また、日産の販売店でもセレナやエルグランドの商談でも下取り価格は期待できます。ライバル店も含めて複数の販売店で下取り査定を受け、下取り価格をおおよそ知った上で、本当に欲しいクルマの取り扱っている販売店で最終的な下取り価格を出してもらいましょう。

最後は買取店一括買取査定で決まり

最終的な下取り価格がわかったらネット等を使い一括買取査定を申しこみ買取店同士競合させ買取価格を調べましょう。目安として下取り価格より10万円以上高い買取価格なら買取のメリットあります。買取店に足元を見られてしまいますと高価買取を逃す可能性もありますので下取り価格を伝える際には本当に最後の手段と思ってください。

5年以上経過したヴォクシーは下取り価格も参考にしつつ買取店同士の競合がオススメです。5年以上経過すると買取店の方が価格が高くなる傾向にあります。
下取り、買取あらゆる方法で最終的に一番高く引き取ってもらえる所に手放しましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

トヨタ・アクアの愛車買取・査定相場と、できるだけ高く売るコツ2016!

アクアの買い取り相場概要

3年経過のアクアの買取価格が新車の半値 売却は待ち

アクアの買取価格相場は3年目、3年経過で新車の約半額の値段です。ミニバンや軽自動車と比較すると決して高い価格ではなく、安く感じてしまいます。
これまでのハイブリッド車の傾向から見ると車検を取得し5年6万キロの走行距離を目安に乗り換えても良いのではと思います。今後2年間の価格の下落は少なく10%から15%の下がり具合になるのではと予想しています。今、欲しいクルマが特に無い場合にはあと2年待ちましょう。実際に初期モデルでも買取価格帯は3年経過時の年式のクルマと比較して違うのは走行距離が多いか少ないかのみで基本買取価格帯が同じです。

アクアの狙い目初回車検を迎えたモデル

2013年式のアクアで走行距離が5万キロ未満の良質なアクアが105万円前後から充実装備のSグレードが狙えます。オレンジやレッドのカラーが好みなら若干相場より安い価格で探すことが可能です。背の低いベーシックタイプの軽自動車の新車価格並みの価格で現行モデルのハイブリッドカーが手に入りますのでお得です。注意点は様々なドライバーが運転してきたレンタルアップのアクアも多数流通していますので経歴がはっきりしたクルマを選ぶことが大切です。

アクアの買取価格帯は?

アクアは登場からモデルチェンジ無し

28アクア
出典 http://carview.yahoo.co.jp/ncar/catalog/toyota/aqua/F001-M005/image/?img=1
アクアが登場したのは2011年末ですので今年5年目を迎えているアクアも多くあります。2014年末にはマイナーチェンジを実施していますが、すべて現行モデルでデザインは共通です。二代目プリウスのハイブリッドシステムをベースにコンパクトハイブリッドカーとして登場したアクアは納車待ちがしばらく続くほどの人気車でした。

デビュー当時の一番低燃費のベーシックグレードのLで10.15モードで脅威の40km/Lの低燃費を実現。現在のJC08モードでは35.4km/Lで新基準に変換しても低燃費です。

2012年から2013年式の走行距離が5万キロ未満のアクアの買取価格相場は次の通りです。ベーシックなLグレードはレンタカーや法人リースが多く、一般販売は少なくなっています。中古車市場にそれほど流通していないグレードですが、シートリフターも装備されず装備面で不満が残るグレードのため人気がありません。Lグレードの買取相場は60万円から80万円と安くなっています。
量販グレードのSグレードは台数も多く、装備も充実しています。買取価格は70万円から120万円が相場です。昨年よりも同じ経過年数のアクアでは若干価格は下がり気味です。
上級グレードのGグレード買取価格もSグレードと同じ70万円から120万円が相場です。アクアの買取価格の特徴でオレンジ、イエロー、レッドの明るめのカラーは人気が低く買取価格は安い傾向にあります。人気が高く高価買取が狙えるのはホワイトパールとブラックです。
また、10万キロ以上走行したアクアの買取価格は30万円前後と安くなります。

人気のアクアがなぜ3年で半値なの?

アクアが3年で買取価格が半値になる理由は、残価設定ローン、残価設定リースで契約した場合に「3年後の価格を50%保証します。ただし走行距離は月1,000kmです。」この契約に当てはめると納得できます。
しかし、擦り傷多めのクルマなど状態が良くない場合には買取価格が減額される場合があり、買取価格の上限が50%目安にしましょう。

トヨタの買取に注意!買取店競合が有利

トヨタ独自の買取店T-upがありますが、自社ブランドのトヨタ車でも高価買取してくれません。運営はトヨタディーラー販売店の中古車センターが運営していますので、下取り価格の月落ち分を除いた今月の価格で計算した買取価格に過ぎません。普通じゃないの?普通です。でも普通では高価買取とは言えません。
現在、中古車市場ではハイブリッド車というだけで売れます。さらに走行距離が3万キロ前後なら更に人気があります。
買取店競合なら販売にかかる経費をギリギリの所で計算し買取査定額を提示してもらえるので高価買取が期待できます。必ず買取店同士競合させることがポイントです。

納得できないなら待とう!

アクアの買取価格相場は3年経過で3年リースや3年契約での残価設定ローンの契約満了で中古車市場に多く流通してきているため価格は下がっています。
プリウスもそうですがハイブリッド車は人気があるため5年乗ったクルマでも十分高値で売れます。特に欲しいクルマが無い、今の価格に納得できない場合には、あと2年待ちましょう。3年から5年までの2年間は価格の下がり方は穏やかです。人気車ならなおさらです。量販グレードのSを5年間で6万キロ前後乗っても、買取価格は90万円前後と予想されます。ホワイトパール車なら100万円前後の買取価格も期待できます。5年ローンで購入のユーザーなら5年ローン満了してから、もしくは満了直前がおススメです。3年経過の今なら残り2年分の残債を支払う必要があります。そして買取価格の差がほとんどないのであれば待つのがお得と考えます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

トヨタ・プリウスの愛車買取・査定相場と、できるだけ高く売るコツ2016!

プリウスの買い取り相場概要

新型登場で二代目20系が底値に

新型プリウスが登場したことにより買取価格相場に変化が出てきています。二代目プリウスの中古車価格、買取価格が大きく下がってきています。前期モデルはギリギリ値段が付くレベルです。つまり、新型が出たことにより、二代目や先代プリウスが中古車市場に多く流通したためです。人気は先代の1.8Lエンジン搭載の30系に集中し人気が高ければ多くの供給に対して需要があるので価格が落ちません。30系の買取価格はほとんど変化が無く高価買取が期待できます。その反面、30系に人気を奪われた二代目の20系は買い手が付きにくく中古車価格、買取価格とも下落しています。

プリウス中古車の狙い目は先代後期モデル

新型プリウスが登場して先代の30系プリウスが中古車市場に多く流通しています。前期モデルと後期モデルの中古車価格の価格差があまり無いのがポイントです。初回車検の3年経過したプリウスで走行距離が5万キロ未満の良質車が120万円前後から販売されています。グレードはベーシックなLが中心ですがSグレードも見つけることができますので狙い目です。シートの高さ調整を希望ならSグレードを確実に狙いましょう。

プリウスの買取価格帯は?

先代 ZVW30系

25プリウスa
出典 http://carview.yahoo.co.jp/ncar/catalog/toyota/prius/F003-M001/image/?img=1
先代プリウスはエンジンを1.8Lにサイズアップしモーターは小型化、高回転型に改良され、動力性能を高めたました。買取価格相場は前期型2009年式走行距離10万キロ未満なら30万円から130万円、二回目車検を迎える5年経過の2011年モデルなら40万円から130万円。つまり同じ前期モデルなら5年経過車も7年経過車もほとんど買取価格相場に変わりがありません。

2013年の3年経過の後期モデルで走行距離5万キロ未満ならで75万円から160万円が相場で中間グレードSツーリングセレクションナビ付で150万円の買取価格ならお得です。前後期とも標準のLグレードの買取価格は安めです。Lグレードは主に法人向け社用車やレンタカーに多く利用され、リースアップやレンタアップ車が目立ちます。一般ユーザーではSグレード以上が多く、前期モデルでも70万円以上の買取からが目立ちます。新型が登場し前期モデルの値下がりはほとんど無く、後期モデルで少々下がっているのみで人気は維持しています。後期モデルではセレクションG’sやレザーシート車は人気車のため買取店競合などで高値で売却しないと損です。

先々代 NHW20系

25プリウスb
出典 http://carview.yahoo.co.jp/ncar/catalog/toyota/prius/F002-M002/image/?img=1
初代プリウスとエンジン排気量は同じ1.5Lですがモーターを含むハイブリッドシステムが進化し動力性能、走行安定性を向上させました。バッテリーに余裕がある場合には約時速50キロまではモーターのみで走行可能なEVモードが装備されたのもこのモデルからです。
先々代プリウス10年経過した後期モデルで走行距離10万キロ未満の買取価格は20万円から40万円です。ボディカラーやグレードに関係なく走行距離が少ないほど高値での売却が期待できます。前期モデルは10万円から20万円の買取価格でほぼ底値になりました。しかし、10万キロ以上走行したプリウスでも買取価格はゼロではありませんので10万円を目標に頑張りましょう。プリウスユーザーの走行距離は多い傾向にありますので10万キロ以上走行したプリウスが中古車市場にたくさんあります。20万キロ以上走行のプリウスはハイブリッドシステムが異常なくてもサスペンション等足回りのヘタリが気になります。20万キロ以上走行したプリウスの買取価格は正直諦めることも必要かと思います。

初代NHW11系プリウスは前期モデルでは買取価格が出にくくなってています。後期モデルで走行距離が10万キロ未満なら10万円前後の買取価格を目標に買取店競合してみましょう。

人気のプリウスも一括買取査定で高値売却

プリウスは先代30系ならディーラー下取り価格も十分期待できます。しかし、必ず買取店の買取価格もチェックしましょう。30系で走行距離が10万キロを超えたクルマや、20系全般は一括買取査定を申し込み買取店競合させましょう。下取りでは値段が付きにくくなったクルマを少しでも高値で売却するためには買取店同士競合させることが大切です。プリウスの場合にはLグレードは若干安くなりますが、Sグレード、上級のGグレードとも価格差が無く、ボティカラーも他の車種ほど価格差がありません。低燃費のハイブリッドシステムが一番の魅力ですので、走行用バッテリーがあまり使われていない走行距離が少ないクルマほど高値での売却が期待できます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0